Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(7) >>

哲学的アポリアの源泉

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(187) - いいね!(1)

ホントウの真理を発見した者 ★rdiOR01yVt_Qi5

 語り得ない<いま・ここ>という基底状態に居る有機体が言語を学習すると、独立した励起状態をつくりあげる。この励起状態とは、<いま・ここ>という基底状態とは別の「我、赤、相手の痛み」といった不在の意味そのものである。このように有機体が言語を学習したことによって、<いま・ここ>という基底状態の視点から、「我、赤、相手の痛み」といった不在の意味そのものという励起状態に視点を移す。したがって、「はい私です」、「これは赤です」、「君は痛がっている」と語り得るのである。
 そして、この励起状態の視点を維持したまま、語り得ない基底状態を語ろうとするときに発生するものが哲学的アポリアなのである。(例えば、『「赤」はなぜ“赤”なのか』や『デカルトの「我思う、ゆえに我あり」は疑い得るか』といったものである。)


 以上の構造の根拠を中島義道「不在の哲学」(ちくま学芸文庫)から引用する。(次の引用文については、上記の「基底状態」を「自己中心的なシステム(身体)」、「励起状態」を「脱自己中心化」として置き換えて参照すること。)

p27
「こうして、普遍的言語を習得することによって、脱自己中心化を成し遂げたS(有機体)は(言語の主体すなわち「私」としての)「そと」の視点と(有機体の主体としての)「うち」の視点という二重の視点を持つことになる。そして、むしろ「そと」の視点から「うち」の視点を振り返って、言語を習得した有機体のうちで他のいかなる者とも異なる「この私」の独特のあり方を不思議に思うのである。ここに、あらゆる哲学的問題が発生することになる。」

p31
「このときS1(有機体)は「私」という言葉を理解し適切に使用するようになるのだが、ここに重要なことは、S1は言葉を習得することによって、その固有の身体が自己中心的なシステムを保持しているにもかかわらず、それに反逆して身体を脱自己中心化することを学ぶということである。このことが、デカルトに顕著に見られるように、自己中心的な身体とは別に自己を身体から独立の「心=魂」という存在者とみなす方向に追いたてる。だが、言語の習得が自己中心的身体に反逆して脱自己中心化のシステムを切り開くといっても、だからといってそこの「考える実体(res cogitans)」が認められるわけではない。むしろ、ここには言語習得以前の自己中心化するシステムと言語習得後の脱自己中心化するシステムとのぶつかり合いが生じているのだ。」

p37
「すなわち、それは、もともとの有機体が具えている自己中心化に反逆して脱自己中心化を遂行し、自分の「そと」の視点を取りうるのであり、そのうえで「そと」の視点を維持したまま、ふたたび自己中心化しようとするのである(二次的自己中心化)。」

p37−p38
「S1は脱自己中心化した成果を踏まえ、その言語をもって自己中心化した世界を記述しようとする。」

p38
「こうして二次的自己中心化したS1においては、一方では、言語を習得したことによる脱自己中心化した視点を維持しつつ、他方では、S1が「現に体験する」こととSf(他言語を学んだ有機体)が体験すること、すなわちS1が「現に体験しないこと」とが共存しながら対立している。この互いに重なり合わない世界像(ピクチャー)こそがあらゆる哲学的問題の源泉であると言っていいであろう。」

ページ: 1

 
 

ホントウの真理を発見した者 ★rdiOR01yVt_Qi5

これをもって、私の哲学の探究を終えるとする。

あたりまえではないのである。

1ヶ月前 No.1

宿題 ★eM1n2yJmTo_Tbw

ホントウの真理を発見した者さん

思考停止状態ですか?

物理学の変革が起きて意識の構造がわかる以前に・・思考法記ですか?

1ヶ月前 No.2

宿題 ★eM1n2yJmTo_Tbw

申し訳ありません(訂正)・・思考放棄でしょうか?

終わり終わり詐欺でしょうか?

1ヶ月前 No.3

ホントウの真理を発見した者 ★rdiOR01yVt_Qi5

意味の1つである >>1 を滅尽した。そして >>0 のとおり、すべては意味の付与である。

29日前 No.4

ホントウの真理を発見した者 ★rdiOR01yVt_Qi5

いまの私であれば、根源的自由に意味を付与できる。

29日前 No.5

ホントウの真理を発見した者 ★rdiOR01yVt_Qi5

本(哲学的アポリアの源泉)掲示板における今までの私の主張を撤回する。そして真理を【 http://mb2.jp/_tetsugaku/1111.html 】のとおり示した。

(※ 私(ホントウの真理を発見した者)のIDである★rdiOR01yVt_Qi5により、投稿者の判別を願う。)

17日前 No.6

ホントウの真理を発見した者 ★rdiOR01yVt_Qi5

http://mb2.jp/_tetsugaku/1111.html-2#a】のとおり、 >>6 を滅尽した。

すべては意味の付与である。

(※ 私(ホントウの真理を発見した者)のIDである★rdiOR01yVt_Qi5により、投稿者の判別を願う。)

17日前 No.7
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる