Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
平和ルネサンスv^^。ピース2020No.158 だけを表示しています。

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>153  ザビビのふくろうさんへ

>>一見矛盾しているように見えるとしたら、「狭義の利益」と「広義の利益」とを区別せず、混同しているからではないでしょうか?

>「混同」もなにも,そもそも >>103 における人間原理の定義以来,私とのやりとりでも私に説明してくださった「利益」という概念についての拡張定義では,広義の利益計算による個人利益が最大になるように行為する,というのがあなたの《人間の行動原理》でしょう。

>今回突然「狭義の利益計算」が出てくるのは,正直不整合をごまかすための立場変更としか正直思えないんですけど。そこのところをもう少し,どういうことか説明もらえないでしょうか。


 ザビビのふくろうさんは >>142 でこう書いておられます。

>このようにあなたは述べているわけですが,実際,自分を犠牲にして他人のために事をなす人はいますよね。

>では,質問します.

>このような人の行動は,あなたのいう《人間の行動原理》に則っているのですか,いないのですか?


 「自分を犠牲にして他人のために事をなす人はいますよね。」と書いてありますが、「広義の利益」計算だと、そもそもこんな人は有り得ません。なのに、ザビビのふくろうさんは、「…いますよね」と書いておられるので、この時「狭義の利益」で計算してしまっていることになります。つまり、「狭義の利益」と「広義の利益」とを混同してしまったからこそ、矛盾が生じたように錯覚しただけです。「広義の利益」計算でいけば、「自分を犠牲にして他人のために事をなす人」など有り得ません。なぜなら、「狭義の利益」計算だからこそ「自分を犠牲にして他人のために事をなす人」に見えただけであり、「広義の利益」計算をすれば、この場合もこの人は自分の利益を最大にする行為を選んだはずであり、自分を犠牲になどしていないからです。

>>103 を読み返してください。あなたは,自分の《人間の行動原理》を広義の利益計算で定義しているので,「いつでもだれでも成立する行動原理であり,例外はありえなくなる」わけですよね。例外がないということは,すなわちこの原理に反することはありえない,ということでしょう。

 はい、その通りです。

>にもかかわらず, >>103 の最終パラグラフで,「《人間の行動原理》に反することを要求されても,誰も従わないと思われます」と述べています。

>反することはありえないのに,反することが要求されうるわけないじゃないですか。


 その通りです。要求されうるはずが有りません。要求されうるはずがないことを要求しないでくれ、ということです。

>いったい何を要求できるというんですか?


 要求できません。「自分がやりたい事の反対の事をやってくれ」と同様、矛盾した事を要求することになってしまうからです。何をやって見せても、やった以上それは「やりたい事」をやったのであり、「反対の事」ではなくなってしまいますから。つまり、「狭義の利益」計算の立場でなら「自分を犠牲にして他人のために行動しましょう」という言い方も可能だし、実際に「自分を犠牲にして他人のために行動する人」も居ますが、「広義の利益」計算で見るとこれは有り得ない事を要求してしまっており、そんな人は居る訳が無いのです。

2018/05/13 16:59 No.158

平和ルネサンスv^^。ピース2020No.158 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる