Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(220) >>

あの世はあると思いますか?

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(1169) - いいね!(0)

スミレ @dncae ★ctW4zdKMd5_Vi8

死んだら人はどうなるんでしょうか?

本当にあの世が存在するんでしょうか?

私は信じることも疑うこともできません。

なので死ぬことよりも死んだ後のほうが不安なんです。

また、魂は宿っているのでしょうか?

皆さんはどう思いますか?

4年前 No.0
ページ: 1 2 3

 
 
↑前のページ (170件) | 最新ページ

★tuk3624yQ7_mgE

っていうかさ。考えても考えなくても、何も変わんないじゃん。
時も止まらないし不死にもならない。どうせは死ぬんだよ。
成長っていうのは、死への道をたどっているのと同じ。
適当に生きて適当に死ねばいいんだよ。

1年前 No.171

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

中の人さん

(書いておきながらなんですが先に言っておくと私はクオリア否定派です)

そもそも「赤という色」そのものが「赤色のクオリア」と呼んでいるものです。
「「赤」という文字」は「赤という文字のクオリア」ですよクオリア論者風に言えば。
文にしろ色が必要ですからそうでしょうよ?

>>この時点では、何色かわからないけど、その波長の色を「記憶(経験)」しました

その色の横には「赤」という文字が書かれていたので、
何色かわからなかったその色が「赤」だと学び、
その波長の色の「記憶(経験)」と「赤」が結びつき、その波長の色が赤だと「記憶(経験)」し認識します

とすると
分かるためには結局「文字」やらのクオリアが必要ってことになるので、別々なクオリアがある時点で
クオリアは主観的な感覚をまとめようとでっち上げているものにすぎない
と言えます。いや、分かるために文字やらが必要でないにしろ
色か分からないといってもそれぞれに「赤」「青」って別々に名称がつけられるわけであり。
クオリアって単語にしろ。だからクオリアってナンセンスです。

>>柊さん


いやあ死生について勘違いしている可能性はあるかもよ?
正せば「どうせ」からぬけだせる、かもしれないし。無駄だとは思わないです。

1年前 No.172

中の人 @nakanohito ★2BfNTT35xl_Ew9

>>172
へそさん
「赤という文字のクオリア」も「赤という色」同様、
過去に勉強した事がある「記憶(経験)」を「記憶(想像)」で読み解いた、と表現出来ると思います

「別々なクオリアがある時点で、
クオリアは主観的な感覚をまとめようとでっち上げているものにすぎない」
これはおもしろい表現ですね
人間の認識って個々の記憶をつなげて意味付けしていく作業だと思います、つまり「でっちあげ」かな?
この「でっちあげ」作業は生物が生きていくのに便利な能力で、
「なぜでっちあげるのか?」と聞かれれば、便利だからその能力を進化によって獲得した、と言えるんじゃないでしょうか
もっと短く、生物は進化するから、と表現していいかもしれません

1年前 No.173

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>>過去に勉強した事がある「記憶(経験)」を「記憶(想像)」で読み解いた、と表現出来ると思います


最初のについては出来ないよ。色に対して文字で分かるようになるっていうのが中の人さんの主張でしょ?
「記憶(経験)」「記憶(想像)」のもとが文字なんだから、ここでは。
文字だって最初が有るでしょ?最初の最初は「記憶(経験)」を「記憶(想像)」じゃせつめいできないよ。

1年前 No.174

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>>人間の認識って個々の記憶をつなげて意味付けしていく作業だと思います、つまり「でっちあげ」かな?

この「でっちあげ」作業は生物が生きていくのに便利な能力で、
「なぜでっちあげるのか?」と聞かれれば、便利だからその能力を進化によって獲得した、と言えるんじゃないでしょうか
もっと短く、生物は進化するから、と表現していいかもしれません

あれ?赤の色だけでも認識は出来るって言ってたよね?
それに同時であれば感覚はでっち上げ以前につながっているんじゃないかな。

1年前 No.175

★tuk3624yQ7_mgE

≫へそ

これが勘違いなら良かったんだけどね。
「どうせ」から抜け出せるなら人は死を怖がったりなんかしない。
非現実を味わえるほど自分は特別な人間じゃないし。
いくら願ったって全部無駄だった。

1年前 No.176

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>>「どうせ」から抜け出せるなら人は死を怖がったりなんかしない。


中島義道的な「どうせ」ですよね。
「どうせ」っていうのは論理的に考えた結果の恐怖だ。今のところあなたにとって妥当だって程度。
ならばそうではないことを論理的に知れば「どうせ」は消えるだろう。

「勘違いなら良かった」?いやいや、あなたは

>>いくら願ったって全部無駄だった。

>>非現実を味わえるほど自分は特別な人間じゃないし。


といっているように、考える事や勉強が全然出来ないからそれで止まっているだけですよ、単なる決めつけ。
願ったらうまくいくとでも?悟りが開けるとでも?現実逃避したいだけでしょ?
あなたは何にも証拠を書いてなくぶーたれてるだけだから、そうとしかみえないね。

1年前 No.177

中の人 @nakanohito ★LDSN2HvdXB_Ew9

>>174
へそさん 段階に分けて説明しますね

1、最初の経験について >>167 より
経験したことがない色を初めて見たとき、それが何色かわかりませんよね
何色かわからないけど認識は出来ますし、その色の波長を記憶する事は出来ます
これは視覚で感じた波長を脳で映像として認識して、その映像を記憶する、という事だと思います
この時点では、何色かわからないけど、その波長の色を「記憶(経験)」しました

2、最初に経験した色が「赤」だと認識する  >>167 より
「赤」という文字を認識する過程は1と同じで、「色」の部分を「文字」に、「波長」を「図柄」に変えて適用してください
その色の横には「赤」という文字が書かれていたので、
何色かわからなかったその色が「赤」だと学び、
その波長の色の「記憶(経験)」と「赤」が結びつき、その波長の色が赤だと「記憶(経験)」し認識します、
その後もいろいろな波長の近い色を見て、その色が赤だと皆が言ってるので、その波長に近い色が赤だと確信をもつにいたります

3、認識について
上記1で何色かわからない色を「認識1」する「記憶1(経験)」を得ました
上記1と同様の過程を経て「赤」という文字を「認識2」し「記憶2(経験)」を得ました
上記2で何色かわからない色を「赤」だと「認識3」する「記憶3(経験)」を得ました
「何色かわからない色の波長の認識(認識1)」という「記憶1」と、
「赤という文字の認識(認識2)」の「記憶2」がつながって、
「何色かわからなかった色を赤だと認識する(認識3)」の「記憶3」が形成されます
「認識1」と「認識2」は、でっち上げ「認識3」以前につながってるのではなく、
「記憶(経験)」の順番としては、 認識1 > 認識2 > 認識3 となります

こんな感じでどうでしょう

1年前 No.178

★tuk3624yQ7_mgE

≫へそ

中島義道的・・・?頭悪いからよく分からんけど、そうやって考えるのが無駄なんですよ。

今まで大切な人がどんどん死んでいきました。

でも何も起こらなかった。こんな簡単に死んじゃうんですよ?

それなのに自分だけが不死だとか特別な存在とか、一体どうやったらなるんです?

そうやって考えるのも嫌になる。

願ったらうまくいくとでも?って、ならばどうすればいいんですか?馬鹿な僕でも分かるように説明してください。試してみたいから。

現実逃避はストレスへの対処法です。現実逃避を悪く言う奴って、僕らの何が分かって言ってるの?かな?

証拠ねぇ…ゴメンw何の証拠?言葉が難しすぎて分かんねぇわww

っていうか、あんたってなんかちょいと言い方アレだよね。キツイ。僕のことウザかったです?

1年前 No.179

空の光 ★HyZopIV29N_m9i

あの世はあるかどうか?死後の世界。魂があるかどうか。

これは頭で考えて分かる物ではないかも知れない。

なぜなら死後の世界も、魂も五感に触れる事の出来ない。
無に等しいとしか思えないから。

じゃあ、存在するかどうか?どうやって分かるか。

奇跡しかないと思います。
奇跡によって、神の実在、霊界の存在、魂の存在が分かってくるんじゃないかと。
その奇跡を見た時、信じるかどうか?ここが分岐点になるかな?
何度も何度も奇跡を目の当たりにしても、信じられない人もいるかもしれない。
それはその人の心の奥からなのか、表面だけなのか?

心の奥の事は神様にしか分からないだろうと思う。

信じるというのは五感にない。
だから心の奥で感じ取るしかない。

と自分は思うんですけど、どうでしょうか?

1年前 No.180

★tuk3624yQ7_mgE

なるほどね…絶対に違うことはないと思う。うん。

他の難しくて分かりづらいやつより全然分かる。

やっぱ死んだあとのことだから現実的に考えてもダメだよね(・ω・)

1年前 No.181

地下水 ★DNmPARcb81_nHx

あの世なんて無いのに、卑怯者の屁理屈だ。
神なんて居ないのに、卑怯者の逃げ口上だ。
天の国なんて無いのに、天皇何ていう卑怯な名を付ける。
こんな嘘をつかない様に気を付けよう。

人間がいるだけさ。猿から進化した人間が居るだけ。死んだら、それでお終い。
空には雲があるだけ。足元には大地が広がっている。
生きる事に真摯にならなければ。現実問題に対処しなければ。実学、道具主義、プラグマティズムの哲学で米国は進んでいる。
食べ物に気をつけよう。
言葉に気をつけよう。争わない様に、酷い殺戮の戦争をしない様に、気をつけよう。
天災に備えよう。

1年前 No.182

中の人 @nakanohito ★ftuKJTsnbD_Ew9

「あの世があるかどうかは」今のところ確認出来る性質の問いじゃないので、好き嫌いの問題だと思います
どんな宗教も思想も、利用の仕方によっては人を救うし、悪用すれば人を不幸にするし、
ようは「あの世がある」という考えがその人を救うなら、それは非常に価値があるものだと思うんだけどなぁ

1年前 No.183

地下水 ★DNmPARcb81_nHx

>>183  嘘は人を不幸にします。嘘の上に嘘を重ねれば、大変危ういのです。宗教は哲学に発展し、哲学は論理学を、そして数学を生み、現代科学が生れました。世界認識の調べは進んでいます。嘘をつかない様に気を付けましょう。

 今は宇宙から地球の映像が見られる時代です。どこにも天国は無く、暗黒の死の宇宙に浮かぶ、地球があるだけです。不思議といえば、地球が浮かんでいる事です。丸い地球が目に見えない重力を持ち、海を丸く湛えている事です。地球の百万倍も大きな灼熱の巨大な火の玉である太陽があり、何十億年も燃え続けても消えない事です。その陽光に照らされて、光と空気や水から植物体が生れる事です。その実を食べて、心を持つ人間が生かされている事です。あの世があるなどと人間が空想する事です。その空想に人間が惑わされて、宗教に洗脳されている事です。現代科学が様々な生活に役立つ不思議な機器を作り出していると言うのに、認識や反省が足りない事です。

1年前 No.184

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>>178

まず「赤い色の経験」を「何色かわからない色」とくっつけちゃってるのが変だよ。
「赤と分かる」わけじゃ無いし
「赤と分からない」「青と分からない」わけでもないでしょ
それ以前の「赤い色」なんだから。べつにくっ付ける(っていいかたが不本意なんだけど
言えなくもないか)のは「赤」じゃなくても「red」でも良いし。
赤と分かるっていうのは確信っていうかただの約束じゃないのかな。




>>柊


あれちがうんだ、「どうせ死ぬ」って中島義道の決め台詞みたいになってたし
それなりに有名だからさ。

>>証拠ねぇ…ゴメンw何の証拠?言葉が難しすぎて分かんねぇわww


ああー、証拠っていうか、「どうせ」から抜け出せない根拠。
証拠って言い方は間違えたな。

>>それなのに自分だけが不死だとか特別な存在とか、一体どうやったらなるんです?


不死になるかどうかというか、死ぬっていう事に対して間違った考えをしていて
無駄に怖がってるって有り得るでしょ。なら解決したいじゃんって事。
ここにきちゃうぐらい恐怖から逃げられないんだから。

>>現実逃避はストレスへの対処法です。現実逃避を悪く言う奴って、僕らの何が分かって言ってるの?かな?


気晴らしが悪いわけでは無いですよ、現実と戦うエネルギーの補充としては。
じゃなくて文からして問題から逃げっぱにみえたのが疑問に思った。

1年前 No.185

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>> >>184


私がwikのより上手くかけるとは思えないので、引用。。。


日常的に、私たちは、自分の存在、世界の存在を疑ったりはしない。私たちは、自分が「存在する」ことを知っているし、私の周りの世界もそこに存在していることを知っている。この自然的態度を以下の3点から特徴づけ批判する。

1・認識の対象の意味と存在を自明的としていること
2・世界の存在の不断の確信と世界関心の枠組みを、暗黙の前提としていること
3・世界関心への没入による、意識の本来的機能の自己忘却

このような態度の下では、人間は自らを「世界の中のひとつの存在者」として認識するにとどまり、世界と存在者自体の意味や起源を問題とすることができない。

引用終わり


科学は、嘘ではないけれど、それ以外が嘘だと思っちゃうようになるのは問題だよなと思う。
それはたぶん恐怖によって意識がそっちだけに向けられてしまうのではないか。
恋愛と同じでドキドキな緊張が真相に感じられるというか。

1年前 No.186

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

「恋愛と同じ」じゃないな。
お化け屋敷効果とか吊り橋効果ってやつと同じで勘違いしちゃってるだけなんじゃないかっていいたかった
言葉足らずだなどうも。

1年前 No.187

中の人 @nakanohito ★ys4dvpXAQP_Ew9

>>184
地下水さん
まず証明出来る「サンタクロースっている?」から考えてみます
サンタクロースは創作なので、ソリで飛んできてプレゼントを配るなんてウソです
でも世界中の子供達はサンタの存在を信じて、プレゼント欲しさに良い子になったりします
この子達に「サンタなんているわけねぇだろ」と告げる事は必要でしょうか?
「サンタからプレゼントを貰うために良い子でいよう」という考えはプラスが多い思想だと思うんです
それを信じてる子供に「サンタはいない」を教える事に有益な意義を感じません

次に「あの世があるか?」を考えてみます
>>183 より「どんな宗教も思想も、利用の仕方によっては人を救うし、悪用すれば人を不幸にする」が私の考えです
なので「あの世がある」という思想を信じる事によってその人の人生がプラスになるなら非常に価値があると思いますし、
この人に「あの世なんてない」と言う事に有益な意義を感じません

あと「あの世があるか?」は科学的に考察出来ない種類の問いだと思います
最新の科学技術の有力な説で、現時点で人間が観測出来る物質は5%ぐらいと言われていて、
残りの95%を解明した時、人間の世界認識は大きく変わると思います
たかが5%の観測だけで、世界を理解したと思うのは科学的な姿勢として問題があると思うのですがどうでしょう

>>185
へそさん
178の1の時点で認識出来るのは、その色の波長だけです
波長はわかりますが、その色の名前を知りません
178の2でその色の名前が「赤」だと認識します、「赤と分かる」は2の段階です
これがredでも、なんなら青でも構いません、ただの図柄ですから
(経験を積み重ねると青じゃなくて赤だと認識しますが)

1年前 No.188

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>>178 の1の時点で認識出来るのはその色の波長だけです

その色の波長?なんじゃそりゃ。その色の感覚とかのほうが、まあ、まだ真相には近い言い方だろう。
「その色の名前」なんてあとづけだろうよ、名前を知らないと、いや、名前を付けないとまずいのか?
「赤い色」と「赤という名前」がごっちゃになってないか?

(経験を積み重ねると青じゃなくて赤だと認識しますが)
いやぁ日本語によって洗脳されると、でしょ。

1年前 No.189

中の人 @nakanohito ★hQzmEuXUwW_Ew9

>>189
へそさん
1で波長を認識してるので、2に進まなければ名前はわかりません
(「波長」とは人間の感じた色の感覚の事です)
1で「赤い色」の波長を認識、
2の最初の一行で「赤という文字」を認識、
2の残りで「赤い色の波長を表す赤という文字」を認識

「「その色の名前」なんてあとづけだろうよ」
そうです 2で後付けします
別に名前を付ける必然性はありませんが、名前を付けた方が便利です

>>178 の何番がわかりにくいですか?

1年前 No.190

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

>>178 の2でその色の名前が「赤」だと認識します、「赤と分かる」は2の段階です

それとおなじで「何の色だか分からない」っていうのも2の段階なんですよ。
「何の色だか分からない」のも一つの感覚でしょ?

1年前 No.191

へそ @asdfg15 ★HdWQny3ZZi_GcC

便利かどうかはどうでもいいんだけど。

(「波長」とは人間の感じた色の感覚の事です)←ちがうし

色そのものについては
名前はわかんないんじゃなくて、無いんですよ・・・

1年前 No.192

中の人 @nakanohito ★hQzmEuXUwW_Ew9

>>191
へそさん
「何の色だか分からない」は2で解決します
2で「赤」だという図柄が、1で経験した「何色かわからない波長の色」を表す図柄だと認識します
つまり1で経験した色が「赤」という漢字で表される名前だと認識します
178の最後の行、
「その後もいろいろな波長の近い色を見て、その色が赤だと皆が言ってるので、その波長に近い色が赤だと確信をもつにいたります」
「経験の積み重ね」でその波長の色が赤だという認識を強化します

「「何の色だかわからない」のも一つの感覚でしょ?」
これはどういう意味だろうか?

>>192
「「波長」とは人間の感じた色の感覚の事です」
生物は光の波長を認識して、色として脳内で映像化します
なので「赤の感覚」とは「赤の波長の認識」だと言えますし、そういう意味で波長を使ってます

「色そのものについては、名前はわかんないんじゃなくて、無いんですよ」
無いですし、無くてもいいですし、名前を付ける必然性はないですが、
人間は社会を円滑に運営するため名前を付けたほうが便利なので名前を付けますし、
私たちは社会で円滑に生活するために、社会の共通認識である名前を覚えます

1年前 No.193

地下水 ★DNmPARcb81_nHx

>>188  サンタクロースが居なくても、そっと枕元にプレゼントを置いてあげれば良い。それはサンタでは無くて、親の愛。

宇宙と太陽と地球と海と森と人と生活が、常に念頭上に概念としてなければならない。あの世は無い。しかし先祖供養や、街中で休める社や御寺、無縁仏の御地蔵さんに心を寄せる事があるのが良い。それは、あの世では無くて、人の情け、人の心。

先人がここまで津波が来たと石碑や桜並木を植えて、示してくれたので、その教えを守ってその下に家を建てず、津波の時にそこまで逃げて来た、村人は救われた。それは先祖の愛、子孫の先祖への思い、が結ばれた時。それはあの世では無くて、歴とした科学史、地学である。

1年前 No.194

★tuk3624yQ7_mgE

≫へそ

知らんですよ。中島義道なんて。

根拠かぁ・・・僕の友達が亡くなったこと?だと思う。
最初は「諦めない」とか「すぐ治る」とか言ってたけど、病状が悪化してきてから神頼みするようになってた。死が近かった友達はきっと心の底から元に戻りたいって思ってたよ。僕自身も神社やお寺に行って願いましたし。もし彼女が特別な人間ならこの時点で叶ってたのではないか、こんなあっさり死ぬことなんてなかった。
まぁ彼女と僕は違うので、仮に僕が特別な存在だとしたら、この病気に悩まされることなんてないんじゃないんですか?

確かに僕の考えのせいで無駄に死ぬことを怖がっているのかもしれませんが、ものにたいしての考え方に正解も何もありませんよw
うーん・・・解決してるのかね。解決してるようでしてないような。もう諦めてるんですよ。何したって死ぬって思ってるから。でも時々怖くなるのよね。やっぱ解決してへんのかな。だけどさぁ、皆死ぬのは怖いけどどんどん死んでいくんだよ。そういうのが人間なんちゃう?

僕は昔から逃げてばっかの弱虫ですから(笑)

1年前 No.195

中の人 @nakanohito ★qW8NdUn5mj_Ew9

>>194
地下水さん
なるほど サンタがいないと言っても「親の愛」を知るから「サンタがいない」と教えるのは価値がありますね
でも子供が気づくまで見守るのも親の優しさ愛だと思います

「宇宙と太陽と地球と海と森と人と生活が、常に念頭上に概念としてなければならない。」
この概念を置いて、人の情け人の心を感じ、その上で「あの世はある」という信仰は共存出来るんじゃないかな
むしろ「あの世はある」の信仰があれば「人の情け人の心」をより一層大事に感じる思います

「先祖の愛、子孫の先祖への思い、が結ばれた時。それはあの世では無くて、歴とした科学史、地学である」
これはその通りだと思いますし、誰も異存はないと思います
この考えと「あの世はある」は共存、あるいは強化する事はあっても、
否定する事にはつながらないと思いますがどうでしょう

1年前 No.196

地下水 ★DNmPARcb81_nHx

>>196  騙したり、嘘はいけない。曲解誤解は、無駄になり、無駄は資源を浪費する。二度間違えば三倍資源を浪費する。二度足を踏めば二倍資源を浪費する。間違え続ければ危険である。神や現人神やあの世は無い。あの世があると思って、戦争に赴いて破壊してはいけない、ジハードの様に。人倫があるだけなのである。

1年前 No.197

中の人 @nakanohito ★9tY26gELVe_Ew9

>>197
地下水さん
「サンタは実在する」はウソの可能性が高いですが、
「あの世がある」は科学的にウソだと断定出来るだけの知識が人間にはありません
かといって真実だと言える性質の物でもありませんが、
その信条が、人の幸福を後押しする信条ならば、その人にとって価値のある考えだと思います

私は、人間の争いの原因の一つに「差別」があると考えています
人は自分と違い物を差別します
それは、自分のみが正しい、と思いたがる人間の性質です
だから自分が信じたものを「正」、それ以外を「誤」と思いたがります
この結果、誤った相手と争いが生じ、誤った相手と容赦なく闘います
自分は正で、相手は誤なのだから、正義のために徹底的に闘います
戦争も例外ではなく、この差別の意識が大きな要因になり、容赦ない戦闘が行われます

地下水さんの「無神論?」も一つの思想です
それは地下水さんの中で信じるに値する思想なのでしょうが、
それをもって「唯一の真実」と思い込み、他の宗教や思想を差別するのは争いしか生みません

この差別意識を無くすにはどうしたらいいかというと、
私は「寛容」しかないと思ってます
相手を尊重し、寛容の心で接すれば争いは減りますし、戦争も減ります
人間が差別する仕組みを知り,自分が差別しない人間になる事が平和への第一歩だと思います

ちなみに私は、地下水さんの事をキリスト者だと思ってましたよ><

1年前 No.198

地下水 ★lHRYPNADL9_jVC

>>198  私は新約や旧約を少し学びましたし、リベラの神を求める唱歌も好きです。しかし神父様や聖書を見ると私は洗礼には相応しくないと思い控えました。そして私の家の御墓は仏教ですし、先祖には神道も居られます。

 また工学部出でもあり、今日、宇宙や地球の映像を見ていると、何事も数理学的証明に基づく必要を感じます。そして宗教対立や宗教戦争の愚を、宗教に騙った戦争のニュースを見て、酷いなと思います。

 勿論、人間の歴史は、猿から進化し、言葉から宗教、そして哲学、論理学、定量数学、現代科学へと発展したので、理解するにはその手順を踏むことは科学的です。その意味で宗教を排除しませんが、現代では道徳や倫理に発展しており、そこに生理学的な、心理的、倫理的な裏付けを与える必要があります。何故、宗教には癒されるのか、科学的な解説が必要です。

1年前 No.199

中の人 @nakanohito ★xnL1prOTXa_Ew9

>>199
地下水さん
宗教や主義主張などが原因っぽい戦争のニュースは今も世界にあふれてますね、私も酷いなと思います
「科学的な解説が必要です」という部分に賛成します
その上で、私は害のない信条や、人生を豊かにする信条というものがあると思います
それらは確かに人を幸せにしますし、戦争を戒めるような教えもあると思います
科学的な探求の一方、善の教えの有用性を認め、寛容な心を持って対話していく事が重要だと考えます

1年前 No.200

地下水 ★lHRYPNADL9_jVC

>>200  殺すな盗むな淫かすな嘘つくな欲ばるな親をうやまえ、の六戒が凡そ世界宗教で共通です。その由来の一つは、エジプトの奴隷であったユダヤの民がされて困った事を、後の建国の時には御互いにはすまいと、神との契約として律法に定めたのでした。

1年前 No.201

地下水 ★lHRYPNADL9_jVC

>>200  どうも無縁仏さん御地蔵さんと言うのは、心を結ぶと、その様な訳で亡くなったのだという事を示し、伝えておられる様です。

1年前 No.202

空の光 ★HyZopIV29N_m9i

あの世は現実にあるのだと思う。

ただ、五感に触れない。そこに問題がある。

なぜ、五感に触れないものを「信じる」という言葉が出来たのか。

事実だけど、実態は計り知れない。

あると思う、ないと思う。

あると思うが有信仰で、無いと思うが無信仰。

なぜ計り知れないものを信じたのだろうか。

人間の五感に届かぬところに、信じられない。そんな事があるの?
という言実が起きた。。こで信じようとする人、信じようとしなひ人が出来た。
その信じられない事を奇跡だと呼ぶ事にした。それが信仰の始まりかな?

その信じる人の目から見て、神様の愛を世の中に感じるようになった。
信じない人は、偶然だよっと相手にしない。

それも仕方ないだろう。信仰は強制するものでもないから。。。
ただ幸せを感じたのはどちらだろうか?

なんて思ったりした。

1年前 No.203

百理 ★5n9Jhh5DYh_jVC

何故あの世が無いと断言できる人がいるのか不思議です。

1年前 No.204

不確定@くん ★WiiU=ABQQQqhBmt

魂の性質は一体何なんでしょうか?どのようになっていてどのような原理になっているのでしょうか?

魂の研究霊の研究は何百年も前から進められています、、なのに明確なものは何一つ分かっていない、、エクソシストの専門家は肉体と魂を繋げている線、、言わばシルバーコードと言うものを話します

では聞きますがシルバーコードとはどんな原理で魂と肉体を繋げているのでしょうか?

生命を持つものならばどんなものにも魂があるとしましょう、、で、、それならば人間の細胞一つ一つに魂が宿っていることになる、、人は一個体でしょうか、、すべての細胞が人と言う形を作り全てが上手く共存しているのであればそれはもう一つの生命体ではないでしょうか?それならば一つの魂が出来上がるのも普通だ、、でもそれなら何故プラナリアンと言う生命体は分離したあとまた一つの個体になるのか、、では生命体とは?もっとそれ以外のものに注目して考えた方が答えにたどり着くかも、、多分

3ヶ月前 No.205

不確定@くん ★WiiU=ABQQQqhBmt

そしてシルバーコードの話しをしましたね、、じゃあ考えてみましょう、、肉体が死滅した場合そのシルバーコードがなくなるとします、、なら残った魂はどうなるのでしょうか?

魂はあの世に行くのでしょうか?それとも元々あの世にいて魂を現世の肉体に繋げるシルバーコードが無くなったら完全にあの世に行くとしたら?肉体=意識、魂=精神、としたら肉体がなくなった後の意識はあの世に行くと言うのでしょうか?可能性はあると私は思います

3ヶ月前 No.206

百理 ★5z6bVAmgS3_Vx8

この世に怨みをもって死んでいった死に目に会えなかった母方の祖母だけが夢枕に現れます・・

末期の水をあげた人は夢に出てこないのですが・・

3ヶ月前 No.207

地下水 ★lHRYPNADL9_Wzm

物理的には、あの世は無いのだが。

人の心には、故人の在りし日の姿が浮かび、思い出の言葉が残る。先祖供養は残るのである。

物理的には、あの世は無いのだが。

墓は残り、寺の緑は残り、神社仏閣への御参りは残り、有名な国際観光都市も残る。

物理的には、あの世は無いのだが、あの世を残した神社仏閣の、路傍の御地蔵さんの、この世に多い事おおいこと。

生は、死からの回避の連続で成り立つ。故人の様々な死を拝むことで、死を回避する様々な仕事が浮かび、その仕事に生きる事で、生き生かす事が、この世を成り立たせている。

3ヶ月前 No.208

地下水 ★lHRYPNADL9_Wzm

思えば聖書も、故人の啓もう書も、古い都市の成り立ちも、故人のあの世からの、この世への贈り物ではあるまいか。

そう、私の生命その物も、今はもうあの世の、先祖代々から受け継がれてきた、おくりもの、送りもの。

3ヶ月前 No.209

百理 ★5n9Jhh5DYh_Vx8

神からの贈り物・・gift・・才能

神への捧げもの・・献上品・・生贄

3ヶ月前 No.210

地下水 ★lHRYPNADL9_Wzm

 旧約の時代に、神はアブラハムに、年老いてやっと授かった一人子を生贄に捧げる事を命じましたが、そうしようとしたアブラハムを見て、その神への信仰心を見て、生贄を取り止めました。神が求められたのは、信仰心だったのです。
 そして新約の時代に、神は神の一人子、イエズス様を、万人のしょく罪として、生贄に捧げられました。しかしキリストは神の子ですから、復活され、神の計画が成就されます。
 神は生贄えを求められたのではなかったのです。
 イエズス様は言われます。「貴方の灯火を燭台に掲げよ。貴方がたは地の塩である、塩が塩の味を失ったら打ち捨てられるだけである。」キリストの体の一部となって働け。

3ヶ月前 No.211

$ますたあ ★W3cZnNJOkp_mgE

人の生贄は、レプタリアンの神様と思われます。

人を奴隷と家畜にするのが、レプタリアンの神様の考えです。

人は皆神の子であり、光の子です。

3ヶ月前 No.212

百理 ★5z6bVAmgS3_Vx8

音楽の捧げものをしたバッハの曲は史上まれにみる傑作でした。その後バッハの家計はアル中が多くお家は途絶えました・・

神から与えられた才能を維持することの困難を思います。

3ヶ月前 No.213

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

あの世が或るとしたら、私にとっては、地獄だけかな。それだけの罪を此の世で犯したと思う。

私がなにをしたのですか?私は潔白ですよ。←善人です。

私、罪だらけです。←悪人

3ヶ月前 No.214

大森豚骨 ★2DZ4TJoMG1_Niz

>私、罪だらけです。

そういう謙虚な人は地獄に堕ちませんよ。

3ヶ月前 No.215

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

>>215

相変わらず、罪を犯し続けています。

あちゃ〜。

3ヶ月前 No.216

百理 ★5z6bVAmgS3_P5K

ペガサスさん

ペガサスさんの魂に(永遠に残るような)刻み込まれたものは何かありますか?

3ヶ月前 No.217

地下水 ★lHRYPNADL9_P5K

 五山の送り火を見ると、心が落ち着き、御招霊さんが帰ってゆかれ、夏がゆく。

 あの世は無いのだが、神社仏閣、御地蔵さんの日本に多いこと。御先祖様の様々な死の御蔭で、今日の安全な町ができて来たのである。連続する死の戒めから回避を学び続けて、生がつなぎとめられている。死の言い伝えを忘れない為に、御先祖様の死の跡が、この世にとどめられてゆく。

3ヶ月前 No.218

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

あ、こんなのあったわね。わたしも前に少し投稿したみたい。

あれから4年たってるみたいだけど、スミレちゃんも大きくなったのかな?

で、どうなの、当時の問いの答えは今では出せたの?

おそらく、この問いは、今ではスミレちゃんにとっては、どうでもよくなっちゃてるんじゃないかしら。

3ヶ月前 No.219

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

百里さん

直属上司の暴言

3ヶ月前 No.220
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる