Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(11) >>

聴き手のいない音楽

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(206) - いいね!(4)

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

音楽的な文章を書きたい。それでアルバムを作りたい。
そんな思いから、すめんが綴りはじめた詩のノートです。
よろしくお願いします。

関連リンク: 繊細の精神 
ページ: 1


 
 

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「flow」

いくつもの 命の上に
ちっぽけな自分の 命があると
手のひらの上の 小さな虫に
教わりました 子どものころでした

大切なあなたの 何気ない言葉に
目のくらむほどの 優しさがあると
気づいたのはちょうど 反抗する自分に
恥を感じたときでした 大人になってからでした

二重螺旋なんて 目に見えない
愛の形に 終わりはない
ぼくらはずっと はるか昔から
愛し合ってきたんだ 紡いできたんだ

今もそう 今もそう

だいたいの 大多数に
呑まれた少数の 声があると
あなたは声を 遠くまで聞こえるように
張り上げました かき消されました

物語の 終わり際に
必ずと言っていいほど 救いがあると
私はあなたを なだめるように
そう言いました 心からでした

本当なんて 目に見えない
嘘の形に 飽きは来ない
ぼくらはずっと これから先も
愛し合うんだろう ねえそうだろう

そうだろう そうだろう

この期に及んで ぼくらは
諦めの悪い ヒーローになる
太陽が沈むまで ぼくらは
歯切れの悪い 台詞になる

言葉なんて 目に見えない
心の形に 限界はない
ぼくらはずっと 今もずっと
愛しあうんだ 哀しくはないよ

flow flow

2ヶ月前 No.1

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「let me pray」

愛という名を まだ知らない君は
日常の中にそれを 埋もれさせてしまったんだね

感じるということは 深く触れるということ
だからぼくはもっと君を そばに感じていたいんだ

君のために祈らせておくれ
そのためにちょっと時間をおくれ

let me pray for you

人を想うことを まだ知らない君は
何かに没頭することで 気を紛らしてたんだね

大切なことはきっと 人の痛みを知ること
心が通い合うのはずっと まなざしの奥底でなんだ

君のために考えさせておくれ
そのためにちょっと時間をおくれ

let me think about you

言い足りないぼくの 気持ちを汲んでおくれよ
「愛してる」なんて言葉は どれだけ言っても言い足りないんだから

君のために祈らせておくれ
そのためにちょっと時間をおくれ

君のために考えさせておくれ
そのためにちょっと時間をおくれ

let me pray for you

2ヶ月前 No.2

一般人 ★Android=YFjQPGl8Cc

良いと思いますよ〜!!

2ヶ月前 No.3

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

>>3

一般人さん、ありがとうございます。

2ヶ月前 No.4

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「メランコリー」

訳もなく 寂しいのは
人とつながって いたい証
私たちは明日へ 手を伸ばす生き物だから
寂しさは波のように 私をさらってゆく

訳もなく 哀しいのは
記憶よりも昔に 誰かに愛されていた証
私たちは昨日に 別れを告げる生き物だから
哀しみは月のように 昼の裏で私を照らしてゆく

振り返れない 振り返らない
あの日々の色彩は 幻想と手を結んでいた

戻れない 戻らない
あの日々の色彩は 何よりもリアルだった

さよならの向こう側に 本当のあなたがいたんだ

音もなく 訪れるのは
猫と夜と 喪失くらい
静けさは追憶へ 人を誘う音楽だから
私たちは忙しさに 気を紛らしてゆく

影もなく 寄り添っていたのは
あなたの温もり 優しさと愛くらい
喜びはいつか 哀しみに変わるから
哀しみもまた 喜びに変わってゆく?

帰れない 帰らない
この日々の色彩は 一回きりのものなんだ

忘れられない 忘れない
この日々の色彩は あなたのいたおかげなんだ

さよならの向こう側に 本当のあなたがいたんだ

振り返れない 振り返らない
あの日々の色彩は 幻想と手を結んでいた

忘れられない 忘れたくないよ
あの日々の色彩は あなたのいたおかげなんだ

さよならの向こう側に 本当のあなたがいたんだ

2ヶ月前 No.5

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「風に触れて」

声はまだ 喉を震わすから
わたしはきっと 生きているんだろう

瑞々しい瞳に 小鳥が飛び立つ
この空はきっと 生きているんだろう

くすんだビー玉越しに見た
青空はわたしを拒むようで

いくつもの風を吹かせた
そこに見たのは神様のようで

風に触れて 風を感じて
青空に 帰りたいなあ

帰りたいなあ

光はまだ 淡く照らすから
わたしはきっと 生きているんだろう

灯る街並みに 鈴虫が鳴り響く
みんな誰かを想い 生きているんだろう

電車に揺られぼんやりと見た
工業地帯は煙を吐いて

わたしはそこに哀しみを見た
なぜかそこに故郷が重なりあうようで

風に触れて 風を感じて
青空に 帰りたいなあ

帰りたいなあ

限られた 時間の中で
どれだけ君を 愛せるだろうか

風に触れて 風を感じて
青空に 帰りたいなあ

帰りたいなあ

2ヶ月前 No.6

おてんとさん。 ★YaBiPsT073_keJ




「瞳の梯子」

朝になって目を醒ますの、おはようって。
そうしたら誰も居なくて、何も無くて。
でも、神様とお日様のひかりがあったので、安心した。

(それと、本当の自分も居たよ、ゲームクリアってこう言う事だったんだ!)

けれど、憶えて居て、そう言われたの。
どこまで行っても、貴方は貴方なんだって、ね。
君が消える事は無くて、君は永遠に君の儘だって。
眠ってる夢の中でそんな事を言われて、でも覚めたら関係ないの?

ううん、目が覚めて、私も誰も居なくて何も無くても、
神様とお日様のひかりしかなくても、私は私なの。
それが人形と縫い包みでしかなくてもさ。

〜 Fin = Happy End? = Truth & Open = Light & Sun & Absolute Happiness 〜



2ヶ月前 No.7

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

>>7

おてんとさん

哲学的で深みのある詩だと思いました。ありがとうございます。

2ヶ月前 No.8

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「雨」

濡れた昼下がりのすき間に
コーヒーの香る 音楽はジムノペディ
灰皿に残した君の吸殻が
くすぶり崩れる 昨日からずっと雨

揺れる ふら ふら
僕を信じた君が馬鹿だったんだ

熟れた寂しさを孕んだ夜に
風が吹き過ぎる 音楽はドビュッシー
しわしわのTシャツのまま
外に出かける うんざりするほどの雨

揺れる ふら ふら
君を疑った僕が馬鹿だったんだ

滲んだ視界の向こう側に
車のライトが流れる 音楽はワルツ・フォー・デビイ
解けたスニーカーの靴ひもが
水たまりに浸る 予報は明日も雨

揺れる ふら ふら
運命を信じた二人が馬鹿だったんだ

ああ これからもずっと雨

2ヶ月前 No.9

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「destiny」

朝目覚めるたびに 東から射す日の光に
眩しそうに目を細める あなたは微笑んでいました

決して未来は 平坦な道じゃない
だけど二人でなら 乗り超えられると思うの

あなたのその言葉が どれだけぼくの不安を照らしたか

たった一度きりの 奇跡だとしても
はんぶんこしよう 分かち合おう
いつかぼくらがまた 一つになれたとしたら
そのときに今を 運命と呼べるように

赤く染まる頬に 揺れる木陰でキスをした
照れながら目を伏せる あなたが愛しくて

きっとどんなことにも 終わりが来るから
だから二人で作ろうよ たくさんの思い出を

あなたのその気持ちが どれだけ今のぼくを支えているか

たった一瞬の 哀しみでさえも
はんぶんこしよう 分かち合おう
いつかぼくらがまた 一つになれたとしたら
そのときに今を 思い出と呼べるように

ひとしきり降る雪に 想いを募らせれば
まだあなたの声が 聞こえるようで

たった一度きりの 奇跡だとしても
はんぶんこしよう 分かち合おう
いつかぼくらがまた 一つになれたとしたら
そのときに今を 運命と呼べるように

はんぶんこしよう

2ヶ月前 No.10

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_Onj

「寄り添える歌に」

ああ うつむくきみに
どれほどの言葉が 寄り添えるだろう

苦しみは 深いところできっと
優しさに繋がっているから

綴られた想いは いつかの誰かの記憶
くしゃくしゃにしないで そっと誰かの心に添えて

それはきっと 寄り添える歌になるから

ああ 嗚咽をもらすきみに
どれほどの言葉が 溢れてるだろう

寂しさは 深いところできっと
君を待つ人に繋がっているから

塞がれた想いは いつかの誰かに届く
投げやりにならないで そっときみの心に寄せて

それはきっと 寄り添える歌になるから

下手くそなメロディーに のせて届けるよ
ありきたりな言葉で きみに届けるよ

綴られた想いは いつかの誰かの記憶
くしゃくしゃにしないで そっと誰かの心に添えて

それはきっと 寄り添える歌になるから

歌になるから

2ヶ月前 No.11
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる