Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2000) >>

sameerror

 ( 詩投稿城 )
- アクセス(9970) - いいね!(22)

浩人 ★J.6Izv9752._Qs

鳳仙花の咲き乱れるこの景色を
貴方は綺麗だと片付けた

悲しみの連鎖は止まらないだけど同じ過ちなら繰り返さない

そんな戯言を
誰が聴いてくれただろうか



    sameerror/produced by浩人



*はじめまして。浩人です。
*ジャンルは問いません。素敵な詩の投稿をお待ちしています。
*コメのみ返答します。ですがコメのみの投稿は避けてください。
*明るめの詩は気の迷いがない限り書きません。
*拙いですがどうぞよろしくお願いします。

2010/07/11 09:27 No.0
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21


 
 
↑前のページ (1950件) | 最新ページ

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


本当の気持ちは
ここにあるのに
気づかないふりで
平然とした横顔で

胸は相変わらず痛いのに
好きだって鼓動するのに

あなたの声や匂いや手に
どきどきして
ああ、これが恋なんだって
ひとりにやにやして

胸は相変わらず痛いのに
好きだって鼓動するのに

本当の気持ちはここにあるのに
気づかないふりで
平然とした横顔で
あなたを独り占めしたいと
夜は寂しくないているのに

3年前 No.1951

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


羽を傷つけ飛べない鳥は
空の青さを忘れてしまった
遠いものになった空を
見上げては鳴く、あの子のように

歩くたび、飛ぶたびに
わたしたちは何を怖がっていたんだろう
言葉にできない感情があると知っていたら
あんなに泣きじゃくることってなかったかもね

羽を毟り飛べない鳥は
空の青さを忘れてしまったみたいだ
上を目指すことを忘れてしまったみたいだ

見上げては鳴く、あの子もわたしもその鳥も

3年前 No.1952

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


カーテンから差す光に
まだ開かない眼をこすって
貴方の寝顔を見つめてみる
首もとに唇を落として
再び夢の中へ
貴方と共に

3年前 No.1953

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


ふたりしか知らないこと
もっと増やそう
ふたりにしかわからないこと
もっとつくろう

3年前 No.1954

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


見上げた夜空に、空耳
君の声が聞こえた気がして
聞こえるのは、見えるのは
私が生きてる 白い息
生きてるのが嫌になって
息を止める 苦しくなって夜空を吸い込む
消えたい、闇に
君の声は、どこから

3年前 No.1955

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


こんな夢はいかが、と
君は夢を連れてきた
空が青く雲が白いように当たり前に君は

素敵な夢を見ようねと
君は深く眠るのだった
隣で僕はその寝顔を見つめて
明日なんて来なければいいのにと
いじわるなことを思った夜

月は今宵 君のために輝くだろう
僕は少しずつ眠りに落ちる
君の見ているのと同じ夢を見るために

こんな夢はいかが、と
君は夢を連れてきた
空が青く雲が白いように当たり前に君は

やさしく笑う人よ
僕のために笑ってほしい

3年前 No.1956

結愛 ★3DS=e9cQ9FfAqC

扉を開けて今すぐにあなたのもとへ飛んでいきたい
今すぐにあなたを笑顔を見たい
今すぐにこっちを見てほしい
手を伸ばせば届くのにあなたがすごく遠く感じる
あなたと私は同じ空間にいてすぐ側にいる
でも…鏡をみたらあなたは皆と楽しそうに笑っていて、私は映ってない
もしもこれがあなたの心だとしたら
もしもこれがあなたの思いだとしたら
あなたの中に私は存在しないんだ
私は弱い…誰よりも
もしも私に勇気があって、あなたに手を伸ばせたとしたら世界は大きく変わるだろう
あと少し…あと少しであなたに届くのに…あなたがすごく遠く感じる
もしも私が この一枚のガラスの壁を壊せたら
あなたにもっと近づけるのに
あなたと私の距離は
この、一枚のガラスの壁

3年前 No.1957

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


また新しいスタートは目の前
君の足が一歩踏み出すのを待っている
期待、未来 そんな顔していちゃ笑えない
壊れた踏場を直す時間などないから

さあ始まりの合図を鳴らせ

3年前 No.1958

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


微睡みの中で口付けをひとつ
重たい瞼と熱い唇
もう一度夢の世界へふらりと
愛を告げる私は夢か現実かーー

3年前 No.1959

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


知りもしない愛をなだめるように絡め取って
愛してるの言い合い、自己満足
止められない欲を あなたのせいにしてみる

拙い夢なら不良品で
もう2度と醒めなくていい

この快楽をまだ味わっていたい
感じていたい
この快楽を愛に変換して
それで満足していたいだけなのに

汚い夢なら不良品で
もう2度と思い出せなくていい

さよならが来ない世界なら
どれだけ幸せだろう
この悦びを忘れてしまうくらいなら
いっそこのまま絶頂で
死んでしまえたらって思うの
あまりに傲慢で卑しい願望でごめんね
でもそれが本望

今すぐこんな汚い私を抱きしめて
綺麗だよって言って

3年前 No.1960

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


甘えさせてよ
そこらの男とはちがうって言って
あなたじゃなきゃいけない理由をください

グラス傾けて、わたしを誘惑してるのね
だけどそんな安い芝居に
釣られるほど軽い女じゃないの

わたしは起きるのがとても早い女なの
だけどあなたは朝が嫌いと遅くまで眠るの
小さな違いがまるですれ違いの原因のようで
見えない不安が唆る 口付けじゃ足りない、安心できないよ

大人な女が好き?それじゃわたしたち釣り合わないわ
あなたって、いうほど真面目で通ってないわよ

ときには甘えさせてよ
そこらの男とはちがうって言って
あなたのことが好きなのに、揺れてる
あなたじゃなきゃいけない理由がどうにも出てこないの

甘えさせてよ
そこらの男とはちがうって言って
あなたじゃなきゃいけない理由をください

3年前 No.1961

煌。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


突き刺さる言葉の羅列
こんなもんじゃないと足掻いたが失速
ほら見たことか、ざまあみろってさ

笑いながら人を貶し
僕はまるでこの世界の王様さ
大きな椅子に 深く沈み
朝が来るのをただ待っている

傷つく人を見れば ほら、自分はマシだと思えた
そうやって悲しむ人を見て自分と比べては

この世界を形どる黒い闇は
誰にも見抜けなかった
誰にも裏があるように
世界は規則に従順に 回ってく

傷つく人を見れば ほら、自分はまだ易しいと
そうやって騙していれば幸せだと誤解できるだろう

3年前 No.1962

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


名前間違えました、煌はわたしと同一人物です!すいません!




簡単な位置づけを繰り返し 安心する
言い聞かせては苦しむだけ
それでも真実を知るよりはいいかな

3年前 No.1963

リラ ★AU=qtZILpqfPd

砂漠の砂のような

焦燥がジリジリと

身を焦がす

反比例して

夜は どこか物悲しい

少女の涙が海になる頃

悲しみを含んだ

無機質で懐かしい

そんな場所で

少女はサカナになるのだろう

3年前 No.1964

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs



>>リラさん

素敵な詩ですね、見惚れました
ありがとうございます!




世界の小ささを実感するように、君は
裸足で駆けた まるで世界は君のものであるようにすら思えた

3年前 No.1965

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


悲しい台詞で同情を買う
あなたに愛されているという現状に
今は浸ってしまいたいから

なにも思い出さないで
知らないまま眠らせて

3年前 No.1966

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


さよならはどうやっても慣れないね
また、あの日みたいに泣きじゃくってさ
お別れのベルが鳴るとき
わたしたちは目を合わせて笑うんだ

いいですか、あなたの胸に飛び込んでも
いいですか、あなたのことを好きでいても

3年前 No.1967

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


世界の理に逆らった少年は
口封じのために殺されたんだって
絵本の中の悲しいお話は
涙を流しても報われないの

好きなものを好きと言えない
嫌いなものを嫌いと言えない
そんな時代もあったんだね
今じゃとても考えられないよ
まちがってるのは自分か社会か
考えるのもバカらしいね

さあ 笑ってしまおう
悲しいことも苦しいことも笑顔に変える魔法
さあ 泣き叫んでしまえばいい
笑顔に変える魔法

3年前 No.1968

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


ふらつく足元を見て、絡みつく草木にやっと気がつく
まるで掴まれているかのような感覚
先へ進むのを拒む夕日

風で揺れた草は音を立てて
わたしは上手に歩けずに
だれも手を取ってくれないような
だれも居ない世界で
静かにあの日の夢を思い出していた

目を見開いて 先を見続けて
小さなとっかかりも幸せにつなげるように
あなたがいたあの日の夢を
わたしだけが消さないように
もろく割れやすい柔らかな愛を
包み込むようにわたしは歩くから

3年前 No.1969

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


アイスカフェオレを飲み干すように
一気に潤う恋がしたくて
思い切って追いかけた背中
一緒に飲み干すカフェオレの味は
ほんのり甘い恋の味

3年前 No.1970

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


素敵な夢を見ていたい
あなたが照らしてくれる幻想
背中で揺れる 御髪を孕ます

耳元で嘘を囁いて
今だけは、今だけは
好きな人の好きな人
繋いだ手を離さないでよ



あと29レスで終わっちゃうのか、早いなあ。
さみしい、卒業の感覚に似てる気がします!

3年前 No.1971

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


窓から見える素敵な街並み
あなたの横で 笑って見えた
言葉なんてなくていい
しあわせな表情だけ置いて

ここはわたしとあなただけの隠れ家ね
狭くて 埃っぽいの
それでもいい
あなたがいるなら
この世界はお城のようさ

窓から見える素敵な街並み
いつかあなたと住んでみたい
あなたの横で わたしは笑う
わたしは笑う あなたも、笑った
しあわせな表情だけ置いて

3年前 No.1972

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


カレンダーをめくる
あの日と同じ月になる
思い出す
一連の動作に呆れて
忘れたはずの記念日
マークなんてしないから

忘れたくないって本音?
失くしたものは思い切って捨てちゃいな

3年前 No.1973

涼花 ★Svd0TCgK4q_mgE

毎晩 夜空に願うの
どうか貴女が幸せでありますように
人の幸せばかり願う貴女も
どうか幸せでありますように
今までも これからも

3年前 No.1974

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


わたしはふと
この世界は競争社会なのだと思った
必死に手を動かすものとそうでないもの
違いなど漠然とそこにあって

気づかないふりをしていたいだけだと
誰もがわかっているんだ

埋もれた事実を覆い隠すようにわたしたちは
輪になって 話を合わせて 知らんぷり
いいかい、何も聞かなかったことにするんだよ
だめになる方法をきっと大人が教えるんだね

ねえ
そうならないためにできること
ほんとうは知っているのに
ねえ

3年前 No.1975

浩人 ★Android=hR0Inq8oxj

それは
ずっとそこにあったんだと思う

僕が歌えないから
君が歌っていたんだと思う

卑怯な優しさに浸る
僕の胸は冷たくて
くれよ、だなんて粋がって
本当は
これっぽっちも欲しくなかったんだと思う

だから君は
歌っていたんだと思う
だからそれは
そこにあったんだと思う

そして思い知る
僕には
君しかいないんだと。


(君の歌で眠りたい、)

3年前 No.1976

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


ひとつひとつ 並べて食べて
味見してゴーサイン これなら合格ね
ひとつひとつ確かめながら
様子を伺ってあなたのために請うのさ

明日は晴れですか?

今年も夏が来て あの日を奪い去る
忘れた過去を取り戻さないように
傷つかないために自分で建てた壁を
破り捨てる覚悟を持って
明日は会えますか?

3年前 No.1977

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


ぼくらは
何度もさよならを言い合った
手を伸ばすのをやめては
また隣にいた誰かを呼んでいる

こんなはずじゃなかった
ぼくらは
きっと、もっと幸せになれたのに

不幸になる未来ならいらないのと
泣いた君が 笑う日がくるなら
そのためにできることをしたいと
願ったあの日が間違いだったのか

ぼくらは
何度もさよならを言い合った
これで最後だというフレーズを残して
もったいぶって焦らしたまま
どうせまたよりを戻すんだって
諦めたように安心しきってた

ぼくらは
何度もさよならを言い合った
手を伸ばすのをやめたふりをして
君を求めすぎたぼくは
こんなにも汚い こんなにも拙い
こんなにも汚い こんなにも

不幸になる未来ならいらないの?
君のいない幸せなんて、ないよ、ないよ
ないはずさ

求めていたのはぼくだ、笑ったままの君を

3年前 No.1978

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


疑惑と真実
疑えば疑うほど
冷静な判断ができなくなるの
真実は彼のみが知る
私に、知る余地はないの

3年前 No.1979

浩人 ★Android=hR0Inq8oxj

変わっていく
置いてかれてく

嘘しかなかった僕
本当だらけの君
大切だった記憶
それはただの記録

変わって逝く
老いて枯れてく
何度繰り返しても
いつも同じこと

言葉に負けていた僕
知っていた君
穴だらけの記録
上書きした記憶

変わっていく
置いてかれて苦
僕はあの頃のままで
君は跡形もなくて

枯れた涙の逝き場に嘆く
嗚呼 嗚呼 嗚呼。

3年前 No.1980

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


そばにいるだけで泣きたくなるの
ふれるだけの愛だってあったって、いい
心揺れた言葉なら書き留めてある
心の中から、引き出す

思い出すための鍵はいつも握りしめてあって
忘れないように必死 いつだってあなたにいてほしい
悲しいくらい綺麗な花を摘んであげよう

花言葉は、

そっと腕を伸ばす わたしを呼ぶ
抱きついておいでなんて笑ってさ
愛しいメロディーが頭の中で流れ出した
これはあの時見た映画の曲だ
ほらはやく、とわたしを急かす わたしは急ぐ 笑いながら
おとぎ話に終わりはあるの?わたしたちには永遠に、来ないでいて

3年前 No.1981

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


愛してるって言わないで
曖昧にぼかしてそれでも口づけて
やっぱり好きだって思いながら
今日を丸め込むみたいに諦めて
なにも形にしないままただ抱きしめて

そんな夜もいいと言ってよ

どんなに時が経っても わたしは
あなたの口の形が好き
だから その唇に攫われたい

美しく冷淡なその唇で今日もわたしを殺して
それでも好きだって抱きしめて
どんなに時が経っても わたしを
なにも形にしないまま抱きしめて

3年前 No.1982

煌。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


そっと呟くように降り出した雨は
僕にだけ強く当たった まるで殺すみたいに
ちっぽけな僕だけ世界に置いてきぼりで

悪いところだけ書き出して
自分のいいところを何も見出せない
君に好かれるわけないんだ
わかってるから、わかってるから

びしょぬれになりながら傘をさせなかった
涙を隠すために

漠然とした憧れがあった幼い僕が成長してこの有様だって
笑ってくれるような君だったら良かったのにね

ちっぽけな僕だけ世界に置いてきぼり


へたくそな歌が聞こえた
君が歌う、いびつなメロディ
それでも人々は集まって
君の歌に耳を傾けた


僕は泣くのをやめていた
君が優しく歌うその歌が もう泣かなくてもいいんだよって言ってくれたから

3年前 No.1983

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


久々に投稿すると名前間違えちゃいますね!!恥ずかしい…





前向きな言葉を 簡単に言える君と
いっしょにいるだけで幸せ
ぼくも自然と笑顔になれるから

3年前 No.1984

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


複雑に描かれた水彩画
涼しげな海のいろ
夕陽は心を打つ橙
1枚の絵画に何を見る
何を見る

3年前 No.1985

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


眠った世界は目覚めることなく誰かを乗せて回る回る
驚いたように揺れた瞬間 ぼくらは

重たい言葉に乗せた軽い気持ち 傾けて寄せて放つ
大きくダメージを与えられたならそれでいいさ
空想、花火の上がる音 君と手をつなぐこと
思い浮かべては消してく 夏休みの予定

ぼくらは
ぼくらは
シャーペンで世界を変えられないまま
仕方ないとぽつり呟き 新しい明日を望んだ

海へ行こう 唐突な思いつきに笑って返事をした
いつ?今日!わかっていたよその言葉


2年前 No.1986

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


その言葉をずっと待ってた
打ちあがる花火は大胆に光る
わたしたちいまどんな顔をしているの
ねえ見せてよ

恥ずかしがって無口になって
きまずいかな?静かって素敵なことね
感情が溢れ出す ふたりでいれば 2倍になる

どきどきってどんな感情?
ときめきを思い出させて
あなたの手に取られたい
強引に連れまわして 抱き寄せて 陰でキスして

その言葉をずっと待ってた
打ちあがる花火は大胆に光る
少し崩れた髪型と帯
直すことなんてしないでいいよ

綺麗だね、
ありきたりな返事をして
あなたをからかうの

恥ずかしがって無口になって
笑いあった おかしいね うれしいね

その言葉をずっと待ってた
好き、と花火が重なって聞こえずらいけど
おまえのほうがきれいだよ
くさいセリフをキメ顔で
どうぞよろしくね

2年前 No.1987

ニャミー ★iPhone=bqEWGsjxjd

夏は、暑い。
ちょー暑い。
暑いと嫌だ。と、思う人もいる。
嫌なことばかりじゃない。
いいこともある。
暑い時に、プールに入ると、ちょー気持いい

2年前 No.1988

煌。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


火照った表情 水を浴びて滴った頬
流れた雫は涙のように美しく映る

太陽の光に反射して光る雫は新しい朝に
はにかんで 笑ったみたいに煌びやか

鮮やかな街へぼくをまた誘(いざな)って
連れ去って 夏の思い出
知らない街に連れて行って
君に雑に扱われることが本望さ

炎天下 水分足りてないんじゃない
潤わせて その 唇で

変わらない街へぼくをまた誘って
連れ去って 夏の思い出
知らない街に繰り出してさよなら
言わないで まだ、まだ

鮮やかな街へぼくをまた誘って
連れ去って 夏の思い出
知らない街に連れて行って
終わらない夏休みを教えてよ

2年前 No.1989

よーへい ★iPod=fOtoCSDnPn

夏は儚い

消えゆく花火の魔法のせい

夏は憂鬱

それは君に友がいないから?

夏は残酷

時の流れはいつもそう

夏は切ない

それはあなたにふられたから

こんな夏でもこないと嫌になる
夏の魔法は美しいくらい恐ろしい

僕は夏がわからない

2年前 No.1990

煌。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


ニャミーさん、よーへいさん、投稿ありがとうございます!


/

夏が来ればあなたを想う
忘れられない季節がぼくにもある

交わした約束は果たされないまま
空気中を漂ってまた誰かのもとへ
青春の色はあなた色

青空が反射する
眩しいその笑顔につられて

2年前 No.1991

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


自分の名前間違えるとかあほすぎですね!直さなきゃ。笑笑
スレ主アリスと煌は同一人物です。



/

言葉は見失った
君の掌ごと
奪い去る夏の日
わたしはまだ上手に笑えないの

2年前 No.1992

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


高鳴る鼓動と
揺らめく視線

熱帯夜。

何かが起こってしまいそうで怯えてる
何かが起こってしまえばいいと期待してる

もう一度見つめて
目と目が合う、その瞬間、「 」

2年前 No.1993

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


そんなのいらないって
捨ててきて
置いてきた
止まらない涙ならわたしが
すくって全部飲み干すわ

悲しみなら
哀しみなら
美しみ
喜びなら
嬉し
あなたのために あなたのために

こぼれた涙ならわたしが
すくって全部飲み干すわ

もっともっとと強請って
明日の天気も知らないまま
海へ行って
服を脱いで
裸足で駆けて
それから
それから
なにをしよう
途方に暮れながら笑って
それで
満足しようじゃないの

それで

満足できるの?

そんなのいらないって
腕を振って
後悔した涙なら
わたしが わたしが全部、ねえ

2年前 No.1994

浩人 ★iPhone=VUKG5dfyMP

僕はまた少し
意地になっていた

君に吐かれた嘘が
意外にも許せなくて
そんな僕が
明らかに情けなくて

遠くで雨が鳴っている
ずぶ濡れになりたい気持ちのまま
君が笑う夢を見た


あぁそうか

僕は

救われたいだけだったのか


僕はまた少し
意地になっていた

なんでもできそうな手のひらを見つめて
どうしようもなく
汚してやりたいと思っていた

弱まっていく雨に紛れて
君の笑った顔も
迷子になればいいのに
水溜りに突っ込んで
溶けてしまえばいいのに

こんな僕は
いなくなってしまえばいいのに
君に吐かれた嘘が
こんなにも許せないだけで
泣きたくなって
ここにいたくて

君が吐いた嘘に
嘘はなかった
僕が思っていたよりそれは
ずっと綺麗で
ずっと残酷だった

粉々になっていくココロの片隅で
ぐちゃぐちゃな泣き顔の僕が
カタカタと
震えてる


あぁそうか

僕は

救われたいだけだったのか


あぁそうか

僕には

嘘吐きな君が必要だったのか


/


あと少しで、
このスレともお別れか。
寂しいよ、とても。

アリス、ここまで繋げてきてくれて、
本当にありがとう。
次覗きに来る時は、
アリスの素敵詩が最後を飾ってるんだろうなぁ。

いなくなったり戻ってきたり、
本当に気まぐれでどうしようもない浩人のスレを、
ちょっとでも覗いて下さった方々、
素敵詩と楽しい会話を繰り広げて下さった方々、
そして、
こんなスレを引き継いでくれたアリスに、
心から、感謝しています。
本当に、本当に、ありがとう。
価値観の違いやすれ違いに戸惑うこともあったけど、
それも思い出の一つ。
楽しかったよ。
ここにも、俺の居場所があった。

最後に。
皆様の綴る言葉が、思いが、
誰かの救いになりますように!
それでは、これにて。


*浩人

2年前 No.1995

涼花 ★Android=hQ5xpzQNZE


お別れと 祝福を
乾杯の音頭は 貴女に
涙と 笑みを
一気に飲み干して

/

私もこれにてお別れです、
浩人、そしてアリスさん
本当にありがとうございました!

2年前 No.1996

アリス。 @optimism☆VQnsKeHfdyM ★iPhone=3QubULTvOs


あと少し、あと少し。ほんのちょっとでお別れです。

/


拍手喝采、呼んでくれ
おでましヒーローお手の物
笑み浮かべては悪戯に
好きなあの子のハンカチ奪ってしまう

白い歯輝かせてにやり
今日も今日とていい天気
雨なら俺が止ませてみせるぜ
ほら
君の笑顔ならお手の物
こうすれば喜ぶんだろ
わかってるから わかってる だから
笑わせてみせるから

登場曲は今流行りのあのポップサウンド
聞きなれた音 口ずさんでは またひとつ

拍手喝采、呼んでくれ
あいつなら喜んで駆けつけるさ
必要とされたら飛んでいくぜ
あっという間のヒーロー

拍手喝采、喜んで
おでましヒーローお手の物
さあさ今夜もあの子の
ハンカチが1枚きらりと光ってどこかへ消えた


/

最後のレスはがんばって素敵な詩を書き上げて載せたいと思います!
あと残り2レスは空白となりますのでぜひどなたか詩を投稿してみてください

2年前 No.1997

アラン ★Tablet=GivUTRtKnf

(カタチ)

いつからだろうね

僕らのカタチは勝手に作られた

本当は僕らにカタチはないのにね

僕らは昔、何にでもなれた

もっと自由に笑い、泣いて、想いを伝えた。

怖いものなんて無かったね


だけどイマ

僕は小さく、小綺麗なカタチにされた。
イマのカタチはヒトって言うみたい

偏った考えに支配され

ホントの自分見失う


見栄と虚勢に固められ

まわりはうるさく口をだす


自由になりたい。カタチなんていらない。




世の中で焼かれた粘土は元に戻らない。

僕をかたどったのはお前か








2年前 No.1998

佐藤 ★Android=JFUcKaYKHj






気付かないふりをしていた
本当はわかっていた

同じ過ちを繰り返して
僕らしくない嘘も吐いて
何度も、何度も、

それでも救われたいだなんて

ああ。馬鹿みたいだ。





俺このスレ好きでした。
こっそり見てるだけでしたけど。

綺麗な言葉たちに救われることもありました。

綺麗な言葉で汚くなっている詩も
ありましたけど(いい意味でですよ!)
単純にすごいな、って思っていました。

スレ主さんたち、お疲れさまでした!


2年前 No.1999

闇帰り @imori529 ★Z8LhoOpbR1_m9i

俺が終わらせる



俺の 力


神の名前を叫ぶ







俺が終わらせた

2年前 No.2000
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
この記事は詩投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>