Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(175) >>

人間は幸せになるべきか

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(1365) - いいね!(0)

今日人@koutarou ★ujLH/QOi8ec

この議題を提示した理由は、僕がこれについて考えてしまったということにあります。
今まで、少ないですが、哲学・思想・文学の本をいくつか読み、自分で様々な問題を考えてきました。
そうした中で、はじめのうちは、合理的に考えることで、解決する見込みを全ての問題について感じていました。
しかしながら、在る時、、ある種の問いに対する、自分の答えが、全て「人間は幸せになるべき」という前提の下に成り立っていることに気がついたのです。
こうして、この問題に取り組みました。
「人間は幸せになるべきか」

僕は確かに幸せになりたい。これは誰しもわかる感情である。

しかし、僕は同時に幸せになりたくない。僕は様々な不幸が自分の身に降りかかることを望み、そして、なるべく不幸に生きようとしているのです。

又、幸せか幸せではないかというそれらにとらわれないところに心がいるときもあります・例えて言うならば、目の前にある鉛筆を見つめていて折る、舌を出す、歩き回る、など・之をしているときは感情がありません。自分で、自分は何をしていたのだろうと自問することになります。

この質問に対して僕には3つもの答えがどれも平等に並べられているのです。


何故このような回答ができてしまうのか、それも、是非考えていただきたい。

「人間は幸せになるべきか?」どうでしょうか。

2010/05/10 18:31 No.0
ページ: 1 2 3

 
 
↑前のページ (125件) | 最新ページ

今日人@koutarou ★ujLH/QOi8ec_ol

生きるとは「人・動物などが命を保つ。生存する」らしいですが、
意味とはそのようなことではなくて、言い換えれば、価値でしょうか。
生きることは自分の欲求以外のなんでもなく、それに価値はありません、ということをいったのです。

まず第一に、人間の思考というものは、常に合理性を求めます。
それは人間が言語を持つからです。言葉のつながりが思考というものですから。
そして、欲求は思考に関係なく、勝手に生まれます。
これは僕の主張にとって重要なことです。



人々は自分にとって正しいこと・偽り、間違っていることがあるからこそ、生きていこうとおもえるのです。
例を挙げやすいのは動物です。
動物は善悪・信念の概念を持ち合わせていません。例えば、ある一匹が自分と関係ないところで、悪いこと(あるとしたら)をしたところで、なんの裁きも加えなければ、どう思うわけでもありません。
しかし、人間は違うのです。人間は何か自分の信念に背くことをした・言った人間がいたら、その人を言葉によって批判するでしょう、又は其の人にかかわらないようにしたり、其の意見を覆そうとしたりするでしょう。それは、人間が善悪の判断・信念を生きる糧としているからです。
そういう意味では、僕は批判される人間でしょう。

しかし、そこになんの正しさも根拠の無いもので、ただの欲求に過ぎないと認識したら?

全ての主張の根本にあるのはある欲求の優位性、且つ特別な信仰心でしょう。
しかし、如何なる欲求にも優位というものは存在せず、其の存在する状況によって変化します。
いつでも其の欲求が絶対であるということはありえません。
食欲がその人の絶対だとしても、満腹になれば、逆に吐き気を催すでしょう。
愛が全てだとしても、誰かに殴られ、唾をかけられ、公衆の面前で逆さに裸でつるし上げられたら、そこに愛をかんじる人は普通に考えればいないでしょう。
しかし、ここに、信仰心が生まれます。
先ほど挙げた人間と動物の違いに示したように、人間は信念、思想、ものの見方を重要視します。それがこの信仰心です。
動物は之は正しい、之は間違っている、という概念を持ちません。全ては必然的なのです。
もし、人間がこのような生き方をしたら?
食べて、食物を得るために働いて、寝て、子供を養って、食べて、寝て、・・・・死
ここに何も価値はないと認識したら?
之に耐えることができるでしょうか。

つまり、人間はこれがないと、生きていると思えず、厭世観にさいなまれる。

だから、欲求に優位性を与え、何かに価値を付与する。

ここから、人間は幸せになるべきか、という疑問が生まれる。
真実を見出そうとするべきかそれとも、前述のような幸福な生活を営むか。

もし幸福になるべきなら・・・
困ったことに、僕の精神は欲求の優位性なるものを唯で認めるのは不可能であるといいます。
何故なら、もう知ってしまっているから。
そうして、ここで、神の概念なるものが生まれる。これは実存主義ですね。

真理を見つけようとするべきなら・・・
>>123

2010/06/05 17:40 No.126

風見幽香 ★YHHY0iDlV4Q_Bq

あは、あはは、いやぁ、ですね?ですから幸せになるべきなのかについて議論しているのであってね?貴方の物差しで色々言い換えられたり、勝手に神の概念だの「何故ならもう知っているから」とかの自分は正にアンタ達とは優れているんだよ!みたいな発言をやめてほしいんですがね?しかもこの前「消える、神に会いに行く」と言って出て行ったというのに何故、居るんでしょうか?そして何より、「人間は幸せになるべきか」について議論しているんですが?神とかを持ち出すのならば、議論の邪魔です、もっと現実的な論理を語っていただきたいな、と、思うのですが

2010/06/05 18:52 No.127

★AU=M2FjKuKKou

神の観念はありだと思うよ

2010/06/06 03:08 No.128

今日人@koutarou ★ujLH/QOi8ec_ol

一つ一つ答えます。
「ですから幸せになるべきなのかについて議論しているのであってね?貴方の物差しで色々言い換えられたり」
→まぎれもなく、これは幸せになるべきかについての議論をしているつもりなのですが、十分な諸前提を持ち合わせていない人にはわからないかもしれません。しかしながら、僕の考え方も、其の方向性としては哲学という学問のなかで認められた一つの方向性であり、全く其の理論が一般性を持たないということはなイと思います。

「神の概念だの」
→神について考えることは『幸福になるべきか』という問いを考える上で、必須だとは思いませんか?

「「何故ならもう知っているから」とかの自分は正にアンタ達とは優れているんだよ!みたいな発言をやめてほしいんですがね」
→僕が知っているのは、欲求に優位性を持たせることは客観的に見れば偽りであり、それは個人の主観に過ぎない、またしかし、それは主観で捉えるのが正しいのかもしれない、ということです。それは誰かを蔑視するということではありません。あくまでも其の対象は欲求です。

「しかもこの前「消える、神に会いに行く」と言って出て行ったというのに何故、居るんでしょうか?そして何より、「人間は幸せになるべきか」について議論しているんですが?」
→前述の通り、幸福になるべきかという問いについて考えるとき、幸福になることは必須であると其のとき考えたからです。
しかし、どこを持って、其の経験を完全に得たとするか、其れが判らなかった。
しだいに、トルストイの使った比喩を持ってすれば
『ある農民が土に種を植えていた。それをみて、ある人が「其れでは種はよく育たないかもしれないから、ためしに海に植えてみなさい」といった』というようなものをしているのかもしれないと思ったのです。
即ち、人生を海に捨てるということなのではないかと。つまり、海に植えようとしても、海に其の種を入れた瞬間に其の種は流れていってしまいうということです。

だから、また、向き合って考えてみようということにしたのです。

2010/06/06 06:52 No.129

今日人@koutarou ★ujLH/QOi8ec_ol

現実的という言葉はあまりにも曖昧です。
どこを持って、現実とし、どのような根拠を持って其れが真実であるとするのか。
観念論だとか、認識論というものもありますしね。

・・・・そして、この上で、未だ、僕の意見(神について)が邪魔であると貴方がいうのであれば、それは、どちらの議論の方向性が正しいか決める、もしくは、それでも意見の一致ができない場合は、どちらかが意見を出すのを止める、ということですね。
これは議論をする以前の問題ですから、早急に解決するべきだと思います。

ここまで書いたことについて、どうお考えになりますか。

2010/06/06 07:03 No.130

マンセー ★DQTQrP0UvOY_1p

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2010/06/07 00:21 No.131

今日人@koutarou ★ujLH/QOi8ec_ol


「神に確かな価値を置いている」のは、僕だけです。

他の人は何でも構わないでしょう。

しかし、どの欲求にも優位性がなないと考え、尚かつ、真理を求めようとすれば、この地上に希望などないように感じるのでしょう。
そうして、其の現世以外の場所に、つまり、合理も非合理も届かない場所に、絶対の価値を置き、そこに希望を見出す。実存主義の有神論者はこの立場です。
合理的に絶対的な普遍性を持ったものが見出せない以上、そのほかに求めるのは当然でしょう。

まあ、しかし、それは勿論、彼らの真理であり、他に合理的な価値が見出せる人は神など必要の無いものでしょう。
しかし、人間が真理を求めようとするとき、神は現れる可能性はこのように十分あります。

だから、僕にとって、神か、真理か、という話になります。

皆さん

2010/06/07 19:01 No.132

マンセー ★DQTQrP0UvOY_1p

>>132
他の人は置いといて、私の言いたかったことは、そういうことじゃなくて。神でも真理でも、完全な合理的判断でもそれを得たいというのは、欲求ではないのですか?欲求は種類の如何に問わず優位性を持たないという主張はどこに行ったのですか?

2010/06/07 19:42 No.133

ハムレー ★cS4.uYUPcgA_si

幸せって、おいしいものを食べたり、昼近くまで眠ったり、異性と戯れたり、裏通りでケンカしたり、お酒を飲んだり、そういう快楽におぼれることでしたら、確かに理性的な思慮深い気持ちは保てないでしょうね。まあそれも度を越さない程度ならいいと思うんですけどね。しかし、見方によっては年寄りに席を譲って自分は立っていたり、家庭や友人を大事にしたり、適度に仕事に打ち込んだり、そういう良く生きることのほうが、かえって幸せなのかも知れません。だとしたら、幸福でも理性を失わないでしょうね。ふと思ったので書いてみました。

2010/06/10 11:16 No.134

★AU=M2FjKuKKou

記憶での引用だから間違いがあるかも

世の人は見えないものは信じない
神は信じなければ見ることができない
幸せも同じ
幸せになれることを信じなさい

2010/06/11 00:24 No.135

りぃ ★P/zlEHKt5f6_8Q

人間は幸せになったもの勝ちです。
 どんな小さなことでも幸せと感じたらいいのでは?
私も別に幸せじゃないですが・・・

プラス思考っていいですよね・・。
 私何回か試したことがあったんですよ・・。
そしたらすごくいい一日になりました。

2010/07/04 11:02 No.136

★oeEgfdoOTW6_i2

とりあえず日本人は
貧乏を経験したほうがいいと思う

物とが溢れ過ぎてる

2010/07/05 18:57 No.137

今日人@koutarou ★ujLH/QOi8ec_a.

>>137
今までの回答で最も共感できます。

2010/07/06 17:52 No.138

譜蘭@witch10 ★QmDtdEisjDI_uB

とにかく人は苦痛を一度経験したほうがいいと思います
想像を絶する苦痛を経験したら
少しは価値観も変わるでしょう
いまの人間は少し幸せの基準が高すぎます
些細なことでも幸せに感じていた時代を忘れています
「高い家に住むことが幸せ」
「ギャンブルが楽しみ」
少し感覚が狂ってます
戦争地帯の子供などは
「ただ平和だったらいい」
「食事ができればいい」
「綺麗な水が飲めたらいい」
など日本人が当たり前のことを幸せに思ってます
やはり価値観の問題ですね
やっぱり絶望や苦痛を経験したほうがいいですね
幸せになるべきかなんてそれからですよ
最初に価値観を変えるべきです
以上私個人の意見でした

2010/07/09 03:22 No.139

ニムロッド ★cS4.uYUPcgA_si

私は目の角膜はがれたことあるけど、だからってそれが理由でいい人になったわけでもないんですよね。

やっぱりしこしこ自分で自己啓発(特に集団に入信したことはないです)するしかないと思います。十年近く、自己啓発(座禅、読書、討論、主に座禅)してきましたけど、そっちのほうが効き目があったと自分では思っています。

最近、ものの見方が変わって来たんですけど、なんてゆうか、世界が無理なく死んでいく感覚?みたいなものが身につき始めたんですよ。あまり好きではありませんが、大げさにわかりやすく述べれば、唯識とかニルバーナとでもいう感覚です。幸福感はありませんし、自然が何かを語りかけてくることもなくなってしまったのですが、とても居心地がいいんです。ですから幸福にはならなくてもいいと思います。前に書き込みしたことと矛盾してますよね(汗)

2010/07/09 10:52 No.140

★AU=M2FjKuKKou

人間の全ての行動の動機は自己救済である
ある心理学者の言葉だけど
スレ立てが不幸になりたいのはこの言葉で説明が付く
そしてまたさらにそれは何故なんだろうと考えていけばいい

2010/07/09 22:48 No.141

ザネリ ★n1cy8n995Ug_Oo

>ニムロッドさん

「世界が無理なく死んでいく感覚」

興味深い言葉ですね。死ぬのは「私」ではなく「世界」なんですか
私はその感覚をつかめないし、そこまでの境地にはいけていないけれど 気になる言葉だ

>な

すくわれたいですね。
いつかはすくわれたい

しかし一人の人間が誰かを救済できるだなんて思うのはおこがましい思い上がりだ
他者を救済することなど叶わない
しかしだれかを救いたい
そして私も救われたい

永続する苦痛でしかカルマを払えないのならばそれでもいい
自分が苦痛や不幸を負うことで自己や他者を救済できるのならばそれでいい

罪の意識がずっとある 原罪意識というか

「今はイエスキリスト生誕から2010年である そして私たちはあいかわらず 中世に生きている そして私たちはあいかわらず 同じ体で生きている 内側は湿り 外側は乾いた体で」

なぜ今ここでわたしなのか
ただの血が詰まった袋なのに
この広大な宇宙でなぜここの座標軸にいて自己という統一された意識があるのだろう
なぜわたしは花や草木でないのだろう
路傍の石でもない
それらと等しく等価なのか、わたしは

2010/07/10 03:12 No.142

★SOFTBANK=ojgIkSckdw

>>0
思うに、あなたは論理的に「しか」考えていないように思います。

>合理的に考えることで、解決する見込みを全ての問題について感じていました。


これはつまり、絶対視できるルールがあって、そのルールに基づけば、Aが導ける、と。

ルール⇒A

であります。
で、突き詰めていって

「ルール=人間は幸せになるべき」

に行き着いたのでしょう。


ではうかがいますが、誰がそのルールを決めたのですか?
「べき」論、あるいはルールというのは、あくまで誰かが決める外的強制であって、自発的なものではないと思うのです。

じゃあそのルール、誰が決めたの?と。神様?まさかね。僕は神様なんぞ見たことないもの。


結局突き詰めれば、それは自己に帰結できるのではないでしょうか。
自分がルールを決めなければ、外的強制を受け入れることもない。

で、自分で決めれば、そのルールは「べき」ではなく「したい」です。


「人間は幸せになるべき」じゃなくて、「人間は幸せになりたい」なんだと思いますよ。
そしてたぶん、それは真です。

「幸せ」とは自分の希望そのものですから。

2010/07/10 07:53 No.143

Nice_Mono@koutarou ★ujLH/QOi8ec_mL

 多分このころの僕は、社会規範を信用すべきか、即ち、今正しいと思われていることを信用すべきか、もしくは新しい生きる指針を自らでつくりそれにしたがっていくかということを考えていたのだろうと思います。おそらく自らで作った指針は社会規範にも大きく反し、自分に苦しみを与えるものだったのでしょう。そこで、その正しさは自分の苦しみに対してそれを超える価値を持つものだろうかということを考えたように思えます。

 即ち、正しさと快苦を同じ天秤を載せることができるのか、ということ。正しさは心の動きにかんしてさだめなければいけませんが、それは自らの快苦を見ないで設定されます。そのときのことです。それは日曜ではないときk目つければそれで終わりですが、それを日常に適用しようとすれば、社会規範若しくは社会というものそのものから外れることもありえます。

 そこでこのような問いが生まれたのだと思います。
 「正しさと自らの快苦を同じ天秤に載せることはできるのか」

2010/09/23 11:42 No.144

でんきゅう ★52weA5FJzH_Hic

皆さんとは違い哲学思考ではありませんが
私も、生きていくことは不幸が降り注ぐのを待っているような気がします。
人間は大体、「悪いことがあったら、次は良いことがある。」
「良いことがあったら、必ず悪いことが起る。」
と思う人は必ずいると思います。
だから、不幸にならないがために不幸を自然に求めているのではないかと思います。
幸せの量を、調節している気にでもなっているんじゃないですか。
でも、最大の問題点は、そのルール的なものに気付いた事ではないでしょうか。
その物事を意識した時点で、自然に喜怒哀楽ってできるもんですか。
皆さんは分かりませんが、私は出来ません。

だから、自身は幸せを求めてはいないような気がします。
一日を生きるのも、人以上に精神をすり減らしている気がしてなりません。
でも性格的に、物事を掘り返すので、気になれば胃が痛くなるまで追い詰めて考えます。
人間が、幸せになるべきかはその人の欲求やなどでしょう。
だから、分かりません。

5年前 No.145

モノさん @koutarou ★iPhone=lFfkrcSxt6

>「正しさと自らの快苦を同じ天秤に載せることはできるのか」

まだ分からへんなあ。4年経ったけれども。正しさは、自らを矯正するものばかりではないけれど、そうであらざるを得ない正しさもあるし。ただ、正しさが自らを矯正するものばかりではなく、幸福を求めるものもあると知った3年間だった。それでも、分からないけれど。

3年前 No.146

一京無限 ★pyLomG3gf8_mgE

努力の意味は、自発的に自分の心の内の真の幸福のため、他の人の心の内の真の幸福のため、
世の幸福のために真理知識の学習で、楽しんで、ワクワクドキドキの中の努力が、努力の意味
に価する。

命令されて自分は辛く、地獄の苦しみだけど、我慢に我慢を重ねている努力は、努力の意味に価
しないと思われる。

3ヶ月前 No.147

百理 ★5z6bVAmgS3_Vx8

カントさんは80歳まで長命。最後の言葉「エス・イス卜・グー卜 Es  ist gut」が「すべてよし」という大哲学者最後の言葉として有名になる。

but しかし実は彼は晩年はただやたらにパンとチーズをむさぼり喰うだけで、親しい人の名を忘れ、

アルファベッ卜も忘れ、自分の名さえ書けない惚け老人になってしまっていたのである。「エス・イス卜・グー卜」、英語で表現すれば「It is good」。

3ヶ月前 No.148

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

おまあちゃま、 だから?  あ、ボケ防止ね。

でもね、

もし、〉148だとしたなら、

もし、哲学が根源を探求するものだとしたなら、

そして、人間を探求することを求めようとするなら、

真理とか理性は二次的ね。

人間の身体に目をつける、っていの、哲学的に自然よね。


「ただやたらにパンとチーズをむさぼり喰うだけ」――「ただやたら」「むさぼり食らう」でしょうか?
カントさん、パンとチーズ好きだったんじゃない?「食べる」っていうこと、身体維持に必須な一つよね。そして、好きな食べ物を食べることができる、っていうこと。それって、幸せじゃない?食べたくても食べられない人いるし。

親しい人の名は覚えてる、自分の子どもを認知できる、自分の名・住所が普通に書ける、自分が今どこにいるか知っている、今日は何年何月何日何曜日か知っている、理性によって真理を物語る、っていう認識って、人間存在の根源にっとって必須じゃないのよ。属性ね。人間の本質じゃないわ。

「すべてよし」でいいんじゃないの。

ところで、ヤスパースさんの晩年はどうだったの?


「幸せ」は「べき」ものじゃないと思う。

3ヶ月前 No.149

百理 ★5z6bVAmgS3_Vx8

ヤスパースさんは、脳卒中でお亡くなりになりましたがユダヤ人の奥様と同じ年に亡くなられているのです・・

3ヶ月前 No.150

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

おばちゃま、ありがとうございます。

ボケずに亡くなられたのですね?

3ヶ月前 No.151

百理 ★5n9Jhh5DYh_Vx8

悪魔ちゃんさん・・国語が苦手なのですね・・

ボケずに亡くなられたのですか?

ボケずに亡くなられたのですよね?

ボケずに亡くなられたのですね・・(納得する感じ)・・

3ヶ月前 No.152

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

〉152
おばあちゃま

アイロニー的なニュアンス、わからないのかしら?

でも、
「ボケずに亡くなられたのですね・・(納得する感じ)・・」
で、わかりましよ。ヤスパースさんは、そうだったんですね。

でも、ボケなことが幸せなのかしら?

ちなみに、わたし、国語、めっちゃ、ガニ手。

3ヶ月前 No.153

百理 ★5z6bVAmgS3_P5K

年寄りをからかう人は多いものです・・

3ヶ月前 No.154

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

まず、モモちゃんの得意な手で、

【からか・う】
1 相手が困ったり怒ったりするようなことをしておもしろがる。揶揄(やゆ)する。
2 負けまいとして張り合う。争う。また、葛藤(かっとう)する。

〉154、
1の方の意味ね?だって、「年寄りを」ってあるから。

でも、両方とも違うよ、おばちゃま。

遊んでるの。


遊び相手いるのって、幸せよね。

3ヶ月前 No.155

百理 ★5z6bVAmgS3_P5K

悪魔ちゃん

自分からさよならって言ったのに・・

3ヶ月前 No.156

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

〉156

イヤ〜ネ〜、

〉148が、モモちゃんの得意な、僻みがらみの告げ口的に見えたんで、

つい、確認したくなっちゃて、ヤスさんについて聞いて見ただけよ。

3ヶ月前 No.157

百理 ★5n9Jhh5DYh_P5K

悪魔ちゃんさん

私が弱いから憑りつくのでしょう・・悪魔ちゃんさんは、さよならってもう嫌だって言ったのに・・嘘ついて・・

3ヶ月前 No.158

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

薄幸な人には幸せになってほしいと思う。

人間、幸せだと、更に欲求が高まり、幸福に貪欲になって、幸福の階段から転げ落ちると思う。

そもそも、人間の寿命は他生物と比較して長いし、

衣食住以外に脳みそがいっぱいくっついているからそのほぼは煩悩の 塊なんだと思う。


煩悩の昇華と、 宗教から弾圧という抑圧から解放が科学の叡智の結晶なんだろうが。

人類は科学文明を謳歌しても、見えざる 神の手から逃れることはできないものだと思う。

宗教に対する信仰の厚さは日本は特に無く、神域侵犯し続けることは、最終的には科学文明で人類は滅亡するのだと思う。

人間は対話で平和解決出来るほど、賢くはないのだ。そうしたいと願っても、人知じゃ回答は得られない。だから、人工知能とか開発したのだろうが、余計科学が進歩することで、人類の余命は縮まったのではないのかな。

少なくとも、最終兵器を発射したら、この瞬間、もう、地球がないのは、私が生誕する以前からそうです。

3ヶ月前 No.159

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

特に日本人は奇跡という不確かな宗教から起こる迷信を信じている人はまた、詐欺師に出会うなと思って、警戒心を顕にしている人が圧倒的で、

では科学で奇跡が起きるというのも、自分の健康祈願ではそうなのだろうが。

科学文明の行き着く先も又、人類の余命はそう長くないな、とか、思って、一体、自分は恵まれた時代に生きているのだろうか、と、又、煩悩に駆られるものだと思う。

自分の時間を持てることは、自分以外の事でも頭を悩ませるようになり、情報過多な現代社会は返って、 自己以外の世界にも興味関心が持てることから、自分の心身の健康を守るという点では更に自己責任が増し、お金があれば、私も貴族の一員よ、という、拝金主義は更に深刻化したのだと思う。

3ヶ月前 No.160

百理 ★5z6bVAmgS3_P5K

お金があり過ぎる人を詐欺師がほっとくはずがありません・・

普通の女性は番茶も出花の18歳ごろは誘惑と罠だらけです・・

私はその頃苦行で神秘体験をしました。京都のお墓の見える女子だけのワンルームマンションだったのですが

化野で買ったモビールの和紙人形が風も無いのに回ったりするのです・・他にも・・

個人の科学で割り切れない神秘体験と言うものを信じます。

今日見たアニメでも子供でさえ迷いの森の奥にある秘境地と言う一流の哲学が盛り込まれていました・・

3ヶ月前 No.161

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

百里さん。

此の世は只管、闘争の連続なんだと思う。寿命が尽きれば、それまでよ、と思いたいが来世があったら、私は地獄だな。

3ヶ月前 No.162

百理 ★5n9Jhh5DYh_jmr

ペガサスさん

救われたいとは思わないのですか?

地獄なんかでもいいのですか?

3ヶ月前 No.163

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

来世の行き先を決めるのは、人間じゃないと思いますよ。

3ヶ月前 No.164

百理 ★5n9Jhh5DYh_jmr

ペガサスさんは、もう行き先が決められているのですか?

3ヶ月前 No.165

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

百里さんは以前、ペガサスさんは前世はないようなことを仰ってくださいました。

ですので、

私の来世も多分ないのでは?

死んだらおわりかもめ?

あったら、ガーンかも?

3ヶ月前 No.166

百理 ★5z6bVAmgS3_jmr

ペガサスさん

>あったら、ガーンかも?



一人漫才しないでもらいたいです・・

ずいぶん楽観的ですね・・

2ヶ月前 No.167

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

来世を考えるより、現世を考えた方が遥かに建設的では?考えたって、不知です。戒めですよ。此の世のためを考えての話です。

2ヶ月前 No.168

今日人 @shrapit ★Android=EYNWzMb3kY

僕の古い提議がまた上がってて嬉しい。のでひとつ。幸せでないひとの考え方に価値はあるか。

2ヶ月前 No.169

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

>>169

幸せのパイって定量的だと思うのですよ。私が不幸せならば、其の分、空きが出来るのでは?

資本主義社会を描く以上、お金の問題は幸福の要素になりうると思います。

2ヶ月前 No.170

一京無限 ★DWsUKGuqll_mgE

幸せのパイは、一日24時間、一年365日、自分のみの幸せ時間として使いたいのはやまやまであると思います。

幸せのパイは、自分のみの幸せのパイとして生きるのならば、小さな幸せのパイとなるでありましょう。

小さな幸せのパイのままでも充分幸せですが、小さな幸せのパイの時間の質をより良いものにすることも可能であり
ます。

号令や命令ではなく、できる範囲でかまいません。


自らの心の内において、悪を捨て善を取ることのできる人達に限られると思います。


我慢不要の自発的に他者の幸せのささやかなお手伝いは可能の方に限ります。

自分のパイ時間のほんの数十秒、数分を自分以外の他者に対して無私無償のお手伝いをすることは可能であります。

やりたくない方は、小さな幸せのパイの時間を過ごすことでよいと思います。

2ヶ月前 No.171

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

報酬で評価を確定する以上、衣食住に困惑する方々も出ると思われます。

社会は変わりませんが・・・・・・。

能力に恵まれないことが衣食住の確保という、最も生きる根幹を揺るがしても良いのでしょうか。

大体、能力ってなんでしょうか。

社会は変わらないですが。

2ヶ月前 No.172

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

評価が人を幸福にしたり、不幸にしてしまうものでは?

挽回不可能なケースは多々考えられます。

ほぼの人は不幸なのです。

報酬で評価システムを測ることは、です。

2ヶ月前 No.173

百理 ★5z6bVAmgS3_Y9V

人間の道は、清貧の道しか用意されていない・・

2ヶ月前 No.174

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

>>174

百理さん、清貧の道しか用意されていない、全く、其のとおりです。大共感です。さすがです。宗教・哲学、を心得ていらっしゃる。

2ヶ月前 No.175
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる