Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1776) >>

有と無について

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(8918) - いいね!(4)

Creator ★3DS=EHtup5CPhW

ここは有と無について会話します。少し議論みたいになりますが、議論掲示板ではないので哲学について語るのも構いません。ここは、有と無だけを語る場所ではなく、他にも色々と話せたら良いと思います。ルールは基本、哲学系の話をして下さい。あまりずれると管理者に消されてしまうので…まあ、最低限度のマナーさえ守れば良いです。では!

7年前 No.0
メモ2018/05/13 16:01 : Creator★43l8ZTf7Mv_ubH

現在のお題は[-]

スレのお題は[存在と無について、存在と無の関係、存在と無の定義等]

スレ主より一言:

・時折、こっそり掲示板を見に来てます。もしかしたら、レスするかもしれません。

・もしかしたら、レス1000回目投稿された辺りにコメントに来るかもしれません。


ジャンル;存在論,形而上学,

現在も地道に議論継続中...


おかげさまでスレッド開設[2012/10/17 16:04 >>0]以来、約5年半。

アクセス(5892)/レス:930回

Google検索では「有と無について」で現在、現在2位です。

https://www.google.co.jp/#newwindow=1&q=%E6%9C%89%E3%81%A8%E7%84%A1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6


□スレ主へのコメントコーナー(普段あまり見てないので何かありましたらこちらへ書いて下さい)

掲示板参加者さん


スレ主からの返答欄>>


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

 
 
↑前のページ (1726件) | 最新ページ

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

自由であるか無いかと善悪は次元やベクトルが違うと思いませんか?

思考は同基準の平面ではないのです・・

1年前 No.1727

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

自由と善悪は何かで結びついてるかも?

善悪が自由と結びついてないと・・・悪のし放題になるかな?

悪をしたものは罪ゆえの罰を受ける。

つまり、自由を一時束縛される。罪の重荷によって。。。

1年前 No.1728

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

文章が純文学傾向でちょっと解り難いです・・

1年前 No.1729

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

んん?純文学傾向・・・?

悪事を働けば、罪の重みで自由に動きがたくなる。心の奥(魂)の話です。

魂に自由がなくなれば、魂と連動している現実の運命が、自由じゃなくなる。

1年前 No.1730

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

私は肉を食べることは悪だと思います・・

肉食という生は罪ですが自由はあるのではありませんか?

1年前 No.1731

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

肉を食べること・・・罪。

確かに生きてるものの命を奪うのですから・・・一つの罪かもしれません。

でも、罪だけども許されるんでしょうね。生きていくために・・・。

だから、有り余るくらいの殺生はやめた方がいいでしょうね。

いくら許されると言っても・・・

野菜は生きてるかどうか分からない。

1年前 No.1732

宿題 ★sicIy89Ne4_TJc

空の光さん

倫理観の無い人は罪を罪とも悪を悪とも思わないでしょう?

飢えや寒さをしのぐためにわざわざ刑務所に入る人もいると聞きます・・

1年前 No.1733

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

自分の罪をエゴへと利用するのだから。罪の重さも違うでしょう。
この世では許されても。神の目で見れば・・・

1年前 No.1734

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

神様はキリスト様に何故あのような仕打ちをなされたのでしょうか?

1年前 No.1735

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん


自分はキリスト信者じゃないのでよくわからないのですが。。。

イエスがあの時代の人類の罪を背負ってあの世に逝かれたのかなと。

天に昇るのを見たとか、復活されたというのは死後、魂が天空へ・・・

天国へ上られたのだと思います。

1年前 No.1736

宿題 ★sicIy89Ne4_TJc

空の光さん

パスカルさんの神秘体験の中で・・

全くこころよき自己放棄。

イエス・キリストおよびわが指導者への全き服従。

地上の試練の一日に対して歓喜は永久に。


とお書きになっていらっしゃいます・・

1年前 No.1737

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

よく分からないのですが

パスカルさんが臨死体験をなさったのでしょうか?

自分が自分であって自分でなくなる?

その世界で我が師やイエスの世界の心地よさを知った?

霊がかなり良い世界を体験してきたのでしょうか?

1年前 No.1738

宿題 ★sicIy89Ne4_TJc

空の光さん

パスカルさんは、Damonにあったそうです・・

自己の悲惨と、神の無限の慈悲とを、内的に感知させる神ともであったそうです・・

1年前 No.1739

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

神様も悪魔もいろいろだから。。。

無限の慈悲・・・大慈大悲らしいですね観音様は・・・

大慈はみんなを救おうとする慈の心、大悲はみんなを救いきれないという悲の心・・・

1年前 No.1740

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

一般人には解らない神秘体験の人の話を聞いて真理を探さなければならないと思いませんか?

神秘体験をしている人は歴史の中には、多いと思います・・

1年前 No.1741

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

神秘体験からの真理探索ですか。。。
真実、真理を科学的に?
夢との違いを?どう説明するか。
脳の働きをもっと詳しくしる方法が必要かな。
脳の働きがないのに夢のようなものを見た?
体験談・・・難しそうですね。
でも、神様からの許されごとだと思うから・・・
真理を探索できるかな。必要な時に、必要な場で・・・

1年前 No.1742

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

霊性とは神秘そのものだと思いませんか?

1年前 No.1743

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

霊性・・・神秘そのものですか。

そうですね。簡単に見聞きできず、触れることも出来ない。

奇跡的な存在・・・神秘に違いないかな。

でも、人は体に霊性が宿ってるんだ。

だから、なんらかの神秘も宿ってるかな、

その霊性同士がふれあえば神秘の交友?

1年前 No.1744

宿題 ★sicIy89Ne4_TJc

空の光さん

霊性は作られるものでなく外から授けられる宿らされるものでは?  と思いませんか?

1年前 No.1745

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

うーん、そうだね。外から授けられるのかな。

霊が宿る何かが出来ないと宿れないかな。たぶん。

それとも、両方の存在が同時にふれあって、生命となれるかな。

1年前 No.1746

宿題 ★eM1n2yJmTo_TJc

空の光さん

母親の俳句が新聞に載りました。ボケ防止をし始めたようで季語を勉強する気になっています・・

空の光さんは俳句の才能があるのだから・・わざわざ理屈で感性を潰す必要はありません・・

1年前 No.1747

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

宿題さん

お母様の句、新聞に載っておめでとうございます。
自分の中の感性・・・そうですか。理屈は感性を潰しちゃうんですか。
理屈・・・そんな分野があるって事は必要な人もいるんでしょうね。

自分は、面白いと思って哲学に興味を持ったんです。
自分には理屈っぽいところがあるのかもしれません。
それを感性の中から引っ張り出す。

哲学じゃないけど、こうやって自分の思いをぶつけてみる。
ありがたいです。こうして相手をしてくれる人がいるって事は・・・

いずれここでの会話が必要となる時が来るのかもしれない。
その日が来るのを楽しみにしつつ。。。

1年前 No.1748

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

有と無

無のもが真になかったら、何のために無という言葉が生まれたか。

昔は見えないところ、見える世界の向こうは無と考れた。
今でも見えないところは存在してる。

でも、見えないだけで無ではないと分かってきている。
それでも、見えない世界はなにがあるかは謎のまま。
宇宙が無の世界に近い存在。宇宙の外側は何がある?

世界は神の設計書によって作られた。

今はその完成に向かって進みつつある。
つまり創造されつつあるらしいです。

つまり、創造の向こうが無なのかな。設計書にはある世界。

時の進むに従い出来ていく世界。
どんな世界になるんだろう。

人類が長い間、待ち望んできた世界。理想世界ができる?
その理想と、神の設計書に違いはないと信じたい。
無が埋まり尽くされたとき、無はなくなるか?
いや、それとも創造中にいらなくなったものが消えていくかな。
その分、必要なものが創造される。

創造も破壊も繰り返されていくのか。完成するまで。
完成はいつなのだろう。。。

1年前 No.1749

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

有と無

有から見た無それは人の目を通して見ている。
無から見た有それも人の目を通して見ている。

有から見た無それは生きた目から形而上のものを見ている。
無から見た有それも生きた目から形而下のものを見ている。

生きているという事は、形あるものだけではないから。

ただ、生きている=霊が宿ってるという事を感じ取ってない。

だから、生きてるものを見ても、有限の部分しか感じ取れない。
命の存在を有限としてるから。。。

死に直面した時、両親、または近親者が、死後も見守ってくれてる。
そんな事を考えるようになる。
そこから無限の命を感じ取る人も出てくる。
そして、霊界の存在を思うようにもなる。

人が存在する前からあった世界。
そしてこれからもあり続ける世界=無限の世界。

無限・・・その始まりはあったか?終わりは、なさそうだけども

始まりは・・・エネルギーの四散と考えられてる。
そして今に至る。無限だからどこまで広がるか、いつまで広がるか。
無限に存在し続けるにはエネルギーはどれ程いるのか?
そのエネルギーも無限なのか?
生きてるものは呼吸をしている。
植物もそうかな。
鉱物たる地球、月もそうかな。
だとすると生きてる?
呼吸はエネルギーを保つためか。
新しいエネルギーを吸収し、古くなったエネルギーをはき出す。
エネルギーの呼吸なら、太陽も、宇宙も?
はき出された古いエネルギーはどうやって新しくなるか?
そもそもエネルギーはどんな存在なのか?

炎も呼吸をしているかな。
ただエネルギーが無限に供給されないと燃え尽きる。
地球の呼吸のエネルギーは無限なのか?
古いものを新しくするそんな存在があれば・・・

1年前 No.1750

空の光 ★HEt5gVPwdK_m9i

有と無

人には五感、六感、七感、八感がある。
六感は霊感、七感は心、八感は魂。
霊感、魂は感ずる人と感じない人がいる。
でも心は感じ取れる。
自分は心も感じ取れないかもしれない。

そんな自分が有(形而下)と無(形而上)の話をしても・・・ん?な感じだけど。

特に心は形而上と形而下の橋渡しをしてるかもしれないのに・・・
夢も形而上と形而下の橋渡しをしてるかもしれないけどね。

そんな心が願う時、拝む対象を作り上げることもあるらしい。
そんな時は要注意、神の存在を知らないと危険・・・
人の心が魔法を生み出す。無から有を生ず?
でも、心の魔法は溶けてゆく。
本物だけが残されてゆく。この世も偽物は消えてゆく。

1年前 No.1751

空の光 ★iNxBXqwnr9_m9i

有と無

科学でとらえられないもの。
哲学でとらえられないもの。
道徳でとらえられないもの。
宗教でとらえられないもの。

それぞれがとらえられないものを持ってるとするなら。
真の無はない事になる。

特に科学は他に比べてとらえられないものが多い?
しかも、科学がつかないものは似非だと言い張る。
これでは他のものの中に、科学で説明できないものは無となる。
心は科学では脳と関係がある程度に分かったように見えてる。

哲学では心はどうとらえてるんだろう。
ソフィーの世界では理性と感性は出てくる。感性が心?
吾思う故に吾あり・・・心が人を存在させてる?
この一言は科学より無の世界へ歩みよっているかな?
経験した事を、心で感じ取ることを否定する意見もあるけど・・・
これは心で感じ取れてるかな?思う心を認めてる。

道徳ではどうか
道徳的であるには宗教は必要なのだとカントは言っている。
カントの目から見ると、宗教は道徳を基礎にして存在する?
それでは、宗教だけの特徴、奇跡は無視されている。
カントは道徳の位置づけを哲学の観点から見てる?
理屈の中に宗教は存在しない。最初にカントの言った通り。

宗教ではどうか?
カントの言った通り理屈では宗教をとらえられない。
奇跡という感性でも理性でもないものが対象なのだから。
奇跡は目の前で起きても信じられる人と信じられない人に分かれる。
それは、自分の思いの中で出来上がったもの(真理?)を中心においてとらえるから。

科学も哲学も道徳も出来上がった最初は、今迄の経験にないものだった。
でも、とらえる事が出来た。それは目に見えて理屈がまかり通ったから。
奇跡と言う目に見えない事象は信じるか信じないかしかないと思われる。
奇跡は大自然というこの世の中に、微に入り細にわたって顕されてる。
春夏秋冬があること、それも順番も狂いもないこと。
太陽も月も東から昇り西に沈む、人は呼吸し、食物を食べて生きている。
つまり、自然なんだから当たり前と思う。その当たり前が神の業のままに起こっている。
神が「やめた」と言ったら、そこで物事はすべて止まってしまう。

みんな真理に近づこうとして発生したのに、なぜこうも違ってしまったか。
心でとらえる。頭よりも自由自在なとらえ方を忘れてしまったのか。
自由なままだと昔は、自分の都合の良いように判断したかもしれない。
だから、自由の無いという決まり事の有る世界になった。
それでは窮屈だからと、頭で考えだした自由を、科学や哲学を考え出した。
でも、その道は自由に見えて型にはまった道だった。
それに気づかず道のままに進み。結果が原子核破壊の悪用にまで来た。

これではもう戦争は起こせないだろう。一切の破壊になるからだ。
戦争のない世の中、それがくる時代が近づいた。
戦争がなければ軍備もいらないだろう。貧がなくなる?あとは病気かな?
病気がなくなれば、その費用もいらないから富が増えるかな?

困るもののなくなり必要なものが出来上がる世の中。
こんな有と無、有が無と化し、無から有を生じる世界ならいいな。

1年前 No.1752

うさぎ ★PANmgExvpk_UHY

有ると無いで、有るは誰でもわかる(4歳児でも)。問題は無いである。 それ(存在)は無いかもしれない。
という主張は生きるうえで大きな力となるのではないか?(ない)と(ないかもしれない)はかもしれないという

言葉が付加されている。なぜか? 私にとって無いかもしれないからである。あるものを無いとはいいがたいが
私にとって、無いかもしれない、は生きる上でバネとなりうる。

9ヶ月前 No.1753

空の光 ★EQFSMe4fuO_m9i

うさぎさん

ないかもしれない・・・あるかもしれない。
あるになるか、ないになるか・・・

それは形而上で見るか形而下でみるかの違い。
形而上のものを見る事のできるものはできないか?

科学、哲学、道徳、宗教・・・どれを信じるか。

目に見えるものだけがすべて。
目に見えないものもある。

極微の存在、どこまで小さな存在があるか?
これ以上小さいものはないと思われる存在も、何かを元にしてできてる。
じゃあ、無からできたのか?

無から有を生ずる。
無から発生する・・・それはどういう仕組みなのか?

見えないだけで、無ではないのかもしれない。
見えないものをどうやってとらえるか。

これは宗教以外では無理か?
その影をとらえられるのが道徳、哲学なのかもしれない。
道徳は心で、哲学は理性で、それぞれ感じ取るかな?
じゃあ、科学は?心を理性を形にできれば感じ取れるか。

難しいな・・・

9ヶ月前 No.1754

うさぎ ★PANmgExvpk_UHY

>1754さん

有るかもしれないって?、あるに決まり切っているでしょ???

科学・・・宗教  どれを信じるか。簡単だよ?簡単すぎてあきれはてるね? 自分を信じたらいいのだよ?
あきれるねえ?哲学とは私わたしワタシですよ?   結論、みんなではありません。

9ヶ月前 No.1755

空の光 ★EQFSMe4fuO_m9i

うさぎさん・・・

自分を信じる・・・じゃあ、その信じる自分は何を基礎にしているかですよね。
それが信じているものだと思います。

哲学とは私はワタシ・・・我思うゆえに我あり?

9ヶ月前 No.1756

うさぎ ★NXHKUAw6Cl_UHY

空の光 さん、色即是空というすぐれた文言は禅宗とか真宗とか浄土宗などを問わないのですか?

しろうとですみません・・・

7ヶ月前 No.1757

空の光 ★j7nCe6nY8T_m9i

うさぎさん

いやいや、自分もそんな事までは分かりません。
色即是空という言葉すらここで初めて聞いたのですから。

7ヶ月前 No.1758

ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙 ★fofH1MgenE_keJ

そもそも『無』というものがあるのか?
我々が生きていくために必要なことなのか?
人間が死ぬ生き物である以上『宇宙の存在を考えた超越的絶対者』が必要であろう

7ヶ月前 No.1759

うさぎ ★fXRmDWIbU1_UHY

私に見えるすべてのものについて、それらは私の創造だと考えれば無いかもしれないも成立する。
バークリー風の観念論に近いかもしれないが、「私が見なければそれは無い」である。

7ヶ月前 No.1760

あいあいあ ★Android=PHFiJ5REAE

存在しないものが存在しないことで全てあることになり存在しないを内包し内包しない存在するものが出現する。

6ヶ月前 No.1761

空の光 ★bKAra12pm0_m9i

私が見なければない。。。私がなにびとをも包括する大きな私なら?つまり、ただ一人の主の神なら?自分の部分が見てなくても他人の部分が見てる?つまりそこにはないものはない?

6ヶ月前 No.1762

うさぎ ★UooRg6jtyS_UHY

有と無のうち「有」は常識であり、全世界人が知っている分かり切った文字(言葉)であります。

「みんな」は当たり前のこととして「有」をみとめる。  問題は「無」であります。

無というのは別に霊魂とか幽霊とかあの世とか等々が登場しなくても、無はちゃーんと在りますよ?

ただしそれは「わたしにとって」有ではなく無かもしれないという哲学的考察であります。

5ヶ月前 No.1763

うさぎ ★UooRg6jtyS_UHY

友人が6人集まって楽しくワイワイ雑談し部屋でいっしに飲食している時に、私が「君そこのジュースを

こちらにとってくれ」と頼んだら友人は簡単にとってくれる。何教ぜなら、ジュースは彼の前に有るからである。

これはみんなでガヤガヤしているから何の疑問も無い。ところが、一人ぽっちでいる時、そのジュースボトルは

ないかもしれないと言えるのではないか?  わたしにとって・・・

5ヶ月前 No.1764

空の光 ★tPCeOWvH6K_m9i

>>1763
うさぎさん

>>ただしそれは「わたしにとって」有ではなく無かもしれないという哲学的考察であります。

心の奥(魂)すべてを包括したわたし自分が見てなくてもても他の視覚が働くかな。

5ヶ月前 No.1765

すめん @levinas ★iPad=LtezlP5CRw

あらゆる問題は「無はある」という判断にもとづく。

「無はある」はそれ自体、矛盾している。

だから、「あるものはある、ないものはない」と判断すれば、問題は解消する。

哲学は、パルメニデスにおいて、終わっているのではないか。

3ヶ月前 No.1766

すめん @levinas ★iPad=LtezlP5CRw

「ある」が不生不滅、不可分、不変不動であることの証明

1.「ある」が不生不滅であることの証明

何かが生じるのは、「あるもの」から生じたのか、あるいは「ないもの」から生じたのか、そのいずれかである。もし、「あるもの」から生じたとすれば、「あるもの」の前にすでに「あるもの」があるのだから、「あるもの」は生じたのではない。もし「ないもの」から生じたとすれば、「ないもの」はまったくないのだから、そこから「あるもの」が生じるのはおかしい。したがって「ある」は不生不滅である。

2.「ある」が不可分であることの証明

「あるもの」と「あるもの」を区別するには、その二つを区別する何かがなければならない。そして、その区別するものは「あるもの」以外のもの、すなわち「ないもの」でなければならない。しかし、「ないものがある」というのはおかしい。したがって「ある」は不可分である。

3.「ある」が不変不動であることの証明

もし「あるもの」が動くとすれば、それは「ないもの」の中を動くこととなり、「ないものがある」ことになるからおかしい。したがって「ある」は不変不動である。

以上、『西洋哲学史』(岩崎武雄著、有斐閣、1952年)のパルメニデスの章を参考に(p.16)

3ヶ月前 No.1767

すめん @levinas ★iPad=LtezlP5CRw

>>1766,1767 のまとめ

・「あるものはある、ないものはない」

・「ある」は不滅・不可分・不動である

3ヶ月前 No.1768

空の光 ★vfw03rSMy9_m9i

有と無
すめんさん
>>1767

この世界の始まりはどんな姿か、始まりをいつとするのか。
今の宇宙も始まりがあっただろう。
始まりと言う事は何かから生まれた?
その何かはいつからあったのか?始まりがあったとする。
つまり何かから生まれた。その生んだ存在は・・・
とどこまで考えても真の始まりは出てきそうにない。

宇宙は初めから存在していたとすると・・・いつから存在していたか?
これは宇宙の始まりがあったと同じくらい分からない。
求める先が目に見えて触れられる存在だからかな?
それは何千年前の人類が求めた答えと何も変わらない。
この点は進歩がなかった人類。

見方を変えてみれば々だろう。
例えば想念の世界。思いで出来てる世界。
聖書にも最初に言葉があったとある。
想念で言えば意志があった。
その想念の世界は見えないし触れられない。
そこでの思いは現実化するという世界。
人も何かをしようとしたとき、思い浮かべてみる。
そして始める。一つ一つ確かめながら・・・
宇宙規模を創り出す想念だから、目に見えたら壮大かな。

宇宙の外に存在するのか、宇宙の中心に存在するのか。
それは見えないから分からない。
始まりの位置があり、全てを網羅するのだから・・・
中心は宇宙の中心にあり、限りない大きさで宇宙を包含してるかな。

想念界の始まりは分からない。
でも、ビッグバンが想念界の意志の始まりかな。

3ヶ月前 No.1769

すめん @levinas ★iPad=LtezlP5CRw

>>1769

空の光さんへ

「世界の始まり」について、カントは有名な「アンチノミー」という言葉で、おもしろい回答を示しています。

「アンチノミー」とは、別名「二律背反」というもので、「相互に矛盾する二つの命題(定立と反定立)が同等の妥当性をもって主張されること」という意味です。

わかりやすく言えば、たとえば「世界は始まりを持つ」と「世界は始まりを持たない」という二つの命題は、どっちも正しいと言えるよ、ということです(この例は第一アンチノミーに由来する)。

だから、空の光さんのように、「世界は始まりを持つ」と言うこともできますが、それと同じくらい「世界は始まりを持たない」とも言うことができる、ということです。

3ヶ月前 No.1770

空の光 ★vfw03rSMy9_m9i

すめんさん

「始まりがある」と等しく「始まりがない」の答えもあるんですか。
「始まりがない」って事は今の宇宙の姿に変化はなかった。
そういう結論が出る事になるんじゃないかと・・・

始まりがないと今までの宇宙の変化を説明できないかなと・・・
太陽の誕生も地球の誕生も変化がない。
気付いたらあったのかもしれない・・・となる?
「始まりがない」というのはそういう事じゃないかと・・・

「始まりがある」に答えは出てるかという。
でも、そうでもないような気がしてきた・・・自信喪失。
変化のある所には始まりと終わりがあると分かるだけ。
いつ始まり、いつ終わるかは、わからない。

人類が誕生したときはすでに、できあがった世界だった。
人類が生息出来る世界になっていた。
意識を持つ存在が表れると分かっていたかのように・・・
それでも、人類の始まりを知ってる。そんな存在は今はない。
世界が人類が今のようになるようお互いが発展してきた。

世界が今のようにできあがってきた意味はない・・・のかな?
聖書にある「天国は近付けり」釈尊の「仏滅後、弥勒の世になる」
全く違う所、時代に生きていたものが同じような言葉を残した。
そして、長い間失われず、引き継がれてきた。
それは真実を語っているからだろうか。
短い一生を生きる人類が、忘れる事なく簡単に継承できるのか。
遺跡しか残ってない文化もあるというのに。。。

何者かの意志通りにこの世が変わる・・・そんな思いも湧いたりする。

3ヶ月前 No.1771

空の光 ★vfw03rSMy9_m9i

>>1771

もしかすると、宇宙という空間があって、そこには始まりも終わりもない。
だから宇宙の見えない所にも空間が広がってるかも知れない。
その空間の中で銀河、星雲、星が出来ていった。。。かな?

広がりつつあるように見えるのは、ビッグバンの勢いを保っている。

ビッグバンの広がりと宇宙空間の存在は関係ないかな?

3ヶ月前 No.1772

うさぎ ★08qwFEEXpG_UHY

有ると無いを決めるのは個人であって、人それぞれでしょうね? 寺の坊さんや神社の神主さんではないのでは?

簡単すぎて申し訳ないですが・・・。

3ヶ月前 No.1773

空の光 ★vfw03rSMy9_m9i

うさぎさん

それは分かってないって事ですよね。
宇宙という世界の土台かもしれないものが分かってない。
しかも、宇宙の七割近い数の存在がある。
偶然という頼りないものの上に生きてる人類。

神道、仏教、キリスト教・・・案外、宇宙の本質について述べられてるかも?

3ヶ月前 No.1774

うさぎ ★PJCiXIzN8t_UHY

私が寝ているあいだにも物質は存在し続ける、ということはあり得るだろうか??
だから、有ると無いを決めるのは私であると言っているのです。私が在ると言えば有るし、私が無いと
思えば無い。  本当に簡単すぎて申し訳ないですが・・・

3ヶ月前 No.1775

空の光 ★0UltYc42Xq_m9i

うさぎさん

一人の人がなくなったら、この世でうごめいてる存在。
この世の建築に携わっている人が消えることになる。
それはこの世の創造というものが一部消えてしまう。
つまり、私という存在が消えると「消えてしまう」
と言っても間違ってないかな。
その人がどんな創造をしていたか知る人もいるだろう。
その知る人が継承することもあり?だったらものは消えない?

2ヶ月前 No.1776
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる