Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(7) >>

サンダーソニア

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(267) - いいね!(0)

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_PHR

以前「金色の虫」というスレッドを建てた、元「くのを」です。
放置している間に先のスレが過去ログに落ちてしまったので、新しく始めました。
閲覧して頂けるだけで大満足ですが、返詩も大歓迎です。

宜しくお願いします。

関連リンク: 祈り  ナイフ 
ページ: 1


 
 

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_PHR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4ヶ月前 No.1

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_8gk

「あいつら」



年の暮れも押し迫る中
あいつらを拒否する
思い込みを押し退けて
一人ぼっちで生きる

あいつらは私が嫌いだ
哀れんでやりたいのだ
誘っておいて貶める
同じ皿を突きたくない

何故私が断るのか
不思議そうに眉を顰め
分かり切ったことが
分からないあいつら

元旦晴れ間が出るなら
私は私一人でそれを祝う
誰にも邪魔させない
特にあいつらとは


3ヶ月前 No.2

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_8gk

去ってしまったものに
新しい名前を付けて
忘れずにいようとする
そんな報われない努力

窓を伝い落ちる雨水を
家の中から眺めれば
無数の一つがそのままで
遥かな時を越える

何も生まれないし
育つこともなかった
君に捧げた喜歌劇も
届かない方が良かった

言いたいことはない
返事はたったそれだけ
沈黙に耳を澄ませば
空の青さに目が眩む

3ヶ月前 No.3

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_8gk

「猫」

猫は皆にゃーと鳴くが
その意味は時により
全く完全に違い
宇宙みたいに複雑だ

解明されない今も
理解されることを
祈りまた願い
電柱の影でうごめく

私達は謎めいた声に
耳を澄まし手を差し伸べ
何も出来なくても
それが運命だと思う

やがて鳴いた一声の
呼び声が名前になり
結ばれて生きながら
いつか別れの挨拶を覚える

1ヶ月前 No.4

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_8gk

「花」

目を閉じても見える為
無視するのは諦めた
耳を塞いでも届くので
泣き叫ぶと喉が嗄れた

言葉一つ忘れられず
その癖意味が分からない
誰にも助けられない
不治の病に罹患していた

何が切っ掛けであれ
なってしまったことは
日が昇るより明らかな
癒えない傷跡である

別れを告げることが
何よりも大事になって
それでもこの手の中では
不自由な愛の花が咲く

1ヶ月前 No.5

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_8gk

懐かしい暗闇に寄りかかり
泥の様な眠りに落ちる
虚無と絶望から生まれた
名前も知らない人への愛

振り向けば影が笑っていた
来ない迎えを待っていた
そぼ降る雨に濡れながら
要らないと囁かれた遠い日

もし違う道を選んでいたら
どうなっていたのかと笑う
蹴落としてきた人の分の孤独で
雁字搦めになった自分を抱いて

もう何も要らないと祈った
道端の石ころのように沈黙して
足掻かないし逃げ出さない
ただそこに存在するという覚悟で

28日前 No.6

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★h6XnIyEUAS_8gk

降り止まない雨の為に
自分の亡骸をくわえ
笑っている子犬の
乾き切った双眸に涙

誰もが思っていた
とっくに壊れていた
外側からいびつな力で
無感情に操られていた

到底望めない願いが
星の様に輝いて消える
幾ら見詰めた所で
空に神はもう居ない

悪趣味なお膳立て
眠れない幾つかの夜
空っぽの両手でも
何かが出来ると思った

8日前 No.7
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる