Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(259) >>

「ない」は存在するのか?

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(1443) - いいね!(3)

Land ★iPhone=N28fDTysjA

普段の生活の中で、〇〇がない、△△がない、と言うことがよくあると思います。

例えば目の前の何も置かれていない机を見て「水がない」など。

でも、その「水がない」という事象は本当に存在しているのか?
目の前に机があり、机の上にはただ空気が満ちている。
机と空気がある=水がない、は、本当に正しいのか?

というような事を検証していきたいです。

ページ: 1 2 3 4

 
 
↑前のページ (209件) | 最新ページ

宿題 ★eM1n2yJmTo_TgI

空の光さん

お墓で火の玉が出るのはどうしてでしょうか?

3ヶ月前 No.210

空の光 ★8kN79oT90P_m9i

宿題さん

火の玉が出る。。。実際に見た事ないです。

人は魂になると玉状になって移動するそうです。
それと魂になってそんなに日が経ってないと見える場合もあるようです。

3ヶ月前 No.211

宿題 ★eM1n2yJmTo_TgI

空の光さん

空中発火の科学が人魂ということがどういうことか解りますか?

3ヶ月前 No.212

空の光 ★8kN79oT90P_m9i

宿題さん

ん?空中発火の科学?

人魂は魂でないと仰る。

確かにそんなのを見ましたが、一瞬でしたね。

しかも筒の中でないと動かない。

3ヶ月前 No.213

宿題 ★eM1n2yJmTo_TgI

空の光さん

何故人魂と呼ばれるお墓で発火する火の玉があるのでしょうか?

3ヶ月前 No.214

地下水 ★lHRYPNADL9_n3h

>>204  もっと目に見えるものから大事にしようよ。

3ヶ月前 No.215

宿題 ★eM1n2yJmTo_TgI

地下水さん

一つの言葉に原始人からの人間の歴史が刻まれているのです・・

魂の言葉には目に見えない背景があるのです・・

3ヶ月前 No.216

空の光 ★xwYjME1Ktg_m9i

宿題さん

>>214

火の玉・・・成仏できない人の魂なのかも?
お墓参りに来てくれないとか。。。
無縁仏、遠い親戚などなど。

3ヶ月前 No.217

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

感想ですが、この議論ややりとりを科学信仰、言い換えればロゴス(理性)信仰を持っている人が読んだら、ナンセンスに思うと思います。彼らの基準は論理的経験的な検証可能性です。言い換えれば「理性と経験」です。質問です。幽霊や火の玉を見たご経験はあるのですか?

3ヶ月前 No.218

宿題 ★eM1n2yJmTo_Bka

安齋昌宏さん

ここはカント哲学が避けて議論しなかった形而上学での話です・・

3ヶ月前 No.219

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

確かに「形而上学」の領域に入るかもしれません。だから、何なのですか?カントが仮に破壊した「形而上学」、例えば「独断的形而上学」だとしたら、私はあなたの「話」をどう一貫性をもって解釈すればいいのでしょう?よく考えると質問にはお答えになっていませんね。それともこれが答えなのか?答えだとしたら何を意味しているのか?私の頭の中ではこんな問答が行われました。

3ヶ月前 No.220

宿題 ★eM1n2yJmTo_Bka

安齋昌宏さん

魂の話をナンセンスだと思っているのに茶化していますね・・

お墓の側に住んでいたことがあります・・不思議体験以下略・・

3ヶ月前 No.221

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

信用してもらうしかありませんが、茶化してませんよ。どこが茶化しているんですか?正直、妄想か?と一瞬思いました。そしていやそれもよくないと思いました。「魂の話」を宿題さんは「ナンセンス」だと考えているのかな?その根拠がカントの形而上学批判なのかしら?しつこいようですが、質問にお答えくださいませんか?私の頭の中は混乱しています。「お墓の側に住んでいたことがあります・・不思議体験以下略・・」ではますます迷路に入ってしまいますよ。ただ茶化していないことは神にかけて断言できます。ただおかしい、よくわからないとは正直、思っています。真面目な方だとは分かったのですが・・・。

3ヶ月前 No.222

宿題 ★eM1n2yJmTo_Bka

読解力をつけるならトルストイ全集を読んでください・・

読書不足です・・

3ヶ月前 No.223

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

この人は・・・。トルストイ全集を読め?主語がない。仮に私だとすると私が読書不足で読解力がないことになる。どうしてそんなことが面識もなのにわかるのか?言えるのか?だれか、助けてください。私の主観的判断は失礼だが「不自然」である。

3ヶ月前 No.224

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

私の実践的判断は「宿題さんと議論はやめたほうが良い。お互いのために」である。まだ混乱しているが。

3ヶ月前 No.225

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_keJ

>>223

ちょっと知識自慢

『小公女』セーラの作者バーネット夫人は実は貧乏人を馬鹿にしていたのを知っていますか?

実際、『小公女』の中には貧乏人を馬鹿にする言葉がかなりあるんです!!!


ムフフ・・・・・知っていたかな???

3ヶ月前 No.226

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_keJ

>>223

『カラマーゾフの兄弟』

生まれつき、下品でバカな人間は・・・・・・

3ヶ月前 No.227

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

 普段の生活の中で、〇〇がない、△△がない、と言うとき、〇〇があったはず、△△があるのだろうか、など、前提となる認識との連続性が見られる。

 そのような前提がないと、〇〇がない、△△がないという感覚も生まれない。もちろん、意図的に「〇〇がない、△△がない」と事実の指摘することはできる。

 「〇〇がない」という事象は、そのような文脈があってこそ、意味を持つ。

 では、そのような「事象」が本当に存在しているのか? 「事象が存在する」と言う方に少し違和感がある。「事象」が生じており、その「事象」の説明として、「〇〇がない、△△がない」、または「〇〇がある、△△がある」と言うことができるということではないか。

11日前 No.228

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_KVu

おっ、やっとこのスレのテーマに戻ったか?
面白い議論だと思ったのに、いつのまにか神秘的議論になっちゃってたから。
(まあ、別にそれを非難する権利なんてないんだけどさ)


<「ない」という否定表現の原理は、2枚の絵の間違い探しクイズである>

これが私の主張だった。
間違っちゃいないと思うし、面白い主張だとも自分で思っている。
えぴめてうすさんの主張とも矛盾しない。

ところで、「数学屋のメガネ」というブログがあって<形式論理における「二重否定の法則」と弁証法における「否定の否定の法則」>というコラムがあった。10年以上前に書かれたものだが・・・


・・・引用してみよう・・・・

形式論理における「否定」というのは、そこに「否定」の現象を観察して、その結果として記述されるものではない。「ない」という現象はとらえることが出来ないのだ。我々に観察可能なのは「ある」という現象だけだ。「ない」という判断は、我々が「ある」と判断したことが間違えていたとき、その判断が正しくないということを意味するときに「ない」と語ることになる。形式論理における否定は、判断として頭の中にのみ存在する。

「机の上に本がある」という判断をしたとき、その判断が、何らかの勘違いで間違っていたというときに「机の上に本がない」という否定命題が表現される。否定命題というのは、必ず肯定命題とともに提出される。三浦さんの言語論でも、否定の表現というのは、肯定表現がされた後に、それに付け加えて表現されるということが指摘されていた。我々は「否定そのもの」の現象を捉えて表現することは出来ないのだ。

・・・引用終わり・・・


これはこのままこのスレの回答にできるw

しかし、この「数学屋のメガネ」というブログは面白いなあ。
(更新がないから活動停止中なのだろうが)
「論理哲学論考」の記述もあるから、そこから上記が書かれたのかもしれないな。

なにせ、「「ない」という否定表現の原理は、2枚の絵の間違い探しクイズである」も論考から着想したのだからw

11日前 No.229

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_KVu

おっと、書き忘れた。

「なつぞら」は終わっちゃったので、朝ドラにはもう、広瀬すずはいないのだ・・・

11日前 No.230

空の光 ★yppbl9G2fd_m9i

皆さん(ALL)

ないは、丘をならすために土を掘る。それは丘がなくなったということでしょうね。
その掘った土を捨てるのにちょうど良い谷を手に入れた。
そこへ捨ててみると過不足なく平らな土地が生まれた。
丘がなくなって谷もなくなって土地が出来る。
それが無から有を生ずるというんでしょうね。

有が無になり、無が有になる。

11日前 No.231

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

>>229

>「判断として頭の中にのみ存在する。」「我々は「否定そのもの」の現象を捉えて表現することは出来ないのだ。」


 私もそんな風に思います。

11日前 No.232

宿題 ★eM1n2yJmTo_KVu

えぴめてうすさん

形としては存在しませんが・・例えば魂とか・・無のようで有・・

10日前 No.233

空の光 ★yppbl9G2fd_m9i

宿題さん

魂は形があるようです。人型という形が・・・寝る時は丸くなるようです。
体を捨て魂だけになって移動する時も丸だそうです。

7日前 No.234

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

ふんにゃさん

 「何かがない」とは別で、「何もない」については、私の主張は、「何もない」は定かではないということです。
 何もないと言った事態は、観念的な想像の産物であって、何もないなんて、実はないのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
 これが、「なぜあるのであって、ないではないのか」に対する私の所見です。

7日前 No.235

宿題 ★eM1n2yJmTo_KVu

だいたい光さえ重さが無い存在ですよ・・

無い存在があると思います。

6日前 No.236

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_KEr

えぴめてうすさん。

質問の意図を理解しているのか定かではありませぬが、・・・

「なにもない」も「なにかがあった」を前提としていると思われます。
「なにもない」なら認識対象がないということであり、「ないものをない」と考えること自体ができ「ない」のではないかと。
それどころか、それを認識する自分も「ない」ハズであり、だとしたら誰が「なにもない」と言えるのか。
言える人がいないなら、それこを「なにもない」自体が存在できないと思われる。


と書いていたら、脳内にかまやつひろしの「やつらの足音のバラード」が聞こえてくるのだった。
♪なんにもないなんにもないまったくなんにもない〜♪

6日前 No.237

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_KEr

ブログ「数学屋のメガネ」の引用を読み返してみると、やはり、面白い。
形式論理の視点で語っているのがね。

机の上に本があると思ってた。
机しかないのが現実である。
だから、
現実には、本がない。

肯定命題は前提がなくても成立する。
あるとしても、現実認識を前提とするひとつだけだ。

ところが、否定命題は二つ(以上?)の前提を必要とする。
この意味で、否定表現は(前提を内在する)それだけで論理的表現である、と言える。

6日前 No.238

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_KEr

>この意味で、否定表現は(前提を内在する)それだけで論理的表現である、と言える。

これは「論理とは何か」に関係すると思われる。
「論理とは何か」はそれだけで哲学問題になるようだが、うまい説明はまだないらしい。

大体、「論理とは何か」を説明するというこは、「論理とは何か」を論理を使って語ることであり、「それでいいのか」と、ややこしいことになりそうだw


「否定表現はそれだけで論理的表現である」

考察を続ければ何か見つかるような予感がするようなしないような?

論考では「論理は語り得ぬ」と言ってるけどね〜〜〜


毎回広瀬すずを出すのも飽きたので、今回は出さ「ない」。

6日前 No.239

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

ふんにゃさん

>「なにもない」も「なにかがあった」を前提としていると思われます。


 そうなんです。
 何もないなんて経験もできないし、そんなことがあるのかどうかも言えない、わからないから、「何もない」はかなり疑わしい、「何かがある」と「何もない」は決して対等な選択肢として、比較できるような対概念ではないのです。
 もっと言えば、観測者がいなければ、認識できないというより、もっと積極的に何もないなんてなかったと言いたいのです。

 何かがあるから、何かが生まれるのです。 無から有は決して生まれないと主張したい。では有はいつから? ずっと前から。何もないことなんて、これまで一度もなかった。ずっとある状態なのです。あるしかないのが現実。
 あえて言えば、論理として、「ある」の否定の「ない」が言えるから、「何もない」という言葉が生じ、そんなことがあるんじゃないかと思考がそれに縛られるのではないかと思う。
 生まれて死ぬ、それの繰り返し、生成流転… ♪うまれ〜たぁうまれ〜たぁなにがうまれ〜たぁ〜♪

6日前 No.240

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

    世界(または机の上のリンゴ)は「ある」のか「ない」のか?

    《実在論》の場合
 「「○○○である」のか「○○○でない」のかを心が認識しなくても、「○○○である」または「○○○でない」の片方だけに、真理は確定している」と考える。
 「ある」と「ない」のどちらだと考えても、片方だけが選ばれて実現していると考える限り、「なぜ他方ではなくこちらが選ばれたのか?」という謎が生じてしまう。現在自分は、自分が住む世界を「ない」ではなく「ある」の方だと認識する。そして、「なぜ世界は「ない」ではなく「ある」の方なのか?」というアポリア(解けない謎)にぶつかってしまう。
 科学は、「ない」を基底状態、「ある」を励起状態かのように解釈し、「ない」から「ある」を、つまり「いかにして無から有が生じたのか?」を説明しようとする。「ビッグバン仮説」がその一例であり、これはこれで面白い試みではある。しかし、「世界の初めはなぜ「ある」ではなく「ない」の方だったのか?」「世界が初めから「ある」ではなぜダメなのか?」というアポリアには答えようがない。

    《観念論》の場合
 「「○○○である」のか「○○○でない」のかを心が認識していないとき、真理は「○○○である」にも「○○○でない」にも確定せず、a「○○○である」+b「○○○でない」(aとbの値は不明)という重ね合わせのままである」と考える。
 世界が「ある」のか「ない」のかを認識していないとき、世界はa「ある」+b「ない」(aとbの値は不明)…※という重ね合わせのままである。これは、「ある」、「ない」、「両方」、「片方」というすべての可能性を網羅しているため、決して外れることはなく、証明不要のまま恒真(トートロジー)となる。従って「なぜ「※でない」ではなく「※である」の方なのか?」という謎は存在しない。「※である」がすべての可能性を網羅しており、「※でない」の方は空集合φなので、論理的必然性で「※である」の方しか実現できないのである。
 世界が「ある」のか「ない」のかを認識したときに初めて、世界は「ある」または「ない」の片方に確定するが、認識するためには観測者が必要である。
 世界が「ある」の場合は、その世界の中に観測者が発生可能であるため、その観測者に世界は「ある」と認識される可能性がある。この場合、「ある」と「ない」のうち、「ある」の視点に立っているから「ある」と認識するだけである。すなわち、「「世界は「ある」」と認識する視点に立てば「世界は「ある」」と認識する」というただのトートロジーになり、どこにもアポリアは発生しない。
 世界が「ない」の場合には、それを認識する観測者も発生できないので、世界は「ない」と認識されることは無く、世界が「ない」と確定すること自体が有り得ない。世界は、a「ある」+b「ない」(aとbの値は不明)、または、「ある」のどちらかであり、「ない」に確定することは無い。

    補足説明
 「机の上のリンゴ」であれば、「机の上のリンゴが「ある」」と認識する視点だけでなく、「机の上のリンゴが「ない」」と認識する視点も存在し得て、両者は対称である。しかし、「世界」の場合には、「世界は「ある」」と認識する視点だけは存在できても、「世界は「ない」」と認識する視点そのものが存在できない、という非対称が生じる。他人についてなら「生きている状態」と「死んでいる状態」とを対称に認識できても、自分について認識できるのは「生きている状態」だけであり「死んでいる状態」は認識できない、というのと同型である。

5日前 No.241

混沌 ★Android=kOrgfPd7pY

世界はなくても観測者はありますよ。原理的に

4日前 No.242

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

誠意は認めます。しかし、同志がなかなか集まりませんね。泣き叫ぶつもりで訴えれば、集まるかもしれません。

4日前 No.243

宿題 ★eM1n2yJmTo_KVu

宇宙の外に出たことがある生命体がいるかどうか・・

観測する人を観測するもっと大きな目があるかどうか・・

4日前 No.244

混沌 ★Android=kOrgfPd7pY

安齋昌宏さん

常世界法則は他人の支持も同士も不要だ。

例外のない観点はないとする

例外があると仮定すると、「例外のない観点がある」ということになり矛盾する。

例外がないとすると元の命題に矛盾する。

例外のない観点はある。矛盾しない

よって例外のない観点はある。

よって例外のない観察・考察する立場はある。

例外のない観察・考察する立場は独我論でいう我と同じなので独我論は正しい。

3日前 No.245

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

皆さん(ALL)へ

ないはあるかどうか?

思うに数字に表した時、,無はゼロだよね。
ゼロがないと、莫大な文字数であらわさなければ・・・

だから、それを考えると無は、自分達の生活の中にあると思う。

無いだけでは存在できないという人もいる。
無いがないと言葉ももっと多くの言葉で表さなければならないかな?

3日前 No.246

きまぐれ ★iPhone=m53hQMLhFj

無と空(0)は違うのでは?

3日前 No.247

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

無と空の違い


自然の中で空と無をわける。
空はカラ無はナイ

数字のゼロは無とは結びつく

空と無・・・数学では,無はないが空は予約されているかな。

3日前 No.248

きまぐれ ★iPhone=m53hQMLhFj

空は予約されているとはどういうことかよくわからない。

0は単体なら無いを表すけど、隣に数字がある場合、1〜9までの数字全てを表しているとも言える。
例:10、100、1000

2日前 No.249

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

きまぐれさん

うーん、思うに10は1の位は0で表されてる。
つまり無が表現されてるかな?

ギリシア文字なんて数字の0がないから莫大な文字になる。

2日前 No.250

宿題 ★eM1n2yJmTo_KEr

空の光さん

表現の認識は写像です・・映し出された伝達です・・正確ではありません・・

2日前 No.251

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

    世界(または机の上のリンゴ)は「ある」のか「ない」のか? 【その2】

 《実在論》=「「○○○である」のか「○○○でない」のかを心が認識しなくても、「○○○である」または「○○○でない」の片方だけに、真理は確定している」。
 《観念論》=「「○○○である」のか「○○○でない」のかを心が認識していないとき、真理は「○○○である」にも「○○○でない」にも確定せず、a「○○○である」+b「○○○でない」(aとbの値は不明、a>0、b>0)という重ね合わせのままである」。

    《実在論》(反)の場合
 アポリア(解けない謎)のすべては、《実在論》が正しいと思い込んでいるところから生じている。「○○○である」と「○○○でない」のどちらが真理なのかという情報を自分の心が持たない場合も、真理は「○○○である」と「○○○でない」のどちらか一方に確定している、という思い込みである。そうすると、「「○○○である」と「○○○でない」のどちらが真理なのか?」という質問に対し、「判らない」と答えざるを得なくなる。これが謎の発生である。

    《観念論》(正)の場合
 《観念論》の場合はこうならない。「○○○である」と「○○○でない」のどちらが真理なのか、自分の心が情報を持っている場合、「「○○○である」と「○○○でない」のどちらが真理なのか?」という質問に対し、自分が知っている方を答えれば良いので、「判らない」という答にはならないし、謎も存在しない。自分がその情報を持たない場合、答は「a「○○○である」+b「○○○でない」(aとbの値は不明、a>0、b>0)であり、「○○○である」にも「○○○でない」にも真理は確定していない」になる。「判らない」という答は有り得ず、何も謎は生じない。

    《観念論》(合)の場合
 ただし、《観念論》(正)も《実在論》(反)も、実証も反証もできないので、どちらか一方だけを真理だと決め付けてしまうと、どちらの場合も論理の飛躍になってしまう。何一つ論理の飛躍をしないためには、《観念論》(正)と《実在論》(反)のどちらが正しいのかについても、c《観念論》(正)+d《実在論》(反)(cとdの値は不明)と考えれば良い。これを《観念論》(合)と定義する。
 《観念論》(合)の内容は、《観念論》(正)と殆ど同じである。自分の心が「○○○である」と「○○○でない」のどちらが真理なのかを知らないとき、《観念論》(正)の答は「a「○○○である」+b「○○○でない」(aとbの値は不明、a>0、b>0)」であったが、《観念論》(合)の答は「a「○○○である」+b「○○○でない」(aとbの値は不明、a≧0、b≧0)」となり、「>」が「≧」に変わるだけである。

    《観念論》(合)は恒真(トートロジー)
 多くの人々は、暗黙の前提として《実在論》(反)が正しいと思い込んでいる。そうすると、《観念論》(合)の方が何か特殊な仮定をしているかのように勘違いし、「そんな仮説は支持しない」などと的外れのことを言う。全く逆である。《観念論》(正)も《実在論》(反)も実証も反証もできないのだから、何一つ論理の飛躍をしなければ自ずと《観念論》(合)= c《観念論》(正)+d《実在論》(反)(cとdの値は不明)になるのであり、これだとすべての可能性を網羅しているため、証明不要のまま恒真(トートロジー)である。逆に《実在論》(反)の方こそ、実証も反証もできないのに《実在論》(反)の方が正しいと決め付けるという論理の飛躍をしてしまっており、証明しない限りただの仮説に過ぎない。

    補足説明
 《観念論》(正)の場合、「○○○である」か「○○○でない」かを観測していないとき、a「○○○である」+b「○○○でない」(a>0、b>0)という重ね合わせのままである。これは量子力学で、すでに実証済みである。ここで、「○○○である」と「○○○でない」のうち、好ましい方を建設的干渉で確率を1にし、好ましくない方を破壊的干渉で確率を0にすれば、好ましい方だけを確実に実現することができる。まだまだミクロな領域だけであるが、量子コンピュータがすでにこれを実現している。もしこれをマクロな領域にまで適用できるようになれば、あらゆる確率的事象について、自分の好みの方を選べるようになるかもしれない。

2日前 No.252

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

宿題さん

映し出された伝達・・・不正確。

正確のは心に宿った存在?でしょうか。

言葉にも絵にも表せる。

2日前 No.253

宿題 ★eM1n2yJmTo_KEr

空の光さん

自分の捉え方という視点が人それぞれ・・個性的な受け取り方ですね・・

2日前 No.254

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

宿題さん

自分の捉え方視点あり・・・だからみんな個性的に受け取る。

だから意見の食い違い。。。思いが一つだと面白くない。

でも、その一つを目指しているように思います。

2日前 No.255

宿題 ★eM1n2yJmTo_KEr

空の光さん

みんなが共有できる定義できる思想を真理と呼ぶでしょう・・

1日前 No.256

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

宿題さん

民が共有できる・・・それも大事かも知れませんね。

でも、それだけではないような気もします。

何かが足りない?

1日前 No.257

宿題 ★eM1n2yJmTo_KEr

空の光さん

理性が無ければ社会は成り立ちません・・人間の社会の根底の真理に理性があります。

理性が弱いので戦争が無くなりません・・

7時間前 No.258

空の光 ★1auucRGTx2_m9i

宿題さん

真理と呼べる理性・・・

心も持ってると言う事はこれも真理かな。

真理がこの世の中で表されてるなら。。。

6時間前 No.259
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる