Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(146) >>

「ない」は存在するのか?

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(883) - いいね!(2)

Land ★iPhone=N28fDTysjA

普段の生活の中で、〇〇がない、△△がない、と言うことがよくあると思います。

例えば目の前の何も置かれていない机を見て「水がない」など。

でも、その「水がない」という事象は本当に存在しているのか?
目の前に机があり、机の上にはただ空気が満ちている。
机と空気がある=水がない、は、本当に正しいのか?

というような事を検証していきたいです。

ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (96件) | 最新ページ

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_l7r

>何か誤解しているみたいだけど、私は反論も批判もしていないよ。

(゚Д゚)ハァ?

>『論理空間』の説明、無茶苦茶。
>理解不足。
>勉強し直したほうがいいよ。

これを批判と呼ばないなら、世の中に批判が存在するのかしらん。
って、ゆーか、批判になってない、ともいえるな。
根拠を示してないから。


>そんな非論理的なこと言われても(笑)

キミがそれを言う?
根拠も示さないで批判しておいてサ。

>それが教えを乞う人の態度?^^

(゚Д゚)ハァ?(゚Д゚)ハァ?(゚Д゚)ハァ?
いつまに私が君に教えを乞うことになったのだい?

議論において、批判に対し根拠を問うのは当然の行為、である。
教えを乞うのではない。
「批判の根拠を問う」という、「当たり前の要求」なのだよ。

もしかして、議論のできない人?

>ま、とにかく、野矢さんの『論考』の訳書でも、
>『論考を読む』でもいいけど、復習しなよ。
>そうしたら、自分の間違いに気づくだろうから。
>それでも理解できなかったら…『論考』なんかわからなくても、命に関わらない、と思って気落ちなどせず、力強く生きていってください。

根拠にも説明にもなってない。

結局、批判だけしておいて根拠や説明はなにもない。
そういう奴って多いよな。
「何故議論掲示板はこうなのか4」

・・・、なんてな。

30日前 No.97

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_l7r

「理解しているということは説明できる、ということだ」

昔、「勝手に哲学史」というサイトがあってさ、同時に「勝手に哲学史入門」もやってて、そのサイトの 冒頭にこの「理解しているということは説明できるということだ」という言葉があったの。
それで、このサイトの記述が理解できないということは、自分の説明がわるいからだ、みたいなことが書いてあったと思う。

理解しているということは説明できる、ということなんだよね。
逆に言えば、説明できないということは理解してないということだ、とも言える。

「勝手に哲学史」
良いサイトだったな。膨大な記事量でね。書籍にしたら何冊になったことか。
管理人とも掲示板を通して何度か話したことがあるが。
サイトが消えたときはショックだった。
いろいろ、事情があったのかもしれないけど、非常に残念。
管理人はプロの哲学者になっちゃったからかなあ。
森田邦久という人だった。

30日前 No.98

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_l7r

よく、「勉強してないから知らないんだ」とか「本を読めばわかる」なんて言うヤツがいるよね。
ネットの議論なんかで。
そういうヤツは信用しなくてよろしい。
「本を読めばわかる」というのなら、その内容を説明しろよ。
その本を理解してるなら、説明できるハズだろ。

もちろん、ふくろうさん向けに書いている。

論理空間については、理解してるつもりだ。
だから、あんなくだけた説明だってできたんだと思う。
難解に説明することが高尚だとは思わないので。
(でも、もっといい説明の仕方もあったかもね)

私の説明について「分かりやすい」と言われることもあるが「そんなのは小学生でも書ける」と言われることもあるw
「文章が小学生でもわかる」ことと「小学生でもわかる文章を書く」ことは、違うんだけどなあ、と内心思わないでもないが。

おっと、論点がズレてるな。
雑談だった。

30日前 No.99

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>99

>論理空間については、理解してるつもりだ。

>だから、あんなくだけた説明だってできたんだと思う。


そうだね。とてもわかりやすかった。ありがとう。

29日前 No.100

ヴィランのふくろう @owlman ★ZRGZRP6lC7_keJ

>>97

いや、そんなこと言ったって、私は自分の意見を述べたつもりもないからね。
例えば、あなたが誰かに、「冷蔵庫にアイスクリームが入っている」と言ったとして、
私が、それが事実ではないことを知っていたら、「いや、それは間違っている」って教えるじゃん。そういう感じだよ。
無茶苦茶というのは、理解が間違っているという事実を述べたものだし、勉強しなおしたほうがいいよというのは、親切心で言っただけ。
で、私の言うことが認められないなら、自分で確かめてみたらわかるよ、と言ってるわけよ。

でもまあ、プライドをいたく傷つけてしまったようなので、少しだけ教えてあげましょうかね。
>>100 のような犠牲者も出たことだし(笑)
内容まで言うのはめんどくさいので、ごくごく基本的な間違いだけを絞って指摘する。
これだけでも、ふんにゃさんがわかっていないことが十分示せるしね。

>>76

>4つそれぞれを、事態、と呼ぶ。

 ↑
間違い。
事態(Sachverhalt)は、ふんにゃさんの例を前提すると、
 p:「ポチは歩いている」
q:「ミケは寝ている」
の二つ。
で、この事態の可能な組み合わせの集合が次の4通りあり、
w1:φ
w2:{p}
w3:{q}
w4:{p,q}
これらそれぞれが(可能的)状況(Sachlage)と呼ばれる。
論理空間とは、この可能な状況の集合{w1,w2, w3, w4}のこと。

参照:野矢茂樹「『論考』を読む」(ちくま学芸文庫) p.108

ああ、それと、ふんにゃさんは事態というものがどういうものか全然わかっていない。
ついでだから言うが、もう、簡単に。
上に述べたこともそうなんだが、
例えば、状況w1のφは、事態pも事態qも成立していないことを意味する。
ここで、ふんにゃさんがわかっていないのは、「事態pが成立していない」というのは、「ポチが歩いている」という事態が成立していない、ということであって、「ポチがいない(世界)」のことではないということ。
もちろん、「事態qが成立していない」も、「ミケは寝ている」という事態が成立していない、ということであって、「ミケが存在しない(世界)」を表しているのではないということ。
だから、例えば、w2というのは、「ポチが歩いている」という事態だけが成立している状況を表している。
以下同様。
これがわからないのは、事態についてふんにゃさんが理解していないからで、理解のレベルから言っても説明してもわかるかどうかわかんないし、教える義理もないので省略。

以上。

29日前 No.101

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_l7r

ああそうか。人の意見に難癖をつけるのが好きな人なのね。
それも的外れな・・・

夕方にでも何か書くか・・・

29日前 No.102

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>102

>ああそうか。人の意見に難癖をつけるのが好きな人なのね。

>それも的外れな・・・


まぁ、そうなんだけどね。彼は文脈を捉えるということができないから。(できないのか、しないのかは知らんが...)

でも役に立つことはある。
ふんにゃさんの >>29 を読んでも「野矢茂樹『論理哲学論考を読む』」を読もうという気にはなれなかったけど、 >>101 を見たら「読んでみようかな」っていう気になった。

まぁ、「事態」と「状況」の言葉の使い方が不正確だということは >>101 でわかったけど、それを指摘したところで >>76 が意味するところは変わらないから、正直どうでもいいけどね。

なるほど、そういうことか。だから、批判も反論もしてないと。ただミスを指摘しているだけ と。
だとすると、彼は天然の「日本語ベタ」だ。ミスの対象を書かずに ただ「無茶苦茶」と書いたら、誹謗の類いと受けとめられても不思議ではない。(「日本語下手」なのではなく、わざとやっているのだとしたら、「誹謗の意図」は明白だけどね。(笑))

29日前 No.103

宿題 ★eM1n2yJmTo_TnX

論理空間なんて云うものは目の前にある事しか解らず

地球の引力も月の引力も太陽の周りを回っている地球の事も考えたことが無い幼稚園児です・・

29日前 No.104

ズルい彗星 ★Android=fWIouVsoAx

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

28日前 No.105

ズルい彗星 ★Android=fWIouVsoAx

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

28日前 No.106

ズルい彗星 ★Android=fWIouVsoAx

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

28日前 No.107

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

>>101

>いや、そんなこと言ったって、私は自分の意見を述べたつもりもないからね。
>例えば、あなたが誰かに、「冷蔵庫にアイスクリームが入っている」と言ったとして、
>私が、それが事実ではないことを知っていたら、「いや、それは間違っている」って教えるじゃん。そういう感じだよ。
>無茶苦茶というのは、理解が間違っているという事実を述べたものだし、勉強しなおしたほうがいいよというのは、親切心で言っただけ。
>で、私の言うことが認められないなら、自分で確かめてみたらわかるよ、と言ってるわけよ。

だからそれがダメなんだって。
ただ、間違ってると言われるだけでは意味不明だ。
「勉強しなおせ」とするのも説明になってない。
結局、根拠を示さない批判になる。

主張は根拠を示すことで理解可能になる。
理解できないものに反論もできないし、議論にもならない。

「批判するなら根拠を示せ」
この私の主張は変わらないよ。この主張の根拠示しているだろ。
議論にならないからだ。

で、私が「根拠を示せ」と何度も繰り返したので、なんとがそれを考え出したようだね。

次に書こう。

>>76

>>4つそれぞれを、事態、と呼ぶ。
> ↑
>間違い。
>事態(Sachverhalt)は、ふんにゃさんの例を前提すると、
>p:「ポチは歩いている」
>q:「ミケは寝ている」
>の二つ。
>で、この事態の可能な組み合わせの集合が次の4通りあり、
>w1:φ
>w2:{p}
>w3:{q}
>w4:{p,q}
>これらそれぞれが(可能的)状況(Sachlage)と呼ばれる。
>論理空間とは、この可能な状況の集合{w1,w2, w3, w4}のこと。

>参照:野矢茂樹「『論考』を読む」(ちくま学芸文庫) p.108

なるほど、それは私が間違っていたようだ。
事態の集合を状況と呼び、状況の集合を論理空間と呼ぶ。
それならそうと、なぜ、最初にそれを指摘しなかったのか、摩訶不思議だな。
こんな簡単なことなら、最初に示してくれれば、何度も「根拠を示せ」とは言わなかったものを。

でも、それだけ?
事態と状況の使い方が不適切だからと「『論理空間』の説明、無茶苦茶」とまで全否定されるほどのこと?
だったら最初から「事態という用語の使い方が不適切」と指摘すれば済むこと。
それで私の説明を、全否定、するのは、「難癖」レベルにしか見えないな。
どうせ、この手の手合いは「一つのミスがあればその論理全体が崩壊するのだ」みたいに言うのだろうけど。

それに「事態の集合が状況、状況の集合が論理空間」というのは野矢解釈でもある。
状況という用語の意味が論考の中で不明確であることは野矢氏自身が書いているし。

28日前 No.108

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

じゃあ、ふくろうさんの真似をして、私もふくろうさんに「難癖」をつけてみようかw

>事態(Sachverhalt)は、ふんにゃさんの例を前提すると、
>p:「ポチは歩いている」
>q:「ミケは寝ている」
>の二つ。

それを事態と言うのも間違っちゃいないが、より適切には、事実、あるいは、成立した事態、と言うべきだろう。

>で、この事態の可能な組み合わせの集合が次の4通りあり、
>w1:φ
>w2:{p}
>w3:{q}
>w4:{p,q}
>これらそれぞれが(可能的)状況(Sachlage)と呼ばれる。
>論理空間とは、この可能な状況の集合{w1,w2, w3, w4}のこと。



「で、この事態の可能な組み合わせの集合が次の4通りあり」
 ↑
「4通りある」がとんでもない間違い。

p:「ポチは歩いている」
q:「ミケは寝ている」

この成立した事態からは、

r:「ポチは寝ている」
s:「ミケは歩いている」

の事態も現れる。
で、この事態の可能な組わせの集合が次の・・・何通りだ?

w1:φ
w2:{p}
w3:{q}
w4:{r}
w5:{p,q}
w6:{p,r}
w7:{p,s}
w8:{q,r}
w9:{q,s}
w10:{r,s}
w11:{p,q,r}
w12:{p,q,s}
w13:{p,r,s}
w14:{p,q,r,s}

14通りだな(たぶんw)
w5の{ポチは歩いている。ミケは寝ている}が成立した事態(事実)の集合であり、成立した状況であり、このモデルの世界になる。
>>76 で私の説明にあった
「もちろん、「ポチは寝ている。ミケも寝ている」のような事態もあるだろう」はw8にあたる。
(あっ、事態は状況に訂正しないとねw)

以上の根拠を持って、
>で、この事態の可能な組み合わせの集合が次の4通りあり、
のふくろうさんの説明は完全な間違い。

もう、滅茶苦茶だな。ふくろうさんは論理空間を全く理解してない。
野矢さんの『論考』を読む」(ちくま学芸文庫)でもなんでもいいから、勉強しなおすべきダヨ。
(もちろん、ふくろうさんの真似をした、難癖、であるw)

28日前 No.109

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

難癖を続けよう。

>ああ、それと、ふんにゃさんは事態というものがどういうものか全然わかっていない。
>ついでだから言うが、もう、簡単に。
>上に述べたこともそうなんだが、
>例えば、状況w1のφは、事態pも事態qも成立していないことを意味する。
>ここで、ふんにゃさんがわかっていないのは、「事態pが成立していない」というのは、「ポチが歩いている」という事態が成立していない、ということであって、「ポチがいない(世界)」のことではないということ。
>もちろん、「事態qが成立していない」も、「ミケは寝ている」という事態が成立していない、ということであって、「ミケが存在し>ない(世界)」を表しているのではないということ。
>だから、例えば、w2というのは、「ポチが歩いている」という事態だけが成立している状況を表している。
>以下同様。
>これがわからないのは、事態についてふんにゃさんが理解していないからで、理解のレベルから言っても説明してもわかるかどうかわかんないし、教える義理もないので省略。

ポチが歩いているという事態が成立してないということと、ポチが存在していないということは、そんなに違うことかい?
私の説明で、事実がふたつ{ポチが歩いている。ミケが寝ている}しか存在しないという小さな世界モデルにおいて、
「ポチが歩いている」ということは「ポチが存在してない」ことにならないかい。

>「ポチが歩いている」という事態が成立していない、ということであって、「ポチがいない(世界)」のことではないということ。

ポチがいないことではない、二重否定だから、ポチが存在してる、ということだろ。

だから、質問。
q「ミケは寝ている」という状況に、ポチは存在しているのかい?
存在してるなら、状況qにはなぜそれが記述されない?

「状況qにポチは存在しているのかい?」


>参照:野矢茂樹「『論考』を読む」(ちくま学芸文庫) p.108

論考を読むには、文庫版が出てたんだねえ。

28日前 No.110

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

てーせー

>「ポチが歩いている」ということは「ポチが存在してない」ことにならないかい。

⇒「ポチが歩いている」事態が成立していないということは「ポチが存在してない」ことにならないかい。

28日前 No.111

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

>>109

てーせー

w11〜w14を削除。
一つの状況下で、同一の個体がふたつ出てくるのはおかしいよな。
「ポチが寝ている。かつ、ポチが歩いている」はないだろw

こんな滅茶苦茶な説明をするようじゃ、野矢さんの論考を読むでも読んで、ベンキョーし直さなきゃねえw

28日前 No.112

ザビビのふくろう @owlman ★ZRGZRP6lC7_keJ

>>108-112

>こんな滅茶苦茶な説明をするようじゃ、野矢さんの論考を読むでも読んで、ベンキョーし直さなきゃねえw


その通り。やっとわかったじゃん^^

>一つの状況下で、同一の個体がふたつ出てくるのはおかしいよな。

>「ポチが寝ている。かつ、ポチが歩いている」はないだろw


そんな例で命題内容まで考えるから、そういう困った事態になるんだよ。
事態というのは、論理的に相互独立とされており、ところが、これは色彩排除問題でややこしい話になるってのが研究者には周知のこと。
だから、プロの解説者が事態(要素命題)の例を想定して説明するときは、そういうややこしい話にならないような例を挙げるんで、野矢さんも、ちゃんとそういうことを考えて例を選んでいる。
君はそういうことが何もわかっていないから、自ら墓穴を掘ってはまったんだよ(笑)

そもそも、仮に事態がp,q,r,sの四個の想定なら、当然可能な状況、すなわち事態の成立・不成立の組み合わせは2の4乗の16通りになるに決まっているんだよ。何もわかっとらんね。
T4.27と、『論考』野矢訳本のその註(47)を参照しなさい。
また、これで、きみが命題論理のイロハも理解していないことも明らか。恥ずかし〜。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>「ポチが歩いている」事態が成立していないということは「ポチが存在してない」ことにならないかい。


きみのレベルでは、詳しく説明しても意味がないので、簡単に。

“事態”というのは要素命題(ラッセル流では原子命題)が表現するもので、それ以上、分析不可能なもの。
その構成要素である名(Name) の指示する対象(Gegenstand)というのは、単純な対象であり、実体であり、不変なもの。(参照:T2.01−2.02番台)
  p:「ポチは歩いている」
q:「ミケは寝ている」
をきみが事態として想定したということは、pとqを要素命題とし、名「ポチ」と名「ミケ」が指示するポチとミケを実体として想定したということになる。
そうするとだね、次のように書いてあるわけよ。

T2.024 実体とは、何が事実として成立しているかとは独立に存在するものである

つまり、pとqを事態として想定したということは(本来、この想定に無理があるんだよ)、同時に、ポチとミケの存在は前提される、ということを意味するのだよ。
だから、その存在については語られないもの。
つまり要素命題pとqについては、その成立と不成立は語られるが、その構成要素である対象の存在は語られえない(前提されている)。
もし、それが語られうるものだとしたら、「ミケ」「ポチ」は名ではなく「現在のフランス国王」のような記述句ということになり、ポチ、ミケも、記述句が表現する「複合物」であることになるから、その結果、命題そのものも、要素命題でなく合成命題(分子命題)ということになり、したがって事態でもないことになってしまうのだよ。

わかったかな?

ヴィランがこんな親切でいいのだろうか?(笑)

27日前 No.113

空の光 ★bKAra12pm0_m9i

「ない」
無から有を生ずる
例えば山から削ったつちで谷間を埋めた。
すると1000坪の土地ができた。

つまり無用だった物が有用になった。
人はそんな事をして有益な物を作り上げてきた。
つまり無益なもの(無)は、その辺に転がってる?

一人一人にとって無益は違う。
有に代えられるかどうかは人のやり方次第。

27日前 No.114

ザビビのふくろう @owlman ★Android=Gh53RyBMOc

ふんにゃさん

すんません、一つだけ訂正。

野矢さんの論考の訳は岩波文庫でちくま文庫じゃない。

ちくまからも出てるけど、別の人の訳。

27日前 No.115

ちょっとね ★zkRJpKz2Kv_yoD

論理空間やら何やらやって、「机の上に水がない」という事象は本当に存在しているのか?って問いに答えられるかどうかが問題だよね。

0を読む限り、どうやら、『「机の上に水がない」という事象は本当に存在するものではない』ってことのようだな。

どういう意図でこれを出したかは不明だが、俺の言葉に置き換えればそうなる。細かくやると「本当に存在する」とはどういうことか?から始めなければならないから、ほぼアウトなのだが、カンで答えれば、ほぼ、自明という感じさえするね。

26日前 No.116

ザビビのふくろう ★Android=Gh53RyBMOc

>>116
んーと、だから答えてるのよ。わからないかもしれないけどさ。

結論だけ言うと、存在するのは肯定的事象(成立している事態)だけで、否定的事象は存在しない、ってこと。

26日前 No.117

ちょっとね ★zkRJpKz2Kv_yoD

話の流れからして、ふくろうさんは答える必要はないと思われる。誰が、このスレで、「論理空間」を持ち出したか、ってことですよ。ま、ふくろうさんが、この件にまともに答えるに「論理空間」なる観念が必要であると思うなら、そこを語ってもらわんとね。ムツカシイことは置いといて、要は「ないは存在しない」ってことだな。異論はないよ。

25日前 No.118

ザビビのふくろう @owlman ★ZRGZRP6lC7_keJ

>>118

>話の流れからして、ふくろうさんは答える必要はないと思われる。誰が、このスレで、「論理空間」を持ち出したか、ってことですよ


ああ、そうか、余計なこと言ったか。
ただ、実はもう

>ま、ふくろうさんが、この件にまともに答えるに「論理空間」なる観念が必要であると思うなら、そこを語ってもらわんとね。


については、既に語っているんだよね。
まあ、『論考』を勉強したことのない人にはわからなくても仕方ないだろうけど。

とりあえず、ふんにゃさん、ようやく勉強してるんじゃない?(笑)

じゃあ、とにかく私は引っ込んでおきます^^

25日前 No.119

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

これだけは書いておく。
メビウスに投稿する時間がねえw

25日前 No.120

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

>>113

つっこみどころ満載なのだがw、なんかもう面倒になってきたなあ。

まあ、かんたんに返せば、結局、

「ポチが歩いている。ミケが寝ている」の状況から派生する状況は4件のみ、とするわけね、
そして、
「ミケが寝ている」状況でも、記述にはないけど、ポチが存在している、とあくまで主張するわけね。

ナカナカ変わった論理空間でございますねえ、・・・

でも、そんなのどうでもいいや。
キミを相手にするのがバカバカしくなってきたよ。

24日前 No.121

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

このトピのテーマは、「ない」は存在するか、である。
これに私は、「ない」という否定表現は2枚の絵の間違い探しである、という考えを示した。
その発想は論考の論理空間から来ている。
それで、論理空間の考え方を簡単に示した。

そこへふくろう氏が、その論理空間は滅茶苦茶の出鱈目だと、私を全否定する批判を返した。
根拠を示さぬ批判だったので「根拠を示せ」と何度も要求し、やっと、その根拠を示したのだが、
それは「難癖レベル」としか言えないものであった。

その結果、このトピのテーマと大きく外れていった、と言わざるを得ない。

24日前 No.122

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

私はメビウスを楽しくやっていきたい。面白いことを言っておきたい。
論理空間を簡単に説明できれば、面白いと思ってくれる人がいるかも、と期待して説明してみた。

対象の複合・単純の問題だの、要素命題の相互独立性だの、論考には重大な問題がいろいろあるが、そんなのを論じても、ロムするひとにはタイクツだろうと思う。
面白いことを語りたいエンターテナーとしては、それはできないw

このままふくろう氏と議論してもツマラナイというのが目に見えている。
だから、もう相手にしないよ。

最後に、ふくろう氏にも反論不可能な、完璧に正しい私の主張、を示してみせようではないか。

私の部屋に広瀬すずはいないのである。

24日前 No.123

ちょっとね ★zkRJpKz2Kv_yoD

ん〜と、それは、「ないは存在する」ってこと?それとも「ないは存在しない」ってこと?その間違い探しに「論理空間」なる観念は必要?

24日前 No.124

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

>ん〜と、それは、「ないは存在する」ってこと?それとも「ないは存在しない」ってこと?

「ないは存在しない」ってこと。

>その間違い探しに「論理空間」なる観念は必要?

いや、特に必要としない。

「『ない』の否定表現は、2枚の絵の間違い探しである」というのが私の主張。
その着想は、論理空間から来ているだけのこと。

そう書いたら、その論理空間でリアクションがあったので、それについて共通認識であることを確認するために、論理空間の簡単な説明を書いた。
(そしたら、別の人から、滅茶苦茶の出鱈目だと全否定されたんだけどねw)

22日前 No.125

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_TnX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

22日前 No.126

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

「穴」とは何か?
「穴」は存在するか?
「ない」は存在しないけど「穴」は存在するのだとすると、
「ない」と「穴」の違いは何か?

22日前 No.127

ちょっとね ★zkRJpKz2Kv_yoD

>>125

了解。ま、ふくろうさんとのやりとりはアレだからアレするとして、ざっくりいって、「ないは存在しない」ってことだね。その意味じゃ、みんな(ここでは、ふんにゃさん、ふくろうさん、俺の三人を指す)、ああこう言いながら、「ないは存在しない「と言っているわけだ。問題は、なぜ「ないは存在しない」と言えるのかってことなんだろうね。


>>127

ナイスな視点だと思います。「ないは存在しない」として、じゃ、「穴」は存在するのか?穴とは一つの観念である。そこには何もない。しかし、周りに「有」つまり、穴ではない空間を満たす何かがあるからこそ、「ない」としての穴がある。穴は「存在」しているのだろうか?もし、「存在」しているというなら、その「存在」という言葉は、いったい、何を意味しているのだろうか?

22日前 No.128

ひこた @hikonyan ★r5box4meL6_TnX

>>127,128

SOXドヘタみたいな会話ですね

22日前 No.129

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>127,128
「ある」と「ない」は「相対的」ということか?
「穴がある」「欠損がある」「欠陥がある」「不足がある」「異常がある」

「標準状態」あるいは「初期状態」というのがあって、そこから「変化した部分」を「『ある』とみなす」ということか?

変化した部分が無ければ「ない」。変化した部分が有れば「ある」。

「水がある」という状態が標準状態だったとして、水がなくなっていれば「水がない」。


別に「標準状態」でなくてもよいのか。
「想定される『とりうる状態』の範囲内での変化」であれば、「ある/ない」は ある。
上記以外であれば、「ない」は存在しない。(∵「ない」に相対する「ある」が存在しないので。)

22日前 No.130

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

思惟しない事によって思惟する無の豊満さは超存在と非存在と言う対照的な側面を持ちます・・

4日前 No.131

空の光 ★KAILNr2TDE_m9i

ないもの

「ない」ものとは「ある」ものが消えるとき。

もしくは「ない」ところに「ある」があらわるとき。

そんな時に存在感をアピールする。

つまり「ない」の時空は「ある」の時空と共通か・・・

時が流れれば、そこに「空」が現れる

「空」とはなにか、時が去るとは何を意味するか?

色即是空と関係がある?

3日前 No.132

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

無意識の世界は空の世界につながっていると思いませんか?

3日前 No.133

空の光 ★FKS0l6855p_m9i

宿題さん

無意識の世界と空の世界がつながる?のでしょうか。
時空から時が去れば空の世界・・・無意識へつながる?

無意識は時空から時を去る?
時がないと言う事は終わりも始まりもない。
時空にある意識には始まりと終わりがある?

3日前 No.134

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

トルストイさん文豪の感性・・

『流れ進むのはわれわれであって、時ではない。』

空の光さんもこういうとらえ方ができる人です・・

3日前 No.135

空の光 ★FKS0l6855p_m9i

宿題さん

そう言えば、時は自分の中にあるって話をした覚えが・・・

無意識になったりするのは、自分だけの時が止まるのかな?

一人一人を共通の時でくくる。

でも、持ってる時間まではくくれない。

だから時に遅速があるように思えるんだろう・・・たぶん。

3日前 No.136

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

文豪と感性が似ています・・

哲学みたいに理屈をこねだすと・・感性が衰えますよ・・

2日前 No.137

空の光 ★FKS0l6855p_m9i

宿題さん

ありがとう。気にしてくれて・・・

感性を持ったまま哲学出来ないかなぁ。

新しい道を切り開く?なんてね。

2日前 No.138

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

最近哲学板に居て・・俳句の調子はどうですか?

2日前 No.139

空の光 ★FKS0l6855p_m9i

宿題さん

ネットでは発表しないけど詠んでますよ。

新聞に佳作で載ったりします。詩もね!

1日前 No.140

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

私が仲良くした人たちは・・みんな私の実力を超えていきます・・

私を陥れた人たちは・・私にだけそうして意地悪している訳でなく・・陰で悪いことして・・墓穴を掘っています・・

1日前 No.141

空の光 ★hoKO7qVjCN_m9i

宿題さん

そうですか・・・宿題さんの返事が良いんだよ。きっと。
自分も宿題さんの返事にどう答えようかって悩みもの。

1日前 No.142

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

私の相手が出来る人は・・人間関係のうまい人でないと無理です・・

特に女性で私と仲良くなれる人は旦那さんと仲良しです・・

22時間前 No.143

空の光 ★hoKO7qVjCN_m9i

宿題さん

そうかなぁ。自分と合う人も良い人だと思います。
そんなに、考えなくてもいいかと・・・

18時間前 No.144

宿題 ★eM1n2yJmTo_n3h

空の光さん

軽く扱うには危ないのです・・言葉も時にはじげんば●だん・・凶器ですから・・

1時間前 No.145

空の光 ★hoKO7qVjCN_m9i

宿題さん

言葉も時にはじげん●くだん・・・そうかもしれませんね。

気をつけなきゃね。

時に文章を見直さなきゃ。

1時間前 No.146
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる