Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(13) >>

政治【politics】

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(192) - いいね!(0)

マジカルモンキー @orunatexi ★IkTe7dpHmE_yO9

@ 社会に生きる人、1人1人にとって、そもそも何が重要なのか?

A 社会がどんな状態であることが望ましいのか?

メモ2018/05/19 16:06 : マジカルモンキー @orunatexi★IkTe7dpHmE_yO9

@ テーマ:軍事


A テーマ:正義

ページ: 1

 
 

マジカルモンキー @orunatexi ★IkTe7dpHmE_yO9

私の答え

私の自己紹介
遺伝子進化専攻、銭ゲバ、ハイスピードファイティングスタイル、アート大好き、日本文学読めません。

@ 私にとって政治を考えた場合、何が重要かというと、太古の先祖が守り通して来た、自然から人間社会の隔離を維持すること。
  維持とは、保持とは違って、その人間社会をよりよくしながら形態を崩さない事。
  では、その人間社会の中に住んでいる我々にとって重要な事は、【より善く】する事。
  社会に何の貢献ができるのか?とか、technologyの発展。利益の追求と備蓄である。人間社会を守るために、軍事は必要。

A 望ましいのは、自分のやりたい事が邪魔されない事。邪魔されても敗者復活が出来る事。ようは福祉です。

1ヶ月前 No.1

マジカルモンキー @orunatexi ★IkTe7dpHmE_yO9

>>1  続き

メモから、なぜ、政治に軍事力が必要なのか?
今年の朝まで生テレビで、ウーマン村本が、叩かれていたが…。
俺はなんとなく、村本の言いたい事が理解できる。

軍事がある事が正しいのか?

そうなった場合、俺の脳みそはちょっとお花畑なのかもしれない。

【 非強制的な人間の結社の空間 】に軍事が必要ならば、

@ 敵というのは、強制をしてくると言う事
A その空間は、最初は小さかった事になるだろう。

★ 小さなグループに敵が侵入し、強制をする ★

小さなグループは、強制されたくないので、敢えて、軍人(民兵)を作り、敵の侵入を防ぐのである。
しかし、そうなった場合、敵に侵入されてもいないのに、敵が侵入してきたという想定で、軍人を作らなければいけない。

じゃ、政治家は、敵をどのように思っているのか?

1ヶ月前 No.2

地下水 ★lHRYPNADL9_BXv

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
児童は、これを酷使してはならない。

国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

29日前 No.3

地下水 ★lHRYPNADL9_BXv

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

自由国家的公共の福祉とは、形式的公平・内在的制約・消極目的規制ともいわれ、「各個人の基本的人権の共存を維持するという観点での公平」であって、具体的には、『国民の健康・安全に対する弊害を除去』を目的とする制約」と解するのが多数説である。

社会国家的公共の福祉とは、実質的公平・政策的制約・積極目的規制ともいわれ、「形式的公平に伴う弊害を除去し、人々の『社会・経済水準の向上』を図るという観点での公平」と解するのが通説である。

29日前 No.4

マジカルモンキー @orunatexi ★IkTe7dpHmE_yO9

地下水さん

なるほど、有難うございます。
3〜4を読んで、率直な感想を述べます。

★ なぜ、そう思ったのですか? ★

29日前 No.5

地下水 ★otncK03kC4_BXv

>>0
まず生きるとは何かです。生きる為には、健康と安全が欠かせません。
そして個々人にとって重要なものは。それならば個人主義なのです。それを個人の尊重といいます。特に個人の自由意志の尊重です。
また社会が望ましい状態は何かです。それを社会福祉の増大といいます。個人の社会的立場の向上と、生活経済の向上がそれにあたります。社会が向上すれば、個人の社会負担も減り、社会的立場も向上します。具体的には機械化などで肉体労働から解放され、知能労働が増えます。そして情報機器による情報化などで知能労働からも解放され、よりよい社会的立場の個人が増えます。それは自由な立場です。
しかし個人の自由と、社会の福祉が整合性を持たねばなりません。社会が個人を含みますから、社会の福祉に反しない範囲で、個人の自由が許されます。更には個人の自由で、社会の福祉に貢献する事が、より積極的に社会の福祉を増大させることになります。

29日前 No.6

地下水 ★otncK03kC4_BXv

>>0
 補足すると、不健康で危険であれば、死ぬ可能性が高いので、生きる事に反します。従って、生きる為には、健康と安全が欠かせません。
 例えば、軍事的優位が安全とは限りません。今川は信長に殺されたのです。従って攻撃力では無くて、防衛力を今川はもっと持つ必要があったのです。この極限を専守防衛といいます。具体的にはイージスアショアなどの、高度で広範囲のレーダーシステムを持って、如何なる高速移動の多数の敵も捕捉し、正確に比較的安価に制限なく繰り返し迎撃できるシステムを配備する、と言う事になります。

 憲法は、如何なる結社の自由も保証しています。
 そして、諜報の対象とならない事も保証しています。
 しかし実際の運用では公共の福祉に反する結社については排除されます。
 世界規模では、ネットワーク上のAIが公共の福祉に反する結社のみを判断して、ポリスに通報し、排除し再教育するシステムが必要でしょう。

29日前 No.7

リっちゃん ★fzvXSbA8PF_yFt

憲法はそもそも個人主義にのっとり、個人の権利保障を目的とした内容を採用しています。
それの目的に合わせた憲法の解釈が必要になります。ただ、個人の権利が保障されるための前提として、
「平和」であることが必要になります。だから、三原理の一つとして憲法は採用しています。
確かに憲法は戦争を放棄することをその条文に明記していますが、人々の安心と平和と安心を獲得するには、
自衛権の更新は必要不可欠だと僕は思います。
ただ、度が過ぎた自営をすれば、憲法に違反し、最高法規の立場がぐらついてしまう恐れもあり、すごく
難しい問題だと思います。

29日前 No.8

地下水 ★otncK03kC4_BXv

>>8
憲法は国に国民の健康と安全と生活を保障する義務がある事を明示しその実行を指示しています。
その大前提が平和ですので、戦争を防ぐ盾をあらゆる所にあらゆる手段で配備しておく事が肝要です。しかしながら矛には戦争の憂いがありますので配備してはなりません。これをもって専守防衛といいます。これは先の世界大戦から日本が学んだ事です。
専守防衛であればこの上ない配備を目指すべきなのです。しかしながら領海を越える攻撃力は一つも許されないのです。
国民の生活も保障する義務を行使するなら、経済水域やシーレーンも、この上なく防衛する義務があります。しかしながら経済水域やシーレーンを越える攻撃力は一つも許されないのです。

29日前 No.9

マジカルモンキー @orunatexi ★IkTe7dpHmE_yO9

皆さんの文章を読んで、政治とは、個人の自由の確保のためにありそうですね。

社会にとって何が重要なのか? 個人の自由 安全と健康
どんな社会が望ましいののか? 個人の自由 安全と健康




なにか、ぬるさ(温さ)を感じるのだが…。

28日前 No.10

地下水 ★lHRYPNADL9_BXv

>>10
もしもロボットを作るロボットが一台出来たら、その後はそのロボットが量産され、AIは自動学習で進化して行く。
そしてインフラ整備などをロボットに任せられたら、人間個人の自由時間は多くとれるだろう。

安全と健康は、実現するのは大変だ。
事故や災害の現場や、医療の現場を見れば、大変でなおかつ難しい事が良く解かる。
安全や健康という美しい言葉で話したくなる、その裏には、傷病老死、戦争、交通戦争、東北津波災害、などの悲惨な現実が隠れている。

27日前 No.11

地下水 ★otncK03kC4_BXv

>>10
健康を保障するというのも困難である。人間はいつかは死ぬものであるが、死ぬと健康を保障した事にはならない。
老化の問題も避けがたいが、老化して死ねばやはり健康を保障した事にはならない。
根本的には予防医学によって、老化しない、もしくは若々しい身体に保てる、もしくは再生できる、という事が必要になる。
今、βNMNなどの若返りの薬が臨床試験をされているが、基本的には基礎代謝の律速であるNAD+を増やすものである。
これが増えると代謝が活性化される、もしくは個々の細胞の機能が回復する、根本治療である。
この成分は、基本的に牛乳などの様々な食品に少しずつ含まれている。普通の食事をしておれば良いのである。
だが成分の比率が少なく1万倍する必要があり、やはり創薬が必要である。
食品からの抽出と濃縮ではもったいないので、この成分だけ合成する事が考えられる。
このNAD+はベンゼン環にメチル基を付けて五角糖を付けた様なビタミンB3に燐酸を付けてアデニンを付けたものである。

27日前 No.12

地下水 ★lHRYPNADL9_BXv

>>12
訂正。このNAD+はビタミンB3の反応基をアミノ基に置換して五角糖を付けて燐酸を付けてアデニンを付けた様なものである。

24日前 No.13
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる