Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


 
 
雑学No.815 だけを表示しています。

×× @spica10 ★xRWuqdRVfZ_8gk

君の冷静に溜息が呼ばれた
余計な襟足が跳ねる朝
小さな公園の中で二人はまだ
鬼に見つけられていない

世界一広いベッドで泣いている
呼吸を合わせて飛んだ日々に帰れないことを
心のだれかが当てていたから

夕闇が街に染み込んでいく
あと少しで掴めそうな理由
曇り空に重ね着した私がいる


さとねさんこんばんは。今日もお疲れ様です。いつもあなたが来るのを楽しみにしてます。
最近眠れないのにやることもなくて、今回の詩がぴったり重なりました。
意識が乱れるとありましたが、お仕事厳しいですか。無理はしないでくださいね。
不安定な夜があれば寄っていってください。
さとねさんもいい夢を。おやすみなさい。

2018/01/22 01:03 No.815

雑学No.815 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる