Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(299) >>

君や知る 南の国

 ( 中高年掲示板(老) )
- アクセス(2583) - いいね!(4)

Mignon ★lwuD1BWYH0_m9i

「君や知る 南の国」    森 鴎外 訳


 レモンの木は 花さき  くらき林の中に

 黄金色の柑子は     枝もたわわに実り

 青く晴れし 空より   しずやかに風吹き


 ミルテの木は しずかに

 ラウレルの木は 高く

 雲にそびえて立てる国を 知るや かなたへ


 君と共に ゆかまし。

2年前 No.0
ページ: 1 2 3 4


 
 
↑前のページ (249件) | 最新ページ

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

群0県草0市の女性議員が懲罰決議で失職したという。

「恋愛」のもつれだと想像するけれど 「電子書籍」に「実名」で「町長からセクハラを受けた」という。それも2015年の出来事をいまごろになって いったい何が目的なのか疑問に思う。

「強制00」というけれど「あこがれていた」ともいう。「態度が冷たくなって疑問を感じた」とはまた不思議な事。まるで 議会には関係の無い話を持ち出して ニュースになる。

女性というのは ビジュアル評価でほとんどの結果が見えるという事実があるだけに今回の出来事は無残に思える。

黙っていれば 良かったものを。「雉も鳴かずば撃たれまいに」とはこういうことかもしれない。

まあ!私の人生も「撃たれっぱなし」なのだけれど。

2ヶ月前 No.250

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_pzR

>>248 夫に電話して処理を済ませ、会社に報告する。


えええ!

Mignonさん『人妻』なの???

2ヶ月前 No.251

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

嫌われ悪夢と嫌われ魔理沙さんへ

「人妻」といわれるほどの「なやましさ」は消滅していますが。いちおう「伴侶」はおりまする。

「えええ!」と 驚いていただけたのは どうしてかしら?

2ヶ月前 No.252

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_pzR

> >>252



いや・…悪いけど男だと思ってた・・・・・・・・・・

2ヶ月前 No.253

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

えええ!そうなの?

じゃあ これからは「女性」ということで よろしくおねがいします。


「中村 哲」ちゃんが 亡くなった。アフガニスタンで 銃撃に倒れたらしい。「アフガニスタン」が好きで、「彼らはゲリラですから 土を爆破するなんて お手の物なんですよ!」と やさしい表現をされた。

「アフガン」のもんだいは「水」と「食料」の不足なのだ。長年の干ばつが原因だった。

「中村 哲」ちゃんは もともとは「登山」が好きな医者だった。若い頃に「パキスタン」の山に登って「ハンセン病患者」に出会った。

それが 運命だった。

「ハンセン病」などの医療を「国境なき医師団」として活動するうちに 病気の根元を改善するべきと考えて「潅水事業」に取り組み始める。

「井戸」を掘り、「川」を切り開いて 水をひき 田畑を回復し続けた。半世紀にわたるこの医者の事業は大きな実りを得て アフガンは豊かさを回復していく。

すでに 日本に帰国しておられたはずだったのにどうして?と無念でならない。

危険は承知で「護衛」は同情していたらしいが4人は死亡。「中村 哲」ちゃんの命だけは 守られていたらしい。

しかし 「右胸」を打たれていたとのことなので 「肺」をやられたのだろうか?「失血死」かと思われる。

2ヶ月前 No.254

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

官房長官は「全力で情報を集める」とコメントした。これは 評価する。

しかし「危険なところにはいかないでいただきたいとお願いしている」と、余計な一言を添えた。

国際貢献をする人間が危険だからといって 何もしないわけにはいかぬだろう。

政治家なら「危険なことが起きない世界」を目指すべきではないのだろうか?

そして 大きな貢献をした人には「敬意」だけをささげるべきだと思う。

国会で「アフガンに自衛隊」が必要ではないか?と問われたとき「有害無益」の一言で 政治家を黙らせた。

勇気と優しさを兼ね備えた 一人の日本人の死を心から悼む。

2ヶ月前 No.255

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

「アフガンの一番大切な友を失った」とアフガン当局は声明を出した。中村 哲ちゃんは「アフガンの人たちは 親日なんですよ。なぜか?といえばロシア戦争で勝利した国だからです。小さな国があの大国を負かしたことが 賞賛されているんですよ。でも 自衛隊がアメリカに協力することが 親日感情を不安にさせているんです。」といわれた。

これは 20年ばかり前の講演で聞いていた。

今回の 銃撃は「テロ」ではなく、「中村 哲」を襲撃したものだ。という事だ。つまり「日本」に対する「警告」なのだ。

大事な人を死なせてしまったのは「阿0」さんを頭にする日本の政治家だと思う。

政治家たちはこの事態を真剣に考えてほしい。

「中村 哲」ちゃんは「タ0バン」の仲間とも働いていたから今回の襲撃は「イス0ム過激派」に違いない。

ブルーシートにくるまれて搬送されるなんて!悲しいけど、それでも「アフガン」は精一杯のことをしてくれたのだと信じている。

2ヶ月前 No.256

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_pzR

危険な地域でボランティアに励むことこそ有意義なのに政府は『危険なところに行くな』

世界の情勢に逆行していますね

2ヶ月前 No.257

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

嫌われ悪夢と嫌われ魔理沙さんへ

返信ありがとうご遭います。悲しくて 情緒不安でしたから とてもうれしい。

中村さんは「人がいかないところに 我々は逝くんだ」といわれていました。信念がすごいんです。それでいて 言葉は愛に満ちていてぼさぼさとした風貌で、引き付けられるんですよ。

日本政府は「危険なところに行くな」といいますが その「危険」を招いているのが自分たちだとは思わない。

中村さんは「憲法九条が我々を守ってくれているんだ」といわれていました。「アフガンもタリバンも我々を脅かさない」と。

その 大切な「憲法九条」を変えようとする「阿0」さんたちが 日本人を「危険にさらしている」と思うのです。

本当に 許せないです。

2ヶ月前 No.258

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_pzR

日本政府の対応は最悪です。

私はこのような事件を見るたびに『イラク人質事件』2004年4月発生を思い出します

高遠菜穂子さんは長年、イラクでストリートチルドレンのお世話をしていました

これは大変すばらしいことです

なぜならストリートチルドレンは世界で1億人もいて世界的問題になっているからです

ところがアメリカがいい加減な理由でイラク戦争を起こし、イラクを政情不安にさせた。危険にさせた。それを日本政府は助けた(アメリカの行動に賛成した)

高遠さんは優しいのでこれまで世話をしていた 子供たちが心配でイラクに実際行くことを決意した

そして運悪く人質になってしまった

あの時の『自己責任論』ほど醜かったことはありませんでしたね

さらに週刊新潮は高頭さんの著書『愛しているってどういうの?』を歪曲して出版

結局5月になって、実際は高頭さんの行動こそが正しいのだという国際世論が出るまで、・・・・・・・・・日本人自身、高頭さんの行動、ボランティア精神のすばらしさにきずかなかった・・・・


みんな国境なき医師団とか知らないんですかね

シリアでアメリカの誤爆によって国境なき医師団の15名が死亡しました

アメリカやアメリカの行動を何も考えず、お尻のしっぽを振って支持する日本の方がよっぽど最低ですね

ちなみに高遠さんの著作『愛しているってどういうの』は哲学的、倫理学的で結構おすすめです

2ヶ月前 No.259

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

嫌われ悪魔と嫌われ魔理沙さん

ご無沙汰しました。「中村 哲」ショックで 毎日涙が流れて 気力もなかったです。でも 奥様と娘さんが カブールに到着されて 中村さんは家族と共に帰国されると 決まりましたので 少し安堵しています。

葬儀に駆け付けたいほどの気持ちは 治まってきました。中村さんの遺体は実に丁重に守られていました。花に囲まれた中村さんを観ると心が癒されました。やはりアフガニスタンは中村さんを大切にしてくれたという思いです。

お嬢さんが「アフガンの皆様に大切にしていただき 父は喜んでいると思います。お世話になりました。」と感謝されました。

混乱の中でも 礼節を尽くせることは さすが□中村哲の遺伝子だと感銘を受けました。

空港でも 「別れの会」が催されるとのことです。どれほどか 遺族も私も心癒されるか?さて!日本政府はどうするでしょう?ここは 見どころです。

もう 二度とアフガンに「中村 哲」さんはいけないけれど、きっと その遺志は受け継がれると信じたいです。

かすかに「中村 哲」は国際貢献の真実を日本人にりかいさせるために銃撃を受け入れたのではないだろうか?と思う私です。

2ヶ月前 No.260

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

やっと「入浴」した。なにか 心にひっかかると気力がなくなり 入浴は出来なくなる。先週は「ジョイント・コンサート」がストレスになりそれが終わって 今週初めは快調だった。

山の マルチも防草シートもはかどっていたのだが。

「花と龍」を観る。「火野正平」原作。高倉健 二谷英明、が主演映画。高倉健演ずる「玉井組」が「中村 哲」さんのルーツだという。戦後の「冲仲士」一家の物語。いわゆる「侠客」なのだが。

「火野正平」は「中村 哲」さんの叔父にあたる。このルーツこそが あの厳しい環境の中で 命がけで人「土木作業」に従事して60万人の食糧生産を可能にしたのだと思う。ご本人もそのように考えられたようだ。

「アフガニスタン」を改めて 確認する。直行便はない。タイのバクダットを経由してペシャワールに行きつく。乗り換えて「カブール」に向かう。

こんなに遠いところに行ったり来たり。カルチャーショックも大きかっただろう。私は外国に行くと すぐにホーム・シックになる。時差にも悩まされる。先進国ですらこんなになる弱い人間からは 想像できない。

明日こそは 親友の命日参りをしなければ。どうか 機嫌よく起きることが出来ますように。

2ヶ月前 No.261

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

ああ!うまく眠れた。今日も寒い。が、命日参りには行けそうな気がする。

「中村さんは 敬意をもって見送られたとのこと。本当に亡くなったのだなあと思う。

帰国の際に国がどうするか?まだ報道がないけれど、暖かく迎えてくれるとよいが。

外務省は「身の危険が迫っていることを伝えていた」との報道を始めた。

やはり「自己責任」で終結するつもりかも?

2ヶ月前 No.262

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

車で20分。標高800にあるログ・ハウスを訪ねることが出来た。雪が降らなくて 本当にありがたかった。

親友は19年前のこんな日に逝った。あれから今日までに 弟さんや叔母さん そしておしゅうとさんが亡くなられた。

優しいおしゅうとさんは 私にとっても 親しい人だったが案じながらも 親戚ではないから 距離を置いてきた。

老々介護にならず 良かった。

コーヒー、カステラ、自作のお漬物や 大根の煮物などをたくさんいただいて 音楽の話や沼津に納骨に行ったことなどを たくさん聞いて帰る。

母校大学のオーケストラ演奏のチケットを渡された。「こういうところに行くと 子供たちを幸せに育てられなかったことを後悔する」と、思わず本音が出てしまった。

すると「子供は 自分で育つものだから 親が負い目をもってはいけない」と諭された。でも 涙があふれて情けなかった。

両家の子供を 家族のように育てたのだが 私の性格が弱かったのか?うちの子は苦労ばかりした。これからも幸せにはなれないように思える。

今日は 中村さんが帰国する。そういうことが影響しているのか?涙が湧いては消えてゆく。

2ヶ月前 No.263

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

「中村 哲」さん おかえりなさい。お疲れさまでした。

とうとう 中村さんは 家族と共に帰国された。「アフガン政府」の手厚い「追悼」は嬉しかった。それにしても「日本政府」の白々しさにはあきれる。恥を知れ!と言いたいものだ。

でも 明日は「福岡」に帰られる。「ペシャワールの会」が待っていてくれるはず。はやく 親しみのある人々の下に帰らせてあげたい。

午後は「武器より 命の水を」という動画を観ながら 眠ってしまった。

30年の記録だから よくわかるし「アフガンの人」が笑顔で働く姿がとても美しい。

日本にもかつてはこうした笑顔で満たされた時代があった。「大阪万博」のころだ。どのえいぞうにも笑顔が満ちている。

だが今は 日本人の表情は暗い。

今日は「真珠湾攻撃」が行われた日。だが どのチャンネルもそれを報道しない。

2ヶ月前 No.264

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

「中0 哲」さんは福岡に帰還された。友人や母校の生徒たちや 親戚などがきっと 温かく迎えてくださるにちがいない。「故郷はいいものよ」!」と 両親も口癖だった。11日の葬儀は福岡で行われる。

新幹線に乗れば すぐにでも行ける。行こうか?母の遺骨も抱いていこうか?迷う心が涙になる。

私は 人の0には無関心な人間なのだが、今回だけは どうやら悲しみに 取りつかれているようだ。

でも きっと いかない。新幹線に乗るのも不安だし。テレビ報道で追悼できれば良しとするべきだろう。心は福岡に飛ばせてあげたいけれど。

バイトに行く日。昨日は会社の社員さんから電話があった。新しい機械を届けておいたというだけのことだが、息子と同じ年の社員さんの気持ちが優しくて うれしい。

多少はメランコリーだけれど 多分車に乗れば気分はよくなるだろう。

それにしても ビニールの中で「えんどうの苗」が伸びること!明日は 畑仕事が出来るだろう。一番好きなことをして 元気にならねば。

2ヶ月前 No.265

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

衆議院では「黙祷」がささげられたという。よかった!せめてもの礼節がささげられて 安堵した。在日アフガンの人々は「守れなくてごめんなさい」」と、成田でも福岡でも 集まってくださって。

本当に良かった。「命が大事です。戦車も武器もいりません。命が大事です!」と食い入るようなまなざしで語りかけておられる姿が 焼き付いている。

ペシャワール会はすべての事業を継続するとの決断をした。世界中からの哀悼と評価と激励に励まされたからだという。良かった!

私がまだ 若くて一人なら とんでいきたい。アフガニスタンに行って あの笑顔の集団に入りたいと思う。

葬儀は明後日だけれど 一月か二月には「別れの会」が企画されるという。気力があれば 父母の故郷でもある「福岡」まで 行ってみようか?

バイトをして 体を動かしたから 少しは気が晴れた。でも 体中がいたい。

中村さんも 体がいたかったのではないだろうか?高齢者だもの。カメラを胸にふらつきながら 岩場を歩く映像を観てはおかしくもあり、痛々しくもあり。我が身を重ねて涙を流す。

「失血死」だそうな。「搬送写真」をみても「輸血」していなかった。医療体制が整っていないから、意識が亡くなる前にきっと「用水路の風景」を目に浮かべておられたことだろう。

2ヶ月前 No.266

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

「犯人」らしき人物が拘束されたそうだが、少しも気が晴れない。「眼には眼を」という考え方を 中村さんは望まないだろう。

「罪は積」で 償っていただく必要はあるけれど、「人を憎まず」という考えが必要なのだと思う。

こんなに早く「拘束」するくらいなら 4日の襲撃を防止してほしかった。

また動画を観ていた。用水路は「マルガリート用水路」と名付けられたという。「真珠」を示すらしい。その美しさはたとえようがないほど。

そして「源流」は「クナール河」という大河である。

「モスク」や「寄宿舎」建設まで。その祝いの日。アフガンの知事に抱き上げられる笑顔の中村さん。幸せに満たされておられる。

「この仕事が世界に広がることを祈り 真っ白に砕け散る クナールの清流を胸に 力を尽くしたい」との中村氏の美しい言葉を 支えに明日からがんばろう。

足を 大地に着けていればきっと!何かが生れるの違いないと信じよう。

2ヶ月前 No.267

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

だめだ!目が覚めて みれば足がだるい。寝ていただけなのに足がだるいという事は 風邪ひきだ。明るい陽射しなのに とうてい外には出られない。アンパンを半分食べて 風邪薬を飲む。そして また眠った。

11時前。足のだるさは消えた。薬が効いたらしい。でも 今日は畑はだめだ。

なさけない私だが。

中村さんは 2000年に10歳の息子さんを脳腫瘍で亡くされたらしい。54歳になって息子を亡くすという事は 悲しみの深い出来事だったろう。我が身にも重ねてお察しする。

でも 大牟田の実家は二世帯住宅で 長男家族と暮らしておられたというから 私よりは幸せだと思う。

中村さんにとって アフガンの多くの人々が 精神的な家族なのだから 私が想像するような 普通の幸せの形には当てはまらないのだろう。

さて!リハビリに出かけようか?明日を 元気に迎えるために。

2ヶ月前 No.268

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

二時間半も待ちわびて「中村 哲」さんドキュメントを観る。三か月前の中村さんは「治安は最悪だ」と言っておられたし、活動にも「護衛」をつける姿が見られた。

すっかり高齢者。油が抜けて細身の姿だった。三か月前の姿を見てよかった。

私は 毎日「中村 哲」に浸りきっているので 過去の映像や言葉は 解説できるほどだった。

2008年に殺害された「伊藤」さんや仲間の人。それに アフガニスタンの人々の言葉は 真実があって癒された。

しかし!「政務官」が余計なことを言う。「中村さんは医者だし、人道主義者だから あのような行動をなさるのは理解できるが戦闘員を養うことには疑問を感じる」だと。

わかってないよなー!!「仕事をしていえば 戦争などしようとは思わない」とアフガンの元戦闘員たちがいってるじゃないか?

ビデオも見ないで 安倍政権に気にいるようにコメントしてるのはバレバレなのに。情けないこと。「慶応出身」も大したことは無い。

「日米安保」を叩き潰しておけば!と、我々世代は考える。


「中村 哲」さん!明日は葬儀ですね?

2ヶ月前 No.269

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

わー!仕事した―□という感じ。その中身は「裏山に豆を植える」だけのこと。

息子に「豆を植える?」と問いかけると 無言でついてきて どんどん植えてくれた。いつもは体調が悪いようにも見えるけれど「自然」は気持ちが良いから 体が良く動いていた。

相手が調子よく働くと こちらは息が上がる。なんだかんだと言っても やはり「若い」。私は無理をした。

もっといろいろとしたい様子だったけれど こちらの体力がついていけないから 「火を消して降りるね?」と伝えると だまって先に降りて行った。

ひとりで焚火の管理をしながら 良い時間を過ごせたと感謝した。「中村 哲」さんのニュースはもう消えてしまった。

でも「自然は日本人にとっての支援ですね?」と語られたことを 思い出しながら風に吹かれていた。

私の 残り少ない人生をこの「自然」が「支援」してくれるのだと 確信して、元気に働きたい。

2ヶ月前 No.270

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

また 泣いた。なぜに こんなに悲しいのだろう?中村 哲ちゃんは 空に昇ったと思うと 無性に悲しい。「亡骸」であっても 個体が同じ地球上に存在してあれば 繋がりを感じるが、いまとなれば手が届かないむなしさを感じる。

あきらめていたけれど「葬儀の様子」がニュースとネットで分かったので 少しは気持ちが安らぐ。

アフガン航空機には哲ちゃんの顔が描かれているし。

上皇夫妻も黒柳さんも 登紀子さんも小百合さんも、、たくさんんの人々が哲ちゃんのフアンで共に悲しんでくれてうれしい。

「宮沢賢治」が好きで「モーツアルト」が好きなんて 私と同じではありませんか?

今日は「レクイエム」が流れたのでしょうか?これは「モーツアルトの絶筆」ですし、未完の作品ですから 哲ちゃんに重なりますね?

でも 「レクイエム」を聴くのは 本当に悲しいと思います。

「遺影」が素敵でした。我が家にも飾りたいです。

こんな国に住んでいると アフガニスタンの国を想うだけで泣けてきます。何不自由のない暮らしは楽しくないもの。

生命線を生きるということは尊厳を感じる。

哲ちゃんは「水利権」をめぐって「パキスタン」側から 狙われたという情報もあるけれど、報復行為がないようにと願う。


苦しかったり 無念だったりするだろうけれど 哲ちゃんは凶弾に倒れて人生を終わらせるほかはなかったかもしれない。

アフガンの「ガンジー」として。

2ヶ月前 No.271

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

体調がすぐれない。気温が低いからなのか?何かの予兆なのか?歳のせいなのか?

ごろごろして毎日を 消費するのは本当に苦しい。

お隣さんは 今夜の航空機で「タイ」に行かれる。家猫の世話を頼まれて 夫は早朝に打ち合わせに行った。そして「無農薬米」をもらってきた。

「お祝い」をどうするか?迷ったけれど 少し冷静に考えることにして 渡さなかった。わずらわしいかもしれないし。

山にも行けず、掃除も出来ず。

郵便局で出金する。「生活費」と「クリスマスの送り金」。残りはわずかになった。また来年にコツコツ貯めよう。

娘には「クリスマスと新年の祝い金」を送る。今年も無事に送れることが嬉しい。

幼い子供たちを連れて スキーばかり行ってたから 正月の暮らし方を我が家は持たない。それが 今となっては残念だと思う。

友人たちは ホテルで迎えるが 私はあまり好きではない。多分山に行けることが一番うれしいのだろう。

博多の友人は 京都に来る。江坂の友人が病気の回復を祝って招待した様子。私には声がかからず。私も望まないから良しとして 二人のクリスマス・プレゼントを買いに行くのも面倒だし「お年玉」としてお金を送ることにした。

財布には堪えるが、まあ!良いだろう。それにしても 病人がこの寒さの中 京都まで行けるのかどうか?

2ヶ月前 No.272

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

厳しい霜の朝だった。今日も山には行けないか?と 思うだけで気が落ち込んで 食欲もわかず。悶々としていたけれど 昼には明るい「陽光」が山の木々や畑の野菜に降り注ぐ。凍り付いていた心が解けるように 着替えをして山に行ってみた。

夫が草刈りをしてくれたので 防草シートを張ろうか?と思ったが これはなかなかの重労働なので とりあえず野菜の根元に「ぼかし肥料」を混ぜ込んで 枯草を根元にかぶせる。

仮に張っておいた「鹿ネット」を 改めて張りなおす。

今日はそれくらいにして 娘に「白菜」を収穫する。大きな玉になっているが 夫に言わせると「今年の白菜は安いんだ。この大きさで200円かな?とのこと。それなら一つでよいかな?とおもったりする。

「お金」が目当てだから ほかのものはどうでもよいのだけど。

降りる時に いつも滑るので 今日は「片付けかたがた」砂利を 坂道に撒いて、山の石を滑り止めに打ち込む。これが すぐに割れる。

毎日 アフガニスタンの灌漑工事をネットで見ているから 私の頭の中は アフガンで働いている状態なのだ。

バケツに石を入れて運ぶときは アフガン人が卵を器に入れて運ぶように小石を運んでいたシーンを想いながら。石を打ち込むときは安生がbb府bbと同じ仕事をしているつもり。

アフガンの工事は堅牢なつくりだろうが 私の仕事は 多分一度の雨で流されるだろう。

石を運ぶのも 打ち込むのも体に響く。中村さんもきっとそういう状態ではなかったろうか?体に鞭打って 働いておられたろう。アフガンの笑顔に支えられて。

完成の祝いで 中村さんは大きな体の知事に抱き上げられた。周りも中村さんも知事も笑顔に満たされて、うれしかったろう。

「別れの会」は一月二十五日と決まった。

2ヶ月前 No.273

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

ごぜん3時。どんどんとドアをたたく音がした。「うるさいなあ!」と夢の中で 叫んだら「うるさいのは こっちだ!」と 返事があったような気がして 眠るときにつけたままのユーチューブを消した。

朝。夫が「何が起きたの?」と聞く。「息子がドアをどんどんたたいたから目が覚めたの。」とむs 伝えると「いやいや あれは座敷でいびきをかいていたよ。」とのこと。

夢だったのだろうか?確かめる必要もないと思ったけれど 気が晴れない。

この家は「個室」とは名ばかりで 何もかもが筒抜けになる。

娘には 夫が「お母さんは無理をして送っているからお礼のメールを」と余計なことを添えて送ったらしい。

娘のメールは「無理をして送ってくれなくてもいいのよ」だった。子育てをなまけた結果、代償は大きいなあと思い悲しかった。

まあ 私も母に対しては同じような感じだったが。笑いに満ちた 家庭を気づきたかった。もう 願いはかなわないけれど。

明日はバイトなので 今日は一日ごろごろした。動いても 動かなくても 体が痛い。頭もいたい。

たったの3時間ほどのバイトなのに ストレスになっているのかしら?山には一日しか行けなかった。

今日も「中村 哲」さんの ユーチューブを何回も観て過ごして。

「マルワリード用水路」「ガルバリ砂漠」の名前だけでも覚えたい。山の名前が覚えられない。

中村さんの喜びを共有するためには 覚えなくては!!

2ヶ月前 No.274

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

誕生日の祝福はありがたいけれど 感謝を伝えるタイミングが 悪かった。大失敗。お互いに気を遣うので もう来年はお断りしようと思う。

後期高齢者にはなっていないけれど 本当に長いこと生きたもんだ。面白いことをつかみ損ねてばかりの人生で 結果つまらなかった。

バラの花が活けてある。息子のプレゼント。おそらく毎年の冬にはバラの花をたくさん活けて 寒さを乗り越えようとした時期を覚えているのだろう。その優しさが また悲しい。

温かい国に出かけてみても良いかなあとも思うけれど、今更お金を使っても仕方がないような気がするし。

「戦国時代」を学習して 頭がいっぱいになったので 一休み。「家康」が案外に苦労人だったことがようやくわかってきて面白い。

苦労が報われてよかった。

生活リズムが めちゃくちゃなので 今日こそはリハビリに行って リズムを回復しなくてはと、思う。

1ヶ月前 No.275

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

早く 春になってほしいなあ!

実家を 処分するかどうか?迷いぬいてきたけれど 先日「また従姉」から 意味不明の電話があって 心が決まった。

夫失い 孤独の中で、従兄弟に騙されて 苦しみながらも 家を建てた 母の苦労を 消し去ることは出来ない。リフォームをして「視覚障害」のある人が 楽しめるような「施設」にして 永久保存にチャレンジする。

「クラウド・ファウンデイング」を活用すれば 短期に実現するかもしれない。

生きて居る間に できるかどうか?それだけが問題だ。不運に満ちた人生を たくましく生きた母を今更ながら いたわしく思い 尊敬する。

25日前 No.276

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

今日も雨。

草は春が来たように生き生きと成長している。今日は山に行けるか?と 外に出てみるけれど すぐに泥だらけになるような気がして 気合は入らず。自室の窓から山の風景を観て過ごす。

カラスの鳴き声が聞こえるから 雨は上がるのかもしれない。

「クローザー」という米国ドラマシリーズが 大変面白いので 助かっている。何時間も観ているとさすがに気分が悪くなるけれど、なかなかの脚本とキャステイングに成功している。

心が晴れる日が早く来てほしい。

24日前 No.277

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

一日中 よく眠り、目が覚めると「クローザー」を観て過ごした。午後4時過ぎから 夕食作り。

「キャベツ&鶏肉&人参&しいたけ」のブイヨン煮。以前から 食べたいと思っていたけれど キャベツを切るのが面倒で。やっと今日はキャベツ一玉を調理して バクバクと食べて満足した。

「玉ねぎと豚肉」の炒め物も作ったが これは私は食べない。肉の油は胃腸に堪える。焼肉以外は油抜きをするので大丈夫。

相撲が大詰めになった。「炎鵬」の活躍に元気つけられる。今日は二倍ほど大きな力士の足を持ち上げて土俵の外に押し出した。あっという間の出来事だった。あと 二日。

「中村 哲」さんの「お別れ会」や「追悼集会」が近くなった。結局参加は出来ない。でも 嬉しいニュースがあった。

12月6日に産まれた アフガンの赤ちゃんが「ナカムラ」と名付けられたという。成長して「ナカムラ」さんの遺志を継ぎ、アフガンの復興に役立ってほしいと 両親の願いだという。

よかった!本当に アフガンが復興して「食べることと家族が共に暮らせる」ことが かなえられるように祈らずにはいられない。

23日前 No.278

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

西日本新聞社が「一隅を照らす」というサイトを立ち上げた。コメントも入れられる。「誰もいかぬから自分が行く。誰もやらぬから自分がやる」という座右の銘は「内村 鑑三」の言葉であったらしい。

数年前 青春時代から見守ってくださった元青年から贈られた「後世への最大遺物」からの引用であろうか?ネットに紹介された本を観て また何というめぐりあわせか?と 心震える思いに満たされた。

ネット環境になじんでしまって 活字は敬遠していたけれど これは何としても読まねばならぬ。と、決意はするが、おそらく文語体にはなじめないだろうなあ?

このスレットは本来は その元青年に呼び掛けたものだったけれど、恥ずかしい内容で。

「宮沢賢治」も「ゲーテ」も「内村鑑三」も憧れと切望のかなたにあって たどりつけないように思える。

それでも かすかに永遠を想うひとときが与えられて感謝する。

今日は 晴れて気分が良い。白菜とねぎを収穫して 調理する。山に行きたいけれどもう少しの間 我慢しよう。

「中村 哲」さんのお別れ会が行われている時間でもあるし。アーメン!

23日前 No.279

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

大相撲千秋楽を楽しんだ。「幕尻力士」というぽすとを初めて知ったし、その力士が初優勝というのでわくわくした。

おじさん?という表情の力士がなんと 貴景賞を打ち負かした。そしておじさん顔から涙があふれてくしゃくしゃになった。相撲取りの涙を初めて見たような気がする。

何度も顔が歪んでいたけれど 髪を結いなおし、表彰式が始まると 明るくてよい表情になっていく。

インタビューが面白かった。「私のようなものが優勝しても良いのでしょうか?」と笑顔で答えて 会場を沸かせた。

力士にしてはコミュニケーション力が高い。笑顔がチャーミングな好青年だ。33歳。「もう33歳ではなく まだ33歳という気持ちで頑張ります。とのコメントには倦厭な精神を感じた。さわやかな優勝だった。

とうとう一週間も ビデオに浸ってすごした。今日はバイトだ。体を動かせばまた気分が変わるだろう。

「中村 哲」さんのお別れ会は5000人もの参集だったらしい。行けなかったけれど 仲間がいるという気分がしてうれしかった。

さあ!がんばって バイトに行かねば。

21日前 No.280

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

バイトの疲れは少々で、来春を体が感じているようだ。

リハビリ後 友人の小さな 雑貨屋を訪ねて 上着の前合わせを止める「ピン」を買ったのち 実家に生い茂っている大木を処理する相談をする。

元森林組合で働いていたおじさんが すぐに下見をしてくださって「二月中に切ります」と快諾してくださった。電柱よりも太くなっている木で驚いた。それまでに「ゆすらうめ」「ひいのき」「雪柳」などの細い木を切っておくことや 庭を片付けて 切り倒した木の置き場所を作ることなどを 打ち合わせた。

「音が大きいから ご近所さんにあいさつしておいて」とも言われて 明日にでも買い物をして 挨拶しておかねばと思う。

それにしても 私と同年齢のおじいさんに任せたのは どうだったろうか?心配する。

普通は 枝から切り落として最後に 幹を倒すと思うのだが。いきなり幹を切るっていうのは心配だ。

予算は「一日かかるから一万円でどうかな?」とのこと。よかった!業者さんなら三万かな?と思っていたから 嬉しかった。

すべてを片付けるのには このおじさんでも10マンでは足りない。でも ほかは足場が悪いから おじさんでは無理だろう。

どちらにしても 夫には知られないように 片付けなければいけないし、お金の都合もあるから なんだか疲れる。

「ゆすらうめ」は60年を超えた。父の棺に舞い落ちて 別れを惜しんでくれたけれど、この機会に切り倒す。

幹にはお酒を振りかけて 長年いきつづっけてくれた労をねぎらい、残された母を幸せにできなかったことを謝罪して。

「ひいらぎ」は短く切り落として 盆栽に。「ゆきやなぎ」などは 掘り起こして こちらの日当たりのよい場所に植え替えよう。

私が動ける間に この「ゆきやなぎ」を墓前にささげたい。

昨夜から夫は「洗濯機」の修理に夢中。「いよいよ買い替えかな?」と言いながらも 何とか修理しようとしている様子。

ドラム式で乾燥機が付いているから15万ほどするらしい。別に乾燥機が無くても良いのだと思うのだ。

すでに 樹木には「新芽」が付いている。気がせくけれど どうしようもない。

18日前 No.281

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

雨が続き外に出にくい毎日。でも 今日は「枝切」を予定していたのに「雪」になった。

行けなくはないけれど、風邪をひくか?寒暖差でショック死するか?どちらも嫌に思えて また寝て暮らす。

夜中に目が覚めた時は 雪になるとは思わず、バナナを二本食べて また眠った。完全にリズムが乱れて困ってしまう。

博多の友人は「部屋掃除」「階段掃除」などを徹底してやったそうだ。きちんとした性格の人なので その姿が目に浮かぶようだ。

「幻のボランティア」といわれる「尾畑」さんは こんな日もボランティアをしておられるようだが、あまりの人気で「差し入れ」が多いのと 道端で応援されるために 交通事故が起きそうなのだという。

それで とても疲れてしまい、この頃はひそやかに動き回るようだ。「自然の中が一番良い」と言われていた。私も そう思うけれど 私にはボランティアは出来なくて、自分のことも手に余って。

17日前 No.282

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

15日前 No.283

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

昨日とは 打って変わって 雨模様の朝。でも 凍える寒さではないから 気分は悪くない。右足の痛みは相変わらず。その原因は長時間右手を枕にして 横たわり、映画を観ているから。

こんなにも 体に堪えることになるとは知らなかった。退位を変えて寝ていれば また楽になるけれど、一度痛みを経験すると 解放されない。

今日は バイト。足を使わないわけにはいかない。まあ 何とかなるだろう。

映画を観ながら 母の苦労を思い出す。笑顔の母を 覚えていない。私は 母を幸せにしたいと願って努力したのだけれど 本当に何もかもが不運だった。

回顧は苦しいもので、だから眠りに逃げることになる。

あとどれだけ 回顧すれば気がすむだろうか?

14日前 No.284

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

バイト終了!

足の痛みは不安だったが、動かしているうちに 滑らかになったような気がする。

他の バイト叔母さんとの会話が30分もあって、仕事は大手抜きになってしまった。人と話すと疲れる。

出かける時 息子に「バイトに行ってきます」と声をかけると「いってらっしゃい!気を付けて!」との返事が返ってきた。

久しぶりに 幼い頃の美しい言葉を思い出して懐かしかった。

熱があっても「おかあさん いってらっしゃい」と大きな声で送り出してくれる子だった。

どうにもならない現状を受け入れなくてはならないが、できることならもう少しでよいから 改善できればと思う。

こんな田舎でも「マスク」が売り切れてしまったらしい。どこまで行くのか?

13日前 No.285

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD


立春が来た!バイト明けというのに 気分よく目が覚めた。階段を下りてみると「梅」が三部咲きだ。毎年 開花が早くなる。驚きとうれしさが入り混じる。そのまま 山に登ると 若夫婦が山の笹やら雑木を切り倒してすっきりしていた。

荒れた山が 綺麗になって 嬉しかった。それにしても 都会人なのにこんなことが出来るっておどろき。これからが楽しみだ。

気分が良いので 掃除をする。布団干し、シーツ交換など。息子にも「布団を干して 掃除機をかけてね?」と伝えると 何年振りか?布団干しをしていた。身の回りのことをすれば 気分が良くなる。

廊下も拭いて 昼前に午睡。すっかり眠ってしまった。

足の痛みは 相変わらず。

なので、膝にシップを貼る。少し楽になる。明日のリハビリでよくならないときは先生に相談してみよう。

たぶん「ふきのとう」が出ているだろう。明日は山に登らなくては。

12日前 No.286

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

今日も 暖かくて助かった。

リハビリを終えて、実家の庭に大きくなっていた木を伐りに行った。大木は土曜日に切っていただけることになったが 自分で切れる木は何とかしようと考えて。

剪定ばさみと のこぎりで三本ほどは枝切りをした。しかし、一時間で疲れた。明日はもっと切れ味の良いのこぎりで切ろうと思って帰宅する。

庭には 落ち葉が山のように積もって。

明日は雪だという事なので いけないかもしれないが。

畑も 家も 庭の木も どれもが負担になってきた。本当に どうすればよいのか?

11日前 No.287

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

雪が積もった。実家の枝切りはもちろん中止。幸い昨日の疲れを回復する余裕が出きた。でも 明日と明後日は無理でもやらねばならない。

それが不安である。

裏山の様子を見に行ってみる。「カリフラワー」「ブロッコリー」が大きな花をつけていた。今日は収穫しなかったが。

午睡の後 息子が「マスク」を買ってきてくれたらしい。今は不自由な時なので 気を遣ってくれたらしい。気持ちは嬉しかった。

普段でも マスクなしでは外出できなくなっているので。

新型肺炎にエイズ治療薬が効いたらしい。ドラマが現実になった印象がする。いわゆる「熱帯病」に属するのかも?

それにしても「エボラ熱」ほど危険でもないのに 物々しい姿を見ると気持ちが悪い。

世の中 不安だらけだ。

10日前 No.288

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

今朝も 冷え込んだが陽射しが感じられたので 洗濯を干して 朝食を作り さっさと実家の仕事に出かける。

お金を出して ご近所へのプレゼントを買い、目的地に向かう。プレゼントはもちろん「チョコ」だ。「アールグレイ」も加えて三軒分、用意する。

プレゼントは楽しい。案の定お隣さんが 庭の草引きをしておられたので 「久しぶり!」と それから延々と一時間も話し込む。

ご主人が亡くなって 今は息子さんと二人暮らし。悩みやら昔の苦労など聞いて過ごした。お互いの子供の近況を 心配しあう。

いつも一人だからと 喜んでくださってよかった。明日で 我が家の大木が 消えるからそれもうれしかっただろう。

別れてから 家の壁にまで這い上っている「蔦」をはぎおとし根を切ったけれど すぐに疲れた。でも 山が増えて其れの処分をどうするべきか?悩みどころ。

隣の空き地にでも 捨てさせてもらうしか 処分の方策はない。家の水道は止めているから 庭で燃やすのは危険だし この調子でどんどん枝が増えるのも大変で。

明日は 除草剤をまきながら 処分するか?迷っている。季節が良くなれば また繁殖するに違いないし。

リハビリをして 帰宅した。夫はストーブでくつろいでいた。明日のことは秘密。うかつにかかわられるのは面倒だし。

明日は 昼食も用意して がんばらねばいけない。体がもつだろうか?

9日前 No.289

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

直径30センチ 高さ9メートルの「欅」はプロの技で わずか一時間で穏やかに倒れ、細断されて 広場に並べられた。一日がかりと思っていたけれど なんでもなかったかのように片が付いた。

幹や枝は「「窯焼きピザ」の店に引き取っていただけることになった。

若者二人で 引き取りに来てくれるそうだ。よかった!

しかし ほかの木も「切ってな?」と 隣の畑のおじいさんに言われている。夫は「今度は 私が切るから」とまた 大言壮語する。裏山の「ほうのき」も「やまさくら」も そういい続けて15年。巨木になってしまっている。

「くりのき」だって いまだに 台風の傷跡のまま。

夫の無気力なのは 慣れているが、能力の違いを受け入れないところが 長年の悩み。どうせ また あちこちが痛くなって切れないだろう。

仕事が終わってみれば おじいさんは「花畑」を踏み荒らして返ってしまったので お隣さんに断りに行くと また昨日と同じ話を聞かされた。

同年齢なので 理解できるが、愚痴を言うということは 今までは 我が家の悪口も言い続けていたのだと察しが付いて 興ざめした。

いやだいやだ!

ピアノ友達は足の具合が悪いという。春の「謝礼」についての探りだった。

わたしは もう卒業するから「謝礼」を送るけれど まだこれからも 続けるのなら余計な気を遣わないよにしなければ ずっと継続しなくてはいけないから 割り切ってくださいと伝える。

私は「親友」の入院費用を支援したことが始まりで、この20年間 毎年3万えんのお供えを運んで 約100万」にもなっている。

どの機会に こうした付き合いをやめるか?むずかしい。

一番賢いのは 付き合わないことだ。

8日前 No.290

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

大仕事が 一つ片付いて、今日は疲れが出てしまった。

家族の動きがわずらわしい。掃除するでもなく バタバタと音を立てられると不愉快で、気合を入れて食事を作る。

まずは「お好み焼き」「肉じゃが」をたくさん作って お米も洗い 炊飯器セットする。

汚れている ところを磨いて 消毒もして布団にもぐり込んだ。

これだけ疲れているのに 食事の支度までしなければいけないことが 腹立たしかった。

でも 安心して眠り、多少は楽になった。

夕食を食べに降りると 夫が切り株の処理をネットで調べたと 自慢げに話しだしたので思わず「まだまだ先のこと!」と一喝したら そーっと風呂に入っていった。

私の苦労も思いやらず ネット依存する夫。いい加減にしてよね?

「クローザ―」をたくさん見た。素敵な家族の姿がひと時幸せを運んでくれた。

7日前 No.291

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

バイトを休んだ。そして リハビリに行き 体を回復させた。

不思議なもので 元気になると 夕食も作れる。明日こそは 山の畑に行きたいものだと思う。

木を燃やしたり マルチを貼ったり 肥料をまいたりして、今週末からは ハーブを出荷する。

ローリエとローズマリーの ブーケから 始めよう。また 春を迎えることが出来て 嬉しい。

6日前 No.292

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

明るい陽射しに誘われて 山に登った。どの野菜も大きくなっている。週末までおいても 大丈夫かしら?

すべる坂を上り下りして あまりにも危険なので 砂利をまく。二往復すると 押しが痛くなり、これはいけないと思って下山。

足が弱っているから いきなり働けない。まずはウオーキングから 始めなくては。

夫も息子も テレビにかじりついている。こりゃ 面白くもないわ。

晴耕雨読なんてものでは無い 晴れでも雨でも テレビのおもり。

短時間 山の空気を楽しんで 足を休める。誰かと 話したいような どうでもよいような気持ち。

春は春で 精神状態は不安定にな絵うのかもしれない。

中村 哲さんは「お金が無くても生きて行ける」と言われるが 生きる喜びはどうやって手に入れる?

若い時は 楽しみが多かったけれど。

6日前 No.293

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

5日前 No.294

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

午前二時。目が覚めた。昨日から完全に閉じこもり、映画を観て過ごしたので 体が回復したようだ。

夕方に 食事は用意しておいたが 夕食を食べずに寝ていたので、下に降りて「サラダ」と「食パン」を食べる。

風邪薬とアレルギーの薬を飲んで 静まり返ったキッチンで過ごす。

慣れてしまえば 自室のほうが安心するという感じ。お茶を飲んで また自室に戻る。

昼間 夫は「チェンソー」の修理をしていたが あの機械では「枝切り」は出来まい。どうせそのうちまた忘れるから 3月末までに 業者さんにお願いしておこう。

テレビでは 国会が面白い。映画はつまらない。お相撲が始まればよいのだが。

バイトは雨。暖かいから 心配なし。

もう一度眠れば。

4日前 No.295

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

昨日は気温24度。すっかり夏模様だった。

身体も軽いので 昼前に家を出て 先日の伐採のお礼を言いに行く。できれば ほかの木も依頼する予定だったが、やはり高齢者だけに 自分の仕事がしたい様子。お礼だけ伝えて ファミマで「アイスコーヒ」を飲みながら 古い友人に電話する。

状況次第で 若者二人で 伐採をお願いできないか?すぐに「できるよ」との返事があり 少し安心した。とにかく目が噴き出す目で二片を付けなければいけない。

バイトに行きがてら 実家の「倉庫」を開けてみる。なにもかも 突っ込んであるのでどうなっているか?不安だったが「アルバム」「日記」「切手帳」などを 取り出した。

0歳の娘と2歳の息子のフォトがあった。娘のなんと愛らしいこと!息子の笑顔もはちきれそう。40年も前の二人が 今そこにいるかのように笑っている。

母の日記は少し色あせた、でも達筆の文字は 崩れず。土地を手放した日の 絶望や悲しみ。私と旅行した時の喜び。かつては県をしたり 悲しみに満たされた 母の日記は 今、わがことのように思えて ただただ いとおしく感じられた。

娘の 修学旅行の文集には しっかりとした文章が残されていた。こんなことを考えていたのだなあと思いながら 娘の面影を抱いた。

さて これから こうした遺品をどう整理すればよいのか?夫は 相変わらず頓珍漢で、心細い。

今日は また冷えているが、リハビリに行かねば。

3日前 No.296

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

昨日は リハビリに行き、多少は体も回復した感じ。博多の友人が「吐き気がする」とメールしてきた。「コロナ」を恐れているのだと思ったが 我々は「引きこもり」人種だ。

「接触」する機会がないから「感染」もしない。でも 今朝は 気になってメールしたら 案の定元気になっていた。

今朝は 雨模様だが 明日からは 野菜とハーブを出荷する。家で 食べきれないから売れても売れなくても 出すしかない。

その準備という感じで 洗濯をしてからは ベットでごろごろ。

午後になってきたけれど 動けるかしら?


せっかくの掲示板なのに 気持ち良い会話は出来ないものだと つくずく残念だ。

この頃は 掲示板も消えていき ここ以外に 参加できるところもなさそうだし。10年ひと昔とはネットでも同じ。あの頃は 活気があって 楽しかった。

さあ!「茎・ブロッコリー」「せろり」「レタス」「ローリエ」「ローズ・マリー」などを 収穫してきましょう。

2日前 No.297

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

思いがけず「ふきのとう」も収穫できた。

予定の 収穫を終えると 本当に気持ちが良かった。山の斜面は滑りがちで、危ない場面もあるけれど、今度はもう少し工夫をして登ろう。

若夫婦が すぐそばで山の手入れをする姿に励まされる。どんどんきれいになるのもうれしい。

今年の冬は 野生動物に襲われなかった。寂しい気持ちもするけれど 安心して栽培できる。

帰宅後 足を温めて すぐに「出荷準備」を済ませて 夕食も作った。明日も 元気であればよいのだが。

1日前 No.298

Mignon ★38RTwlHRwQ_yoD

午前三時に目覚める。体調は良い。

雨の音がしていたようだが 今は静まっている。

出荷準備は完了したが、もしかすると 発芽しているかもしれない「野草」を確かめたい。

でもまだ 夜明けが来ない。

メールにも飽きて 下に降りたら 息子が機嫌よくテレビを観ている。その姿を見ると力が抜けて。

身が軽くなることを望むのは ま違っているのだろうか?

熱いお茶を入れて 柿ピーナツ一袋をもってまた 自室にこもる。

1日前 No.299
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる