Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(80) >>

ニヒリズムをどう克服するか?

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(646) - いいね!(0)

神威 @kec ★n1iSzXUWLB_9BK

神や仏を信じられない。

自分の人生に意味や価値を見いだせない。

ニヒリズムをどうやって克服して生きていくか。

それについて話し合いましょう。

3年前 No.0
ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (30件) | 最新ページ

中の人 @nakanohito ★HCKMPj0xVM_Ew9

>>29
(5)は何だろう? むずかしいな

3年前 No.31

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

>>29

その車輪の比喩において、「そもそもその前進に意味があるのか」と問いたくなる人がいるだろう。(比喩の限界)

しかし、この疑問には答えないでおく。まず話の構造を分析したい。

さて、まず、(1)~(5)以前に、自分の状態が空転だと思いもよらない人たちがいる。彼ら力強い自然な人たちには、(1)~(5)は該当しない。

さて、
(1)~(3)までは、諦め。
(4)(5)には、前進への意志がある。

(1)は、弱々しい愚痴。従来の価値が無価値だと判明したあとも、虚しくその諸価値にこだわり、時に浪費する。こういう人には2種類あるだろう。無価値だと分かった価値に嘘の価値を装わせるだけの気力もない人か、或いは無価値だとはっきり分かっているがそれでもそれに価値があると自他を励ます人。

(2)は(1)と何が違うのか?(1)は、虚しくなった特定の価値に虚しくこだわり続けることであり、「それは無意味だけど、生きるためにはしょうがない」というような諦めであった。(2)は、価値全体についての諦念であり、「無価値化は必然だからしょうがない」という諦めである。(1)は、無価値化という現実から逃れられないのに、外観上でのみ逃れる見かけをとろうとする諦めである。(2)は、この現実からは逃れられないという諦めである。
(1)は全体的無価値に背を向けて、無価値となった特定の価値に向かう。(2)は、むろんそれまで通り生きるのだが、全体的無価値に背を向けない。無価値な現実を受け容れる。このとき、「こんなことやっても無価値だ」という悩みは、問題ではなくなる。なぜなら、そもそも価値は全体としては無いのだから、「価値があるか、またはないか」という問題がそもそも無理だからだ。
(2)の立場では、強いてものに価値付けする必要を感じない。これは、(1)の弱々しい愚痴よりも遥かに潔い。

(1)は諦め切れないけど諦めるという、嫌々ながらの諦め。
(2)は諦め切って無価値としての現実を容認するという、甘受としての諦め。

3年前 No.32

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

>>32

(1)は「愚痴」である。

(2)は田辺元的な意味での懺悔(ザンゲ)である。

「自分には状況の改善ができるはずなのに、でもできない、う〜ん…」という自分の無力さを受け容れたとき、すなわち自分の有力性を放棄したとき、かえって、「お前は有限的にはこれこれのことはできる。それをやれ」というような有力性を、他から与えられる。自己放棄によってかえって自己が「今までとは全く異なった所に転換的に引き出され」ること、これが「懺悔」と呼ばれている。

私は >>17 で、虚しさが従来の価値全体から人間を連れ去ると述べた。この連れ去りは、この場合、他力によってこれまでとは異なる開かれた所に引き出されることである。

こう見ると、愚痴というのは内に留まらんとするものであり、懺悔というのは外へと引き出されることである。

愚痴は、すでに無力化してしまったものが、もしもまだ有力だったらなあと、諦め切れないことだ。或いは、現に無力であることについて、もしも有力だったらと嘆くことだ。もはや無価値だと判明したものが、あまかもまだ有価値であるかのように振る舞うことで、愚痴者は無駄な抵抗をする。

(3)は、(2)の虚しさの甘受より更に潔くみえる。つまり、(3)は、無価値だと判明したものを、無価値なのだからと、思い切って放棄することだ。
だがこれは、いまだ「価値があるか、それともないか」という問題にとらわれた行動だと言える。こういう価値問題は、懺悔の立場からすればどうでもいいもので、懺悔の立場からすれば、とにかく自分に出来る有限なことをすればいいのに、わざわざ無価値なものを強いて放棄しようとしていると見える。

(3)は自棄くそではないか?

しかし、この無価値なものを断固として否定するということがなければ、(5)には繋がってこない。

懺悔は、自己を放棄することでかえって自己を与えられ、そうして元の生活へ(内的に変身した自己として)戻ってゆく。元の生活へ戻ると言っても、それは前の生活とは違った照明を当てられたものとなっているのだが。

(3)は、元の生活には戻らない。元の生活を放棄し、そうすることで、自己を超え出ようとする。それが全く消極的なものになると、全くの自己放棄としての自殺となる。「この生活は無価値だから、死のう」と言って実行してしまうことだ。

(3)が懺悔より優れている点は、懺悔が何であれやはり無価値を肯定していることに対して、愚痴とは全く異なる仕方でその無価値を否定しているという点だ。そしてやはり、自然に考えれば、無価値は否定されるべきものではないか?(3)では、「価値があるのかないのか」という問題に対して「ない!ゆえに放棄する」と宣言する。愚痴は「ないですけど、でもやり続けます。生命維持のために」と弱々しく述べる。懺悔は「それは問題ではない。」と、開かれた場所から話す。

(2)の懺悔的立場からは、(3)の自棄くその放棄に対して、「特定の無価値を放棄しても、全体的無価値から逃れることはできない。」という言葉が出るだろう。懺悔は、ともすると、「〜しても変わらないので、無駄」といって、他人に対しては、自己変革の意を挫くことがありうる。ただ懺悔の立場からすれば、放棄というのは今の自分で無理矢理するものではなく、むしろ他力によって自己放棄させられるのだということを言いたいのだ。

いずれにせよ、(1)~(3)では車は進まない。車が前進するとしたら、まず(3)で空転を止めなければならない。

ちなみに(2)は、『車輪の回転が前進であるのだ』という逆転の発想というか、凄い考えだ。比喩に比喩を重ねるならば…ものすごく大きな車輪の一点に私がくくりつけられているとき、この車輪の回転は、くくりつけられている私にとっては、或る種の前進である。例えば、ジェットコースターにのっているとき、私が感じるのは風景の急激な変化や衝撃、強い感情であるが、実はこの激しさそのものが前進を意味している(コースターが走っているのだから)。

3年前 No.33

★u4agrkahoV_juY

>>33

>ものすごく大きな車輪の一点に私がくくりつけられているとき、この車輪の回転は、くくりつけられている私にとっては、或る種の前進である。


無常観そのものです。そしてやがてはその無常観の中で、その動きは停止します。

3年前 No.34

てじ @flyonbody ★ZkiDndseok_Ew9

>>17  補足

>虚しさは、価値に浸かる人間が「すべては無価値だ」と感じるにいたるような終極的な場所へと、人間を連れ去る。

虚しさは連れ去る。
どこからどこへ?
価値への拘泥から、価値の根源へ。
「全ては無価値だ」というのは、無力な者の言葉であり、一種の言い訳である。本当に虚しさが耐えがたいのは、自己が根源的であり自己が自由であるということだ。つまり、本当は世界は単に価値が無いのではなく、世界の価値が自己の価値と異なるのだ。この、自分が望むことと、世界の在り方が、食い違っているというところに、苦しみがある。そして、これに苦しむことが出来るということは、現にある価値とは別な価値が、確かに自己に分かっているからだ。
どこからどこへ?
自分ではない自分から、本来の自己へ。
虚しさの苦悩は、本当の自己の欲望が分かってしまったのに、その本当の自己の欲望をかなえることができるような自己でも世界でもない、というところにある。
虚しさは、本当の自己の欲望を明かす。しかも、その欲望をこのままでは果たすことができないという仕方で、明かす。
この虚しさをきっかけに、自分の真の欲望が判明し、その欲望を果たすにはあまりに適さない自己の在り方が判明する。そして、自分の周りにあるものは、「非本来的自己」の欲望を満たすにはそれで十分であるが、「本来的自己」の欲望を満たすには無価値だ、と判明する。
無価値とは、従来の(自己ではないと判明した)自己にとっては価値あるが、判明した(本来の)自己にとっては何物でもない、ということだ。
したがって虚しさは、ほとんど自分の無力さを自覚させるにとどまるものだが、本当ではない欲望に囚われていた自己から脱する機縁になる…と考えられる。



『西谷啓治著作集』第八巻『ニヒリズム』「第六章 哲学としてのニヒリズム――ハイデッガー」より
「すなわち、われわれ世界-内-存在の最後の根底に無が顕わになるということによって、始めて自己が自己自身でありまた自由であり得るのである。そしてそのように、現存在が無の中へさしかけられているという、その在り方の開示が、存在するものが存在するものとして人間存在に顕わになり、人間存在が存在するものにかかわり得るということなのである。すなわちさきに言ったように、人間の本質に超越が生起するということにほかならない。無はすべてそういうようなことを可能にするものである。」

3年前 No.35

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

価値が解らないということは、物事の善悪や重要な意味が解らないということでしょう?

3年前 No.36

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

ニヒリズムという言葉が極めて少数の人から生じ、世界中に拡散していった理由は「私は死ぬ、残された時間を生きる」

という意味だと思う。私が死んでもこの世は残る?でも、その残った宇宙を私は確認できない(その人にとっては)

知人のAとBとHとEが亡くなったが、この世はなんの変化もなかった、私は同じ人間だから私が死んでも変化はないはず。

でも、「私は彼らと違う人間だから、私の死後宇宙は消滅するはず」私の死とすべての価値を比較した場合、私の死の

方が天文学的はるかそれ以上に重要である。     たしかに、それは成立する。その人にとっては。

3年前 No.37

ζυ" ★iPhone=uXsppevMOm

>>29

(5)自分が支配できるように、自然を作り変えること。この現実はどうにもできないということを甘受せず、その「この現実」と呼ばれているものを可避的なものへと改造すること。

ニヒリストは死を前提としている。死を前提するあらゆる思想は敗北主義である。虚しさは私たちを、非本来的自己から本来的自己へと引き出す。そこで有力な者は、本来あるべき自己のために何が可能かを考える。

明らかに、私は死ぬべきではない。あなたは死ぬべきではない。全員死ぬべきではない。それが本来の欲望だ。

ニヒリストは、しかしその欲望は決して叶わないと断言する。こう断言する全員がニヒリストである。

ニヒリストは、死を受け入れろと言う。死を受け入れろと言う者は全員、ニヒリストである。死を覚悟しろ、と言う者も、死という絶対を自覚的に受け入れてはじめて開かれる展望がある、と言う者も、やはりニヒリストである。死んだとしても善い行いをしたから天国に行けるよ、と言う者も、同じくらいニヒリストである。

私たちは本当は死を受け入れてはならなかったのに、死を受け入れることが賢明だということになっている。

死を受け入れることも、死を受け入れることを助長する現行のあらゆる社会も、怠惰であり、ニヒリズムである。

『人は死なねばならない』という先入見が常識であるゆえに、現行の状況があまりに酷く、あまりに遅れすぎている。或るひとつの勘違いのために、全く長い時間を無駄にしてしまったり、或るひとつの無駄なしがらみのために、全く大いなる迂回を強いられたりするように、或るひとつの決まりのために、全く複雑に自己弁護しなければならなかったりするように、『人は死なねばならない』というひとつの大いなる先入観が、何百年間もかけて、人類を迂回させている。

私たちは現在、百年単位の大いなる無駄な迂回をしている。それは、ひとつの人類的勘違いによるものだ。

だから、「人間のしていることは無駄だ」と思うのは正しい。この無駄というのは、どうでもいいしがらみのための余計な努力や、着手点における勘違いのせいで必要だと判断された極めて複雑な手続きなどの、無駄さと同じ種類の無駄さだ。人は死を避けられないという前提が、最も無駄な前提なのだ。

したがって、ニヒリズムは、人類規模での勘違いについて、人間が正しいセンスを持っている証拠である。

「…真のニヒリズムが、世に現れるということは、事情によっては、決定的な、もっとも本質的な生長を示す徴候、新しい生存状況への移行を示す徴候になるということ、このことを私ははっきりと理解したのである。」

新しい生存状況、新しい価値とは、『人間は死んではならない』という倫理的命令である。

従来の価値の価値転換とは、具体的には、人は死すべき存在だという価値観から、人は死ぬべきでないという価値観への転換である。

(ニヒリズムとは)目標が欠けていること。――ところで、目標は不死なのだ。それが唯一の答である。不死を目標とすることが、唯一の反ニヒリズムである。

3年前 No.38

中の人 @nakanohito ★55CKMHqrqg_Ew9

>>38
この意見は力強く感じる
もうすこし自分の中でよく思索してみたい

3年前 No.39

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

ギリシャ時代でも、哲学では、魂は不死であると言います。

3年前 No.40

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

ギリシャ時代に誰がそういったの?  さあコピペ開始だ!  証拠はあるの?

3年前 No.41

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

うさぎさん

ギリシャ時代の哲学者さんをどれだけご存知ですか?

3年前 No.42

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

コピペできたの? まだかいな。  どっかに書いてあるでしょ? 貴方の得意技だから、、、、コピペ

3年前 No.43

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

うさぎさん

一番解りやすいWiKiで・・

魂論[編集]
プラトンの思想を語る上では、「イデア」と並んで、「魂」(プシュケー)が欠かせない要素・観点となっている。そして、両者は密接不可分に関連している。

初期の『ソクラテスの弁明』『クリトン』『プロタゴラス』『ゴルギアス』等においても既に、「魂を善くすること」や、死後の「魂」の行き先としての冥府などについて言及されていたが、第一回シケリア旅行においてピュタゴラス派と交流を持った後の、『メノン』以降の作品では、本格的に「魂」(プシュケー)が「イデア」と並んで話の中心を占め、その性格・詳細が語られていくようになっていく。

『メノン』においては、「(不死の)魂の想起」(アナムネーシス)がはじめて言及され、「学ぶことは、想起すること」という命題が提示される。中期の『パイドン』においては、「魂の不死」について、問答が行われる。

3年前 No.44

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

コピペご苦労さんでした。  そそ、それで貴方の意見は無いのでしょ?笑   書いてある、、、と?

3年前 No.45

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

うさぎさん

哲学の話をしているだけですよ?

何イライラしているのですか?

3年前 No.46

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

貴方の話はコピペの話で、貴方の意見ではないですねえ? 貴方はどう思うか?ですよ?

哲学というのは、「私わたし我」を言うのですよ?貴方はあくまで単なるコピペ人間です。

3年前 No.47

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

うさぎさんみたいに自分の意見に中味が無いのに?

3年前 No.48

神威 @kec ★n1iSzXUWLB_9BK

人生に意味や目的がなくても生きていける人は強い人だなと思います。

私にはちょっと無理かな。

3年前 No.49

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

旅行とか娯楽とか外食とかもっと楽しめばいいのに自分と思いますがどうしても楽しめません。

哲学書を読んでいる時が至福なのです。

3年前 No.50

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

聖書にはこう書いてある。「死んだライオンより、生きている蝿や蝉のほうがマシである」と。

アリストテレスもデカルトも過去の人であり死んだ人です。百理さんもソクラテスよりえらいのです。

なぜなら、あなたは今生きているからです。死んだ100トンの1頭のゾウより生きた1ミリの蟻のほうがはる

かにすぐれています。

3年前 No.51

神威 @kec ★n1iSzXUWLB_9BK

このニヒリズムの問題にヴィクトール・フランクルという精神科医が取り組んでいます。

彼の言葉は示唆に富んでいます。

「人間が人生の意味を問うのではなく、人生が人間に意味を問うているのだ。」

と、こう言っています。

3年前 No.52

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

>>52

意識した所には意味があります。

意味とは意識の中味です。

3年前 No.53

神威 @kec ★n1iSzXUWLB_9BK

>>53

現象学みたいですね。

3年前 No.54

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

神威さん

そうです。現象学のちょっとした知識を使ってみました・・

3年前 No.55

てじ @flyonbody ★ZkiDndseok_Ew9

私が或る時から出すのを止めた問いがある。

『 人 生 に 意 味 は あ る か ? 』

このような問いだ。

この問いはより詳細に言い表わすならば以下のようになる:

『このまま毎日働いて意味があるのか?』
『哲学掲示板に文章を投稿して意味があるのか?』
『間食をして意味があるのか?』
『動画サイトを見て意味があるのか?』

この「意味」という言葉を、形式的に説明するならば、以下のようになるだろう:

(人生の)意味は、目覚めている内に行う様々なことに統一感を与える。

しかし、この意味が言葉で説明し尽くすことのできるものである必要はないだろう。
しかしながら、この意味は言葉で全く説明できないわけでもない。

ニヒリズムと対極の生き方をしている人は何人も存在している。

芸能人でローラというタレントがいる。
彼女について詳しいことは知らないが…彼女が行っている様々なことは力強く行われている。
テレビで見たのだが、彼女は将来良き母になりたいと語っていた。
しかし勿論、彼女のしている様々な活動が「良き母になる」という目的によって統一感を与えられているわけではない。
むしろ、彼女の真剣さそのものが彼女の多様な活動に統一感を与えている。

逆を考えてみよう。

結婚しなければならないと分かっていながら、結婚に向けて何の行動もしない人間。
筋力が衰えれば生活の様々な所で支障を来すことになると分かっていながら、筋トレをしない人間。
そういう人間が哲学掲示板に文章を投稿しているとしよう。
この文章投稿は、結婚の役にはおよそ立ちそうになく、筋トレにもならない。
そして勿論、「結婚」や「体力維持」という言葉で(人生の)意味が尽くされるわけでもないのだが…

何にもならないと知りながら、ストレス解消のために間食をする人間を考えてみてほしい。
そういう人間と、商品開発のために日々様々なお菓子を自ら食べ、それら商品を分析し研究している人間を対比させてみてほしい。
無意味だと思いつつ動画サイトを見ている人間と、何か盗めないかと思いながら自分に興味がないようなジャンルの動画も漁って自分に活かそうとする動画投稿者を対比させてみてほしい。

そしてこの動画投稿そのものに意味があるのかと問われる時、動画投稿は人生においてどんな意味を持つのかと問われている。
動画投稿が全てだという人間が、動画投稿も人生全体の一部だと思うに至った時、こういう問いが起こる。
逆に、動画投稿が己の使命だと思うに至った時、この問いは終熄する。

人を愛する場合を考えてみてほしい。
Aさんは何人もいる人間のうちのひとりだ…という認識のとき。
お前が全てだ…という認識のとき。
「あなたに人生を捧げる」と思うに至っている時、ひとは「私は何のために愛するのか」など問わないし、「なぜ生きる」などと自問しない。
失恋したとき、「どうして俺は生きられるのか」「あいつを失った今、この生に意味などあるのか」と思うに至る。

失恋はくだらないものではない。
それは、いくつもあるものの内のひとつが失われたことではなく、「すべて」が「すべてじゃないもの」になることだ。
自分の足下ががらがらと崩れることである。

特殊(特定のもの)が全体となるとき人生は意味を持ち始め、全体だったものが全体であることを止めたとき人生の意味は揺らぐ。

すなわち、賭けなければ、意味は生じてこない。

ひとつの馬に賭けるときレースは熱くなるが、賭けず応援もせずに眺めるときには、レースは「何してんだ。馬が走ってるだけじゃないか」と無意味のものとなる。

ひとつのことに全てが掛かっているとき、時間は熱くなる。

テレビで見たのだが、ローラは学生時代自分を磨くためにあえて友達を作らなかったと言っていた。
ふつうに過ごしていたら友達はできるし、そうすると自然に一緒に遊ぶことになり、そうすると自然にだべることになるだろう。
そういう「自然」からえいと身をひるがえす印象を覚えた。それが嫌味でなく高慢でもなく、しかし冷静沈着でもなく…情熱がそうさせたと見えた。
情熱が、そういうものをやらないという賭けに出させた。

「人生に意味はあるのか?」というのは、今の生活に熱がないってことだ。

でも、ここで思うんだけど、「好きなことをやれ!」ってどういう意味なのか。
すなわち、賭けるにしても何に賭けるか。
たんなる投企ではなく、人を愛するとか、そういう要素も出て来る。
しかしまた、例えば動画投稿に磨きをかけようとしたら、自分が全く興味のない動画を見ることも無意味でなくなってくる。一方で、ただ楽しもうというのなら、自分に興味のない動画はほとんど意味がない。

『西田幾多郎を読んで何になるの?』
『ことばが通じる云々について語って何になるの?』
私は自分に対してこう問いかける。

情熱って何だろうな。

別にこれは情熱の定義を聞いているわけじゃない。ただ不思議に思っているだけ。

数百冊の哲学書があるけど、これを全部捨てちゃえばどうなるんだろう。たぶん、それはそれで…
…そういうのが恐ろしい。情熱って何だ。なんで絶対に捨てたくない本があるんだ。

こういうのを執着だとか言うのに、私はむかつく。インテリがそういうことを言う…そんな偏見を持っている。

やるのかやらんのか。

あーあ、私も地下水さんみたいになってきたよ。

3年前 No.56

てじ @flyonbody ★iPhone=FKXGgoTBRf

私の持ってる『ニーチェを知る事典』によると…能動的ニヒリズムは、精神の力が増大した結果、従来の目的や信条が自己に適合しなくなってきて、精神がこれを破壊するようなニヒリズムのようだ。

感想:
んー、自分の精神の力の方が、諸価値の力よりも強くなって、合わなくなった。弱者基準の価値に合わせて自分を縮めるのはしんどい。辛い。そこで、その価値を否定!価値の相対性が分かった今、新たに自分に合った価値を作り、更に自分の精神の力を高めて、力強く生きてゆく!という感じだろうか。

2ヶ月前 No.57

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

人生に意味を見出せていない人は、そんな人生を歩んでいるからでしょう。自分のことを一番良く分かっている自分が、自分の生き方には意味がないと判定した。もっとも適切な判定者の判定なんだから正しいでしょう。それが嫌なら生き方を変えましょう。生き方を変えるのは大変って?それなら意味がないと自覚している生き方を続ければよろしい。すべて、自己の中で完結しているのだから、自分の行動の結果は自分が一番分かっています。

なお、私は自分の人生に意味を見出しています。ですので、一般論として人生に意味がないと主張するのは誤りです。

2ヶ月前 No.58

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

『ブッタとシッタカブッタ』という漫画の作者の小泉吉宏さんの言葉です。

『人生に意味がないということは
あらゆる意味を持っているということ
意味がないことを知ったら
意味をプレゼントすればいい
いつでも意味がないことを知っているから大丈夫
意味がないことを体で覚えないと
自分でつくった意味にふりまわされる』
『ブッタとシッタカブッタ3なぁんでもないよ』p187より引用


オマケ
『何者でもないということは
何者にでもなれる可能性があるということ
何者でもないということに気づいたら
何者にでもなっていい
いつでも何者でもないことを知っているから大丈夫
何者でもないことを体で覚えていないと
自分でつくった何者かにふりまわされる』
同本p186より引用

2ヶ月前 No.59

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

「意味をプレゼントすればいい」なんて薄っぺらい言葉で解決できちゃう人は、そもそも人生の意味に悩んだりはしないんじゃないかと。

2ヶ月前 No.60

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

>>60
こんにちは。
おさかなさんは、おさかなさんの人生の意味を、おさかなさんに与えたのは、誰だと思われてるのですか?

2ヶ月前 No.61

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

>>61
それは自分でしょう。

2ヶ月前 No.62

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

>>62
おさかなさんの考え方を教えてくださいね。

悩んでる人に、

自分でプレゼントできるんだよ、って言っても、理解できない、ということをおっしゃってるのですか?

2ヶ月前 No.63

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

毎日仕事で疲れて、やりがいも感じない。このまま、定年までつまらない人生を続けて、何も成し遂げられないんだろうなあ。俺の人生の意味って何だろう?
そんな感じで人生の意味に悩んでいる人はたくさんいるでしょう。むしろ、現代日本のかなりの人はそんな感じで生きているのでは。

そういう人に「意味をプレゼントすればいい」なんて言って解決すると思ってます?

2ヶ月前 No.64

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

>>64

おさかなさんは、何故、意味を自分にプレゼントできたのですか ?

2ヶ月前 No.65

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

>>65
「プレゼントした」という表現は違和感しかないです。
自分の人生なんだから自分でやるしかない。そんな感じです。

あなたは学生ですか?
社会人じゃないと >>64 の感覚は分からないかもしれないですねえ。逆に、社会人ならほとんどの人は共感すると思いますよ。

2ヶ月前 No.66

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

>>66
子持ちのおばさんです。

がんばるしかないですよね。

お互いおつかれさまです m(_ _)m

おさかなさんはニーチェのことはどれくらいご存知ですか?
私はほぼ知らないくらいなんですけど、
ニーチェの言葉で、
『能動的ニヒリズム』『受動的ニヒリズム』という言葉があるようです。

『自分自身で新しい価値観を作り出す能動的ニヒリズムという生き方と、既存の価値の喪失によって、生きる気力を失ってしまう受動的ニヒリズムがあるとニーチェは言います。』
『哲学用語図鑑』p207より引用

小泉さんの言葉は、ニーチェのこの概念も影響してるのかなと思っています。

言葉が、読んだ人に届くか否かは、読んだ人の心の状態に左右されることもあるでしょう。
そう言われてみれば、
『自分でプレゼントできるんだよ』って言われて、
ほんとに心をコントロールできるのは、もともと、心がたくましい根性持ってる人かもしれませんね。

ちなみに、『能動的ニヒリズム』という言葉を発言したニーチェは、届く人にだけ届けばいいと思ってるかんじで(聞きかじりですみません)、
万人向けではないのかも?

おさかなさんには響かなくても、
『能動的ニヒリズム』という考え方に共感できる人もいるのでしょうね。
、と、思いました。

2ヶ月前 No.67

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

ニーチェはほとんど知りません。

「自分自身で意味をプレゼントすればいいんだ」と言われて、解決するという状況がイメージできないんですよね。
あなた自身はこの言葉によって何らかの悩みが解消したのでしょうか?差し支えない範囲で教えて頂きたいです。

主婦の悩みを勝手に妄想すると、社会活動という観点では社会との繋がりの弱さは感じている。お子様の成長を生きがいにしている。でも、私個人としての人生はないの?そんなドラマ的イメージをしている膨らませています。

2ヶ月前 No.68

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz


関わる人の幸せに貢献できることは、私の生きる大きな意味でもある、と考えることも、

むきー、なにもしたないねん !
用事ばっかりやないか〜〜〜い ψ(`∇´)ψ
と考えることも、両方できる。

できるなら、

よかった、幸せに少しは貢献できて、って思えると嬉しいかな。

でも、こころは、難しいですよね

おつかれさまです !

2ヶ月前 No.69

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

>>68
意味を自分でプレゼントすればいい、という言葉は、
今の段階のわたしを、すごく支えてくれている言葉のように、私自身は感じています。

といっても、実践は難しいですけどね
(^O^)

2ヶ月前 No.70

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

周りの人達の世話をすることに価値を見出していた。そして、そういうあなたでもいいじゃないと言って貰った気がする。
そんな感じでしょうか。

確かに、そういう温かい人には「自分自身で意味をプレゼントすればいいんだ」という言葉が響くかもしれませんね。ただ、もともと周りの世話に価値を見出していて、それを肯定してもらったということだと思うんですよ。つまり、もともとその人の中にあった人生の意味を肯定してくれる。

でも、自分の人生の意味とは?と本気で悩んでいて、人生の意味が自分の中にない人が「自分自身で意味をプレゼントすればいいんだ」と言われても、響かないじゃないかという気がしました。

2ヶ月前 No.71

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

ちょっと別角度からのことも申しますね。

私は10年以上前に、車の運転をきっかけの1つとして、不安神経症のような状態になりました。
あらゆるものが私に恐く思われました。
ジェットコースターの一番上の位置のような気持ちが、意識がある間、ほぼ離れないかんじでした。
鍋の中で踊るにんじんさえも、恐く感じました。


仏教などに出会い、いろんなことを経て、その状態は徐々に変化しました。


同じような光景が、同じようなシチュエーションが、自分に異なる『意味』を持つことがあることを、勘違いかもしれませんが、自分では体験してきた気がします。(認知を変更していくかんじかな?)

と、書いてきて、
ちょっと、意味、とは、ずれるかもしれませんね。
ずれてたらすみませんm(_ _)m

もう2度と運転はしない、と、そうなってから半年後くらいに車も売りましたけど、

それから10年後くらいにまた乗り始めました。
運転、合ってないですけどね


今日も4時間以上乗って、さすがにヘトヘトです (^^;;
ここまで乗らんなあかんのは、めったにないんですけど。
無事に帰れてよかったです (o^^o)

2ヶ月前 No.72

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

なるほど。世界をどう認識するかは自分自身で決まられる部分もある。だから、人生の意味を自分自身が与える部分もある。
そんなとこでしょうか?

2ヶ月前 No.73

pipit @pipit ★iPhone=OXdznfxiJz

>>73

そうですね、
ご理解ありがとうございます( ^ ^ )

>決められる部分もある<


の、【も】がいいですね。

要因は1つではないはずですもんね。

2ヶ月前 No.74

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

確かに、毎日同じことが繰り返されることを、平和でありがたいと捉えるか、退屈な毎日が続くと捉えるか、捉え方次第で気持ちはまったく変わりますね。そういう自分自身の姿勢は大切ですね。

2ヶ月前 No.75

おさかな @osakana3 ★8dY5uZavlI_OEC

そういう意味では、人生の意味には少なくても二つの方向性があるのでしょう。

一つはあなたのおっしゃるような自分自身の受け止め方により、受動的にこの世界の意味を見出す方法です。世界の理に従い、正しい生き方をすることで、人生を肯定的に捉えることができるのは確かですね。

もう一つは、自分自身の行動によって意味を作り出す能動的な方法です。ニーチェの超人思想などはこちらになると思います。

2ヶ月前 No.76

宿題 ★eM1n2yJmTo_4TG

>>0

忙しくて長い何十年心を亡くしていました・・ただ目の前の仕事をすることに精一杯・・

仕事を辞めて・・

本当の自分は暇という退屈な時ブラックホールから問いかけられる・・「今何がしたい?」「生きているのか?」やりきれなくなってくる・・

自分が生きているという事を如何に読み解くか・・

生まれてから死ぬまでの人生を如何に読んだか・・

自分のブラックホールから自分とは何かと問いかける・・反響して答えずにはおれない。

2ヶ月前 No.77

宿題 ★eM1n2yJmTo_4TG

今世で読み解いた自分の意識を次の来世に託す・・

2ヶ月前 No.78

テトリスプラス ★Android=v0wydpdY2P

>>姐さん

現世の課題に取り組みましょう?
この糧に居座る大卒や研究者や哲学好きや物知り 博識
答えがでないことが哲学の答えという結論に至りますが
その行程わレスポンス
哲学わレスポンスでわないのですか?
だから何か答えを出しませんか?

2ヶ月前 No.79

宿題 ★eM1n2yJmTo_4TG

テトリスプラスさん

お婆さんで申し訳ありませんが・・

少しずつ答えを出していきましょう・・

1ヶ月前 No.80
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる