Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
平和ルネサンスv^^。ピース2020No.141 だけを表示しています。

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>140  哲人たちの代弁者さんへ

>論理を会得せぬ者たちは、全てを理論で解明しようと企てます。


 物事を解明するには、特定の「公理」を定め、「論理」を用いて様々な「定理」を導く必要が有り、そうして作られたものが「理論」です。全てを「理論」で解明しようとする人がなぜ「論理を会得せぬ者」なのか、これも意味不明。
 哲人たちの代弁者さんの発言を読んでいていつも気になるのは、相手を侮辱する表現が多用されている点です。「論理を会得せぬ者たち」がそれですね。哲人たちの代弁者さんは、自分が理解できないものを、逆恨みしておられるのではないでしょうか。自分より賢い人たちを「論理を会得せぬ者たち」と侮辱し、「賢いのは私だけ。私以外はすべて愚か者」と主張されているように見えます。本当に「人類愛」に目覚めた人なら、こういう表現は用いないでしょうけど。

>公理とは、おおやけの道理・一般に通ずる道理。ですから本来、説明など不要です。


 数学や科学の厳密性を拒絶し、意図的に誤魔化そうとしているように見えます。実際、厳密に考えると、「公理」は証明なしに真だと仮定するものですから、「絶対的真理」ではないことが明らかになってしまいます。哲人たちの代弁者さんは、自分の考えこそが「絶対的真理」だと主張されているようですので、誤魔化しが必要になるのではないですか?

>哲学上の公理は、論理と言う思考の形式・思考の法則的なつながりに組するものですので「存在するもの」です。

>勿論、SumioBabaさんの心の中にも存在しますが、今は爆睡中ですのでSumioBabaさん自身も気付きません。

>SumioBabaさんの言われる公理とは意味が違いますね。

>全く、SumioBabaさんは孫悟空みたいで可愛いんですね。


 孫悟空は、世界の果てまで見て回ったと思い込んでいましたが、実はすべてがお釈迦様の手の平の中に過ぎず、その外には一歩も出ていなかった、…という話が有りますね。哲人たちの代弁者さんの考えが、まさにそれなのですよ。哲人たちの代弁者さんが「絶対的真理」だと思っておられる事は、実は「相対的真理」に過ぎず、「公理」の定め方次第で真にも偽にも成り得るものです。それなのに哲人たちの代弁者さんは、自分の考えを「絶対的真理」だと思い込んでおられます。お釈迦様の手の平の中だけでなく、外にも世界は広がっているのに、手の平の中だけを世界だと思い込んでいる訳ですね。

2018/05/08 20:28 No.141

平和ルネサンスv^^。ピース2020No.141 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる