Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(66) >>

哲学は何の役に立つのか?

 ( 哲学掲示板 )
- アクセス(760) - いいね!(0)

白猫 @kec ★n1iSzXUWLB_cYm

語りましょう、哲学は何の役に立つのか?

みなさんが思うところを語ってください。

(例)哲学を勉強したら、物事を客観的に見られるようになる、

   死ぬのが怖くなくなる等々。

1年前 No.0
メモ2017/03/30 18:51 : 白猫 @kec★n1iSzXUWLB_cYm

哲学は役に立たないとよく言われていますが、


本当にそうなのか、そうでないのか、議論しましょう。

ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (16件) | 最新ページ

マジカルモンキー ★SxKM1tJ4Xs_mwG


俺が哲学を利用した所は、『 いかに物事を見下さないか? 』という点だけだったな。

1年前 No.17

マジカルモンキー ★SxKM1tJ4Xs_mwG

人間の愚かな部分は、

責められた時、『 私の全てを知っているわけでないでしょうに? 』と思っている癖して、

他の物事は平気で見下すのよ。

人間は500%真上は見ねーなと思うよ。

哲学が必要なのは、『 全方向に応じた思考方法の獲得 』であり、

それを獲得したら、哲学はもういらないよ。

1年前 No.18

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

哲学が始まる時、世界とわたしの関係が困惑した時。これは知性(知りたい)という欲望が生まれた時。
その果てしない欲望の波が静まる時、哲学は終焉を迎える。

で、結局、何だったんだ?ってね。

1年前 No.19

マジカルモンキー ★SxKM1tJ4Xs_mwG

人は物事に囲まれて堅苦しく生きるべきである。

これを修得していなければ、哲学どころか、思考していない。

いや、別に思考しなくたっていいんだぜ。

考えるより先に体が動く人だっているんだし。

ただ、思考において、一番の盲点は、『 頭上 』である。

俺は生命進化の研究をしていたから、黒板やホワイトボードを置く場所が足りなくて、

いろんなデータを天井に貼り付けていたよ。

1年前 No.20

マジカルモンキー ★SxKM1tJ4Xs_mwG

結局、哲学には『 適用範囲 』というものがないのよ。

『 脳の中でできること 』なのよ

しかし、『 脳の中の天井に気づく人はこのメビウスリングにはいないね〜 』

普通に足りない。普通に思考努力が足りない。猛烈な努力から奇跡の答えを出せる人がいない。

コンニャクゼリーの中を突っ走るのが、哲学よ。

1年前 No.21

森西 ★iPhone=bVooDzHncJ

シミュレーションを楽しむことができるようになる

1年前 No.22

悪魔ちゃん ★30JjgxOVKX_ZFe

「哲学は何の役に立つのか?」って問うより、何のための哲学なの?、って見た方がいいんんじゃない?

上空飛行の思想を好まないメルロは、『現象学によれば、・・・自然的態度から生じるさまざまな主張を理解するために、・・・そして世界との、この素朴な触れあいを再発見し、結局はそれに哲学的な視覚を与えることに、あらゆる努力を傾注するのである。』『現象学によれば、「生きられた」空間、世界についての報告でもある。』『非反省的な生こそ、反省の出発状況であり、恒常的な状況でもあり、終局の状況でもある。』と言う。

現象学という哲学に限らず、哲学が役に立つか立たないかは、何のための哲学であるのかによって左右されちゃんじゃないの。かな?

1年前 No.23

@anwesen☆byoHlR3nskT1 ★iPhone=mdtjLNZb79

哲学に対して人間がなんの役に立つというのか。

1年前 No.24

マジカルモンキー ★SxKM1tJ4Xs_Xgx

>>24

なるほどね、すげーわかるわ。

思考を物質化するとどんなもんなんだろうね。

1年前 No.25

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

哲学の目的が、幸福追求でなく、もし「真理の探究」だとするなら、苦しみと死が真理の結果であっても人々は、その

目的である、し、真理の探究をするのだろうか??その人にとっては、その真理は苦しみかもしれないのに?

1年前 No.26

空の光 ★wXIjK8siyI_m9i

哲学は合理性?だったら役に立つかな。

いや、何ごとにおいても合理性かどうかが大事かなと。

哲学は合理性かどうか。幾つも部門がある。

一つ一つを合理性かどうかを見るのは・・・

1年前 No.27

うさぎ ★TTcLo8rHAi_UHY

私は、哲学はその人にとっての幸福の追求であるかどうかだけであって、合理性と不合理は関係ないと思います。

哲学が役に立つかどうかは、人それぞれであって、哲学の内容には宗教もあり、形而上も含んでいる。全部が

合理性の希求とは限らないのでは?   コピペ人間は別だが・・・

1年前 No.28

空の光 ★wXIjK8siyI_m9i

哲学が何の役に立つか?でなく。何の哲学が役に立つのか?

例えば直観の哲学・・・白紙の自分になって物事を見る。
何ごとにもとらわれず、一瞬こうかなと思った事を大事にする。

例えば哲学行為主義・・・哲学は議論を戦わすだけでなく、
よろしく生活に取り入れてゆく・・・。

とかね・・・。

1年前 No.29

うさぎ ★Tablet=cT88eYp8V3

>29さん

そうかもしれないが、そう考えることが何の役にたつかです。やはり、幸福の追求ですね?

しし、真理を発見して苦しみ自殺するなら、哲学は何の役にもたたない。

目的は幸福であり、し、真理ではない。 哲学をコピペだと思う人がいますが。

1年前 No.30

一京無限 ★ALJoadBHyO_mgE

哲学は有用として、役立つと考えるならば少ないと思います。

哲学は教養の知性から理性の学びとして、時間の潰しがきくことに役立つと思います。

また、哲学には、隠語が多く多様されて、ある意味謎解きの楽しみがあると思います。

隠語の言語哲学は、ソクラテス哲学を意味すると思います。

あるいは、哲学者の考え方に個性があり、考え方の切り口と哲学の述べ方にも、真理探究の
観点で、対象物から逆照射して客観的真理の認識の観え方を通して哲学を述べている哲学者
もおられると思います。

「無知の知」の無知であることを知るところから始まるとする哲学者は、無知を無知である
ことを知っても、また新たな無知であったことを知ることにより、限界を感じていると思い
ます。

限界突破のために、新たな課題に取り組んでいる哲学者もおられると思います。

宗教的形而上を隅において、隠語の哲学で形而下的で述べながら、その実、隠語の意味の
超越悟性の哲学を述べている哲学者もおられると思います。


形而上を隠すために、三次元の記号やコードを用いて、隠語として真意を隠す哲学者も
おられると思います。

1年前 No.31

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_jAc

>>31 一京無限さん

>「無知の知」の無知であることを知るところから始まるとする哲学者は、無知を無知である
ことを知っても、また新たな無知であったことを知ることにより、限界を感じていると思い
ます。<

無知の知を知る、つまり自分は本当は何も分かってはいないという事を知れただけで、哲学をやる意味があるじゃありませんか。

無知の知を知るとは謙虚になると言う事でしょう? 人生の美徳のひとつをを知ることができただけでも、大いに価値があるではありませんか。

1年前 No.32

一京無限 ★ycA2uCGgor_mgE


無知の知を知るということは、愚かな自分を知るということであり、形而下のみに生きる心こそ本物の生き方であると勘違いであった
というのは、形而上の光の方向性の生き方こそ本物の生き方であると知覚する場合に、「愚かな自分を知る」ということが言えると
思います。

そのことによっての形而上の光への謙虚さが出てくるものと思います。

「愚かな自分を知る」無知の知の哲学の内容を読めば、哲学をする意味があることになると思います。

また、哲学とは違うところの宗教の教えにも六大煩悩の「癡」(チ)にも無知の知の愚かさによる意味があり、真理知識を知らないこと
による善悪の分別がなく、欲望の煩悩を押さえることができず、犯罪に手を出し、罪を重ねることはあると思います。

1年前 No.33

百理 ★5n9Jhh5DYh_jAc

無知の知を知る。自分の身の程を知る。等身大の自分が解る・・

よりよく生きるための謙虚な生き方の一歩目でしょう・・

1年前 No.34

空の光 ★u4qvSL0b7a_m9i

無知の知を知る。自分の身の程を知る。等身大の自分が解る・・・
等身大の自分が解るには「無知の知を知る」からはじまるのでしょうか。

1年前 No.35

百理 ★5n9Jhh5DYh_jAc

>>35
自分が如何に何も知らないか・・神には所詮なれない人間の小ささを知る・・自分の分際を知る。

天狗のソフィストたちがソクラテスとの対話によって打ちのめされるのでしょう・・自分の分際を弁えると言うことでしょう・・

1年前 No.36

うさぎ ★0jAAcdRpFv_UHY

「私が死んだらこの世は消える(終わる)という考え方がある」とどこかで読みましたが、そう考える

ことにどんなメリットデメリットがあるのでしょうか?  哲学の目的??

24日前 No.37

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

>>0  哲学は、人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問、だそうです。
例えば、人間は栄養を摂らないと生きられない、というのは厳密に成り立つので、正しい定理である、と言えます。
ここから、人間は栄養を摂っている、その様に働いている、あり方がある、もしくは、人間に栄養を与える為に、働く、在り方がある、と言えます。より良い栄養とは何か、栄養を得る為の働きにはどの様なものがあるのか、という知の探究も起きます。

23日前 No.38

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

「何の役に立つ」と言いますが「役に立つ」とはどういう意味でしょう?「何」にはどこまで許容されるでしょう?
哲学は詰まる所、生きる苦痛と言う病への解決への問いです
そう言う意味では「今が苦しくない人には要らない」と言うのは確かです
人に嫌われて苦しい、人に勝てなくて苦しい、物事が自由にならなくて苦しい、
自由になりすぎて何にも価値を感じれなくて苦しい、罪悪感が常に後ろを迫って苦しい、退屈過ぎて苦しい
好きな人との死別が苦しい、お金がなくて苦しい

そう言う諸々の苦しさに対してどう見てどうしたら良いのか?と言うのが哲学です
誤魔化しではなくちゃんと知りたいと思うほどに条件は厳しくなります

23日前 No.39

うさぎ ★0jAAcdRpFv_UHY

no39 さん   100点満点です。 わたしもそう思いますね・・・大日本人だから、哲学とは真理の探究だの

無知の知だの権威主義だのコピペだの、哲学の意義・意味・目的が「幸福の追求」だという人はめったにいない。

つまり、哲学とは幸福の追求なのです。 愛智とか、しし真理の探究ではなくメリットデメリットです。

23日前 No.40

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

>>39  人間は生き物ですから、必ず死にます。これは厳密に成り立つ定理です。
 そして一般に子供は親と死別します。逆になる事もあります。同時と言う事もまれにあります。人間は親から生まれますから、年齢差があり、ほとんどの場合、死別があります。
 苦しみになる場合もあります。苦しみ程ではないけれども、深い悲しみになる場合もあります。しかしそれをあえて避けない道もあります。思いっきり泣きとおし、涙を流し切る道もあります。適当な宗教で悲しみを遠ざけても、後にわだかまりが残り、怒りが生れる場合もあります。
 悲しい時は、悲しむのが良い時もあります。人間の精神構造は様々です。先天的にも後天的にも障害もあり学習もあります。それぞれに合った、悲しい演奏などの芸術作品に心を寄せる事も、良い場合もあります。

23日前 No.41

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

>>40
メリット・デメリットの面で言うと、幸福の追求が最終的に「自分はどう生きればよいのか」に行き着くのはある意味原理的に当然だと言うだけですね
今の幸せを大切にするのも道なのですけど、問題は今の幸せに「影」がある人がそこから逃げているだけの場合が多い事ですね
逃げるなと言う事ではないですけど、逃げ方、と言うのもありますからね
「影」がある事を認めつつ逃げていれば、常に生き方は問わざる負えない訳で、この「影」が出来ない確信こそが哲学と宗教が目指している物だと言うだけですね

>>41
悲しい時は悲しんだらよいのだと言うのは一つの道ですね
問題なのは悲しみの仮面を付ける事だったりしますけど…
自分を知って受容するのはそう言う意味では重要な一歩目ですね

23日前 No.42

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

23日前 No.43

空の光 ★uN2losj7G2_m9i

>>30 さん

哲学は真理を追究する・・のかな?
それが幸福を求めるのに役立てれればいい?
幸福探求=真理追究?

真理が神の領域なら・・・幸福も神の領域?

哲学的な考え方で幸福が得られるなら。
幼い頃から哲学を学べば、社会、生活ですぐ役に立つ?

家庭でも哲学を築き上げてゆく。
社会に出ても探求し続けていく場があれば・・・

22日前 No.44

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

 苦を除くのは、癒しだと、一般には言われています。

多くの人は、人間であり、生き物であり、親から生まれ、親とは年齢の差がありますから、親との死別を経験し、親の亡くなった者として、生きて行く未来があります。

 死の悲しみは深く、シンドラーのリストのテーマ曲を百回聴いていると、悲しいカバーに出会いましたが、スロベニアの演奏者でした。チトー大統領が亡くなってから、ユーゴスラビアは分断され内戦になりました。その現実の真実の悲しみが伝わって来るようです。そうして涙があふれ続けて、独りになり、心は寄り添い、癒される、そんな癒しもある様です。

22日前 No.45

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

哲学は、厳密に成り立つ、自然言語による、定理でなければなりません。

例えば、人間は、栄養を摂らないと、生きられない、というのは、厳密な定理です。

人間は、親から、生まれる、というのも、厳密な定理であろうと、思われます。

22日前 No.46

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

>>46  また、人間は、意識があるから、自我を認識できる可能性がある、というのも、可能性定理なので弱い定理ですが、言えると思います。

もっと異本的に、人間は、免疫系で、自我と異物の違いを、既に胸腺で学習しているから、認識できる、という生理も、思いうかんできます。

22日前 No.47

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

癒しとは何か?と言うのは「納得」「受容」なのでしょうね

苦しみとは拒絶です
好きな物があればそれがない状態を拒絶し
嫌いな物があればそれがある状態を拒絶し
無関心であれば退屈さから虚しさを感じて拒絶する

恐怖・不安・怠惰・諦め・焦り・呆れ・怒り・退屈・悲しみ・侮蔑・憎しみ・後悔
これらは全部「拒絶」から生まれる物です
問題はどうすれば「拒絶」を消す事が出来るか?と言う事ですね
そういうのをすぐ分かれば楽なのに、とか、事前準備出来れば楽なのに、となると、難しい学問になりますね」
基本的には心理学と社会学のあいのこですね

22日前 No.48

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

>>48  例えば、私は煙草が苦しいので拒絶します。アルコールは頭が痛くなるので拒絶します。そうすれば苦しくも痛くもありません。

従って、拒絶する事で回避できる、苦しみがあります。多くの場合はそれで良いのです。苦しみの原因を回避すれば良いのです。

既に、苦しんでいる場合には、癒すことがあります。肩こりには、メンタムを塗る事があります。肩が痛い時には、逆に肩を叩いて、ほぐす事もあります。血行が悪くて肩が痛くなっている場合もありますから、逆に叩いて、ほぐして血行を良くする方が、根本治療になる場合があります。

従って、苦しみを癒す事で、苦しみを軽減したり、根治できる場合も、多くあります。

22日前 No.49

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

>>48  避ける事、逃げる事、回避する事、ほぐす事、癒す事。

動物は、天敵から逃げる事、餌を追って食べる事で、筋肉や視覚が発達したのでした。逃げる事は基本的なのです。

22日前 No.50

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

ふむ、焦るより身を任せる、と言う感じですかね
気楽に気楽に、と言うか…
それをしっかりする為に自我に執着しな方が良い的な

ライオンに追われた時に荷物があれば逃げれませんが、荷物がなければ逃げれる的な

22日前 No.51

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

>>51  まあ、荷物をおいても、逃げないと、生きられないですね。素手でライオンに立ち向かうのは、どうかと思いますね。欲張らない方が良いかと思います。

 分割統治という考え方もありますね。自分の生きるのに良さそうな、自分の得意そうな分野だけ、生活の為にとっておくという様な。自我を拡大し過ぎて、欲張るのはどうかと思います。

 存在全てに統一的な考え方とか、虻蜂取らずになります。結局、非常に少ない共通点しか無くて、成果は少な過ぎたとか。自分の為に、家族の為に、親戚の為に、隣人の為に考える程度にしておかないと。それでも、自分の自我の拡大でさえ、欲張り過ぎて、荷物が多きくなり過ぎて、身動きがとれない、とか、ライオンに食われて、台無しになったとか、ありそうですね。

22日前 No.52

地下水 ★lHRYPNADL9_Tbw

人は、二度死なない、というのも、厳密に成り立つ、定理かもしれない。

22日前 No.53

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

栄養を取らないと生きられないけど、どの様に栄養を取るかはかなり個体差があって「不食(水のみ)」で20年くらい生きてる人が居たりもしますね…
「栄養とは何か」と言うのは問われるところ…

二度死なないは死の定義が最重要ですね
死を不可逆である事を条件とするなら間違いないですが、死んだと「思い込む」事はよくあります
仮死状態などもそうですね
この辺になってくるとたとえ現実でも「意味があるの?」となるでしょうね…

22日前 No.54

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

>>54  20年も不食だなどというのは悪い人の虚偽です。人体に共通の生理学や栄養学があるのですから、カロリー計算だけからでも、あり得ません。

人間のあり方には、飯を食う為に、働くか、働いてもらう必要が、必ずあるのです。

人間は、必ず一度だけ死ぬわけですから、死や老化に備える必要があり、人生設計が必要になります。一回切りの取り返しのつかない人生という事ですね。早く死ぬのか、健康で長生きできるのか、どちらが良いでしょうね。自分にとって豊かに生きるか、貧しく生きるか、どちらが良いでしょう。そういう凡その問いは立てられる訳です。

22日前 No.55

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

「哲学は何の役に立つのか?」なんて、考え方が倒錯している。

哲学は、きっと駆られてするものだから。

その意味で、動機が先になければ、何の役にも立たない。

学校で習うのは、世間に出て社会生活を送るときの一般常識の修得のため。

テストの点数やクイズの正解を多く得るため。

15日前 No.56

えぴめてうす @susano ★EcqMI3ceHU_BqV

自己に有利に導いた哲学は、哲学ではない。

個人のこだわりを探求して、それが世に受容されうるかどうかが、哲学か、単なるMY哲学かの違い。

哲学とはある意味、常識への挑戦である。

13日前 No.57

伝道者 @dendousha ★iPhone=yWrYMqchtf

哲学に関して、聖書にはこう書かれています。

コロサイ2:8
気をつけなさい。もしかすると,人間の伝統にしたがい,また世の基礎的な事柄にしたがってキリストにしたがわない哲学やむなしい欺きにより,あなた方をえじきとして連れ去る者がいるかもしれません。

7日前 No.58

宿題 ★eM1n2yJmTo_Tbw

神が彼の人に霊感を与えますようにと祈る人がいるらしいですね・・

神を愛さなければ神を知ることはできない・・

真理を愛さなければ真理を知ることはできない・・

これはパンセに書いてあります・・

7日前 No.59

空の光 ★bOZaY9x47z_m9i

真理

真理の具現を神様がなさっているのなら、真理を知ってるつまり真理を愛されてるから・・・

いや、具現をされてると言うことは、真理を形に表されてる・・・つまり真理は神様?

4日前 No.60

伝道者 @dendousha ★iPhone=yWrYMqchtf

宿題さん、神を知れば知るほど、神を愛するようになります。真理も同じです。神も真理も素晴らしいからです。

もっと早く神、そして真理に出会わなかった、気付かなかったのが本当に残念です。決して遅過ぎることはないけれど、本当にもっと早く知りたかった。

3日前 No.61

宿題 ★eM1n2yJmTo_Tbw

伝道者さん

何故気づくのが遅かったのですか?

私は中学の時には空を見上げて宇宙すへてに助けを求めていました・・

2日前 No.62

伝道者 @dendousha ★iPhone=yWrYMqchtf

宿題さん、私は自分の判断を信じて行動してきましたが、色々な過ちを犯してきました。以下の聖句の通り、その償いをする結果となっています。

ガラテア6:7
人は自分のまいているもの,それをまた刈り取ることになるのです。

もっと早くに聖書の真理、神の教えに出会っていたならば、多くの過ちが回避出来た筈だからです。

イザヤ48:18
ああ,あなたがわたしのおきてに実際に注意を払いさえすれば! そうすれば,あなたの平安は川のように,あなたの義は海の波のようになるであろうに

2日前 No.63

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

以下の聖句は、聖書でも、儒教の道徳でも、旧ソ連の憲法12条にも書かれており、基本的な人間のあり方の様ですね。

テサロニケの信徒への手紙二3:10
働こうとしない者は、食べることもしてはならない。

2日前 No.64

うさぎ ★0jAAcdRpFv_UHY

哲学の意味と目的は幸福の追求でしょう? みんなの哲学は真理の探究だと思うが、個人の哲学は幸福の追求だと
思いますが、いかがでしょうか? 宗教と哲学は違うとついでに思います。

1日前 No.65

空の光 ★bOZaY9x47z_m9i

哲学は宗教を認めないという事でしょうか?

最初に生み出されたのが宗教だった。

世界に対して柔軟な思いだったのかな。

そして、道徳、哲学にバトンは渡され科学に渡された。

それがどこかで、神が不明となりかけた。

ここで、宗教にバトンが渡されれば・・・

みんな(宗教、道徳、哲学、科学)の元に神が現れるかな。

つまり、哲学はつなぎ役だったかな?

5時間前 No.66
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる