Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(548) >>

幸せって、何?

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(5916) - いいね!(25)

☆TFByO.hAqE8n ★iPad=vDNdBHTRdS

幸せって、何だろう?
私はふと、考えた。
人に数だけ、答えがあって。
だからきっと、答えは無くて。
私の幸せと、君の幸せ。
どこがどう違うのか。
どこがどう同じなのか。
不思議なのに、当たり前で。
それがやっぱり、幸せなんだな。

【幸せの意味について考えてたら、色んな人のそれがどんなか、気になりました。
どんな詩でも歓迎します。どうか、素敵な幸せを、運んできてください】

3年前 No.0
メモ2016/05/25 18:42 : 黎☆TFByO.hAqE8n @reimei★iPhone-1uVeEKanfu


気付けば、いいねが20になっていて驚きました。

本当に有難うございます。

誰が押してくださったのか分からないのがもどかしいくらいです。

気付けばレスも500をこえて、沢山の方が来て下さったんだなあと実感しました。

ページ: 1 2 3 4 5 6


 
 
↑前のページ (498件) | 最新ページ

さう ★4zkPFKyEI2_jiY

幸せの在り方は人により
形を変えては
千差万別
同一は決して存在しない

それは幸せの重みも
歩いて来た道も異なる故の
当然で自然のもの
だから人は不幸を語る



悲しくも切なき人の性
人は共有したがり共感したがる
しかし人は他者の幸福を嫌う
だから一番共有したい幸せを殺し不幸を語る

他人を気にした足並みの中に
普遍や普通などという基準もわからぬモノを
恐がりながら人であろうと
自分だけの幸せを胸に抱いて



それを誰かは
「幸せだ」と指を刺し
それを誰かは
「不幸だろ」と笑う

私はそうやって安全圏から見下して
値踏みする奴等の
喉笛を噛み千切っては
幸せって笑えますかと問いたい



千差万別の幸せがあるのなら
誰もそれを否定することも
勝手に値踏みする事も
許されはしない



ならばその幸せすら壊そうとする者を
許さないのが
永遠にそんな世を呪い続けるのが
私の幸せか

11ヶ月前 No.499

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPad=vDNdBHTRdS

遅くなってしまってごめんなさい。
>>498 は天秤を中心に据えた詩で、幸福と不幸とをそれぞれにおいた様な、そんな設定で面白いなと思いました。大きな幸福、些細なモノ、そんなさりげない単語によって雰囲気がしっかりしたなと、思いました。考え方の特殊さを謳っている様にも思えました。Namariさんの詩の、何処か皮肉めいた、それでいて訴えかける様な雰囲気が好きです。
>>Namariさん

はじめまして、来てくださってありがとうございます。
>>499 はとても面白かったです。幸福が千差万別であるという前提、それに対して色んな人が幸不幸を定めようとする、そしてそれを批判する形で描かれている。けれどそれで居ながら激励している様にも感じられるのが不思議です。この詩の主人公は強い様で弱い様にも感じられて、面白かったです。
またいつでも来てください。
>>さうさん

11ヶ月前 No.500

Namari @namariiro ★Tablet=pZyZKMT4Iq

散っていく花を薄幸と呼ぶのかい

命を散らす姿を徒花と呼んでしまうのかい

其処にしか咲かない色を無色に化えてしまうのかい

夢から覚めていく事をリアリズムと

夜から視界を隠す事をマジョリティと

だとしたならアナタに映る全てが灰色に沈む様だ

淡く儚い力強さを踏みにじっている様だ

地に削れ消えていく花を無かったことにして

ただ彩る姿を美しいと呼ぶだけなら

孤独に泣く時アナタには

何色も映ることは無いのだろうね

彼岸花ですらもこうして紅く美しいのに

そう呼ぶボクがいるというのに

アナタという枯れない花

それこそ薄幸に塗れた徒花に見えて終うよ


_________________________________________________________


黎 様

ご感想ありがとうございます

今回ちょっとしたエゴを詩にしてみました
視野を狭めて解りやすくしたつもりです
直接的な言葉遣いは苦手なのでNamariらしくは無いかもしれません

幸福というモノに対する拘りからか
皮肉めいた様な侮蔑めいた様な雰囲気が出てしまいますね
その上で理解を求めて自分の幸福観に閉じ込めようとしてしまう
Namariの悪い癖です(笑
此処で書く詩にはそういう自分に対する抵抗もあるのかもしれません

またお邪魔します

11ヶ月前 No.501

夜識 @tearsclown ★AiSbE57L75_tvs

どうして、神様


 【人はそれを不幸だと嘆いた】


僕らの愛の形を 人は否定する
ただ 僕らは幸せを享受しているだけなのに
僕らの愛は間違っていると 指さして叫んでは
人は 僕らを引き離そうとする


僕の体に残る 君が残したもの全部
あの人は消そうとするんだ
かわいそうに、って 僕を通して別の誰かを見ながら
幸せな僕を 不幸せにする

きっと 誰もわかっちゃいないくせに

僕と君の愛の証は
こんなにも美しいのに
君を知らない誰かは 君をひどい人だって言って
僕をまるで雨に濡れた子猫のように守ろうとするんだ


僕はね 君がさ 帰ってきた時に
一番におかえりって言えるのが嬉しいんだ
君が僕にすること 僕は一回だって嫌だって思ったことはないんだ

だって 僕を殺すわけじゃない
僕の自由を奪うわけでもない
ただ君が 僕の体に愛の証を刻むだけだ
そして僕は それが嬉しいんだ

不器用で 言葉にするのが苦手な君が
僕に記してくれる愛の証だから


人はそれを 歪んでいると 狂っていると
叫んでは僕の手を引っ張ろうとするけど
もう 放っておいてよ

僕らの事なんて 何もわからないんでしょ

11ヶ月前 No.502

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

黎さんへ

500レス到達、おめでとうございます。
1000…2000と頑張ってください。

11ヶ月前 No.503

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu

お久しぶりです。お返事とか滞っちゃっていてごめんなさい。

>>501 の雰囲気、好きです。ものへの価値観やイメージって、どんなに気を付けていてもどこか偏ってしまうんですよね。私はこう思う、誰かはこう考えている、でも私の方が正しい筈だってふとした瞬間に、特に根拠もないのに思ってしまうなあなんて考えていました。見えるものをそのまま受け取る事も大切だなって思いました。
>>Namariさん

こんにちは、来てくれてありがとうございます。
>>502 は、独特な愛情表現の詩なんですね。最近友人から勧められた曲と内容が近い雰囲気を持っていて、個人的に「おっ」ってなりました。誰が何をどう思うかって分からないから、難しいなと思う事が今年に入ってからは特に多くて、背景こそ全然違えど、この詩に共感しました。集団的な考え方がやっぱり定着してしまう世の中ですから、上手くいかないことも多いですよね。
とても楽しかったです。またいつでも来てください。
>>夜識さん

ありがとうございます!
これまで本当に彷徨人さんにはお世話になって、感謝も伝えきれないほどです。
これからも頑張っていきたいです。どうぞよろしくお願いします。
>>彷徨人さん

10ヶ月前 No.504

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu






苦しくて堪らない夜を越えた日は
いつも目に映るかがやきの
その激しさに身を震わせて
ずっと閉じこもって生きてきた
どうしようもなく今日もまた
作りたくもない壁が生まれて
私の隣にはなにもいない
こんな私が望むには
あまりに尊すぎるものを
貴方が私にくれようとしても
私はそれを受け取らない
そしてまた越えて越えてこんな夜を
朝になればまた自分を抱えて





10ヶ月前 No.505

彷徨人 ★DOCOMO-UbzEG6wBRr

「幸せ」「生きる」をテーマに最近綴った詩の中からの一部です。

【幸せですか?】
(サブ:幸せはいつも傍らにある)

幸せですか?
幸せは君の周りにも僕の周りにもある
手を伸ばしてみれば届くところにある
掌をゆっくり開いてみれば乗っている
幸せでいることに気付いていないだけ

病人からすれば健康でいるだけで幸せ
そんな幸せが僕らの周りには沢山ある

背伸びして爪先立ちしていると疲れる
踵を地に着けて一休みしながら歩こう

平凡で小さな幸せかもしれないけれど
さぁ、手を伸ばして掌を開いてごらん
ほら、君は笑顔になって輝いているよ



【命の限りに】

生きていることは何の意味を持つのか
ただ生きているだけでは意味がないよ
生きているのでなく、活きていなきゃ
そのために何をすれば良いのだろうか
目的を掲げて希望を持って生きてみる
そう、命の限りに生き抜いてみようよ
活き活きとした自分自身に会えるから

10ヶ月前 No.506

ゆーりす @tamami ★iPhone=MVFRtupN1f

ふわふわ


沢山この世には幸せがあるけれど

私には私には

周りが見えなくなるぐらい

嬉しさで舞い上がってしまう

高くとおく遠くへ

シャボン玉みたいに



…帰ってこれなくなるよ。

嗚呼もちろん、

私はちゃんと周りが見えているわよ。

10ヶ月前 No.507

奎介 ★iPhone=Z0WJ0qS1ZA

幸せは


未来に在ると歩いている
何も持たないから得る喜び
楽しさを日々更新したい


幸せは

失った過去で幕を引いている
確かな愛情に満たされていた
今がずっと続けばいいのに
生きる意味も温もりも見失い
後悔と孤独 聞けない答えに縛られる
逝く幸せに連れ立ちたかった

10ヶ月前 No.508

奎介 ★iPhone=Z0WJ0qS1ZA

幸せの証明


俺が想う幸せ
少数派の幸せ
理想論の幸せ
確実に存在するソイツを
俺が掴んでやりたい

言葉の力は
大統領とおっさんでは違うから
苦労し手にし言ってやりたい
誰にも幸せはあるんだと

10ヶ月前 No.509

夜識 @tearsclown ★AiSbE57L75_tvs

どうか 「幸せだった」と囁いて


 【エンドロールが終わった後に】


2人はいつまでも幸せに暮らしました
おしまい
おしまい


それで?
続きは?
幸せになった後は どうなったの?

誰も知らない お伽話の続き
君は無邪気な瞳で未来を願って
ハッピーエンドの続きを夢見てる


ほんとにハッピーエンド?


真っ暗な中を 白い文字たちが泳いでいく
物語の登場人物たち
語られなかった影たち
それが 終われば

終われば 続きはない

誰しも 幸せを願うけど
僕らはハッピーエンドの続きなんてわからないし
全てがハッピーエンドとは限らない


それでも 幸せに笑う彼らを見て
「よかったね」って 涙を浮かべる君は
幸せな未来を信じてるんだろう


僕なんかと違って

10ヶ月前 No.510

奎介 ★iPhone=Z0WJ0qS1ZA

足りなくても


やりたい仕事があり
それなりの収入があり
住む家があり
趣味などもやれて
少しの友も持ち
前向きに生きている
たまにへこみながら

今が幸せでないなど烏滸がましい

気を緩め気儘に話し自然に笑える
幸せの実感はそんな場所

10ヶ月前 No.511

初心 @syosin ★Android=gANk2LE8jB

(今日の次は今日)

今日を明日って
明日を今日って
名前が変わることにスキップができて
つなげる手があることに気づけることは貴重
紙と手と心とキーボードと
手を伸ばして支えてくれる
苦しみ悲しみ辛さ喜び嬉しさ
伝えて涙して笑って
1人きりじゃないと自分で鏡に向かって手を入れる勇気
また明日と呪文を唱えられる力
そして泣ける強さと今日を常に願える自分の美しい手

10ヶ月前 No.512

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu

たしかに「幸せですか?」も「命の限りに」も、どこか病であれ何であれ、自分自身の命の為に闘う人が描かれているような気がしました。幸せの意味や、その存在を語るのと同時に、命や生き方さえも諭されたような感じです。今年に入ってからちょっと背伸びをしようと思ったりして肩の力入りすぎていたかもしれないなと、考えるきっかけになりました。
>>彷徨人さん

こんにちは、来てくれてありがとうございます。
>>507 は、前半の高揚感と、後半の落ち着きがいいなと思いました。凄く嬉しくてたまらない時と、その後に凄く悲しいことがあった時。舞い上がるほど嬉しい時、けれどそんな自分を冷静に見つめる自分もいる。過去を振り返っているような感じもして。読む人によってきっと沢山の解釈が生まれるんだろうなって思う、そんな詩でした。
楽しかったです。またいつでも来てくださいね。
>>ゆーりすさん

>>508 は静かな詩ですね。若から老への時間の経過のように思いました。最後は長年連れ添った伴侶を失ったみたい。後半は苦しい程の主人公の哀しみが、強く感じられた気がします。逝く幸せっていう擬人法の使い方が面白いなと思いました。
「幸せの証明」は、強い叫びだなって思いました。こうしたいっていう欲というか願いが、自己満足ではあっても、そうする事に意味があるんだっていうような、とても衝動的でだからこそ感動する、共感する詩だなと思いました。エゴをエゴで否定するような印象もあって、個人的に凄く好きです。
「足りなくても」は、分かるなって、思いました。恵まれてても、もっともっとって望んでしまうし、些細なことを忘れたり気付かなかったりで、ずっとずっと、後悔するんじゃ無いかっていうくらい後になってから、あれは幸せだったんだなあって思うことが多いです。幸せの実感という言葉が心に強く残りました。
>>奎介さん

>>510 は、最後の「僕なんかと違って」っていう、その一言が凄く印象的でした。どこか自虐的で、「君」はハッピーエンドに憧れてるけど、本当は「僕」はそんな「君」にこそ憧れてるんじゃ無いかな、とか考えたりです。お伽話って元の形で残らなかったりもするし、ちゃんと語られないところもあるよなって読みながら思いました。読み終えて、語られなかった影たちの存在が、ふと思い出されました。
歌詞みたいに物語性があって、楽しかったです。またいつでも来てください。
>>夜識さん

「今日の次は今日」は、綺麗な詩だなあって思いました。明日になるの怖いな、とか、憂鬱だなって思うような時に読んだらとても励まされそうです。一人であることの恐ろしさも、誰かがいる事の安心感も誰だってきっと知っているだろうから、共感しやすい詩なのだろうなと思いました。最後の「〜美しい手」っていうフレーズが凄く好きです。
>>初心さん



9ヶ月前 No.513

夜識 @tearsclown ★AiSbE57L75_tvs

僕は優しく在りたかった


 【僕がはかなくなってしまう前に】


ゆらり、揺れる 水面のように
揺蕩う想いは 形を崩して
確かなものなどどこにも無いと
果てない声が呟く

いっそ この体ごと
想いも消えてしまえばいいのに
君を想って
バラバラになりそうになるくらいなら


揺れる指先
覚束ない足元
笑えたなら 強く在れただろう
君の目の前で

知らないままでいられたなら
そんなことを思っても
知ってしまった この感情を
今更消すことなどできない

その優しさに 触れてしまったから
僕は僕で在れたのに
その優しさを この手で壊してしまいそうになる


誰か 僕を壊してはくれないだろうか
君を壊してしまう前に
どうか 誰かの手で
君の前で泣いてしまう前に

9ヶ月前 No.514

さう ★KyvMUrERbt_M0e

「消しゴムの痕跡」

誰かが言ったそうな
「幸せは失って気付く」と
本当にそうだろうか
本当にそうだっただろうか

例えば何かを失って
思う事は多種多様である
「あれが在ったのは幸せだった」
「失えるものが有ったのは幸せだった」

では失うものがないと思う者は
幸せ不幸せ?
何かを失くしても
その者にとっては失くしモノではなかったら

幸せは失くしてから気付く
幸せの中で気付けず
失くす事で気付けると約束されたら
幸せ不幸せ?

何も持っていない空っぽなら
獲得する幸福がある
それすら千差万別
約束された喪失が邪魔をする

得れる環境に生きれぬ者
何かを得ても実感を知らぬ者
空っぽは空っぽでも
筒抜けで零れ落ちては意味が無い

失くしてから衝撃で壊れてしまったのかも
もしかしたら怖いのかも
二度と失いたくないって
それでも幸せを問えたなら

「幸せは失ってから気付く」
「幸せで溢れれば有り難味も消え失せる」
じゃあ今を幸せと仮定して
守りたいモノがあるかを探さないと

また失くしてから気付くのかい
後悔するのかい
繰り返すのかい
貴方にとって

「幸せは________」

私が書けない
沢山の解答を
貴方はなんて
書いたかな?

9ヶ月前 No.515

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu

こんにちは。また返事が遅くなってしまってごめんなさい。今回も素敵な詩だなと思っていたのに、なかなか時間が作れないで、本当に申し訳ないです。
>>514 は、僕の苦しみと、優しさがテーマになっているのかなと思いました。僕にとっての苦しみが、ただの薄っぺらなものではなくて、その裏に幸福や思い出なんかがあるせいで余計に苦しいのかな、とか。強い葛藤があって、倒置法によってそれが強調されているような。強く、優しくありたかったのは君の為、けれど君を諦めなくてはならなくなったのは僕のせいなのか君のせいなのか、あるいはもっと別の誰かなのか。曖昧な状態になっていなければならない程、精神が疲弊してしまっているような、そんな印象でした。
夜識さんの詩は綺麗で切ない物語があって好きです。またいつでも来てください。
>>夜識さん

返事が遅れてしまってごめんなさい。本当はもっと早くに感想とか書きたかったですけれど。すごくこの詩が素敵だったので。
「消しゴムの痕跡」は、評論文なんかで学者さんなんかが回りくどく長ったらしく書くようなものを、優しい言葉で、けれど確かな意志でもって問い掛けて、なおかつ諭してくれているみたいでした。幸せに対する認識がどうあるべきか、最近では確かに「失って気付くもの、何故なら当たり前になってしまったから」という考え方もあって。それを「ちょっと待って、もう少しよく考えて」って言われたような気分です。題名との関連性も素敵で、「私」が考えた幸せは消してしまったのだろうけれど、「貴方」はきっと「私」が憧れる様な幸せを思うのだろうななんて考えていました。
長くなってしまってごめんなさい。素敵な詩をありがとうございました。
>>さうさん

9ヶ月前 No.516

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu






否定することが存在意義で
かつて失くしたアイデンティティは
今はもう焼却されたでしょう

昔のあの人は面倒くさく
けれど理解されていた日々があったのに
今はもう憂いを知ってしまった

風の吹く夜に叫びたくなる
この世の全てを呪ってでも
叶えたいことがあった昔は

私の価値は決まらなかった
物差しなんてなんでもよかった
明日には全部リセットされて

愛してました知ってたよ
殺したいです泣かないで
逃げてもいいよ怒るなよ

君は何がしたかったのだろうね
私は何も思い出せない
君でなく私でなく笑い声の響くあの場所

懐かしい
さよならでさえ
だからこんなにも痛いのに





9ヶ月前 No.517

奎介 ★iPhone=Z0WJ0qS1ZA

結婚の報らせ


自然と顔がニヤける

幸せなこと

心がふっと軽くなるような

他人事でも嬉しいよ




9ヶ月前 No.518

コマネチ ★iPhone=H3yelIa4D6

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

9ヶ月前 No.519

夜識 @tearsclown ★AiSbE57L75_tvs

どーにもないこと言われるから
あーでもないって答えたの


 【唯心論】


僕らしか見えずに 捨てられる感情を
握りしめた君の手が
鮮明に焼き付いてる

この言葉の叫び方を
淘汰されてく泣き声を
柔らかに触れた君の手を
ひたすらに探してた

形作るものは見えなくって
いつの間にかボロボロになって
大切に触ってたはずなのに
どろどろになった掌には
何も残らないって 誰かが笑うんだ


あーでもないって言われるから
こーでもないって答えたのにさ
そんなの知るかって 跳ね除けられて
散らばってしまって
手繰り寄せても戻らないよ

くり返される問いの中に
くり返される答えの中に
僕ら探してたもの 見付かるはずって
根拠のないこと信じてた


僕の世界を 君の存在を
握りしめた掌を 閉ざした瞼を
反らした瞳を 開いた唇を
吐き出した声を 引きつった息を

見付けられなかった今の答えを
誰かが残した過去の問いを
不確かで不安定な未来の迷いを


僕らは抱えたまま

9ヶ月前 No.520

Namari @namariiro ★Tablet=tUKiqKYNEt

心から

そんな言葉を聞く

誰にも見えやしない黒の中に

心から

そんな言葉を聞く

声が彼我の隙間を揺らしただけ

心から

そんな言葉を聞く

嘘吐き上手は尚更相手の目を真っ直ぐと

心から

そんな言葉を吐く

堪えた涙と食い縛った口を隠してキミヘ

心から

そんな言葉を共に

どうかお幸せに

9ヶ月前 No.521

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

お久しぶりです。

最近、詩を綴っていませんでしたが、再開して行こうと思います。


【心の色】

心の中で音は光に変わり、光は色に変わる
心にはどんな音が聞こえていますか
穏やかな風ですか。激しい嵐ですか
どんな光に変わってゆきますか
和な灯りですか。眩しい煌めきですか
心の中はどんな色になっていますか
明るい色ですか。悲しい色ですか
いろんな音が響いて、たくさんの光が生まれいます
やがて心の中にはいくつもの色が見えます
あの日、あの時に聞いたメロディはどんな色になっていますか
思い出として暖かな色だと良いのですが、…


【時】
(サブ:意味など関係なく時は刻まれて行く)

この詩にどんな意味があるのだろう
綴られた言葉は何処に行くのだろう

歯切れの良い言葉を連ねればリズミカルで明るい
何の重さもなくて無意味に思える
有頂天に大空を飛んでいる愚か者のようなもの

重苦しい言葉を重ねていけば心も沈んでしまう
闇の中に引きずり込まれる気がする
深い海の底に朽ちて横たわる沈没船のようなもの

この詩にどんな意味があるのだろう
言葉たちは錨を下ろして眠っている
波の音が静かに繰り返し響いている
意味など関係なく時は刻まれて行く



8ヶ月前 No.522

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT


【夏の夜】(七夕2016)

お日様に輝くひまわりの笑顔
星達の様なコスモスの優しさ
月の様に満ち欠けする僕の心

いつも真ん丸の笑顔でいたい
貴女を優しく照らしていたい
夜は静かに語り合っていたい

8ヶ月前 No.523

Namari @namariiro ★Tablet=tUKiqKYNEt

流れ続ける刹那の時 揺れ落ちる緑葉
重くのし掛かり続ける 欲しずにいられない
やがて 色褪せた思い出に成っていく歌

この瞬間を永久には望めないのに
幸せは刹那 過ぎ去って注視した苦しみ
あんなにも尊いモノが今 少しずつ枯れて

欲しがらなければ哀しくも成らないのに
知らない事はそれ以上のモノでも無いのに
幸せと不幸せを舐めた時から 深く沈み込む心
なんであの時の幸福が今掌に無いんだって

眩しい光の足下 色濃く絡み付く陰り
月並みだね 森の中 そんな風に思ってた

「月が綺麗ですね」 I Love You.

そんな風に訳して 去ったアナタを探してる

8ヶ月前 No.524

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu

>>518 は優しい詩ですね。短いけれど、だからこそ切り取られたごく短いシーンの中の感情がよく伝わってくるなあって思いました。周りの人の幸福を、どんな状況であったとしても素直に喜べるような人間になりたいなと思いました。この詩の主人公と、結婚した友達との関係なんかを想像するのが楽しかったです。
>>奎介さん

はじめまして。来てくれてありがとうございます。
>>519 は一文の詩で、とてもうまくまとまっているなと思いました。文自体は短いけれど、状況がはっきりと伝わるのがすごいです。主人公の性格や周りがどんな人々なのか、いろんな状況を考えるのが楽しかったです。些細なことだけれど、それを書けるのも凄いなと思いました。
また、いつでもきてください。
>>コマネチさん



すいません。一月ぶりですけれど、時間が無いので今日はこれだけ。
また時間のあるうちにお返事書きます。

8ヶ月前 No.525

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

【心のままに】

何も深刻に身構えることはない
思うままに、心のままに居よう
どんな人間も最終章は同じこと
長くて険しい道を歩くのだから
あまり重い荷を負う必要はない
その時時を賢明に生きれば良い
何が大切かは後で分かるだろう

最終の道は己れ独りしかいない
家族も親兄弟も友だちもいない
地位もなく名誉だけが後に残る
六文銭があれば財宝も要らない
重荷を降ろして心を軽くしよう
思うままに、心のままに進もう

8ヶ月前 No.526

★bTp3mfJV2E_yoD


「If」

 もしもの話をしよう

 もし、君が大金持ちになったら何がしたい?
 もし、君が願う全ての事が自分のものになったら何がしたい?

 そんな世界にいて君は幸せかい?

 私はこれっぽっちも満たされない
 むしろ満たされる世界に恐怖さえ感じる

 全てが自分の思い通りに行く世界で
 君は幸せだと胸張って言えるかい?

 ある人は言うだろう
 「君は幸せ者だ」と

 ある人は言うだろう
 「君は不幸者だ」と

 当たり前が当たり前じゃなくなったとき
 人は必ずこう言うだろう

 「あの時に帰りたい」

 もし、君が全て失った時
 君は何と言うだろう?

 それが幸せだと気付くまで
 あとしばらくはそのままの君でいたらいいよ

8ヶ月前 No.527

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu

>>520 は歌の歌詞みたいだなって最初に思いました。○○を、△△を、って羅列していくのが個人的にすごく好きでした。答えの先にあるものを見ようとして出される問いに、答えすらないと不安で堪らないよなあ、なんて考えてました。一度不安に取り憑かれるとどうしようもないですよね。私自身高校に入って、周りのレベルについていくのが難しくて正直入る高校間違ったかなあとか思ったりしました。大丈夫だっていう根拠があればいいのにな、なんて。
素敵な詩をありがとうございました。またいつでも来てください。
>>夜識さん

>>521 は、なんだか切ない詩ですね。繰り返される「心から」が様々な意味を持っていて面白かったです。生きていれば本心を隠してでも喜ばなきゃいけない瞬間てあるし、祝わなきゃいけない事もあるんですよね。1人で辛い事もあるんですよね。心からって、特に強く思っているってことだから、決意にも取れるのかなとも思ったりです。
>>524 は、夏目漱石さんの有名な話が使われてるんですね。景色と雰囲気とがとても素敵というか、すごい好みです。思い出はそう簡単に断ち切れないし、そこに強い感情の記憶があるなら、より一層忘れられないものですよね。失われれば尚のこと、それ以上失いたくないから囚われるんですよね。この詩の主人公はきっと、「月が綺麗ですね」に返事も出来なかったんだろうなと思うと、余計に悲しくなりました。
綺麗な詩をありがとうございます。最近私はなかなかNamariさんのスレに行けていないのですが、余裕ができたら行こうと思います。ではでは、またいつでも来てください。
>>Namariさん


8ヶ月前 No.528

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=1uVeEKanfu

遅くなってごめんなさい。
「心の色」は余韻のある終わり方だなあと思いました。心が五感と繋がっているのだなと思う詩でした。あの日聴いたメロディがどんなものであるのか、どんな状況で聴いたのか、どんな思いだったのか、すごく気になりました。切ない雰囲気や温かな雰囲気がまざっていて、とても好きです。
「時」は、意味というものを中心にして「時」を語っていて、面白いなと思いました。言葉の持つ意味、文の持つ意味、音の響きの意味。詩は人に影響を与えるけれど、それにすら意味を問うようでした。時間の独立感があるなと思いました。
「夏の夜」は七夕の詩なんですね。織姫と彦星の伝説も頭の片隅にあるからか、貴女という存在が愛おしく尚且つどこか遠い存在のように感じました。向日葵と秋桜による季節感好きです。花言葉も詩の雰囲気に合ってますよね。雲がなくて暗い所だと月や星がよく見えていいですよね。
「心のままに」は、強い人の詩だなと思いました。その時その時を心のままに生きる、何故なら死ぬ時はみんな平等だから。六文銭という単語にまず反応してしまったんですけれど、確かに川を渡る時はなんも持って居られないんですよね。こういう生き方が出来ればもっと人生楽しめるのかなと思ったり。
いつも、彷徨人さんらしい詩をありがとうございます。読むの、本当に楽しみなんです。
>>彷徨人さん

こんにちは、来てくれてありがとうございます。
「If」は相手に対してどこか遠ざけた話し方なのだけれど、優しさも感じる詩でした。「当たり前が当たり前じゃなくなったとき」からの二連が好きです。高校に入ってから、中学の友達と会う度に「中学のときの友達はいいなあ」なんて話します。当時はそこまで気にしていなかった分、今が辛いです。だからか、すごく共感できました。
素敵な詩をありがとうございます。またいつでも来てください。
>>柊さん

7ヶ月前 No.529

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

人と人の繋がりって何なんだろう。大切なことだと思うけれど、難しいことなんだろう。
自身にちゃんと向き合っていないと繋がりが見えなくなるのかもしれない。

【融け合って】

君は君であって、僕の色に染まることはない
僕は僕であって、君の色に染まることはない
個々に自分を主張しながら同じ方向に進める
必ず、違う二つの色は融け合うことはできる

青色は青色で、赤色は赤色で互いを認め合う
けれど、重なった所には別の紫色を創り出す
染まらないで、自身に無いものを発見できる
バランスよく融け合って様々に未来を進める

いろんな風に君と僕は融け合うことができる
ただの紫色でなく、青紫にも赤紫にもなれる
君は何色なんだろう?僕は何色なんだろう?
君と僕は融け合って虹色や薔薇色にもなれる

だから、僕は新たな僕に出会うことができた
君は新たな君に出会うことができただろうか


「とける」
融けるを使っています。
意思(志)や働きかけがないととけないような感じがするからです。
融合的な使い方です。
溶けるだと簡単にすぐにのような…。
人と人が繋がることは簡単そうに思えますが、手を繋ぐのでなくて奥深く繋がるには難しくてエネルギー必要なのでしょう。



【君は光、僕は影】
(サブ:僕は君を笑顔にするためのピエロ)

君が光なら、僕は影で一緒に居たいと思う
光があるからこそ、影が存在して対を成す
君の心の温かさを常に感じることができる
光はカラフルな色を作り出すことができる
影はモノクロームだけど伸び縮みができる
光が悲しい色なら、影は精一杯におどける
光の心を暖めるために、影はピエロになる
僕はピエロ、君を笑顔にするためのピエロ

7ヶ月前 No.530

愛宕さん ★FQ8QMcR45k_mgE

【8日目のセミ】
あなたを失って半年の時がたった

あの日
あなたの不幸を知ったとき
私は不思議と私は 涙は出なかった

そして今 私は
昔よく あなたと過ごした学生街の喫茶店で
あなたといっしょに食べたかき氷を食べている

そう
イチゴ味のこおりで
なかには練乳が入っているやつだ

私は少食だからね せっかくの氷は
もう半分は 液体になってしまった

そういえばあなたは すこし溶けて
ミルクとイチゴの混ざった液体のような氷のほうが好きでしたね
私は嫌いでしたけど

過ぎさったあの幸福の時間が
もう二度と戻らぬと知ってしまった私の瞼は
今は少し涙を含んでいた

会計前 店を出るときにのんだ
液体になった氷はやはりまずかった

7ヶ月前 No.531

Namari @namariiro ★Tablet=tUKiqKYNEt

此処からみえる幾何学模様

心模様と呼んでみる矛盾

何をアナタに求めよう

アナタは何を求めるの

赤色と黒色

混じったワインを飲み干して

閉じた心が抉じ開けられた

全てが幸福に沈む



_________________________________________________________


黎 様

お久しぶりです
年を重ねていくにつれて
浮かぶ景色も感情も変わる事を自覚しつつある昨今です

今は自分のスレも自分だけのモノでは無くなりました
皆さん濃い詩を書いてくださるので
黎様もいつでもいらして書いてくださいな

またお邪魔します

6ヶ月前 No.532

サナカ ★Android=GElRO4wLgO

動かない右手を"モノ"と呼ぶ君に
「子どもの抱っこも無理かな」
そう 呟いた君に

僕があげられるものは何一つない。

なんのひとつも、見つからない。

この苦しく泣き叫びたくなる気持ちも
四方八方にぶつけたくなる衝動も
君にとってはなにも役に立たず、
ただ僕の気休めとなるばかり。

こんなにも、大切な君なのに

僕は君に笑い話すら上手くできなくて。

いつか、少しでも君の傷が癒えたなら
その時は
君ごと抱きしめてあげようと
祈りにも近い願い事を
ただただひたすら願うのです。
ただひたすらに、想うのです。

6ヶ月前 No.533

Namari @namariiro ★Tablet=tUKiqKYNEt

「歪み愛、狂い愛、壊れ愛、崩し愛、殺し愛」


ボクが望んだ景色なんてこの世には無い
ボクが望んだモノなんてこの世には無い
ボクが望んだボクなんてこの世には無い

全て歪んでいればいいのさ 壊れていればいいんだ
全て狂って終えばいいのさ 崩して終えばいいんだ

幸せになろうよ
今これ以上幸せでも 誰にも理解できない愛で
堕ちて 堕ちて 堕ち切った闇の中でアナタを殺したい
亡骸を抱きながら 消えていくアナタの瞳が開ききるまで
其処に最期に映る姿が 恍惚に歪んだボクであればいい

「幸せになろう、殺してくれていい、アナタの愛で殺して下さい」

モノクロでモザイク 誰にもついてこれない
姿形も言葉も全て追い付けない なんて綺麗な悲哀
狂喜しようよ 此処は孤独な二人の世界

色々な景色を作ろう 色で溢れて 音色で溢れた
稚拙な常識も 幼稚な普通もどうでもいい
最期に壊そう アナタと共に 壊す為に 作ろう

幸せになろうよ
今これ以上幸せでも 二人にしか理解できない愛で
堕ちて 堕ちて 堕ち切った闇の中でアナタに殺されたい
亡骸に成りながら 消えていくボクの瞳が色を失うまで
其処に最期に映る姿が 恍惚に歪んだアナタであればいい

「アナタの好きに殺して、アナタの好きに壊して、それが今のボクの幸せさ」

教えてあげるよ もっともっと ボクの景色を
教えてくれないか もっともっと アナタの景色を
混ぜていこう 色を 音を きっと綺麗さ きっと美しい

アナタと歪み愛 アナタと壊し愛 アナタと崩し愛
向け合う言葉の鋭利な鋭さで アナタと殺し愛
絶対逃がさない 絶対逃げられない 歪み愛

幸せになろうよ
今これ以上幸せでも 燃え盛る鳥籠の中で愛し愛
焼け落ちた翼を慰め愛 もう飛び立てない涙の流し愛
冷たい水を浴び愛 蒼白く堕ち愛 瞳を見詰め愛 奪い愛
最期に殺し愛 血の跡で洗い愛 追い掛け愛
愛しています きっと愛してるよ どんな形でも

「「幸せ、壊されるのも壊すのも、アナタの全てを知れる事が幸せ」」


_________________________________________________________


黎 様

スレへのご投稿ありがとうございました
リアルの色々な環境から狂い始めてるNamariです

とある方へ書いた過激なラブソングです
幸せとか愛とか、形に当てはめるなんて土台無理な話
望みあったモノを無理矢理、理想と呼ぶのは無粋だなと

またお邪魔します

6ヶ月前 No.534

初心 @syosin ★Android=vEaRNg2uAR

(考える)

今この瞬間

幸せとは何か考え
楽しい事
嬉しい事
悲しい事
辛い事

過去を振り返ることが出来る
今があり
今に繋がる色んな道と交わった
不格好な道がある

前を向き直ると未知が待っていて
未来を考える
今と切り離されない
大切な未来

そんな事を考える機会がある幸せ
そんな機会を与えてもらえた幸せ
自分なりの詩で幸せを考える

この瞬間が幸せ


6ヶ月前 No.535

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

【背中】

背中に不幸せが見える
不幸せの重さに耐えて
背を丸めて俯いて歩く
秋雨の憂鬱だけが残る

背中に幸せが見える
幸せに足取りも軽くて
背をピーンとして進む
晴れ渡った空に映える

自らの背中は見えない
どう見られているのか
僕の背中のことよりも
君の幸せの背中を願う

5ヶ月前 No.536

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=sCRoeQcYmY

しばらく来れなくてごめんなさい! その間にこんなに投稿してくださってて凄い嬉しいです。今読んだだけでも素敵過ぎて元気出ました。テスト終わったらお返事、絶対します。





風が吹く
笑った君の髪が揺れた
かつて触れた髪だ
柔らかな光を帯びて
それから
私の肩を叩いた
ああ君はそうやって
分かってくれてしまうのだ
どんなに馬鹿やってても
私が真っ暗な所にいることを
気付いてくれてしまうのだ
だから君が愛おしい
風が吹く
一年も会わなかった
忘れたりもした
伸びた私の髪の分だけ
君との距離ができたと思った
そんなの気のせいだった
会えば尽きない話題も
軽口の応酬も
全部ひっくるめて懐かしく
愛おしくて堪らない
風が吹く
強く
強く
一瞬視界が塞がった
君がいなくなったかと思った
視界が晴れれば君は
笑みを浮かべていた
その優しさを私は忘れよう
強い風が私達の全てを
吹き飛ばしてくれればいい
そうやって始まる関係があることを
信じたいのだ
風よ吹け


4ヶ月前 No.537

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=sCRoeQcYmY

「融け合って」は、読んでてすんなりと共感出来る詩でした。色彩のある詩ってそれだけで魅力を持ちますよね。反発し合う色ってなかなか無いし、綺麗な喩えだなと思いました。出来上がる紫も日本では特別な色というのもあって、いろいろ解釈できそうだなとも思いました。どうしても上手く仲良くできない人とでもきっと丁度いい関係が築ければいいのかな、とも思ったり。その丁度いい関係の時、一番綺麗な色になるのかな、とも。
「君は光、僕は影」は優しい詩だなと思います。光はプラス、影はマイナスのイメージが強いですけれど、必ずしもそうとは限らないし、表裏一体のものは常に互いを支え合っているんだよなあという所から、沢山考えさせられる詩でした。実家のすぐ近くにある街灯を思い出しました。
「背中」は、最初ぱっと読んだ時「背中で語る」感じだなあと思いました。歩く姿って日常的に当たり前に見るものだから、細かな違いとか雰囲気とか目に付きますよね。やっぱり幸せな時、気分のいい時は自分にとって心地いいリズムで歩くし、そうでない時は速くなったり遅かったりします。姿勢だって感情出ちゃうんですよね。
彷徨人さんの詩は誰かを想う優しさや、綺麗な描写が素敵で、好きです。
>>彷徨人さん

3ヶ月前 No.538

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=sCRoeQcYmY

「8日目のセミ」は切ない詩だなって思ったんですけれど、最後の連でそれだけじゃないのかなと思いました。セミは寿命が一週間程度(実際は結構生きるらしい? ですけれど)と言われているから、「あなた」をセミに喩えているのかなとも思ったし、あるいは「私」と「あなた」の関係がもう変わらないことの象徴なのかなとも考えたりしました。水っぽくなって美味しくないなていう所に共感しました。もう会えない人を想うのって辛いんだなあと感じました。
きてくださってありがとうございます。またいつでも来てください、楽しみにしています。
>>愛宕さん


3ヶ月前 No.539

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=sCRoeQcYmY

>>532 は、長くない分、情景などをじっくり思い浮かべられる詩でした。ワインって私の中で静かなイメージが強いので、その静けさと、ワインを飲む音が響く感じがしました。穏やかな心で、余裕があるから色んなことが目に入るのかなと思ったり。赤と黒、という表現も好きです。Namariさんの詩は深くて、考えるのがとても楽しいです。
「歪み愛、狂い愛、壊れ愛、崩し愛、殺し愛」はたしかに過激だけれど、それ程までに相手を想っているのだと思うとと強く心を鷲掴みにされた感じがしました。強い強い感情が溢れていて、思わず引き込まれました。愛は求めることだと何かで読んだ気がしますけれど、本当にそんな感じですね。言葉遣いがすごい好みです。
スレが自分のものだけじゃなくなってくると寂しいような嬉しいような感じですね。子供の成長を見守る親の気分を味わえる気がします。また、さらにお邪魔します。
>>Namariさん

3ヶ月前 No.540

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=sCRoeQcYmY

>>533 は、凄い詩の世界に引き込まれました。右手が動かなくなってしまった人と、その旦那さん、なのでしょうか。右手が動かなくなった事の辛さと、それに対してかける言葉が出てこない辛さが詩の中にあって。でもそのうえで自分の為でなく君の為にしたいこと、大切であることを伝えたい感じがして、素敵だなと思いました。
優しい詩をありがとうございます。また、いつでもきてください。
>>サナカさん

「考える」は、まっすぐな詩だなと思いました。瞬間瞬間、或いはもう少し長い時間の単位だとしても、常にその前後と繋がっていて、どうやってもきりはなせないから、その連続の中で、その瞬間を楽しんだりして生きていくしかないんだなあと思いました。不格好な道ていう表現が素敵だなて思います。詩を書く喜びが溢れた様な終わり方が好きです。
いつもありがとうございます。またいつでもきてください。
>>初心さん

3ヶ月前 No.541

@reimei☆TFByO.hAqE8n ★iPhone=sCRoeQcYmY






そこで見つけた幸せが
まやかしに似たものでも
信じられる今を
大切にしたくて
例えばその人がどこかで
私のささやかな言葉を思い出し
笑っているかもしれない
例えば私が得たような
この幸せを知ったかもしれない
人一倍感動しやすいだろう私だから
人一倍祈れることがあると
ある人が言ってくれたことがある
それを信じて私は今日も
祈ろうと思うのだ





3ヶ月前 No.542

さしすせそ ★Android=ahTQ73YMhJ

幸せが今日の一日をただ
笑顔で過ごすことだという人もいる

幸せがまさに
これだとは言えない人もいる

幸せは皆が幸せなことだという人もいる

このまま誰も答えを出すことを望まずに
どこかはらっぱで静かに眠りたい

きっと気持ちよく眠っていたら
起こす人もいないんだから

芸術のことはよく知らない
キリキリと世界を描く理由も
前に進む理由も知らない

それなのに
目は覚めて遥かに遠い場所を思うと
切なさで手はかじかむ

何もせずにはいられない
考えずにはいられない
どうして目を覚まさなければいけないのか

幸せの拠り所がどこかも知らないのに
確かに目を覚ました私は
幸せの色が宿っているとそれだけ分かる

3ヶ月前 No.543

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

今年もよろしくお願いします。


【己は】

矛盾だらけの世界をかき混ぜてみれば
中心は渦を巻きながら落ち込んでゆく
否、周りが持ち上がっているのだろう
矛盾は尽く巻き上げられて真理が残る

どんなにもがいても己は己でしかない

逃げ場の無い闇の世界が広がっている
弱々しい己に向き合って生きれば良い
強がって無理やり進む必要なんてない
世界は矛盾だらけで不自由なんだから


【会いたくて】

会いたくなるたびに
切なくなるから空を見上げている
涙か零れないように
気づかれまいと空を見上げている
空は高くなってゆき
どこまでも青く青く広がってゆく
心をおだやかにして
君を思いながら笑顔になってゆく

2ヶ月前 No.544

@mumiado ★iPhone=mOBFdVoJgP

初めまして。よろしくお願いします。

【生きる】
この思いを馳せて
届いたところに
君は生きる
ひたすらに生きる

この世界を駆けて
辿ったところに
僕は生きる
しゃかりきに生きる

この幸を掲げて
見上げたところに
皆は生きる
なごやかに生きる

生きている限り
続いていく幸せの兆し

1ヶ月前 No.545

彷徨人 ★DOCOMO=pfipb880GT

【心に翼を】
(サブ:お日様に向かって高く飛ぼう)

お日様が雲に隠れているだけの勘違い
お日様が好きなら心の翼で高く飛ぼう
他の誰かが優しさや愛をくれなくても
お日様が創り出す自分の影を信じよう
冷たくなった心を自分自身で暖めよう
目を閉じて夏の日を思い出してごらん
向日葵が太陽に向かって頑張っている
お顔を真っ黒にさせながら笑っている
ほら、君の影もおどけて笑っているよ
君にはもう一人の影が連れ添っている

1ヶ月前 No.546

Namari @namariiro ★Tablet=tZkvyKj24i

飛び交った鉛

何かに貫かれた様な痛みと共に

何かを吐き出して

それの色を探ってみる

盲目な瞳が赤色に滲むとき

果てしなく壊れかけた愛と心を哀して

解りも知りもしない鉛を交わした

撃ち抜かれた想いに名前を

喘ぐ様な幸せと

29日前 No.547

Namari @namariiro ★Tablet=tZkvyKj24i

暮れる頃々

狂々と回る心事

心底の愛情から漏れだした

知らなくていいよと

隙間に置いた幸せを拾ってと

そのまま去ってくれ

刈り取るだけの死神

奪つて壊すだけの死神

後姿に鎌を担いで

今日も幸を置いて逝く

僅かな邂逅に愛を

くれないかな

孤独な愛

なぁアナタ様


__________________________________________________


愛する人を亡くし続ける度にお前は死神だと言われる

そんなNamariです
死に別れ際最後に愛してくれた人が
幸せだったと信じたいものです

25日前 No.548
ページ: 1 2 3 4 5 6

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる