Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(403) >>

林檎飴

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(4017) - いいね!(24)

夏目 あおい ★fRZZQRpi0Q_nXr

個人的に林檎飴といえば、縁日で売られているイメージ。

その縁日では、
恋も
妖艶さも
怖さも
いろんなモノが混ざり合っているのでは。

ここでは
様々なジャンルの詩を書いてくださいね。



ある日の縁日
鮮やかな空を掲げて

林檎飴の香りがふわり

砂糖の甘さと少しの酸味を身に纏って

朱色の浴衣と簪でお洒落して行くの

貴方に御逢いする為に
貴方に好いて貰う為に

林檎飴が太陽に反射して

煌めく世界







4年前 No.0
メモ2018/02/09 02:57 : 藤咲 すみれ @sumire2812★Android-OXZL0aNg7M

いいね!をして下さってありがとうございます。

その応援を糧に頑張ります。


〜これまでのお客様〜

NEUTRONさん/おとなり。さん/ユッキーさん/ぼくは今、きみは今さん/和、さん/蛍.さん/雑念さん/佐奈さん/春時さん/みかんさん/彷徨人さん/クレアさん/Del※※※/さうさん/鴇色のつゆくささん/めーさん/楓さん/綱手さん/上野さん/鸚鵡さん/牛ノロ正面ダーレさん/キレウサギさん/らくださん/まのさん/優さん


これからもよろしくお願いします。

お気軽にお越しくださいませ。

ページ: 1 2 3 4 5


 
 
↑前のページ (353件) | 最新ページ

藤咲 すみれ @blue1340 ★Android=wu1BL6ZXxY

Re:彷徨人さん

素敵な詩をありがとうございます。
今日はちゃんとしたお返しが
出来そうにないです…。

またお越しください。






嫌いになりたいと思えば思うほど
何故こんなにも想いは溢れるのでしょうか



3年前 No.354

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

最近、詩を綴っていないのでヘンテコかもですが、
返しの走書(落書)きみたいなものです。

【思うほどに】

思えば思うほどに想いは募るばかり
心の中に出来た吹き溜まりのように
いつまでも決して消えることはない
塵も積もれば山となると言うけれど

3年前 No.355

藤咲 すみれ @blue1340 ★GSIm7SzuEY_xX0

Re:彷徨人さん

詩をありがとうございます。

思うほどに/
返詩をありがとうございます。
気付けば貴方のことを考えていて...
という淡い気持ちが伝わってきました。
抑えきれない想い。
恋をするとどうして盲目になってしまうのでしょうか。

またお越しください。





揺らめく 温度のさざ波

そっと照らす 半月を見上げれば
私は人魚になるの

世界の夜に海水の味

瞳に映る彩度は懐かしく優しいのに

何処か悲しいのは何故かしら







3年前 No.356

藤咲 すみれ @blue1340 ★Android=wu1BL6ZXxY



じゅっと焦げくさい匂い

鼻を摘んでみても 遠く離れてみても
その匂いは容赦無く私を刺すの

解放の隣に後悔
隠れて嗤ってるのは
もう分かっているのに

もう分かっているのに

気持ちは私だけに正直で




2年前 No.357

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

藤咲すみれ さんへ

まるで夏の陽気みたいな日が続き、今年はいつもの年より早く藤棚に花か綺麗に咲いています。

どんな思いも何かしら心がざわめくような気がしますが、言葉に出来ないもどかしさが残ります。
感動的なものであれば簡単なのでしょうが、常にそんな状態ではなかなか居られないのが現実です。

【幸せの奇跡】

幸せって奇跡の産物なんだろうか
もしそうなら、
奇跡は誰の手の中に存在している
誰もが幸せを望んでいるのだから
信じて希望の光を集めてみようよ

きっと、未来には奇跡は起こせる
明日かも、明後日かも知れないよ
否、すでに今日に起きているかも

ほら、周りをよく探してごらんよ
そこには笑顔の人がいるはずだよ
幸せの奇跡はいつも君を囲んでる

笑顔は幸せの奇跡を起こせるんだ
内なる君の心も暖かくなってくる
ほらね、また一つ奇跡が起きたよ

君も笑顔になって輝いてごらんよ
きっと、もう一つ奇跡が起きるよ
幸せの奇跡は連鎖してゆくんだよ



【想い】

届きそうで届かない想いは切なくて
思い切って「すき」と言いたくても
そんな勇気なんて持てやしないから
いつも平凡な会話に終わってしまう
もっと勇気を出さなきゃ始まらない
たった2音なのになかなか言えない
いつの日かこの想いを言葉にしよう
大切な想いを心から素直に伝えよう

2年前 No.358

藤咲 すみれ @blue1340 ★Android=wu1BL6ZXxY

Re:彷徨人さん

詩をありがとうございます。

本当に暑いですよね。
半袖でもいい気がたまにします。
夏は近いですね。

最近、私の中で衝撃的なことが起きて
どうしたらいいのか分からない状態です。
受け止めなければならないのでしょうか。

またお越しください。




目が覚めたのだ

白く漂う長い夢から
熱を持っていると勘違いした暗闇から

遠くに聞こえた話し声も
今なら とても近い

目が覚めたのだ

私に手を当てれば分かるだろう











2年前 No.359

藤咲 すみれ @blue1340 ★GSIm7SzuEY_xX0





瞼の奥で聞こえる 涙

私はその声に気付いているのに
2000億個の海と共に飲み込んで

体温がするり解けてゆく
一つ一つ月へと還ってゆく

どうしたって仕方ないの

そうやって言い聞かせ忘却させて

最後に残ったのは
赤いワンピースを着た 人形



*



"失恋"をテーマに書きました。
伝わりづらいかもしれないですが。

私の実体験をもとに書きました。


もう恋はしたくない...なんて。






2年前 No.360

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr


悲しい涙に暮れたならば、碧い瞳の人形を探してごらん。
澄んだ瞳を覗くと、心の中にある何かを教えてくれるだろう。


【幸せの波紋】

幸せの小さな石を泉に投げてみると
石は泉の底に沈んでしまったけれど
水面にはその波紋が円を描いている
連鎖しながら音もなく広がってゆく
一つの幸せの小さな石の創作である
心の泉に静かに耳を澄ましてみると
聞こえない筈の幸せの音が聞こえる
昔、聞いた子守唄のように懐かしい
泣きじゃって疲れて眠り着くような
誰かが静かに見守ってくれるような
僕でも幸せの小さな石を投げられる
心の泉に幸せの波紋が広がってゆく
それは自身のために、誰かのために

2年前 No.361

藤咲 すみれ @blue1340 ★GSIm7SzuEY_xX0

Re:彷徨人さん

詩をありがとうございます。

もう大丈夫です。
ご心配をおかけてして申し訳ありません。
そしてありがとうございます。

昨日初めてオペラを生で見ました。
学校で芸術鑑賞会だったので。
声が心にズドーンとくる感触がありました。
また観てみたいです。

またお越しください。





青い世界ではきっといつも微笑みかけてくれる

乳白色をストローでくるくる
革靴はまだ硬く磨り減っていない
丈の短いスカートの裾の端にあの人の影

ただがむしゃらで
何かを掴もうしているのだけれど

何となく過ぎてゆく日常が
風に捲られた国語教科書に巻き込まれてゆく

青い春はもうすぐさ

君が思っているよりも きっとずっと






2年前 No.362

藤咲 すみれ @blue1340 ★Android=wu1BL6ZXxY




透き通ったガラス越し
らぶらぶの数字の羅列

透視と予期の間で
貴方だけが憎らしい

今だけ落っこちてきてもいいのよ、なんて
ツイッターで大胆 呟いてみれば

貴方を愛してるの



*

何だか凄い内容になってしまいました。


2年前 No.363

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

【足し引き】

足し算ばかりの生き方に少し疲れた
一つ一つはそれほどには重くはない
はじめて背にそれらの重さを感じた
前に進もうにも一歩も踏み出せない
アレはアアしなくちゃいけないんだ
コレはコウしなくちゃいけないんだ
そんなことばかりの繰り返しなんだ
もっと違うやり方があった筈なのに
背から全部下ろしてみればよいのか
アレはアアでき、コウもできるんだ
コレはコウでき、アアもできるんだ
たぶん可能性はいくつもあったんだ
足し算ばかりじゃ、重さにつぶれる
引き算もしなきゃ、楽にはなれない



絵を梅雨までに仕上げようと少し忙しくて、半月くらい詩の世界から離れていました。

2年前 No.364

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

【星たち】

雨上がりの夜空に星たちが透明さを増して美しく煌めいている
緩やかな夜風に葉に残った水玉が踊り戯れるながら輝いている
清んだ空気の中を光の粒が金色や銀色にキラキラと舞い上がる

朝陽の光が差し込んで来ると色を消して透明に溶け始めてゆく
青空の眩しさの中で深い眠りに着き夢に隠れては次の夜を待つ
今夜は何色に輝くのだろうかと雨が降らないことを願っている

雨が降ったなら、
雲の上まで気持を高く運んで楽しい話を煌めく星たちと語ろう

2年前 No.365

藤咲 すみれ @blue1340 ★Android=wu1BL6ZXxY

Re:みなさま


長い間来れなくて
申し訳ございません。

マイペースな私なもので
温かい目でお付き合いくださると幸いです。


今後ともよろしくお願いします。


*


貴方に恋をするには幼くて
純粋な瞳は きっと貴方には不純だったのね

チョコレートよりもほろ苦い
砂糖のない紅茶がちょうどいい

そんな距離感の中で愛を感じるのは

私には まだ 出来そうにないの







2年前 No.366

藤咲 すみれ @blue1340 ★IuB7dVXJHi_xX0





38℃の心臓を携えて

消えぬように縫い付けて

私は貴方だけのものよ、と

片目を閉じた世界が言うの

私は○○××

交換しましょうよ

そうすれば貴方だって分かるでしょう



*


少し物語調でしょうか。
個人的に"38℃の心臓"が気に入っています。



2年前 No.367

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

藤咲すみれ さんへ

お久しぶりです。

>>367 を読んで

「38℃の心臓」
「片目を閉じた世界」
という表現は面白いと思います。

それらから勝手に色々と連想できて
少し熱く鼓動が高鳴っているように、ウインクの表情が不思議と可愛く思えるような
さらに、両目を閉じた世界は口づけを催促するのだろうか…などなど

2年前 No.368

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

【幸せのかけら】

指の隙間から時間が溢れ落ちてゆく
地面を真っ赤に染めて心に映りゆく
残された時間は何れ程なんだろうか
そっと掬い上げた幸せさえも同じか

手に入れた幸せが少しずつ消えゆく
美しい花も風に吹かれて枯れてゆく
来年も綺麗に咲いてくれるだろうか
逆さ回しの時計と記憶さえも同じか

頑張っても結果が無ければ後悔する
その後悔さえも幸せのかけらなんだ
何もしないで時が過ぎてしまうなら
そのかけらさえも手に入れられない

ちっぽけな幸せのかけらを集めよう
後悔をすることもあるかもしれない
時間がかかっても少しずつ集めよう
たくさんのかけらが時と心を満たす



【伝えなければ、】
(サブ:君を好きになった瞬間に)

君を好きになった瞬間に思った
今の僕が君を好きでいるように
君は誰かを好きでいるんだろう

今の君に好な人がいないのなら
今の僕はその誰かになれるかも
どうしたらその誰かになるのか

今の僕はその誰かではないんだ
今の僕はその誰かになれるかも
そんな想いが頭の中を駆け巡る

僕が君を好きなったと伝えれば
その答えは簡単に見つけられる
けれど、答えを知ることが怖い

伝えなければ、何も始まらない
まず、伝えることから始めよう
伝えなければ、後悔するだろう




最近は絵を描く方に気持も時間も取られ、あまり詩を綴っていません。
詩は言葉で伝えたいことがある程度表現できますが、絵は何を伝えるためのものかを表現するのが難しいです。
写真とちがって、人それぞれの心のキャンバスに様々に映るのでしょう。
そんなことを考えながら描いていると、筆がパタリと止まってしまいます(苦笑)

2年前 No.369

藤咲 すみれ @blue1340 ★Android=wu1BL6ZXxY

Re: 彷徨人さん

詩をありがとうございます。

詩の感想もありがとうございます。
様々な解釈で楽しんで頂けると嬉しいです。

今はどんな絵を描かれているんですか?

どんな風に見られたいか、というのも
大切な一要素だと思うんですけど
自分がどう描きたいか、書きたいかが
絵や詩を書く上でとても大切なのでは。
私も書きたい物を書くのに苦労しています。
一緒にがんばりましょう!笑

またお越しください。



頭が痛い

頭をふればふりかけが出てきそうな勢いで

頭が痛い

スーパーボールが跳ね回っているイメージで

頭が痛い
頭が痛い
頭が痛い

あれ、

睡眠薬の白い錠剤が埋め尽くしている


*

こんな詩は初めてです。

でも本当に頭が痛いです。




2年前 No.370

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

藤崎すみれ さんへ

返信が遅くってしまいスミマセン。

絵は暑い夏とそこに出来た安らぎをテーマにして山(森の木立ち)の中から見上げた夏の風景を画いています。
天にある真っ青な空に放たれた強い光線と木立ちの中で変化してゆく光線
もう一つは「水」を意識する場面を滝で表現している絵ですが、夏の強さが上手く表現出来ていなくてかなり手直しをしているところです。

2年前 No.371

藤咲 すみれ @blue1340 ★IuB7dVXJHi_xX0

Re:彷徨人さん


お返事をありがとうございます。

光の角度を表現するのがとても難しそうですね。
でも私も詩を書くのを頑張るので、頑張りましょう!笑
彷徨人さんは個展とか開かれたりするんですか?

またお越しください。





蘇らせてはならない 在りし日

水で洗っても擦っても落ちない汚れを
曖昧な口づけで無かったことにすれば

私は無限ループ

打ち上げられた花火に不適当な私のいのち

どーんと獰猛な音と共に弾け消えるのと同じように
ばーんと散っちゃって終り

狂気なだけ











2年前 No.372

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

すみれ さんへ

返信が遅くなり、スミマセン。
投稿をいただき、ありがとうございます。
最近は詩を綴っていなくて、メビにも来れてない状況です。
絵の制作作業は終わったのですが、自身ではあまり満足できるものでもないようです。
心の中のキャンバスに映ったものと、画面に描き出した光がどこか違っているようで・・・

「いわさきちひろ」さんの画集を眺めていたら何かいやされます。

個展はやりません。
画廊に何枚かは置いていただいたことはありますが、売れるくらいの絵をコンスタントに描けないと個展はしない方が良いと思うからです。
良しにせよ、悪しにせよ批評をされるのもあまり好みません。

2年前 No.373

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

「10月の国」

遠く伸びたる影や
だあれもいない
淋しい公園
神無し月へ
黄昏て
綺麗に沈みいく国と

枯れ葉踏み
彩る道へ
雨降ると
照る照る坊主
首刎ねて
笑って濡れる誰

遠く失う影や
私も追います
淋しい古里
神無し月へ
秋空高く
夕陽に沈みいく国と

寒露飾って
苔むす道へ
花嫁の
白無垢の通り
一夜明け
散って花染まり

遠く消えたる影や
出雲に向かいます
淋しい道行き
神無し月へ
秋晴れて
明日に沈みいく国と

秋冷の通り
吹き込む道へ
知らない風で
行き場を失う
窓を開いて
飛び降りる夕暮れ

2年前 No.374

藤咲 すみれ @blue1340 ★IuB7dVXJHi_xX0

Re:彷徨人さん

お返事をありがとうございます。

現状に満足せず追及する彷徨人さん。
私もそうありたいです。

いわさきちひろさんの作品って
結構インパクトありますよね。

最近肌寒くなってきました。
お体を大切なさってくださいね。

またお越しください。


*


Re:らくださん

はじめまして。
詩をありがとうございます。

10月の国/
詩の中に流れている空気に寂寞だったり
ちらりはらりと変わるシーンに鮮やかさも感じました。

"窓を開いて
飛び降りる夕暮れ"

という最後の部分が個人的に好きです。
寄り添うような暗さが心にぐっとくるのかもしれません。

どういった想像で書かれたのか気になるところです。

またお越し下さい。





私たちは最初から自由


飲み込んだ言葉

体の中で引っかかって残っては


見失っているだけで

消えたわけではないのだから


鼓動とともに息をしている

私とともに生きている





2年前 No.375

藤咲 すみれ @blue1340 ★IuB7dVXJHi_xX0




青色とねずみ色の間で
私は涙に濡れる夜を思う

伸びた爪さえ
背中まである髪さえ

今だってまるで貴方を恋い慕っているようで

ただ
ただ

何処か遠くへ 私を連れ去って


2年前 No.376

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

最近の詩の中で恋愛、幸せをテーマにしたものです。

【何故?恋をするのだろう】

何故?僕は君に恋をするのだろう
何故?「好き」と思えるのだろう
味覚でも臭覚でもない感覚なのに
何処から、いつ生まれたのだろう
心の奥深い処に出会った時からか
ただ気付かないでいただけなのか
心が突然の雷雨のように泣き出す
とっても酸っぱいような味がする
それなのに「好き」が止まらない
「君に恋をする」理由は解らない
「恋をしている」ことは確なこと
それだけの感覚なんだと認識する
理由など意味も持たないのだろう



【幸せの波紋】

心穏やかに時の流れに漂ってみる
真ん中に小さな波紋を感じている
最初は静かなさざ波のようだった
記憶が重なり合って波紋が広がる
ザワザワと少しずつ大きくなった
穏やかにいようと深く呼吸をする
思い出が干渉して波が消えてゆく
心の中が空っぽになってしまった
時間がぼんやりと欠伸をしている
日々の気忙しい生活を忘れている
穏やかに幸せの波紋を感じている


【永遠を探しましょう】

時間をあげましょう
少しで良いのですか

時間をあげましょう
たくさんの本を読んでください
知恵と勇気を手に入れるために

時間をあげましょう
命の水を汲みに行ってください
倒れた少女を助け起こすために

時間をあげましょう
花の種を蒔いて育ててください
荒れ果てた地と心を癒すために

時間をあげましょう
どうか私を探しに来てください
貴方の愛する私に出会うために

永遠を探しましょう
きっと、出会うことが出来ます
私が永遠に貴方を愛するために

2年前 No.377

藤咲 すみれ @blue1340 ★IuB7dVXJHi_xX0

Re:彷徨人さん

たくさんの詩をありがとうございます。

永遠を探しましょう/
3作品の中で一番心に残った作品です。

"永遠を探しましょう
きっと、出会うことが出来ます
私が永遠に貴方を愛するために"

という部分が好きです。
貴方との永遠を一緒に見つける
そんな意図が感じられてロマンチックだなと思いました。

恋の詩はやはり自分が感じたことが根底にないと
書けないような気がしています。
恋って私には難しいです。

またお越しください。




夏の跡を体に残して
私を悩ませるの

あのひとに刺されたところ
赤く腫れてしまうのだけれど

痒いなんて 痛いなんて嫌なの

カラフルなチューイングガムになってしまえば
甘い気持ちで満たされるのに








2年前 No.378

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

夢でも良いからカラフルなチューイングガムをいつまでも膨らませていたいものです。
膨らまなくなったら別の夢色のガムを次から次に膨らませてたい。
そんなことを思いながら読んでいました。

恋の詩は難しいです。
ラブレターを書くのと同じなのでしょう。胸のときめきを抑えつつ、言葉を見つけるのは大変がから。
「すき」の2音が色んな言葉に変えても足りない気がするから。

【君がいるだけで】

君が居るだけで
そう、
君が居るだけで
ただそれだけで
幸せな気持になる

心が覗けたなら
そう、
心が覗けたなら
予感するだけで
もっと幸せになる

君が居るだけで
心が覗けたなら
恋に落ちてしまう

2年前 No.379

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

10月の国は不吉さをテーマに作った作品です。
神無し月は神無月から来てます。

照る照る坊主ですが、昔はあんな可愛いお呪いではなく、晴れなかったら首を刎ねたそうです。
寒露や秋冷などは10月の節気が由来しています。

少しでも不気味さが伝われば幸いです。



らくだより

2年前 No.380

みかん ★Android=aAK8W7CyG1

ずっと少女でいたい
まだまだキラキラしていたい
もっと風になびいていたい
恋する気持ちを忘れたくない
全力疾走していたい
ずっとずっと
誰かを好きでいたい

2年前 No.381

藤咲 すみれ @blue1340 ★IuB7dVXJHi_xX0

Re:彷徨人さん

詩をありがとうございます。

私には恋って本当に難しいです。
まず男性として見れないっていう...。
仲のいい男友達で終わっちゃうんですよね。
いつもその人のことだけを考えてしまう、目で追ってしまう
私の中であの人が好き!って感じにならないのがちょっと悲しかったりします。
恋したいな。はい。笑

またお越しください。

*

Re:らくださん

解説をありがとうございます。

改めて詩を読み直すとまた違った感覚がありました。
てるてる坊主に怖い歴史があったとは。
グリム童話と同じような感じかな。
とても不気味さ伝わりました。
"散って花染まり"というところは血を象徴されているのかなと感じました。

またお越しください。

*

Re:みかんさん

お久しぶりです。
詩をありがとうございます。

みかんさんの詩
いつも羨ましいなと思って読ませてもらっています。
こんなに素直でキラキラしていて。
私が持っていないものを持っているような気さえしています。
私はまだ10代ですが、いつだって少女でいたいです。

今回の詩で勝手ながら少し参考にさせていただきました。
すいません...。

またお越しください。




私だって少女でいたいのよ

アイドルみたいにフリフリの服を着たいとか
高い声を出してキャピキャピしたいとか
グロスをたっぷりつけて綺麗に見せたいとか
そういう訳ではないの

胸の高鳴りのまま走っていたい
自然体のまま笑っていたい

星が流れる音
変わりたいって
少し元に戻ってみよう

私はいつだって少女なのだから



*


無邪気で素直でいつだって居たいのだけれど
なかなかそうもいかない。
ありのままの自分を曝け出すのは怖い。

ほら少し休憩。
幼い時のアルバムをひらいて戻ってみる。




2年前 No.382

みかん ★Android=aAK8W7CyG1


世界にはまだまだ
私の知らないことが多すぎて
瞬きする暇もないわ
たくさんのものに触れて
いつかあなたに
私の気持ちを伝えたい
恋することは、とても素晴らしい


*************
とても素敵な返詩
ありがとうございます!!

2年前 No.383

夜識 @tearsclown ★AiSbE57L75_tvs

ねえ ねえ
私とても幸せだよ


 【魔法はいつか解けるから】


あなたの 煙草を吸う時の手が好き
靴を履く時 片足を上げてる姿が好き
ちょっとだけ猫背な その背中が好き
頭を撫でてくれる 体温が好き

好き 好き 好き
溢れすぎてどうしようもできないくらい

だから だからね
もういいよ
どうか 私を忘れてください

私はきっとね 何をしたって諦めきれないの
何度あなたとの思い出を振り返ったって
何度願い事が叶ったって
あなたの隣にいるだけで満足できちゃうくらい
すっごく単純な私だけど けどね

あなたが泣いてる顔は
もう 見たくないよ

終わっていいんだよ この恋を
先へ進んでいいんだよ
あの日に立ち止まってしまわないで うつむいてしまわないで
振り返っても あなたに私は見えないよ


ねえ 好き 好き 大好き
私ね とっても幸せだったの
あなたが愛してくれたから
あなたを愛することができたから

だから だからね
お願い 先へ進んでよ

私はもう ここから動けないの
あなたの背中を押すことしかできないの

2年前 No.384

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

【無題(走り書)】

雨は音を立て泣きじゃくっている
頬につたわって、悲しみを隠す涙

風は心の襞に記憶を蘇らせている
懐に入り込んで、一休みのため息

雪は空から静かに舞い降りている
重なり積もって、地を被う白い華

2年前 No.385

藤咲 すみれ ★7DYZijVB4k_yoD

こんばんは。

お久しぶりです。
長らくこちらに来れず、申し訳ありません。
また期間をあけてしまうかもしれませんが
温かい目で見て頂けると幸いです。

詩を書く感触を忘れかけているままに、ひとつ。





さよなら、
つぎの空白を飲み込んだとき
少女の手から赤い風船が飛んでゆく

ひゅるり 風に吹かれて
ぱちん 弾けてしまう
僕らの知らないところで

いつからだったんだろう

いつからだったんだろう

わたしもあなたのまね
いや あの時あなたはわたしのまねをしたの

さよなら、
つぎの空白を飲み込んだとき
少女の瞳から涙が溢れてゆく

さよなら、どうかお元気で




1年前 No.386

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

お久しぶりです。

更新があったので立ち寄りました。
最近綴った拙い詩の中からです。

【君は光、僕は影】
(サブ:僕は君を笑顔にするためのピエロ)

君が光なら、僕は影で一緒に居たいと思う
光があるからこそ、影が存在して対を成す
君の心の温かさを常に感じることができる
光はカラフルな色を作り出すことができる
影はモノクロームだけど伸び縮みができる
光が悲しい色なら、影は精一杯におどける
光の心を暖めるために、影はピエロになる
僕はピエロ、君を笑顔にするためのピエロ


【素敵な君へ】

「素敵」は魔法の言葉
どんな時も人の心を幸せにしてくれる。
この世界には、素敵なものはたくさんある。
一番素敵なのは…、
素敵の心を素直に持っている君なんだ。

1年前 No.387

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

久しぶりに・・立ち寄ってみました。
少し前に綴ったものです。

【本当のわたし】

わたしという扉の向こうに本当のわたしを隠している

わたしという扉を開ける鍵はどこにあるのだろう

扉の向こうにいる臆病なわたしに問いかけてみる

本当のわたしは聞こえない振りをして沈黙を続ける

扉の鍵があったとしても鍵穴が壊れてしまっている

悲しみを閉じ込めたままで心を閉ざして生きてきた

誰か鍵も鍵穴も関係無く扉ごと壊して助けてよ

あの日の悲しみから本当のわたしを救い出してよ



【愛すること】

愛することに定義づけは要らない
そんなことをすれば、拘束される
恩着せがましい感情が付いて回る

愛することは物差しでは計れない
その人の精一杯なら、それで良い
愛することが愛されることと同じ

自身を愛せない人は他を愛せない
最も身近な自己存在を認識しよう
自分に出来る愛し方を見つけよう


なぜ、人は愛することをするのだろうか。
愛されたいから、愛そうとしているのか。
意味付けはどうでもよく、ただ愛したい。
ただ愛したいだけ。



【自分自身に】

自分を見失ったときは
深呼吸をしてゆっくりと振り向けば良いよ
ほら、昨日までの頑張ってきた君がいるよ

今日の君に気が付いて
「頑張れ!頑張れ!」って励ましているよ
きっと、明日は楽しいことが待っているよ

他人とどう繋がっているかは分からないけれど
ほら、自分を見失っている今日の君であっても
昨日までの君と明日からの君が繋がっているよ

1年前 No.388

まの ★Tablet=JqxypNhfiw

はじめまして、即興ですが「林檎飴」で作ってみました

「林檎飴」

やさしだけの言葉だけじゃ、寂しいのは

あなたが、部屋から出ていった後の静けさのせい?

ひとり恋いしていても、朝、あなたは鏡には写らない

もし、甘いだけの思いと言うのなら

嘘と言う事になるのでしょうか?

林檎飴のように、甘い言葉でけで包まれてても隠せない気持ちがあるの

あなたは、唇重ねるたび、瞳とじたままだから、わからないでしょう?

最後まで、あなたはいないのだから、、、


1年前 No.389

藤咲 すみれ ★7DYZijVB4k_yoD

Re:彷徨人さん

たくさんの詩ありがとうございます。
なかなか来れず、申し訳ありません。
私の気まぐれな投稿にも、ちゃんと答えて頂いて
本当に嬉しいです。ありがとうございます。

自分自身に/

他人とどう繋がっているかは分からないけれど
ほら、自分を見失っている今日の君であっても
昨日までの君と明日からの君が繋がっているよ

という一節が、とてもいいなと思いました。
何だか安心させられるというか、勇気づけられるなと思いました。
いつだって人間関係で悩んでしまう私にはちょっとしたビタミン剤でした。

またお越しください。

*

Re:まのさん

はじめまして。
詩の投稿ありがとうございます。

既に私の書く詩が、林檎飴を思っての詩では無くなってきているので
初心に戻って書くきっかけになりました。
ありがとうございます笑

林檎飴/
とても寂しさが漂う詩だと思いました。
最後の「最後まで、あなたはいないのだから、、、」というところが
とても意味深ですね。
林檎飴は甘いだけではなくて、甘酸っぱかったり、はたまたしょっぱかったり。
食べている人の気持ちで変わっていくと思っていて。
なのでそういう林檎飴と主人公の気持ちとがリンクしているなと思いました。

またお越しください。



忘れないでいて

わたしはきっと変わってゆくから
わたしが変わりたくないと思っていても
きっと時間の流れに攫われてしまうから

きらきらのお砂糖のままではいられないもの
甘酸っぱいだけの少女ではいられないもの

ねえ あなただって分かっているでしょう

さよならとこんにちはを一緒に手向けて

これは別れではないの

これは きっと



1年前 No.390

まの ★Tablet=LOBE7arOO8

Re:藤崎 すみれさんコメントありがとうございます。
私こそ、ありがとうございます。この林檎飴という詩は、
同じ題材で失礼ですが藤崎 すみれさんの詩を見てインスピレーションを受けて出来た詩です、たぶん今まで、林檎飴なんて言葉とは人見知りでいた、本当に素敵な言葉に合わせてもらいありがとうございます。


byまの

1年前 No.391

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

藤崎すみれ さんへ

>>390 「忘れないでいて」を読みながら…、
いつまでも変わらないでいることは無理なことなのだと思います。
変わってゆくしかないのなら、自身で変えてみることが大切なのでしょう。
髪型を変える。洋服の色を変えるなど些細なことからでも始めていけば、少しでも自身の望む方向に変われるかもしれない。
時の流れにまかしていても望む方向には行けないのだと思います。
そんなことを考えながら、昨日が今日に、今日が明日に穏やかに過ぎればなどと思っている自分自身に気がついて…明日は何か一つでも「いつもとは違う自分を探さなきゃ」なんて思いました。

最近、ほとんど詩を綴っていない自身に気がつくばかりです。感情にも変化は必要なんでしょう。

1年前 No.392

藤咲 すみれ ★Android=XXf6vC4NRL


こんばんは。
お久しぶりの投稿です。
一時期、詩を書かなくなっていましたが
また書きたいと思うようになり
ここに来ました。

詩の雰囲気が変わっているかもしれませんが
あたたかい気持ちで
詩を読んで頂けると嬉しいです。
駄文、申し訳ないです。

森永れん乳氷、という筆名で
投稿しているものが1つあるので
宜しければそちらも覗いてみてください。



詩は息苦しい気持ちから
成るのかもしれませんね。


*


abcを理想として
矛盾を抱えるなんて可笑しい

忘れもしない 18歳のとき

あれは恋に近い衝撃だった

金魚が好きなあの人の後ろ姿を
何度も顧みて
ひとつ ひとつを解くのは
幸せ そのものだったのですね
今になって気付く 切なさ

aとその他の距離は
人によって様々だから

ただ それ を掴みたい

ただ それ に出会い続けたい

ふとした瞬間に
尾鰭だけが揺れている姿を見つける

まるで私を遊んでいるみたいに




3ヶ月前 No.393

★Android=Zbuw6JmCFl

私は貴方を想っています
貴方だけを好いています

貴方の笑顔を思い浮かべ幸せになります
貴方の苦痛に満ちた表情を思い出し胸が痛みます
貴方の愛しげな顔が過り本当ならば満ち足りる筈なのに
胸が喜びで一杯になる筈なのに涙が零れそうになります

私は酷い人です
貴方の幸せを願うことができません
貴方とその人を見守ることができません

壊してしまいたいと思ってしまう
その人が居なくなってしまえばいいと思ってしまう
その隣が空くことを願ってしまう

私を見なくてもいいから
私に触れなくていいから

どうかその場所だけは
誰にも譲らないで欲しいのです
空けておいて欲しいのです

こんな私は我が儘ですね


ごめんなさい
貴方の幸せを祈ることができない私を
貴方とその人を切り離したいと思う私を

許さないでください

3ヶ月前 No.394

藤咲 すみれ ★Android=XXf6vC4NRL

〉優さん

はじめまして。
詩の投稿、ありがとうございます。

優さんは片思いをされているのかな。
丁寧な文章が
より一層主人公の切なさを
伝えているように思いました。
片思いを楽しむ心の余裕が持てますように。


+*゜


風が凪いでいる

夜が深くなるほどに
暗雲は私のそばにやってきて
瞳の奥の奥にある秘密に
そっと接吻するの

本の装丁を外して
その鼻に寄り添うとき
年の瀬の寒さを思うのです
いつの日にかに訪れたことがあると
私の故郷を顧みるようにして

そちらは寒くはないですか
束の間の休暇を満喫されましたか

こちらは雨です
降り止まぬであろう雨が降っています

私は大人ですから
悲しみはしない、のですよ
私は子供ですから
無邪気に忘れることも出来る、のですよ

風が凪いでいる

この部屋にだけ
そう 私のところにだけ

単身者向けのアパートの一室で
そっと 本を閉じる

閉じる




3ヶ月前 No.395

藤咲 すみれ ★Android=XXf6vC4NRL

〉彷徨人さん

こんばんは。
お久しぶりです。
長らくあけてしまいましたが
いつも詩や感想をありがとうございます。
また宜しければ
ふらっと立ち寄って頂けると
とても嬉しいです。


〉まのさん

こんばんは。
お久しぶりです。
とても嬉しい言葉をありがとうございます。
まのさんのその言葉が
わたしの活力になります。
ありがとうございます。


+*゜


擦り切れたズボンの裾
撫でてみたって
何も変わらないんだって
初めて聞いたときから
分かっていたのに

珈琲の匂いのキス

どうしようもない
どうかできるものでもない

体を巡る唾液は誰のもの

やわらかい
みらいに
誘われてみるのは

気持ちがいい

拭うのは
口元
だけかしら


3ヶ月前 No.396

藤咲 すみれ ★YVkc9NGBv8_PHR

*


若葉に手を差し伸べて
乱暴に引きちぎったのは
あなただったか
わたしだったか

正しいさよならの仕方を知らないまま

肩にもたれかかる残酷さ
約束をする前から決まっていた返答

微笑みに隠しただけ

あなたは
運命は宿命ではない、と言っていたけれど

何も変わってはいない 移ろいゆくだけで

しあわせの安らかさを
思えば思うほど
さびしい

いのちが失われていく
身体の半分が腐っていく

光は影を欲しているから

身を焦がすほど
さびしい

さびしい


3ヶ月前 No.397

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

さみしさの向こうには何があるのだろうか。

【冷たい雨】

曇りガラスの向こうは冷たい雨が降っている
その雨音さえ言葉の切れ端のように思えた
「冷たいね。冷たいね」
「こんな日は寂しいね」
静まり返った心の中を真っ直ぐに落ちてゆく
時には冬の風に紛れて泣いていることもある
「寂しいね。寂しいね」
「独りの時は悲しいね」
心の中で季節のさみしさを詩にできたけど、
寂しすぎる日には冷たい雨は悲しすぎるから

雪になって積もってくれたら良いのだろう
足跡をつけて自身の存在を意識できるから
「生きてる。生きてる」
「一歩前に進んでみる」
降り積もる雪は後ろの悲しい足跡を消して
全て覆って真っ白な世界に塗り替えてゆく
「これから。これから」
「未来に何かが始まる」


【君を守るために】

君を守るために何が出来るのだろうか
方法は沢山あるのかもしれないけれど
何れが正しい方法なのかがわからない
君が必要としているものは何だろうか
それが解らないで君を守れるだろうか
君を守るためには何をすれば良いのか
「君を守りたい。」
そう願うことが一番大切なことだから
大切な君を守るために僕は傍に居よう



【命、…。】

命、かけがえのない守るべきものだけれど
時として、はかなく消え去ることがあり
哀しみばかりに、無力さを思い知らされる

3ヶ月前 No.398

藤咲 すみれ ★YVkc9NGBv8_PHR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.399

藤咲 すみれ ★Android=OXZL0aNg7M

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.400

藤咲 すみれ @sumire2812 ★Android=OXZL0aNg7M

*

重複、申し訳ございません。
>>400 をご覧ください。


3ヶ月前 No.401

藤咲 すみれ @sumire2812 ★Android=OXZL0aNg7M

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.402

藤咲 すみれ @sumire2812 ★Android=OXZL0aNg7M

*

温かさを
先程まで纏っていたはずなのに
今は もう するり 抜け落ちたようで

白い梔子

季節外れのそれ
わたしは まだ 20歳だというのに

鮮度が失われていく
はらりはらりと落とされていく

細胞の破片
ひとつひとつのわたし

これは脱皮だというのだろうか

芯を残したまま
激しくもがいて 足掻いた先の




白に黒を抱いた人形が
ショッピングモールの騒めきで微笑む

わたしは わたしは

わたしは まだ 20歳だというのに





2ヶ月前 No.403
ページ: 1 2 3 4 5

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる