Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

ふたつのこころ

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(123) - いいね!(0)

中井悠 ★Bgwvy1UavU_Vzx

自分を偽り、舗装された道を歩くか
自分を信じ、茨の道を歩くか
舗装された道を歩くことは楽だ
周りを見渡すとそれなりにいい景色が出迎える
ただずっと歩いていても景色はいつも同じで
平坦過ぎて飽きてくる
茨の道を歩くことは困難を極める
景色だって棘だらけでロクなものじゃない
それでも道中の行く末にある楽園に
心は踊り続けている
人並みの幸福と人並みの不幸で構成される
それなりの道
困難と挫折にまみれた先にあるひとつまみの栄光で構成される
山あり谷ありの道
僕は舗装された方の道を歩くけど
君はどうする
僕は君にその答えを聞いてみる
すると君は茨の道を歩くと言い出した
それから僕と君は一晩中
どっちの道を歩くのかを語り合った
結局結論は出せず
今日も二人は分岐点で立ち往生


ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる