Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(429) >>

絶対善の定義

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(2768) - いいね!(0)

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_Tbw

善の定義が2000を超えましたので、その続きです。正しいもいい加減な正しさでは役に立ちません。ゆえに善もいい加減な善ではなく絶対善を探求していきたいと思います。

私が絶対善の定義をどのようにして導いたのかを書いてみます。
私たちは普通、自分の考えたことは正しいと思っています。しかし本当にそうなのでしょうか? ではどのくらい自信を持って正しいと思っているのでしょうか? 私は自分の考えに対して「命や全財産を賭けても自分の意見は正しいと言えるのだろうか?」と自問自答したとき、自分の考え、意見に対してまったく自信がなくなってしまいました。
自分の考えに対して全財産どころか数十万円ぐらいしか賭けられなかったのです。これは口では自分は正しいと言いながら、心ではほとんど信じていないと言うことです。これは詐欺行為に当たります、恥ずかしい行為です。

それから私は「正しいとは一体何なのだろうか?」と考え始めました。しかも曖昧な、いい加減な正しさでは役に立ちません。やはり正しいも絶対的な正しさでなければならないのです。また善と言っても、それもやはり絶対善の意味でなければならないのです。
絶対的な正しささえ分かれば、どんな問題でも、この「絶対的正しさ」に論理的、道理的に合致してさえしていれば、自信をもって「自分の考えは正しい」と言えるのです。 絶対的正しさが分からないから私たちは自信を持って主張することが出来ないでいるのです。絶対的に正しいことが分からずに議論しても何の価値があるのでしょうか。

「正しい」を辞書で引けば「あるべき姿があり、それと合致している様」と書いてあります。つまり絶対的なあるべき姿があり、それと合致するから自分の考えは本当に正しいと言えるのです。
例えば数学の問題が出たとします、その問題にはすでに正しい式と答えがあります。それが正しいあるべき姿です。その正しいあるべき姿と自分が考えた式や答えが合致していて初めて「自分の考えは正しい」としてマルがもらえるのです。このように正しいとはあるべき姿に合致して初めて正しいと言えるのです。

正しいあるべき姿を考えずに「ただ自分が考えたことが正しいのだ」なんて少し傲慢すぎると思いませんか、自分は神ではないのですから。しかし世間ではすべてこうなのです、あるべき姿がないのです。自分が考えたことが正しいと主張する人ばかりなのです。ですから私は自分自身に問うたように相手に対しても「命や全財産を賭けてもそう言えるのですか?」と問うのです。「恥ずかしくはないのですか?」と問うのです。

正しさには科学的正しさと道徳的正しさがあります。基本的に科学的、道徳的に共通して正しいとは「矛盾がない」と言うことです、合致していると言うことです。辞書にあるように基本的には「正しい」とは「あるべき姿と合致していて矛盾がない」と言うことです。ですから絶対的に正しいと言えるためには「絶対的なあるべき姿」を見つけなければならないのです。その「絶対的なあるべき姿」に論理的に合致していてこそ自分の意考えは正しいと言えるのです。
このブログでは道徳的正しさだけを考える事とします。一般的に道徳的に正しいことを善と言います。ですから善とは何かと考えたのです。

それではまず善の定義とは・・・・

善の意味を辞書で調べれば「善いこと」「道理にかなっていること、また、そのような行為」「道徳的に正しい行為」などとあります。言うなら善は「道理に適っていて善いこと」と言えるでしょう。しかしそれは説明であり本当に知りたい善の本質ではありません。
ネットで善を調べてみましたが、善は人それぞれであり、相対的であるとか、定義できないとか、またいろいろ難しく書いてあるだけで、どれも納得するようなものはありませんでした。そこで、いろいろと自分で考えていたら、これが善ではないのかというものに辿り着きました。
「善の定義が難しいなら悪とは何かと考えた。悪とは人殺し、盗み、詐欺などなどである。ある時、ふと気付いたのはこれら多くの悪なる行為の全てに共通しているのは「他人のことより自分のことばかりを優先して考えているでは?」ということでした。そしてこれを自分が考えたすべての悪なる行為に当てはめてみれば、すべての悪に共通、内包していたのです。それでは善は悪の反対であるから、善の定義は「自分(私)のことよりも公(みんな)のことを優先することである」ということになる、略して「公(みんな)の為」です。

私より公を優先する行為、つまり愛や思いやりは時代を超え、民族を超え世界に共通する善である。つまり普遍的なものであろうから、これを絶対的善とした。これは帰納法的証明であり、内包的定義です。
最近ではマザー・テレサの評判はあまり良くないようだが、分かり易い例えとして言えば、マザー・テレサのように自分の私欲を抑えて他人、公の為に尽くす人を善人という。これは時代を超え、国を超え世界に共通するものであろうから、これは世界共通善ともいえます。
また「私より公を優先すること」の意味は「自分のやりたいことを抑えて公の為に尽くせ」ということではありません。憲法にあるように「公共の福祉(公の為)」に反しない限りは自分の為にやりたいことを自由にやってもいいのです。しかし「思いやり」がないものは善なる行為とはいいません。

そして善は本能であり、生まれつきみんなが共通して持っているものなのです。下記のHPのように、まだ理性の発達していない生後数か月の赤ちゃんでも、すでに善悪は分かっていると科学的な実験で実証されています。ですから善、良心はみんなが共通して持っているものなのです、本能ですから相対的ではなく絶対的なものなのです。生物の性は善なのです、つまり性善説が正しいのです。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35045208.html  (赤ちゃんにも善悪は分かる!?)


次に(道徳的に)正しい事(善)とは何か?も考えてみました。

私たちは「大切なものを守ることは正しい」と感じます。
それでは「最も大切なものを守ることは最も正しい」となります。
また世界各国にとって最も大切なものは、その国民の命であろう。つまり「最も大切な国民の命を守ることは最も正しい事である」となる。
また国民、民族の命を守り存続させる事、それはいわゆる種族(民族)保存のことである。
これらから「最も正しいことは種族(群れ、民族)保存である」ということが道理的、論理的に導かれる。これは正しいの演繹的な証明です。これもまた時代を超え世界の各国民、民族にも共通することであるから普遍性もあります。ゆえにこれを絶対的に正しい事とします。
また現代においては種族(民族)が滅ぶということはあまり考えられませんので基本的には「社会の安寧秩序、みんなの幸せ」などが絶対的に正しい事と考えてもいいでしょう。

 私の善の定義のやり方は、善なる行為を多く考えて、その善の本質を内包的定義で見つけたのが絶対的善であり、「大切なものを守るのは正しい」と言う命題から演繹法的に導いたのが絶対的に正しい事です。
辞書では善は「道徳的に正しい事、またそのような行為」とあります。つまり善は事柄と行為の二つがあるのです。
ですから基本的に道徳的に正しい事(善)は「仲間の群れを守る事、またそのような行為」となります。そのような行為に当たるのが「私より公を優先する行為」となるのです。
ですから善なる”事”は「仲間の群れを守ること、社会の安寧秩序を守ること、みんなの幸せを守ること、つまり公の為」です。
そしてまた善なる”行為”は「私より公を優先する行為」です。分かり易く言えば「私欲を少し抑えて公の為と考え行い尽くすこと、略して公の為」となります。このように善は事柄も、そのような行為も、どちらも「公の為」で表されるのです。ですから私は善とは「公の為である」と表現しています。


種族(群れ、民族)を保存することが絶対的に正しい(絶対的善)と言うのは、多くの人も感じていて何となく納得できるにしても「私より公を優先することが絶対的善である」と言われても、私たち凡人にはなかなか納得しがたい定義です。
しかし、この定義をそんなに大げさに考えなくてもいいのです。善にも大から小まであります。我々凡人の善は、お年寄りに席を譲るとか、募金をするとか、ボランティアをやるとか、普段我々がやっている小さな親切、思いやりを実行することも「私より公を優先すること」なのです。
例えば、電車などで席を譲るにしても「自分も疲れている、できれば座っていたい」という自分の思い、私欲がある。しかし相手のことを思いやれば、相手の方が大変であろうと、自分の思い、私欲を抑えて相手の思いを優先して席を譲るというのも小さいながらも善なのです。これが善の定義「私より公を優先すること」の意味なのです。分かり易く言えば「私欲を抑え公の為と考え尽くすこと」なのです。これは「愛や思いやり」でもあります。そして愛や思いやり、親切などの本質が「私より公を優先すること」なのです。
「私より公を優先するなんて私にはとてもできない」と思いがちですが、私たちは日ごろから何気なく行っているのです。余裕のある範囲でやればいいのです。自分のことは何も考えず他人に尽くすと言うことではないのです。勿論、本当に偉い人たちは自分を捨て、みんなの為に尽くしておられる人もいますが、私たち凡人は小さな思いやり、小さな親切をやればいいのです。


私は論理学の内包的定義や演繹法で善の定義を導いたのです、恣意的なものではないのです。善は私たちが理性によって創るものではありません。善のイデアは原始からそこに在るものなのです。善は感情であり、それは見つけるものなのです。
そしてみんなが善なる行為であろうと思うものには何かしら感動が伴うのです。正しさには理性で考えられたもの、つまり法や規範(信号を守る、税金を納める、勉強をするなど)もありますが、これらにはあまり感動はありません。 本能、良心から来る「善いな〜、偉いな〜、心が暖かくなるな〜」などの何かしら感動を伴うものが本当の「善」というものなのではないでしょうか。

もし私の善の定義が間違いであると言うならば多くの人がこれは善なる行為であろうと認めるもので「私より公を優先していないもの、思いやりでないもの」を示せばいいわけです。これを示せない限り、皆さんがどんなに言葉を尽くしても私の善の定義を否定したことにはならないのです。また否定するならば論理的に否定しなければならないのです。自分の考え、価値観に合わないからと言って否定されても善の定義は少しも揺らがないのです。


まとめてみれば、私が見つけた善とはその群れにとって絶対的に正しい事は「種族(群れ)保存をする事」であり、その群れ、仲間を守るために最も正しい行為が「私(自分)より公(みんな)を優先する行為」であると言うことです。もっと分かり易く言えば「私欲を少し抑えて公の為とみんなで考え行うこと」ということです。

勿論、絶対的善である「私より公を優先する行為」で考えても間違うことはあるでしょう。私たちは神ではなく人間であり、完璧な答えなど出せません。例えば思いやりをもって席を譲っても「俺を老人扱いするのか!」と言われることもあります。このように絶対善という行為は絶対的に正しい答え、結論が出せるということではありません。絶対善と言えば絶対的な答えが出せると勘違いしている人もいますが絶対的な答えが出せるならそれは神です。そんな定義を我々人間ができるはずはありません。

私欲を抑えて公の為とみんなで考えても、その結果が公の為にならないこともたまにはあるでしょう。また人生万事塞翁が馬であり、この世の中何が起こるか分からないのです。世界の英知を集めて結論を出しても間違うことも多々あるのです。
私たち人間は絶対的に正しい答えなど出せないのです。それでも「私欲を抑え、公の為とみんなで考える行為」、これだけは総合的に見て絶対的に正しい行為なのです。たとえ間違った結果が出ようと「私より公を優先すること、愛や思いやり」をやり続けることが絶対的に正しいことなのです、それを否定してはならないのです。またこれ以上に正しいことがあると言うならば、それを示してください。


私たち生物にとって一番大切なことはやはり「仲間である群れを守ること」です。そして生物たちは長い年月をかけ試行錯誤をして種族(群れ)保存する為に最も優れたものが「私より公を優先する行為」であると見つけたのです。
また「私より公を優先する行為」を行ってきた種族だけが生き残ってきたと言ってもいいでしょう。それは時には自分の命を捨てても群れを守りたいという本能的なものなのです。これを人間的な言葉にすれば「愛や思いやり」とも言えます。大自然は群れを守る為にはどうすれば一番いいのかを教えてくれているのです。
また人間の欲による他国を侵略するなどの性質は「群れを守りたいと言う本能」である善には含まれていないのです。ですからヒトラーがどうのこうのと言われても困るのです。善とは本来その群れを守り存続させるためにあるのです。

絶対的善である「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」は数十億年の試練、検証に耐えて絶対的に正しいとして遺伝子に書き込まれ本能となり現在まで生き残ってきたのです。つまり数十億年のバックボーンがあるのです。言うならば「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」はこれこそ絶対的に正しいことであると自然界においてはもうすでに決定していることなのです。誰がこの歴史的事実を否定できるでしょうか。そしてそれは今後も生物が存在する限り未来永劫変わることのない普遍的なものでしょう。
それゆえ私は「私より公を優先する行為、愛や思いやり」は絶対的善ではなく「絶対善」であるとして問題はないと思うのです。本来、絶対など神にしか使えない言葉ですが「人は必ず死ぬ」と同じように、あえてこれはもう「絶対」に限りなく近い「絶対善」としても問題はないと思うのです。

そしてそれは人間だけでなく、すべての生物に関する一つの「絶対的”真理”」といえるのではないでしょうか。そして「私より公を優先すること、愛や思いやり」は私たちにとって最も美しいことなのです、「美」なのです。つまり善こそが真であり美なのです。真こそが善であり美なのです。美こそが善であり真なのです。
真・善・美、それらが別々にあると言うのではなく相関関係にあるのです。


善の定義を簡単に言えば、何か問題が起きた時、みんなの為になる一番よい方法は「私より公を優先すること、つまり私欲を少し抑えて公の為とみんなで考えること」なのです。そのように考えることが最も正しい答え、結論に辿り着ける最高の方法なのです。
社会が一番うまくいくためには「愛や思いやり、公の為と考えることなのだよ」と大自然は教えてくれているのです。
勿論、時には間違うこともあるでしょうが、これをやり続けるしかないのです。これこそが他のいかなる方法よりも絶対的に正しい方法なのです、群れを守る為にこれ以上のものはないのです。
やはり何事においても私欲を優先していては正しい結論には辿り着けません。

あらゆる社会的問題は社会の安寧秩序、公(みんな)の為にあります。すべては公(みんな)の為にあるのです、これは真実です。そしてその社会的問題の正しい答え、結論は常に「種族(民族)保存、社会の安寧秩序、みんなの幸せ、つまり公の為」に合致していなければならないのです。

道徳的に絶対的なことは絶対善しかないのです、その他のものは全て相対的なのです。理性で考えられた法や規範で「これは絶対的である」と考えられている事もすべては相対的なのです。例えば人を殺すことは絶対に悪いと考えられていますが、戦争になれば敵兵を殺すことは善になります。また絶対に良いと考えられている人権さえも戦争や飢餓などの極限状態において、公の為にならないならば悪になるのです。このように絶対に正しいと思われていることでも極限状態になれば変わるのです、つまりすべては相対的なのです。極限状態になれば悪も善に変わるのです、善も悪に変わるのです。「何事もこれは絶対的に正しいことである、または絶対的に悪いことである」と安易に決めつけてはならないのです、極限では変わってしまう事もあるのですから。しかし絶対善だけは絶対的なのです。
そしてまた根拠もなく「自分が考えたことが正しい」などと言う愚かな考えはそろそろ捨てなければなりません。根拠(あるべき姿)がないものには何の価値もありません。常に論理的に考えられたことこそが正しいのです。

以上が私が見つけた善の定義です。皆さん、正しいとは何か、しかも絶対的に正しいこととは何か、が分かったのです。
ですからどんな社会的問題でも、この絶対的正しさ「公(みんな)の為」に論理的、道理的に合致さえしていれば、自信をもって「自分の考えは正しい」と言えるのです。
そして絶対善である「私より公を優先する行為、つまり愛や思いやり」で社会的問題をみんなで考えることが最も正しいことなのです。この絶対善で考えていけば本当に正しいものを創ることが出来るのです。絶対的に正しいことが分かったのですから、この善の定義を基として現在のすべての思想、道徳などをもう一度考え直さなければならないと思うのです。
絶対的正しさ(絶対善)が分からなかった以前のものは全てまがい物かもしれないのです。実際に多くのまがい物の思想があるから、この世の中は混乱しているのです。ですから今までの思想は全てもう一度考え直す必要があるのです。

またこの善の定義は民主主義的な話し合いが出来るという環境が絶対条件なのです。独裁国家などでは成り立ちません。やっと民主主義的な世の中になったのですから、私欲を少し抑えて公の為とみんなで真摯に議論をすれば、正しい答えになる確率はグ〜ンと高くなるのです。公(みんな)の為と言えば全体主義だと批判する人もいますが、絶対善こそが目指すべき本当の民主主義なのです。

この善の定義が多くの人に理解され「正しいとは何か」が分かってくれば国や政府、マスコミなどの権力者に対しても自信を持って「それは正しいのですか!それは公(みんな)の為なのですか!」と言えるようになり、日本は正しい、そして本当の民主主義国家になれるのです。日本が善い国になり世界の模範となれば、それはやがて世界の平和へと繋がっていくのです。

ページ: 1 2 3 4 5

 
 
↑前のページ (379件) | 最新ページ

空の光 ★tPCeOWvH6K_m9i

思うに、公とみるか私とみるか?
これは、大きな観点で見るか小さな観点で見るか?ですよね?

人は個人でありながら団体の中の存在でもある。
団体の中にありながら個人でもある。
だから、公、私という見方は二重の存在になる。
大きな観点の中の小さな存在。
対象の置き場をどこにするか?

私と私の衝突、公と公の衝突を回避するための絶対善の定義なのかな?

24日前 No.380

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_Bka

SumioBabaさん

>逆に、病院という組織に属する多くの医師や看護師たちが、一人一人の患者の治療に専念しているのだと見なせば、「医師たち」が「公」、「一人一人の患者」が「私」とも見なせます。<

公を大きい方だと勘違いしてはいけません。公は困っている人を指すのです。善なる行為を何でもいいから考えてごらんなさい。全て困っているものを助けると言うことなのです。東北大震災が起こり困っているのは東北の人です。ですから困っている東北に人たちを公と言います。他の日本人、日本国民は私です。ですから国民一人一人が私欲を抑えて困っている東北の人たち(公)の為と考え行わなければなりません。

「医師たち」が「公」って何?、何故困っていない医師たちが公になるのですか?公とは多い少ないではなくある問題が起きて困っている人たちを公というのです。病気で困っているのは患者たちです。ここでは患者が公になります。



ププルさん

>カントをその次元で否定するのは貴方自身の意見に反すると思うのですけどね…<

カントは友人を殺しに来た殺人鬼に対しても嘘をついてはならないと言うのですから善の何たるかを全く分かっていません。カントはもういいです。


>例えば、反差別界隈なんか見てると積極的に思考停止したがる人が居ます< この句読点を討たない文体、どこかで見たような・・・HN変えましたね

バカな連中がヘイトスピーチを行っていることなどですか? 人を殺すことも公の為(正当防衛、死刑や戦争)なら善なのですよ。私はヘイトスピーチが公の為であれば善である、公の為でないなら悪である。其れだけです。どちらの意見が正しいのか「私欲を抑えて公の為」と話しあってみんなでそれがヘイトかどうかを決めればいいのです。


>公の範囲は見てると他人なら良い様に見受けられますね。それとも善の大きさなどと言う形でより大きな物の為の方が良いのでしょうか?<
>公の範囲は1番の確認は自分が公の中の一人に入るか?ですね<

公の意味をよく知らないでいい加減なこと言われても困ります。 電車に妊婦さんが乗ってきました。妊婦さんは揺れる電車で大きなおなかを抱えて困っています。困っている妊婦さんが公です。公は大小ではなく困っている人、ものを指します。善とは困っているものを助けることなのです。困っている妊婦さんが公、この公にあなたも入るってどう言うことですか? 困っている妊婦さんが公なら、その電車に乗っている皆さんは私です。皆さんは私欲を抑えて公(妊婦さん)の為と考え、誰かが席を譲ればいいのです。

道路を渡れず困っているカルガモの親子がいます。そこで優しい人たちは車を止めてカルガモを渡らしてあげます。困っているカルガモが公、その困っているものを助けようとする人たちが私です。困っているカルガモ(公)に私であるあなたが入るのですか?




空の光さん

>人は個人でありながら団体の中の存在でもある。団体の中にありながら個人でもある。<

なるほど、そうですね。確かに公の解釈が難しいところもあります。善の定義では困っているものを公(みんな)というのです。例えば消費増税問題。財政が苦しくなりこのままでは国はうまくやっていけない。そうなると困るのは国民みんなですよね。ですから消費増善については国民が公です。そして国民一人一人が私です。そこで増税するかどうかを国民みんなで考えるのです。その時絶対的に正しい行為は「私欲を抑えて公の為」と考える事です。国民の為と考えるときに、国民一人一人が私欲を挟んで考えていたら公の為の正しい答えが出ると思いますか? 難しいことですが自分の私欲は抑えて国民の為と国民一人一人が考えなければよい答えなど出ません。公に自分のことを含めて考えたらいけないが、自分のことは他の人たちが公の為と考えてくれるのです。その他人が考える公の中ににあなたは、はいっているのですから心配しなくていいのです。公の為と考えるときは私を公に含めたら私欲を含んだ考えですから正しい答えなど決して出ないでしょう。

善とは公(みんな)の為と考える事であり、悪とは公(みんな)に害を与えようが私欲を優先することです。

24日前 No.381

空の光 ★tPCeOWvH6K_m9i

shinwoodさん

一人一人を公の中の一人としてとらえてくれる。

今の日本のことを考えなきゃ行けない存在。
公のためと言いつつ自分の腹が痛まない方法をとってる私?

確かに国のことを考えてる存在が身動きできない・・・それは困る。
でも、公のために行動してるかどうか・・・
国のための収入を一番大事な所に使わない。
年金暮らしの人はどんな生活してるか体験してみれば。

24日前 No.382

ププル ★iPhone=3rGxs8NoT8

なるほど、2以上の困っている対象が背反してれば、どちらを助けても善と言う事ですね
反差別界隈の低俗な人は、本質は単なるヒーロー願望かホモソーシャルのヒエラルキー目的ですけど、
反差別と言う活動自体は一面としては人の為になる事ですが、
これは動機に着目して悪行為や偽善となるのですか?

あと、カントについてはすいません
ある程度わかりましたが、一点確認です
時間軸や認識範囲はどこまでと捉えますか?
将来的に困る事が見通せる場合、それは善に関わる事としてはするべき判断はありますか?

あ、クズなので善悪語った所で分け前だけ貰いますけどね
(一面としては困ってると言えますけどね)

24日前 No.383

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>381  shinwoodさんへ

 SumioBabaは >>339 で、「A=「自分個人、または、自分個人を含む小さい人間集団」とB=「Aを部分として含む、より大きな人間集団」とが有るとき、Aを「私」、Bを「公」と呼ぶのではないでしょうか。」と書き、shinwoodさんは >>342 で、「基本的にその考えでいいと思いますよ。」と答え、SumioBabaは >>344 で、「じゃあ、上の定義(《SumioBabaによる公・私の定義》)で行きましょう。」と応じています。

 それなのにshinwoodさんは >>381 で、またまた定義の捻じ曲げを始めました。→「公を大きい方だと勘違いしてはいけません。公は困っている人を指すのです。」「「医師たち」が「公」って何?、何故困っていない医師たちが公になるのですか?」「公とは多い少ないではなくある問題が起きて困っている人たちを公というのです。」「病気で困っているのは患者たちです。ここでは患者が公になります。」「公の意味をよく知らないでいい加減なこと言われても困ります。」「電車に妊婦さんが乗ってきました。妊婦さんは揺れる電車で大きなおなかを抱えて困っています。困っている妊婦さんが公です。公は大小ではなく困っている人、ものを指します。」「道路を渡れず困っているカルガモの親子がいます。そこで優しい人たちは車を止めてカルガモを渡らしてあげます。困っているカルガモが公、その困っているものを助けようとする人たちが私です。」…等々。(カルガモが「公」だって。アハハハハハハ)。

 shinwoodさんのやっていることは、韓○と同じです。賠償金をもらって「もう二度と不平は言いません」と日本と条約を結んでいながら、またしばらくすると条約を無視して「賠償金を支払え」と言い出す。約束を守れない人間は最低です。

24日前 No.384

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>381  shinwoodさんへ

 貴方は「公」の定義を捻じ曲げてしまっています。これは、貴方がいう「善とは公の為の行為をいう」が間違っているのに、それを正しいことにするための誤魔化し行為です。例えば貴方が「すべての素数は奇数だ」と言ったとします。SumioBabaが「違うよ。素数は、2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,…であり、2という偶数を含んでいるので、「すべての素数は奇数だ」は間違っているよ。」と指摘しました。すると貴方は、「私がいう「素数」の定義は、「3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,…」だ。2は含んでいない。だから私は正しいのだ。」と言い張ったとします。なぜ「素数」の定義を捻じ曲げる必要があったのか? 貴方がいう「すべての素数は奇数だ」が間違っているからです。間違っているのに、それを正しいと言い張るために、定義の方が捻じ曲げられてしまったのです。そこまでして、自分の間違いを認められないなんて、恥ずかしくありませんか?

23日前 No.385

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

空の光さん

>国のための収入を一番大事な所に使わない。年金暮らしの人はどんな生活してるか体験してみれば。<

だから今の日本を変える為にも日本国民に善、正しいとは何かを知ってもらいたいのです。私は絶対的に正しいことは「社会の安寧秩序を守る事、みんなが安心して幸せに暮らせること」と言っています。そのためには「私欲を抑えて公の為」とみんなが考えれば正しい政治がおこなわれるのです。特に政治家や官僚が「公(国民みんな)の為」と考えれば国は善くなるでしょう。また国民が善を知れば政治家にも「それは正しいのか(それは国民の為なのか)」と追及できるのですよ。まず政治を変えたければ国民が正しいとは何かを知らねばなりません。


ププルさん

>これは動機に着目して悪行為や偽善となるのですか?<

仕方ないでしょう、心の中など分かりません。彼の心が偽善であろうとみんなの為になれば、それは善なる行為です。

>将来的に困る事が見通せる場合、それは善に関わる事としてはするべき判断はありますか?<

例など挙げて分かり易くいってください。

ついでに >最後に、貴方がここで頑張って居るのは何の為でしょうか?<

公(みんな)の為です。善、正しいを日本国民が理解できれば日本はいい国になれるんです。みんな「世界が平和であったらいいな〜」と考える。それが道理です、必然的にそう考えるんですよ、人間は。


SumioBabaさん

ですから私は善を全く理解しようとしないあなたに対してとりあえずそれでいいよ。つまり「基本的にその考えでいいと思いますよ」と言ったのです。
いいですか。善とは本来、自分の命を捨てても群れを守りたいと言うのが基本なのです。そういう心が私たちの中には本能的にあるのです。善は感情であり本能なのですよ、理性ではありません。東北大震災において自分の命も顧みずに住民の為に最後まで「逃げてください!」とアナウンスし続け死んでいった、あれこそが「私(自分)より公(みんな)を優先する行為」つまり善なる行為なのです。いろんな善なる行為を思い浮かべてください。全て困っているものを助けることなのです。こんなことは西洋の哲学者は言っていませんよ。新しい視点ですよね。

公を辞書で引けば「個人の立場を離れて全体に関わる事」と書いてあります。自分よりも自分以外のみんなの為にが「公の為」の意味です。
私たちにはミラーニューロンという共感の感情があります。相手が悲しんでいれば自分も悲しくなる。相手が笑えば自分も笑顔になる。つまり何か困っているものを見たら自分も困っている感情になりその感情を解消するためには困っているものを助ける、そうすれば嫌な感情も解消されると言うことでしょう。つまり種族保存するために共感感情が出来たのです。困っているものを助ける、そうすることがいちばん群れを保存させることが出来ると見つけたのでしょう。

動物たちは他種間でもお互い助け合っている、そんな動画もたくさんある。仕方ないんですよ、困っているものがいれば本能的に助けたいと言う感情が出るんですから。それが善なのです。困っているものを助けたいと言う感情が善なのです。困っているものを公とおけばいろんな問題を公という言葉で表せるのですから便利なのですよ、少し変則的ではありますが。公を使わないで「みんな」でもいいですよ、自分以外をみんなとすれば「善とはみんなの為である」しかしやはり自分、私に対しては公なのですよ。公が一番いいのです。自分、私が自分以外の為(公の為)にと考える事が善なのです。そしてみんなの為より私欲を優先するのが悪なのです。
そして善は動物、植物を問わないでしょう。鳥や蝶や木や花が困っていると思えば助けたくなるでしょう。カルガモを公に含めないと言うならカルガモを助ける善なる行為をどう表わすのですか? 困っているものを公、自分以外を公とすればすべての善なる行為がこの言葉で表せるんですよ。善とは公(みんな)の為である。こんなシンプルに善を表せるんですよ。素晴らしいでしょう。善は正しいとも言います。ゆえに正しい政治とは何か?それは国民みんなの為の政治である、とすぐわかるんですよ。あなた達はまだ「善、正しい」とは何か分からずに迷っている。哀れなものです。
あなたには思いやりの心が曇っているから善を理解できないのではと思えてきましたよ。


>貴方は「公」の定義を捻じ曲げてしまっています。<

別に公の定義は定義でいいのです。哲学では自分の考えをこのように表すと言うことが良くあります。これをイデアというとか、これを絶対精神とするとかあるでしょう。公に対しては私でしょう。困っているのを助けたいと思うのは自分であり私です。ですから自分以外を公とする。困っているものは自分以外のものですから常に自分が私で助けるべきもの、困っているものは自分以外のものであり「公」でしょう。公を辞書で引けば「公とは個人の立場を離れて全体に関わる事」とある。自分が私なら自分以外のみんなを公といってもいいでしょう、何を捻じ曲げていると言うのですか。常に自分、私は助けたいと思うから助けられるのは公であり「公(みんな)の為」と表現するのは当たり前でしょう。

カルガモが道路を渡れずに困っている、それを見つけた人たちは助けたいと思う。助けたいと思う人たちはみんな私です。各々急ぎたいと言う私欲もあろうがその私欲をみんなが抑えて公(カルガモ)の為にとみんなが車を止める。これが「私より公を優先する行為」つまり善なのです。助けたいと思う側は私であり、私以外の困っているものは自分以外の公(みんな)でしょう。どうしてこれが分からないかな〜。

23日前 No.386

ププル ★iPhone=3rGxs8NoT8

でしたら、みんなの為と思って破滅を呼んだなら悪行為でよろしいですね?
てか、論点すり替えてるんですよね
動機が見えないからなんなんでしょう?
要するに貴方は何を善だって話をしてるかなんですが…
結果なのか動機なのか行為なのか?と聞かれて、動機は分からないので、
と言う話なら、結果か行為でよろしいですね?と言う話なんですね
行為だとすると表層的な自己犠牲と言う事ですねですが、人の為になれば、と言うのは結果論なのですが、どちらなんですかね?

23日前 No.387

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

あともう一点、反差別界隈の偽善者を例に上げた理由は、
「結果」の方に悪影響が出るからでもあります
反差別と言う行為は一見すると良い結果を生むのですが、
偽善者のやる反差別は真面目な反差別があんまりないんですよ
この真面目さと言うのは「知的な誠実さ」です
その結果、問題を拗れさせる所か、社会が許せば積極的に他者を「極端に」排除するんですよ

大切なのが外聞だから「問題が拗れ様が関係ない」んですから、
「良い事」してるんじゃないんですよ
無自覚に意図的に不都合から目を逸らしてるだけですからね
だから「ああいう奴らはどこ基準で判断するのが貴方の言う善なんですかね」って話をしているのです

ヒーロー願望持ってる輩が「被害者」が出ると喜ぶような物です
そしてそう言う汚らしい欲望は不都合なので「ない事にする」
指摘されたら「弾劾返し」「強い言葉」で黙らせる

このような時、「どう見てどう対応する」のが貴方の善なんですかね?

23日前 No.388

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>shinwoodさんへ


>「SumioBabaによる善の内包的定義」=「自分自身の為になる行為、他人の為になる行為、公の為になる行為、…これらすべてが道徳的に正しい行為であり「善」である」です。「SumioBabaによる善の外延的定義」={自分自身の為になる行為、他人の為になる行為、公の為になる行為、…}です。「shinwoodさんによる善の内包的定義」=「公の為になる行為」は、「SumioBabaによる善の外延的定義」に含まれている3つの要素の中の1つに過ぎません。SumioBabaから見ると、shinwoodさんは視野が狭いのです。//(以上、 >>331 )


 shinwoodさんは「善とは「公の為になる行為」である」と主張しておられます。でもこれには、あっさり反例が挙げられます。それこそ、shinwoodさん自身が挙げておられる「困っている一人の妊婦を助ける行為」や「困っているカルガモを助ける行為」などです。「一人の妊婦」は「公」ではなく、「他」と書くべきです。つまり、「公の為になる行為」だけでなく、「他の為になる行為」も「善」です。これであっさりshinwoodさんの主張は論破されます。

 なのにshinwoodさんは、自分が主張する「善とは「公の為になる行為」である」が論破されたと認めたくないため、言葉の定義を捻じ曲げ、「困っている一人の妊婦」も「公」である、「困っているカルガモ」も「公」である、と言い出しました。反例を挙げられるたびに「公」の定義を捻じ曲げて、反例ではないことにしてしまう訳ですね。

 しかし「困っている一人の妊婦」や「困っているカルガモ」は、「公」ではなく「他」に分類すべきです。そうすると、「公」と「私」の二元論ではなく、「公」と「私」(自分)と「他」(他人)の三元論に拡張すべきです。「公」とは「私」を一要素として含む集合であり、「私」以外の要素が「他」ということですから、「公」=「私」+「他」と書けます。「他」は複数の場合が多いのを考慮すると、{公}={私、他1、他2、他3、…}={自分、他人1、他人2、他人3、…}とも書けます。

 shinwoodさんの「善」の定義は、「公の為になる行為」…@だけでしたが、すでに反例が見付かり、「他人の為になる行為」…Aも「善」と見なして良いと思われます。
 さらにSumioBabaは、自分の為になる行為も、十分「善」だと見なして良いと考えます。立派な人間になりたいと思って勉学に励み、体を鍛え、身体に悪いタバコはやめ、肥満の人はダイエットを始める、…といった行為も、SumioBabaは「善」だと見なします。すなわち、「自分の為になる行為」…Bも「善」です。以上の@ABにより、「SumioBabaによる善の内包的定義」=「自分自身の為になる行為、他人の為になる行為、公の為になる行為、…これらすべてが道徳的に正しい行為であり「善」である」が得られます。
 もっとも、「善の定義」をどう考えるかは人ぞれぞれの自由なので、SumioBabaの定義を他人に押し付けるつもりは有りません。

23日前 No.389

空の光 ★HdH7e1QgWe_m9i

shinwoodさん

政治のあり方がおかしいのかな?

国民の代表である人たちが、どうあるべきか分かってない?
国民が困ってるのはなぜか?消費税などとお金に困ってようが、困ってなかろうが関係なく収入源とする。
お金があり余っているはずの所を収入源としない。企業は本当に収入源に出来ないほど困っているのか?

企業にお金を与えれば、国民の大半である「労働者にお金がいくと思った」だが、そうならなかった。
その時点で対応を改めるべきではなかったか?

公にお金がいかず、私にお金が与えられてる。そう思うのは自分だけ?

22日前 No.390

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

終末さん

>でしたら、みんなの為と思って破滅を呼んだなら悪行為でよろしいですね?<

人間は神ではない、間違いはある。これがみんなの為であると思いやったことが公の為にならないこともある。それは仕方がない。だから失敗しないためにもみんなで考える事が大切なのです。それでも人間だから間違いはある、それは仕方がない。例えば地球温暖化の原因は二酸化炭素であると世界の英知を集めてそう結論を出し、二酸化炭素を全力で少なくした。しかしその数年後、太陽に黒点が現れ一気に地球が寒冷化することもある。人生塞翁が馬です。人間は神ではないのです。絶対的な結論は出せません。それでもただ「私欲を抑えて公の為」の最善の方法で物事を考え決めるしかないのです。悪とはみんなの為にならないと知りながら私欲を優先する行為です。

>だから「ああいう奴らはどこ基準で判断するのが貴方の言う善なんですかね」って話をしているのです<

本当の知恵のない人が公の為と思い公の為にならなかったとしてもそれは仕方がないではありませんか。まだ知恵のない子供の時、相手の為と思ってやっても逆に相手を傷つけることもある。そういう例は実際ある。そういう時大人は「許してあげなさい、彼はあなたの為と思ってやったのだから」と説得するでしょう。それを悪だ悪だと責め続けるんですか?
しかし大人になっても物事の善悪を理解していないならその行動は非難されるでしょう。ですからみんなで考える事が大切なのです。老人殺しの植松も一人で考えたから愚かなことをやるんです、みんなの意見を聞けばいいのです。ですから絶対的に正しい行為は「私欲を抑えて公の為とみんなで考える事」と言っているでしょう。正しいはみんなで決めれば間違いも少ないのです。また頭のおかしい人が「公の為」と思って犯罪を犯したら私の善の定義は間違いとなるのかい、頭のおかしいやつが神の真なる言葉を実行したら神の言葉は間違いになるのかい、そんな理屈は通らない。。


SumioBabaさん

 >shinwoodさんの「善」の定義は、「公の為になる行為」…@だけでしたが、すでに反例が見付かり、「他人の為になる行為」…Aも「善」と見なして良いと思われます。<

いいですよ、「善とは他人の為である」でも。では家族は他人なのですか?となります。子供を救うために自分を犠牲にする親の善行為はどう表現するのですか? 国民の為の行為を「他人の為」と表現するんですか? 善とは「我欲を抑え他人の為と考え行う事」ですか?
私はもっぱら東洋思想の本を読んできましたので、公の為という言葉に何の違和感がありません、滅私奉公です。吉田松陰などの幕末の侍たちは「公(おおやけ)の為」と考えていました。他人の為では国の為という心が伝わりません。

やはり善とは公の為であるがいいでしょう。ですから公の後にみんなとつけて公(みんな)と書いているのです。公は問題により変わります。家族の問題なら家族みんなの為、日本の問題なら日本国民みんなの為、世界の問題なら世界のみんなの為。大きな問題から小さな問題まで、これらすべてを公(みんな)と表すことが出来るのです。公を自分以外と考えればいいのです。公の意味には「個人の立場を離れて全体に関わる事」と書いてあるんですから。自分(私)以外はみんな公、みんなでいいじゃありませんか。カルガモも自分以外のみんなの公に含まれるのです。あなたは善を他人の為と表せばいいじゃありませんか。それを多くの人が支持しますか?やはり公でしょう。皆さんは「善とは公の為」の方が支持してくれると思いますよ。


>「SumioBabaによる善の内包的定義」=「自分自身の為になる行為、他人の為になる行為、公の為になる行為、…これらすべてが道徳的に正しい行為であり「善」である」が得られます。もっとも、「善の定義」をどう考えるかは人ぞれぞれの自由なので、SumioBabaの定義を他人に押し付けるつもりは有りません。<

善とは公の為と考える事であり、悪とは公の為にならないと知りながら私欲を優先することです。自分の為は当たり前であり善とは言いません。勉強に励むのも自分の為だけを考えて官僚になり天下りして優雅に暮らしたいがための勉強は悪です。「僕は小さい時、お医者さんに命を救ってもらった、だから僕もみんなの為になる為に勉強をしているんだ」と聞けば「偉いな〜」という感動があります。自然と快い脳内ホルモンが出るのです、それが善の正体です。善は本来、本能であり理性ではありません。みんなが自分の為にダイエットをして健康になり国の為になればそれは善なる行為です。常に公の為になるのが善です。自分の為も公の為でなければ善ではありません。善とは常に公(みんな)の為である。善は自分自身の為、他人の為、公の為、そんなに分けなくても公の為でいいではありませんか。公と他人の区別は何ですか? 善とは公の為である、これですべては調いますがな。


光の空さん

皆さんが正しいとは人それぞれだと思っているから間違った政治に対しても何も言えない。しかし正しいとは国民みんなの為になる事であると知っていれば政治家に対して「その政策は正しいのか(国民の為なのか)!」と声を上げることが出来る。
正しい政治とは何ですか?国民の為になる政治でしょう。絶対的に正しいのは公(みんな)の為なのです。
あなたも絶対的に正しいことは何か知らない、そうであれば政治家にも意見が言えない、だって自分は間違っているかもしれないと思うから。でも絶対的に正しいことを知れば自信を持って政治家に意見が言えるでしょう。絶対的に正しいを知れば自信が出来て勇気が出るんですよ。だって自分は絶対的に正しいことを知っているんですよ。他の人は知らないんですよ。ソクラテスのように無敵です。

22日前 No.391

宿題 ★sicIy89Ne4_khR

shinwoodさんの主張

公・他人の為=絶対善

私事(プライベート)=絶対悪

となりますけど正しいとお思いですか?

22日前 No.392

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

宿題さん

>私事(プライベート)=絶対悪<

悪とは公の不利益になろうと私欲を優先することです。

私事(プライベート)は他人に迷惑をかけないならばどうぞ自由におやんなさい。なんでそれが悪なの?

22日前 No.393

宿題 ★eM1n2yJmTo_khR

shinwoodさん

>>393 より導かれる・・公でも他人に迷惑がかかるなら善では無いでしょう?

絶対悪⇔絶対善  極端・極論という同等の重さです・・

22日前 No.394

空の光 ★HdH7e1QgWe_m9i

shinwoodさん

絶対善は絶対というところにたどり着けない人達。
じゃあ、どうしよう全知全能の存在に祈ってみる?
どういのるか、世界の一つを担ってる存在の日本。
その日本の民が苦しんでいます。苦しみがとれますように。
健富和の整った真善美の幸福な世界へ一人一人を。
そして国民みんなに行き渡っていけますように。
もちろん世界の平和を担う一つの国として。

22日前 No.395

終末 ★iPhone=3rGxs8NoT8

もう一度ちゃんと読んで下さいね

動機が人に褒められたいからやる、と言う人間が、
汎用な悪に迎合した結果、元来の悪を強化する
と言う行いは善なのか悪なのか、
それとも単に知恵がないからなんですかね?
良い事だと思った?違いますよ
褒められたいから褒めて貰える事をしただけです
許すも許さないもあんたより余程許す方に向いてるから安心してくれて良い
知恵がもし、自分の動機が見えず、また、意図して認知を捻じ曲げる事を含むなら、
悪行為もその殆どは原因は知恵に由来する
あなたの言う悪行為が単独で浮いてると思うなら人間観が浅過ぎですよ
大人なら非難もされる?年取れば分かるとでも思ってるのですか?
なんで具体的なやり方も教えない世の中で、非難されて当然なのか根拠は何ですか?
単なる功利主義による優生思想ですかね?

21日前 No.396

終末 ★iPhone=3rGxs8NoT8

一応言っておくと、私にとって過ちと悪は違いますし、
更に善悪の基点は個々の内面世界の安定と充実に資するかなので、
基本的に過ちはあっても外的に許されざる悪行為なんて考えてませんよ

21日前 No.397

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

>>309   宿題さん

>公でも他人に迷惑がかかるなら善では無いでしょう?<

これは「公の為と思ってやっても迷惑だと思われれば善ではないでしょう?」ってことですか? 女子高生が老人に対して席を譲ったが「俺を老人扱いするのか!」と怒られるなどでしょうか? これは公の為と思って行動したのは善であるが結果が相手の為にならないならば結果は悪である。行為は善、結果は悪ですね。でも仕方ないのです。私たち人間は神ではないのですから公の為と考えても間違いはある、これはどうしようもない。また失敗しようが「善なる行為、公の為」をやり続けなければなりません。失敗したからと言って善なる行為をやめれば殺伐とした世の中になるでしょうね。

空の光さん

>絶対善は絶対というところにたどり着けない人達。<

意味が分かりません。もう少し分かる文章で書いてください。それにあなたは何か宗教に入っていませんか。せっかく哲学掲示板にいるのだから、そんなものは信じないで自分で考えなさいよ。


終末さん
>褒められたいから褒めて貰える事をしただけです<

褒められたという私欲で悪さに加担することは悪です。褒められたという私欲を以ても善に加担することはあまり褒められませんが、結果は善です。

>なんで具体的なやり方も教えない世の中で、非難されて当然なのか根拠は何ですか?<

大人になれば言動には責任を取らなければなりません。大人になって良い事、悪いことが分からないならば非難されて当たり前です。

21日前 No.398

空の光 ★HdH7e1QgWe_m9i

shinwoodさん

(書き直してみました))

絶対善は「絶対だ」というところにたどり着けない人たち。
世界の一つを担ってる存在の日本。
その日本の民が苦しんでいる。
健富和の整った真善美の幸福な世界へとたどる道。
国民みんなに行き渡っていければ・・・
もちろん世界の平和を担う一つの国として。
同じように世界の国が世界の一点を担っていると思えれば。

21日前 No.399

終末 ★9c3MvxM1Fy_kfv

大人とはどんな人なんですかね?
あ、法律だ20過ぎたら突然大人になりますね
さて、その雑な判断を現実だと思うのは公の為になるのやら

21日前 No.400

宿題 ★eM1n2yJmTo_khR

shinwoodさん

>これは公の為と思って行動したのは善であるが結果が相手の為にならないならば結果は悪である。行為は善、結果は悪ですね。

>でも仕方ないのです。私たち人間は神ではないのですから公の為と考えても間違いはある、



shinwoodさんの絶対善の定義はほころびが出ます・・早速ほころびが出ました・・

18日前 No.401

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

宿題さん

>shinwoodさんの絶対善の定義はほころびが出ます・・早速ほころびが出ました・・<


うふふ、どんなほころびが出たのですか?教えてください。絶対善は絶対的ですよ。

18日前 No.402

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

どっちかと言うと私事と公事を0と1、自分の中の無自覚のイデアで考えてるからおかしいってのが根っこじゃないですかね
「公の為」自体が上記のグラデーション性があり、更にイメージのずれがあって「違う」為に「正義」と言う対立が起こるんですよ
自分が言ってる事が一番の例

「私事は迷惑を掛けなければお好きにやりなさい」と言うけど、「迷惑」を実際に確定させる事が出来てない
それこそ私事を抑えて公事を優先するのが正しい、更に結果にすら言及すると言ったら
「私事なんてものが入る余地があると思ってるんですかね」と言う話になる訳です
その理屈で言えば最も善い社会を築いている生き物は恐らくは蟻や蜂です
ああいう社会が理想だと「無自覚に」言ってると言う方が問題だと思いますね

まぁ、後から色々別の理屈をこねる訳ですが、そう言った理屈をこねなければいけない事その物が、当初の目的である「絶対性」を棄損してると言う

18日前 No.403

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

一般的に公事とは私事の集合体です
となると、基本的に功利主義でしかないんですよ
そして功利主義だって「功利」がなんであるかは著名な所だけでもいくつか論があります
実際の行動に反映させる時に大切なのはむしろこの「中身」の方なんですよ

勇気と無謀の区別が付かない人間に「勇気を出せ」と命令して「無謀」を犯したら問題だと言うのが「絶対善=公の優先」と言う概念なんですよ
実際に使える物かと言うと「使えない」と言う話です

例えば優しい、善い人が「自分より他の人を生かしてくれ」と言った時に、
「譲らない奴らより貴方が生き延びるべきだからあいつらの方を殺します」と言ってそれを行い、
「何故自分ではなくあの人を殺したのか」と問うと「全体の見えない愚か者」と断じるのが貴方の言う「善」です

一時「困ってる人が公」とか言いましたが、そうであればそれはもう「公を優先する事」ではなく、
「困っている他者の為に動く事が善」であり、公(全体・集合・集団)などとは関係ありません
そして困っている他者の為に動くのは「動機」であって「結果」に本来属していません

この辺必死に後付け理論や補足が山ほど必要になる辺りで、「絶対善」が洗練されてない事を証明してしまってるんですよね
一言で説明せよ、と言う意味ではありませんが、少なくとも当初の結論(公の為=絶対善)からはかなり一般的認識としてはかけ離れてますからね
少なくとも「公とは」についてはとりあえずは2行ほどにまとめて貰わないと「使い物」には全くなりませんね
今まで言われてる中で「どれを採用するのか」と言うのは再度結論としてまとめた方が良いと思いますね

18日前 No.404

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

絶対善とは「私事より公事を優先する事」である
ここで言う私事は「〜〜〜」であり公事とは「〜〜〜〜〜」である
つまり「〜〜〜よりも〜〜〜〜〜を優先する事が絶対善である」

って所は再度言い直した方が良いでしょうね
あと、「愛や思いやり」の対象は「他者」であって「公」ではありません
公は実体がある者ではないですからね(あくまで私人・他者の集合ですから)

また、真善美と言う観念を出してるので、しばしば美徳は種の保存に反します
例えば、無駄死にする蓋然性が高くて、将来的に自分が助ける人が多いだろうと予想されても、
目の前の命の悲しみの為に命を賭ける、などが感動されるのはそこに美徳を見るからです
まぁ、マキャベリズムと言うのもあるので、「1000人の為には先回りして100人殺すのが善く感動的な美しい行為」と言う考えも分からないとは言いませんけど
恐らくは少数派だと思いますよ

18日前 No.405

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

>>404,405   終末さん

>「何故自分ではなくあの人を殺したのか」と問うと「全体の見えない愚か者」と断じるのが貴方の言う「善」です<

いやいや公の為になることをやるのが善です。助かりそうな人を助けるただそれだけです。

>そして困っている他者の為に動くのは「動機」であって「結果」に本来属していません<

善とは公の為(目的)であり、その為に最も正しい行為(手段)です。結果ではありません。絶対的に正しい結果が出せるならそれは神です。私たち人間がやれることは絶対的に正しいことはみんなの為になるように「私欲を抑えてみんなの為と考える事」だけです。まあ、殆どは善い結果となるでしょうが間違うこともある。それは仕方ない「人間だもの」

>少なくとも「公とは」についてはとりあえずは2行ほどにまとめて貰わないと「使い物」には全くなりませんね<

いいですか、善い、悪いが必要になるのは何かトラブル、問題があるからです。何も問題がないなら正しい、正しくないなんて必要ないでしょう。ですからある問題において善とはその問題で困っている人を指します。困っている人が公です。それを助けたいと思う人が私です。例えば電車で妊婦さんが大変そうにしている、これは問題だ。そこで座席に座っている人たちは妊婦さんを助けたいと思う。助けたいとみんなが思う、その各自が私です。でも疲れているから座っていたいと言う私欲もある。そこで誰かが私欲を抑えて公の為と考えた人が席を譲る。
またのちにミラーニューロンを使って分かり易く説明してみましょう。

>絶対善とは「私事より公事を優先する事」である。ここで言う私事は「〜〜〜」であり公事とは「〜〜〜〜〜」である。つまり「〜〜〜よりも〜〜〜〜〜を優先する事が絶対善である」って所は再度言い直した方が良いでしょうね。<

絶対善とは「私より公を優先することである」私とは自分であり、公とは自分以外の困っている人やものである。

>また、真善美と言う観念を出してるので、しばしば美徳は種の保存に反します。例えば、無駄死にする蓋然性が高くて、将来的に自分が助ける人が多いだろうと予想されても、目の前の命の悲しみの為に命を賭ける、などが感動されるのはそこに美徳を見るからです。<

なるほど鋭い指摘ですね、見直しましたよ。例えばiPS細胞の山中教授が車に引かれようとしている老人を助けようとして死んでしまったと言うことなどでしょうかね。まあ、現在は種族保存が保てないなんてことはないですから、種族保存なんて考えなくていいのですよ。また困っているのを助けたいと言うのは本能ですから体がとっさに動いてしまうこともありますからどうしようもありません。自分の危険を顧みずに他人を助けようとするのは人としてもっとも美しい行為なのです。美なのです。善なる行為は美であり真理でもあるのです。つまり善とは美であり真である、という事。
例えば山中教授と老人のどちらかしか助けることが出来ないなら山中教授を助けるのは善、正しいでしょうね。それが公の為ですから。
まあ、どんどん矛盾があれば指摘していいですよ。しかしあなたの文章は分かりにくい。私のように山中教授と老人のようにたとえ話で書けば分かり易いでしょう? 分かり易いように書いてください、私だけでなく皆さんにも分かるように書く、それが公の為なのですw

>まぁ、マキャベリズムと言うのもあるので、「1000人の為には先回りして100人殺すのが善く感動的な美しい行為」と言う考えも分からないとは言いませんけど<

これは間違った考えです。公の為であっても仲間を殺すことに美は感じません。私欲を抑えて公の為の行為にのみ感動があり美なる行為と思うのです。

16日前 No.406

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

「自分の親と親友と家族を殺して国民を救う」と言った場合はどうなるんでしょう?

私達の時代は「困っている人」が見えやすくなりましたね
その結果、私事にかまける事は困っている誰かを見捨てる事になりました
さて、どうしましょう?<私事は好きにしろ
まぁ、そもそも見えるかどうかが人によると言う側面はありますけどね
(犯罪者の困難は軽犯罪者でも見えなかったり)

いや、両方救う為に頑張るのがやっぱり良いよ、と言う方向でも良いですが…
その結果は高確率で破綻する場合もなのかどうかは問われますよね?

16日前 No.407

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

親は暴君で親友は汚職に手を染め家族は甘い汁を吸っている、
しかし家庭では非常に良き友人であり家族であり、お互いに思いやりを持っているとかですね<自分の親とかを殺して

16日前 No.408

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

ぶっちゃけ公の為とか言わず、普通に自己犠牲で良い気もしますね
言ってる内容は「あくまで自分の困難は無視しろ」って言うのが「私欲を抑える」って事みたいですから…

16日前 No.409

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

自己犠牲に美徳の性質がほぼほぼ認められると言うのは、余り否定する気はありません
ただ、公の為に、とか言う事で逆に混乱を招いてるだけですね
例外状況を思い浮かべて避けたのかもしれませんが、突っ込めば突っ込むほど「自己犠牲」の方が正確になってる気がしますよ
極端な例としては犯罪者を庇う行為にだって自己犠牲精神が備わってれば美徳と映るでしょうしね
不合理であるし許容するのが難しいと言う事と、美徳を感じる事は相反する訳ではないですからね
敢えて言うなら「自己犠牲精神がない」「犯罪者隠匿」だと嫌われるかもしれませんけど

16日前 No.410

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

14日前 No.411

宿題 ★eM1n2yJmTo_khR

shinwoodさん

完璧な善・・どの方向からも善・・比べるものの無い善

神の世界以外は人間界では存在しないでしょう?

11日前 No.412

空の光 ★0YrI73dKRf_m9i

宿題さん

完璧な善。。。確かに神の世界にしか存在しないかも。

だから人が,善だとか悪だとかって比べるのは・・・

11日前 No.413

宿題 ★eM1n2yJmTo_khR

神の視点・・絶対

人の視点・・相対

これは確か・・空の光さんがおっしゃった面白い見解です・・

11日前 No.414

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

宿題さん  空の光さん

私が言っているのは絶対善です。時代を超え民族国家を超え普遍的なもの、永遠に正しいものを絶対善と言っているのです。

私は絶対善は種族(群れ、民族)の保存であると言っています。種族保存することは永遠に変わらない絶対的に正しいことです。未来永劫変わることはないでしょう。種族保存こそが大自然の、宇宙の、いわゆる神の意志なのですからね。

そして種族保存こそ矛盾のない唯一無二の物であり、対のない、対が絶えている絶対だと言えるのです。人を殺すことは絶対悪と思えるがやはり例外があり絶対ではない。唯一種族保存こそが例外のないもなのです。種族保存することに何か悪がありますか?あると言うならどんなものですか?

11日前 No.415

宿題 ★eM1n2yJmTo_khR

shinwoodさん

種族保存のため少数民族例えばロヒンギャ殺害・・

反軍事政権で知られるミャンマーの英字誌記者も「少数民族や民主化運動への対応を長年見ている私たちの社会には、軍や治安部隊とはひどいものだ、というあきらめが広がっている」と話した。民主化運動の象徴アウンサンスーチーが国家顧問になったとはいえ、軍は防衛や治安を担い、議席も持っている。「スーチーがロヒンギャの肩を持てば支持者は離反し、国をまとめるという大目標が危うくなる。積極的には解決に動けない」

日本もまた、この問題に無縁ではない。ビルマ現代史を研究する上智大学教授の根本敬は「彼らが住むラカイン州北西部でイスラムと仏教の感情的対立を増幅させたのは、太平洋戦争中の日本と英国の代理戦争だった」と指摘する。

11日前 No.416

空の光 ★0YrI73dKRf_m9i

民族同士の争い

民族愛が人類の持てる最大の愛なのでしょうか?
それ以上の愛は神の愛になるのでしょうか。

だから神が民族愛ではいつか衝突が起きると・・・
一番の愛は人類愛、つまり世界中の人を分けることのない愛。
その愛が善を人類を支えてるかな?
今この瞬間には出来てないように思う。
では、どうするか?祈りしかないと言うのはおかしいですか?
人類は困ったときには神に祈ってきたのではないでしょうか?
だから、今でも神に祈る,

困ったときの神頼みという言葉が残ってるのかも知れません。
ただ、それを実行する人が減ったのか?
それとも神の聞き入れることの出来ない祈りだったか。
言葉だけが残っている。
なぜ? だれが残したのか?

神が残したかも、神の子たる人類を救うために。
自然に残ったのだと言いたい人もいるでしょう。
人が言葉を選んだわけでもないのに自然に残りうるのか?
動物愛護でさえ人の手では追えないのに・・・

言葉は神様が創ったのかも知れない。
何のために? 困ったときの神頼み・・・
いつか親たる神の元へ変えるときに,
ごめんなさいと赦しの言葉を使う時の為に?

赦しは既に受け取って下さるために,神の子を通して赦されてる。
赦されるために、神は人の胸に心の奥(魂)に証を残した。
それは赦したぞという証。だから,神の元へ帰っておいでと・・・

10日前 No.417

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

宿題さん

だからロヒンギャという民族を保存しなさいと世界は言っているわけでしょう。殺害し続けるミャンマーを世界は非難している。
民族保存が絶対善であると知れば他民族を殺害することは悪であると自ずから分かるでしょう。

ロヒンギャ問題は自国にいる他民族をどうすればいいのか?という問題で、その問題で困っているのはロヒンギャやミャンマーの人たちでしょう。ですからお互いが仲間とみてみんなの為にどうすればいいのかと私欲を抑えてみんなの為にと考えればいいのです。でもお互い仲間ではないと思っているから「私欲を抑えて公の為」なんて考えられないでしょう? ですから善は本来仲間の為にあるものだから仲間でなければ機能しません。お互い問題を解決したいと思うならやはり仲間と考えお互い私欲を抑えて公の為と話し合うしか方法はないのです。お互いに私欲を抑えると言う妥協をしなければなりません。

善とは種族(群れ、民族)保存であり、そのためには私欲を抑えて公の為と考える事が最も良い答えが出るのです。だいたい仲間と思っていない人たちに対して自分たちだけ「公の為」とやれば付け込まれ民族保存はできませんよ。



空の光さん

>民族愛が人類の持てる最大の愛なのでしょうか?それ以上の愛は神の愛になるのでしょうか。<

そうですね、基本的に民族愛が最大の愛でしょうね。あなたは「世界に愛を」と夢を見るけれど世界が仲間なら日本人は世界の困っている人を仲間として莫大な資金を出さなければなりません。世界が同じ仲間であればね。世界中で起きている飢饉や大災害に対して東北大震災と同じように莫大な資金を送れますか?日本は干しあがりますよ。あなただって「世界が仲間」は口だけであり、世界が仲間というなら自分の稼いだ金のほとんどは世界に寄付していますか?やってないでしょう。とにかく自国民の民族保存を各国考えていればいいのです。それが一番人類の保存に役立つことでしょう。

10日前 No.418

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

なんかこう、最後の書き込みを見ててちょっと思ったけど、深く関わらん方が誰の為にも良い気がして来た
受け取り側としては一緒に良い世界にしようZEではなく、お前が善い世界にするんだよ〜〜!!にしかなってないし、
じゃあ、それを言ってどうなるのかな?って言うと、自分に残った不安が解消できるかってくらいしかない
ましてや大っぴらにした以上面子も関わってくる訳で、生半可な理解ではどうにもならん物になってる
そうなると反対意見や何かも、読んでて分かるけど都合の良い所に落とし込むでしょうしね
そうかい、そう思うのかい、っで流すのが一番誰にとっても良いんじゃないかな?

10日前 No.419

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

要するに「そうか、頑張れよ!!(サムズアップ)」で良いんじゃなかろうか?
私はそう言う生き方する気ないけど、って言う

10日前 No.420

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

 shinwoodさんの「善とは「私」より「公」を優先する行為である」は、一見するとまっとうな主張に見え、説得力も有るかのように感じる場合が有りますが、それはただのトリックです。なぜなら、何を「私」とし、何を「公」とするのかという最も肝心なところで、shinwoodさんの好き勝手に変えてしまうのですから。

 shinwoodさんの好みで、「国」を「国民」より優先する方を選んだ時には、「「国」が「公」、「国民一人一人」が「私」だから、「公」である「国」を優先するのが《絶対善》です。」と言えば良し。shinwoodさんの好みで、「国民」を「国」より優先する方を選んだ時には、「「国民みんな」が「公」、「国」は「私」だから、「公」である「国民みんな」を優先するのが《絶対善》です。」と言えば良し。( >>335 、shinwoodさんの発言→「公とは国や政府ではなく国民みんなです。市や国は私になります」)。さらに、SumioBabaの分類では「公」「私」「他」の「他」に入る「困っている一人の妊婦」や「困っているカルガモ」を助ける場合も、shinwoodさんはこれを「公」と呼びます。( >>381 、shinwoodさんの発言→「妊婦さんは揺れる電車で大きなおなかを抱えて困っています。困っている妊婦さんが公です。公は大小ではなく困っている人、ものを指します。」「困っているカルガモが公、その困っているものを助けようとする人たちが私です。」)

 つまり、SumioBabaが分類する「公」「私」「他」のうち、どれを優先すべきか、shinwoodさんはいつも自分の好みで選ぶだけであり、自分の好みで選んだものを、shinwoodさんは「公」と呼びます。そして、「善とは「私」より「公」を優先する行為である」を用い、shinwoodさんの好みで選んだものを優先する行為こそが必ず《絶対善》ということになり、反対意見を言う人はみな「悪」にされてしまいます。…こんな自己中な《絶対善》、shinwoodさん以外の誰が受け入れるでしょうか?

9日前 No.421

空の光 ★0YrI73dKRf_m9i

shinwoodさん

何も干し上がるまでしなくても・・・

出来ることをして上げれば良いと思います。

自分に出来ることは。。。手を合わせる事かな。

祈りは一人一人が手を合わせれば。。。

9日前 No.422

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

>>421   SumioBabaさん

 >つまり、SumioBabaが分類する「公」「私」「他」のうち、どれを優先すべきか、shinwoodさんはいつも自分の好みで選ぶだけであり、自分の好みで選んだものを、shinwoodさんは「公」と呼びます。<

何度説明しても理解しようとしない人ですな。私は公は問題により決まってしまいます、私がどうのこうのと決めることはありません。問題により自然と決まりますと何度言えばいいのですか。

国が公になるなんてありません。国という概念が困ることはなく国民が困るのです。国が公になることはありません、常に困っている生物が公です。
公を辞書で引けば「公とは個人の立場(私)を離れて全体に関わる事」と書いてあります。家族を公にするのは少し違和感もありますが、自分を私、自分以外を公と規定すればあらゆる問題が「私より公を優先すること」つまり「善とは公の為」と簡易に表せるのです。また絶対的に善い事とは社会の安寧秩序を守る事です。これは絶対的に正しい事であり時間を超え国を超えて変わることのない正しさです。ゆえに絶対善です。そしてこれだけしか矛盾がないものはありません。殺人は絶対悪のようだがやはり正当防衛などの矛盾、例外がある。しかし社会の安寧秩序を守る事には何ら矛盾はない、ゆえにこれだけ矛盾がない、ゆえに対が絶えている絶対善である。

善い、悪い、正しい、正しくないが必要となるのは何か問題が起きるから。何も問題がないなら正しい、正しくないなんて必要ない。ゆえに善とは○○であるとは、ある問題において善いとは○○であると言うことになる。問題はトラブルというように困った問題が多い。その困った問題に対して善い答えを出さなければ、その問題に関係しているみんなが不利益を蒙る。ゆえにみんなで協力して考えて善い答えを出せば不利益が小さくなりみんなの為になる。
つまり善いとはある問題に対してみんなの為になる答えを出すことを言っているのだと分かる。つまり善い(答え)とはみんなの為になる(答え)である。
つまり善いとはみんなの為ということになる。考えてみればそんなことは当たり前でみんなの為にならない答えなどそもそも答えとは言えません。あらゆる問題の善い答えはみんなの為になる答えでなければなりません。つまり問題で困っているみんなを公とおけば「善とは公(みんな)の為である」と導かれる。

人を殺さない、嘘をつかない、なども公の為であるが、公の為の中でも絶対的な公の為はやはり「種族(仲間の群れ、民族)保存、社会の安寧秩序を守る事」つまり社会に秩序がありみんなが安心して幸せに暮らせることが最も大切なことなのである。家を一歩出れば暴漢に襲われたり、物を作れば盗まれたりすればこれはもう種族保存は適わない、ゆえに種族保存するためには社会に安寧秩序が在ることが絶対条件なのである。

何度も言うように世界各国は仲間ではない、だって自国を軍隊で守っているのだから。世界が仲間というのは世界から軍隊がなくなったときである。そして善は仲間の群れを守る為に出来たものである。敵に対して私欲を抑えてみんなの為なんて行っていたら自分たちが滅びてしまう。ライオンが穴に落ちて困っているからと言って公の為と考え助ければ逆に食われてしまう。善とは敵でないならば応用できるが、敵に対して応用してはならない。各国が自分の群れを保存するように努力することこそ種族保存ができるのだ。EUのようにまとまればうまくいくというものではない。大自然は教えているではないか。自分の仲間のテリトリーを守り仲間の種族保存を図りなさい、大自然はそうなっている、それが一番全体の種族保存が適うのだよと、仲間だからと言ってひとつになろうなどと考えるなと。ルソーは自然に帰れと言ったが、私は言う、自然から学べと。

9日前 No.423

空の光 ★0YrI73dKRf_m9i

shinwoodさん

国が困れば内側からは国民が,外側からは他国がそれぞれが・・・
それが世界の善。絶対の愛を表しているのではないかと思います。
愛にもいろいろありますが、ぜったいな善の愛があれば。。。
温かい善だと思います。
自分の事、家族の事、親戚の事、市区町村の事、国の事、世界の事(人類)

世界に住んでいるのが人類だから,何らかの理由で困る事がある。
国単位なのか,市区町村単位なのか,親戚単位なのか、家族単位なのか、個人単位なのか。

大きい眼で見るか,小さな目で見るか?

今は要請がないと、世界も国も動けない・・・そんなのでいいのだろうか。
国のあり方があるとか、政府のメンツで国がつぶれたら誰が責任を取るのか?
路頭に迷う個人の集団を守るすべはないのか。
そんな世界状態を知ったとき似、自分たちはどうしたらいいのか?

自分は,今その人たちに何も出来ない。だから、せめて手を合わせる。
「自分には何も出来ないけれど祈らせていただきます」とね。
その祈り、思いが大きくなれば神が働きやすくなるかな。

9日前 No.424

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>423  shinwoodさんへ

>何度も言うように世界各国は仲間ではない、だって自国を軍隊で守っているのだから。世界が仲間というのは世界から軍隊がなくなったときである。そして善は仲間の群れを守る為に出来たものである。敵に対して私欲を抑えてみんなの為なんて行っていたら自分たちが滅びてしまう。ライオンが穴に落ちて困っているからと言って公の為と考え助ければ逆に食われてしまう。善とは敵でないならば応用できるが、敵に対して応用してはならない。


 shinwoodさんが、「日本」だけが「仲間」であり、「外国」は「敵」だ、と見なすのであれば、それはそれでshinwoodさん個人の思想の自由です。しかし、全く逆に、「外国」も「仲間」だと考え、外国で災害が起きるとボランティア活動で助けに行っている日本人もたくさん居るのです。それはそれで、その人の思想の自由で良いのではありませんか。
 「人それぞれいろんな考えが有って良い」、とするのがSumioBabaの《相対主義》です。多くの人々は「人それぞれいろんな考えが有って良い」で意見が一致しています。shinwoodさん一人だけが、「いや、正しいのは自分だけだ。」と自己中まっしぐらですよ。さすがに恥ずかしくありませんか?

9日前 No.425

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

SumioBabaさん

私は絶対善はあるか、ないかと話しているのです。別に他国が敵ばかりとは限りませんが、親日国の台湾でさえ、尖閣は台湾の物だと主張しているのです。基本的に本当の仲間は日本国民と見ればいいのです。勿論個々人的に海外にボランティアに行くのは構いません。日本国だって余裕があり他国に援助していますからね。しかし他国は本当の仲間ではないと言うことです。仲間とは自衛隊が守っている皆さんだけです。日本人が困窮しているのに「いや俺は日本人より海外の人たちを助ける」と言えば日本中から非難されるでしょう。本当の仲間は日本国民なのです。

相対主義、つまり絶対的に正しいものなどないと言う考え、もちろんこれが現状では一般的でしょう。しかし私は絶対善を見つけたのです。絶対的に正しい事は種族保存であり社会の安寧秩序を守る事です。またそのために絶対的に正しい行為(絶対善)は「私より公を優先すること」である。
善が事柄と行為の二通りあると言うのも新鮮でしょう?また善は問題に関係があると言うのも新しい見解でしょう? あらゆる社会的問題の善い答えは公の為になる答えである、これも当たり前だかなかなか良い発見でしょう?

公の為にもいろんなものがあります、法律や政治や教育などみんなの為になるものはいろいろありますが、それらすべての公の為(=正しい事)に内包しているもの、本質こそが「社会の安寧秩序」なのです。全ての公の為に内包しているものが「社会の安寧秩序」なのです。政治も教育も法も愛、善さえもすべては社会の安寧秩序の為にあるのです。公の為であって「社会の安寧秩序の為」でないものはありません、絶対です。ソクラテスもプラトンも世界の哲学者たちも見つけることが出来なかった「絶対善」が見つかったのです。あなたもいい加減理解してください。

絶対善は種族(群れ、民族)保存であり、それは社会の安寧秩序を守る事、つまり社会に秩序がありみんなが安心して暮らしていける事、これこそが絶対的に正しい事なのです。正しい政治とは何ですか? みんなが幸せになる為の政治でしょう。正しい教育とは何ですか?社会が平和で安心できる社会をつくれる教育でしょう。正しい法律とは何ですか?社会に安寧秩序をもたらす法律が正しい法律でしょう、みんなの為になるのが本当の政治であり教育であり法律なのです。愛や善もまた社会の安寧秩序に寄与するものが本当の愛であり本当の善なのです。殺すのはいけないとか助けたいと言う感情もすべて種族保存、群れの安寧秩序の為にあるのです。みんなの為にあるものは全て「社会の安寧秩序に寄与するもの」が内包しているのです。例外はありません。ゆえに絶対善なのです。

8日前 No.426

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_khR

世紀の大発見と言われるミラーニューロン神経細胞。これは共感能力です。相手が笑顔なら自分も笑顔になり、相手が困っていれば自分も困っているように感じて自分もその不快を感じる。その不快を解消するためには、困っている状況を解消するしかない。そこで困っている人を助けようとする。そして助ければ不快感は消えてくれる。これが善なる行為。
このようなミラーニューロンを得た生物が群れとして生き残ってきたと言うことでしょう。言うならばこれは本能的な愛や思いやりだよね。これを広げれば植物たちもお互い助け合っているだろうと推測できる。そしてまたこの生物たちが得たミラーニューロンが人間にも引き継がれているのです。

ゆえに生後数か月の理性のまだない赤ちゃんも善悪は分かっていると言う実験結果が出る。つまり善悪は本能であると分かる。この本能があるから私たちは善、正しいとは何かを理性で考えられる。おおもとのものがなければどうやって理性で善悪を考えられるというのだろうか。つまりそうとしか考えられないもの、道理、これがあるから私たちは理性で考えることが出来る。

例えばトロッコ問題で暴走トロッコを歩道橋から眺めている太った男を線路に突き落とせばトロッコは止まり五人の作業員は助かる。しかしこれに対しては「そんなことをしてはならない」と言う意見が多い。何故そういう意見なのかを理性で説明しろと言われても説明できない。しかし突き落として殺すのはいけないと潜在意識は教えてくれる。理性では分からない、しかし潜在意識は「善くない」と知っている。理性と潜在意識はどちらが賢いのだろうか?

7日前 No.427

空の光 ★0YrI73dKRf_m9i

shinwoodさん

>世紀の大発見と言われるミラーニューロン神経細胞。これは共感能力です。相手が笑顔なら自分も笑顔になり、相手が困っていれば自分も困っているように感じて自分もその不快を感じる。その不快を解消するためには、困っている状況を解消するしかない。そこで困っている人を助けようとする。そして助ければ不快感は消えてくれる。これが善なる行為。<

人類で微笑みが嫌な民族、困ってるのを平気で見る民族なんていないと思う。
顔や体系、色は違えども、霊長目ヒト科ホモサピエンスなら、国も,民族も越えていると思われます。

神経細胞だから、心を形に表したのかなと思わせていただきました。
笑顔を見ると笑顔になる。これは心が機嫌の良い時だけかもしれない。
困っている人をなんとかして上げたい。これも自分が困ってない時。。。かな。
人の心は複雑なんだ。絶対善を出来るのも機嫌の良い時だけかも知れません。

微笑む訓練をしてから外出する?

7日前 No.428

空の光 ★0YrI73dKRf_m9i

shinwoodさん

>例えばトロッコ問題で暴走トロッコを歩道橋から眺めている太った男を線路に突き落とせばトロッコは止まり五人の作業員は助かる。しかしこれに対しては「そんなことをしてはならない」と言う意見が多い。何故そういう意見なのかを理性で説明しろと言われても説明できない。しかし突き落として殺すのはいけないと潜在意識は教えてくれる。理性では分からない、しかし潜在意識は「善くない」と知っている。理性と潜在意識はどちらが賢いのだろうか?<


潜在意識は賢いというのではないと思われます。
ここという時の判断を教えてくれる。
なぜ教えてくれるか?
助けたいという善なる思いに応えてあげたいという思い。
それは心が清らかな時に受け取れるのかも知れない。

7日前 No.429
ページ: 1 2 3 4 5

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる