Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(568) >>

£能力者学園part8£

 ( 自由掲示板 (雑談) )
- アクセス(1862) - いいね!(5)

刹那 @setuna49 ★jtuz4HQIbg_Xty

前作をコピーしております。

初めまして♪
ウフフ
緊張しないで、帰っちゃだめだめ♪

   《説明》


*.。°*.。°*能力者学園*°。.*°。.*

ここは、能力者だけの入学が許される学園よ。
まぁ…難しい話しは、おいておいて

早速入学届け。以下の通りよ♪

      ↓↓

*.。°。*.。°*入学届け*°。.*。°。.*
名前£※フルネームでね♪
読み£※名字と名前
性別£
性格£
容姿£※服装以外ね
委員会£
能力£
私は、ここ能力学園の生徒になることを、契約します。


       ↑↑↑↑
《契約します。》までしっかりコピーしてね♪
どこか違うとこがあれば、
入学を禁じます!

入学届けの所の飾りは違っても大丈夫ですよ。
クラスは、記事メモにかいてるから
好きなクラスに名前と能力をいれてね♪

次に委員会↓

生徒会:とにかく見守ってください
    ルール違反がいたら、注意!!
見張り:危ないことをしている人がいないか見といてね
    いたら、報告に報告!!
報告:見張りから報告が来たら、生徒会に報告!!
保険:回復の能力を持ってる人限定!
ショップ:回復の薬などを仕入れて売ってね
図書:ためになる本を置いてね
お手伝い:ショップの薬草つみとかを
     手伝いしてね。
    困ってる人が居たらお手伝いへGO♪

最後に、簡単にまとめ↓

メビのルールは、守ってね
彼氏彼女つくっていいけど、行き過ぎには、気を付けて。

因みに、私のプロフ↓↓

*.。°。*.。°*入学届け*°。.*。°。.*
名前£神宮 刹那
読み zingu setuna
性別£女
性格£明るい 元気 たまにネジが抜けておかしくなる
容姿£細身、実際は金髪ストレート
   大抵魔法で容姿を変えている
委員会£生徒会
能力£武器関係 雷.闇.風.光.水&氷等を操る
さぁ、この学園の生徒になる?


皆の支えのおかげで、part8まで来れました♪
コレからもこの能力者学園を、私を、宜しくお願い致します。

では、スタート♪

4年前 No.0
メモ2014/12/17 00:29 : 游来★Android-eorpfCJpTw

【カレンダー(予定)】

春…花見    

夏…プール(スイカ割り、水泳、ビーチバレー.海のいえナド)、夏祭り(屋台)  

秋…栗拾い、旅行   

冬…雪合戦大会スキー、スノボ、スケート鏡開き(宴会)


       【寮】

A-1 冬華.桃弥.なっち.ミナト.キャンディ・ミュー.燐.游来

A-2 優衣華.日向(日影).龍聖、麗菜 明日香.ライト.波乃

A-3 太陽.桜子.ルア.季衣.ノア.友美.星菜.大知(歩樹)

A-4 大翔.音葉.琴音.麗音.遥希.優璃.透過.白夜.雛

A-5 ガゼル.沙羅.白虎.壮.竜堂風雷炎.破壊猫.村野沙希.亜樹.紅/暁.離来

A-6 竜堂吉継.エイラー.刹那.竜牙.クロノ.白神/黒神.ナルミ.カルラ/クロノ.灰錠.ジグ

A-7 ミル.大地.霧谷.水龍.一.剣.狂弥.花園友花・花園向日葵.安藤せな


B-1 エイト.南羽.薫.アーサー.りこ.錦織.真澄

B-2 蒼.碧.ウイッチ.隣城.白里.雪乃.華希.朱鞠

B-3 なじみ.海斗.メイル.美鈴.桜.咲良.鈴森.ユウ

B-4 フェアリー.神谷.小島.中西.ガイア.亜柚.由愛

B-5 魅月.奏.龍神.方丈.心葉.約神.影夜.輝.冬梓


C-1 花園.詩音.秋月.留璃.姫璃.銀二

C-2 かりん.杏樹.大輝.竜.悠.白雪.天瀬

C-3 勇楽.アゼル.津波.グミ.はくと.霜月 レイヤ

C-4 冷夢.中西.麻田.神.中西.木乃元

C-5 黒姫.亜記.神.ミュート.球磨川.神城.ゆう


D-1 ほむニャン.X.みかん@.秋月.未来.秋空.歌音.トオル

D-2 沈.カルディナ.天瀬.風鈴.淳.姫神.雄里.夢未

D-3 愛美.緋月.エスカ.ニーナ.アウゼス.音羽.みーな

…続きを読む(169行)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7


 
 
↑前のページ (518件) | 最新ページ

聖也 ★Android=7GFXdIhroD

でも (あっ察し)

8日前 No.519

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

>>聖也さん

ク「なんだなんだ?新入生か?」
ナ「らしーねぇ」

ク「んーむ。とりあえず自己紹介しとこうか。俺はクロノ。神無月クロノだ。んでこっちが」
ナ「神有月ナルミだよー、宜しくね」

ク「さて、刹那が居るかどうかだが...まぁ最近見かけてないかな」
ナ「そだねー、あたしらも全然会ってないし」

ク「まぁプロフにゃ基本不備無いし多分良いんじゃないのかね?」

《てな訳で、たまたま見掛けたんで昔からの参加者として声掛けときます。刹那さんは...まぁ。実際問題私も最近見てませんので何とも言えんのですよねー...》

8日前 No.520

聖也 ★Android=7GFXdIhroD

じぁどこに行ったんでしょうかね

8日前 No.521

聖也 ★Android=7GFXdIhroD

とりあえずよろしくお願いします。

8日前 No.522

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

後刹那さんいたら入学届け見てもらっていいですか?

8日前 No.523

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

後 入る学園の組何でもいいです ついでに石切山聖也ですけど多分刹那さんに入学届けを出したらどうしてもも入りたいと言います。

8日前 No.524

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

あともう一つの覚醒したときの能力は 宇宙を破壊する能力。属性 火.水.風.土.氷.闇.光.死.無 です 後これガチキレしたときなので普段は怒らないです 後入学届けに付け忘れてすいませんこれで自己紹介は終わりです。

8日前 No.525

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

後本当にもう一つ容姿で 普段は冷静だか冷静さを失うと気絶する 後普段の目の色は黒いが戦闘になると目の色が緑色になって全身から白色のオーブを放つ これで自己紹介は以上です長くなってすいません 入学届けこれで合ってますか?

8日前 No.526

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

>>聖也さん

ク「...おう、今っつーかここ最近ずっと刹那が居ないのはマジなんで、あの人が顔出したら入りたいって言うのは結構なんだがな?」
ナ「さ、流石に短文連打はどうかなって...思うよ?」

ク「覚醒後の能力は宇宙を破壊する...覚醒なんて特記項目見てないぞ。能力として、特質としてならとりあえずその辺も条件とか能力欄にちょっと書いといてくれると有難い。俺ら( >>9 )も大概フワッとしてるしな。なんか無駄に規模の大きい破壊能力だし、学園壊r...まぁ壊れたら俺が戻すしなんとかなるか。目の色が変わるのはよく居るから良いとして『全身から白色のオーブを放つ』?お前さん覚醒したら全身から白い珠(実体アリ)を放出するのか...オーラと間違えたか?」

「とりあえずこんなもんかな。刹那に入学の確認とりたいのはわかるんだが此処は殆ど休眠してたからな、そんなすぐには来ないだろうし、とりあえず俺が代理で審査くらいするから落ち着け。」

《刹那さんの最終書き込みが一年前の時点で呼んですぐ駆け付ける域で無いのはお分かりいただけると思いますが...一応戦闘に関して。『傷を無かったことにする』『ダメージを受けない』等の不死身/無敵系や、『絶対に防げない』『必ず当たって死ぬ』等の俺TUEEE!系、それに確定ロルの類は戦闘の駆け引きの意味が無くなるため、参加者それぞれが極端に不快な思いをしないように此処では控えるようになっております。御了承下さいませ。》

7日前 No.527

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

すいません  能力無しってできますか

7日前 No.528

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

違う違う 一番始めに書いたあの初期の入学届けでいいですか。後皆様に不快な思いをさせてしまって本当にすいません これからは皆様に不快な思いをさせないように努力します

7日前 No.529

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

>>529
《あー、えっと。別に不快な思いをさせられた訳ではありませんし、多分他の方々にもさせたってことは無いと思います。戦闘に関しては...まぁなんと言いますか...対戦者の間に確定ロルなりやっていいという了承があるのであれば別にやっても構いません。あくまでも『誰彼構わず身勝手に理不尽押し付けるな』って話ですから。私は相応に対応できる部類ですので大丈夫です。こちらこそ言葉足らずで申し訳ありません。私も昔昔やってヒンシュク買ったクチです(苦笑)》

ク「ってな訳なんで、出した細切れのプロフを1レスにまとめてちょっと修正して出し直せば大丈夫だと思うぞ。全力戦闘の相手なら多分俺ができるし」

ナ「そだねー、あたしとふゅーじょんしたらきっと大丈夫だろうねぇ」

ク「...まぁ、せやな。あぁ、あと無理して丁寧語や敬語使わなくて構わんからな、そっちのが話しやすいなら強制はせんよ」

7日前 No.530

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

神無月クロノさんに質問なんですけど 最初に書いた入学届けの能力で相手の精神を破壊する と書きましたんですけど もし戦闘にこの能力を使ってもぎりぎりセーフですか できれば能力を使いたいですけど

7日前 No.531

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS

*.。°。*.。°*入学届け*°。.*。°。.*
名前£ 三由 炎
読み£ みよし ほむら
性別£ ♂
性格£ 人を馬鹿にする節がある, プライドが高く高圧的, 人の不幸は蜜の味タイプ,
容姿£ 根元から赤色→黄色へグラデーションを掛けた短髪(15cm程), 前髪は眉に掛かる程度, 釣り眉に金のタレ目, 筋肉質だが細身の体型, 176cm, 口元は常に余裕の笑みを湛える,
委員会£ 無所属
能力£ 火を操る能力
私は、ここ能力学園の生徒になることを、契約します。

 ──

*.。°。*.。°*入学届け*°。.*。°。.*
名前£ 浮舟 満
読み£ うきふね みつる
性別£ ♂
性格£ 根暗ネガティヴ, 自分を卑下するのが癖, ぼそぼそと喋る,
容姿£ 藍色をした耳下までの無造作なミディアムヘア, 前髪は視線を隠す長さ, 八の字眉, 沈むような黒い瞳, 目の下に出来た隈, 明らかに不健康な白い肌, 全体的に暗い, 169cm, じとりと憂鬱な視線を送る,
委員会£ 図書
能力£ 重力を操る能力
私は、ここ能力学園の生徒になることを、契約します。

 ──

( ずっと前から気になってたスレが浮上してたので思い切って参加申請…。学園モノは久々なので心が踊ります! 主様いらっしゃらないようですが、届けに不備など無ければお仲間入れて欲しいです…! )

-

7日前 No.532

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★tWDezQuBiW_Pr0

*.。°。*.。°*入学届け*°。.*。°。.*
名前 御堂 綾瀬
読み midou ayase
性別 女
性格 おしとやかで人間的な部分も多くあるが、他者との会話は得意ではない。脅えた様子で人と接している。
容姿 身長が145cmの小柄な体に合わない大きな制服。リボンを首元で強く結び、首の根元にある黒い不思議な模様の印を隠している。
   白く細すぎる体のあちこちに黒い不思議な模様が入っている。綺麗な紫紺の長い髪と紫紺の瞳は子供らしさを残している。
委員会 無所属
能力 背中に背負った二本の刀を武術よりも鋭い体術で扱える。その他、体の模様を起動させて、黒の鎖を操る。


私は、ここ能力学園の生徒になることを、契約します。


【ほいほい、レス上げした本人だけど、新人さんいらっしゃい。ここの主はもうあまりここ見てないけど、昔からいる民だから、レスについてはクロノの参考に、確定ロルや人を不快にし過ぎない程度の能力を行使してね。って事。確定ロルの意味が分からないかったら、少し調べてみてね。

えーと、all文あげるので、そっちから絡みに行くのは優先してほしいぐらい! それじゃあ、皆で楽しみましょ?】

7日前 No.533

刹那 ★iPhone=fQnj9QVeeK

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

6日前 No.534

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

《あぁ良かったメビログイン出来た..。
基本的な戦闘事項の注意点はNI.152でクロノが説明してくれているので、確認して頂けますと助かります。
尚私自身大変久々の掲示板活動なので、以前どのように書き込んでいたかの記憶が全くございません故、大変読みにくい文章となってしまう可能性が御座いますがご了承下さいませ。

私自身少しリアルが忙しくあまり頻繁に来れないかもしれないのですが、新人さんはクロノや疾風の古株勢の注意をよく聞き、全生徒が楽しい学園生活を送れるよう心掛けてください。

ご質問等ございましたらお気軽にしてくださいね!》

6日前 No.535

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

《副生徒会長を、現在スレにいる顔なじみさん達にお任せしたいんだけども、大丈夫?》

「そろそろこの見た目にも飽きたし、少し容姿変えようかしら...。」

6日前 No.536

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

6日前 No.537

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

【委員会書き忘れた!美化委員でお願いします!】

6日前 No.538

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

>>531
《うーん、セーフかアウトかと言えばアウトなんでしょうかね。相手方が対応と対処に困る能力だと思うんですよ。精神破壊ってつまり受けると廃人になる、ということはキャラクターが実質おなくなりするようなものですよ?そんなの大抵の人は嫌じゃないですか。やられて余程理不尽だなぁと思うようなことはしない、やらない。これが基本ですしね。だからクロノの能力だって『時を統べる』も『封印』も戦闘時は原則使用不能ってことにしてるんです。》

>>532
《勇気出しての参加ありがとうございます。主も戻ってきましたし、共々どうぞ宜しくお願いします。》

>>533
《疾風よい、来てくれてありがとよい...》

>>534
ク「よう刹那、久し振り。随分寝てたな?俺らも人のこと言えた義理じゃないが」
ナ「あはは!刹那すんごいことになってんねぇ!」

ク「っと。そうだな、刹那が言ってくれたけど、もしここが壊れたりしても刹那や俺が直せる。だからってガンガン壊してくれって訳でもねーから、気を付けてくれよなー」

あくまでクロノは鳥の巣状態はスルーするらしい。ナルミは爆笑しているが。

6日前 No.539

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

>>金斗

《おかえりなさい!》
「初めまして、生徒会長の刹那です。
契約書の確認をさせて頂くわね。」

「.....どこかで会ったことあったかしら?
.....気のせい...かしら...。

ごめんなさいね、2年近く寝ていたせいで混乱しているみたい(苦笑)」

「改めまして、生徒会長の刹那です。
貴方を本校の生徒として認めます、宜しくね」(握手)

>>クロノ&ナルミ

「何がそんなにおかしいのよ!?」
「ちょっとクロノ、この子いきなり笑い始めたわよ...!」

6日前 No.540

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS



 → 刹那

 炎
 「かいちょー、やべぇなあ」

 問い掛ける刹那へ悪戯な笑みを浮かべつつ、炎は事実を示す様に自分の頭をトントンと軽く叩いて見せた。

 満
 「……あの、髪…」

 炎の傍らから控えめに顔を出すと、隠れた前髪からちらり視線を覗かせ、静かに刹那の頭上を指を指す。


-


 → all

 炎
 「初めまして、センパイ方。俺ァ 三由炎 っつーのよ。みよし、ほむら。」

 新入生にも関わらず生意気な態度をひけらかす炎。
 自分の存在を主張するが如く、名前を二度強調して吐き出した。口元にはニヒルな笑みを湛えている。

 満
 「…あ、えと。……俺は、浮舟満 …です。……一応、物浮かせたりとか…、……出来ます…。」

 炎の傍で待機していた満はおずおずと長い前髪から瞳を覗かせ、小さな声で名乗り終えるとそこら辺に落ちている小石を軽く操ってみせた。
 ──と、突然満の髪を掴む炎。「っい゙、」と満の小さな声が風に溶ける。強引に引っ張り表情を近付けると、凄んでいるのは明らかだった。

 炎
 「なァに調子乗ってんだお前。…勝手な行動すんじゃねェよ」
 満
 「っひ、ごめ、なさ、」

 怯えた様子の満の瞳には恐怖が浮かんでいた。どうやらこの二人に友情関係は無いようだ。

 ──

 ( 参加許可頂いたので早速all文投下させて頂きましたが、この様なロールで大丈夫でしょうか…? それと、こちらもall文出してしまいましたが大丈夫ですかね…。1つのall文に全員が絡んでいく様な形でしたら無視して頂いて構いませんので、ご返答だけ頂けると助かります! )

-

6日前 No.541

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

>>炎&満

「...髪?髪ならちゃんと生えて...」
(いつもの様に、髪を指で梳かす仕草をし)

「.....あら.....、ちょっと、寝てる間に何かあったのかしらね...?物騒ねぇ〜、まったく、ほんとに」

と、少し恥ずかしさで頬を赤らめながら言うと

パチンッ

と指を鳴らし、睡眠に入る前の容姿へ戻った。

「暑くなってきたし、私も髪、切ろうかしら。」

金色のストレートヘアを指に巻き付けながら言う。満の髪型が気に入ったのだろうか、じっと満の髪を見つめていた。

...
...
...

「ちょっと、怖がっているじゃないの。」

2人のやり取りを見て、このお節介が黙って見ているはずもなく。

「学園内でのバトル及び能力を使用した互いの合意の上での戦闘は許可するけれど、一方的な乱暴は許可していないの、ごめんなさいね。」

困ったような笑みを浮かべるが、目は笑っていない。

笑っているはずなのに、冷気を帯びたような、見たものを凍らせてしまいそうな鋭い眼差しを炎に向ける...

6日前 No.542

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

《会話、スレ進行のきっかけとなるALL文に対しては、最初にそのALL文に対して返事をした方と、ALL文投稿者様との会話の流れに沿って、周りの方々も便乗してくるといった形ですね。それぞれ別の物語が始まってしまうと大変ですから...笑

文の書き方等には何も規制はありませんので、最低限のルール(一般常識は勿論、確ロルや無敵レベルの能力の使用の禁止等)を守っていただければ大丈夫です。これは良くないなと思うことがあったら、周りの古株の方々がご指摘して下さると思うので、安心して書き込んで頂いて大丈夫です。注意されたが言葉の意味がわからない場合等は、極力ご自分で調べ解決して頂きたいですが、それでもよくわからなかった場合は聞いてくだされば皆様親切に教えて下さると思います。》

6日前 No.543

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS



 → 刹那

 炎
 「……あ? ンだ今の。魔法見てえだな。」

 容姿を変えた姿に目を見張り、満を見る刹那をお構い無しにジロジロと観察し出す。

 満
 「……え、っと。あの、…俺の髪、何かついてますか。」

 自身に集中する刹那の瞳に耐えられなくなったのか地面へ視線移動させると、先程の刹那同様に同じ質問を投げた。

 ──

 炎
 「あ゙ァ゙!? てめェには関係ね── っ、」

 反射的に其方を見る。刹那の困った笑顔の中に、冷たく鋭利なものを感じたらしい。怯み、言葉が途切れる炎。数秒の間の後、目線を逸らし小さく舌打ちをしては満を解放した。
 一連を目にした満は数回パチパチと瞬く。炎に意見する者を見たのは初めての様だ。

 満
 「……あの、ありがと、ございます…。」

 そろりと刹那の元へ歩み寄ると、彼女にしか聞こえない程度の音量で感謝を述べた満。
 しかし尚、気に入らない様子で炎は満へ鋭い視線を向けている。

 …

 ( わざわざご返答ありがとうございます! では刹那様のall文に応えるとして、こちらの投げたall文パートは、ここで終わりにしてた方がよろしいですかね…? そして確ロルや無敵など行うつもりは微塵もありませんが、そうならない様に気をつけます! )

-

6日前 No.544

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

>>炎&満

「どちらかといえば《時間を操る能力》に近いかしら。」

「この能力のおかげで、歳を取らずにずっとこの容姿でいられるのよ〜」
(本人自身、自分がいったい何歳なのかはよく分かっていないようだ)


>>満「あ、怖がらせてしまったかしら...」


「貴方の髪、なにか凄く惹かれるものがあるのよね...。」


...

>>「宜しい!」


(先程までの冷たい瞳など考えられないような優しい目で2人に笑いかけ)

「私は少し事務作業をしてくるから、生徒会室に戻るわね。

何かあったらいつでもいらっしゃい!紅茶とお茶菓子でも一緒に食べましょう」

(そういって再び優しく笑いかけると、コツコツとヒールを鳴らしながら歩いてゆく)





《ALL文から派生した会話はお互いが満足するまで続けちゃって大丈夫。人が多い時とか、他にALL文を出した人が居たりしたら、いい感じに終わらせてそっちのALL文に便乗したり...、状況次第かな。
今は人も少ないことだし、自分の気が済むまで続けちゃって大丈夫よ〜》

6日前 No.545

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

>>刹那、炎&満


ク「炎に満、ね。俺はクロノってんだ。んでこっちが」
ナ「ナルミだよー、宜しくねー」

最早慣れきった挨拶をする二人。ひらひらと手を振っている。

ク「うん、新入生二人が言ってくれてるがコイツが爆笑してたのはそういうことだ刹那」
ナ「あはは...」

真顔で頷くクロノと、気まずそうに苦笑して頬を掻くナルミ。

ク「ふむ。難儀なことだなあの二人」
ナ「そーお?その内なんとかなりそうな気がするけど」
ク「んな適当な...」
ナ「あははのはー」

ク「ん?刹那事務作業か。わかった、行ってらー」
ナ「いってらっしゃーい」

《刹那の言ってる通りでありますな。ここは重視すべきストーリーのあるなりきりではなく各々楽しく交流する自由雑談板でありますし。
...まぁ私はこうして二キャラで話してると描写文全く入れられなくなるんですけども...()

刹那も湯さんも、時間軸がぐちゃぐちゃになるから反応しづらいなら勿論返信要りませんからねー》

6日前 No.546

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS



 → 刹那 / クロノ, ナルミ

 炎
 「ほお… よく分かんねーけど、要は力使って若返り続けてる年寄りって事か?」

 頭が弱い炎なりに解釈した様だ。眉間に皺を寄せ、顎に手を添えて地面を見つめながら言葉を零す。失礼な発言になっているのは気が付いていない。

 満
 「…あ、別に怖くは…ない、です…。なんか…、見られるのとか、慣れて…なくて…。」

 ぽつりぽつりと小さく発し、相変わらず視線は俯いたままだが、恐怖が無いことを伝えようと口数が増えていた。
 惹かれる、と聞くと眉根を寄せ「ただボサボサなだけですよ…」と呟く。

 …と、クロノとナルミの挨拶が耳に入り、二人して其方へ顔を向けた。
 「慣れた挨拶だな」と見定める様に凝視したまま台詞零す炎、普段通り俯きがちの視線で会釈をする満。

 ──

 炎
 「……ふん。」
 満
 「…あ、…頑張って、ください…。」

 あっさり表情を戻し去り行く刹那に、炎はちらりと視線を遣る。対して満は、小さな応援の言葉と共に会釈を兼ねて見送った。
 クロノとナルミの会話は聞こえていない様子。

 …

 ( ああっ…! ご丁寧にありがとうございますっ…! 雰囲気理解致しました! 重苦しいロールになっていないか少々不安ではありますが、改めてどうぞよろしくお願いします笑 )

-

6日前 No.547

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

石切山聖也です 湯さん初めましてすごいですね時を操れるなんて 湯さん今後もよろしくお願いします!

6日前 No.548

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS


 → 聖也

 ( …? 宛間違いならすみません! 恐らく時を操れるのは、刹那さんやクロノさんの方かと…! うちは炎と重力を操る者しかいませんよ笑 )

-

6日前 No.549

刹那 ★y4jMrbGiD9_Rb6

>>ナルミ


 「もう〜っ!なによさっきまで大爆笑してたくせに!」

 子供のように頬を膨らませムっとしている

>>炎&満


 「とっ、としよ....まぁ否定は出来ないけど...年寄ってなによ年寄って....」

 年寄と言われたことがよほど気に食わなかったのか、満の声が耳に入る前に生徒会室へ向かった。


聖也
 「初めまして、生徒会長の刹那です。
  以後お見知りおきを。」

  そう言って、優しく微笑みかけ、握手を求める。


 (ちなみに、時及び時空を操る能力が使えるのは私のことね。 >>549 でも湯さんが訂正してくれているけれど、一応私からも声掛けとくね)

6日前 No.550

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★tWDezQuBiW_Pr0


>>クロノ

【こういう時は一蓮托生じゃい。】


>>刹那

【お帰りなさいませ。】



>>all ≪御堂綾瀬≫


この学園にやってきたはいいものの、私は人見知りだし、皆のように声をかける勇気も出ない。
こそこそと私は皆との会話を避けて、校舎の裏。しかも隅っこに来てしまった。

人と会話すると。この模様の事、聞かれるだろうし。


「……誰かに話しかけるべきだったなあ……。」


そういいながら、土いじりを始めた。


【今日フルで寝てたらアレー? ってなったのでall投げますすみません寝てた←】

6日前 No.551

刹那 @setuna49 ★iPhone=fQnj9QVeeK

>>疾風

「ふぁ〜、一通り書類の整理も終わったことだし、久々に学園内の散歩でもしようかしら。」

散らかった机の上の紙をひとまとめにし、外へ出た。

「やっぱり外は気持ちがいいわ...」

月の光に刹那の長い金色の髪が照らされ、風になびいた彼女の髪はより輝いているように見える。

「.....あら、誰かいるの?」

人の気配を感じたのだろうか、校舎裏へ向かって声を掛けた。その声はとても落ち着いた、どこか懐かしさを感じさせるような優しさを持った声...

「新入生、かしら?」

5日前 No.552

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★tWDezQuBiW_Pr0



>>刹那


声をかけられてビクッ! っと大きく肩をあげて飛びのいたところ、生徒会長さんがいた。
な、なにを話せばいいのだろうか……。


「あ、あの。そう、なんで、す、けど。」


戸惑いながらそう答える。黒の紋章は体からチラチラ見えるが気にする暇もなく。
そう答えたのち、この夜のさなか、何故ここに居るのかが気になったので、うまく言えないが、伝えてみる事にした。


「なぜ、ここ、に? 」


不安そうにそう言って、おどおどと目を伏せる。人はやっぱり得意でない……。

5日前 No.553

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS



 → 刹那 | 炎

 満
 「あ…、行っちゃった…。」
 炎
 「…何だあいつ、別に変な事言ってねーだろ。」

 悪気のない炎を横に、長い前髪の間から刹那の後ろ姿を見送る。絶対炎の発言の所為だろうな…と、ちらり伏し目がちに炎へ控えめな視線を送る。
 ──と、炎は徐ろに刹那の後を尾けだした。一定の間隔を空けて。
 行動に驚きながらも別について行く必要は無いかと満はそこへ留まり、窓の外を見つめた。

 ──

 → 綾瀬 / 刹那 | 満

 満
 「…あ、」

 誰もいないはず、と校舎裏に来てみれば小柄な少女が視界に入る。思わず小さく声を漏らすとどうしていいか分からず、長い前髪で彷徨う視線を隠し、その場で立ち尽くした。

 満
 「えっ…、…と…。──…あれ、…会長さん、もいる…。」

 彷徨う視線の中で見覚えのある顔を傍に見つけ、思わず声に出してしまう。

-

5日前 No.554

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

 誰か騒いでる声が聞こえ校舎の裏に行ったら誰か人影があった 何をやってるのかと思いつつ歩いたら知ってる人がいた

5日前 No.555

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

>>ALL


ク「ふーむ。刹那も行っちまったし、炎も満も別れてどっか行ったし。そーだな、蔵書の整理でもするか」
ナ「そだねぇ。あ、そういえば灰錠どうする?起こす?」

ク「んー、別に起こさなくて良いんじゃね?その内起きてくるだろ。ってかあいつがどこで寝てんのか知らないんだが」
ナ「あれ?クロノ知らないの?あの子いっつも図書室で寝てるよ」
ク「ファッ!?あいつ無所属だろ、なんで四六時中図書室に居るんだよ、しかも俺に見つからずに」
ナ「さぁねぇ?あたしにもわかんないよそんなこと。まぁ気が向いたらクロノの前にも出てくるでしょ」
ク「えぇ...結局放置すんじゃねぇか」
ナ「うん。それは置いといてさっさと図書室行こうよ」
ク「はぁ...言い出したのナルミじゃねぇかよ...へいへい。わーったよ、運べば良いんだろ」

クロノがすぅ、と軽く人差指で虚空をなぞると、転移魔法陣が二人の足元に現れる。その次の瞬間には二人の姿はその場からたち消え、図書室に現れたのであった。

ク「んじゃ、とりあえずこの返却図書の山を捌くか」

目の前には言葉通り積み上げられた返却図書が山のようになっていた。かなりの年月、貸し出し(システムは魔法で半自動)はともかく返却は管理していなかった結果がこの惨状である。
とはいえだ。蔵書にはそれぞれ魔術的なマーカーがつけられており、図書委員が分類・整列の術式を起動すれば元々納められていた書架に自動で戻っていく。時折マーカーが破損していて残る図書があるので、それらを修復するのも図書委員の仕事である。
術式を発動させると、バァァァッと返却図書の山が飛び交っていき、山がみるみる内に小さくなっていった。

ク「今回はこんだけか。全体であの量あった割には少ないな」
ナ「そだねぇ、10冊くらい?」
ク「あぁ、そんなもんだな」

残った図書を集めて机の上に置き、一心地つくクロノ。ナルミはぺらぺらと残った図書をめくっている。

《勝手に設定作った上でのALL文投下。クロノがいるんだし魔術的に自動化されてても不思議はない、はず。
何かイベントが起きた場合はほっぽりだして絡みに行きますよ()》

5日前 No.556

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

しかし近づくと誰も居なく な~んだ誰もいないじゃん。と思い教室に戻り魔術の本を読み時間をつぶした

5日前 No.557

刹那 @setuna49 ★Tjj7hhbEhl_dzt

>>疾風


 「うーん.....何故と聞かれると困ってしまうのだけれど、そうね...」

 口元に手をあて、綾瀬の横に咲いている弱った花に目をやる。

 「なんとなく、かしら?」


 答えになっていないわねと言うように、綾瀬に向かってクスっと笑うと
 少しずつ近付き、花を挟み綾瀬の前へしゃがみ込む。

 「あなたは?何故ここに?」

 優しく微笑みかけながら、柔らかな声で問いかけた。



>>炎&疾風&満


 「...............(なんの為に尾けてくるのかしら。)」

 刹那は炎が自分を尾けていることに気づいていた。
 隠れて尾けていたつもりなのか、気付かれないようにしていたわけではないのかは分からないが
 彼特有の存在感が、ひしひしと伝わってきたようだ。

 何故尾行されているのかを不思議に思いながらも、危害を加えてくる素振りもないので気付かない振りをしながら校舎裏へ向かった。


 校舎裏へ着くと

 「.....(なんだか、皆集まってきてしまったわね)」

 綾瀬と少し話を交えた後に、満と聖也も裏庭付近にいることに気が付く。
 人数が多いと綾瀬が怖がってしまうのではないかと思い、気付いていない振りをしようと思ったが

 満が声を出したことが予想外で、反射的に満の方を少し振り返ってしまった。

4日前 No.558

刹那 @setuna49 ★Tjj7hhbEhl_dzt

>>558

>>満、炎、疾風となっておりますが正しくは

>>満、炎、疾風、聖也 です。


記載し忘れておりました、申し訳ありません...

4日前 No.559

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

大丈夫です 間違いは誰だってあるよ

4日前 No.560

@imageboo ★iPhone=c8Z3qvM5oS



 ( 一人追加したいので審査お願いします! )

*.。°。*.。°*入学届け*°。.*。°。.*
名前£ 花咲 雪
読み£ はなさき ゆき
性別£ ♂
性格£ 腹黒の微リアリスト, 怪談や昆虫が苦手な八方美人, 喋ると毒が多いツンデレ,
容姿£ 色素の薄いベージュの短髪, 透き通る様な薄茶の糸目, 右耳朶にシルバーのフープピアスを一つ, 乱視なので細い黒縁眼鏡を携帯, 日に焼けにくい青白い肌, 冷え性なので体が冷たい, 170cm, 雰囲気だけは柔らかい,
委員会£ 保健
能力£ 他者の傷や状態異常を回復(自分は不可), 半径10m以内の気温操作,
私は、ここ能力学園の生徒になることを、契約します。


 ──


 → 刹那 / 綾瀬 / 聖也 | 炎, 満

 炎
 「…あ?」

 刹那を追っていると、いつの間にか校舎裏へ着いていた。追うのに集中し過ぎてどこへ向かっているのか気が付かなかった様子。場所を理解し、とりあえずの疑問符を浮かべた。

 満
 「あ…、…え、っと…、…──す、すみませっ、」

 満が落ち着かない視線をうろうろさせていると、刹那が此方を向いたのに気付く。反射的に謝罪を述べ、踵を返してぱたぱたと校舎内へと逃げ込んだ。去り際に炎とすれ違うがそれには気が付いていないらしい。

 炎
 「何だあいつ…、てか、見た事ねェやつが居んなァ。誰だお前ら。」

 去る満に奇異の視線を送りながら呟く。正面へ向き直ると、遠慮も知らずにズカズカと三人それぞれへ近付いた。荒い口調に悪気は無く、他意も無い。パーソナルスペースなんて知らない炎。


 ──


 → クロノ, ナルミ | 満

 校舎裏から逃げ込んだ先は図書室。ドアを開けると、宙を舞う図書が一番に目に入った。いくら自身が重力を操作出来ると言ってもこの様な大規模なモノは行う場面が無い為、満には初めての光景である。
 ──早々に落ち着き机に本が置かれたところで、まだ扉を開けたまま立ち止まっていることに意識が戻った。

 満
 「っ、」

 慌てつつも忍び足で、図書室の隅へ向かおうと歩を進める。図書委員と言っても名ばかりで、人との交流が苦手な満は自然と役割から逃げ、図書室へもあまり近付かないようにしていた。その為この部屋の構造についてはあまり理解していない。棚から適当に本を一冊手に取り、片隅の地べたへ座り込んで黙読を始めた。

-

4日前 No.561

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

どうも石切山聖也です 入学届けの事で自分は入っていいと思います 後は刹那さん達がOkしてくれると思うので花咲雪さんは多分入っていいと思いますよ

4日前 No.562

神無月クロノ @kurono10☆0HcyoEXauEo ★Android=qdB2nvbQKv

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.563

桜花 @kgb☆YV/LbxVUS0Pr ★Android=0bca4o0hXK

>>刹那


「やあやあどうも。

どっかで会ったかとか言われてもなあ………知らないなあ………」

 呆けたような顔で頭をボリボリと掻く。その頭は綺麗に禿げていた。そう、鑑になるくらいに。


「どうも会長さん。よろしく頼まぁ」
固い握手を交わす。

【覚えててくれたんや………さすがせっちゃんや!()】

4日前 No.564

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★tWDezQuBiW_iNp



>>刹那、綾瀬、炎、満


何故ここに、と言われると、困ってしまうのだが、たじろぎながらこう答えた


「みんなと、上手く。話せないから……。」


そういって目を伏せる。なんだこの陰キャと思われても仕方ないものの、人の温かみが何処か嬉しかった。


そしたら知らない人がまた来てビクッ!と体を揺らした。
怖い。という感情とどうしたらいいか分からない感情が交差して、気持ち悪くなる。


「あ、貴方こそ。誰。!?」


もう、怖くて半分叫ぶような形になってしまった。
どうしたら正解なのかもわからず、おどおどする。

あああああ、もう。人が苦手だ……。

4日前 No.565

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

教室に入った瞬間桜花さんと目があった  一瞬自分の頭は真っ白になりどうしようかと戸惑いながらも はっ始めまして と言ったしかし桜花さんは戸惑った顔をして自分はまたドキッとしてしまったどうしてだろうと思いながらみんなが話し合ってる内にこっそり自分は逃げ走った

4日前 No.566

刹那 @setuna49 ★Tjj7hhbEhl_dzt

>>湯


 基本的に、新キャラ追加時は特に許可を得たりしなくても大丈夫よ〜

>>満&炎&綾瀬


 「あっ......ちょ」

 満が気まずそうに走り去るのを呼び止めようとするが、言葉が出てくる前に満の姿が見えなくなる。

 -----------------

 「私も初めは、人と話すことがとても苦手だったの。
  自分なりの距離感でいいから、少しずつでも打ち解けれるといいわね...」

 と話し、微かに微笑む。

 -----------------

 「まって」

 炎が綾瀬に近付こうとするのを手で制し、綾瀬が怯えているのを見て

 「そうね.....、どこか違う部屋にでも行ってゆっくり話しをするのはどうかしら!」

 「新入生も増えた事だし、自己紹介をするのも大切でしょう?」

 と、パチンと手を叩き、提案する。


>>金斗


 「あら、人違い..だったかしら?ごめんなさいね」

 にこやかに笑いながら、さりげなく頭を見つめる。

 【勿論よ〜〜〜〜また会えて嬉しい〜〜!】

9時間前 No.567

石切山聖也 ★Android=7GFXdIhroD

いやー僕実は人見知りで始めて会う人があいさつしてくると恥ずかしくなるんですけどだんだん親しくなると喋ります。  後自己紹介しますか? (・∀・) 僕は別に良いですけど。

6時間前 No.568
ページ: 1 2 3 4 5 6 7

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる