Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

angel

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(40) - いいね!(1)

are ★iPhone=U8dCF9kO1U

01/深夜に裸足で泣きながら笑って歩いていた女性。

家族を残して独りビルの屋上から飛び降りたサラリーマン。

脱力した様子で踏切を見詰めていた高校生。

真冬の海に向かって幼子の手を引きながら歩く母親。

足を引きずりながら歩いていた痣だらけの少年。

誰もがそれを見詰めていた。

5日前 No.0
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる