Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(244) >>

存在を問う

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(1922) - いいね!(0)

★Gc8HjmXH4j_BiB

「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」(なぜなにもないのではなく、なにかがあるのか、英語:Why is there something rather than nothing?)[注釈 1]は哲学の一分野である形而上学の領域で議論される有名な問題の一つ。神学や宗教哲学、また宇宙論の領域などでも議論される。なぜ「無」ではなく、「何かが存在する」のか、その理由、根拠を問う問題。別の形、

「なぜ宇宙があるのか?(Why is there a universe?)」
「なぜ世界があるのか?(Why is there a world?)」
「なぜ無ではないのか?(Why not nothing?)」

などの形でも問われる

1年前 No.0
ページ: 1 2 3

 
 
↑前のページ (194件) | 最新ページ

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

アメリカの最新ニュースの事と同じことを言ってしまいますが・・

人間の脳みそに「医学の立ち入れない領域」があると思いませんか? (現在論争中らしいです)

6ヶ月前 No.195

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_Nu2

>>193

物理的な働きで可能だった場合、それはもはや開明されない自己意識でも神性でもないと思います。

だから不可能だと思いますし、不可能でいいと思います。

はたして、そういった神秘に進入することが大事なのでしょうか。

むしろその隔たりを保ったまま、天を仰ぐという経験が大事な気がします。

6ヶ月前 No.196

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

>>196

考えることを中止せよと言うことですか?

思惟できない世界までも考えたいのに・・

6ヶ月前 No.197

うどん粉 @levinas ★iPhone=i8iYr2iIPT

いや、そういうわけではないです。

すいません。

考えることは大事ですからね。

6ヶ月前 No.198

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

うどん粉さんは・・脳みその中に「医学の立ち入れない領域」があると思いますか?

6ヶ月前 No.199

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_Nu2

>>199

脳みその中に「医学の立ち入れない領域」はあると思います。

というより、
まさに今、私たちが見て、聞いて、感じる世界の「肌触り(texture)」を
科学は対象とすることができません。

したがって、
「脳みその中」という感じではないですが。

6ヶ月前 No.200

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

>>200

身体で感じる感覚は脳の中で科学的反応では・・?

少し言い方を変えると科学的でない形而上学的な何かが脳みその中にあると思いませんか?

6ヶ月前 No.201

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_Nu2

>>201

身体で感じる感覚と脳の中の科学的反応には、埋めがたいギャップがあります。

科学的でない何かは、脳みその中にあるのではなく、
ぼくらの日々の暮らしの営まれるこの世界の肌理(texture)そのものだと思います。

必ずしも、何もかも科学的反応に還元できるとは限りません。

…という意見です。

6ヶ月前 No.202

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

>>202

科学で無いものとは、科学で説明のつかないものと言う意味ですか?

6ヶ月前 No.203

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_Nu2

>>203

はい。そのつもりです。

6ヶ月前 No.204

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

>>204

哲学は論理学や科学を基礎としていますがその限界を知りそれを超越しなければならないと思います。

6ヶ月前 No.205

百理 ★5n9Jhh5DYh_dB9

存在は様々な様態があります。

現実存在・妥当存在・実体・特性・量・質・資料・形相・生・意識などの特徴があります。

存在は至る所で同一の意味を持ってはいません・・



存在と無の同一性としても超存在もあれば非存在もあります。

5ヶ月前 No.206

うさぎ ★w71GsOkauY_UHY

なぜあるのか?何故に存在するか? の答えは「私が生きているから在る」という答えができる。

なぜなら、私が死んだらすべての存在が確認できない以上、無になると思うからです。

4ヶ月前 No.207

ヒコ太郎 @hikotarou ★agBjffSqMl_jWF

>>207

確認できない存在は、無なのですか?

確認した存在/確認していない存在/無

と三つに分類されるだけでは?

4ヶ月前 No.208

うさぎ ★w71GsOkauY_UHY

>208
確認できない存在は、無かどうかは不明です。五分五分というわけですね?しかしながら、事実として

私の死後は私の知覚が消滅することは言えます。つまり、すべての存在が無くなるわけです。どう思うか

その人の自由ではありますが・・・・

4ヶ月前 No.209

ヒコ太郎 @hikotarou ★agBjffSqMl_jWF

なるほど。ありがとうございます。

4ヶ月前 No.210

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_lU1

存在を問うかぎり、
その問う者である現存在は、
ある仕方で自ら、存在を脱け出ていなければならない。

というのも、問う者もまた存在であり、
問われる者もまた存在であれば、
問う者と問われる者は一致し、問いを為さないからである。

その意味で存在を問う者である現存在は、
すでにして脱‐存(ex-sistence)している。

4ヶ月前 No.211

てじ @flyonbody ★iPhone=lGsaZGr5tu

>211


>問う者もまた存在であり


問う者は存在者。
よってその理由づけは無効です。

存在を脱け出るって何?
意味が分かってて言ってるのですか?

4ヶ月前 No.212

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_lU1

>>211

・問う者 → 問うこと
・問われる者 → 問われること  に訂正してみる。

>問うことと問われることは一致し、問いを為さないからである。

否、問うことのうちに問われることが未規定的なまま含まれれば、
問うことと問われることが一致しても問いを為すのではないか。

……。

4ヶ月前 No.213

てじ @flyonbody ★iPhone=lGsaZGr5tu

>>213

それは無駄なあがきというものです。

違うアプローチがある。『存在と時間』冒頭とか『形而上学とは何か?』とか読んでると分かるはずだけど。

存在を脱け出るって何ですか?

4ヶ月前 No.214

うどん粉 @levinas ★gVURwKBNCQ_lU1

『存在と時間』によれば、
実存は自己に先立って存在していることとして規定される。

実存。existence。ex-sistence。脱‐存。

また、現存在はそのつど、自身の存在を問題とする。

それはひとえに自己に先立っているという実存の様式にもとづいており、
それゆえに現存在は自らの存在と関わりを持つことができる。

存在を脱け出る、というよりは、
自己を脱け出るがゆえに、存在を問える……。

4ヶ月前 No.215

てじ @flyonbody ★iPhone=lGsaZGr5tu

>>215

「存在を脱け出る」ではないですよね。

私は

>自己に先立って

すなわちSich-vorwegについてはまだ理解できてないので、その先のことは分かりません。

自己を脱け出るっていうのも、いまだ□み込めません。(時間性の話でしょう?



ちなみに、「存在とは何か」と問うとしたら、その存在が理解可能になるための地平が要請されるのだが、それが「存在の意味」と呼ばれるもの。この存在の意味が、いわば、脱け出る先の場所だと、私は思いますけどね。だから『存在と時間』冒頭と言いました。

この存在の意味が時間性で、時間性は脱自(Ekstase)として捉えられる。

4ヶ月前 No.216

百理 ★5n9Jhh5DYh_VuR

自己存在と超克する自己反省は循環します。空虚になることもあるこの循環で現存在は飛躍することが出来ます。

自己存在は存在するだけでは、やがて無に還るのみである・・

存在の二重性の統一によって超越者に直面することによって突破できる存在です。

1人では何もできない存在。身を委ねてしまう存在と言う二重性を克服するには超越者に直面して飛躍すると言う・・みんなが眩暈の底に落ちるのを救える方法・・

4ヶ月前 No.217

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_v2j

存在は中性的ではない。
中性的なのはただひとり子どものみである。
それゆえ主体はまだ子どもである。

主体性へと移行しなければならない。
すなわち父性あるいは母性へと移行しなければならない。
つまりは他者との絆を結ばなければならない。

他者との絆とはすなわち子を産み育てることである。
家庭を持つということである。

主体性の芽生えとは
母性に父性を注ぎ込まれることであり、すなわち子を孕むことである。
赦しに責めを注ぎ込まれることこそが主体性の芽生えなのである。
子を孕むことによって母となり父となる。

1ヶ月前 No.218

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_v2j

>>218 はすべて、具体的なことであると同時に、アナロジーである。

1ヶ月前 No.219

百理 ★5n9Jhh5DYh_Vx8

娘・・オンナの良いと言う漢字

嫁・・オンナが家を構えている

姑・・オンナの古くなったと言う

息子・・下心がある子供

婿・・身体が女によって定まる

舅・・オトコを留めていられる

1ヶ月前 No.220

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_7zY

存在は退いて場所を明け渡す。
その退く動性を時間と呼びうるのでは。

しかしなぜ、存在は表象という名の痕跡を残し、身を引くのだろうか。
なぜ追跡できるように、わざわざ痕跡を残すのだろうか。

追い求める動きは、存在の明け渡した場所を占め、
そこに立ち現われるものが主体と呼ばれる。

現在とは贈物である。
贈物は存在を表象で包み意味へと変容することによって、
存在の一回性を反復可能性へと仕立て上げる。
過去や未来は現在という贈物の届け先であり、
それゆえに過去は記憶と呼ばれ、未来は予定と呼ばれる。
記憶はたえず、言語化できる一般的なものとして、予定でもありうる。
逆もまた然り。

この過去現在未来で語られるものは歴史である。
しかし歴史は根本的に、主体のアイデンティティを保証するための物語である。
一般に時間は過去現在未来の直線的系列で語られるが、その系列は作話と同じ構造である。
もちろん物語は単一的な流れとは限らないが、それはそのまま私たちの思考にも当てはまる。
あたかも記憶の順序を入れ替えうるように。

ここでは時間は、
存在の退去する動性としてか、あるいは歴史として出現するかのようである。
しかしこれらは相異なる区別ではない。
歴史は存在の退きから派生するものである。

しかしなぜ、存在は退くのだろうか。

椅子の認識はたしかに椅子の存在を前提としているかもしれないが、
それはあくまでも作話のうちの論理的操作である。
椅子を認識するとき、存在は退き「椅子」として現れる。
椅子は他の調度品との関係性から捉えられるのかもしれないが、
関係性とはそもそも差異があるから成り立つのであり、
差異はすでにして否定性を要求する。
仮に存在が退くことがなかったら、
一切はただあるのみであり、なんの運動もありえないだろう。

なぜ存在は退くのか。
なぜ存在は手がかりのある謎を残すのか。
この問いの答えは語りうるのだろうか。

1ヶ月前 No.221

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

存在はなぜさし迫りつつ退くのか。

この解きほぐしえないかのような両義性。

獲物が足跡を残して茂みから覗いているみたいに、
存在は痕跡を残して気配を漂わせている。

知ることなく知られる一方で、知られることなく知る。

そこに媒介は存するのだろうか。

…超越はなお課題となるのか。

24日前 No.222

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

私は存在を見ている。しかし存在もまた私を見ている。

むむむ…。

24日前 No.223

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

「私とは何か」や「私とは誰か」よりも、
「今ここはどこか」と問うて。

19日前 No.224

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

あらゆるコンテクストの原形態は、
痕跡を頼りに気配を嗅ぎ分けてゆくこと…。

19日前 No.225

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

「わたし」が「あなた」を見ているの…?
「あなた」が「わたし」を見ているの…?

19日前 No.226

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

道徳の根源。

「いらっしゃい!」
「おじゃましまーす」

19日前 No.227

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

おじゃましました…。

19日前 No.228

うさぎ ★HJ6YNK7WFD_UHY

存在とは時間じゃないの? では時間って一体何なのですか? 時間とは存在のことだと思う。

観念論では「無い」も含まれるが、存在も時間も「在る」「有る」から出発するのでは?

17日前 No.229

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

>>229

…。

…なるほど、です。

学ばさせていただきました。

ありがとうございます。

17日前 No.230

気まぐれな風 ★Android=dRpQclOCQi

私は存在を見ている。
しかし存在もまた私を見ている。


霊は魂を使用し

魂は肉体を使用し

 見ている。

肉眼で見ているのは
 彼の肉体ですよ。

さらに、
観る者は、観る者自身を観れない。
観る、機能の、始点だからね。


時間とは存在のことだと思う。

 時の間
 間を指している。

 時、という
 プロットを指している訳ではない。

a  b
a b

スペースは、どうなの?
長いの?
短いの?
速いの?
遅いの?

 間には何かが在る

ゆえに存在という解答は
50点(笑)


 更に
 プロットを定める者
 その存在が不可欠。

定める者が存在しなければ
プロットは、無い。
従って時間も無い。

15日前 No.231

気まぐれな風 ★Android=dRpQclOCQi

だから赤子は時間など気にしない(笑)

 そもそも時間など

 関係ないのだ。

時間を気にしてるのは両親だ(笑)

15日前 No.232

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

父なる有…

うぅぅぅ……(´;ω;`)

でもきっと、それでいいんじゃコラァ!(#^ω^)

(-人-)

15日前 No.233

気まぐれな風 ★Android=dRpQclOCQi


時の間が同じ長さでも

 周波数が細ければ道のりは長くなる。

コレが
  時計で同じ一時間でも

 長かったり短かったりする理由。


 だら□んとした時間は
 道のりが短い

キリキリした時間は
 道のりが長い


 正弦波

  それが時間の正体

この正弦波の波数は、精神(思考クロック)

 CPUスピード

 それが正体なんだよ。


 観察者がいなければ
 時間は存在しない。

時間という言語も存在しない。

 時間という言語がある

  ということは

  観察者が既に存在する、ということ。


観察者の存在が先にあり

 後に時間という言語が作られた。


時間が先に在った訳じゃない。


 今、と、過去(記憶、記録)

 今、と、未来(予想点)

過去、と、未来

 この二点があって初めて『時間』という
 言語が意味を為す。


このプロットを打つには

 観察者、が、絶対的に必要なのです。


でも!!!
昔から今まで、そしてこれからも!
時間は流れてるじゃないか!!!


 と、思考する者が、先ず在るのです。


思考物が先にあるわけじゃない(笑)


 言語が先にあって
 その後人類が生まれた
 と、考えるのは
 おバカさんだ(笑)


嫌な、ながーい時間は、

 実際に道のりが長い(笑)

 時計の刻みと道のり(距離)は

ある一定の関連性はあるが、

 ホントは波数が重要なのです。

 この波数は不可視ゆえに見れないのです。

だから、

 なんでだろう。。。
 と、疑問が浮かぶ。

理由を知ればなんでもないこと。

 これはtrue

いや、false

 やっぱtrue

いやいや、やっぱfalse

 この繰り返し。


悟への道は

 タンジェント波だね。

15日前 No.234

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

波に揺られてふーらふら…

でも苦しいとぎゅっとなる…

……はぁぁ(´・ω・`)

15日前 No.235

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

ぼくはいま、ファルスです…

Wow!

14日前 No.236

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

カタルシスと父性……

不正……

伏せ!

14日前 No.237

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

父はいるだけで、ぼくに教えてくれます。

だから父は有なのかな。

母はいつも身を引いて、ときに急かしてくれます。

だから母は時なのかな。

13日前 No.238

気まぐれな風 ★Android=dRpQclOCQi


 父は父

 母は母

  (笑)

文脈から見ると

 父と母を対比させている様に思われる。

 父が有であれば
 母が時

は、対比性がないでしょ。


あえて言うなら

 父は放出で
 母は受容

  とかね。

父は照らす太陽で
母は照らされる地球

 とかね。


言語は、

 他人に解りやすく、

 つまり自分に解りやすく

 使用しましょうね。


自分が紡いだ言語で

 自分が混乱してる人ばかり(笑)

 ワケワカメ(笑)

 そんな文章を読んだ他人は

更に更にワケワカメ。

 もう、
 ワケワカメパーティー(笑)




俺、ワカメだけどお前はコンブだ!

いいや、お前こそシシャモ!
このシャモ男め!

ところでさ、、、ある意味、

ワカメって観念?

コンブは存在かもしれないね。

つまり時間は統一場がシャモだ。

  おぉ、なるほど!!!(一同)



(笑)(笑)(笑)

13日前 No.239

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

>>239

もう、最後のほう…ワケワカメですよ……

人にわかるように話してくださいよ………

どこかの誰かみたいにならないで……(笑)

13日前 No.240

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

( ゚д゚)ハッ!

これも教えっ!

ははーっ<(_ _)>

……失礼しました。

ほんと、添削してくださったり、ありがとうございます<(_ _)>

13日前 No.241

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

あ、そういうことか!

「ワカッ」……( ..)φメモメモ……

って、できてねぇ…・・・(;・∀・)

13日前 No.242

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

さしあたりぼくは悟空……

気まぐれな風に吹かれて、

気づけばずーっと、手のひらの上……

13日前 No.243

気まぐれな風 ★Android=dRpQclOCQi


 いや、気付くだけ大したモノ(笑)


!!!!


 殆どが気付けない(笑)


すめっちは、

 色々な哲学書や理論書

 読んで楽しくて

なーんとなく理解したけど

 何か釈然としない。

  ホントの事って、なんだろう。

ソレを言い当ててる文章を

 今まで読んだことない。


『時間』を解説するのに
どっかの権威の博士が一冊の厚い本で解説してましたけど。
僕は殆ど理解出来なかった。
時間って、
そんなに難しいモノなのかな。


  時間は時の間だよ。


この短文で解決しちゃうんだよ。


 理解とは理で解す。


塊を分解する行為だ。

 どんどん、単純に簡潔になっていく。


 どんどん文量が増すのは
 理解ではなく
 知識のラッピング

理解とは正反対のベクトルなんだよ。


 この世界の様相を

色即是空、空即是色

 と、現したその凄さ。

 殆どの人は気付かない。

12日前 No.244
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる