Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1371) >>

オリジナル哲学3

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(2290) - いいね!(0)

雑記 ★Gc8HjmXH4j_ebo

 前の続きです。オリジナル哲学3です。僕がくだらないことばかり書いてたせいで、
スレが終わってしまいました。 ごめんね。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
↑前のページ (1321件) | 最新ページ

★E6vycvPYvN_pzR

幼少頃受け入れてしまうのは他の人の言うこと。でもそれを受け入れるのは(幼少の頃の)〈私〉
受け入れること、を ”するもの”は〈私〉。

19日前 No.1322

★E6vycvPYvN_pzR

デカルトが気づいたのは、「科学的認識ないしその知識が真である」っていうこと。
カントも同じ。

18日前 No.1323

★E6vycvPYvN_pzR

>1321、デカルト、「受け入れてしまっていることか・・・」
「受け入れる」って、言い換えると〈信念とする〉。
ひとそれぞれいろんな信念をもって生きてるのだと思う。

「信念」って、問題。

18日前 No.1324

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん

一人で頑張っているねw

私は善の定義以外にあまり興味もないが一つ教えてもらおうかな。

>幼少頃の〈私〉、これ問題。<

幼少の私と幼少の頃でない私は違うものなの?

18日前 No.1325

★E6vycvPYvN_pzR

>1325
sdさま
ここ、「哲学掲示板」って書いてあったからあったからここにきてるのね。でもなんか場違いなところにいる感じはしてる。
ま、これはいいわ。

「幼少の私と幼少の頃でない私は違うものなの?」

「私」は常に変化し続けてる、って見てる。
〈精神としての「私」〉が登場するのは、生まれてから何年かたってから。
いまのところ14歳ぐらいからかな、ってしてる。

ところでsdさま、
わたし、「善」は「悪」と対になっているものだと思ってるんだけど、
赤ちゃんのとき、この区別あると思います?

17日前 No.1326

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん  sdさまってああた。shinさまが善かったね。

>わたし、「善」は「悪」と対になっているものだと思ってるんだけど、赤ちゃんのとき、この区別あると思います?<

勿論ありますよ。数か月の赤ちゃんでも善悪は分かっています。

善はミラーニュロンだろうね。これは本能だから、みんな持ってる。

17日前 No.1327

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1327
shinさまの言う「善」は〈本能〉っていうことでいいのね?
じゃ、「悪」は〈非本能〉ってしていい?

ミラーニューロン、まね、ね。
”一般的に”人はまねできる能力を生まれながらに持ってる、っていうことでいいのかしら?

17日前 No.1328

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1327
shinさまのいう「善」、気になるんで、もちょっと単純にに表現してみますね。

ミラーニューロン=本能=みんな持ってる
これを「善」と言う。

で、いい?

17日前 No.1329

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

それでOKです!

17日前 No.1330

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1330
shinさまのいう「善」、了解しました。

でもね、わたしNo1328で、”一般的”って書いてる。
もしね、一般的に持ってるだろうとされれるミラーニューロンが生まれれつき不具合が生じてる場合があると思うんだけど、
このようなばあい、それをどういう語で表現します?

17日前 No.1331

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん

>このようなばあい、それをどういう語で表現します?<

知らない。あのね、善なんてものは真善美なんて言う崇高なものではなく、ただの問題に対する答えを善いって言うんだよ。

何か問題が起きたらみんなの為になる結論が出たら「善い」って言うんだよ。

あらゆる社会的問題の絶対、唯一無二の正しい答えが「みんなの為」。これに合致するような答えを探せばいいのです。簡単でしょう?


難問のトロッコ問題なんかも分かるんだよ。みんなは答えが出せないでバカのサンデルと遊んでいるけどw

いいかい。私の言うことを信じなさい。そうすれば貴方もソクラテスくらいの賢人にはなれるよ。

16日前 No.1332

★E6vycvPYvN_pzR

「発達心理学」っていう「科学」的理論。
エリクソンの発達区分をネットで調べて見たらこんなのあった。
・乳児期(基本的信頼 対 不信):保育者への信頼
・幼児前期(自律性 対 恥・疑惑):自由な活動
・幼児後期(積極性 対 罪悪感):行動の自己決定
・児童期(勤勉性 対 劣等感):他者との比較
・青年期(同一性 対 役割拡散):自己への問い
・成人初期(親密性 対 孤立):仕事と家庭
・中年期(世代継承性 対 停滞):次世代への貢献
・老年期(自我統合性 対 絶望):業績への反省
「identity自己同一性」ってかれの概念みたいだけど、科学者の理論ね。

他にも人の発達段階?の区分(分類)の仕方、いろいろあるみたい。
たとえば、いわゆる「大人/子ども」っていう区分や、年齢的区分、法的区分、医学的区分…。

要は「わたし」の”他人による区分”ね。

ヘーゲルは、即自・体他・対自、っていう区分してるみたい。
これ、基本的に自と他者との関係問題となっていると思うんだけど、ヘーゲルはそこに「理性」を持ち出しているようだけど、
彼の言う「理性」の意味が問題ね。

16日前 No.1333

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1332
shinさま
「知らない」よね、善と悪を対にして考え見ようとするとき、「悪」とは答えることを控えたいからね。

<善なんてものは真善美なんて言う崇高なものではなく、ただの問題に対する答えを善いって言うんだよ>
言語ゲームね。わたし、このゲーム、嫌いじゃない。

<何か問題が起きたらみんなの為になる結論が出たら「善い」って言うんだよ>
なんか、プラグマティズムを連想。ジェームズによれば、
「思想の真偽、さらには行為の善悪、事物の美醜なども、結局は、それらが人生において有用であるか否かによって決定される」
みたいよ。プラグマティズムって、あるアメリカ人の見方ね。

トロッコ問題、わたしの解決の方法を前にどこかで書いた、だからもうわたしにとって問題じゃない。

16日前 No.1334

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

>「思想の真偽、さらには行為の善悪、事物の美醜なども、結局は、それらが人生において有用であるか否かによって決定される」
みたいよ。プラグマティズムって、あるアメリカ人の見方ね。<

そんなことは馬鹿でもわかるさ。善、善いは何か選択する問題があるから必要になる。これが善い、あれが善いってね。何も選択するような問題がないなら善い、悪いなんて必要ないもの。そしてそれが善いって何故言えるかと言えば自分にとって有用、つまり価値があり大切と思うからだよ。だからね。自分にとって価値あるもの、大切なものを善いとして選ぶの。

ここからが大事さ。だから善とは価値あるもの、大切なものということ。絶対善とは最も善いものだね。つまり絶対善とは最も大切なものを言う。最も何よりも大切なのは群れ仲間の安寧秩序、みんなが安心して平穏に、そして幸せに暮らしていけること。

だから絶対に善いもの、つまり絶対善は「みんなの安心・幸せの為」何だよ。私はこれを簡易的に絶対善は「みんなの為」って言っている。こんなに簡単に絶対善は分かるのに西洋人の哲学者は馬鹿ばかりだねw

16日前 No.1335

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1332
「そうすれば貴方もソクラテスくらいの賢人にはなれるよ」
あら、shinさま、ソクラテスさま話したことあるの?わたし、ないけど。ま、これはいいわ。
わたしのテクストでは、彼?は「記録」残してないみたい。プラトンの「記憶」の「記録」から知られるだけだって。
ようするにまたまたまたまたまた聞きね。

このうちで書きますね。
本当のことを「知る」っていう、ソクラテスの方法としての方法、「問答」。
「問うこと」、「どう問うこと」、「問い方」が問題。賢者と自称するひとたちに問い、その問いに対してたじたし、っていうのどこかに書いてあった。

「問うこと」を、封印ないし否定させるべく、「私の言うことを信じなさい」っていう、いわゆる唯神教的な問答無用的な「他者支配欲」。
なんか、いわゆる「虐待」を連想させる、っていう感じ。

16日前 No.1336

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん

>本当のことを「知る」っていう、ソクラテスの方法としての方法、「問答」。「問うこと」、「どう問うこと」、「問い方」が問題。賢者と自称するひとたちに問い、その問いに対してたじたし、っていうのどこかに書いてあった。<

ソクちゃんは絶対善、真理はあると考えていた。しかし当時の賢人、ソフィストたちは相対主義者で正しいは人それぞれだと考えていた。だから本当の正しさは知らない。ソクちゃんは奴らは本当のことを知らないから、問い詰めていけばやがて行き詰ると知っていたのさ。だってソフィストたちは絶対善は知らないからね。だからどんどん質問をすればソフィストたちは行き詰り論破された。

しかしソクちゃんも絶対善とは何かは知らなかった。だから弟子たちも知らない。その後の哲学者たちも分からないでいる。で、私がやっとそれを定義したのよ。だからトロッコ問題でも死刑問題でも、何故人を殺してはいけないの?などの難問も答えられる。そのような結果が出ているのだから、信じてはどうですかという話さ。別に強制はしませんよw

16日前 No.1337

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1335
>1331に「悪」って言えないから、その代わりに「馬鹿でもわかる」をもちだすのかな?
shinさまのいう「善」=「価値あるもの、大切なもの」、それが「みんなの安心・幸せの為」のものね。
了解しました。

じゃ、shinさまの言う「みんな」ってだれ?
ん〜、たとえば、いわゆる「IS」って呼ばれれている人たちって「みんな」?
そうね、その人たちにとっての「安心・幸せの為」の行為をしてるのかもね。

16日前 No.1338

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

shinさま、>1337、としたとき、
ソクちゃんは、”どこから”そのようなような問いが生まれてきたのかしら?

16日前 No.1339

★E6vycvPYvN_pzR

>1321、デカルトが気づいたのは、〈他者のなかには、偽が存在する、って言うこと〉。

こう見たとき

気づく前は、全てが真である、っていうこと。ある意味、真も偽もない世界。あるいは信念の世界。

ってすると、真偽の「判断」は、アポステリオリ。

15日前 No.1340

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん

>shinさまの言う「善」は〈本能〉っていうことでいいのね?じゃ、「悪」は〈非本能〉ってしていい?<

あのね、赤ちゃんは善悪が分かるの。本能的に。非本能って何? こいつは善いやつだな〜とこいつは悪いやつだな〜と分かるのよ。
善がみんなの為を優先するなら、悪は自分の為を優先すること。善とは善い、悪いだから。何か善い、悪いと判断しなければならない問題に対してみんなの為に合致することが「善い」となるのよ。だから善と問題は一心同体なの。



1338  >じゃ、shinさまの言う「みんな」ってだれ?<

善というのは問題と切っても切れない関係です。ゆえに「みんな」とはその問題に関係している人たちのことです。その問題に関係ない人には関係ない。日本の問題ならみんなは日本国民みんなとなります。日本の問題に外国がああしろこうしろと口出ししてはいけません。


>ん〜、たとえば、いわゆる「IS」って呼ばれれている人たちって「みんな」?そうね、その人たちにとっての「安心・幸せの為」の行為をしてるのかもね。<

絶対善はみんなで考えなければならないから、ああいう集団ではまともに話し合えないでしょう。ISが他国を侵略すると言う問題は世界の問題だから世界のみんなで話し合わなければなりません。ISは冷静な話し合いができるの? 絶対善は民主主義国でなければ成り立ちません。

>ソクちゃんは、”どこから”そのようなような問いが生まれてきたのかしら?<

良く分からない質問だ。どこからって何? 通常正しいが人それぞれなんて考えるのはおかしいと気づいたのだろう。何かみんなに共通する正しさがあると考えても不思議ではない。私もそう考えたからね。正しい政治が人それぞれではおかしいだろう、何かみんなに共通するものがなければならないと、普通は考えるさ。


>デカルトの『省察』第一省察
〔私は、すでに幾年か前のことになるが、こう気づいたのである。幼少の頃にどれほど多くの偽なるものを真なるものとして私が受け入れてしまっていることか、・・・〕デカルトが”気づいた”のは何だったのかしら?<

決まっているでしょう、大人たちが勝手に正しいと思うものを子供に教えてきたこと。デカちゃんが大人になって大人たちから教わったことは嘘だらけと気が付いたのさ。私たちだってそうでしょう。嘘の歴史を教えられ、嘘の人権なんかが正しいと教えられている。この世には嘘で溢れているんだよ。

>デカルトが気づいたのは、〈他者のなかには、偽が存在する、って言うこと〉。<

そんなに複雑に考えなくてもいいのにw


>こう見たとき <

こう見た時っていう考えがまず間違いだからね。そうみてはなりません。

>気づく前は、全てが真である、っていうこと。<

そんなバカなことはないよ。

>ある意味、真も偽もない世界。あるいは信念の世界。ってすると、真偽の「判断」は、アポステリオリ。<

あのね。善悪は赤ちゃんも分かっているからアポリオりです。善悪は本能的に知っているから、それを利用して理性で考えることが出来るの。本能的な善悪がないなら、理性では何が善悪か分からないでしょうね。本能あっての理性ね。私がいつも言ってるでしょう、理性なんて本能に比べれば屁のようなものだと。善、正しいは感情です。

15日前 No.1341

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

shinさま
>1341に書かれた言葉(わたしのも含めて)、赤ちゃんに(赤ちゃんって言ったって幅があるから、例えば、1歳の子に)話してみて(文字はまだ”読めない”だろうから)。どういう反応するかしら。

わたしのばあい、「理性」「感情」って呼んでいるのもの、人間の本能にはある、って見てる。
だって、”一般的”には言葉を喋ることができるようになるんだもの。

わたしが現象学派だっていうことわすれないでね。

15日前 No.1342

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん

>赤ちゃんって言ったって幅があるから、例えば、1歳の子に)話してみて(文字はまだ”読めない”だろうから)。どういう反応するかしら。<

赤ちゃんの実験は生後3か月の赤ちゃんに実験したのです。言葉もしゃべれない赤ちゃんにも善悪が分かった、ということ。


>わたしが現象学派だっていうことわすれないでね。<

現象学派ってなんなの?

15日前 No.1343

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1343
「現象学派ってなんなの?」
わたしが、ここで書いてること。
あ、もっとも、現象学派っていうのは「自称」ね。ようするに”つもり”で書いてる。
(哲学についての学、すなわち哲学を科学化することを価値とすのがshinさまだったら、以下の?は無視して)

「赤ちゃんの実験は生後3か月の赤ちゃんに実験したのです。言葉もしゃべれない赤ちゃんにも善悪が分かった、ということ。」
あ、これ、知らなかった。よろしかったら、その実験、教えてもらえません?

15日前 No.1344

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_dNU

游ちゃん

「それゆえフッサールは、実証的な学問についても、意味や価値を扱う学問についても、それぞれの成立根拠と範囲を明確にしようとしたのである。現象学はあらゆる学問・認識の根拠を個々人の主観における妥当(確信)に求める。これは、客観的な世界の存在を当然視する素朴な見方を根本から変更するものだった。」

現象学を調べたらこう書いてあったね。絶対善はきゃかん的なものだろう?ということはフッサールは間違っているね。


>あ、これ、知らなかった。よろしかったら、その実験、教えてもらえません?<

まだ理性の発達していない生後数か月の赤ちゃんでも善悪は分かっているとの科学的実験結果があります。次のHPを見てください。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35045208-2.html

14日前 No.1345

★E6vycvPYvN_pzR

>1345
shinさま
カッコ内には「善」っていう語、書いてないけど、どここら「絶対善はきゃかん的なものだろう?」が浮かんできたの?

HP、ありがとうございます。あとでしっかりみてみます。

14日前 No.1346

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_KVu

游ちゃん

>どここら「絶対善は客観的なものだろう?」が浮かんできたの?<

あのね、私が絶対善を定義したのよ。それは時代を超え、民族・国家を超え(つまり客観的)未来永劫変わらないものなのよ。

「現象学はあらゆる学問・認識の根拠を個々人の主観における妥当(確信)に求める」って書いてあるから絶対善は当てはまらない。

客観的であるのは本能的、潜在意識的なものではないの? だってみんな人を殺すのは善くないって考える。みんな共通している。客観的とは本能 または情報である。独我論も本能で打ち破れないかな?

12日前 No.1347

★E6vycvPYvN_pzR

shinさまが提供してくれた情報(CーP)について、考えてます。

その情報は、「赤ちゃんにも善悪がわかるか?(a)」という問いに対するひとつの答え、みたい。

どうやらCNNの記事のようです。
〔本記事は、米エール大学のポール・ブルーム(PB)教授(心理学)によるものです。記事における意見や見解はすべてブルーム氏個人のものです〕ってあります。
そして彼(PB)によると、〔赤ちゃんの道徳観を研究している立場上、「人間は生まれながらに善人だったり悪人だったりするのか」と質問されることがある。私の答えは「イエス」だ。(b)〕ということです。
そして、shinさまの場合、これを信じられるもの、ってする、っていうことでいいのかしら?

ここ、哲学的なことについて、言い換えると、考えること的なことについてだから。
「批判」っていう語、わたしのばあい、〈鵜呑みにせずよく吟味すること〉ってしてる。言い換えると〈情報の信憑性を判断する〉っていうこと。そして、その能力を身につけるっていうこと。そして、その結果同意する、って場合もある、っていうこと。カントの「○○批判」もそうだと思う。

で、PBの結論(a)の根拠になっているのは、
〔米エール大学の私の研究室では、人形を使った道徳劇を赤ちゃん相手に見せ、その反応を観察した。他人が坂を上るのを手助けするような善人役の人形と、逆に坂から突き落とすような悪人役の人形とを対照させて上演。赤ちゃんの表情や行動を見て取ることで、どのような道徳判断を下しているのか分析した。結果として判明したのは、生後3カ月の赤ちゃんですら、善人役の人形を好むということだ。もう少し年長の赤ちゃんや、よちよち歩きを始めた幼児になると、善人役に報酬を与え、悪人役には罰を与えるようになる。さらに、自分と同じ道徳観念を持った人形に愛着を示すこともわかった。つまり、善行に報いる正義の味方の人形の方が好かれるのである。(c)〕
だと思う。

B.Pの研究室ではいろんな研究がされているのだともうけど、そのほんの一部をCNNで記事にしたのだと思う。
そして、CNNの担当者は〔このように普遍的な道徳感覚が存在することが立証されたのは、良いニュースだ。〕を”強調”するための記事なのだと思う。

CーPでは「普遍的な道徳感覚」とか「人間の先天的な道徳心理」がテーマだと思う。

BP(心理学教授)の研究論文的なものをすべて読んで(読めない)ないから、ここでのこれからのものは「思考ゲーム」」とでもしておきますね。

で、まず、BPの結論(b)となってる根拠(c)について見てゆこうかなって(あくまで思考ゲームだからね)

つづく。

12日前 No.1348

★E6vycvPYvN_pzR

(思考ゲーム()

(c)によると〔人形を使った道徳劇を赤ちゃん相手に見せ〕ってあって〔生後3カ月の赤ちゃんですら〕ってあります。

ここで、「道徳」とか「善(人)」とか「悪(人)」は省きたいとおもいます。なぜなら、BPさんはすでに「道徳」とか「善」「悪」を前提として研究を進めているようなので。たとえば、〔他人が坂を上るのを手助けするような善人役の人形と、逆に坂から突き落とすような悪人役の人形とを対照させて上演。〕
は、〈他人が坂を上るのを手助けするような人役(1)の人形と、坂から突き落とすような人役の人形(2)とを対照させて上演。〉として見ます。
なぜなら、善悪という概念が赤ちゃんにあるかどうかを調べるためのものだし、(1)を善、(2)を悪としているのは研究者であるいわゆる大人となったBPだから。

で、〔見せ〕ってあるから、ネットで3か月の赤ちゃんの「視覚」を調べて見ました。次のようなものがありました。

〔ヒトの視力 は, 視覚刺激に対する行動の変化という形で検査されるのが一般的である. 成人で あれば, 行動の変化とは視覚刺激を読んだり, 方向を指さしたりするな どの被検者の意志表示であるために詐病や転 換型 の ヒステリー症 などを除くと, 検査 に対する信頼性は高い. しかし, 小児の場合には, 幼少であればあるほど意志 表示が 明確ではなく, 刺激に対 する行動の変化という対応関係が曖昧になってくる. つまり, 見えていないのか, あるいは見えているが, 行動に変化が起こらないために定ができないのかという点で, 曖昧さが生じてくる. このため, とくに乳児の視力については, 一定した結果を得ることが困難な状況にある. このように視力に限 らず, ヒトにお いて感覚系の検査 は, 行動観察を主体とした測定に頼っているのが現状であり, これ を客観化するための工夫が望まれている. 本項で は,ヒトの視覚系の発達について, 形態的変化や視力の発達,視覚認知の発達とその障害について, おもに行動分析的な立か ら概観する.(d)〕(小 枝 達 也より)

赤ちゃんが見ているもの、見えていないものと見えていないもの、「それ」がどのように見えているのかーーこのようなものは、どういうもの?
わたしもまえは赤ちゃんだったんだけど、よく覚えてない。

客観的に3か月の赤ちゃんを見ようとするとき、「表現されているもの」からしか知ることはできない、っていうのは本当だと思う。
でも、表現されているのもの意味はいわゆる大人となった人における意味。3か月の赤ちゃんのものじゃないかもしれない(あ、赤ちゃんだけに限ったことじゃないかもね)。

(c)でいえば、〔さらに、自分と同じ道徳観念を持った人形に愛着を示すこともわかった。つまり、善行に報いる正義の味方の人形の方が好かれるのである。〕っていうところ。3か月の赤ちゃんの表現(顔の表情・行為)から、いわゆる心理学者になった3か月の赤ちゃんではないいわゆる大人となったBPの見え。

このように見ること、これ主観と客観の問題に関係するように思えるんだけど、わたし。  ま、これはいいわ。

つづく。

12日前 No.1349

★E6vycvPYvN_pzR

>1347
shinさまの言う、
「絶対善は客観的なもの」
「客観的であるのは本能的、潜在意識的なもの、または情報」
これについてはあとで。

11日前 No.1350

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

>1347
「だってみんな人を殺すのは善くないって考える」
でも人を殺す人いるよね。だから、”みんな”じゃない。

ある人が兵士に「人を殺せ」って命令して、兵士はその指示に従う。
その人たちは、人を殺すのは善くない、って”考えて”いるのかしら?
ひょっとして、その人たちは人を殺すことを”善いこと”、って考えているのかもしれないよ。

11日前 No.1351

★E6vycvPYvN_pzR

>1349のつづき
いずれにせよ、赤ちゃんのときに、おとながその反応(表情・行動)を見て判断してる、っていうこと。

問題は3か月の赤ちゃん。

運動について、わたしが得た情報では、
新生児:身体全体での全体運動。
か月:体をおこしたとき頭を数秒まっすぐに保つ。
2か月:はらばいで頭をあげる。
3か月:首がすわる。腹ばいで、頭、肩をあげる。
4か月:手に触れたものをつかむ。脚をつっぱって膝の上に立つ。
5か月:見たものをつかむ。
みたい。
わたし、こっちのほうを信じてる。

赤ちゃんの表情・行動は可能な運動によるもの。
3か月の赤ちゃんはやっと首がすわり、腹ばいで頭、、肩を、あげることができる。5か月以前では見たものをつかむことができない。
HPの映像を見た限りでは、赤ちゃんは母親(?)の膝の上にしっかりすわり、つかむ行為をしてる。
これって、とても3か月の赤ちゃんとは思えない。もっと大きくなっての赤ちゃんだと思う。

心理学のBP教授はCNNに何を提供したのかしら?そしてCNNはBP教授に何を求めていたのかしら?

3か月のあかちゃんに、「人形を使った劇を見せる」っていう方法ではムリがあると思う。ほかの実験方法があると思う。それを提示すればよかったのにね。

BPさんは「普遍的な道徳感覚」とか「人間の先天的な道徳心理」がテーマなのかしら?
もしそうなら、「赤ちゃんの道徳学」では、より生まれたての赤ちゃんに近いものであることが必要になってくる。
だから、「生後3か月の赤ちゃんですら」ってする必要があったのかも。

BP心理学者の「生後3か月のあかちゃんで”すら”、善人役の人形を好む」という結論にいたったものを知りたいものだわ。

もう、この思考ゲームは、わたしのうちではおしまいにしましょ。



〔赤ちゃんの道徳観を研究している立場上、「人間は生まれながらに善人だったり悪人だったりするのか」と質問されることがある。私の答えは「イエス」だ。〕と言う米エール大学のポール・ブルーム心理学教授の判断は信憑性に欠ける、っていうことでね。

11日前 No.1352

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

あ、ことわっておくけど、
わたしがが言う〈人を殺す〉っていうのは自殺も含めてのね。

11日前 No.1353

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_KEr

游ちゃん

あなたがどんなに否定しようが多くの大学で実証されていることなのよ。

あなたは「絶対善は客観的なもの、客観的であるのは本能的、潜在意識的なもの、または情報」を考えてみたら。

10日前 No.1354

悪魔ちゃん ★E6vycvPYvN_pzR

「多くの大学での実証」? よくわかんない。

「客観的なもの、客観的であるのは本能的、潜在意識的なもの、または情報」を「絶対善」と呼ぶ、っていうのなら話は違ってくる、っていうこと。

わたしも一応大学出てるけど、ここ、学校(大学も含めて)じゃないし、メタの場、って思ってる。

否定なんかしてない。
もし>1352についてのことだったら〈BP心理学者の「生後3か月のあかちゃんで”すら”、善人役の人形を好む(c)」という結論にいたったものを知りたいものだわ。〉って書いてあるでしょ。この意味はね、「人形を使った道徳劇を赤ちゃん相手に見せ、その反応を観察した。」は、生後3か月の赤ちゃんに対しての実験の方法としてはムリがあるんじゃないか、って思っただけ。もし(c)なら別の仕方で行ったはず、それを示してもらいたい、って思ったっていうこと。

ついでに、
「心の理論」っていうの、「サリーとアンの課題」っていうの有名みたい(心理学では)。

HPの映像に登場する赤ちゃんは>1352に言ってるように、わたしにはとても3か月の赤ちゃんとは思えない。そこで、
6か月:寝返りをする。支えるとすわる。
7か月:ひとりでえんこする。
から、映像の赤ちゃんは、はやくても6〜7か月のあかちゃんだとしてみてます。わたし。
このころの赤ちゃんはその劇を見て、そこに登場するどの人形、人形の何を好んでいたのか、っていうことも考えられるし、それらの人形が演じる劇の意味がその赤ちゃんにおいてどのように現象されたいたのか、っていうことも考えちゃう。
その劇に登場する人形は少なくとも「他人」(坂を上ろうとする人形)(X)、それを「手助けする人形」(Y)、「坂から突き落とす人形」(Z)がいる。
検者は、その劇の後、(Y)と(Z)しか提示してどちらを選択するか(手を出すか)しかしかしてない?
Xを提示してない、っていうこと。これはX,Y,Zの関係性についてのその赤ちゃんの反応を見ようとしてないっていうこと。
(この実験においては)善悪の判断って、(ここでは)XとY、XとZの関係を、それを第三者(この場合赤ちゃん)が見て、どう思うか、っていうことじゃない?
なにもY、Zの行為をどう判断するか、っていうことじゃないと思う。

その赤ちゃんは何を見ていたのかしら?っていうこと。

10日前 No.1355

★E6vycvPYvN_pzR

わたし、問題としてるのは、HPがほんとのこと言ってるのかどうか、じゃなくて、

わたしの問い
>赤ちゃんって言ったって幅があるから、例えば、1歳の子に)話してみて(文字はまだ”読めない”だろうから)。どういう反応するかしら。<
に対して、shinさまが
「赤ちゃんの実験は生後3か月の赤ちゃんに実験したのです。言葉もしゃべれない赤ちゃんにも善悪が分かった、ということ。」
ってしてること。
だから>1348で「shinさまの場合、これを信じられるもの、ってする、っていうことでいいのかしら?」、って、聞いてる。
そこで、わたしの0歳児の、情報とわたしが本当だろうって思うものいうもを記してみました。

shinさま
わたしの>1352、1355に示したようなことに対して、shinさまの「言葉もしゃべれない赤ちゃんにも善悪が分かった」と判断するそのその理由を聞きたかったのね(>1344)、でその理由ないし根拠が、CNN,米エール大学のポール・ブルーム心理学教授の記述だったみたい。

わたし、議論って好きじゃないから、もういいかな。

8日前 No.1356

★E6vycvPYvN_pzR

「オリジナル」って、主観だと思う。

でも、主観が存在できるためには、客観が存在してないと成立しえない。って思ってる。
主観と客観って、右と左、上と下、みたいなものと同じ語類系、って見てる。
これらの中心にあるのは「と」ね。

オリジナル=原本=と
これを「私」って言うのかも?

8日前 No.1357

★E6vycvPYvN_pzR

乳幼児はまず、まず、これから生きてゆくであろう世界を、親(あるいは養育者)を手がかりに、知ってゆく。
そしてそれが”その人の”無条件の信念”となる。

デカルトやカントも例外ではない。

7日前 No.1358

★E6vycvPYvN_pzR

人による「人間」っていう分類において、「人間とは何か」とか「世界とは何か」みたいな問いを立てとき、「時空」は意味をなさなくなる。

「時空」を取り立てて問題とするのは科学者のほうかも?

6日前 No.1359

★E6vycvPYvN_pzR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.1360

★E6vycvPYvN_pzR

やっぱ、ここでのフィルタはあの「○○○」っていう「記号」ね。

試しに「排泄」ていう語を使ってみたんけど、「排泄」をウィキで調べたら、
「排泄とは、老廃物(物質代謝の結果生じた不要物や有害物)等を、生物が体外遊離させる現象。特にまとまった量の固体や液体を体外に排出する点に重きが置かれ、発汗や蒸散のような緩慢な放出や、消化管内で発生したガス(いわゆる屁)及び呼吸に伴う二酸化炭素の放出等は通常除外される。 生物にとって有用な物質の放出や、放出する事自体に意味がある場合は分泌として区別される。ただし生物による物質の放出が排泄・分泌のいずれに該当するのかという線引きは難しく、皮膚腺からの分泌、特に哺乳類の汗腺による発汗のように、分泌と排泄の双方の意義を持つ例も多い。 日常生活においては、「排泄」を排便(あるいは「排泄物」を便)の婉曲語として使うことが多いが、学術的には区別されるべきものである。なお「泄」が常用漢字の表外字であることから、学術用語集(動物学編)などでは排出(はいしゅつ)を採っている。・・・」ってあった。

これ、問題とすところじゃない!っていう人いるかもしれないけど、それこそが問題なのねわたしのばあい。

4日前 No.1361

★E6vycvPYvN_pzR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.1362

★E6vycvPYvN_pzR

>1362
え!>1361がOKで、1362がフィルタ?

・・・ちょっと考えます。

4日前 No.1363

★E6vycvPYvN_pzR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.1364

★E6vycvPYvN_pzR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.1365

★E6vycvPYvN_pzR

公文書の公開で、黒く塗りつぶしてる画像をニュースで見ることあるけど。
ここのフィルタって、それと同じ予防線をはってるのね(公安を意志して生き延びるための手段として)。

「パノプチコン」っていうのもあるけどね。

この意味で、「フィルタ」って、おもしろい。

そのつもりになちゃって、”あってもなくてもいいこと”を、ね。
わたしをまきこまないで、っていう感じ。

4日前 No.1366

★E6vycvPYvN_pzR

もし、「フィロソフィア」(「哲学」じゃないよ)っていう語がさししめす意味が、〈根源〉とか〈原初〉とか〈始まり〉っていうことについて〈考える〉っていうことだとしたら、そして、その対象が〈世界〉や〈人間〉について、だったとしたら。

生まれたばかりの人間、赤ちゃんは、ここでフィルターされる「○○○」は、トイレではしない。
人間がトイレで「○○○」を行うようになるのは”トイレトレーニング”を受けてから。
としをとるとそれがなくなることもあるみたい。

あ、ここ、「”哲学”掲示板」だったね。フィロソフィアって勘違いしてたのかも?わたし。

3日前 No.1367

★E6vycvPYvN_pzR

「世界」を大きく分けて、自然的存在と文化的存在とに分節したとします。
この分節の仕方は、人を”基準”としてます。
この分節基準から、
「自然的存在」とは「人間がつくりだしたものではないのもの」、「文化的存在」とは「人間がつくりだしたもの」ってなります。

3日前 No.1368

★E6vycvPYvN_pzR

「全人類が目指すべき共通目標は存在するか?」の >>260 のつづきです。

わたし、現象学派(主義・立場)っていうことで物語ります。

まず、メルロの『ヒューマニズムとテロル』の「プロレタリアから人民委員へ」から抜粋して見ます。

〔マルクス主義的な政治の基礎は、経済的な機能の帰納(類似の事例をもとにして一般法則や原理を導き出す推論)的な分析と、人間および人間関係についてのある直観の中に、同時に探し求める必要がある。マルクスの有名なテクストは、「根源的(エラジカル)であるということは、ものごとのをその根源から捉えるということだ。ところで人間にとっての根源は、人間そのものである」と述べている。マルクスの新しさは、哲学的な問題と人間の問題を、経済的な問題に還元したことにあるのではない。経済的な問題において、哲学と人間の問題の正確な対応物と、そのわかりやすい相貌を探したことにある。『資本論』は一つの「具体的なものとなった『精神現象学』」であるといっても、なんら逆説ではない。ここでは、経済の機能と人間の実現が、不可分な形で問題となっているからだ。〕

つづく

2日前 No.1369

★E6vycvPYvN_pzR

あ、
1369の「 >>260 」はここのじゃないよ(ごめん、まさま)。
コピーは「この場所」でしか通用しないみたい(ためしにやってみたんだけど)。

2日前 No.1370

★E6vycvPYvN_pzR

>>1369 のつづき
ちょっと重複になるけど、マルクスと社会主義?共産主義?、意味分かんないけど書き写しておく。

わたしの教科書から、
(a)社会革命
古い生産関係を根本に改革し、発展してきた生産力にふさわしい新しい生産関係をうちたてることにより、社会生活を全面的に革新すること。マルクスによれば、労働者階級が中心となって社会主義革命(プロレタリア革命)をおこして資本主義社会を倒し、一切の階級対立のない社会主義社会を実現すことが、歴史の必然的な進展とされる。
(b)共産主義
資本主義社会をこえ、生産手段の共有と生産化により、階級も搾取もない理想社会の実現をめざす思想。共産主義社会では、「能力に応じて能力に応じて働き、必要に応じて受けとる」原則が実現される。それへの過渡的な諸段階として社会主義があり、そこでは、「能力に応じて働き、労働に応じて分配される」原則が採用される。

この教科書の解説から、(a),(b)とも「資本主義」が出発点、って、わたしには見えるんだけど。
凡人さま、共産主義を介してマルクスについて語ってるのを、あの〈数字とアルファベットと記号〉のなかには書いてなかったように見えましたが、
凡人さまのマルクスにつての情報、ちょっとお話してもらえるとありがたいんだけど。
(わたしのはちょこちょこ抜粋してみますから)

つづく

1日前 No.1371
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる