Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2

 
 
心は物理法則に従わない?No.13 だけを表示しています。

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

    「客観的面」と「主観的面」の峻別

 アーノルド・ズボフの『ある脳の物語』による問題提起に対し、D・C・デネットが、編者短評で次のような疑問を示しているのですが、これが典型的な問題のすり替えなのです。

>たとえば、ある人がミケランジェロの「ダビデ像」と顕微鏡で調べても寸分たがわぬ(しかも大理石の)複製を自分の家にもっていると主張したとしよう。あなたがその大理石の像を見に行くと、二十フィート(約六メートル)の高さのほぼ直方体の白い大理石の塊が、彼のリビングルームに置かれているだけである。「僕はまだ中身を取り出す暇がなくてね」と彼は言う。「だけど、複製がその中にあるのは確かなんだよ」。//

>多分、書物などという代物はそもそも必要ないことを、ズボフと同じやり方で証明する議論を組み立ててみれば、彼の議論がばかげたものだということが納得されよう。すなわち、彼の伝でいくと、アルファベットの一式を一度だけ印刷すれば事足れりであり、書物の出版など一切無用ということにはなるまいか。いや、アルファベット一式だって印刷する必要があろうか。一字だけで、あるいは一字画だけで間に合うのでは。さらに、一つの点だけではどうだろう。//


 デネットが言いたいのは、こういう事です。《デネットの主張@》=「脳B全体の状態を見渡せるメタ立場の視点から見ると、「正常な脳Bの状態」と、「個々のニューロンB1-Bnに分解され、それぞれが人工的装置D1-Dnに接続された状態B1+D1、B2+D2、…、Bn+Dn」とは、明らかに異なる。正常な脳Bでは、全体に複雑・高度な情報処理機能が構成されているが、B1+D1、B2+D2、…、Bn+Dnでは、そのような情報処理機能は消滅しているのだから、両者を同一視することはできない。」これは、メタ立場に立った「客観的面」(心を持つかのように振る舞うための脳機能)についての話です。

 一方、ズボフが言っているのは、こういう意味です。《ズボフの主張@》=「個々のニューロンB1-Bnは、現在自分が「正常な脳Bの状態」に置かれているのか、それとも「個々のニューロンB1-Bnに分解され、それぞれが人工的装置D1-Dnに接続された状態B1+D1、B2+D2、…、Bn+Dn」なのかを識別できない。」つまり、ズボフは「主観的面」(主観的体験、感覚質クオリア)についての話をしているのです。

 どちらの主張も正しいのですが、ズボフは「主観的面」についての問題提起をし、デネットはそれを「客観的面」の話ですり替えてしまった訳です。「心・脳問題」についての混乱は、いつもこれら両面の混同から始まります。

 個々のニューロンB1-Bnが、正常な脳Bを構成しているのか、それともばらばらに分解されたB1+D1、B2+D2、…、Bn+Dnという状態にあるのかを識別できるのは、メタ立場の観測者だけであって、個々のB1-Bnはその違いを知り得ません。個々のB1-Bnの機能が時間的に「同調」しているのかどうかも、メタ立場の観測者が知り得るだけで、個々のB1-Bnは知る事ができません。個々のB1-Bnは、自分以外のn-1個が本当に存在しているのかどうかさえ知らないのです。

 ズボフの主張を言い換えると、こうなります。《ズボフの主張A》=「正常な脳→第1段階→第2段階→ … →第5段階、と変形させると、「客観的面」の機能の方は分解して消滅するが、「主観的面」の方は何も変わらない。」ズボフは、SF小説としての面白みを出すために、《ズボフの主張B》=「正常な脳では、全脳的経験が発生している。ゆえに、第5段階でも、全体に全脳的経験が発生する。」という常識外れな結論を出して見せています。正しくは、逆に推論すべきでしょう。《SumioBabaの主張@》=「第5段階では、全脳的経験など何も発生しない。第5段階→第4段階→ … →第1段階→正常な脳と変形する時、「客観的面」の方は高度な情報処理機能が発生するが、「主観的面」の方は何も変わらない。ゆえに、正常な脳でも、全脳的経験、すなわち「主観的面」としての心は何も発生しない。」です。個々のB1-Bnを時間・空間内に複雑に配置することで、個々の部分には無い高度な情報処理機能をB全体に構成することは可能ですが、それは「客観的面」だけの話。「主観的面」の方は、何も作り出せません。これが、ズボフの問題提起なのです。

 もちろん、[A]=「「非局所的相互作用」は存在しない。」、[B]=「非物質的実体「霊魂」は存在しない。」の2つを正しいと仮定した場合の話です。ズボフは、特に明記してはいませんが、この[A]と[B]が正しい事は、暗黙の前提にしているように思われます。

2019/09/25 03:21 No.13

心は物理法則に従わない?No.13 だけを表示しています。
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる