Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1788) >>

あなたは神を信じますか?

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(7830) - いいね!(17)

月の王★PssTYLuYq/w

基本的にキリスト教以外でお願いします・・・
ちなみに私はヒンヅー教です

2006/09/09 00:50 No.0
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

 
 
↑前のページ (1738件) | 最新ページ

宿題 ★sicIy89Ne4_sxd

空の光さん

自分を鏡で見る事が自分を客観化していると思いませんか?

しかし鏡は光と場所によって見え方も変わります・・

実際に鏡を見る姿と合わせ鏡で見る姿が実は全然違うのです・・不思議です・・

3ヶ月前 No.1739

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

自分を鏡で見る。

神の目を通せばそれ以上に自分が見えてくる?
鏡で見る目・・・自分が見るんだからいいやと思ったりする?

そこが神の目で見るのと違うんでしょうか・・・
表も裏も見られる・・・合わせ鏡。

表面も奥も見られる・・・合わせ鏡以上の神の目。

3ヶ月前 No.1740

宿題 ★sicIy89Ne4_sxd

空の光さん

さすがに着眼点が素晴らしいですね・・

3ヶ月前 No.1741

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

そんなに言われると照れちゃいます。
ありがとうございます。

3ヶ月前 No.1742

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

人間は地球を外から見ただけでどうにかなっちゃいますから・・

3ヶ月前 No.1743

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

そうですね。神様の目に少し近づいた感じの目線かな。。。外から地球を見るって・・・

だから感動を呼び起こすのかな。地球の美しさ。。。つまり、地球に創られる天国を見た感じ?

それは近くで見ても、遠くで見てもそれぞれの美しさがあると言うことかな?


♪ コスモに浮かぶ たった一つのオアシス ♪


だから、みんなで守らなきゃ・・・

いつまでか分からない星の命、太陽の命、宇宙の命。

3ヶ月前 No.1744

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

命には、天国と地獄があると思いませんか?

3ヶ月前 No.1745

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

そうですね。命というか魂というかの居所が天国か地獄か・・・かな?

死んでなくても、あの世には、この世の魂とつながりのある魂があるらしいです。

その魂が、天国に籍があるか地獄にあるか・・・それが生きる今の運不運を決めるようです。

その籍はどう決まるのか?この世でどれだけ徳を積むか。どれだけ美に触れるか?

そこが肝心らしいです。時に自分はどうなんだろうと思うことがあります。

徳積ができてるかどうか?人を喜ばせる、周りを綺麗に掃き清める。

神様、先祖様に手を合わせる。

美術集を観る、詩集、歌集、句集を観る。

3ヶ月前 No.1746

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

詩・歌・句みんな口(くち)があります。

思想・念仏には心が・・

詩や歌や句も情景を歌うのが主流だからでしょう・・

3ヶ月前 No.1747

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

詩、歌、句 確かに口?がある。

口(くちへん)は実はくちとは違う場合があるようです、

もう随分前に新聞に載ってたのですが、神様と関係のあるうつわを表してる?

詩、歌、句は神様に捧げてたのかもしれません

仰るように情景・・・景色と心を歌ったのでしょう。

3ヶ月前 No.1748

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

そう言えば「哲学」は口なのですよ・・

3ヶ月前 No.1749

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

そう言われればそうですね。んー、神様と関係がある?

口の上は折るですね。手偏・・・示偏なら祈るですけどね。

口を折る・・・ちょっと分かりませんね。

そう言えばいとこが哲の字を名前に使ってます。

3ヶ月前 No.1750

宿題 ★sicIy89Ne4_6UX

空の光さん

北宋の儒学者であった周敦頤の『通書』志學第十[19]に「士希賢」(士は賢をこいねがう)との文言があり、ここから「希哲学」の語が生まれ、中国西学が<Philosophy>の訳語として転用したものを西は採用し、さらにこれを変形させて(「希」の省略)、「哲学」とした[18][注 8]。

西周は初期明治政府の知的指導者の有力者のひとりであったため、西周の造語はやがて文部省の採用するところとなり、一般に用いられるようになった[7]。

「哲」は明らか(明)、事理に明らか、さとし(敏)、知る、ものしり、賢人・知者の意味がある[20]。会意文字で口+折(音符)、折は一刀両断すること[21]。「哲学」という訳語は、現在中国でも使われている。


哲学は儒学からの言葉・・日本の哲学は邪道ではないでしょうか?

3ヶ月前 No.1751

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

哲学は儒学からの言葉・・・

じゃあ、フィロソフォス・・・知を愛すから考えてみてはどうでしょう?

愛知?・・・これじゃあ愛知県と一緒で紛らわしいか。んー。

2ヶ月前 No.1752

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

愛知だと今度はキリスト教がかっているでしょう?

2ヶ月前 No.1753

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

んー。愛知=キリスト教

命名するのは難しいですね。

叡智学というのはどうでしょう。

悟学というのもいいかな。

2ヶ月前 No.1754

宿題 ★sicIy89Ne4_6UX

空の光さん

名まえを変えたら運命変わりますよ・・哲学の運命・・

2ヶ月前 No.1755

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

おお、そう言われてみればそうですね。

良い方向に変わるんならいいかも・・・

哲学だから堅くなってるのかも?

柔らかい名前ならソフトで入門しやすいかも?

2ヶ月前 No.1756

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

真理は簡単に解るものではないですよ・・

2ヶ月前 No.1757

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

そうですね。簡単に真理が分かればもっと世の中は良くなってたかも?

実は真理が転がってるのを見落としてる?

真理が見えない世の中なのかもしれない。

今までの世界では真理で無かったけど、これからの世界では真理。

そんなものもあるかもしれない。


三千年を解くすべを持たない者は
闇の中、未熟なままに
その日その日を生きる

by ゲーテ

2ヶ月前 No.1758

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

明文化したら形になった時点でアンチテーゼ(逆の文・否定文)が成立しますから・・

明文化しないまま・・

2ヶ月前 No.1759

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

テーゼが生まれればアンチテーゼが生まれる。
これも一つの真理かも知れない。

だとすると、テーゼとアンチテーゼとが向かい合って
次の段階へと進むとしたら・・・

テーゼとアンチテーゼが生み出すものがある。
テーゼは永遠ではないのかも知れない。
永遠はどこから生まれてくるか、川の始まりから終わりを見るかな。

それは海なのかも知れない。風が吹けば波立つ。
晴れの日は青く、曇りの日はくすんでる。

そんな大きな真理を生み出すために、テーゼとアンチテーゼが必要なのかな?

2ヶ月前 No.1760

宿題 ★sicIy89Ne4_6UX

空の光さん

弁証法のヘーゲルさんも難解中の難解で解釈が分かれているらしいですよ・・

2ヶ月前 No.1761

えすかるご ★d6T9ISi3A0_Ew9

よくさ「それは神の領域だ」とか言うじゃん?
あれって神様からしたらちょーウケると思うんだよね
全てが神の御業だとするなら人間の科学なんて幼児のお遊びだぜ
とか余裕こいてたら最近DNAを一から作り出して人口生物の作製に成功したらしい
そろそろ神も笑えなくなる?

2ヶ月前 No.1762

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

おお、さすがテーゼとアンチテーゼだけでヘーゲルって分かっちゃうんですね。

うーん、難解な部分は避けて通ったかな。ソフィーの世界はやっぱり入門書なんですね。


えすかるごさん

DNAを一から・・・本当に神が笑えないとしたら、許されざる領域ですね。

いずれストップがかかるかもしれませんね。

2ヶ月前 No.1763

宿題 ★sicIy89Ne4_6UX

空の光さん

哲学は奥が深いです・・

迷宮入りになるかもしれないし・・

哲学の頂上では酸欠状態になるでしょう・・

2ヶ月前 No.1764

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

迷宮入り・・・酸欠状態・・・人の作り出したものゆえでしょうか。。。

地図を作りながら進む。方位磁針も携帯して?

迷宮入りになるほどの・・・には足を踏み入れたくないな。

2ヶ月前 No.1765

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

ご近所で何十年も前にお茶の水の女学生さんが自殺されています。

ご用心願います・・

ヤスパースさんも価値観で混乱して眩暈の底に落ちないように超越者に導かれたそうです・・

2ヶ月前 No.1766

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

お心遣いありがとうございます。

自分は・・・今のところ迷いには入ってないようです。


迷わないよう導いてくれる。そうでしたか。自分もいつか迷ったら・・・

できれば迷い道には入りたくないけど。。。入ったら導いてくれる人が・・・いる。と信じてます。

2ヶ月前 No.1767

宿題 ★sicIy89Ne4_iGf

空の光さん

私はヤスパースさんの本の導きなどもあります。

2ヶ月前 No.1768

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

色んな人の言葉、色んな人の作品。

それらを通して導かれていく・・・

それなら安心ですね。

2ヶ月前 No.1769

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

空の光さんに別スレで支持者さんが現れたのではありませんか?

ただし詩の才能で・・

2ヶ月前 No.1770

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん

うんうん、今、見てきました。嬉しいの一言につきますね。

詩はここでは披露してないけど。

ここでの文章そのものが詩になってるのかな?

精進しようと思います。

2ヶ月前 No.1771

宿題 ★sicIy89Ne4_iGf

空の光さん

ソフィーの世界・・

「あなたはだれ?」
「世界はどこから来た?」

これもまるで詩の一節みたいですね・・

2ヶ月前 No.1772

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

宿題さん


詩の出だしという感じですね。

「なんのためにうまれたの」

「どこへいくの」

と続きそう。


そして最後は

「うまれてよかったね」

「たどりついてよかったね」

にななればいいね?


いや、そうなったのか

ソフィーは存在異義を見つけた。

終わりと始まりを見つけた。

2ヶ月前 No.1773

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

それって詩になりますよ・・空の光さん独自の・・

わたしだったらちょっと真理を永遠に探し続ける感じに書きます・・

2ヶ月前 No.1774

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

「あなたはだれ?」

「世界はどこから来た?」


「なんのためにうまれたの」

「世界はどこへいくの」


「哲学が鍵だね」

「生まれを見つける」


「ソフィーのホントは・・・」

「世界のホントは・・・」


「存在意義・・・自分たちの目的は」

「存在意義・・・世界の目的は」


「さらに続く 自分の存在意義」

「世界の終わりは 始まりだった?」


「うまれてよかったね」

「たどりついてよかったね」

2ヶ月前 No.1775

宿題 ★eM1n2yJmTo_sxd

空の光さん

哲学の内容を入れた方が・・

2ヶ月前 No.1776

フーリエ ★bxCl2bx0I0_iGf

いきなり失礼します、私は多くの人が神と呼ぶ概念的で抽象的な存在は居ないと思いますが
偉大な哲学者の先達の方々が証明してきた神の存在証明において証明される限りなく高い知性を保有する高位存在は存在すると考えます。

私が神の存在証明において之だと思うものが目的論的証明と呼ばれる物なのですが
その証明によれば世界の物事は、自発的に存在、発生し、極めて精妙にして、秩序だった事象の動きと組織原理を持っているとされ、惑星の運行などや、元素などに奇妙な程整った規則性が見受けられる事や、動植物間における捕食関係や気象による大地の変化等、様々な部分において自然の仕組みは精巧です。そこから人間の発想力や可能とされる技術を遥かに超えている為に、人知を超越した者が世界を作ったのではなくては説明がつかないという点から成る証明です。

簡潔に纏めると自然世界は高度な目的的な仕組みと存在の在り方から、神(知的高位存在)の存在の証明が成されるという事となります
聖書にもありますが
「なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。神がそれを示されたのです。世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。」

特に重要な部分が"神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます"という部分ですね目的論的証明の前提部分が聖書において証明されています。

そしてこれは現代に置ける考えの一つであるインテリジェントデザイン(Intelligent design)、略称、ID説は
目的論的証明と同様の立場を持った考え方と言えるでしょう

皆様ご存知かと思いますが一応。
ID説とは「知性ある何か」によって生命や宇宙の精妙にして精巧なるシステムが設計されたとする説です。


概要
『宇宙・自然界に起こっていることは機械的・非人称的な自然的要因だけではすべての説明はできず、そこには「デザイン」すなわち構想、意図、意志、目的といったものが働いていることを科学として認めよう』という理論・運動である。近年のアメリカ合衆国で始まったものであり、1990年代にアメリカの反進化論団体、一部の科学者などが提唱し始めたものである。

旧約聖書から大きく影響を受け、聖書主義を基盤に、宗教的な論説の創造科学から宗教的な表現を除き、一般社会や学校教育などにも広く受け入れられるように意図したもので、宗教色を抑えるために、宇宙や生命を設計し創造した存在を「神」ではなく「偉大なる知性」と記述することが特徴である。これにより、非キリスト教徒に対するアピールを可能とし、ユダヤ教徒[2]やヒンドゥー教徒[3]、イスラム教徒の支持者を得ている[4][5]。また宗教色を薄めることで、政教分離原則を回避しやすくなる(公教育への浸透など)。

旧約聖書によれば「全ての人間の祖先であるアダムは神によって作られ、その妻イヴはアダムの肋骨から生まれた」とされ、ユダヤ教徒やキリスト教徒の間では長い間これが信じられてきた。しかし、ダーウィンの進化論が認知され、「原始的な動物が次第に進化して人間になった」と考えられるようになると、聖書の記述をどのように解釈するかについて議論が起こった。インテリジェント・デザインでは、地球が創造されてからわずか数千年しか経たないという「若い地球説」は採用せず、「原始的な動物が人間に進化した」という進化論を一部認めつつも、「その過程は偉大なる知性の操作によるものである」として、宗教色を薄めつつも「偉大なる知性」を神と解釈できる余地を残している。

米国でインテリジェント・デザインを公教育の理科の時間にも取り入れようとする動きがあり、ジョージ・ブッシュなどもIDを支持し「平等のため、進化論のみならずインテリジェント・デザインも学校の理科の時間で教えるべきだ」と主張した。こうした動きが議論を起こした。

一方、インテリジェント・デザインは科学とは別の「道徳的な問題」を扱う際のツール(道具もしくは根拠)であり、実際の自然科学と共存する思想であるとする論者もある。これは、「仏教における輪廻転生や地獄といった考え方は科学では肯定されてはいない(否定もされていない)が、人々が倫理や道徳を考える際に有用な考え方であることが経験的に知られているように、インテリジェント・デザインも自然科学を否定するものではなく、あくまで仏教の様な方便に過ぎないのだ」という主張である。
ウィキペディア〜インテリジェント・デザインの頁より抜粋〜


以上から私は宗教的神は存在せず、哲学的神は存在すると考えます。

2ヶ月前 No.1777

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

哲学的神・・・ですか。

哲学というカテゴリーの中にのみ存在する?
じゃあ、宗教を通しての神は存在しない?

信じるではなく。。。信じても信じなくても救いを展開する?
それとも哲学上においてのみ救いを展開する?

宗教が全てを包含しているとしたら・・・
救いの対象を宗教がことごとくを包含しているなら。
どの道を通ろうとも、救いの対象になる?

じゃあ、神を信じるとはどういう事か・・・
自分の親を信じるようなものか?
人は神の子という言葉もある。
という事は親子の愛となるのかな?
一人一人が親子愛で神とつながっている?
確かにこの世では見も知らぬ存在であったりもするけど。

救いが展開されなければ、神の存在意義が・・・ない?
神は存在した時から、人類を天国に救うと決めていらした?
つまり、人類は救われる事が約束された存在だった?
なぜ救って下さろうとしたか。
約束は・・・なんのための約束だったか。
人が神の子となる事への約束だったのか?
ひょっとするとエデンへ帰っておいでという事かな?

イエスのことばによると天国は近づけり・・・
それば地上に天国が来るという事かな。。。
そうなると魂はあの世では天国に存在する?

2ヶ月前 No.1778

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

なんか思い違いをしてたようなので・・・
もう一度コンタクト・・・

本当に救いを・・・

それが神の思いとするなら。
哲学だとか宗教だとか、ある範囲のみの救いではないと思います。
哲学に神があるなら確かに哲学を救うでしょう。

宗教を越えて救いの手をさしのべる。そんな宗教もある。
哲学を越えて救いの手をさしのべるなら。哲学的神でなく。

キリスト教の言う「主」である神。
つまり哲学も科学、道徳、色んな神を拝む宗教でさえも包み込む神。

神が親であるなら、そうなる・・・
つまり哲学的を越える。

2ヶ月前 No.1779

★5NUbjBerQQ_kE1

>>1779  空の光さんへ

> キリスト教の言う「主」である神。

> つまり哲学も科学、道徳、色んな神を拝む宗教でさえも包み込む神。


そうですね。キリスト教では「主」。仏教では「梵天・大梵天」なんて表現されているようですね。

>神が親であるなら、そうなる・・・

>つまり哲学的を越える。


そうなりそうですね。

私の世界観では、その神を超えるのが、仏陀の教えと言う事になるでしょうか(笑)

所で、その後、弥勒菩薩についての何か新しい発見はありましたでしょうか?

2ヶ月前 No.1780

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

時さん

弥勒菩薩について。。。ん?探そうと話になってましたっけ?

覚えてないです。約束してたらご免なさい。

弥勒は五六七かいてもミロクと呼ぶようです。

五六七世界とかって書いてる文章を見たことがあります。

つまり地上天国の事かな?

五六七は他に五が観音 六が阿弥陀 七が釈迦を表すとか。

つまり順位は観音がトップ、次に阿弥陀、釈迦と続くようです。

これは見真実になった釈迦の経文にあるらしいです。

また、五六七は日月地であり、火の素、水の素、土の素となるようです。

今度こそちゃんと調べてみたいと思います。

2ヶ月前 No.1781

★FCshxwRMv8_kE1

>>1781  空の光さんへ

> つまり順位は観音がトップ、次に阿弥陀、釈迦と続くようです。

> これは見真実になった釈迦の経文にあるらしいです。


釈迦の経文とは、仏典の事ですよね?釈迦が説いた教えで、観音がトップなのですね。今となっては、多種多様な仏典で、多種多様な事が言われているのですね。面白いですね。

返信をありがとうございました。

2ヶ月前 No.1782

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

時さん

弥勒菩薩

弥勒の働き・・・円転滑脱つまり球のような働き。
どんな方向へも転がるように動く。
そんな働きのようです。

つっかえて動けないと言うことがない。
いつでも、どんなアクションにでも応えられる。
応身の働きとも言えるようです。

そんな人が増えれば弥勒の世ともと呼べるかな。
悩む、苦しむ。そんな事のない世の中のようです。

悩み、苦しみも一つのでこぼこでしょうから・・・

2ヶ月前 No.1783

★HrxxaoITsU_kE1

>>1783  空の光さんへ

> 弥勒の働き・・・円転滑脱つまり球のような働き。


なるほど。良い動きのようですね。これならば、特に対人関係での苦しみ等はなくなりそうですね。

しかし、例えばですが、愛する人の死に直面した時や自らが病床に付したときの無力感に苛まれたときの苦しみ等は回避できるのでしょうか?

> そんな人が増えれば弥勒の世ともと呼べるかな。

> 悩む、苦しむ。そんな事のない世の中のようです。


そして、私もこのような人が増えればよいとは思いますが、恐らく問題なのは、その境地の獲得方法になるでしょうか。空の光さんは温厚な方のイメージを私は持っていますので大丈夫かとは思いますが、仮に苦しんでいる人がそれを求めた場合にそれを獲得するための実践的な方法ですね。

つまりは、一般の我々が弥勒菩薩になる方法です。空の光さんは、ご存知でしょうか?

2ヶ月前 No.1784

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

時さん

亡くなった方への思いですか・・・

これは霊界、つまり、死後の世界があると心の奥底から思えるかどうか・・・かな。

自分は父が亡くなったと聞いた時、本気に出来ませんでした。
五十日祭の時、慰霊祭をして初めて父が亡くなったと思えました。

母の夢枕に父がでて、信じるものがあって良かったとの事。
それを聞いて初めてホッとしました。
悩みから脱し得たかなと自分なりに思いました。

信じるものがなかったら・・・
いつまでも父の葬儀に出れなかった・・・その悩みが続いていたかも?

弥勒信仰とでも言うのかな。
それがあって初めて円転滑脱に近づけるかな。

信じるものがなかったら。。。
どこかで書いたんですが。

一、難行苦行をする

二、徳積をする

三、自然美、芸術美に触れる

これらをしてみてはどうかな?と思います。
おすすめなのは三番目かな。。。
楽に出来て気持ちが穏やかになれる。
信仰していてもしてなくても出来る。

2ヶ月前 No.1785

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

芸術美・・・美術館などがいいんだけど。交通費とか入館料がいるんですよね。
近いところに美術館があればいいなと・・・
熱□のMOA美術館も何度か見たりしました。

テレビで日曜の朝の9時から美術館?などの事をやってますが。それを見るのもいいかな。

自分は自然美を詠んだ和歌の本を持ってます。美術館内の写真集。
自然の花や紅葉の写真集(俳句も載ってます)を持ってます。
ちょっと高いですが亡き祖父の形見としてもらいました。

また自分も句詠みや作詩をしたりしてます。
自然の中にああ、こんなものがと気付かされます。

2ヶ月前 No.1786

空の光 ★gJtkhrQng6_m9i

時さん

どんな事があっても弥勒の世に生きたいよというなら・・・

浄霊というものがあります。それを受けてみればいいと思います。

世界救世教の信者さんなら、だれでも浄霊が出来ます。

この浄霊はその人の霊、魂を綺麗な状態にするというものです。

綺麗じゃないと、綺麗になる為に色々と病などの災いがあるのです。

浄霊によって健富和になり、世の中にそんな人が増えれば、弥勒の世となります。

2ヶ月前 No.1787

貴方 ★QBKZ3kx8nH_Njd

空の光さん。くどいようですが、道具の再吟味をされることを再度お勧めしておきます。いくつか追加します。

(1)芹生公男編『現代語古語類語辞典』三省堂。持っていなかったら話にならない。必要性は★★★★★
(2)山田俊雄・外数名編『新潮現代国語辞典(第二版)』新潮社。著名な小説、詩、句、歌から用例が採取されている。
 「あくどい」を引くと与謝野晶子の歌が出てきます。それを見てニヤリと笑うかも。必要性は★★★★
(3)瀬戸賢一著『日本語のレトリック』岩波ジュニア新書。30の技法を意識していない詩人はモグリでは? 必要性は★★★★
(4)佐佐木幸綱編『三省堂名歌名句辞典』三省堂。山頭火のような非定型のものまで掲載。漏れがなくなる。必要性は★★★
(5)野矢茂樹著『哲学の謎』講談社現代新書。空の光さんのように自分で考える人向け。一読を要します。必要性は★★★
(6)貫成人『図説・標準哲学史』。必要とは思えない知識ですが、買うならこの一冊くらいだと思います。必要性★
 この種の本としては、他には今道友信著『西洋哲学史』や岩崎武雄著『西洋哲学史』が昔から好まれています。
 おまけに『命題コレクション哲学』とかも。近頃ヒットしたのは田中正人著『哲学用語図鑑』(続刊あり)。

推敲を重ね、長い年月をかけて、自分で創りたいものを書き上げれば良いだけなのでは?
あとは何も期待せずに『詩と思想』や『ユリイカ』の懸賞に応募してみれば良いではありませんか?
ここの掲示板で田舎相撲をしているよりも、その方が楽しいと思うのですが?

私はそろそろ消えます。話すこともないし、しなければいけないことも山積みで、切迫した状態になってきているので。

2ヶ月前 No.1788
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる