Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(291) >>

哲学から聖書へ

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(1339) - いいね!(0)

元哲学者 ★paRyGQC435_c1Z

私は子供の頃から長年、我流で哲学をやっていました。
実際、聖書のあら探しをする様な立場でした。

しかし、聖書の正しい理解に近付けば近付く程、
論理的にも、科学的にも、歴史的にも、倫理的にも、
聖書が最も優れていると考える様になり、
今はクリスチャンになろうと、研究を進めています。

哲学に興味のある方達と、聖書について語り合いたいと思い、投稿してみました。
それは参加される方々に聖書の真理を伝える機会にもなりますし、
また議論の中で私自身も考えさせられ、精錬されると思ったからです。

色々な議論の切り口があると思いますが、「神は存在するのか?」について、
先ずは議論してみませんか?

自動車や飛行機を見れば、設計者が存在することを当然と考えます。
それでは、自動車や飛行機より複雑な人間について、設計者がいる筈だ、
と考えるのは自然だと思われませんか?

ページ: 1 2 3 4

 
 
↑前のページ (241件) | 最新ページ

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★OY6U8JiaEx_UxJ

現実に根差した思想をするべきだと思いますよ。

存在教は精神病理学的問題で病根でしょうが。

9ヶ月前 No.242

宿題 ★bUKyk3gX2r_xmq

ペガサスさん

現実に根ざすってどういう生活だと思いますか?

9ヶ月前 No.243

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★OY6U8JiaEx_UxJ

さぁ、

私は神を信じないので、西洋哲学はパスです。

9ヶ月前 No.244

宿題 ★bUKyk3gX2r_xmq

ペガサスさん

私が10年前親戚の人の勧めで美顔器を買う時のお手入れ方法の講習で

変なおじさんが先生みたいに教えてきて顔をべっとり首まで撫でられました・・

お化粧の世界でセクハラを受けるよりすっぴんで哲学の話を間接的にしている方が精神的に健康です。

女はペガサスさんみたいにからかい半分でふざけて遊びで通用する世界なんてありませんよ・・

9ヶ月前 No.245

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★OY6U8JiaEx_UxJ

何が言いたいん?

9ヶ月前 No.246

宿題 ★bUKyk3gX2r_xmq

ペガサスさん

ペガサスさんは哲学は無視しているから雑談をしただけです。

私はここで哲学の話をしていても叱られるのにペガサスさんは・・

9ヶ月前 No.247

かすみ ★E1U0YeJ73I_FRr

宗教って、いい大人が普通に大嘘を信じているのですね。
信じたいのでしょう。
学校で習った自然科学や歴史的な事なども神様・仏様の超能力で書き換えられてしまいます。
余りにも非常識な内容ですね。

立派な教会や寺、浄財を集め放題、戒名に何十万、何百万、住職の長男は若と呼びます。・・・若殿様ですね。

友人の坊主が言っていました。
坊主丸儲けですって。

9ヶ月前 No.248

★30JjgxOVKX_ZFe

聖書って、宗教なのかしら?

9ヶ月前 No.249

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>ペガサス


君、科学史上主義を語るの本当にやめた方がいいよ。科学で事実上の証明が出来ていなものってどれくらいあると思ってるの?。身近な物でそれは既にあるからな?。そんな仮説と事実を混ぜた不完全なものを至高って語るならここに来ない方がいいと思うけど?。人が考えたものがいつ真実だと盲信した?、宗教も不完全なら、科学も不完全だろうよ。
言ってみろよ、誰が、何時、何処で科学が、完璧だと、無欠だと、真実だと証明した?、相手を盲信者と罵るくせして、お前もそれとどっこいじゃねえか。
盲信者はお前だろ、科学史上主義思想がいい証拠だろ、違うか?。

9ヶ月前 No.250

かすみ ★E1U0YeJ73I_FRr

法則性の適用範囲を示し、尚且つ危険率を示してあれば、科学が立派に役立ちますよね。

聖書は、文学の一でしょ。
作り物としての価値があり、多くの人を熱狂的なファンにしています。
ファンクラブとして、立派な組織も作っていますね。
でも、なぜ、税に優遇されてるの?

9ヶ月前 No.251

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

倫理観は宗教じゃねえのか?。

ドリーを産み出そうとした時何があったと思う?。

9ヶ月前 No.252

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

9ヶ月前 No.253

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

ごめんなさい、間違えてフィルターしてしまいました。

9ヶ月前 No.254

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

9ヶ月前 No.255

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

あれ?、またフィルターされた,,,,。

9ヶ月前 No.256

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

法律は宗教じゃねえのか?。

理論観だけで人は進めるか?、違うだろ?、人には、感情があるんだよ、最近のニュースであるよな?ちかん行為って言うの?、「人にはDNAで刻まれた本能があるから仕方ない。」ですむと思うか?。

9ヶ月前 No.257

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>257
これに書かれているのは、フィルタされたものと内容は同じなので、大丈夫です。

9ヶ月前 No.258

★30JjgxOVKX_ZFe

日本では、今日は、クリスマス・イブ。

>0

『聖書』ってうの、ユダヤ教とキリスト教の聖典、っていうことみたいだけど、
「クリスチャンになろうと」っていうことだから、キリスト教の方でいいのかしら?

キリストって、人間よね?哲学者さま。

『聖書』は「神」が書いた、っていってるけど、著書の名前は「神」?それとも「キリスト」?

12月24日

キリストは、いまごろ(日本時間でだけど)、
パンとぶどう酒を飲みながら、最後の晩餐をしているところなのかな?

9ヶ月前 No.259

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>游さん


語るのは良いですが、何も生まない否定と侮辱は意味がないですよ。 >>259 のその言葉、元哲学者さんに言っても聖書の言葉を引用するだけで終わりますよ、事実、発言的にぐるぐる回って同じことの繰り返しじゃないですか。

>>かすみさん


何故税に優遇されてるか?、それは単純、目先の物しか見ていないからですよ。それと聖書は文学と一つに統一されている物ではありません、事実、聖書に書かれているものは、今の現代社会の法律にもあるものです。理論観、人間性、倫理観、これも含まれます。これは文学でしょうか?。

>>ペガサス


何度も言うように、科学だけが、全てを語るものではありません、倫理観が無くなれば、この世はどうなると思いますか?。

>>ソフィーさん


貴方確か存在性理論語っていた人ですよね?、何故ここに?。まあいいや、思想に偏りがあるのにも関わらず、それを感じさせない語りには驚きました、前と変わりましたね、ですが、追求しすぎでは?。

9ヶ月前 No.260

★30JjgxOVKX_ZFe

>260
@さん、「元哲学者さんに言っても聖書の言葉を引用するだけで終わりますよ」、じゃないと、わたし、思っているし、
もし、聖書の言葉の引用するのだとしても、どのような言葉の引用を持ち出すのかは興味あるわね。

「何かを生み出す」その仕方は問題よね?
それも、「どこに」は、特にね。

9ヶ月前 No.261

しらんがな ★iPhone=Ojs7LzMc8F

虐待事件がニュースになると世間は両親を吊るし上げて、"子供の気持ちも分からないのか"と暴言を浴びせる。
亡くなった子には、"天国で安らかに、次は優しい両親のもとに生まれておいで"と、心にもないことを言う。

イジメ事件がニュースになると世間は、"どんな理由があってもイジメてはいけない、まして人を死に追い込むなんて絶対許されることじゃない。人の命を奪うことがどれほどの罪になるのか分からない奴は死刑にしろ"と答える。

あの世はあると思いますか、死んだらどうなると思いますかという問いに世間は、"そんなものあるわけないだろwww、死んだら無だ"と答える。

罪とは何かという問いに世間は、"規則を破ることだ"と答える。

子供は親を選んで生まれてくると思いますかという問いに世間は、"そんなバカなことがあるわけがない"と答える。

虐待する親はきっとこう思ってる。
"この子が私を選んで生まれて来たって?そんなバカなことがあるわけがない。言うことも聞かず可愛くもない、誰に似たんだか。ハズレを引いてしまった"と語り、子供を吊るし上げ、"親の気持ちも分からないのか"と暴言を浴びせ、罪の重さを知れとばかりに死刑を執行する。

イジメっ子たちはきっとこう思ってる。
"罪なんてバレなければ何もないのと同じなんだよwww"


このような世界のどこに真理があだろう。全てその時その時、その場その場によって都合のいいことを正論とし、相手を理屈で負かして勝ち誇ってるだけで、それら行為に何ら価値がない。

9ヶ月前 No.262

かすみ ★E1U0YeJ73I_FRr

芸術って新しい世界観のごく一部、或は入口を作る様なものだと、思います。
その受け取り手(の多く)は、共感した入り口から先へ、自らの歩を進めようとします。

聖書の場合も、神が創造したとされる世界、そうした非日常的な世界観に人々を誘っていますね。
通常の学校で習って来た事からすると、大変非常識な内容です。

しかし、こうした聖書の内容に共感して、その門から奥へ入ろうとする者は、正に芸術・文学の接し方と同様だと思います。
以後、そうした世界に身を置くからです。

哲学の場合は、読書をして知識を得たり、共感したりしながら理解を深めるのではなく、読書した世界観から、自分の信じて来た世界観から、断捨離することが重要なのですね。

それが、自ら哲学をすると云う行動です。

ここまで来ると、自ら哲学をする人は新しい世界観なりを生み出しているので、正に芸術の域に達しています。
ただ、宗教と哲学の差異は根拠の提示の有無だと、思います。

9ヶ月前 No.263

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>かすみ


独自の世界観を生み出しているのは認める、その話は良いんだ。
私はこう言ったはず、倫理観は聖書じゃないのか?、人間性は聖書じゃないのか?、法律は聖書じゃないのか
?、ドリーを産み出した時、神への侮辱だとか何とか言うが、それは逆に倫理観にもなっているはずだ、違うのか?、はいか、いいえか、イエスかノーか、君自身はどっちなの?って聞いてるんだけど。

>>しらんがなさん


貴方の言うとおり、全くもって意味なんてありません(同じことをしている私が言うのもあれだけど)。

>>游


>>261

確かに生み出すだろう「どこに」も大事だ、けれどそれは本人にとっての生み出すになるかは別問題です。本人が変われずに、ただ打ち負かされるような言葉では、それが負荷になり、同時に閉じ籠ってしまう原因にもなるはず、彼の言葉を聞いてあげないといけません、彼の知る聖書の言葉ではなく。元哲学者自身の言葉を、コメント見る限り、その人自身の言葉、語って無いように見えるんですが(気のせいなら良いんだけどね)。

8ヶ月前 No.264

かすみ ★E1U0YeJ73I_FRr

神の掟の第1は神を愛することです。
そして、第2が、自分を愛する様に隣人を愛することですね。

神の信者は、神を愛するのであって、自分自身を愛することは必要最低限なんです。
つまり、家族や友人、隣人、敵対する民族などを愛するのは最低限に抑えて、神を愛せよと云う教えです。

もし、路上に大けがの人が倒れていれば、助けてやろうとします。
しかし、好く働き好く仕えてくれる妻に、優しい言葉をかけ癒してあげ様と云う様な人間らしい行為は、慎むべきなのです。
いや、禁じられるほどなのです。
そうした感情は神への感謝や祈りとして向けられるべきなのです。

自分を愛する様に隣人を愛すると云う神の掟は、自分や隣人を愛することに溺れてはいけないと云う厳しい戒律であり、生易しい倫理観ではないのです。
外目の好い教会の解釈に振り回されてはいけませんよ。

8ヶ月前 No.265

うさぎ ★NV90AsC0hA_UHY

>265 さん   まったく同感ですね? わかりやすくてレベルが高い。 まるでカミソリの切れ味を見ているようで


す、ただ、わたしのリクエスト(偶然と必然)(自由と決定論)には答えて下さらない!

8ヶ月前 No.266

かすみ ★E1U0YeJ73I_FRr

例えば、十分な跳ね返りの床に、十分な高さからサイを振った場合、しかもそのサイはどの数も同様な割合で現れるべく作られている場合、それぞれの目の出る確率は1/6です。

いま、サイを4回振ったら、3・1・5・6の目が出ました。
もし、この確率が正しいのなら、次は2か、4の目が出る筈です。
仮に、2が出たならば、6回目は必ず4の目が出る筈ですね。

確率と云うのが必然を表すのであれば、6回サイを振った場合、1から6までの数が1回ずつ出る筈です。
ところが、実際はそのようになるとは限りません。

確率の意味するところは、個々の事象を規定は出来ないけれど、多数回試行することで偶然の中にも一定の傾向が観られるということですね。

8ヶ月前 No.267

うさぎ ★NV90AsC0hA_UHY

>267さん 私の為にありがとうございました。偶然というのは(願い)とか(思い)が感じられて、

未来は必ずしも決定されていない、という風に感じられます。しかし、必然を奉じたほうが知性的に

感じられるのは私の偏見でしょうかね?(笑

8ヶ月前 No.268

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>うさぎさん


確率の集中と言うのがあります。例えば、3つの扉があったとします、その中の一つが正解だったとして、一つ目の一番右の外れの扉を引きます。そしてその他の二つの扉に確率が集中し、一番左の扉が正解と言う結果が導き出されます。事実、これはコンピューターの計算でも同じ結果が出ました。実証もされています。

私が思うことですが、一つの偶然があることによって、一つの必然が導き出される、と言うことです。偶然と必然はなければいけないと私は思います。
全てが必然なら、確率世界何て言う言葉も、平行世界何てものも妄想になってしまいますし。

8ヶ月前 No.269

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8ヶ月前 No.270

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

本当に申し訳ございません、またフィルタをされてしまいました。

8ヶ月前 No.271

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>265

>>自分を愛する様に隣人を愛すると云う神の掟は、自分や隣人を愛することに溺れてはいけないと云う厳しい戒律であり、生易しい倫理観ではないのです。

>>外目の好い教会の解釈に振り回されてはいけませんよ。


別に私は振り回されてなんていませんよ。
それと、私は倫理観については凄く部分的なことしか言っていませんし。宗教のことではなく、科学の倫理の話をしたはずですが?。何故神を愛せよとか関係ない話を持ってのですか?。宗教の話とか正直どうでもいいので、私科学の倫理観の話しかしてませんよ。

8ヶ月前 No.272

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

    「原罪」の解釈

 アダムとイヴが神の教えに背き、禁断の木の実を食べてしまい、堕落してしまった、という「失楽園」の物語をどう解釈するか、キリスト教の大きな謎の1つだと思います。SumioBabaの私見ですが、話の内容自体は特に重要ではなくて、別の例え話でも構わないような気がします。にも拘らず、何か重要なものを象徴しているように感じます。それは、人間が生物として生きている事の「性(さが)」ではないでしょうか。

 そもそも生物は、自分が生きるためなら周囲のすべてを犠牲にしてしまうという、極めて利己的な存在です。弱肉強食の世界で、勝ち残った者だけが生きていけるのです。つまり、どこまで利己的であり得るかという競争において、最後まで勝ち残った優勝者こそが我々人間です。人間として生きている事自体、多くの生物を殺してしまった証になります。人間として生きているというだけでこれだけ罪深い、ということを認識した上で、どう生きていくのかを考えねばなりません。それを象徴しているのが「原罪」ではないのでしょうか。

 だからといって、もちろん、人間が悪いのではありません。人間をそのように作ったのは「神」です。といって「神」が悪い訳でもありません。全知全能の「神」は、存在し得るすべての心を作り出し、自らそれらを体験して楽しんでいるだけです。その中に人間の心も含まれている、というだけです。

 新興宗教の中には、「原罪」で堕落し汚れてしまった信者たちを、教祖様だけが清めて救ってくれると主張し、それで金品を要求するものが有ります。そして、心の清い信者ほど、騙されてしまう傾向にあります。最低ですね。もっとも、騙される人生、騙されない人生、どちらも「神」の大切なコレクションであり、両方存在して初めて「神」は全知全能になれるのだから、両方存在していて良いのです。

8ヶ月前 No.273

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_ly4

>>273  SumioBabaさん

>もっとも、騙される人生、騙されない人生、どちらも「神」の大切なコレクションであり、両方存在して初めて「神」は全知全能になれるのだから、両方存在していて良いのです。<

わお!すごい考えですね、あなたの考えこそSumioBaba教じゃないんですか?

神の存在なんてわかりませんけど、全知全能の神なんているのですか?例えば全知全能の神は全知全能の神の解けないような問題を作ることはできますか?作ることができるなら、解けない問題があるので全知全能ではない、作れないのであれば全知全能ではないということになります。いかがですか??

8ヶ月前 No.274

信者のたしなみ ★BOeEWL8cjz_Ew9

>>274
全知全能の神は、「解けない問題を作ることができる」と「解けない問題を作ることができない」の重ね合わせであり、全ての可能性を網羅したトートロジーなので恒真である。

やべ 審判役してたら教義完璧に覚えちゃったよw

8ヶ月前 No.275

ソフィー ★ru9hDPoFte_D9v

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8ヶ月前 No.276

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>274  shinwoodさんへ

>わお!すごい考えですね、あなたの考えこそSumioBaba教じゃないんですか?


 「宗教」とは、「「○○○である」が真であり「○○○でない」が偽である」と独断で真理を片方だけに限定してしまい、それを証明もできないくせに、「「○○○である」が真理なのだから信じなさい」と要求するもの。
 「SB量子神学」は、あらゆる○○○について「「○○○である」と「○○○でない」の可能性がある」という《排中律》を主張しているだけなので、証明の必要もなく論理的必然性で恒真(トートロジー)であり、信じる・信じないの対象ではありません。

>神の存在なんてわかりませんけど、全知全能の神なんているのですか?


 「存在する」と「存在しない」の片方だけに限定されてしまうようでは、他方を放棄しているため全知全能とは言えなくなってしまいす。正しい表現は、a「存在する」+b「存在しない」(aとbは不明)です。つまり「神」は、「存在する」かもしれない、「存在しない」かもしれない、両方かもしれない、片方かもしれない、というすべての可能性を持つことで初めて全知全能です。

>例えば全知全能の神は全知全能の神の解けないような問題を作ることはできますか?作ることができるなら、解けない問題があるので全知全能ではない、作れないのであれば全知全能ではないということになります。いかがですか??


 全知全能の「神」は、a「神の解けない問題を作ることができる」+b「神の解けない問題を作ることができない」(aとbは不明)です。片方だけに限定されていると他方を放棄したことになり、その時点で全知全能でなくなってしまいますので。

8ヶ月前 No.277

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>274  shinwoodさんへ

 もう少し詳しく説明してみます。

>わお!すごい考えですね、あなたの考えこそSumioBaba教じゃないんですか?


 「宗教」とは、「「○○○である」が真であり「○○○でない」が偽である」と独断で真理を片方だけに限定してしまい、それを証明もできないくせに、「「○○○である」が真理なのだから信じなさい」と要求するもの。
 「SB量子神学」は、あらゆる○○○について「「○○○である」と「○○○でない」の可能性がある」という《排中律》を主張しているだけなので、証明の必要もなく論理的必然性で恒真(トートロジー)であり、信じる・信じないの対象ではありません。

 例えていうと、「宗教A」は「サイコロの目は奇数が出るのであって偶数は出ない」、「宗教B」は「サイコロの目は偶数が出るのであって奇数は出ない」、のように独断で真理を半分だけに限定してしまい、証明もできないまま、それを信じるように要求します。しかも「宗教A」と「宗教B」とは、主張している内容が異なります。これが原因で、「宗教A」の信者と「宗教B」の信者との間に争いが生じたり、殺し合いにまで発展することになります。
 「SB量子神学」(合)は「サイコロの目は偶数または奇数が出る」と両方の可能性を認めており、何一つ真理を限定していないので、決して外れる事が有り得ないという意味で恒真(トートロジー)です。真理を何一つ限定していないので、証明の必要が有りません。証明の必要が有るのは、「宗教A」や「宗教B」のように真理を限定してしまう方です。

>神の存在なんてわかりませんけど、全知全能の神なんているのですか?


 「存在する」と「存在しない」の片方だけに限定されてしまうようでは、他方を放棄しているため全知全能とは言えなくなってしまいます。正しい表現は、a「存在する」+b「存在しない」(aとbは不明)です。つまり「神」は、「存在する」かもしれない、「存在しない」かもしれない、両方かもしれない、片方かもしれない、というすべての可能性を持つことで初めて全知全能です。

 全知全能「神」は、「存在する」のか「存在しない」のか、決して証明はできません。なぜなら「存在する」にしろ「存在しない」にしろ、証明された時点で片方だけに限定されてしまい、それゆえに全知全能ではなくなってしまうからです。(青い鳥は捕まえた瞬間に青くなくなる)。
 「神は存在する」にしろ「神など存在しない」にしろ、片方だけに真理を限定しようとすると、証明が必要になってしまいます。もちろん証明はできません。証明もできないまま「神は存在する」と決め付けてしまうと「有神論」という宗教になってしまうし、証明もできないまま「神など存在しない」と決め付けてしまうと、こちらも「無神論」という宗教になってしまいます。「SB量子神学」のように、「神」は、「存在する」かもしれない、「存在しない」かもしれない、両方かもしれない、片方かもしれない、というすべての可能性を認めておけば恒真(トートロジー)であり、証明の必要さえ有りません。

>例えば全知全能の神は全知全能の神の解けないような問題を作ることはできますか?作ることができるなら、解けない問題があるので全知全能ではない、作れないのであれば全知全能ではないということになります。いかがですか??


 全知全能の「神」は、a「神の解けない問題を作ることができる」+b「神の解けない問題を作ることができない」(aとbは不明)です。片方だけに限定されていると他方を放棄したことになり、その時点で全知全能でなくなってしまいますので。

 P=「(神は)神の解けない問題を作ることができる」と¬P=「(神は)神の解けない問題を作ることができない」とは排他的なので、1つの世界の中で両方が実現すると矛盾になります。全知全能の「神」は無矛盾な論理法則にさえ「縛られる」と「縛られない」の両方であり得るため、1つの世界の中でPと¬Pの両方を実現することも可能ですが、そこは「有矛盾な世界」であり、その状態については説明のしようが有りません。あらゆる○○○について「○○○である」でもあれば「○○○でない」でもある、です。これが「空」M0です。さらに、「□□□である」=「あらゆる○○○について「○○○である」でもあれば「○○○でない」でもある」と置いた場合も、「□□□である」でもあれば「□□□でない」でもある、です。「□□□でない」の方は「空」M0であることを否定しており、これが「色」M1、M2、M3、…です。
 「神」は本当の意味で全知全能であるため、「全知全能である」(正)である「空」M0だけでなく、「全知全能でない」(反)である「色」M1、M2、M3、…の方をも自ら体験します。そして「全知全能である」(合)=「全知全能である」(正)+「全知全能でない」(反)を満たします。「神」の定義は、「存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を要素とする集合{M}」になります。

 一方、人間は「無矛盾な世界」に住んでおり、特定の有意識状態である「色」M1、M2、M3、…の視点に立っています。ここでは、Pと¬Pのうちせいぜい片方だけしか起こり得ません。全知全能の「神」は、Pである世界も¬Pである世界も確率的に実現しています。しかし人間は、片方だけしか認識できません。それゆえ人間がPなのか¬Pなのかを観測できたとすると、「無矛盾な世界」であるがゆえに、世界が2つに分裂することになり、これが多世界解釈です。Pが観測された世界では、その問題を「神」は解けないので、全知全能ではありません。¬Pが観測された世界では、そのような問題を「神」は作れないので、全知全能ではありません。Pも¬Pも、片方だけでは、「神」は全知全能でなくなる訳です。人間の心は「神」の分身なので、「P片方だけを観測した人間の心」と「¬P片方だけを観測した人間の心」を、片方だけしか実現できず全知全能でない状態の「神」だと見なせます。

8ヶ月前 No.278

マジカルモンキー @orunatexi ★IkTe7dpHmE_D9v

>>273


>>そもそも生物は、自分が生きるためなら周囲のすべてを犠牲にしてしまうという、極めて利己的な存在です。

これは言い過ぎかな。

一生命に、生物界を殲滅させる能力などない。

8ヶ月前 No.279

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_ly4

>>278   SumioBabaさん
私には難しいことは分かりませんので、無知な私に時間を使うのはもったいないです。「存在を問う」で、えぴめてうすと議論してください、これで最後の質問にします。

>「SB量子神学」は、あらゆる○○○について「「○○○である」と「○○○でない」の可能性がある」という《排中律》を主張しているだけなので、証明の必要もなく論理的必然性で恒真(トートロジー)であり、信じる・信じないの対象ではありません。<
という考えを主張している SumioBaba教ではないんですか?


「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」は常識的に考えて我々人間の知恵では解けない問題です。宇宙の果ても分からない問題です。何故分からないではいけないんですか。分からないものは分からないでいいではないですか。


 神だけでなくSumioBabaさんの存在も「存在する」かもしれない、「存在しない」かもしれない、両方かもしれない、片方かもしれない、というすべての可能性を持つので全知全能であり、SumioBabaさんも神と同じなのですか。



> 全知全能の「神」は、a「神の解けない問題を作ることができる」+b「神の解けない問題を作ることができない」(aとbは不明)です。<

無知蒙昧なことしか言えない無知無能の人間と全知全能の「神」は同じように感じるのですが、どこが違うのでしょうか。

8ヶ月前 No.280

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>280  shinwoodさんへ

>>「SB量子神学」は、あらゆる○○○について「「○○○である」と「○○○でない」の可能性がある」という《排中律》を主張しているだけなので、証明の必要もなく論理的必然性で恒真(トートロジー)であり、信じる・信じないの対象ではありません。<

という考えを主張している SumioBaba教ではないんですか?

 普通、「宗教」とは、ある○○○について「「○○○である」が真であり、「○○○でない」は偽である」と独断で真理を片方だけに限定し、証明もできないまま「これが真理だから信じなさい」と要求するものです。「shinwood教」がまさにそうですね。「「善とは公の為の行為である」が真であり、「善とは公の為の行為ではない」は偽である」と、真理を片方だけに限定していますよね。そして、これは公理だから証明もできないのに、「これこそが絶対に正しい!!」と周囲の人々に押し付けています。「SB量子神学」はトートロジーであり、信じる・信じないに拘らず恒真です。普通はトートロジーを「宗教」とは呼ばないと思います。

>「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」は常識的に考えて我々人間の知恵では解けない問題です。宇宙の果ても分からない問題です。何故分からないではいけないんですか。分からないものは分からないでいいではないですか。


 「分からないものは分からないでいいではないですか。」という人は、分からなくても良いです。分かりたい人だけ分かればそれで良い、です。そういうのを「猫の耳に真珠」というのではないでしょうか?(似たような諺を3つ合成してみました。流行らせて下さい)。

> 神だけでなくSumioBabaさんの存在も「存在する」かもしれない、「存在しない」かもしれない、両方かもしれない、片方かもしれない、というすべての可能性を持つので全知全能であり、SumioBabaさんも神と同じなのですか。


 「神」の定義は「存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を要素とする集合{M}」です。現在のSumioBabaの心は、これらの要素の中の1つ、例えばM1です。M1の視点に立てば、自分の状態はM0、M1、M2、M3、…の中のM1に限定されており、「M1は存在する」と「M1は存在しない」のうち「M1は存在する」の方に限定されているので、M1は全知全能ではありません。「神」は、存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…について「存在する」と「存在しない」の両方を体験しているという意味で、何も限定されておらず全知全能です。SumioBabaの心M1は「神」の分身です。

>無知蒙昧なことしか言えない無知無能の人間と全知全能の「神」は同じように感じるのですが、どこが違うのでしょうか。


 無知蒙昧なことしか言えない無知無能な人間の心は、M1、M2、M3、…の中のどれか1つ、例えばM5です。「神」は、「存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を要素とする集合{M}」なので、M5≠{M}です。

8ヶ月前 No.281

★Android=mLQokJXwPI

全歴史が完全に描かれたものを観察できる者がいたとする。しかしその者は、時間の流れを観察できないはずである。全歴史を鳥瞰的に一望するとは静的なことだからである。もし歴史の特定の時点の出来事に焦点を合わせて運動変化を観察したなら、それはその時点の観察者の立場に立つことになる。これはカントールが1900年頃に
2∞ > ∞と言う原理を発見したことからも証明されている。非可算個無限=2可算個無限っということはいわば111…より11…10…が大きいということであるからだ。
Sb量子神学はこれに関係すると思われる

8ヶ月前 No.282

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_ly4

>>281   SumioBabaさん

>「分からないものは分からないでいいではないですか。」という人は、分からなくても良いです。分かりたい人だけ分かればそれで良い、です。そういうのを「猫の耳に真珠」というのではないでしょうか?(似たような諺を3つ合成してみました。流行らせて下さい)。<

それではSB量子神学では宇宙の果てはどうなっているのか?に答えていただけますか?
私は「猫の耳に真珠」より「SumioBabaの口にSB量子神学」というのを流行らせたいと思います。


>SumioBabaの心M1は「神」の分身です。<

あなたの説明では神と人間は全く別物であり、分身とは言えません。分身なら同じ性質を有していなければならないと思いますが。

8ヶ月前 No.283

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>282  塵さんへ

>これはカントールが1900年頃に2∞ > ∞と言う原理を発見したことからも証明されている。非可算個無限=2可算個無限っということはいわば111…より11…10…が大きいということであるからだ。

>Sb量子神学はこれに関係すると思われる


 落合仁司氏の「数理神学」の世界ですね。「SB量子神学」もいくらか共通点は有りそうです。「SB量子神学」については、『「神」を完全に解明しました』で検索して下さい。

8ヶ月前 No.284

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>283  shinwoodさんへ

>それではSB量子神学では宇宙の果てはどうなっているのか?に答えていただけますか?


 自分が住む世界W1で、宇宙の果てがどうなっているのか判明している場合は、それがその世界における真理です。判明していない場合は「いろんな状態が重ね合わせのままであり、特定の1つには確定していない」が答です。シュレディンガーの猫の生死を観測していないときは「生」+「死」という重ね合わせのままだ、というのと同じですね。

>>SumioBabaの心M1は「神」の分身です。<

>あなたの説明では神と人間は全く別物であり、分身とは言えません。分身なら同じ性質を有していなければならないと思いますが。


 「神」と人間の心との関係は、集合{M}とその要素M1、M2、M3、…との関係です。すべての「色」M1、M2、M3、…を同じ重みで重ね合わせると「空」M0になります。それが、M0=M1+M2+M3+…〔色即是空・空即是色〕。

 「空」M0は、あらゆる○○○について「○○○である」と「○○○でない」の両方を満たした完全矛盾状態であり、何ものにも限定されない全知全能の「神」の本来の姿です。しかし、「神」が「空」M0だけに留まってしまうと、全知全能でない「色」M1、M2、M3、…は体験できず、「神は「空」M0である」と「神は「空」M0でない」のうち「神は「空」M0である」の方だけに限定されていることになり、本当の意味で全知全能とは言えなくなります。

 これを超越するために「神」は、「全知全能である」(正)の「空」M0だけでなく、「全知全能でない」(反)の「色」M1、M2、M3、…をも体験します。あるいは、「空」M0が「何ものにも縛られない」であるなら、「「何ものにも縛られない」にさえ縛られない」すなわち「何かに縛られる」が「色」M1、M2、M3、…であり、「神」は両方を体験します。そして、本当の意味での「何ものにも縛られない」(合)=「何ものにも縛られない」(正)+「何かに縛られる」(反)を実現することで、本当の意味での「全知全能である」(合)=「全知全能である」(正)+「全知全能でない」(反)となります。これこそ全知全能の「神」が、敢えて全知全能でない人間の心を作り出し、自ら体験している理由です。

 つまり、人間の心のような「色」M1、M2、M3、…をすべて重ね合わせると「空」M0になり、これらM0、M1、M2、M3、…を要素とする集合{M}が「神」なのですから、まさに人間の心は「神」の分身です。

8ヶ月前 No.285

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_ly4

>>285   SumioBabaさん

『「神」を完全に解明しました』をKindle版で出されているではないですか。学者さんではないですか。いや〜すごいですね。もうこれに関しては敬意を表して、ド素人の私はケチはつけないことにしました。レベルが違います、私は撤退します。しかし善の定義ならお相手いたしますよww

8ヶ月前 No.286

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

ヤベエよ、SumioBabaさんのコメント途中で読む気失せるほど長いよ。
気になったんですけどそのSB量子神学と言うものでは、神と宇宙の関係性はどう定義されているのですか?。

8ヶ月前 No.287

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>287  @くんさんへ

>気になったんですけどそのSB量子神学と言うものでは、神と宇宙の関係性はどう定義されているのですか?。


 質問有難うございます。「SB量子神学」では多世界解釈を採り、多世界解釈を突き詰めていくとライプニッツのモナドロジーに到達し、存在するのは個々の心M0、M1、M2、M3、…だけであり、「客観的物質世界」などというものは存在しない、と考えます。→スレッド『シュレディンガーの猫について』 http://mb2.jp/_tetsugaku/1025.html-99

 そもそも、「唯物論」か「観念論」かといった区別は、どちらが正しいかを問うものではなく、どちらを公理系に定めた方がよりうまく世界を記述できるか、の選択に過ぎないと考えます。だから、一番うまく記述できそうなものを好みで選んで良いのであり、「観念論」の一種と思われる「モナドロジー」を最適だと選んだことになります。もし「モナドロジー」で記述できないものが見付かれば、修正する必要も生じますが、今のところその必要性は感じておりません。

8ヶ月前 No.288

ゆみ @yumicoco ★rdsPzrQVhs_tZH

SumioBabaさんへ

 ライプニッツのモナドロジー! うちに本がありますよ、1〜2ページ読んですぐに本棚の肥やしになった本が!w

 真面目な話、私にはとても難解で、読み進めることができませんでした。
 SumioBabaさんは読めたのですね。。それだけでもすごいです。
 頭のいい人は本当に素晴らしい。

 その頭の良さを少しでもわけてほしいです。

7ヶ月前 No.289

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

あ、そう言えば質問してたっけっと思いだし、すんません。
確かSB量子神学って神を完全に解明しました〜って言うアレだよね?。神を完全に解明する上ではまず神と宇宙の関係性を仮定として証明しなければいけない気がするが、まあ別に良いや。
客観的物質世界は存在しないっか、まあ一人一人の脳に宇宙は存在するって言う話もあるし通るな。なら客観的現象はどうかな?、例えば、「男性Aは絶対に失敗する」って言ったら男性Aが本当に失敗したりとか、成功する確率が下がったりとかね。

後は〜何聞こうかな?。

質問

絶対的な存在の神は絶対に持ち上げられない石を作りました、神もその石を持ち上げることができませんでした。

SB量子神学ではこれについてどういった答えを出すのか気になるね。
君の好きなように解釈して答えを出してくれればそれで良いです。

最後の質問

2÷0=

6ヶ月前 No.290

@くん ★WiiU=ernPTPvxWA

>>なら客観的現象はどうかな?


ここ修正、客観的現象と言うよりも客観的影響かな?。

6ヶ月前 No.291
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる