Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1204) >>

科学と哲学の関係について

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(7240) - いいね!(330)

凡人 ★kgh2v6rw48_U7y

ここの掲示板でいろいろ書いて来て、科学と哲学の関係について、何となく分かってきたような気がしてきたので、その内容についてここで展開したいと思います。
科学と哲学の関係について意見がある方は、是非ともここで論議を交わしていただきたいと思います。

4年前 No.0
メモ2015/11/26 00:04 : 凡人★otwJiebMLz_BiB

因みに、私の物理や原発や核兵器に対する理解レベルは、

http://mb2.jp/_tetsugaku/305.html

http://mb2.jp/_tetsugaku/650.html

http://mb2.jp/_grn/1383.html

http://mb2.jp/_grn/1545.html

http://mb2.jp/_grn/1564.html

http://mb2.jp/_grn/1909.html

中の私のパートを、社会科学に対する理解レベルは、

http://mb2.jp/_grn/1607.html

中の私のパートを、哲学に対する理解レベルは、

http://mb2.jp/_tetsugaku/456.html

http://mb2.jp/_tetsugaku/689.html

http://mb2.jp/_tetsugaku/696.html

http://mb2.jp/_tetsugaku/742.html

中の私のパートを

それぞれご覧いただいてご判断下さるようおねがいします。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

 
 
↑前のページ (1154件) | 最新ページ

地下水 ★lHRYPNADL9_HtG

>>1152  1+2Lというのは、正方形になる。方位量子数Lはこの様に増えていく。
★☆★☆
☆☆★☆
★★★☆
☆☆☆☆
2*1=2、2(1+3)=8、2(1+3+5)=18、2(1+3+5+7)=32個の電子が、電子殻に入る。
何故、原子周りの電子は、正方形の個数に入って行くのだろうか。

1年前 No.1155

凡人 ★aOOSAsoLkR_P0a

>1+2Lというのは、正方形になる。方位量子数Lはこの様に増えていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E6%95%B0では、方位量子数は0〜主量子数-1の範囲の数になっていますが・・・
で、 >>1143,1148,1152,1153 についてはいかがですか?

1年前 No.1156

地下水 ★lHRYPNADL9_vN9

 まず量子論のエンリコ・フェルミ準位から半導体工学によってNAND素子が創られる必要がある。その後に論理が展開されるのだ。

 論理と言うものは、存在論からは幾分離れるが、整合性と言う面で重要である。現代の論理は道具主義プラグマティズム以降に良く整理されて、論理積の否定だけからパソコンを生み出している。
論理積の否定の入力の片側を透過信号Xとする、他方をデータ信号Aとする。透過信号の無いときは常に1が出力される。透過信号の有るときは、データ信号を反転透過する。
もう一つ論理積の否定を用意して、入力の片側を透過信号の否定にする、他方をデータ信号Bとする。そしてそれぞれの論理積の否定の出力を新たな論理積の否定の入力とする。するとその出力は、透過信号の有る時はAとなり、無いときはBとなる、セレクターができた事になる。Aをベン図Xの内の値、Bを外の値とすると、集合Xの判定ができているのである。
さらにこのA,Bの代わりにセレクターの出力を付け、末端の信号を、A,Y、notY、B、C、Y,notY、Dとすると、XとYのベン図になり、データ信号によって論理が表せる。
さらに多段にしていくと、XYZ・・・という透過信号は、プログラムカウンターPCを表しており、順に自然数を増加させて行くと、左から順に値をとって出力する、ランダムアクセスメモリーRAMになっている(正確には少し異なるので順序を考える必要がある。双対なNORなら自然数の順序になる)。このデーターにプログラムを書いてPCを順に大きくし、PCを小さくすれば繰り返し文for文に成り、幾つか飛ばせば分岐文if文になるので、原始的なパソコンが実現される。

 一般のプログラムには木構造やリスト構造があるが、より一般なプログラムにはネットワーク構造があり、上流ケースなどを表現できる。あるノードであるイベントが起きれば、そのノード番目のイベント番目の仕事を実行して、アークをたどって別のノードに行けと言うプログラムが、関数ポインターの配列を定義する事によって、単純にそのif文のfor文だけで実現できる。
人工知能言語に於いては、このノードなどをアサートして付け加えたり、リトラクトして取り除いたりすることで、現実の世界に合わせたネットワーク構造を動的に管理する事ができる。
このイベント部分にウェイトを持たせたり、アークの太さを変えてネットワークフローも実現できる。
また時間パラメーターを加えたりオブジェクトを複数化する事で、電車などのネットワークも実現して行く事になる。
またRAMにはプログラムの他に、当然現実世界を反映した多くのデーターの値を記憶する事になる。そのデータは様々な観測やシステムの出力や記憶、アンケートや書籍などで構成される。論理と言うものは、論理にならない部分は、常に観測してデーター値を持つことで、現実を動的にとらえて、現実にある程度対処しつつあり、社会生活に便利な道具を提供しつつある。
つまり「論理とは全てをデータ化してシミュレートすることができるが、現実を常に動的に観測し記憶する努力無くしては、現実を反映し現実に役立つ機能を全く持ちえないものである。」

 論理には、原子や分子、遺伝子や博物学、歴史や地図などの現実を反映したデーターが欠かせない。
 論理を鍛えると共に、現実を知る事が必要である。

 それで自動学習が考えられたが、その基本に誤差逆伝搬学習法がある。これはノードのイベントにウェイトを持たせるのに、ティーチングデーターとの誤差の二乗の総和を速く最小にする様に、これを時間微分して用いている。神経の中にもガウスの最小二乗法が顔を出す。この誤差関数は二項係数のパスカルの三角形から発展した正規分布の元であり、正規分布を積分すると神経の閾値関数の様になるが、シナプスのスレショールドを表すシグモイド関数の様である。聞くところによると、場の量子論にも誤差関数が現れるらしい。
 サイコロにも測量にも自動学習にも神経にも量子にもガウスの誤差関数が顔を出す。

1年前 No.1157

地下水 ★lHRYPNADL9_vN9

 スピンを保存するYBEの三本の組紐は20種類ある。遺伝子の三つ組みのコドン表も20種類のアミノ酸に対応しているが、アミノ酸が連結して立体的な蛋白質を作るときの、位相を作り出す自由度を満たしているのではないだろうか。

 さて、ジョーンズ多項式は正確には絡み目の不変量である。結び目だけの不変量が作りたい。結び目は、一つの交点を上下交換しても、結び目にしかならない。この方法でできないか。
 正の三葉結び目ならば、正の交点が3つあり、どの点も上下交換すると解けて0にフローする。3pと表記して、0に解ける。負なら、3mとする。交点数4の八の字結び目なら、0に解ける流れの路は、2p+2mである。正の交点数5の1番目の結び目なら、どの点も上下交換すると正の三葉結び目になる。5p*3Pと表記する事にする。
 すると正の交点数6の3番目の素な結び目なら、pとmの対称式になり、もろ手型の結び目である事を明示できた。奇数交点数の結び目は全て正と負の結び目を、式で忠実に分離できる。
 カウフマンによると交点数9の42番目の素な結び目などは、カウフマン多項式で分類できないことがあるが、僕のpm積和フローでは分類できた。
 交点数11のミュータントな結び目も、ジョーンズ多項式などのスケイン関係式では分類できないと、結び目の山田先生が書かれているが、僕の方法ではできるだろうか、枕元の計算ノートに絵の式を書いては、途中で寝てしまう。
 それよりも何よりも僕の方法は不変量なのかどうかが問題だ。同じ結び目も射影図の異なりによって、異なった結び目と判定してしまっては、分け過ぎで台無しである。誰か不変量かどうか証明していないだろうか。
 ジョーンズ多項式の統計和の様にエレガントで神秘的なものにはならない、ベタな積和である。pm式はジョーンズ多項式の様に次数に交点数を現わし出す様な事ができない。しかしその代わり結び目の対称性が高いと、次数が落ちて短くなる。

 【ここに個人的に新たな、結び目の計量方法を見つけたので、証明を乞う事を宣言する。】

1年前 No.1158

ぞう @ryu1321 ★iPad=b2TvDwq83l

哲学研究者への研究費が、「科学研究費」として支払われている矛盾。

1年前 No.1159

地下水 ★lHRYPNADL9_vN9

>>1159  私は自分で働いて税金を払い、端切れの時間に学習し検索し再考していますので、そんな税金泥棒ではありません。税金をもらえる程大した内容でも無く、おそらく何十年か前の研究の再考の可能性が高いですが、書籍を最近のものに更新する心の余裕や、ネットを深く検索する時間的余裕も、おそらくありません。学生の頃や若い頃は、一日中読んだり考えたりコーディングしたりすることが許されましたが、今はそういう立場にありません。

1年前 No.1160

凡人 ★aOOSAsoLkR_Er4

で、 >>1143,1148,1152,1153,1156 についてはいかがですか?

1年前 No.1161

地下水 ★lHRYPNADL9_vN9

>>1161  とりあえずは、この世界が原子からできており、原子は周期律表にある様に規則正しく、方位量子数と増成原理による電子配置はさらに規則正しさが明確で、世界の根底は神の様に規則正しい物から出来上がっている事が理解されれば充分です。世界の成り立ちの法則に敬虔さを抱いて頂ければ充分なのです。生命の成り立ちである遺伝子のコドン表も、非常に組織的であるので、隠れた明確な規則や原理がうかがえる。生命の成り立ちの規則にもまた、神の神秘を覚えるのです。

1年前 No.1162

ぞう ★k1gKxbZrup_vN9

地下水くん
 ちげんだよ。
 科学と対置するような存在の、哲学のセンセーに対して、文科省の支払う名目が、「哲学費」ではなくて「科研費」だという矛盾よ。
 君のコーディング能力が落ちていることはよく分かった。

1年前 No.1163

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

>>1163  哲学の先生は科研費はもらえませんよ。それは文部省が許さない範囲です。

その哲学の先生が国立の科研に努めて成果を出しておられるのならば、科研に対して国が費用を出しますが、哲学の先生を雇う程科研は無駄使いを許されてはいません。お門違いの勘繰りですよ。

 私の所の教授は公立なので国費で、工学でパテントも持っている方ですが、大企業の研究員を数名働かせて、指導料という名目でそこそこ御金をもらって研究に充てていました。そうしないと研究が先細りになりますから、この範囲なら許されるのです。。

1年前 No.1164

地下水 ★lHRYPNADL9_vN9

凡人さん >>1158  については如何でしょうか。

1年前 No.1165

凡人 ★aOOSAsoLkR_Er4

>>1158 は難しすぎて分かりませんが、 >>1143,1148,1152,1153,1156 についてはいかがですか?

1年前 No.1166

地下水 ★lHRYPNADL9_vN9

>>1166  まあそう言わずに、ジョーンズ多項式が、物理の統計和に於いて、結び目のライデマイスター移動が不変になる事を美しく証明した事に端を発して、不変量の研究が活発に始まり、ウィッテン不変量に至っては、超弦理論からM理論に発展し、相対論と量子論の統一、重力子やダークマターを考え得る端緒となったのですから、この辺を良く調べてみませんか。さらに不変量を統一する嘗てのファインマン図、今日のヤコビ図、一方でラグランズ・プログラムも推し進めたそうですから。

1年前 No.1167

ぞう @ryu1321 ★iPad=b2TvDwq83l

>>1164
地下水さん
何言ってるのかよく分からないんだけど、文系学問のこと知らな過ぎ。
「科研費」「哲学」で検索してごらん。科研費という名目で哲学に研究費が出てるのもあるし、こんな科学哲学に科研費出すなってのも出てくるよ。

1年前 No.1168

地下水 ★lHRYPNADL9_Mf2

>>1168  科研費の26年度の審査の哲学を調べてみると、倫理と中印哲学仏教と宗教学に限ってある事が解りました。

 私の理解では、凡そ三大宗教に共通な六戒、殺すな盗むな淫かすな嘘つくな欲ばるな親をうやまえ、を実行し深める事が、現代の科研で必要とされている、と考えます。

 これらの由来の一つはユダヤ人がエジプト捕囚で奴隷になり、されて困った事を、新たな建国の時に御互いにはするまいと律法に定めたのでした。



 さて、貴方の言う科研費の話は、ここの科学哲学、とくに素粒子哲学を調べたいという、凡人さんの意向とは無関係です。

 私が言っているのは、量子不変量と超弦理論の話なので、凡人さんの素粒子哲学の最新版であり、深く関わっているのです。

1年前 No.1169

ぞう @ryu1321 ★iPad=b2TvDwq83l

そうじゃねえって。
本来、哲学とはどんな哲学であろうと科学とは対置して、独立した存在であるはずなのに、その独立した哲学に対して、「科学」研究費 という名目で支払われてる、っていうのがおかしいんじゃないのですか。というのが僕の、 >>1159 >>1163 の主張。ここまで書かないと分からんとはね。(笑)

1年前 No.1170

地下水 ★lHRYPNADL9_Mf2

>>1170  貴方の理解は間違っています。人は言葉を話し、そして宗教が生まれ、そこから哲学が生まれて、そこから論理学が生まれて、そこから定量数学が生まれて、そこから科学が生まれたのです。即ち、哲学から科学が生まれたのです。対置したり独立したりしている訳ではありません。

 科研費というのは、文部科学省研究費の省略です。単なる科学研究費という名目ではありませんので、これも御間違いの無い様に。

1年前 No.1171

地下水 ★lHRYPNADL9_Mf2

>>1166  凡人さん、例えば次の主張については、どう思われます?

ジョーンズ多項式の美しい証明に於いて捻り数を考慮すると、物理の統計和が、ライデマイスター移動で不変だという事実が得られるが、完全不変量ではない。
結び目の外部の基本群を周辺構造込みで考えると、結び目の完全不変量になるが、この群の分類は困難なので、使用の改善を図る必要がある。

1年前 No.1172

凡人 ★aOOSAsoLkR_7GJ

>>1172 は難しすぎて私には全く分かりませんが、 >>1143,1148,1152,1153,1156 についてはいかがですか?

1年前 No.1173

地下水 ★lHRYPNADL9_Mf2

>>1173  まあそう言わずに。結び目の完全不変量と期待されている、コンセピッチ不変量と多重ゼータ関数の間に関係が見つかったそうですよ。
 結び目と素数の関係については、ガウスの時代も、最近も調べられている様です。

 私はずいぶん前に、結び目から白黒の数珠輪を考えて、そこから分割数を考えて、デデキントのエータ関数に行き当たったのですが、うろ覚えで定かでないですが、エーター関数とゼータ関数の間には関数等式があった様です。

 一次元の数値だけではなくて、空間の位相を考えるのは、三次元空間と時間の空間の物理を調べるのに必要ですね。

1年前 No.1174

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

>>1173  原子核から素数波がですそうですね。sinπx/πxでしたか。原子核が結び目になってるから素数波がでると思うのですよ。コンセピッチ不変量と多重ゼータ関数の間に関係があるので、素数波がでるのではないかと思うのですよ。
超弦理論はβ関数でしたか。

1年前 No.1175

凡人 ★aOOSAsoLkR_7GJ

>超弦理論はβ関数でしたか。

私には難しすぎて私には良く分かりませんが、 >>1143,1148,1152,1153,1156 についてはいかがですか?

1年前 No.1176

宿題 ★5n9Jhh5DYh_NOj

関数は、しょせん数値の域の表現では?

1年前 No.1177

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

>>1176  人間の身体は、10^28個程の原子でできていますね。服の布が糸の網の目でできている様に、沢山の蛋白質の網の目や絡み目があるでしょうね。

 超弦は10^−35の小ささでしたか。原子は10^−10ですね。ですから超弦から原子ができているのですが、やはり非常に沢山の超弦の絡み目でできているのでしょうね。そこには超弦を絡み目に編み上げる、M理論が必要ですね。

 この様に考えれば、河野俊丈さんや、大槻知忠さんや、マキシム・コンセピッチやエドワード・ウィッテンが推し進めている、そしてラグランズ・プログラムが必要ですね。

1年前 No.1178

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

>>1176  「ヤング台と結び目」という書籍は無いですかね。

1年前 No.1179

ぞう @ryu1321 ★iPad=b2TvDwq83l

非科学的な会話ですな。

1年前 No.1180

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

>>1180  いえ、科学的ですよ。結び目の多並行化不変量の計量にはヤング標準盤が必要ですし、対称群にも、結び目のジョーンズ不変量の表現の群環にも、ヤング図形が表れます。アルティン・ブレイド群の影には分割数が表れますが、ヤング標準盤の方が分割数よりより詳細であり、ジョーンズ不変量と同型とされています。

1年前 No.1181

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

 多次元の対称式を基本対称式でまとめる時、ヤング図形を用いると計算が省略できます。これは教育的なので高校の教科書に載せる必要があります。河内明夫教授によるとヤング標準盤は結び目のジョーンズ多項式に対応しています。大槻知忠教授によるとジョーンズ多項式は結び目のコンツェヴィッチ不変量の一次の係数に表れます。山田修司教授によると結び目の多並行化不変量の計算量を減らすのにヤング標準盤が使えます。大槻知忠教授によるとジョーンズ多項式の方法では計算量が大きくなり過ぎるので、R行列を用いて減らす必要があります。(R行列はマイクロ波工学にも場の量子論にも用いられる行列のことでしょう)コンツェヴィッチ不変量は多重ゼータ関数と関係があるという情報があります。原子から出るスペクトルは素数のゼータ関数のゼロ点の間隔に対応しているそうですが、原子を構成する超弦が絡み目現象を起こしているのでしょう。

 超弦から原子が生れ、その原子が規則的に厳密に同一であると言う事は、ヤング標準盤の様に規則的であるからでしょう。そして原子から様々な物が生れてきますが或る程度規則的であるのは、位相はヤング標準盤によって規定されていますが、結び目の様に完全不変量を保存する範囲で自由度があるからでしょう。そしてさらに文化が自由度を持つのです。しかしやはり全ての存在は、重力やエントロピーや光速普遍の法則などを保存する範囲内で自由度を持つのです。

1年前 No.1182

地下水 ★lHRYPNADL9_Mf2

>>1176 「1章 リー代数と量子論」を眺めてみて下さい。どうもクォークなどの素粒子の計算量を減らすのに、ヤング図形が役立つ様ですよ。

1年前 No.1183

地下水 ★lHRYPNADL9_Mf2

>>1183  二十歳の頃、喫茶店でヤング標準盤をスッ飛ばして、分割数を見つけて多重合成関数のテイラー展開の係数を多重分割数の式で表したのでしたが、分割数のより核心的な式は何かと思いました。

 女助教授に「物事には順序があります」という御言葉を頂き、日比孝之教授の順序のあるヤング標準盤の文を見ました。

 一松信教授の新数学辞典には、分割数をガンマ関数の積分で表した核心的な式がありました。

 一松信教授も、今では日比孝之教授も(さらに高速化する為にでしょう)グレブナー基底を紹介されている様です。

 どうも「1章 リー代数と量子論」を見るとクォークなどの素粒子の計算の省略にヤング図形が役立つ様です。

 山田修司教授(や村上順教授)によると、結び目では多平行化不変量の為に、より詳細にヤング標準盤を用いますが、大槻知忠教授によると、計算を省略する為にR行列で行う必要があります。

 情報の機械学習や、分子生物学の在る今日、絡み目やグラフ理論の計算の省略の要求が非常に高く成っているのでしょう。

1年前 No.1184

凡人 ★aOOSAsoLkR_7GJ

私には難しすぎて全く分かりませんが、 >>1143,1148,1152,1153,1156 についてはいかがですか?

1年前 No.1185

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

 凡人さん、或るヤング標準盤の総数を数えるのに、フック長の公式があります。とても簡便で確かで役立つのですが、この公式の証明が解りません。教えて頂けないでしょうか。
 例えば、
□□□□
□□□
□□
などという9次のヤング図形ならば、ヤング標準盤は、
1248
367
59
などと、左上の隅から、右や下に履歴順序が書き込まれて行きます。結晶成長の角から粒子が積もって行く様子の様でもあります。
このフック長は、ある位置から右と左と自分の個数を足した数を、各位置に書き込んで、
6531
431
21
ヤング標準盤の総数は、9!/(1*1*1*2*3*3*4*5*6)=7*8*3=168 通り、と便利に求まります。

1年前 No.1186

地下水 ★5BGWKzE0yU_nHx

>>1186  失敬、打ち間違いです、訂正。フック長はある位置から右と下と自分の個数を足した数。

1年前 No.1187

地下水 ★lHRYPNADL9_IdS

僕には、ガロア理論が良く解りません。
ハイゼンベルクの行列力学が無限次元であることも良く解りません。
ゲーデルの不完全性定理も良く解りません。
チューリング・マシンが何故計算機の理論に必要なのかも良く解りません。

1年前 No.1188

地下水 ★lHRYPNADL9_IdS

結び目の完全分類は何の役に立つのでしょうね。
空間の基本的なつながり方の種類なのですが。

1年前 No.1189

地下水 ★DNmPARcb81_nHx

 凡人さん、ロボットがロボットを作る様になると、生産が自動化されて、労働と生活が急速に改善されると思います。また若返りの薬NMNが発見されましたが、人が若返る時代が来ると、哲学的には如何なる未来が予測されるでしょうか。
 労働と生活と寿命からも解放された人間は、これらのロボットや若返りの学問を学ぶ充分な時間が与えられるのではないかと考えます。

 ロボットを作る高度なロボットを優秀な研究者の誰かが一つ発明すれば、これを一台工場に入れておけば、どんどんロボットが増えてきます。この時が世界の大きな転換点になります。
 また若返りの薬の普及も、大きな世界の転換点になります。

1年前 No.1190

凡人 ★aOOSAsoLkR_odF

そんな話より、 http://mb2.jp/_grn/1545.html-1987-1999についてはいかがですか?

10ヶ月前 No.1191

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

科学はギュゲスの指輪をはめている。

観測者は存在に見られることなく、存在を見るばかりである。

だから観測者は存在に巻き込まれることがなく、
存在は固有の性格を削ぎ落とされ、単なる論理的操作子に還元されてしまう。

ネコは毒ガス箱に押し込められるかぎり、
その訴えるような表情を観測者に差し向けることはない。

それによってネコの存在はさし迫ることなく、
「ネコ」という存在者の背後に退き、
他のネコでも代えの効くネコとして位置づけられる。

それによって「存在する」・「存在しない」は
1か0かの論理的操作子に還元されてしまう。

しかし存在がわかるのは本当に、
箱を開けて1か0か確定することにおいてなのだろうか。

むしろ箱を開けなくとも、生か死かわからないというあり方で、
そのネコの気配に際だって居合わせていることおいて、
存在は嫌でもわかってしまっているのではないだろうか。

ここで話しているのは、
存在は単なる観察対象としてのあり方だけではなく、
固有の倫理的なあり方を孕んでいるということである。

したがって、
思考実験の主旨とは大きく外れるかもしれないが、
そこで用いられる「存在する」・「存在しない」に違和感を感じたため、
自分なりに提言してみた。

議論を濁さないためにも、スルーすることができる形で、
斜めから思ったことだけ。

25日前 No.1192

百理 ★5z6bVAmgS3_Y9V

昔論理学では真か偽か・・だけでした・・

今は

ファジィ論理(ファジィろんり、英: Fuzzy logic)は、1965年、カリフォルニア大学バークレー校のロトフィ・ザデーが生み出したファジィ集合から派生した[1][2]多値論理の一種で、真理値が0から1までの範囲の値をとり、古典論理のように「真」と「偽」という2つの値に限定されない[3]ことが特徴である。

さらにlinguistic variablesは、「ちょっと暑い」というような、言語学的(linguistic)な(と、ファジィの研究者は表現する)ものを表す変数(variables)である(その内容自体は、「気温が摂氏30度の
「言語学的な値」という何かよくわからないフワフワしたものを扱ってくれる魔法ではない)。

ファジィ論理は制御理論(ファジィ制御)から人工知能まで様々な分野に応用されている。

25日前 No.1193

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

ファジィ理論だけを見ると、
やはり科学は絶対に存在論になりえないな、と感じます。

そのかぎりで、科学が人生の難問を扱うことはできないと感じます。

25日前 No.1194

百理 ★5z6bVAmgS3_Y9V

すめんさん

数式と言葉の表現の違いは何だと思いますか?

25日前 No.1195

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

数式は世界の構えで、
言葉は社会の支えだと思います。

違いは表情があるかどうかでは。

25日前 No.1196

百理 ★5z6bVAmgS3_Y9V

すめんさん

数式には主観の入る余地はありません・・

言葉には確かに表情があります・・言葉は個人の主観的心が入りますから滅茶苦茶にこじれてしまいます・・

何故数式は世界で統一できるのに・・言葉は統一できないのですか?

24日前 No.1197

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

言葉が社会的なものだからだと思います。

人間は男性であり女性です。
そんな風にして、
世界は数式的であり言葉的であるのでは。

言葉をあたかも数式のように統一してしまうと、
相手を呑み込むばかりで、
受け入れる心がなくなってしまうと思います。

24日前 No.1198

百理 ★5z6bVAmgS3_Y9V

哲学と言うものは言葉を媒介とすることから合理的な議論にならない所があると思いませんか?

24日前 No.1199

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

しかし概念を用いるには、
言葉を扱うしかないのもまた事実なので、
致し方ないです。

逆にテクストに解釈の余地が残されることで、
空間的にではなく時間的に連なってゆくところに、
数式にはない魅力があるとは思いますが。

なぜ哲学はしばしば、
数式ではなく言葉で語られるのか。

このテーマは興味深く感じます。

24日前 No.1200

ザビビのふくろう ★Android=cdZmIVbAmb

いや、言語的営為であることは、まさに哲学の本質を成しているでしょう。

24日前 No.1201

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

意識=主観ではない。

単純に隣の人と向き合うとき、
あなたの意識は同時に客観である。

しかし意識=主観と言われるかぎり、
意識は主観の殻に閉じこもってしまう。

主観は意識という場所を開くか閉じるかしかできない。
場所を尋ねたり去ることができない。

だから主観は場所を広げてゆくか狭めてゆくかしかない。
しかしそうすれば、場所はいずれ枯渇し、せめぎ合い、取り合いになる。
経済の始まりである。

客観的”存在”に重きを置くかぎり、
認識はつねに冒険である。

その認識は科学と呼ばれる。

科学は構造を有する。
科学は認識を広げようと冒険する。

しかし認識を訪問することはない。

科学は隣の人に「気分はどう?」と尋ねることなく、
脳の分泌物質を計測する。

それによって隣の人の不安をわかった気になる。

一言尋ねて、場合によっては去る。
その方が何倍もその人の不安がわかる。

しかし意識は主観のままであるかぎり、
ひたすら認識の領野を広げてゆこうとする。

その人の寂しさを隅々まで理解した気になり、
場合によってはそれを取り去ろうと薬を投与する。

一言尋ねて、場合によっては去る。
どちらがその人の不安を紛らわしてくれるだろうか。

22日前 No.1202

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

>>1202

「寂しさ」 > (訂)「不安」

22日前 No.1203

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_qEA

意識=客観ではない。

単純につねに肉を伴うかぎり、
あなたの意識は同時に主観である。

しかし意識=客観と言われるかぎり、
意識は客観の殻に閉じこもってしまう。

客観は意識という場所を尋ねるか去るかしかできない。
場所を開いたり閉じたりすることはできない。

だから客観は場所をつなげてゆくか断ってゆくしかできない。
そうすれば場所は、窮屈なままで、せめぎ合い、取り合いになる。
経済の始まりである。

主観的”存在”に重きを置くかぎり、
会話はつねに冒険である。

その会話は独り言と呼ばれる。

独り言は連鎖を有する。
独り言はつなげようと冒険する。

しかし会話を広げることはない。

独り言はその場を共有することなく、
尋ねつづける。

それによって隣の人の不安をわかった気になる。

心を開いて、場合によっては閉じる。
その方が何倍もその人の不安を受け止められる。

しかし意識は客観にとどまるかぎり、
ひたすら会話の領野をつなげてゆこうとする。

その人の不安を隅々までわかった気になり、
場合によってはそれを取り去ろうと命令するようになる。

心を開いて、場合によっては閉じる。
どちらがその人の不安を紛らわしてくれるだろうか。

22日前 No.1204
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる