Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(247) >>

思ったことぽえむ

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(2656) - いいね!(8)

木々夏色 ★Uf9qwDdsWFE_Uz

いい一日だったな

眠りつく前にいつもそう思えるように

辛い時もあるけど 毎日が楽しい それだけで色々と頑張れてこれる

今の自分を忘れないように

今の気持ちを忘れないように

毎日“今日もいい一日だった”って思えるように☆☆

2010/09/06 17:29 No.0
メモ2016/03/09 15:37 : 木々夏色★5BI2q5AZH1_Gbh

はじめまして


ここなついろと申します

日々思う事、感じたことをそのままここに書いていってます

木々夏色のぽえむを読んで下さる方々ありがとうございます

共感できることばがあったら嬉しいです

それから・・元気がでたり、ホットしたり・・

なにかあなたのお役にたてならばもっともっと嬉しく幸いです


また、素敵なぽえむのご参加も大歓迎です。

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (197件) | 最新ページ

★tuk3624yQ7_mgE

思ったことをぽえむ。
そのままなのに、丁寧な感想をくれる木々夏色。
何だか、穏やかで素敵な人を想像してしまいます。

1年前 No.198

★tuk3624yQ7_mgE

生と死は、美しい

死に逝くときは、美しくありたい

自然な死など望まぬ

どうせなら、あの茨に抱かれて

どうせなら、愛しき者に

白く生々しい身体を、誰も見たことのない未知の花園に委ね・・・

1年前 No.199

Namari @namariiro☆55nHF1/H4gs ★Tablet=wNZfxPykST

ふと空を眺めた時

電線が細く隠している

切り取り線のように

いずれバラバラに千切れた空に

押し潰されるのを望んでいる

そんな風に

思わず手を伸ばしたくなる

欠片だらけの狭い空

1年前 No.200

木々夏色 ★iPhone=bkAXG6uMwM

DEAR柊さん
いつも素敵なぽえむをありがとうございます
嬉しいメッセージも。
ありがとうございます
とっても励みになります。
これからも思ったことぽえむ
どうぞよろしくお願いします

1年前 No.201

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEAR Namariさん

はじめまして♪

素敵なぽえむをとてもうれしいです

ありがとうございます。

わたしもふと見上げることがあります

窓から何気なくみる外の景色とはまた違い

ある時疲れたな〜っと思っては空を眺めるんです。

たとえばそれは天気のいい日だったりしますが

心はうらはらにわたしの内面は曇り空だったりします

不思議なもので

内面が曇っている時の方がわたしはよく空を見上げる様に思えます

答えのない空には狭いようで…広いような…

色々な答えが見えてくるように感じる今日このごろです

FROM 木々夏色

1年前 No.202

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

長いようで短い日々の中で

何を選んで時に何かを失って

生きてる人

わたしが日々に感じる違和感は

独特なものかもしれない

それが個性というものかもしれない

儚い一度きりの人生だから

どんなことでも楽しみたい

何が正解か

正しいかどうかとか言うのは好きじゃない

気持ちよく生きれた方が良いと思ってるだけ

あたりまえに生きていくこと

それが当然だと思ってた頃

あの時と今ではそのあたりまえっていう言葉にも違いがある





1年前 No.203

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「雨宿り」


仕事帰りにスーパーに寄った

買い物を終えると
職場の友達が
突然の雨に雨宿りしていた

僕はその人の横に立った
「傘、買う?」
「この前、待ってたら、小降りになったから」

こんな時間もいい
一緒に待っていると
すぐに小降りになった

「ありがと」

その人は笑顔を見せて
薄暗い空の下へ
溶け込んで行った

1年前 No.204

猫月 ルア @nekotuki ★yI9QHMxixf_zI8

楽しかった

一緒にいる時間

笑顔の瞬間

一変

お別れの時

寂しくなった

また会えると

分かっているのに

楽しかった瞬間が終わるのが

どうしても慣れないなぁ


+++

木々夏色さんへ

初めまして。
なんとなく詩を投下させてもらいました。
ふと遊んだ帰りに思いつきました。

1年前 No.205

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

変化していく

心とカラダ

だけど完璧でありたい

それが原点

1年前 No.206

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEARじゅんさん

初めまして、素敵なぽえむをありがとうございます。
雨宿りの情景を思い浮かべながら“こんな時間もいい”
その言葉がすーっと心に入ってきました

忘れてた感覚のようなものを思い出しました

それは子供の頃の記憶に近いかもしれません

雨宿りを楽しむ時間も
こんなに素敵なぽえむになって伝わってきました

また遊びに来てくださいね♪

FROM 木々夏色



1年前 No.207

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEAR満月 ルアさん

初めまして。とってもうれしいです
ふっと思った時の
思ったままの詩やぽえむが大好きです。

笑いの溢れた楽しい時間はわたしもとても好きです
とても大切にしたい時ですよね
別れの寂しさは尽きませんが

それはまた会える楽しみに

そしてまた自分の元気と笑顔の源に♪

また、素敵なぽえむを待ってます

FROM 木々夏色

1年前 No.208

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

満月 ルアさん

メッセージもありがとうございました♪
とっても嬉しかったです^^

1年前 No.209

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

過剰すぎてる

何もかも

一度リセットしよう

スイッチがあるわけじゃないけど

求めるものも

自分自身の意識も

負荷を背負ってしまいすぎて

笑顔を作ることが難しい日々

ゆとりを気持ちに作ること

それをまずはやっていこう

1年前 No.210

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

不安ばかりが
自分に寄り添い

希望が見えない

ふと言葉を浮かべてみると

下向きな言葉ばかり出て

いかんじゃないか

これじゃ自分らしくもない

楽しいひと時を共有できたら

それでいいじゃんか

わたしの武器は笑顔

1年前 No.211

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「夕暮れ時に」


君と小さな店で
焼き鳥を買った

薄暗い夕暮れの中
君と僕の間に
涼しい風が吹いた

買った塩焼き鳥の味が
体中にしみわたる

そして 君と一緒に食べられること

そのすべてが
奇跡に思えてきた

思わず
焼き鳥を頬張る
君の顔を見た




11ヶ月前 No.212

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

ちょっとヒトコト☆

何気ない言葉が元気をくれます

あなたのその一言が

わたしの力になるんです

あなたにとっては何でもない事が

誰かの何かになっている

すごいことだな

わたしを今日元気にしてくれるその一言は

また誰かにも繋がっていくんです

11ヶ月前 No.213

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

緊張とかいつもしてしまう

嫌な事からはできるだけ逃げたい

そんな風に思うこともあるくらい考え込む時

先崎に過るのは
だって苦手なことに参加しても楽しめない

これだと思う




だから楽しめないんだよ!!!

苦手だからと諦めたらそこにどんな楽しいことが待っていても

見つけることも手にすることも出来ない

やってみて何か成果が出るかもしれない事に賭けてみたことはある?

11ヶ月前 No.214

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

考えすぎず でも考えて行動する

10ヶ月前 No.215

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

反省…また反省…

でもね楽しく 落ち込まないで行動 私は私

10ヶ月前 No.216

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

前をみて歩く先には 楽しい事がある

10ヶ月前 No.217

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEAR じゅんさん

思ったぽえむに来て下さりありがとうございます^^

素敵なぽえむに思わず想像していました。
そんなシチュエーションで食べた焼き鳥がとってもおいしくて、
そんな2人はとてもお似合いの2人なんだろうと・・・
夕暮れ時にというのがまたとても良い情景を思い浮かべさせてくれました

また遊びにきてください♪

FROM 木々夏色

10ヶ月前 No.218

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

木々夏色さん、こんにちは。

木々さんの言葉、すごくいいです。普遍的なことをおっしゃってる、というか、胸があたたかくなります。

木々さんの詩を読むと、僕も書きたくなります。。

10ヶ月前 No.219

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEAR じゅんさん

そんなうれしいお言葉を頂きありがとうございます。
とりとめもなく、日々思った時に書いてるんです
読んでもらってあったかくなるようなそんなことばを
これからもたくさん書いていきたいです
励みになります(*^_^*)
じゅんさんもたくさん書いてくださいね。
ことばは不思議で後で見返してみてもその時どうだった、こうだったんだな
と思いだしまた振り返りそして進むエネルギッシュなパワーをくれます。
どんなにダメだと思っても
その気持ちを出して吐いてしまったら
また気が付くと新な自分が居ます
辛くても一時です幸せを感じるのもまたひと時
時を刻むのも自分次第でいろいろな刻み方がありますね…♪

FROM 木々夏色

10ヶ月前 No.220

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

あつい情熱がある

それとは裏腹に心の中は冷静だ

10ヶ月前 No.221

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

この緊張感がなければ

見逃してしまうちいさな事柄

大事だから

大切に大切に…自分らしくやろう

10ヶ月前 No.222

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

突き放してしまうのは簡単

でもそれで良いのか?

あいまいな事ばかりも言えないけど

価値観は違って当然と心したうえで

選んで伝える真意を

受け止めてもらってやっぱり思う

言わないでいた方が良い事だったのか

必要に思ってもらってることは嬉しく思う

けど一つ一つに引っかかる

意図して起きてることなんだろうか

素直に受け止めることがだんだん出来ない

わたしの世界観で物事を考えすぎなんだろうか

10ヶ月前 No.223

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

オールフリーダム

良くも悪くも

自由に素直に生きてく

直観を大事に感性豊かに

10ヶ月前 No.224

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「できないときはできないと
言ってくれたほうが嬉しい」

期待にこたえようとする僕
仕事をまかされると
嬉しくてつい引き受けてしまう僕
そんな僕が
「今はできない」と言えた

「無理して働いて
身体を壊すとこじゃないから」

仕事には厳しいけど
いつも身体を案じてくれた
自分を変えるきっかけを
与えてくれた

自分の存在を認めること
自分を大切にすること

先輩の言葉を胸に
今日も汗を流す

9ヶ月前 No.225

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

長期休暇を約10年ぶりに楽しんだ

この時間はかけがえのない時間で

日々の忙しさや喧騒から離れ

自分らしさを取り戻せた


“心”“亡くす”忙しいとは

本当に言葉の通りだ

わたしはこの休暇のおかげで周りへ普段なら見落としていた様な気遣いが出来るようになった

“心”にゆとりを持てたことで周囲を見守ることも出来るようになった

仮に勤勉と褒められたら

それは褒め言葉なのかもしれないが

自分を押し殺してまで向き合った先に達成感を感じることができるのか

その答えはわからないけど

“楽しむ”を忘れたら

何もわからないまま終わってしまうようで


忙しさも時には必要だけど

対局にある“ゆるさ”とかも必要だと思う。

9ヶ月前 No.226

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEAR じゅんさん

こんにちは

いつも素敵なぽえむをありがとうございます。

素敵な先輩ですね

仕事には厳しく人には愛情を…

まさしくそんな言葉を贈りたい方ですね

なかなか言葉ではわかってもきっかけがなくては行動できないこともあると思います

じゅんさんの素敵な経験はこのさきをもっともっと豊かにさせてくれることでしょうね

FROM 木々夏色



転んでは立ち上がって

そう

何度も何度も繰り返し

昔は気にもしていなかったこと

最近はいろいろと気になるようになった

それは

わたし自身のこと大切に思えるようになったんだとふと感じる

若いころは時間は無限にあり

楽しい毎日があたりまえだと思ってた

あの頃と今

時間の流れが早いと感じるのは同じだけど

たとえ小さな事であっても充実や満足を得たいと感じて生きる今の

わたしの生き方を大切にしていきたい


9ヶ月前 No.227

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

先送りしても

一旦離れても

やはり頭に浮かぶ

それから解放されるには

自分が向き合うかそれを手放すか

あなたならどちらを選ぶだろう


8ヶ月前 No.228

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

わたしならこっちを選ぶよ

後悔しても

どうなっても

だって笑顔でいたいじゃん

8ヶ月前 No.229

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

そう

笑顔でいれるなら

なんでもいい

あなたのそれが正解

わたしはあなたを応援してる

8ヶ月前 No.230

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

長い長い葛藤の一日が過ぎていく

長い夜の訪れに

わたしの心が浸食されていくよう

この闇にまぎれていたら

きっとわたしはあなたと

それ以外の事は何もいらないとおもう

目の前には明るくぽつんと光る星が

闇に落ちていきそうなわたしのことを

導いている

8ヶ月前 No.231

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「アメ玉」


窓から日が差している

僕は窓を背にして
椅子に座っている

目の前に現れた君が
なにも言わず
黄色い包み紙の
大粒のアメをくれた

そして君は
どこかへ行ってしまった

僕はもらったアメ玉を
見つめたあと
そっとポケットにしまった

僕は後ろに向き直って
窓の日差しを感じた


6ヶ月前 No.232

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

かたくなに

そう自分を責めなくてもいいよ

昨日よりも良い一日を 送ろう

5ヶ月前 No.233

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

わたしがいる

あたながいる

いろんな人がそれぞれの想いをもって

今ここで生きてる

自由であれ

けして屈せずに

そして思いやりに満ちて

満足のいく幸福を味わって

5ヶ月前 No.234

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

友達と
楽しそうに話している
君を見た

僕だけが
変わってしまった

5ヶ月前 No.235

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

どんなに願っても戻ってこない

なんて命は儚いの

まだまだ

生きてほしかった

もっといろんな幸せを感じてほしかった

ぽろぽろと涙ばかりがこぼれてく

ありがとう

優しい笑顔で笑ってくれて

ありがとう

いつも仲良くしてくれて

ありがとう

楽しい時間を一緒に過ごさせてくれて

あたりまえなど一つもない

あたりまえだとやっていることが

出来ることが幸せなんだ

ただ笑顔で笑いあえるのが幸せなんだ

君たちがいて

わたしがいて

ただそれだけで感謝

4ヶ月前 No.236

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

DEAR じゅん さん

お久しぶりです(^^)
素敵なぽえむをありがとうございます

少しだけ 落ち込んで ふさぎかけていました。

でも 時間は こうしている 今も

流れているんですね。

あなたもわたしもみんな…

じゅんさんのぽえむに情景を思い浮かべていました

学校…が浮かびます

それもすごく気持ちのいい木漏れ日がある教室で

暖かい気持ちになります

わたしの冷たくなった心が

ふっと暖かくなる気がしました

言葉は不思議ですね

いつも いつも みなさんに感謝です

4ヶ月前 No.237

木々夏色 ★7nhNKvmOHM_mgE

あなたのこぼれるその涙に心が痛みます

朝目覚めてもとなりに居てと

シクシク無くあなたを

守らなければ

どんなことがあってもと

より心を強く思う時でした

3ヶ月前 No.238

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「出せない手紙」


友人に手紙を書いた

その手紙を毎日 読み返している

だけど 出せずにいる

友人の顔が浮かぶ

僕が気にしすぎているのだろうか

僕がこだわっているだけなのだろうか

心の広いその友人は

鏡のように 僕の心を映す

揺れている僕の心を

もう少し 手元に置いておこう

3ヶ月前 No.239

じゅん ★AU=cjYor3MK0f



僕らは地球の表面に住んでいる

地球に守られながら

常に宇宙にさらされている

夜になると 星が

メッセージを送ってくれる

月がやさしさとあたたかさをくれる

どこかに隠れることはできても

時間がたてば

また出ていかないといけない

だから なるべく

隠れるようなことはしたくない

胸を張って

宇宙に発信していく

この生を

3ヶ月前 No.240

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

木々夏色さん、こんにちは。

ふたつの詩、あまり良くなかったかもしれません。手紙の友達は、電話をしたら、まったく気にしていなくて大丈夫でした。僕がひとつのことを気にしていただけでした。だから出せなかったと。もうひとつのほうは、「隠れる」ことは、書かなくて良かったように思います。

2ヶ月前 No.241

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「クロアゲハ」


日陰でしゃがんでいると
クロアゲハが飛んできた

クロアゲハはしばらく
僕の周りを飛んでいた

そして 遠くのほうに
飛んでいった

空を見上げると
気持ちのいい青空が
広がっていた

2ヶ月前 No.242

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

忘れられない人を想いながら
今日を生きる

忘れることはできなくても
なんとかやっている

あなたの声がした
「死なないで!」

ああ 離れても
想ってくれる

あなたとの思い出を胸に
歯を食いしばり
前に進む

生きていれば
いいことがあると信じて

1ヶ月前 No.243

木々夏色 ★x2uLkbc8SQ_keJ

DEAR じゅんさん

どうもご無沙汰しております
“忙しさ”を使って色々現実逃避ぎみになっていました。

でもやはりどんな時にも脳内は色々仕事をしてくれており
休暇中の体に新鮮な空気を送り込んでくれて

どうにか自分らしさを取り戻している今日この頃です

ご返信がとても遅くなってしまい申し訳ありません。
早速ですがじゅんさんの触れているふたつの詩についてのお話しさせて下さいね


私にはとても良い詩だとしか思えません
手紙にはタイトルがはっきりしているのでそれだけ強く想いを感じよりリアルで
なのにナチュラルに気持ちが入ってきました。

実際そのことでご自身は一歩踏み出され良い方向に向かったようだったので安心致しました

この詩を見ることであの頃の自分に向き合ってみることもできますね


もう一つの詩もとても素晴らしいなと、じゅんさんらしい表現の仕方がとても良いですね
わたしには真似できないその言葉の使い方に魅力を感じます。
隠れるを使わなかったとしても良いと思いますが、強くステップアップしていく気持ちが出てるんで
あえて使った方がその気持ちが増して感じて良いと思いました。

ごめんなさいね私の見解で自由に言わせて頂きました。。。

これからも遊びに来てください^^

すてきなぽえむを待っています!!

ありがとうございます   FROM 木々夏色


18日前 No.244

木々夏色 ★x2uLkbc8SQ_keJ

人と人の繋ぐそれは


どんなに考えてみても 答えが出なかった


暗くて長い道をぱっと明るく強く


照らしてくれる生命力


本当の意味でふと思う


明けない夜なんてないんだと


過去を悔やむなと言うけれど


悔やまずにいられないこと多からずある


けれどその過去が未来へと


再び一つの輪になって繋がっている


出会いは一生


生きてる今を大切に

18日前 No.245

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

2つの詩、読み返してみました。僕は完璧主義なんですね。前向きなものを書きたい一方で、ネガティブな言葉が出てくると、いつまでも気にしてしまう。でも、木々夏色さんの言葉に救われました。ありがとう。これからもよろしくです。

13日前 No.246

じゅん ★AU=cjYor3MK0f

「お風呂」


あったかいお風呂が
身体にしみる

開け放した窓から
湯気が出てゆく

目を閉じて
何も考えずに

窓の外を見上げると
三日月が浮かんでいた

7日前 No.247
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる