Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(185) >>

笑いの対象

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(2099) - いいね!(1)

てじ ★ZkiDndseok_kT0

テーマは、「人は何を笑っているか?」です。

他人のおかしな言動を笑う。
意味がわかってようやくくすりと笑う。
漫画の演出などで、追いつめられると高笑いをする。
沈黙を避けるためだけに「意味もなく」笑う。
このとき、何のことを笑っているのか?
その対象に共通するものがあるのか?本質があるのか?
そもそも笑いに必ず対象が必要なのか?なくてもよいのでは?
ではそのとき笑いの起こりのためには何が・・・

基本的には「笑い一般について」です。
また、「白けること」もテーマに関連します。

6年前 No.0
メモ2014/10/10 21:49 : てじ★ZkiDndseok_Ew9

基本的に「笑い一般について」です。

ページ: 1 2 3

 
 
↑前のページ (135件) | 最新ページ

てじ ★iPhone=HlJ2JlAFDg

>>135
例へば有名人の物真似は何故に可笑しいのでござりますか?

5年前 No.136

十葉 ★nPDGdNH4k9_C5v

>>136

おかしいのは人それぞれの感性によるものだと考えますが
ことものまねに関しては

・よく特徴を捉えている
・よってよく似ている

これによりその芸が高い評価を受ける。
しかしその段階では、賞賛であって
「笑い」とは別の理性的評価だと思います。

しかし、それでも「笑う」「おかしー^^」と感じることが経験上多いのは
モノマネの技術は最低要素であって
誇張された特徴に「笑い」という感覚が生まれるのではないでしょうか?

平たく言うと、もともとモノマネされる側に
「笑い」の要素があってそれが増幅されることで爆笑となるのかもしれません。

あとものまねではありませんが、音楽の演奏において
とても人間業ではないような超絶的な演奏を身近な人間が
真剣に行ったとき、はらを抱えて笑ったりします。

これは、十葉が奏者であるときもあれば視聴者である場合でも
経験しているので非常に不思議です。

有名な演奏者がチゴイネルワイゼンを演奏してもすばらしいとは
感じても笑うことはありませんから。

5年前 No.137

うさぎ ★BW12FCXjhR_EP8

同じ品物、大量生産された製品等々は見てもちっとも可笑しくは無い。つまり、人間的な、なにかが似ていることで我々に笑いをもたらすのである。つまらない言動でもそれが繰り返されるとつい笑ってしまう。

これは理解がむつかしいが、人間は何千億人いても根本的にそれぞれ各個人は違うという認識があるのだと考える。物まねは、実はそれが可笑しいから笑うのではなく、その特定の人間にそなわっている「絶対個性」を取り

出して真似るから可笑しいのである。有名人の物まねは、それが誰でも知っている仕草やクセや特徴だからなのである。

5年前 No.138

てじ ★ZkiDndseok_Ew9

梅原猛(うめはらたけし)の『哲学する心』(講談社学術文庫)というエッセー集に「「笑い」の哲学」というエッセーが載っている。
このスレは笑いにかんするスレなので、紹介しておきます。

梅原猛は「笑い」という「感情」を価値低下という概念でとらえています。
まず彼は、笑いという感情は怒り・喜びなどの感情に近いというよりはむしろ、恥の感情に近いと言っています。それは価値に関係した知的で複雑な感情だと言います。どのように価値と関係しているかというと、上に言ったように「価値低下」という形で関係しているみたいです。
その具体例として、紳士が転ぶシーンがあげられています。偉そうに気取って歩いている紳士がつんのめると、たしかに「滑稽」です。
梅原猛はここで、自分の笑い=価値低下の論と対比させて、ベルクソンの『笑い』に言及しています。ベルクソンの場合には、人が人を笑うのは、笑われる人が生命的なしなやかさを失いこわばっているからであり、そのこわばりに警告するためにひとは彼を笑う・・・と考えます。
しかし、そうだとすると子供や老人が転ぶときにも「滑稽」であるはずです。しかし実際には、子供が転んだりしたときには大丈夫かなと心配します。そこで梅原猛は、「滑稽」であるためには価値というものが欠かせないのだと言います。人がふんぞりかえっているほど、転んだときの「滑稽さ」は大きくなります。


この「滑稽」というのが笑いのベースです。ただし、この滑稽な面白みは、誰か個人の価値が低下するようなときに起るものです。
たとえば、漫才のボケが例にあがっています。漫才のボケは、普通では考えられない常識知らずなことをして「アホ」になり、そのことで意図的に価値低下をもたらし、そうやって笑いを取るというわけです。

梅原は「滑稽」の笑いのほかに、「諷刺」の笑いと「イロニー」の笑いをあげています(他にも色々あげています)。
「諷刺」の場合、価値低下するのは社会的なものです。
「イロニー」の場合には、価値低下するのは、人間存在そのものです。彼は、このイロニーの笑いを禅の寒山拾得や『我が輩は猫である』の猫などに見ており、この笑いに反ヒューマニズム・超ヒューマニズムを賭けているようです。つまり、人間存在の価値を見下すのであるから、このことは人間的な価値それじたいを見下すことにもなるのです。
こうして笑いは人間の傲慢を戒めるものになります。笑いが価値低下として包括的にとらえられ、さらに笑いの持つ大きな意味にも言及していて、面白い。

5年前 No.139

宿題 ★iDmzDk5Pdf_MGX

イロニーと言えば一冊の本、悪魔の辞典を思い出します。

リア充はボケやすいことが解りました。
これは、笑えるでしょうか?

4年前 No.140

うさぎ ★YHyTjqP6Fr_ZFe

>139

笑いには対象は無いと思います。つまり笑いは外的ではないのです。心理的というか対象をみる

心の状態のあり方だと思うのです。私はそれは「無感動」だと思います。勘違いしてはいけない

のはこの「無感動」は無関心と違い、それと真逆で、「超関心のある無感動」だと思います。

4年前 No.141

うさぎ ★YHyTjqP6Fr_ZFe

笑が、哲学の領域だと知って笑ってしまった。芸能分野だとおもっていたが?しかしながら、笑はたしかに哲学
ではある。なぜか?  存在のありかただからだろう。存在の方法?

4年前 No.142

宿題 ★iDmzDk5Pdf_Wsk

私の作成したアニメ入り年賀状は、私は他の誰のより泣けると思うのに
家族などは笑えると言います。

人の悲しみは、笑につながる。
今のお笑いの風潮です。

本当の笑いというものにはランクや上中下の格があります。

4年前 No.143

うさぎ ★YHyTjqP6Fr_ZFe

笑は観念的か唯物的か?  笑いの方程式という言葉を聞いたことがある。笑いはその対象を羅列しただけで

終わりなのだろうか? 具体的な羅列だけ?

4年前 No.144

天地創造 ★xoWm1gXwx3_M0e

今回は、主に、顔、表情の笑いについて、触れたいと思います。

胎児期にも笑いは獲得されています。
自発的微笑というものです。
新生児期には、spontaneous laughも現われます。

此れ等の笑いは、生得的行動であり、養育者の注意を惹き、関心を維持させる機能を持っているとされています。
詰まり、此の場合の対象は、養育者の様に思われます。
然し乍ら、此の生得的行動が進化し、自然選択(及び遺伝的浮動)に因り残ってきたのは単なる結果に過ぎません。
進化は目的論的に成立するものではない為です。

従って、初めに対象有りきで笑いが生じたのではなく、初めに笑い有りきで対象が生じたともとれる訳です。
詰まり、笑いが進化的に獲得された事で、その対象となってしまったものが存在したのです。
但し、自発的微笑の内、胎児期に起こるものは、其の時点での対象を持っていないとも思えます。
それは、胎児の笑いを、自然状態で(機器を用いる等せずに)知覚するのは不可能であると思われる為です。

表情に於いて、笑いが残り、今に至っているのは、それが適応的であった為であると思うのです。

4年前 No.145

宿題 ★iDmzDk5Pdf_MfF

笑いの心地よさは、人の楽しみを共感できるところです。

これと相対的なブラックな笑いは、人の悲しみやさげすみを笑う所です。

まさに笑いの天国と地獄ほどの差があります。

4年前 No.146

うさぎ ★YHyTjqP6Fr_ZFe

「笑」は唯物か観念かという疑問を書きながら考えるのだけれど、私は笑いは観念だと思う。
笑いの対象は人間的で、あくまで対象は唯物にかき回される(どっぷりつかっている)人間を「私の観念」

として観察(理智的に)する態度の結果生ずると思う。従って笑はその出発点において個人的なものと考える。

4年前 No.147

うさぎ ★Tablet=pk43SKoQDG

有名人の物真似がなにゆえ可笑しいのか? という疑問。
それは、ある人物から取り出したひとつの癖・しぐさがその人特有(数千億の分の一)の
ものであるが故である。要するに個性であるといえる。アリの大群が地面に行列する。
しかし、どの蟻もおなじ蟻はいない。

4年前 No.148

宿題 ★RbvL5VVr1p_2SX

ここに私がレスしたら、うさぎさんと私の部屋みたいになっちゃいますよ。危ないですか?

4年前 No.149

うさぎ ★YHyTjqP6Fr_ZFe

日本中の人が見てるのだよ?題名(スレ)に関係があれば議論になるが共産党だのマルクスだのレーニンだの

1年前くらいから、ここ(掲示板)はクチャクチャになったねえ! 空気が読めない人とは迷惑な人だろうか?

どこにでもスグに顔を出す人とか・・・・単なるメールやりとりだと誰でもわかる。

4年前 No.150

宿題 ★RbvL5VVr1p_2SX

うっかり話がそれるので
うさぎさんは、模範を示してもらいたいです。
もっと哲学的な話題に軌道修正してもらいたいです。

少なくともマルクスの話の方が、マナーの話より哲学的です。

哲学の話がしたいです。おばあちゃんで年下に話しているみたいになって申し訳ありません。

4年前 No.151

うさぎ ★YHyTjqP6Fr_ZFe

「笑い」は対象ではないと思います。笑には「ある種の型」がありA型B型C型・・・・XYZ型などなど・・

物まねは一つの型であって、そのような様々な「笑いの型」があるのです。その他一つの例ですが人間が歩く時

止まるべき時、左右に避けるべき時がある。スマホ見てて塀にゴツンは一瞬笑ってしまう。つまり、現実の変化に対応

すべきところ直進したわけ。また時間観念のずれ等々・・・キリがない。 笑いの原因は「型」だと思う。

4年前 No.152

宿題 ★RbvL5VVr1p_6r2

音楽には、コードネームがあり和音の型があります。
言葉にも、文型があります。

感動する法則もあるらしいです。

型にはまるのは、基本です。上級者は、型破りのほうかも・・

4年前 No.153

うさぎ ★kTn622sHGL_ZFe

有名人の物まねがナゼ可笑しいのか、の理由は「私はその人の特徴を知っている」からだと思う。

「その人物からその特徴が取り出せる・引き出せる」ハズはないのだが、そうするからおかしくなる。

つまりその特徴だけを並べるから思わず笑ってしまうのである。

4年前 No.154

うさぎ ★Tablet=4eXp3DTTdG

笑いの対象は「自由」ではなく、「必然」である。自由には厳粛と悲劇の臭いがするが、一方必然

には人々の型とタイプが浮き出るからである。故に、性格は喜劇といえる。

3年前 No.155

ラクダ ★3Fbp5nGcXL_DHB

>>154,155
「摩擦(機能、働き、運動といったほうがいいのかな)」ではなく「差の発見」により笑いが生じるということでしょうか?

観る人と観られる人のインタフェイス(表情とか仕草とか言葉とかの表面性・手触り)の差で自動的に笑いが生じる?


すいません、うまくまとまらない

3年前 No.156

ラクダ ★3Fbp5nGcXL_DHB

「自由」とは選択、
「必然」とはランダム性と考えてもいいでしょうか

ちょっと例えてみます。
僕たちはつい笑ってしまう、ツボってしまう顔があると思います。
(あくまで当人にとってです)

「必然」
ランダムでモニタに顔が映し出される装置があるとき、突然のツボ顔に笑ってしまう。

「自由」
大量の顔のプリントの中からあなたのツボ顔を選びなさいと指示される
このケースの場合、僕らは選択をできるのでしょうか?笑えるのでしょうか?

自由・悲劇・必然・喜劇という捉えは面白いと思います。

確かに、僕らは自由=選択=責任を背負うと笑えないのかもしれない

必然 ランダムであるから、フッと沸いた、不謹慎な場面にもついにやけてしまうのかもしれない



雑感でした

3年前 No.157

通りすがった ★AU=91OHWM6ASy

笑いであれ怒りであれ悲しみであれ喜びであれ、人間は自分を見てる

自分に出会えた時に笑い、自分に出会えた時に怒り、自分に出会えた時に悲しみ、自分に出会えた時に喜びが訪れる

ただ人間は外を見てるから、それが自分だと気づかない

3年前 No.158

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

笑いにおける自由と必然についてはすでに述べられた。

次に変化と固定について述べたい。私も含めてすべての存在は日々・年々・刻々・億分の一秒ごとに

変化している。笑いが生じるのは「私を固定させておいて、他人の変化のみに注目すること

ではないか」とおもう。

3年前 No.159

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

「笑い論」はある種の観念論で個人的なものである。笑いには集団的なものと超個人的なものの
2種類があるが、欧米では後者の笑い論が圧倒的に支持されるが、日本では逆に公共的・集団的な
笑いが圧倒的に多い。皮肉、嘲笑等の類いは必ず公共、集団的な笑いといえる。

3年前 No.160

うさぎ ★kTn622sHGL_UHY

「5分前の私」は今の私ではない、1年前なら私は今と比べて相当に変化している。これは、存在は微分できる

というより、神の力により強制的にそうなっているのである。それと知らず人間(人々)は変化よりも固定を望む。

なぜなら、それが安心と常識だからである。だが、笑い論はそれを見逃さない、多くの漫才や喜劇はそのギャグの根本に

変化・流動と固定意識がある。

3年前 No.161

メダカ ★GfQKyq72op_nrV

家族で風邪ひいて、鼻水ジュルジュル。

みんな、鼻をすすってる。

俺が、一番最初に鼻神田正輝に。

3年前 No.162

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

笑い論は時間論である。つまり数学の微分積分幾何学の流動論と動体変化過程であるといえる。

ほとんどの人々(日本人)は時間を動体にからめて、過去現在未来を解釈する。それが自然な常識

だからである。ところが、不動の無機物(石、木片、路面、鉛筆、椅子)に時間はないと直感的に

判断する。笑いはそこから生まれてくる。

3年前 No.163

うさぎ ★kTn622sHGL_UHY

極端に頑固な人というのは、笑いの対象になる。頑固がなぜおかしいのかの理由を自分は知らない。自己中心的で
他人の意見を頑として受け入れず、己の道をひたすら歩む人は思わず笑ってしまう。
有名人の物まねがナゼ可笑しいのかの理由も自分は知らないし、どんな言動でも何回も繰り返されると、可笑しくなってくる理由もよくわからないでいる。

3年前 No.164

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

笑いは、観念に属し、個人に属する。集団が尊ばれる日本では本来の笑いは否定され、集団の

笑い、つまり皮肉とか可笑しくないのに笑うべきだという義務感から強制的となる。

全世界で不思議の民族である。笑いとは超個人的なものであるにかかわらず、、、、、、。

3年前 No.165

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

笑いを取ることを、ウケると言う。

「ウケた」というのは、受け入れられたということ、認められたということでもある。笑わせようとして、笑わせたのだから。

笑わせようとして、ウケたのだということは、話者(動き手)の意図が通じたということである。

笑う人は、意味が分かったから笑う人と、笑うことによって意味が分かったということをほのめかす人と、ふたつに分かれる。

何のことを話しているか分かったときに、笑う、ということがある。

謎かけの笑い。
二つの全く異なるものが、或る面白い「こころ」によって結びつけられるのが、面白い。

オチ。
オチで、伏線が伏線として判明する。それとともに、伏線が効いてくる。

スベる時というのは、いわば、自分の理解体系と他人の理解体系とが食い違っていると判明する瞬間である。スベるときには人間の「孤独」が露呈する。

スベると、静かになる。シーンとなる。周りの誰も、スベった人のあとにつづかない。なぜなら、どう続けばいいか分からないから。すなわち、言われた事柄を特定できていないから。何が言われたかさえ分かれば、あとは〈あるある〉で何とかいける。

前にテレビで、大阪の人がオチのない話に怒るのは、オチがないと笑えないからではなく、オチがないと一体何でその話を聞かされたかがよく分からないからだ、と聞いた覚えがある。
オチが、今まで我慢して聞いていたつまらない話を、救いうる。「ああ、そういうことだったのね」と笑うきっかけになりうる。

人生にはオチがない?

フリが行為に意味を持たせる。フリによって、何でもなかった言動が意味を持ち始めてしまう。フリは、オチを投企し、投企されたオチから、言動は可能な意味を読み取られる。

「押すなよ?」は、押すことに一つの意味を付加する。押すなよと言われて押さないことは、押すなよと言われた時点(過去)に属する行為だが、押すなよと言われて押すのは、押すなよという言葉が空虚だった(過去)と判明させる現在に属する。

3年前 No.166

てじ @flyonbody ★ZkiDndseok_Ew9

1.具体例としてのアンジャッシュのコント

「思っていたことが違っていた。」
「あなたが思っているのとは違うもののことを考えていた。」
「あなたが思っているのとは違うもののことを考えながら、話をしていた。」(しかし、偶然にも、話が成立しているかのようになっていた。)
…ということは、ある。

アンジャッシュのコントを土台として、何かについて話すということを詳述したいと思う。

〔テーブルに新人社員の渡部が1人で座っている。〕
渡部:部長、話というのはですね…このままではわが営業部の営業成績に響きます!部長の、そのバレバレのカツラはずしてください!
(こんなこと言えないよなあ。なんで俺がこんなこと言わなきゃいけないんだよ。いやな役回りはいつも新米の俺だよ。どうしよう・・・うわっ、部長来ちゃったよ!)
〔部長が登場。〕
渡部:部長!おはようございます!
部長:あ、ああ。
〔部長着席する。〕
部長:何か今日、蒸すねぇ。
渡部:…蒸しますか。
部長:で、話って何だね?
渡部:あの…実はあの…営業部のみんなで話し合ったんですけれども、部長の、そのあの…なんていうかその…あの…
部長:なんだね!はっきり言いなさい!
渡部:すみません…
部長:私はね…そういう秘密とか隠し事が大嫌いなんだよ!
渡部:(よく言うよ〜。おもいっきり隠し事してくるくせに。まぁ全然隠しきれてないけど。)
部長:あぁ、そうだ。見たよ君の企画書ぉ〜。画期的な清掃用品を、って言ってるのにだよ、何だね、このモップは!こんなありきたりのモップねぇ…使えんよこんなの!売れんよ!ダメだ!なんかこう、もっとこう…ハイテクなものあるだろ!こんなもの、ダメだよ!
〔モップの先をテーブルの上に置く。〕
渡部:ダメですか、モップじゃ…
部長:ダメだよ!なんか君の考えは、相変らずズレてるなぁ!
渡部:(ズレてんのはあんたのかつらだよ!)
部長:…まあ、なんかあったら私に相談しなさい。最近、私は新製品の企画をバンバン当てて調子がいいからねぇ。今、乗ってるからね!
渡部:(乗ってますよねぇ、かつらが!モロに乗っかってるって感じですよねぇ…いかんいかん!こんなことしている場合じゃない!何とか遠回しにでも言わないと…)
渡部:部長!最近なんかあのぉ〜…急に若々しくなりましたよねぇ!
部長:……気づいたかね?
渡部:はい。
部長:誰にも、言わんでくれよ?……実はね……メンズエステでまゆげを整えたんだよぉ。
渡部:まゆげですかあ…!まゆげ…
(ダメだダメだ!全然気づいてくれねえよ…よし!ここは、はっきり言うしかないな!)
部長!あの…最近…噂になっております。
部長:噂…?
渡部:はい。あの…部長があの…お買いになられたというかその…ご購入なさったというかその…
部長:(購入した?…購入…ああ!マンション買ったのバレてたのかあ!いやぁ、嫌味になっちゃうと思って、内緒にしとこうとおもったんだけどなぁ〜)
…知ってたのかね。
渡部:はい!!
部長:いやぁ…やいやい言われるのが嫌で、黙っとこうと思ったんだがね……ここだけの話しだがね…5千万円したんだよ。
渡部:5千万円もするんですか?!5千万?!
部長:そうなんだよ。
渡部:はぁ〜……
部長:いやぁ、最高だよぉ?風通しは良いしねぇ!
渡部:はぁ。
部長:それにねぇ…オートロック付きなんだよ!
渡部:オートロック?!
部長:それにねぇ…何といっても、収納スペースがいっぱいあるんだよぉ!
渡部:収納スペースですか?!何かを収納なさる気で??……あの、二三お聞きしてもよろしいですか?
部長:なんだね?
渡部:例えば、強風が吹いたりしたら、飛んでっちゃいますよね?
部長:飛んでっちゃうわけないだろ!!そんな安もんじゃないよ!
渡部:じゃあ、例えば、僕が思いっきり叩いたりしたら、ズレますよね?
部長:…ズレるわけないだろ!!君が叩いたくらいで何でズレるんだよ!
渡部:思いっきり叩くんですよ?
部長:君…自分がどれくらい力あると思ってるんだ?君が叩いたくらいでズレるようなね…そんなやわなマンションがどこにあるんだよ!
渡部:マンション?…あっ。マンションっすよねぇ〜
(何だぁ、マンションのことかよぉ。収納スペースとか言うから、カツラの中に通帳とか印鑑とか入れてんのかと思ったよ………よし!こうなったら、もっとはっきり言うしかないな…!)
部長!!!もっと、重要なこと隠してませんか?部長!社内の人間もみんな気づいてますよ!
部長:(重要なこと?……あっ!まさか、脱税のことがみんなにバレたのか?!あれは違うんだ!専務の指示に従っただけなんだ!私は悪くない!専務の罪をかぶっただけなんだ!)
違うんだ渡部君!あれは私は悪くないんだ!専務の命令でかぶってるだけなんだ!
渡部:専務の命令なんですか?!専務がやれって言ったんですか?!
部長:渡部君!会社のためだと思って、君もかぶってくれないか?!
渡部:いやですよそんなの!いやですいやです!
部長:頼む、かぶってくれ!……やはりダメか…全てを語るときが来たようだな…渡部君…マスコミを呼んでくれ!記者会見を開く!
渡部:いやそんなことしなくていいですって!記者会見までしなくていいですから!落ち着いてください!すみません僕がこんなこと急に言い出したせいで…とにかく冷静にね!これからどうすればいいか話し合いましょう!
部長:(いったいこれから、私はどうすればいいんだろう…1人になって、ゆっくり考えたい…渡部君には、席を外してもらおう。)
部長:渡部君!悪いが……外してくれないか?
渡部:えぇ!?…僕がですかぁ!?
部長:君しかいないだろ!
渡部:いや…でも…どうやって…?
部長:さっと立ち去ればいいんだよ!
渡部:立ち去る…
部長:早くしなさい!
渡部:はい!すいません!失礼します!
〔部長の頭からカツラを取り、渡部、立ち去る。部長はモップの先を頭にかぶる。〕

3年前 No.167

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

可笑しい落語、喜劇、笑い話、ユーモア話  等々を考えてみよう。何千というウケる事例の一つ一つには共通の特徴が

ある。それは「無感動」というすべてに一致した共通性です。笑いにウケる方法は「人を感動させてはいけない」の

一語につきます。無感動とは何か?それは世の人間的出来事がすべて、スムーズに進行し「こうあるべき」から

逸脱すること又は逸脱したことをいいます。交通事故なんかは、逆にある種の感動「心が動く」を生じせしめる。

日本人の大半は無感動という言葉を悪い意味にとっている。

3年前 No.168

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

笑いを哲学すると、われわれの同感につきあたる。同感するものにおかしみは一切ないといえる。
健康なスポーツマンの身のこなし、健康な若者には我々は自然と同感する。しかし2歳の幼児とか
90代の老人の言動には人は同感しない。ドラマとか見ず知らずの通行人には無意識に心が動く。
つまり、同感しないものの集合は笑いを生ずるといえる。

2年前 No.169

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

こんな世の中になって笑える訳が無い・・これからは・・おびえるだけ・・たとえば自然災害のように突然・・

2年前 No.170

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

笑える訳があります、その笑いの対象は百理さんです。  大爆笑、ずっとここにいてくださいね。

一番期待していた人物は貴方ですよ?   座布団3枚!

2年前 No.171

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

うさぎさんの源氏名を教えてもらえませんか?

2年前 No.172

百理 ★5n9Jhh5DYh_Qc5

わが先祖が平家なので源氏にいつかリベンジしないと・・

2年前 No.173

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

笑いの対象は何百何千とある、いやもっとあるでしょう。そこには、共通項があるはずです。
結論から言うと、それは無感動です。すべての笑いは無感動。無感動の集積はすべて笑いです。

では、無感動とはなにでしょうか?それは「度を越えた言動である」と定義ができるでしょう。
日本人に笑いが西洋と比べて無縁である理由は、日本人が唯物であるということ。

唯物って現実であり質より量だから。

2年前 No.174

ヒコ太郎 ★0JRpdiTWdo_mOc

寂寞とした思いを常に感じている人は年中笑ってるってことか
直感的には否定したいけど、よく考えてみるとあながち嘘じゃないかもしれない
日本人は感動しすぎ、っていうのはかなり強いメッセージがあるね

2年前 No.175

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

何が可笑しいか、それが何故可笑しいのかの答えはひとつだけ。それは感情であるといえる。

つまり、感情は波となってわれわれを揺すぶり共感と同情に向かう。一方でy=xのように、xの値が

一定の場合に、人は笑いの領域に突入する。

2年前 No.176

うさぎ ★Tablet=Jz4o2V6epA

間違った、y=aでした。

2年前 No.177

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

ユーモア=笑い  とは限らないであろう、しかし笑いの90%以上はユーモアかもしれない。

天性のエキセントリックな人というのは、みんなの中で笑いを引き起こす。しかしながら、厳粛なセレモニーとか

全校生徒の前で説教する校長先生が、その最も高潮する演説場面で大きなクシャミをすると、思わずみんなが笑って

しまう。これはユーモアとかエキセントリックとは無縁である。これは、なんなんだろうか??

2年前 No.178

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

笑い論における「有機」と「無機」について。

宇宙において、人間や植物は有機であるが少しも可笑しいところはない。無機も同じく、岩石や電柱は人を
笑わせることはない。 問題は、「有機の無機化」と「無機の有機化」である。無機物というのは「変化が
なく成長もしない」つまり、そこには「固定」がある。
 有機の無機化とは「人間を無機物」ととらえることである。そこに笑いが生ずる。繰り返すギャグ・有名人
の物まね・頑固・くせ等々はすべて「有機の無機化」である。有機であるはずの人間を固定化して笑っている
のである。

2年前 No.179

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

ユーモア(笑い)の定義は、何百人の人が何百という定義を下しているが、ある人々はユーモアの定義は無理だと

述べている始末。しかしながら、その中で「無限」と有限の対比を定義したものがあった。つまり、米国のトランプ

大統領と橋の下のホームレスと比較して二人は平等である。というものである。無限の前にはすべてが平等であり、

笑いはそこから生ずるというもの。

2年前 No.180

うさぎ ★Tablet=cT88eYp8V3

存在と時間で有名になった人がいる、「存在は時間」という。 で、では、時間って何なの?というと

時間とは変化であるという人々が多い。変化はちっとも全然可笑しくはない。

存在の変化(科学的・時間)に対して、それが固定していると思う人ほど可笑しいことはない。

2年前 No.181

うさぎ ★w71GsOkauY_UHY

ここのテーマが「何を笑うか」「何が可笑しいか」であって「何」を問うているが、なぜおかしいか?
は問うていない。有名人の物まねがナゼ人を笑わせるのか?それはみんながよく知っている人物の特徴を

勝手に、故意に取り出すからである。その人物は大衆に自分をさらしている訳だから特徴もクセも大衆は
無意識に総合的にイメージしている訳である。 何回も同じことを繰り返すのも、有名人(役者)だから

ギャグになってつい笑ってしまう。 また、一般人でも当人は自由のつもりでも他人が「必然」だとみなした
なら、そこにはおかしみが湧いてくる。虚栄心にも似た効果がある。

人の(くしゃみ)なんかは、少しも可笑しくないが、講演や演説の重要なところでクシャミすると、思わず
笑ってしまう。これは大衆の精神の中に突然に肉体が登場するからであろう。

2年前 No.182

うさぎ ★w71GsOkauY_UHY

そもそもが、笑いは哲学なのか、という疑問が生じる。芸能じゃないのかという疑惑・・・しかし

アリストテレスも笑いに関して長々と持論を書いているし、ショーペンハウアーなんかは笑い研究家として

有名であり、多くの哲学者が笑い論を展開しているところを見ると、やはり笑いは哲学か??

善とか悪は哲学というよりも道徳の範疇に近いのでは?

2年前 No.183

コウモリ @ponchi10 ★iPhone=hA8n0Tulbr

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8ヶ月前 No.184

うさぎ ★Tablet=YyF7oGwALk

ここの、題目は「笑いの対象」だけれども、むしろ笑いの理由とか、なぜ笑うのかとしたほうが

よいのではないか? 私は、笑いの大敵は無関心と感動だとおもう。どちらかといえば感動という

言葉は可笑しみには無縁な言葉であって、他人を機械化せずに感情的に見るからだと思う。

3ヶ月前 No.185
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる