Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1647) >>

善の定義

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(6493) - いいね!(0)

shinwood ★mjl0ItnnrE_1zu

善の定義を考えてみた。
善の定義が難しいなら悪とは何か、悪、悪人は人殺し、盗人、詐欺師などなど。これらに共通するのは自分さえ良ければ他人はどうでもいいということ。それでは善は悪の反対であるから善の定義は自分のことより公のことを優先することになる。
マザーテレサのように自分を捨て他人、公のために尽くすのを善人という。私たち一般人というのは善と悪の中間でうろちょろしている存在である。
これらから正しい行為、善というのは常に自分より公を優先する行為であるという結論になった、これで間違いないであろうか。

1年前 No.0
メモ2017/06/15 06:52 : shinwood @shinwood★mjl0ItnnrE_VuR

善の定義をしてみた。


「善の定義が難しいなら悪とは何かと考えた。悪とは人殺し、盗人、詐欺などなどである。これらに共通するのは、他人(公)のことより自分のことを優先しているということである。それでは善は悪の反対であるから、善の定義は自分(私)のことよりも公のことを優先する行為である、ということになる、略して“公の為”である。公を優先する行為は時代を超え、民族を超え世界に共通するものである、つまり普遍的なものであろうから、これを絶対善とした」


最近ではマザーテレサの評判は悪いようだが、分かり易い例えとして言えば、マザーテレサのように自分の私欲を捨て他人、公の為に尽くす人を善人という。これは時代を超え、国を超え世界に共通するものであろう。言うならば、この考えは世界共通善ともいえる。

また別の考え方では

「我々日本人にとって最も大切なものは国民の命であろう。この最も大切なものを守ることは絶対的に正しいことである。つまり最も大切な国民の命を守ることは絶対的に正しい事である。逆に言えば、絶対的に正しい事、絶対善は国民の命を守ることである。つまりそれは種族(民族)保存のことである、これは世界の各民族にも共通するから普遍性もある」

その民族にとって最も大切で、最も正しい行為というのはその民族の命、財産を守ることである。これも時代を超え、国を超えて共通する考えである。これも世界共通善ともいえるだろう。

これら二つの考えから“絶対善、つまり絶対的に正しいことは種族保存であり、公の為である”となった。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
↑前のページ (1597件) | 最新ページ

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



最近、 怒ることも ほとんど 無いねぇ


嫌悪することは、山程あるけど、、

ショウモナイ事で 怒る おっさん 。

嫌味な コンビニの 店員

スーパーとか コンビニの レジ袋 w


1ヶ月前 No.1598

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_iR4

ブログのコピペです。

★善とは感情である

正しさには科学的正しさと道徳的(社会的)正しさがあります。科学的正しさとは、例えば何度やっても同じ結果となるように矛盾がなく再現性があると言うことです。しかし科学では「何故、人を殺してはいけないのか」など人間の心の働きによる行為、行動は解明できません。人間の心による行動の正しさは道徳的正しさで考えます。

科学的正しさと道徳的正しさは両方とも“正しい”という文字を使っていますが、科学的正しさと道徳的正しさはまったく別のものです。科学的正しさは理性による論理的正しさですが、道徳的正しさは良心、本能から来る正しさであり、それは“感情”なのです。

科学的正しさは何か一つでも矛盾があれば真とはなりませんので、科学的正しさの妥当性、根拠は論理的正しさです。しかし道徳的正しさの妥当性、根拠は何によるものかと言えば善の定義「公の為、種族保存の為」に合致しているかどうかなのです。

勿論、道徳的正しさも妥当的なものを論理的に組み立て推論しなければ正しいとは言えません。ですから基本的には正しいとは、まず論理的であると言うことです。論理的とは絶対的なものであり、これこそが何よりも正しいのです。

また、道徳的正しさと一言で言っていますが、これも実は二つに分かれます、それは良心、本能から来る正しさと人間が理性で決めた正しさ、規範です。それらは道徳的正しさと倫理的正しさと言います。道徳的正しさと倫理的正しさのどちらが「良心、本能から来るもの」とするのかは、いまだ意見が分かれるところですが、私のブログでは道徳的正しさが良心から来る正しさで、理性で考えられた正しさ、規範を倫理的正しさとします。

良心、本能から来る善なる行為は困っている人を助けてあげるなどの思いやりを言います。そしてこの善なる行為には何らかの感動があります。そして人間が理性で決めた正しいこと、規範は、働く、税金を納める、勉強する、法律を守るなどの正しい行為です。しかし理性で決めた正しさ、規範にはあまり感動はありません。勿論、理性で考えられた善なる行為も本能から来る正しさが基になって決められていますので、本当の善なる行為とはやはり良心、本能から来る正しさ、善さを言うのです。

私たちは正しいと言えば論理的なものを考えがちですが、道徳的正しさは基本的に“感情”なのです。生物たちが数十億年をかけて種族保存するために一番良いシステムとして作り上げたのが「私(自分)より公(群れ)を優先する行為」だと思うのです。ですから種族保存に合致する行為に対しては快い脳内ホルモンが出て、そのホルモンが正しいという感情を醸し出しているのだと思います。怒りや悲しみや愛情、幸福感など諸々な感情もいろいろな種類の脳内ホルモンによって作り出されるものでしょう。これらもすべて種族保存の為に作られた感情なのです。

道徳的正しさが感情なのだというのは、なかなか納得しづらいでしょうが、まだ理性のない生後数か月の赤ちゃんでも善悪は分かっていると言う研究もあるのです。これから考えても善悪は理性で考えられたものではなく本能であると言うことが言えるでしょう。

私たちは、困った人を助けている行為を見れば、何か暖かいものを感じます。そしてそれは「正しいな〜」と言うよりも「ああ、善いな〜」という感情でしょう。ですから「正しいとは何ですか?」と問われても私たちはなかなか「みんなの為」と答えることが出来ないのではないでしょうか。「ああ、善いな〜と感じることとは何ですか?」と問われれば「みんなの為の行為」と答えられるかもしれません。そうは言っても私たちはみんなの為にやることは「正しいことである」と本能的に分かっていて、それは間違いないことだと信じています。

道徳的正しさ、つまり善は感情であり、それは「私より公を優先する行為」に対して生ずるものなのです。ゆえに正しい行為、つまり善=「私より公を優先する行為、略して公の為」となるのです。

1ヶ月前 No.1599

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

 善とは、自己犠牲による、他者の保護である。

具体的には、子供の養育には自己犠牲が伴うし、親の医療介護にも自己犠牲が伴う。傷病者への保護介護などの自己犠牲もある。

社会人となった時、仕事は対価を得はするが、自己犠牲を伴う場合が多い。

1ヶ月前 No.1600

★30JjgxOVKX_ZFe

「道徳法則(律)」とか、「定言命法」「仮言命法」っていうのあるみたいだけど、

これに関して、<善の定義>では、どうなってるの?

1ヶ月前 No.1601

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_iR4

>>1600    地下水さん

>善とは、自己犠牲による、他者の保護である。<

私の言う善は「私より公を優先する行為」ですから、簡単に言うと「思いやり」ですね。

これも自分はやりたくないと言う欲よりも相手を優先する行為ですかから、これも善ですね。


>>1601   游さん

カントは「われわれの友人を人殺しが追いかけてきて、友人が家の中に逃げ込まなかったかとわれわれに尋ねた場合、この人殺しに対して嘘をつくことは罪である。」と言っています。これを見てもカントは善が何なのか、分かっていません。ゆえに私はカントは無視しています。
私の言う善の定義は「私より公を優先する行為」です。上記の例でいえば、もし嘘をついたのがばれたら、自分もただでは済まないと言う思いは在るが、その自分の思いよりも友人の為を優先して嘘をつくことが善になります。
ここで公とは仲間である友人のことです。人殺しはこの状況では公には含まれません。公は仲間と思われるものをいうのです。

そこで難しいのは友人が警察官に追われ来たならばどうするのが善なのかということです。警察官は敵ではなく仲間と思われますから、今度は公は友達だけでなく社会が公になります。ゆえに自分は友達を助けたいと言う思いは在るがその思いよりも公、つまり社会を優先して考える事が善になります。

1ヶ月前 No.1602

地下水 ★otncK03kC4_iR4

>>1602
ナチの警察から、ユダヤ人のアンネをタンスの裏に隠してあげるのは、善だと思いませんか。

まず隣人を愛することが善だと思いませんか。

1ヶ月前 No.1603

★30JjgxOVKX_ZFe

>1602
カントはこんなことを言っているみたい。

「汝の行為の格率が、普遍的法則に妥当するかのように行為せよ。」

「私は信仰のために知の場所を譲った。」

って。

1ヶ月前 No.1604

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_iR4

>>1603   地下水 さん

>ナチの警察から、ユダヤ人のアンネをタンスの裏に隠してあげるのは、善だと思いませんか。<

ですから >>1602 で善だと言っているでしょう。同じ状況でしょう。


>まず隣人を愛することが善だと思いませんか。<

隣人とは何ですか。日本国の隣人はシナや朝鮮ですけど、それを愛することは悪ですよ。隣人とは仲間に限ります。

1ヶ月前 No.1605

地下水 ★otncK03kC4_iR4

>>1605
隣人とは、貴方の隣に居る人のことだと思いませんか。

最も身近な人。貴方の子供や親を助けることが善だと思いませんか。

1ヶ月前 No.1606

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_iR4

ブログのコピペでごめんねw

★「正しいとは何か」を改めて考える

多くの人に「(道徳的に)正しいこととは何ですか?」と聞いても殆どの人は答えられないか、または「正しいなんて人ぞれぞれだよ」と答えます。しかし何か社会的問題が起きた時「正しいことは人それぞれ」では結論は出ないのです。
それを例えていえば「日本で一番高い山である富士山に登れ」と言う問題が出たとします。この時、富士山の方向が分からないならば「あっちじゃないか」「いや、こっちだろう」と言うばかりで、なかなか埒があきません。これが「正しいとは人それぞれである」の状態です。みんなが右往左往しているときに富士山を知っている人が現れて「ああ、富士山はこの方向に行けばいいんだよ」と教えてくれたとします。これが「正しいとは公の為である」と方向を示してくれた状態です。

富士山の方向さえ分かれば富士山はまだ見えなくても歩き始めることが出来ます。つまり「正しいとは公の為である」の方向で議論を始めることが出来るのです。それでも情報は「日本で一番高い山」だけなので目的の富士山にはなかなかたどり着けないかもしれません。つまり人間は神のような知恵はないから時には間違った結論になるかもしれません。それでも方向さえ正しければいつかは富士山にたどり着くことができるでしょう。

このように「正しいとはみんなの為、公の為である」ということは議論の正しい方向性を示すことなのです。そしてそれは「正しいとは人それぞれである」と言う右往左往状態とは雲泥の差があるのです。

このブログを見ている皆さんはすでに「正しいこととはみんなの為、公の為だ」と知っているでしょう。言うならば皆さんは「正しいとは人それぞれである」という人達に比べて知恵においては大きな差をつけているのです。ですから皆さんは他の人より自信を持って主張することができるのです。
その私たちが為政者たちに対して「これはおかしいのでは?」と思えば「それは正しいのですか?」「それはみんなの為なのですか?」「あなたが正しいと思うならば話し合いましょう」と追及すればいいのです。正しいこととは何かを知っている私たちは自信を持って議論、追及ができるのです。

しかし多くの人たちは「それは正しいのですか」とは聞けません。なぜなら「正しいとは人それぞれだ」と考えているからです。「為政者たちは一流の大学を出て私たちより賢いに違いない、何かおかしいと思っていても正しい事は人それぞれだから、彼らのやることに文句を言うのは間違いである」と、そう彼らは考えているのです。

でも賢いであろう為政者、つまり私たちに大きな影響を与える人々に対して「それでは正しいとは何ですか?」と聞いてみてください、誰も答えることはできないでしょう。私は大学や裁判所の人にも「正しいとは何ですか?」と聞いてみましたが、誰も答えることはできませんでした。つまり日本のほとんどの人が「正しいとは何か」を知らないのです。

また「絶対的に正しいとは何ですか」と聞いても「絶対的に正しいなんてあるはずがない」と多くの人は否定します。今の日本は「正しいとは何か」ましてや「絶対的に正しいとは何か」を知らない人たちが日本を支配し、動かしているのです。ですから日本はこんなおかしな国になっているのです。このおかしさは基本的に先の敗戦から始まったのです。

私たちが「正しいという思い、思いやり」はどこから来るのでしょうか、それは理屈ではなく感情なのです、本能、良心から来るのです。そしてそれは「正しい」と言うよりも「善い」という感情でありましょう。これは種族(群れ)を守るために最も優れたシステムとして本能に書き込まれたものでしょう。
ですから「正しい」「善いな〜」という感情、思いやりは数十億年のバックボーンがあるのです。つまり善「私より公を優先する行為、つまり公の為という思いやり」は何十億年の試練・検証に耐えてきたのです。ですからそれを絶対的に間違いないと信じて良いのではないかと私は思うのです。
道徳的正しさは理屈ではなく、感情なのです、論理とは全く違うものなのです、ここが善を理解する大切なポイントなのです。

1ヶ月前 No.1607

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



要するに そういう事なんじゃないですか、

公私 混同せずに、 私的ゾーン と 公ゾーンとを 区分けして 、考えた方が よろしいと 思いますよ 。


1ヶ月前 No.1608

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1607
道徳において、五常の徳というものがあります。ここには親への孝も述べられています。

1ヶ月前 No.1609

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_FNM

>>1608   UMA さん

>要するに そういう事なんじゃないですか、<

意味が分かりません、もっと詳しくお願いします。


>公私 混同せずに、 私的ゾーン と 公ゾーンとを 区分けして 、考えた方が よろしいと 思いますよ 。<

もう少し分かりやすく、皆さんにも分かりやすくお願いします。




>>1609     地下水さん

>ここには親への孝も述べられています。<

公とは私は「私以外」自分以外と書いています。ですから恋人も公、親、子供、家族も公になります。

「私より公を優先する」とは母親が子供に思いやりを持つのがまず基本でしょう。しかし家族への愛は動物でも持っている愛ですよ。

1ヶ月前 No.1610

地下水 ★otncK03kC4_FNM

>>1610
仕事や学問にかまけて、家族愛や、親への孝、兄への悌、などの欠けた人の多いこと、虐待やバイオレンス事件の報道の発生すること。
一義的な隣人愛は譲れませんね。

1ヶ月前 No.1611

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_FNM

>>1611    地下水さん

>一義的な隣人愛は譲れませんね。<

譲らなくても結構ですけれども、私が言いたいのは善ですから、愛ではありません。愛を語るなら愛の定義は何でしょうか。愛を分からずに愛を語るなかれ。

1ヶ月前 No.1612

地下水 ★otncK03kC4_FNM

>>1612
夫婦の貞淑や、親への孝、兄への悌などは、善の基本の道徳でもあります。

家族愛や、隣人愛を語らずに、何の愛を語るといわれるのでしょうか?

1ヶ月前 No.1613

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX


>>1610 「 もっと 分かりやすく お願いします 」


↑↑ 多分 皆さん大体 分かってる

1ヶ月前 No.1614

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_FNM

最近はいつもブログのコピペですみませんね〜

★善の定義から見えるもの

その1・・・私の善の定義は「公の為であれば、現在、悪と考えられていることのすべてが善となり、公の為でなければ、現在、善と考えられていることのすべてが悪となる」というものです(但し、人は皆死ぬなどの絶対的なもの、また論理的に導かれた絶対的善などは除きます)。

これは何を示しているのかと言えば、すべてのものには裏表があると言うことです、良い面と悪い面があると言うことです。それゆえ、すべてについて、これは悪である、これは善であると決めつけてはいけないと言うことです。全ては変化するのです、カッコよく言えば「万物は流転す」「諸行無常」と言う真理を善の定義は示しているのです。

盗みは悪である、戦争は悪である、核は悪である、憲法改正は悪である、差別は悪であるなどと一方的に決めつけてはならないと言うことです。また善もしかりです、愛は善である、平和は善であるなど、これは善であると決めつけてはならないのです。何事をやるにも「常に思考は柔軟であれ」と善の定義は教えてくれているのです。みなさんは核を持つのは嫌だ、憲法改正は嫌だ、体罰は悪だと決めつけてはいませんか?これらはすべて私欲です、非論理的です。

善の定義は「万物は流転するのだ、何事も決めつけるな、固執するな、それは間違いのもとである」と教えてくれているのです。また固執しない、執着しないと言うことは悟りへの道でもあります。


その2・・・「朝顔につるべ取られてもらい水」。これは加賀の千代の俳句です。この句にも何か暖かいものを感じます。何故ならこの俳句にも「私より公を優先する行為」があるからです。「公」は何も人間だけではなく”仲間と思われるすべてのもの”を含むのです。井戸のつるべに、朝顔のつるが絡んでいて、引きちぎれば井戸の水は汲めるけれども、自分の思いよりも朝顔のことを思いやって隣の井戸で水を分けてもらったという歌です。まあ、少し意地悪を言えば井戸は加賀の千代専用とは考えにくいので、次に来る人が朝顔のつるを引きちぎって井戸を使うでしょうから、そのことを思いやって、千代は朝顔のつるをつるべから外して別のものに巻き付けてやれば、その方がもっと良かったのです。

しかし加賀の千代のように朝顔に対しても自分と同じように考えると言うことは、つまり彼も我もみな同じという境地、つまり主客同一です。善の定義の究極は、悟りの境地に近いのかもしれません。


その3・・・善とは「私より公を優先する行為」です。悪とは「公より私を優先する行為」です。この悪に近いものが個人主義でありましょう。とにかく自分のことだけを考える、公のことについてはあまり関心がない。これはつまり善の定義では個人主義は悪であると言うことです。個人主義と言えば欧米の思想でしょうけれども、彼らは間違っていると善の定義は示しています。善の定義は絶対的ですから、彼ら欧米人の個人主義はやがて行き詰ってしまうことでしょう。他人に対して思いやりを持ち、公を大切にすることが正しい行為だと善の定義は教えています。日本人は欧米人の真似はせず、善の定義に従ってやっていけばうまくいくのです。なぜなら善の定義は絶対的に正しいのですから。勿論、大事なことはすべてにおいて「限度を知る,分を知る」と言うことです。限度を過ぎれば善も悪に変わります。「限度を知る,分を知る」これを中庸と言います。


その4・・・善とは「私より公を優先すること」です。つまり自分の私欲、思いを少し抑えて、公のことを優先して考えると言うことです。これは何を示しているかと言えば、公の為、みんなの為にと考えることは、一人一人が仲間・群れのトップに立ち全責任を感じながら考えると言うことです。これこそが本当の民主主義であります。私たち一人一人が私欲を少し抑えて、公の為にと考える事ができるようになれば、多くの問題の正しい答えは、向こうからやってくることでしょう。善の定義は真の民主主義のありかたさえも示してくれるのです。


その5・・・善とは「私より公を優先すること」です。これは自分の思いよりも相手の思いを思いやることです、つまり思いやりです。これは孔子の言う最高の徳である仁のことです。また釈迦の言う慈愛のことです。このように善の定義は聖人たちの最高の教えさえも表しているのです。



このように善の定義とはなんと素晴らしいものであるのかと思うのです。そう思いませんか?皆さんww

1ヶ月前 No.1615

地下水 ★otncK03kC4_FNM

>>1615
 地球の人口は定員を超えています。生態学者によると20億人未満が適当ですが、現状は73億人を超えて更に人口爆発を続けています。人口削減が、今世紀の地球の為には善なのです。
 地球の産業は、もう既に地球が一つ半も必要な程に、土壌汚染や公害、地下水の減少、資源の減少、森やサンゴ礁の減少などを引き起こしています。今世紀の地球の為には、現在の産業を削減して、環境産業に転換することが必至なのです。産業負荷の削減が、今世紀の地球の為には善なのです。

 これらの削減を英断しないと、2070年頃には、汚染と枯渇、飢餓が広がります。もちろん従来型の環境破壊をまねく戦争は禁止する必要があります。

 これらの当然ではあるが厳しい英断が今世紀の善であるなら、善はまったくなまやさしいものではないのです。

1ヶ月前 No.1616

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



僕の イメージでは 善 というのは 、アスファルトの 上の 植物みたいな もんで 、それを 人間が 鑑賞として 楽しんでいる 。

しかし、 現実は 、 アスファルトの 壁の 下には 大きな地下が あり、 その 土の 栄養を 吸い上げることによって 植物は 種 から 芽吹いて 、成長する 。

みんな 、 その 地下を 無視して アスファルトの 上だけを 観ている 感じが 嫌いだ 。

空虚感に 襲われる


1ヶ月前 No.1617

地下水 ★otncK03kC4_FNM

>>1617
具体的にはどういうことですか?

1ヶ月前 No.1618

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_FNM

よく善は相対的だと言う、正しいなんて人それぞれだと言う。それならその相対的な善を示してください。私が論破してみますから。

1ヶ月前 No.1619

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1619
善が相対的だとは、具体的にはどの様な例示がありますか。

30日前 No.1620

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX

>>1618

例えば、 人は 咲いた花 、( この場合 スイレンとする )を 鑑賞しますよね 。

でも 咲いた 花は 土から 栄養吸って、芽を 生やして 、葉っぱ 開いて 、そっから 花が 開きますね 。


でも、都会人 とかの 人は 特に 、咲いた 後の 花 だけを 観る 傾向が ある ような 気が しますね 。

それまでの 経過は どうでも いい 感じで 、

地面の ことなんか、 どうでも いい 感じで 、


そのように 物事を 楽しもうとする 時 、 俺は この上なく 不快な 、 まるで 自分自身が 臭い空気に なって しまうような 空虚感を 感じてしまう のです 。

お花見 なんて まったく 楽しくも 面白く も ないし 、ましてや 栽培にも 園芸にも 興味は ない 。


でも、 地面の ことを 考えるのは 好きだ 。


いかなる 条件下 ならば、 植物は 生き生きと 育つのか ? という 思索 。

30日前 No.1621

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1621
さて、では具体的には、何がいかなる条件下ならば、善はいきいきと育つと、思索されますか。

30日前 No.1622

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



悪 と される ものを 包み込む 。 そういう 心意気ですね 。


30日前 No.1623

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



人間が 取り組まなければ ならない ものは 善きもの と されるものではなく 、むしろ 悪き もの 。


悪きもの を 意識的に 取り囲まなければ ならない 。


30日前 No.1624

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1624
はてさて、アスファルトの下の地面の養分は、植物にとっては、悪しきものでは無いはずですが。

30日前 No.1625

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX


人間 に とっては 悪しき ものだと 思われがち です 。


土 の 成分を ご存知ですか ?


落ち葉 → 虫の 糞 → 微生物の 糞 。

動物の 死骸 → 腐食 → 分解 。

ホコリ 、 ゴミ 、 etc


※警告に同意して書きこまれました (マナー/リアクション)
30日前 No.1626

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



植物に 良し悪し などの を 判断する 頭脳は 無い と 思われます 。

30日前 No.1627

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1624
悪が、何で善を生き生きと育てる、栄養分になるのですか。

29日前 No.1628

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX


>>1628

現 に なって いるんだよ 。

29日前 No.1629

地下水 ★otncK03kC4_FNM

>>1629
具体的には、どの様な例示が上げられますか。

29日前 No.1630

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



一番 大きな 例は 戦争 ですね 。

先人達の 醜く 愚かな 争いが 無ければ オレ達は ここに 立ってすら いないのだよ

29日前 No.1631

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1631
 そうでしょうか。戦争が無ければ、もっと進んだ世界になっていると思いますが。そして戦争によって無駄な生存環境の破壊や、資源の浪費も無く、
かなり今の地球環境問題が緩和されていると思いすよ。

 植物にとって土壌は栄養を与える良い物です。この土壌を汚染すれば植物にとって悪い物になります。
 善人も、悪いものを与えられれば、力を失い、身体をこわして、悪くなると思いますよ。
 善人も、良いものを与えられる必要があると思いますよ。そうでないと、善行も続かないと思います。

 綺麗な花を咲かせる植物にとって栄養を与える土壌は良いものでしたから、善行を行う善人にも、栄養を与えてくれる良いものや良い経典や社寺が、
必要なのではないでしょうか。

29日前 No.1632

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

29日前 No.1633

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1633
あなたのスレに、何か自動的にフィルターがかかっていますが、適当に書き直して下さい。

29日前 No.1634

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



オレの 善行も 結局 続いてないからな 、、

やる事 成す事 作る物 、全て ことごとく 潰されていく 、

『 善いものは 潰したくなるのが 人の サガ 』と 諦めている

もう 燃料切れの 重ウツ状態で 、何も やる気が しません 、、、

29日前 No.1635

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

29日前 No.1636

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1636
あなたのスレに、また何か自動的にフィルターがかかっています。適当に書き直して下さい。

>>1635
具体的にどのような善行をされたのですか。

それでどの様に潰されて続かなくなったのですか。

お茶でも飲んで、シャワーでも浴びて、休憩してください。

29日前 No.1637

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



多分また あうらマスター が オレの 調子こき 尊大 発言に イラつき 始めたな 、、

致し方なし 、、、

29日前 No.1638

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX



具体的に どのような 善行を したか ?


川状の 少し大きな公園に A rt を 、


あと 、まぁ 、 いろいろ と 、

29日前 No.1639

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX

>>1637

言われた通り 、しばらく 休みますね 、、

29日前 No.1640

地下水 ★lHRYPNADL9_iR4

>>1639
公園は公共のものですが、役所か町内会からたのまれたのですか。
公園の掲示板に絵でも掲示されたのが、破られたのですか。

この人の物でも、許可なく書いたら違法性が高いですよ。
個人で勝手に書いたら違法ですし、消されて当然ですが。

29日前 No.1641

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_zRF

おっとっと、このままでは善の定義が消えてしまいそうだ。私は善の定義が出来たということはこの哲学掲示板の歴史において最も素晴らしいことのひとつではないかと思っています。それゆえ消えてしまうにはもったいないスレッドである。

またコピペです
今まで書いてきたことを少しまとめる意味でも改めて「善、正しいとは何か?」を書いてみました。
私は内包的定義の方法で善、つまり道徳的に正しい事を定義しました。正しいことの内包的定義とは多くの正しいと思われる行いを考え、それらすべてに共通するもの、内包するもの、つまり本質を見つけ出す方法です。善なる行為のすべてに内包しているもの、それこそが正しい行為の本質であり、それを言葉で表すことが善を定義するということです。

正しいと思われる行為に共通するものをいろいろと考えていて「ピン!」と来たのが「すべて自分よりみんなのことを優先しているな」ということでした。それで「自分(私)よりみんな(公)を優先すること」がすべての正しい行為に内包しているのかどうかを検証してみたのです。その結果、自分が考えたすべての正しい行為にそれを内包していたのです。
善なる行為を少し挙げれば、小さな善は電車で席を譲る行為、困っている人を助ける行為、またカルガモの親子が道路を渡れるようにみんなが車を止めてあげる行為などなど、また大きな善は津波から村人を守るために自分の稲わらに火をつけた行為、侍が村人の飢餓を救うために幕府に逆らい、その責めを負って切腹した行為、最近では津波から住民を救おうと自分の命を顧みず最後まで避難するようにアナウンスした行為などなどがあります。

このように小さな善から大きな善、そして昔のことから現代まで正しいと思われる行為を数多く考えて検証してみて、それらすべてに「私より公を優先すること、略して公の為」が内包していたのです。それで善の定義とは「私より公を優先することである」に間違いはないであろうと結論付けたわけです。もっと分かりやすく言えば「私欲を少し抑えて公の為に尽くす行為」、これは簡単に言えば「思いやり」ということです。

このように私は善の定義を論理的に定義したのです、恣意的なものではないのです。これは帰納法的な定義です。みんなが善なる行為であろうと思うものを多く考えて、それらのすべてに内包したものを探し出したのです。
ですから皆さん、私の善の定義を否定するなら、皆さんがこれは善なる行為だろうと思うもので「公の為」が“内包していないもの”を示せばいいわけです。

私は前々から絶対善は種族保存であると考えていました。あらゆる生物が数十億年もの間、種族保存に命を賭けてきたのですから、その大自然の意志こそが絶対的に正しいのだと考えてきました。この種族保存と善の定義を関連付けてみれば、何故善が「公の為、みんなの為」になるのか理解できるように思います。私たちが善なる行為と感じるのは「群れ、仲間、みんなの為」に合致した行為を見たときに善い、正しいと感じるのです。この感情は群れでしか生きていけない生物が種族を保存するために最も優れたシステムとして本能に書き込まれたものでしょう。やはり生物にとって種族保存こそ最も大切なものなのです。その最も大切な種族を守り、存続しようとすることが絶対的に正しいことなのです。

善は感情であり、理屈では分かりません。善「善いな〜」という感情は本能から来るのです。このように考えれば矛盾がなくなります。
全ては種族(群れ、仲間、民族)保存の為にあるのです。音楽も芸術も理性も、そして神さえも種族保存の為にあるのだと思いますよw

11日前 No.1642

地下水 ★otncK03kC4_zRF

数学というものは、私的であり、なおかつ公的です。
演繹の楽しみがあり私的であり、
一度定理ができると、後にどこでも誰でも使う事ができ公的であり、
演繹であるので再現性があり、その定理が例え失われても、また誰かが追試できるのです。
正確な論理展開であるからです。
正確な論理展開による演繹は、私的かつ公的です。

遺伝子は地球上で様々な進化を遂げました。まるで地球上で遺伝子計算の実験を膨大に行った様に。
人間という生物種は、私的でありかつ公的です。
そして地上に共生する生態系を築きました。個々の遺伝子は利己的ですが、公的な生態系を築き、生命に優しい地表を生み出したのです。

そして物理は、近年、超電導磁石や、核磁気共鳴や、量子計算機や、量子テレポーテーションによる量子暗号など、
生命を超える実験を行い、製品化しています。
しかし物理は大失敗をしでかします。
地核の熱をまねた原子炉の事故は大量の核汚染を引き起こしました。太陽をまねた水爆実験も大量の核汚染と破壊を引き起こしました。
膨大な公害です。

11日前 No.1643

UMA @7j8jkk☆kMqdoyj8bwUE ★iPad=wGZJ0039sX


地下水さん >>1643 は なんだか 良かったです 。

少し 学問を 楽しめたような 気が しました 。

演繹 って なんなのか、 よく 分からないんですけど 、、

11日前 No.1644

★RydEdwEuSb_A7b

善の定義

物事の判断をする時に、静かに自分の胸に手を当てて、最初に出てくるもの。

6日前 No.1645

★RydEdwEuSb_A7b

善の定義

物事の判断をする時に、静かに自分の胸に手を当てて考え、理由なしで最初に浮かび上がるもの。

6日前 No.1646

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_BXv

またコピペでごめんなさいねw


★「無知の知」を善の定義で考える

ソクラテスは産婆術という問答法を考えました。これは対話して相手の答えに含まれる矛盾を指摘して、相手に無知を自覚させて真理に導く方法です。このソクラテスの「無知の知」について少し考えてみれば、ソクラテスは「賢人たちは本当の善とは何かを知らない」と言うことを知っていたのでしょう。また善はよい意味の言葉にはすべて内包していて、善こそ全ての良い言葉(愛、幸福、尊厳、勇気などなど)の本質だと言うことも彼は知っていたのではないでしょうか。

ゆえに当時、賢人と言われる人たちと議論しても本質を知らない彼らを必ず言い負かせるという自信があったのでしょう。だって当時も善は相対的と考えられおり、誰も善の本当の意味なんて追求しなかったし、善は人それぞれだと思っていたのですから。

しかしソクラテスは絶対的な善はあるはずだと考えていました。ゆえにソクラテスは「本当の善はあるはずだ、しかしみんなはそのことは知らない」と言うことを知っていたのです。「無知」とは、言うならば「本当の善を知らない」と言うことでもあるのです。善を知らなければ本当のことは何も知らないのと同じなのです。しかしそのソクラテスでさえ「善とは何か」その本質は分からなかったのです。ですが善の本質を知らなくても、ソクラテスのように善という絶対的なものがあると考えるだけでも、善は相対的であると考えている人たちに比べて断然に賢いと言えるのです。

「無知の知」とは「善とは絶対的なものがあり、そのことを自分は知らないことを知りなさい」と言うことでもあるのです。ですがソクラテス自身、正しい事、つまり本当の善を知らなかったのですから、彼が教えられることは「自分が善を知らないことを知れ」と言うことだけでした。ですからソクラテスの弟子たちも本当の善を知ることはなかったのです。

「無知の知」を現代に当てはめてみれば、善は相対的であると考えている人たちは、ソクラテスにやり込められた賢人たちと言うことになります。つまり利口ぶっている無知な人たちです。このブログを読んでいる皆さんは「善はみんなの為、公の為」と知っているのですからソクラテスの側になります。
例えば愛とは何か、平和とは何かを議論するにしても善いと感じる言葉にはすべて正しいが入っていなければなりません。正しい愛を語らねばならないし、正しい平和を語らねばなりません。嘘の愛、嘘の平和を語ってはならないのです。

ですから本来「正しいとは何か」を知らないで愛を語ったり平和を語ったりしても本当のことを語ること等できないのです。それは無意味とまでは言いませんが、大切な時間の無駄遣いだと思うのです。逆に悪いと感じる言葉、戦争や差別なども「正しくないとは何か」を知らねば本当の意味を知ることはできないのです。ですから社会的問題に対して善悪の意味を知らないで物事を語るというのは空しいことなのです。ですから、私たちはまず何よりも「正しいとは何か?」を追及しなければならないのです。

勿論、正しいこととは「公の為」だと知ったとしても、例えば「平和とは何か」などの本当の答えがすぐに分かると言うことではありません。しかし正しい方向は「公の為」であると言う視点をもって話し合えば、やがて「平和とは何か」が見えてくることでしょう。正しいとは「論理的で矛盾がない事、そして公の為である事」これだけでも知っていれば、正しいとは相対的であり、人それぞれだとうそぶく人たちよりも格段の知恵者といえるのです。それはソクラテスがすでに証明している事です。

4日前 No.1647
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる