Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(251) >>

てきとーな覚え書きφ(・ω・`c⌒っ

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(3427) - いいね!(19)

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=EGRcmTx5Om

特に云うべき事もなく
只々、書き流すだけの場所でございます。
まじめにふまじめ快傑ゾロリ!ってな感じで。

ではφ(・ω・`c⌒っ

3年前 No.0
ページ: 1 2 3 4


 
 
↑前のページ (201件) | 最新ページ

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【Pastiche】


オープンカーで
透明高速を逆走しよう
流星を顔にペイントして
平成へーせー閉塞感
口に乗せると間抜けな時代は
明日の誰かに総括させて
生きるだけで間抜けな私達は
刃の上で太陽を拝もう
狂人のふりで透明高速を走らば
それ即ち、人間なり!


5ヶ月前 No.202

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh



林檎を描く時に
それが“林檎”だと思いながら描くと
頭の中に在る林檎しか描けない。

むしろ“林檎”を忘れて
目前の奇妙な何かを率直に描く方が
林檎そのものに近付けたりする(。・ω・)

5ヶ月前 No.203

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【肉】


絆、を
語りたがる輩は
だいたい胡散臭い

生命、に
感動したがる輩は
だいたい薄っぺらい

血肉骨皮糞尿
それが生命の正体だと
それが私、の正体だと

見据えて歩け、
ひとり。


4ヶ月前 No.204

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【BOX】


殴り合う
と、云う事に
何処まで
真摯になれるか

肉体
を、伴わねば
痛みにすら
真摯になれぬか


を、撃ち込む

を、撃ち込まれる

当に、この場この言葉が
拳闘のリングで在ると

真摯であれ。


4ヶ月前 No.205

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【余命】


死ぬ事が怖くて
死を選ぶ矛盾
だけど良く有る話

ひとは
必ず死ぬ
私は
必ず死ぬ、と
お題目を何度唱えても
心は理解を拒絶する
それが、にんげん

余命が五分でも百年でも
目を背けて生きよう
それが、にんげん。


4ヶ月前 No.206

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【才】


例えば、

167cmの身長は
平均より高いけれど
モデルを目指すには
足りなかった

はじめから
無いものよりも
中途半端な才こそが
呪いになる、


4ヶ月前 No.207

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【呪】


絶望が
死に至る病なら

希望は
生を乞う呪いだろうか

緩やかに
今も壊れゆく
私たちの

どうにか得た筈の
諦念を揺らす

残酷な
呪いだろうか。


4ヶ月前 No.208

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【あゝ無情】


空に
情は無い
花に
情は無い
波に
情は無い

情に曇り
欲に濁る
ひとの眼だけが

透明な
世界に
酷薄を見る。


4ヶ月前 No.209

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【理由】


青空には
理由が在る

飛行機雲には
理由が在る

夕立には
理由が在る

何ひとつ
隠さない世界の
ロゼッタストーンを
懐に

見えない筈の
明日を読む。


4ヶ月前 No.210

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【隠蔽種】


旅人は
その遺伝子に
彷徨を刻まれた
ひとの隠蔽種だ

ただ
根付かぬ形に生まれ
ただ
放浪の先に眠る
それだけの
種族だ

旅人は
歩き去ってゆく、
それだけの
隠蔽種だ。


4ヶ月前 No.211

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【失明】


眼を閉じて
点字ブロックを
踏んで歩く

恐々と
自分の向きも判らず
記憶を頼りに
歩く

やがて
触覚と音と気配
判るものの多さに
気付く

横断歩道は
怖くて渡れず
家までは遠い、

とても遠い。


4ヶ月前 No.212

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【広電】


人も車も溢れた
八丁堀交差点の真ん中に
海の匂いを纏って
路面電車が滑り込む

古めかしい車輌には
忙し過ぎる街を離れて
路面電車は走る

窓の向こうに
海が見えたなら
宮島口はもう近い、


4ヶ月前 No.213

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【盗】


サンドイッチの
味が盗めない

平凡に見える喫茶店の
特別な具材では無い筈の
ハムサンドの味が盗めない

何度も通っては
ただ唸るばかりで

平凡な昼下がり
穏やかな喫茶店のテーブルで
真剣勝負は続く、


4ヶ月前 No.214

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【新世紀】


最早
誰もが
セカイ系を生きる
世の中だ

地球の裏側まで
伸びる電波と
反比例して縮む
地続きの世界

撃たれた黒人に
憤りながら
隣の盲人に気付かぬ
自意識の楽園

最早
誰もが
セカイ系に生きる
新世紀だ、


3ヶ月前 No.215

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【ココ】


眠る
苦痛の無い
穴に
さようなら

ココ、
それでも
世界は巡るんだ

ココ、
君のいのちも
新たないのちの
糧になり

また
世界を巡るんだ

私も
もうすぐ
穴で眠るよ

さようなら、
また明日。


3ヶ月前 No.216

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【青】


肥大した鋏を
高く捧げて
豊穣の訪れを乞う
シオマネキ

応えない
海の青

肥大した脳を
深く垂れて
幸福の訪れを乞う
ヒト

応えない
空の青


3ヶ月前 No.217

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.218

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【わだつみ】


わだつみの
空は揺らめく
漣のかたち

遮る
大王烏賊の影
揺らめく脚
漣に似て

わだつみに
眠る魂
揺らめくひかり
漣のかたち


3ヶ月前 No.219

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【明日天気になぁれ】


明日
天気になぁれ、

晴れが過ぎて
渇くことも無く
降りが過ぎて
溺れることも無く

明日
天気になぁれ、

清さが過ぎて
独善に陥ることも無く
濁りが過ぎて
腐り果てることも無く

明日、

明日
天気になぁれ。


3ヶ月前 No.220

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【天辺】


丸い地球の
天辺は何処だろう

その直径に比べれば
エベレストも天保山も
誤差の範疇でしか無いのに

丸い地球の
天辺を探す様な

さ迷える
高々と積み上げ続けた
自尊心の行き場を、


3ヶ月前 No.221

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【つむじ】


ダンコムシの
裏側は
脚だらけの方

猫の
裏側は
柔らかお腹の方

ヒトの
裏側は
お腹の方ではない
生物学的矛盾

接地面方向が
裏で在ると仮定すれば
ヒトの表側は
頭の天辺のつむじだ

嗚呼
なんと云う
つむじ曲がりな生物だ、


3ヶ月前 No.222

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【Nuc】


熔けた窓
蒼い流体硝子が波打つ
あの中に游ぐ
太陽に似た魚の名を
思い出せない

ぱし、と
龍線型の魚は跳ね
飛沫が世界を灼き尽くす
あの中に泳ぐ
太陽に似た魚の名は、


2ヶ月前 No.223

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【αΩ】


欠片は
欠片として
完全だ

ほつり、と
掌の上に
いつか生命で在った
乾いた身体

とことん精妙なる
一片にして全
全にして一片の

うつくしい
物体。


2ヶ月前 No.224

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【Like A Rolling Stone】


転がる石は
停まれば死ぬ、
只それだけ

未だ
胸郭の底で
転がり続ける
この石が

停まれば死ぬ、
只それだけ

只、それだけ。


2ヶ月前 No.225

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【月光】


盲目の月に
硝子のブーメランを
投げ上げる

赫く色付いた
硝子のブーメラン
月に滴る血

盲目の月は
笑わない


──この月光 生来 目が見えん!!

2ヶ月前 No.226

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【潜熱】


明け方
散歩に出よう

逆走の台風が
叩き付けてゆく
雨の激しさを
浴びよう

何処まで歩けるだろう
何処まで行けるだろう
この身体にまだ
潜熱は残って居るか

明け方
散歩に出よう
無謀を掴みに行こう、


2ヶ月前 No.227

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【水】


万物の根源が
水で在るかどうかは
知らないけれど

ひとを形作る
その主体が水で在るのは
確からしい

空から
海へ
永いながい輪廻の
ひとときに
私が在る

ひとときの
いのち、と呼ばれる
水のかたち。


2ヶ月前 No.228

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【天下】


起きて半畳
寝て一畳
天下取っても二合半

好きに生きて
好きに死ぬよ
天下取ってもたかだか百年

法でも国でも倫理でもない
私の主は私ひとり
天下取っても死ぬのは独り、


2ヶ月前 No.229

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【道】


只の暴力も
武道と名付ければ
ひとを導く様な
権威を持つらしい

ならば私達も
今こそ詩道
或いはポエム道を標榜し
ひとを導く様な
権威を得ようではないか

言い出しっぺの私は
ポエム三段!師範代って事で。


1ヶ月前 No.230

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【青年の主張】


気恥ずかしくも
青年である
とうに年齢は越えたけれど

ガキでもなく
大人でもないから
青年である
とうに年齢は越えたけれど

処世術なら識ってる
一端の成人の真似なら出来る
だけど不充分
未だに不充分

老いて死ぬまで
青年である、


1ヶ月前 No.231

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【knife】


此処に
ナイフが
一本
在るとして

自らを
刺される側でしか
見ない方々の
なんと多い

自らを
善良なる小市民と
見倣す方々の

犯人は
犯人だから
我々とは
別の人種だと

盲信する方々の
なんと多い、


1ヶ月前 No.232

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【潔癖症】


この
世界には
綺麗好きが
多いね

それが
穢れだと
信じる理由が
在れば

黴菌も
害獣も
民族も
等しく
呵責ひとつ
抱かず
殲滅する

この
世界には
正義の味方が
多いね、


1ヶ月前 No.233

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【poem】


詩は
詩では無く
この国に於いての
俳句に相当する

それ自体が
フレーバーを持たない
表音文字には
押韻なり定型リズムなりの
味付けが不可欠であり、
その構造は
俳句のそれと同一である故

ならば
詩は
何と呼ぶべきか、


1ヶ月前 No.234

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh



メメント・モリなんて書くと
なんか高尚な思想っぽい感じだけど、
ちょい重めの持病とか有れば
『次の発作で死ぬかもなー』って位
割とフツーに考えてるよな、と。
…それとも、一般的には
自分が死ぬ可能性なんて考えずに
毎日を生きるもんなのかな…(゚ω゚)

1ヶ月前 No.235

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【正中心】


ことばの
正しさを
計りたいと
思うなら

ことば
それ自体よりも
それを語る者の
軸足を見ると良い、

偏りなく
固執なく
論を論として論ずる
軽やかな正中心で
その身を支えて居たならば

きっと
咀嚼に値する。


1ヶ月前 No.236

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【詩人】


ひと、と
詩人の
決定的な違いは
その魂を
ことばの海に
融解させてしまった事
それは
不可逆の相転移
喜びを喜び
哀しみを哀しむ
ひと、には
戻れない、


1ヶ月前 No.237

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【防災】


海抜1.6メートル
徒歩5分で海岸に着く
平屋に住む私は
津波が来れば死ぬ

それで良い

ヘルメットの代わりに
玄関に花を飾る
泣く者も居ない自分の
弔い花を、


1ヶ月前 No.238

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【ピストルズ】


教科書の
ハイドンの顔に
落書きをして

授業中に聴く
クラッシックは
何故だろう
CDやラジオで聴くよりも
退屈に響いた

いつか
教科書に載ったなら
シド・ヴィシャスのシャウトも
退屈に感じるのかな、

その時は
パンクな顔に
落書きを。


1ヶ月前 No.239

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【星月】


土砂降りの
雨の下に生まれて
雨を憎まずに
生きるのは難しい
けれど

夜道ばかりを
歩く人生の
その空に

満天の星月が在ると
秘かに足許を照らして居ると
気付くのは難しい
けれど


1ヶ月前 No.240

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【老】


生きる事は
欠ける事

棄て
喪い
削り落とし
劣化し
萎み
枯れ

やがて
その芯の芯だけを
露わにする

老いて
人は
自分自身になる

美しさも
醜さも
その身体に刻み、


28日前 No.241

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【運】


涅槃の眠りを
破られて
世界に生まれ落ちる
不運を

ことばを識り
一体だった世界を喪う迄
生き延びてしまう
不運を

愛着を覚え
やっと生を愛し始めた頃
終わりを迎える
不運を

ひとは
幸運と呼びたがる、


27日前 No.242

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【日々】


だけど
昨日と
同じ今日は
無い

だけど
今日と
同じ明日は
無い

今夜
潰えるかも知れない
日常と呼ばれる
いのちの形を

今夜
潰えるのだとしても
日常の儘に

そのままに
生きる。


24日前 No.243

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【裸足】


速く
速く
遠く
遠く
多く
多く
あれも
これも
どれも

そんな生き方も
きっと正しいのだろう

けれど
時折で良いから
そのエンジンを止めて
自分の足で歩くのも

悪くはないよ、


22日前 No.244

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【内面】


表面は
内面を内包する

本当に?

その
上っ面の
薄っぺらな皮の
それが
自分の総てだと
認める怖さに

在りもしない
“真の私”を
騙ってはいないか?

表面は
内面を内包する


誰が云った?


20日前 No.245

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【錯覚】


唯物論に
錯覚は存在し得ない

唯心論に
錯覚は存在し得ない

世界は
正しく在る、と
それがきっと
最初で最大の錯覚

混沌の内に
筋道を繋ぎ合わせて
ひとは生きる

、と云う錯覚。


17日前 No.246

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【今昔】


今は昔、

手書き文字が
活字に駆逐され始めた頃

階段下の狭い部室で
古びたリソグラフを回し
文芸誌とは名ばかりの
小冊子を刷って居た

インクで汚れた指には
小綺麗に過ぎた
あの頃のワープロ原稿

今は、昔。


12日前 No.247

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【この素晴らしき世界】


正義
感謝
平和
自由
平等
博愛
信仰
人権
安全

どれひとつ叶わない
What A Wonderful World.


10日前 No.248

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【迷悟一如】


迷う
人だけが
誠実だ

己の外側に
物差しを置いて
その尺度を
疑う事さえ無い

迷わぬ者に
見える悟りなど
無い

大義と云う
魂の腐敗毒に浸り
心地良く
灼かれるだけ、


10日前 No.249

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【蛙】


アスファルトに
ぺしゃり、と潰れた
雨蛙

あと3メートル
跳ねて進めたなら
用水路だったね

頑張ったね

生まれて
生きて
生きて
生きて
死んだんだね

いのちを
遂げたんだね、

おやすみ。


4日前 No.250

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh



下手な詩の
下手な所は
良く分かる

自分の内にも在るから

凄い詩の
凄い所は
良く分からない

自分の内には無いから

15時間前 No.251
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる