Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(184) >>

哲学に関する質問と返答

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(2257) - いいね!(9)

neikos ★.jEEKRqJuHU

http://aurasoul.vis.ne.jp/_tetsugaku_tetsugaku/87.html
を、継続しよう!

「哲学的用語や、文献の読解など、哲学の疑問はここで。
 んでもって誰かがそれに答えてww」

・自分はこういう風な疑問を持っているけどそれは哲学のどの分野になるか?
・こういうことを考えた哲学者っているのか?
・○○って誰?どんな人?

など。人、学問領域、本、辞書的定義、にそれからネットのページの紹介で、
知識を共有したい。

2007/02/18 14:23 No.0
ページ: 1 2 3

 
 
↑前のページ (134件) | 最新ページ

真理 ★u0iKZG2kyW_Tr8


 物事の根源を考え探求する

  私たち人間は生きて行く為に生活の質を得る必要がある。安定した豊かな収入があり衣食住が困難なく豊かに得られれば幸いである。

 しかし現実は生きて行くと言う事は大変な事であり多くの困難が存在するものである。社会全体を見渡すと万人が所得を求め働いている。

 国民全体が収入を所得を求める仕組みや方式はどうすれば良いのか可能か疑問の疑問である。社会の経済はお金のない人々が借金をする事で

 お金を使い経済が活発になり景気が良くなる。借金をする人々が多くなればなるほど借金の金額が多くなればなるほど経済活動が活発になり

 景気は最高の状態になる。しかし借金をした人々が多くなり借金の額が高額になり返済する事も借金をする事も出来ない社会状態になれば

 先を見る事も期待する事も希望を持つ事も出来ない危険な状態に陥ってしまう。現実の社会状態は国家も企業も個人も借金だらけである。

 この現実をどのように克服していくかが重大な問題である。経済の仕組み経済方式は限界に来ているのではないかと思えます。

7年前 No.135

★DOCOMO=E5WvdJdtNT

アリストテレスの四原因説について
「現象には質料因と形相因があり、形相因をさらに始動因、形相因、目的因の3つに分け、合計4つの原因があるとした。」
だとか
「始動因と目的因は結局形相因に帰着するから、結局現象は質料と形相の2原理で成り立つ」
的なことが書かれているサイトがありますが、意味がわかりません。
なぜ帰着する?
少なくとも始動因は形相因にまとめることはできないと思うんですが…

7年前 No.136

考える人 ★9e32HIRJhg_LiH

キルケゴールとハイデガーとウィトゲンシュタインの哲学について、今読んでいるのですがよく分かりません。

詳しく教えて下さい。

7年前 No.137

初心者 ★OtnpfgLGMo_Cv9

汎神論を主題的に論じた哲学者って、スピノザ以外に誰かいますか?

7年前 No.138

初心者 ★Ze06kTZnmO_KMC

存在論と認識論はどう違うのでしょうか?
なんとなくわかる気はするんですけど、改めて考えるとよくわからなくて。

6年前 No.139

革命 ★4cpO7D5Q7Y_DQ4

人間の存在構造。

前提として存在があって、それを認識して、その存在に働きかける。
そこでは存在ー認識ー行動の連鎖となる。
だから存在論ーその認識論ーその行動論の展開となる。

だからそこに存在論の限界があることになる。
存在ー認識ー行動の連鎖での最後の行動が問題となる。

そこに飛躍が出るかどうかの問題である。
その飛躍の論理は前の認識の中にあることが必要であることになる。

宗教が存在の問題ではないことが重要である。だがそうなっていないことが問題であるのだが。

6年前 No.140

初心者 ★Ze06kTZnmO_KMC

革命さん

返答ありがとうございます。

革命さんはよく、存在の範囲と認識の範囲は一致しないとおっしゃいますよね。

存在の範囲、認識の範囲、行動の範囲はどのような関係にあるのでしょうか?
存在の範囲の内に認識の範囲があり、認識の範囲の内に行動の範囲があるのでしょうか?

6年前 No.141

革命 ★4cpO7D5Q7Y_DQ4

その範囲は順次に拡大して行くとかいすべきである。

存在が前提としてありて、その範囲を拡大して認識が成立して、行動はその認識を超えていくことになる。
それが革命理論であるかも。
宗教理論もそうあるべきである。

通常はその反対で縮小の関係が成立する。それをマンネリと言うことになる。

6年前 No.142

革命 ★4cpO7D5Q7Y_DQ4

全存在を無と設定すると、その後の認識思考、行動が 省略されて楽になるかも。

それは便利な方法である。思考経済の問題か。

6年前 No.143

解体のようなもの ★iPhone=kLKmVrhZHg

>>142
頻用されている『範囲』ってどう言う意味?

存在に『範囲』があるってどういうこと?

6年前 No.144

革命 ★4cpO7D5Q7Y_DQ4

存在の集合を適当に分離するということか。
認識の集合とか、行動の集合とかを適当に分離すべきか。

用語の使用は適当なやり方であるから学問的に成立するか否か。
そこに独断と偏見とがあることになる。批判によって進歩するか。

6年前 No.145

初心者 ★Ze06kTZnmO_KMC

革命さん

革命さんに聞いてみたいことが思い浮かびました。

(ニュアンス的に存在の範囲と言いたいので、存在の範囲という表現自体の問題は置いておいて、)

神においては存在の範囲と認識の範囲と行動の範囲は一致しているのではないでしょうか?

6年前 No.146

革命 ★4cpO7D5Q7Y_DQ4

神において存在の範囲と認識の範囲と行動の範囲とは一致しているか。

神を限定しない場合はそうなる。
神は創造の主体であるから、その創造の範囲を限定しない限りでは無限定となる。

だが人間は限定された神であるから、限定論が発生することになる。
人間は神の代行者であるからである。
その全部を請け負うものではない。限定的任務を負うことになる。
人間は全知全能ではないからである。

その人間の反射として神を認定することになる。ホイエルバッハ。

神は肉体を持たないであることになる。
それは存在ではなくして存在を創造する主体であるから。
存在とは神によって製作されたものである。

6年前 No.147

初心者 ★Ze06kTZnmO_KMC

神を主体として設定することは、神の限定にはならないのですか?

6年前 No.148

革命 ★4cpO7D5Q7Y_DQ4

神を主体として設定することは、神の限定となる。なんでか。

その設定主体が限定された存在であるからである。
その設定主体が人間であれば、その範囲で神を限定することになる。
そこでは人間から見た神という限定があることになる。

マルクス主義は神を人間のなかに吸収したことになるが。
人間が一番上という発想は成功しないことになる。なんでか。

6年前 No.149

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Q4q

二つ質問があります。
心理主義と観念論は同じですか?
心理主義はどこを批判されてるのでしょう?

4年前 No.150

ちょっと寄ってみました。 ★AqBk4MgmmE_mgE

Wiki読んだ?下らないと思われるかも知れないが、安直に信用すると、結構分かり易く書かれているように思う。「観念論」と「心理主義」のところをだまされたと思って読んでみることをお勧めしたい。Wikiの記述が確かならば、そして、俺の独解力が確かならば、

Q1・心理主義と観念論は同じか?
A1・心理主義と観念論は別物である。

Q2・心理主義はどこを批判されているか?
A2・論理・認識論的な考慮を払わず心理学的なものを重視しすぎる点。

となるかと思う。シロウト方式だがご参考まで。

4年前 No.151

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

世代を通しての倫理にかんする古典、何か知りませんか。

4年前 No.152

ちょっと寄ってみました。 ★AqBk4MgmmE_mgE

Wiki読んだ?下らないと思われるかも知れないが、安直に信用すると、結構分かり易く書かれているように思う。「倫理学」のところをだまされたと思って読んでみることをお勧めしたい。Wikiの記述が確かならば、そして、俺の独解力が確かならば、

Q1・世代を通しての倫理に関する古典は何か?
A1・二コマコス倫理学。

となるかと思う。関連項目でリンクされているのは、それだけだからである。シロウト方式だがご参考まで。

>>151 はそこそこ真面目に考えてたりもするが、 >>153 (これ)は決してそうではない。なぜかは、お分かり頂けているものと思う。

4年前 No.153

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Q4q

>>151  ちょっと寄ってみましたさん

ウィキは読みました。

>A1・心理主義と観念論は別物である。

何故ですか?

>A2・論理・認識論的な考慮を払わず心理学的なものを重視しすぎる点。

もう少し具体的に詳しく教えて下さい。

3年前 No.154

ちょっと寄ってみました。 ★AqBk4MgmmE_mgE

俺にはWiki以上の知識はない。A1については、比較すれば別物であることは明らかだろう。A2はWikiの記述そのままだ。シロウトなるが由、それ以上はちと勘弁。斜め上から読むと、哲学上は、「心理主義」とかいう言葉はフッサールかぶれの現象主義者共が使用するところの一つの悪口、レッテル貼りであり、そのように言われたからといって、それが本当に意味ある内容であるかどうかは再考に値する。例えば、西田幾多郎は自ら自分の著した「善の研究」について、「心理主義と言われても仕方ない」みたいなことを書いているが、本当にそれが心理主義に分類されるべきかは、さして明確ではないと思われる。西田の「善の研究」が、果たして物事を心理学に還元して説明しようとしているのかどうか。俺自身は、「善の研究」は心理主義というよりはむしろ、同時代の著しい科学上の理論の進展に対する軽視、いや、それらへの対抗心から、それらの著しい成果を貶め、ないがしろにしようとする態度の方が顕著であると思われる。参考のため、それぞれの記述を下に比較で示す。

観念論:
哲学において、イデアリスム(英:idealism、独語Idealismus、仏語Id□alisme)もしくは 観念論は、さまざまな意味があるが、認識の妥当性に関する説の一つで、事物の存在と存り方は、当の事物についてのidea(イデア、観念)によって規定される、という考え方[1]などを指す。

心理主義:
心理主義(しんりしゅぎ、英: psychologism、独: psychologismus)は、価値、真理、妥当性などの抽象概念を何らかの心理的作用として把握しようとする学問上の態度を意味する。これは、特定の思想というよりもむしろ、功利主義、唯物論、科学主義などのように形而上学的思弁的議論を好まない思想に広く見られる方法論のひとつである。哲学上の心理主義はフッサールなどが「論理・認識論的な考慮を払わず心理学的なものを重視しすぎる」と批判的に用いたことに始まる。

3年前 No.155

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Q4q

>>155  ちょっと寄ってみましたさん

ありがとうございました。何か例えが欲しいんですけどね。
ウィキの例えはイマイチ、ピンと来ない。
解体さんがいたら教えてもらいたいところなんだけど。

3年前 No.156

ちょっと寄ってみました。 ★AqBk4MgmmE_mgE

「例え」ね。何を欲しているかがいまいちピンと来ないけどね。例えば、「哲学上の心理主義はフッサールなどが批判的に用いたとされるが、それはどのような時代背景の元、どのような対象について、どういう点において批判しているのかを具体的に知りたい。」ということであれば、そのような専門家の研究結果を読むのが良いと思われる。もし、そうなら、「心理主義 フッサール 批判」で検索してみよう。まっとうそうな記述がされていそうな文章(表題:フッサールの心理主義批判)を参照できる。まあ、その記述が、本当に妥当なのかどうかは分からないが、ここで無責任に書き散らされてるカキコ(俺のもな)よりは、はるかにましだろう。それをまともに信用すると、恐らくは、「心理主義」とは「批判実施以前のフッサールや師であるブレンターノの考え方を含む19世紀後半の心理学の興隆によりもたらされた、論理的判断や推論は心的作用を心理学的に分析することによって解明されるという見方」となるのだと思う。なぜ、心理主義がダメなのか?色々書いてあったが、誤解を恐れず、一言でいえば、「本末転倒だ。」ってことなんだろう。いずれにせよ、ギリシア時代からの伝統があり、心理学という方法論がなかった時代のバークリやカントが代表者である観念論とは別物だ。

3年前 No.157

@private11 ★iPhone=vZQIXz3VjS

普通にフッサールの著作を読みなよ笑

3年前 No.158

@private11 ★iPhone=vZQIXz3VjS

心理主義は古代からあるのに笑

3年前 No.159

ちょっと寄ってみました。 ★AqBk4MgmmE_mgE

へ〜、ま、そうだろうな。例えば? 具体的に説明してもらおうか。

3年前 No.160

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Q4q

フッサールの著作も読んだんだけど、それで私が西田の心理主義的な面を踏襲してしまっているという阿さんの批判が分からないんだな。正直に言うと。西田の心理主義的な面とは何なのか。意識現象が唯一実在であるって言っちゃってるから、西田の心理主義的な面はなんとなく分かるんだけど、それで私が踏襲した心理主義的な面とは何かっていうのが分からない。

3年前 No.161

@private11 ★iPhone=vZQIXz3VjS

「フッサールの著作も読んだんだけど」

3年前 No.162

@private11 ★iPhone=vZQIXz3VjS

わからなくていいし、わかる気も大してないだろうに。

3年前 No.163

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Q4q

阿さんがどれくらいの「分かる気も大してないろうに」と言ってるかは分からないけど、
自分の批判されているところがどこか知りたいし分かりたいのは山々です。
だとしたらフッサールをよく読めと言われるかもしれないけど、
よく読みたくなくとも、知りたいし分かりたいのは山々です。

3年前 No.164

@private11 ★iPhone=vZQIXz3VjS

「阿さんがどれくらいの「分かる気も大してないろうに」と言ってるかは分からないけど」
本気だよ。君は「すべて」とやらを感じただかなんだかしたんだろうからね。なのに「知りたい」? 「まだ知らないことがある」? 意味不明。

「自分の批判されているところがどこか知りたいし分かりたいのは山々です」
なんでフッサールを読まないのか。なぜ考えないのか。なぜいつまでもお喋りに逃げるのか。

3年前 No.165

ちょっと寄ってみました。 ★AqBk4MgmmE_mgE

おや、およびでなかったってわけか。ま、そうだとはおもってた。では。

3年前 No.166

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Q4q

>意味不明。

全体を知ったからと言って、部分を知る余地は残されています。
全体即部分ではなかったのかと思われるかもしれませんが、
部分が未だ明瞭でない場合があります。そこが知る余地です。

>なんでフッサールを読まないのか。

気力が出ないんです。読もうとしたら首がピクっと痙攣してしまいます、病気の症状です。

>なぜ考えないのか。

聞いた方が早いと思ったからです。

>なぜいつまでもお喋りに逃げるのか。

楽しいからです。対話を通して知ったことを喜びと感じるからです。

3年前 No.167

てじ @flyonbody ★ZkiDndseok_Ew9

「存在と存在者の二重襞」というハイデガーの言葉はライプニッツの襞という言葉から取られたという噂を聞いたのだけど、その経緯がいまいち分からない。
というか、「Zwiefalt」は「襞」なのか。ところで、「襞」とはここでは何を意味しているのか。
彼はこの言葉を「Seiend」と言い換えてもいる。
この二重襞はどうやら襞を開くようだ。しかし、この展開は何を意味するのか。
そしてこの存在と存在者の二重襞は存在と存在者との差異と並べられる。しかし、襞と差異がどうやって並ぶことができるだろうか。

どうすればこの二重襞を経験できるだろうか?いつ?

ハイデガーがかつてこれをどういう名で呼んでいたか?こう質問しても問いは同じだろう。「関心(Sorge)」か、と最初は思った。あるいは、存在論的差異か、と。しかし、そうだとしてもやはりそれらが同じものであるということを確認してはいない。

二重襞の消息をなにか知らせてくれ。
・俺は「モイラ」を読んでみて、どうして襞か、どうしてZwiefaltという名であるか、と思った。
・『思惟とは何の謂いか』の後半部でもこの二重襞について語られているらしいのだが、まだこの本は手に入れていない。
・「アナクシマンドロスの箴言」でも語られているらしいというのを聞いたことがある。
・他にも何か情報があれば知らせてくれ。「なぜZwiefaltか?」という経緯が、主に気になっていることだ。これが言い換えであれば、言い換えた理由も気になるし。
・二重襞について読んだ人は、なにか分かったらここに書き込んでほしい。別に、知ってどうってことはないのだけれど、謎ときのつもりだ。

興味がわいたら、図書館とかで『ロゴス・モイラ・アレーテイア』の「モイラ」を読んでみて、感想を聞かせてくれ。ライプニッツに関して心当たりがあってもよろしく。ちなみにモイラはパルメニデスの断片の解釈になっている。

3年前 No.168

宿題 ★RbvL5VVr1p_s2P

現存在は、互いに前後する歴史性の関係もあるのですが・・おいといて・・

見るものと、見られるものの二重襞は、鏡を見るごとくに、見られるものであるものを見るものの中にとりくむこと。

一人の者は、他の者が関与したことが無い徹底的な根本的経験を持ちます。
この結果どの形而上学的象徴も言語において狂いが来ます。
よって客観とは、見られるものとは一義的なモノでなく、その都度自己自身を通る象徴として
存在の本来的実質へと視線を通すものです。

見る者と見られる者は、象徴的にどちらも自分自身を通過するものです。

3年前 No.169

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

立憲って、あるいは立憲主義って、憲法を定めてしまったらそれで終りってものじゃないと思う。立憲って「国民の不断の努力によって」絶えずなされることではないか?
カントの立法と、いわゆる立憲って同じものかな?

あと日本国憲法前文の、「政治道徳の法則」って何だろうか。カントの道徳法則と近いものが考えられている?

法哲学に詳しい人がいたら、そこらへんの解説や参考になる本とか知りたい。

3年前 No.170

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

「歴史性」って何ですか?

3年前 No.171

宿題 ★RbvL5VVr1p_6r2

>>171

歴史性なしでは語れない、継続的な現存在を支える過去と未来です。

3年前 No.172

てじ @flyonbody ★iPhone=HlJ2JlAFDg

現存在を支えるのは、現在では?

3年前 No.173

宿題 ★RbvL5VVr1p_6r2

>>173
歴史性とは、客観的な全体性における相互依存です。
歴史的意識や普遍妥当な全体をみるのが形而上学です。

現存在の断片では、根源を消失した対象化されない現象のみの存在です。

3年前 No.174

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_Im8

プラトンのイデア論の想起説を批判した人がいたとしたら、
その批判内容を教えて下さい。

3年前 No.175

田中 ★DIlmjnuSvl_C1c

はじめまして。田中といいます。
哲学板でいいかどうか不安ですが、質問させてください。

ぼくは痛いのや苦しいのが嫌です。精神的な苦痛でなく、肉体的な苦痛の話です。
もっと具体的にいうと、「仕事をしないとお金が無くなって、食べれなくなって、空腹が苦しい。病院に行けず、病気で痛い苦しい。」そうなることを恐れて仕事をしています。不安です。
かといって仕事をしてたら万全ってわけでもなくて、自動車事故、悪い人に拉致拷問される、地震、隕石が降ってきたら……etc
なにをしてても、痛み、苦しみを完全に避けられるような気がしません。
じゃあ、どうしたらいいのでしょうか。
哲学板の皆さま、アドバイス頂けたら幸いです。

※「痛み苦しみを回避する」ではなく「こんな不安を持つことをやめる」という別視点からの対応もあるかもしれません。
 でも、不安を持たなくすることもまた怖いです。
 不安を失くしたら地震対策だってしないかもしれません。その結果、圧死したり、洪水から逃げ遅れて溺死したり、そういうことを考えると、不安を持たなくするのは怖いです。

1年前 No.176

百理 ★5z6bVAmgS3_zRM

田中さん

初めまして・・本来の哲学の話ではありませんが・・中島義道さん関係ならお話が通じると思います・・

1年前 No.177

田中 ★DIlmjnuSvl_C1c

百理さん

はじめまして。回答ありがとうございます。中島義道さんですね。ちょっと調べて見ようかと思います。以上です。

1年前 No.178

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_2mP

100%苦しみのない生とは何を意味するのだろうか。

苦しみと快楽を分離することなどできるのだろうか。

快楽を味わうのが肉体であるなら、
苦しみを味わうのも肉体である。

快楽も苦しみも、
肉体のもとで表裏一体となっている。

肉体のない生など、頭のなかでしかありえない。

だから生は快楽や苦しみと一体である。

生きているから肉体があるのではなく、
肉体があるから生きているのである。

それを取り違えると、
「100%苦しみのない生」という理想に、
自分の生が振り回されることになる。

苦しみの可能性を受け入れることは、
生を受け入れることと同じである。

生を受け入れることは、
同時に喜びの可能性を受け入れることでもある。

だから完全に苦しみを避けて生きるという理想を実現することは、
生の否定そのものである。

1年前 No.179

田中 ★DIlmjnuSvl_C1c

すめんさん

回答ありがとうございます。お話し参考になりそうです。以上です。

1年前 No.180

うさぎ ★NV90AsC0hA_UHY

自分の考えとコピペは違うと思うのだが、コピペは真理だが、その人の考え方は何なのでしょう?
真理は「人それぞれ」で何十億の真理があると哲学書に書いてありました。どどうなってるのでしょうか?

哲学の真理はひとつだと思っていましたが?

1年前 No.181

★30JjgxOVKX_ZFe

>181
「真理」をエポケーすればいいんじゃなかしら。

1年前 No.182

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_kE1

思索の息抜きに独り言。

自分なりに考えを深めてゆくことに、意味はあるのだろうか。

最近、これまで考えてきたことをさらに深めようと、問題意識を先鋭化させる努力をしている。思うに、これまで考えてきたことはただ、問題意識を深めてゆくことによってのみ、息を吹き返すのではないか。問題意識が残りつづけるかぎり、妄想には陥らないのではないか。

しかし、探求が今、息切れの状態である。

ちょっと休もうかな。でも、他にすることないしな……。

4ヶ月前 No.183

久住哲 @flyonbody ★iPhone=EWKnAVh1q8

ハイデガーの「F□ge」について理解を深められるハイデガーの著作が知りたいです。

2ヶ月前 No.184
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる