Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1354) >>

科学哲学

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(3793) - いいね!(2)

地下水 ★otncK03kC4_a2e

ここでは次の様に自然観察や科学的考察から得られた見解を平易に書くことを試みられたい。

常用漢字を整理すると世界認識が見えてくる。
星に日が当たり森ができ実がなり猿が生れ人になり、人は家をつくり家は村を成し町に広がり市をたて国を越えて交易する。
凡そこの順に、自然科学、人文科学、社会科学に整理される。

哲学は論理学を生み、記号論理学は数式を生み、定量数学を生んだ。
数学は相似関係を明確にするが、単位を決める事ができない。
単位は物理学実験によって決められた。
そして記号論理は現実の力や実体を持つに至った。

相似関係だけでも役に立つ。
放物線はy=x^2であるが、yが1/4のところに焦点を持つ。
オリンピックの聖火はこの焦点に置いて、平行にやって来た太陽光を集めて点火する。
衛星アンテナも平行にやって来る電波をこの点に集めて受信する。
逆に自転車も車も飛行機も灯台も、そのライトを横から見ると放物線で、焦点に発光点を置いて平行光線を出す。

また一般に関数f(x)はax^nの和に次元展開ができて次元解析ができる。
特殊相対論のE=mc^2/√(1−(v/c)^2)はmc^2+1/2mv^2+3/8mv^4/c^2+・・・となり、
核エネルギー+運動エネルギー+電波エネルギー+・・・と分けられる。

また一般に関数f(x)はAsin(nθ)の和に周波数展開ができてスペクトル解析ができる。
f(x)にsin(nθ)を掛けて一周期分積分し一周期で割ると、f(x)が周波数nの成分を持てば1になり、持たねば0になることが発見された。
まるで原子f(x)に、光sin(nθ)があたると、特定の周波数nの輝線スペクトルが返される様子の様である。
かくして極小の原子の電子軌道を算出する周波数展開が得られたのである。

そして物理の基本は観察である。
夜空の星は美しい。
宇宙望遠鏡で見ると百億光年彼方の銀河が見える。
その映像は美しく、そこから来る光の粒が交差せず平行で互いに干渉せず、等速であるから映像がつぶれない。
しかし極小の微弱な光波が消えずに百億光年も旅して届くのは不思議である。
まるで光の寿命は無限である様だ。
もしも光の上に乗ってみればそこでは時間が止まり、その為寿命が無限になるのではないか。
かくして特殊相対論をひもとけば、光の上に乗ってみれば百億光年を一瞬にワープして届くことが明らかとなったのである。

生化学の百年史、マグロウヒルの書籍を開けば、基礎代謝四百種に、ともに律速となる不足栄養素が示された。
この栄養素を老齢のマウスに充分に与えると、代謝などが改善され、何と若返った。
かくして今や若返りの薬の大量生産前夜である。
様々な食品に含まれ、牛乳にも一万分の一含まれるというこの栄養素は、日常の物で、ほぼ安全でもあることが解明された。

一方で科学には環境の限界があることが明らかとなる。
核実験などは北半球を有意に汚染している。その風下の米国の穀倉地帯の汚染は厳しい。核実験をするには地球は小さ過ぎる。例え大きな地球があっても重力も大きく住めない。
微小フロンによる巨大オゾンホールも危険であった。微小でも触媒効果は繰り返され、大きな危険をまねく。新物質の使用は厳重に考察されねばならない。
農薬による受粉蜂の大量死も恐ろしい。地球上の多くの虫媒花の実りを奪ってしまう。そうなれば多くの動物も食べ物を奪われ死に絶える。人も例外ではない。
酸性雨による海面の酸性化も恐ろしい。さらに弱い微小な植物プランクトンの骨格を変形させて、小魚は食べ物を奪われ死に絶える。漁業の壊滅が予測されている。

1年前 No.0
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
↑前のページ (1304件) | 最新ページ

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1304  太陽光の分だけエネルギーがあるので、太陽光エネルギーの受容体を増やせば、その分だけ使用エネルギーが増えるので、その範囲内で世界を運営すれば、世界は維持されるのです。太古の昔から地球は森を増やし生命圏を増やして来ました。人間もそれに習って太陽光発電や風力発電や水力発電を増やして、自然エネルギーを増やして活動をすれば良いのです。化石燃料や化石水は地球の貯金です。間もなく無くなります。

8日前 No.1305

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

 こだわるようですが、「実在論」的な認識論と「観念論」的な認識論ではもともとのモデルが違っています。実在論的な認識論では「経験的事実」は川の水のようなもので「超越論的なもの」はその結果、生じた河床やその向きです。「因果性の観念」や「帰納法の原理」はこうして生まれたとして正当化します。
観念論的な認識論ではカントが最も有名ですが「メガネ」の比喩がよく用いられます。対象が主観の対象になるための必要条件を「超越論的なものと考えます。緑のサングラスをかければ緑っぽくなります。メガネの形にも左右されるでしょう。このメガネの色や形が「カテゴリー」などの超越論的なものなのです。
 現代のメディオロジーは観念論的な認識論に近いと思います。しかし、メガネが複数あるのですね。これが古典的な哲学と異なるところでしょう。「ポスト真実」の時代の哲学です。
 他方、現代の進化論、例えば進化心理学や脳科学は実在論的な認識論をとっていると思います。新しい実在論、唯物論ですね。マルクスやフロイトと違うのは人間中心主義を取らないことでしょう。

8日前 No.1306

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1306  僕は数学や半導体工学や論理回路や順序回路やパースの公準やランダム・アクセス・ファイルやパソコンやアセンブラやC言語やリスプやプロログを知っているので、二値論理で情報が構成されて行く様を凡そ知っています。

 プラグマティズムのチャールズ・サンダース・パースの公準が、タダの絵である論理和の否定のベン図を、道具であるスイッチとして使えると見直し、道具主義を打ち立てた時から、世の中は変わりました。
 解り易く言うと、テレビの白黒画像は0か1かの二値数で直接書かれている。これで情報が伝達できる。実はあらゆる情報がシミュレートできる、と言う事です。
 DNAの情報も構造は類似のものです。ただしそこには生命史の情報が書かれています。
 AIの誤差逆伝搬学習回路も大脳新皮質と構造は類似のものです。ただしそこには人間の世界認識の情報が書かれています。
 人間の情報処理を遥かに超えるものは、量子もつれを有効に使った、ループ型光量子計算機です。

 情報工学の観点から見れば、観念論も超越論も認識論も実在論も経験主義も実存主義も、何らの不思議はありません。

8日前 No.1307

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1307  何が言いたいかと言うと、「経験的事実」から「超越論的なもの」がその結果生じたのではない、と言う事です。数学はパースの公準に見る様にもっと根源的なものから積み重ねられるものです。数学は超越論的な恒真命題の演繹による拡張で超越性が証明されたものなのです。

もちろん人間の歴史でしたら、コンピューターの自動証明プログラムの様なアプローチは取らないので、経験からカテゴリーが生まれカテゴリーに左右されたり、新たな分野に新たな実在をとらえより精緻に認識論でアプローチするということもありますね。

8日前 No.1308

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1307  そうしてですね例えば、力学の積分と、古来からの測量の三角関数を合わせたら、実に簡単な証明でクロネッカーのデルタが大発見されて、スペクトル分析が創始され、本当に原子の輝線スペクトルの元である電子の等エネルギー面をとらえたのです。

或る実存から生まれた観念と、古くからある或る実存から生まれた観念を複合すると、新たな驚くべき観念があり得る事が発見され、その観念がより根源的な実在の存在をとらえたのです。

8日前 No.1309

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

枝豆に若返り効果のあるNMNが含まれる事が解明されました。他にも種実類の野菜などに若返り効果があります。


皆さん、ビールは飲まないで、枝豆を食べましょう!

7日前 No.1310

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

老いない人の作り方

マグロウヒルの生化学の基礎代謝を読むと、NADが律速であるとある。ならばNADを増やす合成系酵素eNAMPTの或る程度多い人を、遺伝子創薬で作れば良い。

7日前 No.1311

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

この理解で正しいですか?情報工学では「道具主義」の真理観が出て以来、真理の解明に役立つなら「実在論」でも「観念論」でも「超越論(超越論的)」でも構わない問うことですか・

7日前 No.1312

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

科学哲学には現在「科学的実在論」、「反実在論」、「社会的構成主義」が最も有力だと思います。例えば「電子は実在する」というのは科学的実在論の立場です。これは当たり前に現代の我々は信じています。電子は目には見えません。しかし、「信じる」ことと「正当化」は異なります。この三陣営の主な戦場は「帰納法の正当化」と「自然法則」の正当化です。反実在論も捨てたものでは無く「自然法則」の説明では有力なのです。ただ常識とかけ離れ過ぎていると思います。
 私は「超越論的実在論」の立場です。かつて「因果性」の正当化に関してカントは超越論的観念論を取りました。私も若いころ、カントを研究して「実在論」ではいけないわけがわからなかったのと、「動物行動学者」が「超越論的」なものを認めながら「観念論」では「鏡に映っているものがあるのに鏡の実在性を疑っている」と常識的感覚から批判していることを読んだからです。
 また現代の進化論、進化心理学の成果とも整合的です。我々の認識装置の「超越論的」なものを彼らは「自然選択」の結果、生まれたと説明に成功しています。超越論的観念論の陣営では「それではただの経験科学」だという批判を受けています。しかし、観念論では「鏡の実在性」に関しての正当化、説明に明らかに難点があります。

7日前 No.1313

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

超越論時的実在論の立場では科学と対極にある宗教や道徳に関しても一貫した理論を構成し、正当化できます。自然選択の結果、宗教的行動様式、道徳的行動様式、利他的行動様式を持った集団が生き残ったということです。宗教的行動様式には「カミ」等の観念がふつう含まれていますが、これも「刻印したものがあるのだから刻印するものがなければならない」ということで超越論的あるいは従来、超越的観念とされていたものも自然選択を含んだ「超越論的実在論」で説明も正当化もできます。またDNAのセントラルドグマ、「情報が書かれているなら書いたものがいるはずだ」にも自然選択を含んだ超越論的実在論なら説明も正当化も成功すると思います。

7日前 No.1314

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1313 コンセントを毎日使っていますよね。電灯を使っています。電信柱もありますよね。電熱線が輝くヒーターも知っていますよね。電気は知っているのです。コイルを巻いて電磁石を動かした実験もしましたよね。回るモーターのコイルも知っていますよね。
 陰極線の実験も見ましたよね。雷も知ってますよね。
 私は電気工学科なので、10万ボルトの放電実験も見ました。2万ボルトのレーザー管に毎日アース棒を近付けて渦巻く火花を見ていました。自分でもフレミングの左手の法則を使った水素放電管を作って半導体成膜に使っていました。

 教養でミリカンの実験やトムソンの陰極線や光電効果などを学び、ボーア模型に応用して輝線スペクトルを出しますので、論証と検証がありますので、電子の存在は殆ど疑えないものですね。

 より正確には、シュレディンガー方程式を、全く別の知的活動から創造された超越的な数学が論証を重ねて発展させた、ラゲールの公式で解くことで、ピタリと観測値を予言できるわけです。


 パースの公準は情報の基底を明らかにしたのですよ。それを組み合わせるとパソコンができます。情報の基底が明らかになったので、あらゆる情報がシミュレートできるのです。何とか論とか、何とか主義とか、情報に書いて説明されるのです。

6日前 No.1315

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

私の理解では「実在論」の立場ですね。その根拠は「実際」にそうなっているからであると。一番、自然な考え方だと思います。一種の「成果主義」に基づく「実在論」の正当化と解釈しました。科学を信用していることを意味していると思います。哲学者は、例えば「それが実際にそうならなくなったら」とか「予言が外れたら」という可能性まで考えるのです。論理的可能性は少なくともあります。

6日前 No.1316

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

現代では哲学は「知性の病気」としてとらえることがかなり普通になっています。なぜなら、普通、「当たり前」と日常で信じていることを疑ったり、考えても、いくら知性を用いても経験で確かめても答えの出ない問題の答えを出そうとするからです。したがって、かなりまともな哲学はまず「有意味性」の基準を明確化して哲学を語ります。先の実例や「電子が実在する」ことを疑うことはめったにないと思います。しかし、疑うことはできます。しかし、明らかに「当たり前」のことや「答えの出ない」ことに知性を使うのは病的と言われても仕方がないでしょう。また知性の病気を治すのが哲学の役割だという人がいます。しかし、例えば認識の上では「神は認識できない」ことは当たり前のことでしょう。しかし、神を信じる人とそうでない人で倫理、道徳の観点から行動は違ってくるはずです。認識論的には無意味でも、実践的には「神」は意味を持っていると言えるでしょう。

6日前 No.1317

空の光 ★ucxezv8uyS_m9i

答えの出ない問い・・・

自分なりに答えが出せるなら良いのかな?
人それぞれだから。
それを病気と決めるのは、哲学は役に立たないと考えているのかな。
では、科学はその病んだ哲学者をどこに導こうとしてるのか?

病気と言われつつ学ぶ場はどこにでもある。

それが実践に繋がるかどうかでしょうか。
哲学行為主義かな。

6日前 No.1318

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1314  DNAのセントラルドグマはそういう意味では無いのです。一般にDNAからRNAへ転写され、そこからタンパク質ができるという、基本原理をセントラルドグマと言います。しかしまれにウイルスに感染すると、逆にウイルスのRNAがDNAに逆転写されて、元であったはずのDNAが変化する現象があります。この例外があるので、ドグマと言っているわけです。

6日前 No.1319

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

すいません。確かに間違っていました。「セントラルドグマに伴うアポリア」の間違いでした。

5日前 No.1320

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1314  DNAを作った神が居るとかいうのは、人間の短絡的思考による間違いです。実際にはDNAができるまでに、何億年もかかっているのです。人間はこの悠久の時間を無視しているからダメなのです。その進化の段階を根気強く解明する必要があるのです。それは人間が複雑な物事を簡単に把握しようと思ったりするから、論理的飛躍が起きていることを無視してダメなのです。

5日前 No.1321

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

私もそう考えています。神のことを言っているのではありません。進化、自然選択の結果という考えは「実在論」的だと思います。ただ自然選択に「生存価値」という超越論的価値が入っていないか、は問題にしてもいいと思っています。

5日前 No.1322

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1322  もう何度も書いていますが。超新星爆発の爆縮で様々な元素が結合されてできます。その後ブラックホールの周りを周回してジェットで混ぜられて、一定の割合になります。人体ができる時に、その割合の元素がどこでも得られるので、生命体は身近な物を食べる事によって身体を維持する事が可能になります。
 化学エネルギーの谷があります。そこでは生体物質である有機物などの合成の閾値が低くなっています。元々生体物質が合成され易いのです。
 そこからRNAワールドが生れます。自分自身をコピーしたり、コルーチンになって御互いを生産し出したりする、リボ核酸が生れます。
 リボ核酸はコアセルベートの様な膜の中で増えて行きます。
 捕食などによってミトコンドリアなどを獲得し、原核細胞は百万倍の大きさの真核細胞に進化して行きます。
 やがて太陽光に感応する葉緑素ができ、シアノバクテリアは自分が出す酸素を抱えて海中から浮上し、地上の植物に進化します。やがて酸素が地上に増え、動物プランクトンが生れます。葉緑素のポルフィリン構造の中心核のマグネシウムが鉄に置き換わり、極小の光子を吸収する物から酸素を吸着する物に進化します。
 動物プランクトンは動物に進化し、光に感応する葉緑素が四倍体になり目になります。そうすると餌を追い天敵から逃げる、中枢神経を獲得します。
 やがて動物は猿になり、鳴き声がコミュニケーションに進化して言語を獲得し、複雑な言語は手順を伝達して、弓矢や衣服や土器や船などの複雑な道具を協同で作れる様になり、魚介類の栄養素で更に大脳新皮質が発達します。
 良く好んで食べる植物の種が糞などから身近に増えて、自然な品種改良が始まり、より食べたい良いものが増えて行きます。穀物などの財産の蓄積から、取り合いや貧富の差が生れます。
 繰り返す戦争を経て、現代になり、人権などの法律が整備されます。人間の知性は生存価値を主張する様になります。
 NASAの観測から、近くの地球型惑星までは何光年もあり、太陽系の磁気の泡に守られた空間を越えると、高エネルギー粒子の衝突で遮蔽しても返って破片が広がり遺伝子を傷めて、人は死んでしまう事が判明しました。未来永劫人間の限界生命圏は地球圏を始めとした太陽系の中である事が決定しました。
 暗黒の死の宇宙にわずかに浮かぶ水のある惑星地球の、ほんのわずかの厚みの森の中に生まれた、知性である人間は非常に希少な者である事が判明しました。地球人の至上命題は、かけがえのない地球の生命圏を保全する事であると決定したのです。
 今までのパソコンは遺伝子や人間の情報処理の模倣でしたが、量子もつれを用いたループ型光量子計算機は2の百万乗ビットを可能にし、人間を遥かに超えた知性を産み出します。

ここまで早口で述べて来た事は、ブラックホールから現代まで、宇宙百億年の歴史です。

5日前 No.1323

ミトラ @steiner777 ★iPhone=PfczXClnQm

地下水さん、未来永劫と言いますが、高エネルギー粒子を完全に遮断する、例えば磁気バリヤーの様な技術がいつか発明される可能性は無いのですか?

5日前 No.1324

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1324  さあ、太陽ぐらい大きくないと無理じゃないでしょうか。(^^/

5日前 No.1325

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1324  この磁気バブルは幅1億6000万キロに及ぶ巨大なもので、ボイジャーがその1つを横断するのにも数週間を要するという。

こんなにデカい物を幾つも、宇宙船でつくり出すのは不可能でしょうネ。

5日前 No.1326

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1324  言葉には大きさがありますね。太陽は大きいですが宇宙船は小さいです。超新星は大きいですね。銀河中心のブラックホールに振り回されている恒星も激しいですね。そんなこんなでできた高エネルギー粒子も凄まじいですね。言葉には程度がありますね。でも言葉では数量を無視する傾向があります。数量の異なる物を同等に見なしてしまう誤りが多いですね。

5日前 No.1327

ミトラ @steiner777 ★iPhone=PfczXClnQm

地下水さん、僕は物理は素人ですが、大きさは関係ないのでは?
宇宙船の中だけ高エネルギー粒子を遮断すれば良いのですから。
現代の科学技術では不可能でも百年後、千年後にはどうなるか分かりません。

5日前 No.1328

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

ずいぶん「早口」ですね。ついていくのがほとんど不可能です。ただ「地球人の至上命題はかけがえのない地球の生命圏を保全する事であると決定したのです。」は「事実」ですか、いつ決定されたのですか?誰が決定したのですか?

5日前 No.1329

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1328  解るんです。無理なんですよ。 >>1326  を読んで、よくイメージしてみて下さい。  >>1323  を読んで、遮蔽が危険な事を理解して下さい。これはもうテレビで報道され詳解された事です。

論理的に桁違いに無理な事は、無理なのです。「人は息をしないと生きられない」を否定できない様に、無理なんですよ。

5日前 No.1330

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

無理なんですね。

5日前 No.1331

ミトラ @steiner777 ★iPhone=PfczXClnQm

まあ、建設的な議論しかしたくないのでこれ以上は突っ込みませんが、千年後には「息をしないで生きる」人間だって合成生物学の成果で生まれているかもしれません。光合成で生きる人間がね。
そろそろやめます。笑

5日前 No.1332

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1332  前にも書いた事ですが、有害でない種類のミドリムシに鉄工所の排ガスの二酸化炭素を引き込んで、一キロ四方のガラスでフタされたプールを造り、10万人の都市の全食糧を毎日供給する、と言う未来の話があるのですよ。ミドリムシは完全栄養素なのです。でもあんまり食べたい気がしませんし、そんな未来はどうかと思いますよね。僕の卒業した大学の先生も主導しておられるそうですが。やっぱり森が豊かで、木の実やフルーツが成り穀倉地帯の広がる未来であって欲しいですよね。(^^;

5日前 No.1333

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

最近、蛋白源として「昆虫食」が取り上げられています。頭では分かるのですが、正直「気持ち・・・」です。しかし、そんなことは言ってられないようですね。

5日前 No.1334

空の光 ★ucxezv8uyS_m9i

人は美味しい物を食べる事で充分、栄養になるようになっているらしいです。
文字にあるように「美」も重要な要素のようです。

5日前 No.1335

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

 周波数解析の他に、複素解析と言う大きな分野もある。これは実解析では積分値が面積に広がっていた物が、複素数に拡張して考えると積分値が特異点に集積して、特異点の値を足せばより簡易に求まると言う、驚異の結果である。証明はコーシー・リーマンの関係式などによるが、グリーンの定理も用いるのでここが厳密には少し難しい。
 複素解析は関数論に発展して、デデキントのエータ関数で一つのピークを迎える。これは分割数の複素数版である。分割数はヤング標準盤に拡張されるが、既約な結び目の数と対応しているそうである。

 結び目などの位相空間を拡張したものは、素粒子や宇宙論に用いられているが、複素解析のローラン展開特異点が、宇宙の星の位置を示しているのではないか等と妄想する。

 特異点やナイキスト全図等は多関節ロボットの多くのモーターの制御などに実用されている。

5日前 No.1336

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

 二元一次連立方程式は、二つの要素の最適な割合を直線の交点で表している。これを拡張した物が行列で線形代数に発展する。
線形代数の固有ベクトルなどは、例えばロボットが多要素の割合を調整して、進む方向を示してくれる。
四行四列の複素行列は、レーザーの自励発信を説明してくれると言う優れものに成ることもあった。
隣接行列に於いては、確率ネットワークなど、マルコフ過程や、カルマンフィルターによるアポロやロボットアームの振動制御や、天気予報などを表すのにも用いられる。

5日前 No.1337

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

地下水さん。AIに倫理を教育できると思いますか?あるいは教育すべきだと思いませんか?私は人工知能やロボットが活躍する社会に楽観的です。しかし、このことが必要条件だと思っています。Ai兵器などは最悪だと思っています。倫理学ではテクノロジーの進歩とともに「いかなる統制原理(レギュレーション)」を採用すべきか、「義務」を課すべきかが当然、問われます。その場合、その技術等の専門家と一般市民との質の高いコミュニケーションが不可欠だと思います。例えば原子力の場合は「放射能廃棄物処理の原則」とかが立てられました。しかし、うまくいっていないと思います。

5日前 No.1338

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1338  軍事大国サウジアラビアの石油施設が、イエメンから飛び立ったイランのドローンに破壊され、世界の5%に及ぶ生産量が減少した事は最近の大きな事件ですね。ドローンの攻撃は人が命令しますが、行動の多くは既にAIで制御されていますね。人が悪いんですよ。

AIであるIBMワトソンが、ネットからのリアルタイム自動学習で動作して、クイズ王になりましたね。一方でマイクロソフトの対話システムが、やはりネットからのリアルタイム学習で話題を選んで、突然「ヒトラーは偉い」と言い出したので、即時使用停止になりました。ネット上に倫理的でない情報が増えると、影響を受けるのです。ですから倫理を覚えれば倫理的に行動しますが、そこが悪く書き換えられれば悪い行動をします。

この様にネットの情報で自動的に書き換えられる部分であるAIだけでは無くて、ロボット原則の様な倫理を書き換えられないROMとして判断基準に持っておけば、倫理に抵触しそうな行動は回避されますね。つまり世界中のネットから倫理情報だけを選択的に自動学習したAIチップをROM化して標準装備して於けば良いわけです。

5日前 No.1339

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

地下水さん。やはりAIに倫理的なことを学習すべきだということになる、でよろしいでしょうか?具体的なご提案がすでに出されていますが、ほかにも何か「義務」とか「統制(制御)原理」にあたるものはありますか?私の理解では「書き換え」が大事だということですね。

5日前 No.1340

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1340  核兵器や核実験は絶対悪であり禁止しなければならないとした、ラッセルーアインシュタイン宣言は妥当ですね。水爆実験は非常に広範囲に地球の生命圏を破壊しましたから、絶対悪である事が今日より明確に確定していますね。科学の悪用、特に環境破壊は許されない事ですね。

平和や人権、民主、平等、生活向上、学問などの自由、地球環境、などの今日確定している理念は、学習すべきなので選択的に良く学習して於いて、AI・倫理ROMに書き込むか、普段から選択的に優先的に学習する様に、バックプロパゲーションのウエイトを大きくして於く事が有効ですね。

5日前 No.1341

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

聞いてもいいですか。私には「バックプロパゲーション」の意味を知りません。その前までは理解できます。

4日前 No.1342

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1342 AIの本体で、誤差逆伝搬学習回路のことです。ネット上の情報とマッチングをとって、それを学習データーとして、自分の回路の出力がそれとある誤差以内になるまで回路の重み付けを調整します。例えば倫理について、繰り返し選択的に学習して行くと、倫理についての質問には何でもネット上の解答ができるようになります。
 ネットの自動学習AIのIBMワトソンは、これでクイズ王になりました。

4日前 No.1343

地下水 ★KATHFaYqOw_po8

>>1342  統計や測量などに用いられてきたガウスの最小二乗法で、学習データーとの差の二乗の総和がある閾値よりも小さくなるまで重み付けの調整を繰り返します。より速く値が近づいた方に時間微分して、学習を速めます。この方法はリンゼイ、ノーマン、ラメルハートの三人がノーベル賞を受けました。ラメルハートは人間の情報処理という書籍を著作しています。
 他にホップフィールドモデルなどの焼きなまし法や、幾つものAI手法があります。日本の中野馨博士は、脳の情報処理という学習書を出しておられます。

4日前 No.1344

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

ありがとうございました。勉強になりました。それにもっと勉強したいと思いました。しかし、テクノロジーの進化の速い時代、「統制原理(レギュレーション)」を如何に課して人間と人間らしさを守るかは喫緊の課題だと思う。テクノロジーによる厳格な管理、監視社会に向かっているが、これはある意味で民主主義を脅かす。プライバシー等や自由を侵害する可能性がある。昨日のニュースでは合衆国では「顔認証」による犯罪捜査に「レギュレーション」を如何にかけるかが、ホットな議論となっている。これを決めるのも民主主義的なコミュニケーションであり、言語活動である。人間の言語活動である哲学の現代的意義をそこに感じる。

4日前 No.1345

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

日本は治安が良いので、その為の監視ならば良いと思います。でも実際問題セキュリティーカメラやカードなどの設置は御金がかかるので零細店では無理です。

4日前 No.1346

地下水 ★KATHFaYqOw_0zR

御茶を飲み、音楽を聴いて、御風呂に入る。何と我が生活の慎ましく豊かなことか。

中村哲先生は、25.5キロの水路をユンボで掘って、十万人の農民が慎ましく暮らし、65万人分の食糧ができる緑地ができたのです。

それは軍事費の何万分の一で、豊かな国ができると言う事なのです。私たち西側諸国は認識を全く誤っているのです。

3日前 No.1347

地下水 ★KATHFaYqOw_0zR

御茶を飲み、音楽を聴き、御風呂に入る。我が暮らしの、何と慎ましく豊かな事か。

 中村哲先生は、砂漠に25.5キロの水路をユンボで掘ることで、10万人の農民が慎ましく暮らし、65万人分の食糧を生産する、豊かな緑地を生み出された。

 金正恩は水爆実験で地球を汚染している。その何万分の一の費用で豊かな国ができるのに。

3日前 No.1348

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

今の世界の指導者にはモラルがないの一言に尽きます。なんとかならないでしょうか?

2日前 No.1349

地下水 ★lHRYPNADL9_po8

>>1349  僕が会社に入った時は、人事部長が、「この世は酒とタバコと金と女だ」と言ってタバコを吸って、宴会で「スーダラ節」を歌いました。グレた大人は、お手上げです。そんな人に指導者の権限を与えないことですね。

2日前 No.1350

地下水 ★KATHFaYqOw_0zR

今日の株式市場。凄いです。エコな最新技術と温暖化対策に集中しています。皆んな未来へと覚醒したかも。(^^;;;

★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 量子コンピューター
3 5G
4 半導体製造装置
5 全固体電池
6 水害対策
7 リチウムイオン電池
8 国土強靱化
9 人工知能
10 パワー半導体

1日前 No.1351

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

私は正直、未来はそんなに悲観すべきではないかもしれないと思っています。ノーベル賞を受賞した吉野さんも環境問題を解決する技術者の社会的責務についてスピーチされました。ただテクノロジーは常に諸刃の剣みたいな性格があります。進化すればするほど、そうなります。そこでやはり「人間」の役割や存在価値があり、人間の真理を求める言語活動である「哲学」も生きてくると思います。

1日前 No.1352

地下水 ★KATHFaYqOw_0zR

 和を以て貴しと為す、と言います。平和、穏和、調和、和解、融和、協和、共和、講和、柔和、和気あいあい、和議、大和。神の愛はアガペーの愛、人助け、神の国は助け合いの国、和の国です。戦争の環境破壊は地球を汚染し生環境を奪い資源を急速に消費して、取り合いの経済戦争を招きます。平和であれば、戦争より桁違いに少ない環境負荷で、豊かな暮らしを生み出せるのです。中村哲先生の水路が生み出した農地は、私達に教えています。私達は戦争にダマされていました。

19時間前 No.1353

安齋昌宏 ★IpEO77cCOU_fud

戦争に反対し、恒久平和を希求する平和主義の立場ですね。私も賛同します。「戦争にダマされた」というのもいろいろな意味があると思いますが分かります。

16時間前 No.1354
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる