Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2

 
 
心は物理法則に従わない?No.26 だけを表示しています。

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>25  Mobiusさんへ

>ということは、[B]=「非物質的実体「霊魂」は存在しない」が間違っているのではないでしょうか。


 はい、[A]=「「非局所的相互作用」は存在しない」と[B]のどちらか一方は間違い、という点からいくと、[B]が間違っている可能性の方が高いと思われます。なぜなら、もし[A]が間違っていて、物質や光の中に「非局所的相互作用」が含まれているとすると、パソコンや携帯電話やスマホといった精密機器は、とっくに誤作動が見付かっているはずだからです。しかし実際には、これらはうまく機能しています。つまり、物質や光には「非局所的相互作用」は含まれていないと思われます。
 そうすると、[B]を疑うことになります。そしてこの場合の「霊魂説」は、「並行説」(脳に霊魂が随伴し、脳状態に対応した心の状態を体験するが、霊魂と脳との間に物理的相互作用は無い)ではなく、「相互作用説」(霊魂と脳とは互いに物理的相互作用を及ぼし合っている)の方になります。

 ただし、後出しジャンケンで申し訳ありませんが、厳密に言うと、あと2つの可能性が有ります。《第三の選択肢》=「心は錯覚であり実在しない」、《第四の選択肢》=「心だけが実在し、物質世界の方が錯覚であって実在しない(観念論)」です。《第三の選択肢》も、間違いだと断定はできないかもしれませんが、これを選んでしまうと、科学も哲学も論じられなくなってしまいます。それに比べ、《第四の選択肢》は大いに可能性が有ると考えています。

 特に、 >>7,15 に書いた「量子もつれ」の場合、自分の脳が「「B1aかつB2a」または「B1bかつB2b」」という状態になります。これって、こう言っているように見えます。→「物質世界は実在なんかしてません。心が持つ情報の範囲内だけ物理状態が中途半端に確定した物質世界、という幻想(マーヤー)を抱いているだけです。物質世界の物理状態は、夢と全く同様で、心が情報を持たない領域は何も決まっていません。」まさに、J・ホイーラーの「ビットからイット」です。

 まあとにかく、Mobiusさんのような知能の高い方にここまで理解して頂けたのは、大いに満足しています。有難うございました。疑問点が有れば、いくらでも指摘して下さい。

2019/09/29 08:11 No.26

心は物理法則に従わない?No.26 だけを表示しています。
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる