Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1588) >>

世界平和は実現するか。 Part2

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(5213) - いいね!(2)

ペガサス ★wX4sgLA167_TZg

「世界平和は実現するか。」というトッピクスを立ち上げたのは、ゆにこ氏でしたが、ご本人が登場しないので、私がトピックス主として、新しいトピックスを立ち上げたいと思います。

歴史上、一度も人類に在り得なかった、世界の恒久平和の実現には、何が必要な条件なのか、真剣な議論を深めて頂けると幸いです。

1年前 No.0
メモ2018/03/31 17:36 : Mobius☆iuWFdm42ChI @mobius★iPad-XaDQxMu5Oy
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
↑前のページ (1538件) | 最新ページ

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

俺、バーニングだって。それ以上しらないんだよ。

ヘルライザーは不味かった。ありゃ、Jesus,憎いだからな。知能犯が主人公だけれど。

1ヶ月前 No.1539

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

結局、進化論が正しいよ。おそらく。

1ヶ月前 No.1540

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

>96


とにかく、俺はおしゃべりなんだよ。サドだって、口を開くのは。

1ヶ月前 No.1541

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

いやぁ、全てを手に入れも、無残な最期になるのは、お互い様だし、植物は長命だけれど、動物ならば、死んじまうな。


ベジタリアンはすごすぎて、なんもいえんよ。

1ヶ月前 No.1542

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

叔母、ベジタリアンなんだよ。

屠ることは、牛をよ。


叔母、餓死しそうになったのは、いくらあったのか、黙ったままだ。無学が一番、強いんだけれどな。

1ヶ月前 No.1543

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

叔母世間で何を見てきたのか、全く、不明だよ。

1ヶ月前 No.1544

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

無教育くらいの相手じゃ、死ぬかもな。

1ヶ月前 No.1545

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

だから、俺は悪魔だって。

それでも、サタンよりは下だよ。

1ヶ月前 No.1546

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

あの世ことは、伝説なんだよ。

1ヶ月前 No.1547

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

また、俺は悪いよ。極悪人だから。ベルゼバブでもねーよ。

1ヶ月前 No.1548

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

口を開くようなわかっていないんだよ。この世界。

口はサドなんだよ。

1ヶ月前 No.1549

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

わかったところで、どうしようもなく、時は進む。

1ヶ月前 No.1550

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

本当はわかっていないよ。

1ヶ月前 No.1551

ソフィー @yuniko99 ★ru9hDPoFte_yO9

ペガサスさん

人間が生きるためには処世術とか信念とかサクサクやるとかが必要だそうですよ

もしする事がなかったら 人に親切にするといいらしいですよ

嘆くのは分かりますが 人が喜ぶことをして下さい

まだ偏差値時代とパワハラに心を縛られてますよ。

僕らは底辺なんですよ 底辺には底辺の生き方があるんですよ。

1ヶ月前 No.1552

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★QaT2tJX4Q0_QAg

私が書いた投稿をお読みなられていらっしゃいますか?

んー。

お互い、無職だから、ゆにこさんと同じ立場にいるし、仰られることに同意しているのですが。


短文にて失礼させていただきます。

又、きますね。

底辺にしては私は富豪なんですけれど。

ゆにこさん。

悟ということは、地獄からしか、悟れないので、私と同じですよ。

私はカネがあっても、奴隷飯しか食しませんし、水分補給は水道水です。

転落人生はお互い様。

それでも、愉快にいきてゆきましょう。

ところで、投稿に、どうやったら、写真を映せるのでしょうか。

1ヶ月前 No.1553

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★QaT2tJX4Q0_QAg

権謀術数はありますよ。悪だけれど。

1ヶ月前 No.1554

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★QaT2tJX4Q0_QAg


ゆにこさん、酒も煙草も全くおやりにならない。正直、地位は確かにない。だが、成人君主のようなお方です。私を参謀部員として、雇用させていただければ、幸いです。

1ヶ月前 No.1555

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★QaT2tJX4Q0_QAg

聖人君主のミスタイプです。私を参謀にしてください。

1ヶ月前 No.1556

ソフィー @yuniko99 ★ru9hDPoFte_yO9

ペガサスさんを参謀にするとどうなるのでしょうか?

何かいい方法があったらそのうちに教えて下さい。

私は12日のトランプvs金正恩を観たいです

共産国の独裁国と資本主義国の親玉が何を言ってどうなるのか どうにもならないのか?

TVでやるでしょうね。いい方向に話が進めばいいのですが。

1ヶ月前 No.1557

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

トップは運勢の問題なのです。ツキの良さなんです。参謀はブレーンです。

1ヶ月前 No.1558

宿題 ★hxYn2UbX46_BXv

ペガサスさん

自分を自分の思い通りに出来ないことを無我と言うと思いますか?

1ヶ月前 No.1559

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

ゆにこさん、Windows10ですか?

1ヶ月前 No.1560

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

宿題さん、神様はいる。神曲ですよ。お互い、主役もいれば、脇役もいる。キリスト教であれば、イエスさまが主人公です。

1ヶ月前 No.1561

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

自分の思い通りにならないことを人工知能的にしても、軍事人工知能のお化けが出来てしまいます。

1ヶ月前 No.1562

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

実際、中国は政府が人工知能で中国国民を監視しています。

1ヶ月前 No.1563


ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★huRUYLsqFX_Vk6

何故か、覇王の卵を手放していない。

1ヶ月前 No.1565



えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1221 のつづき

「恒久的な世界平和の実現」に向け、戦争と平和について考えたこと。

 この世界平和における「世界」は、人類が地球上に築いてきた実在のもの、つまり今ある現実の社会という意味で捉えよう。
 どのようにすれば、この現実の社会で、平和が達成できるのか、その条件を政治哲学的あるいは公共哲学的な文脈で語りたいと思っている。

●世界平和を語る動機について
 でも、その前に、「なぜ、自分は世界平和について何かを語ろうとするのか」について語っておこう。
 今を共有する他の人々が自由を奪われ、生命の危機に直面しているのなら、そのことに無関心でいてはならないのではないかと思う。
 彼らがそのような状況になった原因は何か、彼らの境遇と私とは全く無関係なのか、自分は彼らの境遇に対して何かをなすべきではないのか、そんなことを考える義務や必要性が自分にあるのかについては今は定かではないが、見て見ぬふりをしてはいけないという感情におそわれる。
 平和でない世界に共に生きる者として、少なくとも何ができるか考える道義的責任があるように思う。そうでなければ、あきらめかそれとも無関心で満たされた湯船に浸かって日常の些細な出来事に一喜一憂しているだけの日々を過ごしているようにも見える。

 世界平和を実現したいという動機は、情念から生じるのだと思う。ただ、その情念の源が、義務感なのか、思いやりや哀れみの念なのか、自己満足の追求なのか、どれであるのかはわからない。あえて言えば、自分の中で、不条理さや不公正さのような観念が意識されているように思う。

29日前 No.1568

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1568 のつづき

●世界平和の実現可能性について
 世界平和をどうしたら実現できるかという条件や方法を考えるには、動機としての情念とは対照的に、冷静な思考が必要だ。
 だが、冷静に考えれば考えるほど、恒久的な世界平和の実現は、実際問題、かなり困難と思える。しかし、決して不可能ではないと思う。
  >>1221 でも書いたが、人類の歴史において、実現不可能と思われたことが、実現することがある。例えば、ヨーロッパ中世社会では産業革命を予測できなかったし、普通選挙による民主主義の時代が来るなんて想像もできない。江戸時代に庶民が職業選択の自由を有する社会になることや、1日8時間労働になることなども同じだろう。明治時代には、デフォルトでなかった恋愛結婚が今では当たり前になり、もっと続くと思われた東西冷戦がベルリンの壁の崩壊とともに終結した。これらは、歴史的事実だ。

 しかし、人類の歴史は、漸進的に進歩したり、改善したりするものではない。単純な進歩史観では捉えきれないダイナミズムが人類の歴史にはある。
 レヴィ=ストロースは、進歩を当事者の主観と見なし、世界が変化していく状況を確率的な現象の繋がりと捉える。
 人類の歴史は、階段を一歩一歩昇ってきたのではなく、たまたまある方向にポジティブな偶然が何度か続いた時、歴史は一定の方向に累積的に動き、そうでない時に歴史は停滞すると考える。
 今後の世界史のある時期に、累積的に歴史が動き、その先にだれも見ぬ世界平和が訪れるかもしれないと思う。でも、それは、偶然的要因の偶然的重なりに依存するものの、人類が実現されるべき方向への努力を怠れば、手にすることはできないだろう。直感的に言うと、例えば、市場原理や技術進歩によって必然的に実現してしまうといった性格のものではないと思う。

29日前 No.1569

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1569 のつづき

●目指す世界平和のイメージについて
 どんな平和を思い描いているかということで、重複をお許しいただき、これまで書いたことをまとめると、次のようになる。

【世界平和】
 平和な世界は、戦争がないだけではなくて、隷従のない世界であり、貧困のない世界でもあるべきだ。そこでは、個人が自由に考え、自己を実現するチャンスを保障する社会が成立していなければならない。多様な意見と利害を非暴力で調整し、ルール違反に対処し、互いに自己の自由と安全を守る権利があると認めあう必要がある。
 そのように考えると、最大の権利侵害は戦争である。とはいえ、独裁政権下で、抑圧されながら、戦争のない、貧困のない社会が実現しても決して平和になったわけではない。個人の自由と安全が最大限保障されることが最重要視されるべきだ。

【個人の自由】
 「個人の自由が保障されること」が一部の人だけでなく、すべての人で実現していることが、世界平和には必要だ。
 具体的には、「個人の自由が保障されること」とは、
 @生命の危険がないこと
 A恒常的な貧困に陥っていないこと
 B基本的な政治経済的活動に制約がないこと
 を含まなければならない。

【民主主義と自由】
 そして、国民の意思を社会のルール(法律や規制など)や資源配分のあり方(所得再分配、セイフティネットなど)に反映させられないような、非民主的ないかなる政治体制も、世界平和に反するか、反するものになる可能性がある。
 ゆえに、そのような社会の意思決定にアクセスできる権利を保障し、私有財産制と職業選択・営業活動などの経済的自由を保障することが、世界平和につながると信じる。

【立憲主義】
 社会の意思決定は、民主主義体制のもとで、いかに民主的に行われたとしても、間違うことがあり、ほとんどの決定過程において、社会内部(男女間、世代間、地域間、人種間、所得階層間…)の対立を孕んでいると理解しておくべきだと思う。
 だからこそ、絶対に侵してはならない権利を保障することが必要になる。そういう意味で、どんな国でも憲法による人権保障が必須になる。いわゆる立憲主義の導入である。
 そうでないと、国内の多数派である民族や社会集団が、民主主義の名のもとに、過半数をもって、少数民族や特定宗教の信者などのマイノリティを弾圧したり、人権を不当に侵害することができてしまうので、そうならないようにしておかなければならないのである。

と、1035や1189などで書いた。

 それでは、世界平和を阻むもの、国家間の戦争、国内紛争、貧困と不平等など について、これから順に考えていこうと思う。

24日前 No.1570

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

えぴめてうすさん


>世界平和を阻むもの、国家間の戦争、国内紛争、貧困と不平等など について、これから順に考えていこうと思う。


できれば
世界平和を実現させるために何をすればよいのか?
そちらにシフトしてもらえると参考になりますが。
どうでしょう?
ダメならスルーしてください。

24日前 No.1571

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

マー坊さん

>できれば
世界平和を実現させるために何をすればよいのか?
そちらにシフトしてもらえると参考になりますが。

 私の想いと予定は、 >>1221>>1156 のとおりです。このスレの趣旨に沿って行きたいと思っています。
  >>0 は、「何が必要な条件なのか」ですので、自分が具体的に「何をすればよいのか」という内容は重要なことではありますが、スレ違いかと思っています。(機会があれば、別にやりたいと思っています。)

24日前 No.1572

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

失礼しました。下記に訂正させていただきます。

誤)私の想いと予定は、 >>1221>>1156 のとおりです。

   ↓

正)私の想いと予定は、 >>1221>>1568 のとおりです。

23日前 No.1573

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

えぴめてうすさん


丁寧に訂正までしてくれてありがとうございます。

世界平和が実現するために知恵を出し合うとワクワクするのですが。
残念です。

23日前 No.1574

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1570 のつづき

●戦争と平和について
 現在も、国際紛争は絶えない。武力行使や暴力により、人命が失われている事態も残念ながら続いている。
 いかにすれば、そのような事態を止めさせることができるのか。平和を実現するために、武力行使が許される余地はあるのだろうか。武力行使は、多くの場合、人命の喪失を伴う。そうでない場合は、むしろ例外だろう。
 ならば、平和主義が貫かれるべきなのだろうか。

 現代においては、戦争や武力の行使は、自衛権の行使を除いて、違法化されている。かつての意味での正戦論は、国際法上、存在しない。
 テロ組織や過激派の武装勢力ならいざ知らず、どんな独裁国家もこの国際法を否定することはできない。しかし、いまでも世界で戦争や武力行使が行われるのはなぜか。
 それは、国家間での集団的自衛権や個別的自衛権の行使だと主張されるものと、国内紛争によるものがあるからだ。
 前者は、冷戦体制下で、よく見られた。集団的自衛権の行使の事例については、 >>1208 であげた具体例のとおりだ。後者は冷戦体制崩壊後に顕著になった。

 まず、前者を取り上げたい。

23日前 No.1575

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1575 のつづき

 戦争と平和を巡る思想を整理し、そのあと世界平和の実現に向けて、その条件を探ってみたい。なお、以下では、「平和主義とは何か」(松元雅和 中公新書)、「戦争の条件」(藤原帰一 集英社新書)、「平和構築入門」(篠田英朗 ちくま新書)などを参考にした。

●平和主義と現実主義について
 現実の世界において、戦争と平和にどう向き合うのかということに関しては、平和主義と現実主義の2つの立場がある。
 平和主義とは、戦争や暴力に反対し、恒久的な平和を志向する思想的な立場をいうが、戦争や暴力に反対する考え方の違いにより主張が分かれる。

 「無抵抗主義」は、抵抗することそのものを放棄する。キリスト教の「悪人に向かってはならない」の実践として、相手に自分の一身を委ねることのシンボルとして、武器が捨てられる。R.トルストイなどがその立場。

 「非暴力抵抗主義」は、非暴力が抵抗の一環として位置づけられる。M.ガンジーのような非暴力を戦うための手段としてみる考え。

 「条件付き平和主義」は、多くの場合、暴力的手段に訴えることは、賢明ではないが、被害が計り知れないほど甚大であれば、個別的に暴力を用いることも容認する。B.ラッセルは、反戦主義者であるが、ナチス・ドイツとの戦いは、必要かつ正統と考えている。

22日前 No.1576

★7unNtCWhbA_GOx

人は争いを始めるとき、人の命以上の価値があると言うことを口実にし、人が争いを終わらすとき、人の命に勝るものはないと言うことを口実にする。

強者が法律を変えその自制を失ったとき、その制度は崩れ去る。かろうじて崩れ去らないのは、名を持たない個人の自制があるからでしょう。

22日前 No.1577

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1576 のつづき

 平和主義は、武力行使に対する防波堤になるだろうか。

 「無抵抗主義」と「非暴力抵抗主義」は、個人的信条としての非暴力の教えとしてはありえても、一部の例外を除して国家の選択としては非現実的だろう。
 もちろん、国家を、「無抵抗主義」や「非暴力抵抗主義」を理念として掲げ、それを信奉する人々から構成されるものと定義できるのであれば、現実味があるのかもしれない。
 ただし、これらの「個人の生き方」の次元の思想は、政策や制度などの国家活動には直結しないが、個人の内面的良心への忠実という観点から、良心的兵役拒否という形で、国家の政策や制度に影響を与えることはある。

 「条件付き平和主義」は、個人の生き方と直接かかわるというより、集団的意思決定あるいは政治的選択として判断基準を提示するものである。そういう意味で、国家としての現実的な選択肢である。

22日前 No.1578

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1578 のつづき

 これに対し、国際関係論において支配的な考え方に、現実主義がある。
 現実主義は、
 ・世界には中央政府がない。
 ・世界における行為主体は国家である。
 ・国家の最大の目的は、生き残りである。
 ・パワーは、この目的を達成するための重要かつ必要な手段である。
という見方をする。

 しかしながら、現実主義は、戦争を賛美する考え方ではなく、戦争の惨禍を深く憂慮し、できるだけ無益な戦争を回避するよう努めるが、世界の現状からして、平和を達成するには、暴力的手段に訴えざるをないと主張するのであれば、条件付きの平和主義にも近い考え方になる。

17日前 No.1579

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1579 のつづき

●戦争はいかに容認されるのか
 条件付き平和主義や平和志向の現実主義から見ると、戦争は極めて限定的であるとはいえ、避けることは非常に困難である。
 そういう前提において、人命を奪う戦争はいかにして容認されうるのかを考える。

 主要な倫理学説として、帰結主義と義務論の2つがある。
 ある行為の正しさについて、帰結主義は、その行為によって引き起こされうる結果から判断する考え方であり、義務論は、その行為自体やその動機から判断する考え方である。

【帰結主義】
(ベンサムの功利主義)
 殺人は、何らかの点で、全体として事態を悪化させるから、割に合わず、殺人を禁止することがまわりまわって最善の帰結を生み出す。帰結主義の発想は、より善い帰結を残す行為が望ましく、それゆえ正しいというもの。したがって、帰結主義が平和主義と結びつくかどうかは、暴力に訴える場合の費用と便益、非暴力を貫く場合の費用と便益に関する怜悧な損得勘定いかんということになる。
 帰結主義者の平和主義を近代にあらためて定式化したのが、ベンサムの功利主義思想「最大多数の最大幸福」である。
 この思想に基づくと、戦争は人口を減少させ、国土を荒らし、友好関係を傷つけ、産業や経済の基盤を破壊するから、戦争は不合理としか考えようがない。よって、「戦争は悪である」となり、怜悧な功利計算は結果的にほとんどの場合、戦争の回避と非暴力の道を指し示すとされる。

16日前 No.1580

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1580 のつづき

 このように、ベンサムの功利主義は、社会的な判断において、明瞭な考えを示すように見えるが、はたして実際の適用の場面においては、多くの人が納得するような実践的思想たりえるのだろうか。

 一国の領土や主権を保全することの価値は、苦痛と快楽の測定という観点からどのように数値化できるか。
 例えば、独裁者の下で怯えながら暮らすことと、独立自尊を貫いて決死の戦いを挑むことは、精神的満足という点でどちらがどれだけ優っているのか。
 他国の侵略を許容するか、自衛戦争をするか、という双方の選択肢が、中長期的に自国の自由と社会秩序の安定に与えるコストとベネフィット(金銭的価値)をどう評価できるか。
 仮にそれらを測れるとしても、測る物差し自体に何らかの価値的バイアスがかかっていたら、帰結主義そのものの信頼性が大きく揺らぐことになるが、そうならないような保証はあるのか。

 これらのことを考えると、功利主義は、理念としてはあり得ても、厳密で実践可能な理論としてはあまり期待できないように思われる。

15日前 No.1581

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1581 のつづき

 そのような適用上の技術的側面を無視したとしても、さまざまな問題があるように思う。自分が思いつくことを列挙してみる。

○実際、国家が、自衛戦争を選択した場合、民間人の被害を避けられないこと、特定の世代(多くが20~30代の男性)が集中的に徴兵されること、多くの国では、移民や低所得層の若者が軍に入隊するといった社会格差が投影されることなど、避けがたい不公正さの残る問題が生じる。

○降伏や無抵抗を選択した場合も、それぞれの選択において、個別にみれば、被害が最小限で済む人と、むしろ最大限になってしまう人の両方がでる。

○戦争を始める政府の決定と国民の意識の間には、決定的な断絶がある。外交・軍事に関する情報の非対称性から、政府の意思決定に対する賛否などの国民の判断が、限定合理性の範囲にとどまることは不可避である。

○民主主義においては、多数決の原則による決定が積み重ねられるという点で、国民の総意を得るということは、フィクションである。個人の功利判断が多様であるがゆえに、国家としての判断とは一致しない個人が少なからず存在することになる。個人の意見は、全く個人的利益の確保にのみフォーカスしているかもしれないし、国民全体の利益を考えたものかもしれない。

○どの程度の期間を視野に入れて結果を評価するのかも問題である。目先の国民的利害のみに固執したり、戦争に何が何でも勝とうとして手段を選ばない場合や過去の恨みから必要以上の加害を行うような場合は、かえって将来の国民を報復戦争の危険にさらすことにもなる。

 したがって、国家による戦争の開始と実行の功利的判断には、より理性的な道徳的判断が求められるのではないかと思う。

10日前 No.1582

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1582 のつづき

【義務論】
(カントの義務論)
 カントは、個人が人間性の尊重を前提して、普遍化しうる規範を定め、それに従うことと、他者の人格を単に手段として用いないことを求める。
 行為の動機は、あくまで遵守すると決めた道徳規則に従うべきであるということであって、思いやり、哀れみ、同情心などであってはならないとされる。
 しかしながら、よく義務の履行と快楽の充足は共存する。動機が義務の履行にあるのであれば、結果として快楽の充足があってもよく、逆に利他的行為による喜びを得ることが動機であるなら、道徳的価値はないことになる。
 そして、カントは、世界平和を論じるに当たり、国家を道徳的人格として扱うことで、道徳論を国家に拡張しようとする。

(殺人行為と戦闘行為)
 どのような文明国も殺人を禁止する法律を持っている。一方、大半の国では従軍が職業の一種となっていたり、義務の一種になっている国もある。
 国内では、武器や殺人を取り締まる一方、国際的には武器を提供し、殺人を許容し、命じる。
 セネカは問う。「私たちは、人殺しや個別の殺傷事件は抑止しようとするが、戦争や民族全体の虐殺という名誉ある罪はどうだろうか。……ひそかに犯せば、死刑になるような罪も軍司令官の外套をまとった人物が行えば我々は賞賛する。」

9日前 No.1583

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1583 のつづき

1 義務履行の根源について
 まず義務論においては、「殺人を犯してはならない」という道徳法則(通常は法律レベル)を、個人はなぜ従うべきものとして選ぶのか。

 究極的には、他人も含めたすべての人間の尊厳を認め、人間性の尊重を理性が目指すこと自体が、社会の安定に基づく各個人の自己利益の追求という意図に基づくものであって、しかも、それは副次的な結果ではなく、真の動機と言えるのではないか。
 そうであれば、公共的性格を帯びているとはいえ、快苦に基づく自己利益の追求という動機を含まない道徳法則が選ばれることはないということではないか。

 カントが言う定言命法の世界では、義務の履行の背景である自己利益の追求は覆い隠されている。
 思うに、民主主義が浸透した社会においては、すでに警察や司法などの制度や機構が整備され、道徳的な社会意識(義務は履行しなければならないということ)が、それらの裏打ちにより、国民の間にすでに形成され、当然の前提として受け入れられているため、自己利益の追求という目的そのものは無意識化するとともに、逆にあからさまな、個人的あるいは日恒久的な自己利益の追求の主張に対し、批判的あるいは抑制的な感情が定着していると言えるのではないか。

8日前 No.1584

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1584 のつづき

 カントも、人間は道徳的な心術からではなく、それによって利益を被るから、人間はよき公民となると考えている。
 この主張は、A.スミスの見えざる手の主張とかなり距離が近いと思う。カント義務論においても、功利の追求という人間の本性が前提に置かれていることに注目すべきだと思う。

 そして、この功利的思考においては、個人的な利益追求とともに、他者の利益追求(安全保障や社会秩序の維持)を確保することが、自己の社会生活や経済活動における自己の利益にも適うものと認識されており、このことが、人間性の尊重が社会の安定に寄与し、自己の幸福につながると人々が考えているということができる。
 このような動機は、国家が存在する社会では、自明のこととして、無意識化され、社会の成員として振舞う際、意識されるのは、義務の履行ということになる。

 なお、カントは、例え、個人の意思に反していても、各人の自己利益の追求が、人間を世界平和に向かわせることになるということが、自然の摂理だとしている。まさにスミス的。

3日前 No.1585

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1585 のつづき

2 個人の行為に対する評価
 通常の殺人行為と戦闘行為は、生身の個人が生身の個人を殺す行為であるという点で、違いは見出されないが、「殺人を犯してはならない」という道徳法則をもって同等の評価を与えることは妥当であろうか。

 現実主義で見たように、国際社会は無政府状態に近く、個人が国内で自己の利益や感情から殺人を犯すことと、国家に命じられて戦場に赴き、軍事活動に従事する中で、敵の兵士を殺してしまうことに同じ倫理的評価を与えられるべきではないと思う。

 国内での個人の殺人行為と戦争での兵士による戦闘行為は、本質的に異っている。
 前者は、個人が自然状態から抜け出て、国家をつくることにより、立法・司法その他の強制力をもった公権力によって義務の履行が強制される空間で行われる。よって、個人が国内法に従うことは当然であり、その前提のもとでは、人の命を奪うという動機は個人的なものとなる。
 後者は、そのような公権力のない空間での国家的目的の遂行という別の義務の履行であり、国家から戦闘行為を命じられた兵士がそれに従うのも当然である。
 ただし、現在の国際法上は、戦争は敵国の軍事力の削減を目的としていることから、戦闘行為自体が、必ずしも敵国国民の殺人を目的としているということ(そのような行為は、国際法違反となる)ではないし、もちろん、兵士が軍の命令に背いて他の兵士や民間人を殺害すれば、通常はその責任を問われことになる。

 行為の動機、行為の相手、結果に対する利害について、それぞれ質的な差異がある。

2日前 No.1586

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1586 のつづき

3 国家による戦争の正統性
 各個人が、自らの快苦や欲望に命じられるのではなく、理性を働かせて見出した普遍的な規則に自律的に従うことこそが、人間の自由であるとする道徳理論が示されているが、これを戦争の当事者である国家に、どのように当てはめるかは、別の大きな問題だ。

 国家に対して、「殺人を犯してはならない」という道徳法則を個人と全く同様に課すことが妥当なのだろうか。
 個人の安全保障を担う国家がひしめき、その利害が一致していない国際社会は、基本的に無政府状態に近い環境にあると言える。よって、戦争を回避し得る確固とした手段がない。

 カントは、国家を道徳的人格と見なすことを求めているが、このような状況下では、他の個人の尊厳を守るために、道徳的法則に従う必要があるという考え方を国家間の領域まで拡張できるのか。つまり、国家は、他の国家の尊厳を守るため、普遍化できる規則をつくりだせるのだろうか。

1日前 No.1587

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>1587 のつづき

 国家の尊厳は、結局、その構成員である国民一人一人の尊厳である。
 社会契約において、「自国の国民を犠牲にしても、あるいは不利益を被ることになっても他国との間では道徳的行為をせよ」という定言命法が要求されているのでない限り、本質的に民主主義国家というものは、自国の国民にとって利益となる行為(国益)を追求せざるを得ない存在である。
 そういう意味では、無政府状態の国際社会においては、民主主義国家の中で、国民が他の国民の個人としての尊厳を尊重するのと同じ次元で、ある国家が他の国家の尊厳を尊重して行動することはできない。

 要は、民主主義国家である限り、社会契約によって、その国民の自由と安全を保障する機構として生み出されたものであるため、その目的の範囲内で行動するしかない。国家は、他国又は他国民の利益ではあっても自国民の利益にならないことを行うことはありえず、原理的に、自国民の幸福を追求しようと行動するものである。

 ただし、その振舞いとして、国際法上のルールに則った行動や、短期ではなく中長期的な利益を考慮して理性的に外交を行うことはありえる。カントのいう残虐行為の禁止といった行為は、国家における行動の基準として機能し得る。

1日前 No.1588
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる