Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(141) >>

君や知る 南の国

 ( 中高年掲示板(老) )
- アクセス(1685) - いいね!(3)

Mignon ★lwuD1BWYH0_m9i

「君や知る 南の国」    森 鴎外 訳


 レモンの木は 花さき  くらき林の中に

 黄金色の柑子は     枝もたわわに実り

 青く晴れし 空より   しずやかに風吹き


 ミルテの木は しずかに

 ラウレルの木は 高く

 雲にそびえて立てる国を 知るや かなたへ


 君と共に ゆかまし。

2年前 No.0
ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (91件) | 最新ページ

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

暑い!

目が覚めると 頭と足が逆になっていて驚いた。ベットの上で上下逆転になっていたらしい。転落しなかったのは幸いだった。

暑くても眠れるのは幸運かもしれない。しかし この日から 体がだるいし 頭が痛い。食欲はあるように思うが 何を食べてもおいしいとは思えない。今日は ポテト・チップスが欲しかったから 塩分が必要になったのだろう。

余りの気分悪さに とうとうレッスンは夏休みにしていただいた。復帰できるかは未定だ。

おまけに「いのしし」が 堂々と入口のネットを動かして侵入したらしい。

下の「山椒」の木の下で 土遊びをしてから 階段を上って裏山に上がり「りんご」の木の根元を掘り返し、大きな実が付いていた「トマト」を畝ごと踏み倒して 食べつくして帰った。

想定内の仕業だけれども 本当に良くやる!

バイト先では おしゃべり好きなばあさんと新入りが しゃべくりまくって騒がしい。虐めさえなければ勝手にさせて行くのだが 真面目な弱者をイジメることが 許せない。

さて この猛暑の中で どれだけ無言の闘いを切り抜けられるか?ぜひとも勝ち抜きたいのだが。

くまっこさんなら どうします?

1ヶ月前 No.92

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「長崎原爆記念日」。

今日も 暑い。「長崎」は特に暑い。もう半世紀前に長崎を訪ねた時も 暑かった。当時は「旧大村空港」にプロペラ機で降り立った。

空港から 長崎市内までは車で一時間。幾重にも重なる山を越えて行った記憶がある。

まえが海、後ろは山という地形だから 風が通らない。だから 暑い。「市電」が走るという事がレトロに感じられる時代だった。

「吉宗」という「老舗料理店」の姪にあたる友人のおかげで、飛行機もホテルも観光もすべてご招待いただいた。

長崎も「列島改造」の真っただ中。「グラバー邸」が 山の中腹に移転されてポツンと建っているのが見えていた。この「グラバー」さんは 長崎では「ガラバー」さんと呼ばれている。武器商人であった。

「明治維新」の際には「薩摩」にも「長州」にも武器を売り付けて大儲けした人だ。どの時代にも「武器商人」は儲けることができる。

今もなお「武器商人」の意向で戦争は起きる。

そして 74年前には全くの「市民」が「原爆」という非道な武器に大量殺戮されたというわけだ。

私の友人は「体内被曝」して 翌年の5月に生まれた。73年間はまるで何事もなかったかのように 無事に生きて来られたが この春「甲状腺」に異常が現れて、乳がんと肝炎や肝腫瘍まで発病した。

6月に「乳がん切除」。そして7月には「甲状腺腫瘍切除」というあわただしさ。「甲状腺」が晴れたのはおそらく体内被曝が原因ではないだろうか?

右半身は不自由な状態で これからどこまで体力が回復するのか?まだ「肝臓」がどうなるのか?

来年には 平塚に住んでいる 娘夫婦と孫の近くに転居するという。安心だけれど 寂しい気持ちがする。



バイト先のおしゃべりばあさんは さすがに疲れたらしい。今日の声は弱弱しかった。北海道に旅行する予定もあるというのに この暑さでもあるから 倒れるに違いない。

ばあさんはおとなしくしているのが何よりだ。と、思う。

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
1ヶ月前 No.93

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「都道府県」を書くことが「個人情報」だと?今日のメデイアはその「00市」を全面中継していたのに?

1ヶ月前 No.94

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

お盆前の連休。初日の昨日朝の5時。裏山に登ったところ「いのしし」に出くわした!親は まさか人間が来るとは考えなかったらしい。かわいい「うりぼう」をほったらかして どすん!どすん!と金属メッシュに体当たりする。出口を探しているのだが。

「うりぼう」は恐怖心が無い様子。私の目の前で ぼー!としていた。いくらなんでも これは「危険」と判断し、急いで山を下りる。音がしなくなってから 再び山登りをしてみると みごと!みごと!とまとは再び押し倒されて あとかたが無いほどに 食べ荒らされていた。

さて!下に降りると また新しい 泥遊びの跡が出来ている。ネットは閉じたままなので いったいどこから侵入するのか?

今朝はもう 裏山には行きたくなかった。「菊の花」が咲いているのだが、あの惨状を観ると疲れそうな気がして。

親友の「お盆参り」に行こうとしたら 車が無い。夫が「買い出し」に出かけたらしい。どうして 一言確かめてくれない?今日しかないのに。

バイト先の 刺激はすこし距離が出来て 嬉しいような、物足りないような気持する。ピアノは「卒業」に決めた。もっと やさしいクラスを探して 月に一度くらいのグループ・レッスンにしたい。それに「歌」が付けばよい。自分で企画運営するほうが早いように思うけれど。そこは素人なので成功するはずもなし。

ここまでくると「デイケア」レベルになると思うが「介護」対象ではないから そういうところにも行けない。さあ!長年暮らしてきたけれど「お墓参り」にも行こうとせず、ただ 食べて寝る暮らし。面白くもない。今更だけど。

1ヶ月前 No.95

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

お盆だ!昨夕に 親友のお盆参りに出かけた。もう19回のお盆だ。車で25分。標高500メートルの山間に上る。ここには標高800メートルの山がある。そして そこには50年前に「ミサイル基地建設」が予定されていた。

その時 この小さな町の議会は「基地建設反対」を全員一致で可決した。そして 反対運動が広がり、全国で唯一防衛庁の計画を挫折させた経験を持っている。青春時代の私も反対運動に参加した一人だ。もちろん「ミサイル基地」がどういうものか?知ろうはずもなかった。

あれは 青春という時代に「流行病」にかかったような 不思議な体験だった。以後の人生には この経験が良くも悪くも影響した。

中途半端な知識で 無謀な生き方を貫いてきたものだ。

親友は 教育大学時代の運動うに参加していたらしい。もちろん確固たる知識と信念に裏付けられての行動だった。聡明な女性だった。

小学時代を共有して 別の道を歩み30年を経て 再会した。その伴侶は 私の出身高校の同窓でもあった。

自然に 子育てや趣味を共有して50歳になり、私は母の介護。親友は病魔と闘った。4年後に私の母を見送って一年後 彼女は逝った。

悲しい別れだった。雪がちらついて、400人を超える見送りの中を旅立った。あれから19年。彼女の孫は16歳になった。だが、私に孫の姿はない。

生き延びただけで 意味はなかった。でも これからも生きるつもりだけれど。

ちょうど 案じていた「お姑」さんが先月に95年の人生を終えられたということだった。予感があったので 納得してたくさんの写真を見たりして懐かしんだ。

インテリ一族なので みなさんの表情がすきとおるようで気持ちよかった。お幸せな生涯がしのばれた。


自分の子供のように育てた娘が 42歳になった。この子は結婚せず 父とともに頑張っている。大学卒業時と介護が重なって 就職を犠牲にしたために 苦労が続いた。

ようやく 正規社員として働きだした。聡明な子で 私を案じてくれる。元気な伴侶の 手つくり料理を無理やり食べさせられて、真っ暗な夜道をこわごわ運転して帰った。

普段は 夜の運転をしないから不安だったが 楽しい時間を過ごしたからか 無事に帰宅した。「熊が出る」という恐ろしい話をお土産にして。

相当に疲れていたらしい 今朝は気分が悪かった。夫も気分が悪いようで ショートした。

「先のとがった槍で突くんだ」というから「槍はとがっているものよ」といえば「人を不愉快にさせる」と言って怒った。

これは「いのしし」を捕獲してからどうするか?という会話で起きたショートだが。今に始まったことでもないので。

1ヶ月前 No.96

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「風邪ひき」だったようだ。今朝はバイト。新入の若手と組んだ。おしゃべりばあさんが「後継者」に育てるべく 8日に渡ってしつこく「研修」なるものをしていたけれど、結局は「マイ・ペース」だった。

若いから体力があるし 雑な性格だから細かい気遣いは出来ない。でも どんどんやってくれるから助かる。ばあさんのおしゃべりを聴くよりも効率が良い。これなら「セネガル」さんとも うまく行きそうだ。

さて!「セネガル」さんは 明日出勤。台風の影響が心配で電話をしてみる。明るい声が帰って来た。「スリランカ」から帰国しているジャイカ職員の娘と孫は北海道に行っているという。ええー!帰国してまた旅行?と驚き。風雨が心配だから 勤務を変更しようか?と提案したけど「雨が降っても槍が降っても行きますよー!」という事だ。よし!それなら がんばれ!!

おしゃべりばあさんは自転車通勤。風にあおられて 転倒しないかなー?と、不謹慎な妄想を抱く。どうせ疲れているはずで そうすると「セネガル」さんをいじる。「セネガル」さんには ハンデイがあるから 仕事で切り返せないから。まあ 来月からはコンビにならぬようにシフトを組んだから「いじり」もあとわずか。


やけに足がだるかったので「風邪薬」を飲んで 夕方から眠ったらうとうとだったけれど今まで眠り、足のだるさは解消した。

汗をかいては 風邪を引く。

台風の風が強まってきたけれど 猛烈に蒸し暑い。湿気がすごいようだ。明日は何もできないなあ。

家のお掃除でもできれば 良いけれど、だらだら過ごしそうな気がする。ここは 危険なところでもあるから。

さて 一度起きて 其れから眠れるかな?

1ヶ月前 No.97

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

夜中に「おにぎり」を食べて また朝まで熟睡した。朝の7時に起きて また「おにぎり」を食べて眠った。9時半に起きて「黒酢」を飲んだり「ビタミンゼリー」を飲んだりしながらテレビを観る。

今日は「終戦記念日」なのだが 全国的に台風情報ばかりが放映されて 日本は「終戦」を忘れてしまったかのように思える。

私の記憶では こんな年は初めてだ。

昨日は「戦争孤児」の取材があった。ごく身近な話なので身につまされた。今日は「名もなく 貧しく美しく」という 「聾唖者夫婦」をテーマにした古い映画を観た。

高峰秀子と小林桂樹が夫婦を演じていた。男の子が一人。だが その子は戦争で親を亡くした子だった。障害がありながら乳飲み子を育てた夫婦の物語。男の子は親の障害を恥じることなく、堂々と生きている姿がまぶしかった。

戦争で孤児になり 我が家に引き取られた男子が居た。中国からの引揚者だった。身体が弱くて 両親の苦労は絶えなかった。幸せな結婚をされて 二人の男子を得た。けれど 家庭は壊れた。再婚相手も心優しく美しい女性だった。伴侶に恵まれるのに 幸せになれない。

そういう人をまじかに見ていると「戦争」が原因のように思えてならない。10歳の子が一人で生きることは出来ない。

世界中の子供が幸せに生きられる時代を作らねばならない。

相変わらず だるい体でこうしたことを考える。今は 世界中が戦争を従がっているように思えてならないから。

「セネガル」さんは無事にバイトを済ませることが出来た。台風さん「ありがとう」だ。

また 眠りそうな眼で。

1ヶ月前 No.98

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

台風が去り「蝉」が鳴き始めた。しかし!「カラス」が鳴かない。まだ 完全に雨が去ったわけではなさそうだ。「カラス」は良く知っている。

夜中も 雨だけで大風が吹かなかった。それdも 枯れた栗の大木の枝が折れて落ちていたから 雨に濡れて重みが付いたのだろう。

だるい体に「納豆2パック」と「きゅうり2本」で朝食する。これが食べられるとまず大丈夫。

でも!腰や腕の痛みやだるさがあるので 湿布を貼って もう一度横になる。午後には「入浴」して「リハビリ」に行く予定。雨が止んでよかった。

明日は バイトなので 体調を整えなくてはいけない。いざとなれば気合が入るが 視力が落ちるので運転が不安。

「セネガル」さんの娘と孫ちゃんは無事に帰阪されただろうか?来週は別の相棒が北海道旅行の予定だが。

昨日の「戦没者慰霊行事」は「新天皇夫妻」の列席で、初めての「おことば」にはいろいろなコメントが語られた。たしかに「戦争を知らない天皇夫妻」の時代が来たのだ。

教養豊かな「新天皇」の「おことば」には広い視野と決意が込められているようで 安心した。それにしても「国会議員」の参加が増えたこと!!あの「しんじろう」までが行くか???人気があっても 所詮は「右翼」か?

「沖縄戦」の新事実が取材され 報道されたが、はたしてこれから受け継がれるのか?だって あの「ベトナム」がこの体たらくだもの。

世界中が アメリカ・ナイズされ、行きつくところは。。。

1ヶ月前 No.99

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

4時45分。うす暗い朝に車を走らせる。今日は「セネガル」さんが相棒。家の近くまで迎えに行く。薄明かりの中 細い「セネガル」さんが歩いて来られた。車のライトを観ると 笑顔が浮かぶ。そして 久々にバイトに行く。

北海道から娘と孫が今日帰宅するという。かれこれ10日ほどは 北海道暮らしだったらしい。「スリランカ」から帰国して「北海道旅行」という強行スケジュールだ。若いなあと思う。

娘は所詮娘。家に帰ると「00が食べたい」などと甘えるそうな。「腹立ちますよ!」と「セネガル」さんは うれしそうにお話された。

変化のある人生は 楽しみな事だ。うらやましい限り。

昨夜、長くストレスになっていた「シフト」と「事情説明」を夫が仕上げてくれた。「セネガル」さんへの「パワハラ」について わかりやすい言葉で 文章を作成してくれたのでファックス送信する。

「観たこともない人の事を お会いしたこともない人に当てて書くのは初めてだ!」と言いながらも 夫はそれなりに楽しそうだった。

すぐに 返信メールが来た。「パワハラ」については「否定しません」という事だった。なるほど「優等生回答」だ。でも 気分は落ち着いた。

「知っていたんだ!」という気持ちだった。

「シフト」はいろいろ事情があるので任せてほしい。だが 参考になる。とのこと。満額回答では無いけれど 気分は軽くなった。

出て来たら がっかりするに違いない。まあそれでも いくらかは前進したと思えばよい。

おしゃべりばあさんは わたしというペットを失って どうやらおかしくなったらしい。「ダンス」を習いに行ってるそうな。

いいかげんに 倒れれば良いのに しぶとい!!

1ヶ月前 No.100

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

薄曇りで 涼しい休日。「みょうが」「とまと」「きゅうり」などを収穫して 夫が出荷する。「きゅうり」「とまと」は夫でも収穫できるが「みょうが」は苦手らしい。「どれを収穫するのか わからない」そうな。

涼しいので 3度目の「きゅうり苗」を植える。多分成長は望めないけれど 何とも捨てがたい気持ち。夏のシンボルだから何とかして もう少しの間 実がなることを望んでいる。

根元には 肥料や石灰を播きながら草引きもする。朝の8時ごろなのに 鹿のなき声が聞える。「罠」にかかってしまったのだろうか?迷惑な動物だけれど まるで家族の事故のように心配な気分。

10時半まで がんばったけれど さすがに疲れる。一眠りしてから もう一度!と思ったが もう一度!眠ってしまった。

そして 再び外には出なかった。残念だけれど もう働けない年齢なのだろう。今日は「あおり運転」の犯人が「逮捕」された。やったー!やっと 胸のつかえが下りた気分だ。

裕福な暮らしをしているようなのに どうしてこんなことをするんだろう?夫は「うちもドライブレコーダーを付けるかなあ?」という。ばかばかしい!もう「高速道路」を走ることは無いし 軽自動車が煽られることもない。私はミラーを観てすぐに「左停車」する。あおりようがなかろう?

しかしながら おかしな人がいるものだ。お金だけでは 幸せになれないという事なのか?

交通事故が多い。水の事故も多い。家事も多い。「災害列島」はどこに行くのか?

1ヶ月前 No.101

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

通り雨が 婦って涼しくなった。ようやく安心して眠れそう。

「少林寺」という中国映画を観る。ジャッキー・チェンさんは少し老けておられるが あのコミカルな風合いは衰えず、アクションも健在だ。

「ミッション・インポッシブル」は毎日観ているけれど いつも新鮮に感じる。楽しいという事は 体調が良い証拠。音楽も聴けるようになりたいものだ。

今日は 夕方に「いのしし」親子が車道をあるいていたらしい。親は後ろ足を引きずっていたそうな。子育ての苦労を偲んで哀れだった。逃げる時に 何かで痛めたのだろうか?「罠」に架かって逃れたのだろうか?車に魅かれたのだろうか?いろいろ想像する。

足を痛めると 危険を逃れることができにくいから 苦労の連続だろう。人間も動物も 人生は苦労が多い。

私の畑には来てほしくは無いけれど、安らかに過ごせることを願うばかりだ。

裏山には「鹿」のなき声が響いている。おやすみなさい「イノシシ親子」と「鹿の親子」。

1ヶ月前 No.102

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

今日は バイトだった。今月は ゆったりすることが出来たので 疲れが回復したし 家の仕事もはかどった。微々たるものだが。

新入りさんは 若い分 仕事は雑だが 良く動いてくれるので 最初の印象とは違ってきた。雑な部分は こちらが気を付ければ済むことでもある。だが!おしゃべりばあさんは 何を考えているのか もう一名 誘い込んだという。

それも!3月で辞めた若い人で 昨年はトラブルメイカーだったらしい。誰彼なしに食って掛かり「辞めさせてやる!」と脅迫するそうな。

現実に 辞めた人もあるらしい。どこにでもあることだけれど この人が復帰すると おしゃべりばあさんの「パワハラ」「モラハラ」は過激になること間違いない。

私の場合は 被害は無いが「アルツハイマー」の「セネガル」さんに対しては 二人がかりのいじめが始まるに違いない。

だいたい 私が出勤した日に その現場を観ているから想像に難くない。人手不足の時には「あの人は 喧嘩早いから」と言って声掛けもせず、今は 十分に人がいるのに わざわざ増やす。ばあさんが「辞める」のなら いくらかは理解できるが、辞めるはずもない。

思い余って 会社に確認すると「現在のところ 契約していない」という事なので「雇用契約は延期していただきたい」と伝える。

夫は「いくらなんでもやるすぎだ」という。しかし!職場の空気が ピリピリして 不愉快だ。朝から 不愉快な思いはしたくない。

新人さんは「どこにでもいるよそういう人。辞めるか?続けるか?その違いだけ」と 軽く あしらってくれた。

私は 辞めない。けれど「セネガル」さんが どこまで耐えられるか?ばあさんは転倒して痛めた「右肩」がまだ不調らしい。

もっと!不調になって辞めてほしいものだ。

1ヶ月前 No.103

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

夜中に目覚めて そのまま朝を迎える。今日は どうしても「草引き」と「肥料運び」をしなくては行けなかったので 5時半に裏山に行く。

あー!また「いのしし」の暴れた跡が出来ている。でも 負けるわけにはいかぬ。とりあえず いのししに倒されたトマトの支柱からかたずける。

おおきな青い実がまだ 残っているけれど これもまた食べられてしまうのだろう。「菊の花」に覆いかぶさっているのを 取り除き、ぼうぼうと伸びている 草を引き始める。草を引くと 気持ちがすっきりしたのは 何年前までだったろうか?今は すぐに肋骨が痛みだす。

それでも 休み休みしながら 二畝ほどの草を引く。すると「菊の苗」が無事に育っている。枯れたように見えても 根っこには「新芽」が育っていて 嬉しかった。

そうしていると「みょうが」も眼について それを収穫しながら 草を引く。二時間もすると汗だくで、のどもからからになるので一度着替えに戻り、水分補給もする。「みょうが」は夫に託して 再び山に登る。

「ピーマン」に木にびっちりと「かめむし」が付いている。「アース」を振りまいて「殺虫」する。これでは「ピーマン」も枯れそうだが。
10時半まで 山で過ごしていると バイトのストレスは汗と共に流れたというか?空気と共に蒸発したというか?そんな気持ちの変化を感じた。

「自然」の中に居ると あの狭い建物の中で 何をしているんだろう?と思う。何がどうなっても 平気な気がしてきた。

虐められる「セネガル」さんは気の毒だが 私にできるのは 支えること。「セネガル」さんの「生きる力」を信じて働こう。

ネットで「イジメ」を検索すると「イジメる人」は自分を大きく見せたい人で「指導」という名を借りて陰湿ないじめをするが 本人は「指導」している気持なので「イジメ」だとは思っていないし、それを責められても決して認めないと、ある。

実に その通り。大いに励まされた。そして「距離を置く」他には解決法が無い。ことも分かった。

私が おしゃべりばあさんを「シャット・アウト」したのは 間違ってはいなかったらしい。これからも さりげなく距離を置きながら 進んで行こう。

入浴をして リハビリに行き、ファミマで「タピオカ・ミルクテイー」と「コーヒー・ゼりー」を飲んで、ふとドライブする気になった。昔は良く走った道を 久しぶりに走ると「パスタの店」が出来ていたので驚いた。

友人が「カントリー・雑貨」の店を開いているので 訪ねて二時間も話し込んだ。「スイカ」を呼ばれて 知り合いたちの近況を聴いたりして過ごした。

ブリキ製の「植木鉢カバー」を買って帰った。息子の「灰皿」になるか?と思ったけれど どうもそういう風には使え無いようで、またゴミになってしまいそうな気がする。

同じ「ブリキ製」の「カップ&皿」を今度は買い求めようと決めて 帰宅した。白い紀州犬の「あいる」が見送ってくれた。

1ヶ月前 No.104

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

急激な展開になった。「セネガル」さんが「解雇」されたという。本人からの電話でわかった。涙ながらの電話だったので 事情が分からず 契約会社に聴いてみると 今迄に 仲間からの告げ口があったらしい。今回、二名採用できたのを機会に 「解雇」とは言えないが 「療養を勧めたところ 辞職された」そうな。

それなら 私も辞めますわ!と 潔く辞めた。四月から三人で がんばってきて これからようやく落ち着いて働けると思った矢先の出来事なので 腹立たしい事だ。

頭の悪い マネージャーに 退職する!と言って終わった。「セネガル」さんに「私も 辞めたよー!」と電話すると 「ええー!ごめんねー!」と謝りながらも 同士を得たかのように 元気な声になられた。「また お茶しましょうね?」と言って 別れた。

一方で 資格を生かせるバイトに応募して 来月からはそちらで働く。底辺のバイトは 就職も退職も簡単でよろしい。新規立ち上げなのでこの秋は 忙しくなりそうだ。

「白菜」の苗をポットに植え替えて「歯医者」と「整形」に行ってきた。身体を メンテナンスして 心も切り替えて秋をスタートしたいものだ。

1ヶ月前 No.105

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

雨が去って 一気に涼しくなった。よく眠れたし、実に振り方も決まって 爽やかな気分でバイトに行く。もう 辞めることになっているから緊張することも無し。

おしゃべりばあさんは 旅行中でもあって 新入りさんと のんびり仕事する。こんなに手抜きをしたのは 初めてだけれど 本当はこの程度で良いのではないか?と 真面目に思った。

おしゃべりばあさんの「こだわり」に振り回されて 多くの人が傷ついて 辞めて行ったのではないだろうか?

最悪だったのが「セネガル」さんで、本当に悔しいけれど。

皆に 辞めることを 告げて 清々した。こうしたことが起きると 全体に影響するから 男性陣もおしゃべりばあさんの勝手気ままには憤っていた。もうすぐ ばあさんも倒れるはずだが、わたしはもうやめたし「セネガル」さんは 復帰できないだろうし。

過ぎたことは 忘れて 生きて行かねば。

男性の一人から お茶に誘われたので またそのうちにと。

29日前 No.106

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

新入りさんの家庭内の愚痴を聴くことから 今日のバイトは 始まった。家族にストレスを抱えながら 働くのはつらい事だろう。いつでも 聴いてあげたいけれど あと二回で 私は終わるから 新入りさんが愚痴れるのもわずかなもの。

そういえば「セネガル」さんからは「愚痴」を聴いたことが無い。虐められても決して 愚痴らなかった。そういう点が立派だと感じるのだ。

バイト先では「セネガル」さんが 働きやすいように いろいろと工夫を凝らしていたけれど すべてを始末してしまった。どうせ おしゃべりばあさんが始末するに決まっている。

北海道から返信メールが入った。相当に参っている様子。年寄りの冷や水。いつまでも 独裁できると考えていたのだろうが 墓穴を掘ったことに気が付くだろうか?

帰宅途中に あたらしくバイトする場所を確認した。高級住宅の一角。空き家を造成して 新築の建物があった。古い友人の家が近くだが」 その友人も街中に引っ越して 大学に復帰して 研修を継続している。

幼い二人の子を車に乗せて 走り回ったのは約40年も前の事。まだ2歳と4歳の子はどんなに寂しかったことだろう。私も不安に満ちていた。

懐かしくも 遠い距離に感じられる山道を走りながら 私はどこで間違えたのだろうか?という考えが走馬灯のように回っていた。

当時の母の年齢に近くなってみると「介護」などは程遠い。けれど 人生を満足できない状態でいる。母もきっとそういう状態だったのだろう。

さて!新しい職場は どうだろう?電話対応は満点だったが。明日は「面談」の予定。

28日前 No.107

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

面談は 軽く通過して 9月1日付で採用になった。学歴と職歴がものを言い どんなバイトでもすんなりと通過することができる。これは 母のおかげだと つくづく感謝する。

今度は 大企業なので 採用手続きの面倒な事には参ってしまう。夫が居なければとてもこんな書類は作成できない。

辞めるところは 拭けば飛ぶような会社だったから「採用」は簡単。「辞職」も簡単だった。あの気楽さには 後ろ髪引かれるが。

面談には3名。50代と見えるが 早口での説明。ほとんど「わかりませんわ!」と思わず吐露する。ご近所の「名家」のお嫁さんが「総務」担当だった。これは 簡単に辞めるわけにはいかぬ。

今日は 涼しくて秋そのもの。昨日と同じ風景を観ているのだが 昨日は疲れていたのか?今日の風景は新鮮に思えた。

幼い子供をつれて遊んだ川も通る。こんなところに連れて来られたら「こわいよー!」と言いそうなものだが おとなしかったなあと過ぎた日を振り返る。

実家の庭に 勝手に雑木が育って 大木になっている。夫に言えば「切りに行く」と言うだろうが こちらの草刈りも出来ないのに あの大木を切り倒すことはムリだろう。

バイト料を払いだして 実家のご近所に引っ越してこられた 中年男性にお願しようと思う。一本3万円で。やれやれ 全部切り倒していただくためには どれだけバイトをすればよいのだろうか?

明日はいよいよ 旅行帰りのおしゃべりばあさんと対面する。さて!どう出てくるか?無言で仕事をして帰宅出来れば良いけれど。

英気を養うには 寝るのが一番だ!

27日前 No.108

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「面談」には少しばかりの疲れがあったのだろうか?午睡が出来ず、夕方にウトウトしてしまった。夫は書類に夢中。私は お疲れで夕食造りが面倒になったが、運よく 息子が「タコなし タコ焼き」を作っておいてくれた。これは 助かった。

テレビにも集中できず 部屋にもどって「ロシア」の曲を聴く。「バイカル湖のほとりで」が一番好き。ロンドンに行くときも ウイーンに行くときもロシア大陸を横断する。必ず「バイカル湖上空です」とアナウンスされた。

見えるのは「雲ばかり」だけれど 「バイカル湖」の美しさを観たかった。

学生時代は ロシア民謡が大流行の時で、私学のグリー・クラブ団員さんから 演奏会に誘われて まったく会話もしていない人なのに その演奏会には 一人で出かけた。母を誘いたいとも思い 友人を誘いたいという気持ちもあったけれど 初めての経験であることや 会話もしない人から誘われた 演奏会に行くとは言えなかった。

素晴らしい 合唱だった。19歳の私は たちまち「虜」になってしまった。誘ってくれた男性の姿は 凛々しかった。普段目にするのとは違っていた。もしかすると「恋」が芽生えそうだった。

今にして思えば あの時代に私学生になり グリークラブに所属できるのは かなりモダン・ボーイだったと言える。しかし 父は二週間後に突然死。私の運命は渦に巻き込まれて方向を失った。

「バイカル湖のほとり」は演奏会でも歌われた。今の私は「バイト・サーフィン」に明け暮れる高齢者に過ぎない。何一つ 成功させたものが無い。今日は「年金」を引き出して 夫に渡す。「こんなにたくさんいらないよ」と言うが 私はバイトをしているから 出来るだけ目いっぱいに渡す。

「ありがたいことだ」と夫は言う。10年前に夫は投資に失敗して 破産した。それからの日々は「過酷」だった。まず精神的にダメージが大きかった。娘もショックで拒食になった。目の前で 数千万が消えたのを観ていたから。

海外に強い娘は「今 売らなくてはダメ」と声をかけたが夫は 「もうすこしおいておく」と答えたその瞬間 急激な下降が始まり 数分ですべてが終わった。「だから 言ったでしょ!」と 娘は怒り狂う。

事の重大さが 私にはわかっていなかったが、それまでにも大きな損害を出していたようだった。

これで また家族は混乱の渦に巻き込まれた。落ち着き始めたのは 昨年あたりから。私が 家でじっとしていても「死」はやってくる。身体の具合も 良くない。おなじ「死」を迎えるのなら 働いて 少しでもお金を残しておこう。」と決めてからだ。

「死」を意識してからは 帰って元気になった。これが良かった。夫は 病気がち乍ら 経済が回復する喜びを感じて過ごし、子供たちにもプレゼントできる。気分が悪い事でも起きれば すぐにやめて またほかに行く。これが 実に簡単にできる。痛快そのもの。

何事にも 捕らわれなくなり 自由にバイト・サーフィンを楽しむことは 高齢者のいわば特権かもしれない。しかも 一番の趣味になっている。しかし 明日のストレスを乗り越えなければいけないけれど。まっ!寝よう。裏山では「うりぼう」が歩き回っているけど。

27日前 No.109

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

おしゃべりばあさんとは 話をせずに乗り切った。本来なら 旅の土産話が一時間はあったことだろう。それを想像するだけでもうんざりする。会話が無いので 仕事ははかどって 40分も前にかたず入た。

別に 残る必要もなく もう辞める人間なので さっさと帰った。ばあさんは疲れているので あちこちに不手際があったけれど放置した。

とにかく うんざりする。

もう一日 働くのかと思うと 自転車で転んでくれたらいいのにと。

警戒しながら付き合ってきたけれど 執拗ないじめを見せつけられて 執拗な悪口雑言を吹き込まれると、精神的におかしくなる。ばあさんはもしかすると 精神に問題があるように思える。

あと三日。二日は新人さんなので 楽しみだが ばあさんと組む一日が苦しい。

そして 新職場の書類は夫が ほとんど仕上げてくれた。「これが最後だといいのだけれど。」と言う。確かに 複雑な書類がたくさんすぎて 夫の負担にもなりかけている。

大きな組織になればなるほど 規則も厳しい。けれど それはそれで きちんと働けるという良さもある。まあ 半年は頑張ろう。人間が相手のバイトなので 疲れるだろうけれど 家族と思えば 楽しいこともあるだろう。きっと。

26日前 No.110

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

眠れない!明日は 楽しい日なのに どうしたのだろう?空腹でもないのに。

念のために「バナナ」を食べたけれど もう少し何かを食べる必要があるのだろうか?眠る前に?

眠れないと「妄想」が湧いてくる。理不尽な仕打ち。薄汚い会話や人間関係。自分の身に起きたことではないけれど 自分の身に起きたことのように腹立たしさが 湧き上げるのだ。

「セネガル」さんには 3日ほど間をあけて 様子を聴く。次第に落ち着き始めて「体操にでも行こうと考えている」と明るく話してくださった。

そうそう あんな気分の悪い所に行く必要はない。お買い物くらいはお付き合いできるかもしれないと 思っているけれど そういう人では無いし、経過を観て かかわっていこうと思う。

他にも 病気の友人や 長年の親友に裏切られたという先輩など 気になる人は多いけれど 電話するのもエネルギーが必要で。

今日は 音楽は聴けなかった。「映画」を観たけれど もう忘れた。面白かったのだけれど。

そうそう「ナイアガラの滝」を観てみたいと思った。子供時代からのあこがれだったのに どうしていけなかったのか?もしも 命があって体力もあれば80年の労い旅行の計画にしたいものだ。

でも アメリカは遠いな。。。

26日前 No.111

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

残り二日になった。新入りさんとは 楽しくお仕事をして 早めに終わった。私的会話をしないから 簡単に終わってしまう。残り時間を お茶しながら過ごした。新入りさんは 商売をする家だったとかでとてもさっぱりしている。雑に見えたが。確かに仕事は雑だと思う。でも それが大きな問題かどうか?大した事では無いように思える。この 世慣れたおばさんならおしゃべりばあさんなど吹き飛ばして 空気を換えてくれそうな気がする。

ご主人の介護が悩みのようだが「お金は貯めてる」ということなので 心配は無かろう。家庭から 離れたいという気持ちは同じ。

来月5日には 新バイトの実習が一日。そのまま 週に二日 働く。実働時間が長いのが心配だが 身体を使う必要はないから 何とかなるだろう。慣れたら もっと働けるかもしれないし。

9がつは毎年 アレルギーに悩まされる時期なので 用心しなくてはいけない。今夜から10時間の絶食をして あすは「血液検査」を受ける。何も出ないと思うけれど、嫌なものだ。

さて 此方も大変なら おしゃべりばあさんも大変だと思う。新入りと長く離れていた「元子飼い」とで やっていけるかな?また「セネガル」さんと「私」をネタに悪口雑言。それで また人が去っていくのに。解らない人には わからないものなんだ。

人が自分を嫌って 辞めて行くのだという事は死ぬまで わからないのかもしれない。おかわいそうに。

二日 働いただけなのに 疲れた。明日は 休み。その次が「最後の難関」。

25日前 No.112

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

大雨が 大きな傷跡を残して去って行った。本当に毎年のことだけれど 一日で 家や命を失うことが当たり前の時代になって来た。

わが身に 迫らない事を祈るばかりだ。我が家には 災難を乗り越える力が無い。かといって、人生を閉じるわけにもいかないが。

ストレスになっていた「10時間絶食後血液検査」を受け、新バイトに提出する「健康診断」を受けて来た。

コレステロールが高いということで「薬」を処方されているが、気持ちが悪いから飲んでない。かれこれ5年。毎年コレステロールが引っかかるので 先生は何か?考えるところがおありの様子。何とか 今迄ごまかして逃げてきたが「検診」を受けるからには 先生の要望にもお応えしなくてはと思い立った。

眼も耳も心臓も 正常だった。ありがたいことだ。しかし 身長が3センチも減っていたので 脊柱管がすり減っているなあと起った。足腰が痛くなるのも 無理はない。

すべての結果は3日後。先生のご機嫌も良く 私の気分もすっきりした。

不思議な事に 明日のバイトでは おしゃべりばあさんにきちんと挨拶をして別れようと思い始めた。子供の喧嘩ではないのだし 私が悪い事をしたのでもない。悪いのはあくまでばあさんだ。しかし!私はもういい年をしている。相手が卑劣であればこそ 此方が礼儀を尽くすべきだろう。

どうせ また愚痴のネタになることだろうが。

ただ それがまたおしゃべりの引き金になることがあっては恐怖ではあるのだが。やるしかない!

24日前 No.113

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

筋書きは 完全にアウトだった。そもそも 気分の悪い状態で ひと月も過ごしているのに 今更お行儀良くしてみてもしかたがないことでもあるし お行儀などとっくの昔にどこかに飛んでしまっているのだもの。

結局30分も早く仕事が終わり、さっさと帰宅した。そして「セネガル」さんに電話する。明るい声が聞えて 安心した。

ジャイカ職員の娘さんは 研修に研修の毎日で 12歳の孫が残っている。その孫が「また?」と言うらしい。大笑いして過ごしたけれど、易しくて繊細な孫に労わられるより はっきり言いながら助けてくれる孫のほうが良いに決まっている。

デイサービスに行くことも決まったそうだし あたらしいスタートが幸せであることを願うばかり。

私は 明日は新人さんと仲良く働いて 男性陣に別れを告げて 5日までは休養する。新しい職場が 気持ちよく過ごせるとありがたい。私は デイサービスには行けないに決まっている。騒がしいのが嫌い。幼稚園のような遊びも嫌い。勝手気ままが好き。そんな人間がデイサービスになじめるはずがない。何もできなくなったら「孤独死」を選ぶ。

「セネガル」さんは「新人さんはつぶされないかしら?」と 心配しておられた。その心配はないと思う。おしゃべりばあさんの言うことなど聞かない。それが 頼もしい。がんばれ!新人!

さて!夏が 終わろうとしている。何としても 夏を無事に乗り切ろうと、まるで 学生時代の部活のような団結が 実は砂の団子だった。と、思えば 崩れるのは当然と思えるが おしゃべりばあさんは何を考えてこうした「砂上の楼閣」を作り続けるのだろう?

それが 趣味なのか?

23日前 No.114

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

覚書を残しておこう。すぐに忘れてしまうから。


おしゃべりばあさんから「セネガル」さんに 発せられた言葉。

 1.プライドを捨てなさい。

 2・あなたの「認知」は良くなっているよ。

 3・あなたはどんな世界を生きているのか?観てみたいものだ。

 4・まともではないからね?あの人はまともでは無い。(これは 私に告げた言葉)

 5・3時間労働の一時間をピンハネするのなら 納得できる。


こうしたハラスメントは継続し、7月末にはついに私と決裂する。思った通り「非」を認めることは無かった。

23日前 No.115

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

amazonnの巨大倉庫で起きた 派遣社員への「退職勧告とうの拒否」を読んで まさに「セネガル」さんの場合に適応されると思う。

手遅れかもしれないが 「退職届」を出していないなら まだ手続きできるかもしれない。もう少し がんべって観なければ。

23日前 No.116

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

終わった!傷けられていた「セネガル」さんの 心の扉をゆっくりとノックし続けて4ヶ月。ようやく 笑顔で働く姿が見られるようになり、希望が見えてきた矢先に 低次元の「意識」に倒された。

今日は 新人さん。開口一番「あんた ばれてるで!」ときた。「なに?」「はよかえったやろ?それで 今度から帰宅する前に時間を書くんやで」と言う。

「ばれても構わないんだよ!私はもうやめてるんだから。現場の事情を考えて 来ているだけだから 何も 問題はありません。」と説明すると 安心した様子だった。

おしゃべりばあさんの頭が混乱しているだけの事だから 気にしないでね、時間が経てば面倒なことだから 取りやめになる。それより前にばあさbbが倒れるかもしれないからと なだめる。

「マウンテンおばさん」と言うらしい。高齢になって働く人の中に 承認要求が強い。プライドが高い。地位の高い人には弱く弱者には厳しい。しかも その事実を認めない。まさに ばあさんは「マウンテン・ゴリラ」。

怒りの矛先を新人に向け始めているようだ。こういう人は 観ていると哀れ。かかわると面倒くさい。有害無益というところか?

「セネガル」さん救済案を夫に相談するが 「どうせ あいまいに逃げられるだけだ」と言うので これはあきらめることにした。

楽しかった バイトががらがらに壊れて終わった。終わりってそういうもの。

明日から 畑仕事が出来る!雨が降らないと良いのだけれど。

22日前 No.117

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

眠りたいけれど 眠れない。この2週間ほどの緊張がピークに達したかのように思える。

覚書。

3月。子飼いのメンバーが「セネガル」さんを しかりつけて「土下座」をさせたという。おしゃべりばあさんはそれを知りながら「諌める」ことをしなかった。

これは明らかな ハラスメント。いざとなれば「文春にでも」なんて。

男性責任者が「力になれず 申し訳なかった」と誤りに来られたが 「力になる」どころか「個人情報」を拡散させておいて 良く言うよ。

夫は「ハラスメント」を労働基準監督署に通報されたらどうしよう?という心配をしたのではないか?と言う。もしも それで時間が巻き戻せるなら今からでも通報するけれど そんなことは山ほどあるので 労基が動くとも思えない。

まあ!脅かすことが出来たのだとしたら 溜飲もさがろう。どのみち「セネガル」さんは辞めさせられる運命で、少し唐突に起きてしまったことが 残念だが。

ばばあも 今頃はむんむんしている事だろう。誰にも打ち明けられず、眠ることも出来ず。どうしてこうなったのかもわからない状態だと思う。

私は ネットが使えるから救われるし 夫が何よりの支えになってくれるのが ありがたい。日ごろは大型ごみだが、時には役に立つ。

さて!薬を増やしてでも眠らなければ。

22日前 No.118

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

バイトがひと段落したので 夫は裏山の草刈りをしてくれた。そして 毎晩のように侵入する「いのしし」の進入口を見つけた。

金属メッシュに体当たりする音は 毎晩のようにきこえていたのだが まさか!それを倒すとは考えなかった。それは 甘かった。何度も体当たりをしたのだろうか?支柱が折れていたらしい。

そして メッシュをこじ開けて侵入したのだろう。それにしても 狭い空間を大きな体で潜り抜けるのは 困難だったろう。先日に見かけたという「後ろ足の悪いいのしし」は このメッシュで足を痛めたのではないだろうか?

子育てに 必死ないのししが哀れでならない。でも 荒らされるのは迷惑だし 命の危険もある。共存できる方法があれば良いのだけれど、言葉が通じる人間同士でさえ 共存が難しいのに「いのしし」君とは 難しすぎる。

これからの事を考えると いよいよ「電柵」を設置するべきか?防草シートを周囲に敷き詰めてイノシシがすべるようにするべきか?

何もせずに また荒れ放題にするか?どうすればよいのか?わからない。

22日前 No.119

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

私は 本当に間違っていなかったのだろうか?という 疑問が湧いてくる。何か?失敗をしたという事では無い。きわめて 真面目で明るい態度で バイトをしてきた。

「セネガル」さんは もっとまじめで がまん強い態度だった。どこから観ても ばあさんだけが落ち着きがなく 会話をしていなければ不安でしょうがない状態だった。

わたしにとっては ばあさんも「セネガル」さんも 同じ存在価値だった。個性の違いがあったというだけの事で 当然ながら接し方を変える必要はあった。ばあさんは その違いを嫌っていた。私はその違いが楽しかった。

それは 愚痴を聞くたびにばあさんに伝えた。しかし!どうしても曲解される。7月のばあさんの負のエネルギーはすさまじかった。

「給料ピンハネ案」と「まともな人では無い」という言葉には 私の我慢も限界が来た。いくらなんでも「労基法に違反する行為だし人格否定」ですよ!」と言い放つのが やっとの事だった。

不愉快だった。でも ばあさんには理解できない事だったらしい。基本的な教養に欠けるのか?家庭円満な富裕層である。娘の家庭はインテリ家庭でもある。こんな話をすれば「公務員の孫」には 「人権侵害だ」と言われると思うが。

バイトの話などしてはいないだろう。そもそも80近くまで 働く必要はないのだから。嫌われているのに。

77歳を祝う「北海道旅行」の話は 結局 誰にも話せず、誰にも祝ってもらえなかった。特に 私には無視された。7月末までは相応もしなかった顛末だった。

誰もが 何故 私までが辞めるのか?疑問を抱く事態。その理由はただ一つ。理不尽な事に目をつむっていきたくない。それは 間違いなのか?間違っていないのか?本能的に選んだかもしれない自分を信じても良いのだろうか?

22日前 No.120

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

一晩のうちに 季節はまるで「冬」のようになってしまった。ベットがひやひやとした冷気に包まれて 寒い!山おろしの風は窓から「寒気」を連れてくる。起きれば 足元が切れるように冷えて 首回りにはカーデイガンを巻き付けて保温する始末。

氷の入ったお茶を飲んでいたけれど 久しぶりに温かいお茶に変えて飲む。朝から 畑に行くことを楽しみにしていたけれどエンジンがかからずまた ベットにもぐりこむ。

まわりも鎮まりかえっている。カラスのなき声は聞こえるけれど 小鳥が鳴かないから これからまた雨が降るのかもしれない。

日曜だが 出荷もあきらめよう。昨日のメールでは「やさいの痛み」が激しいとの情報だ。大量の雨が降ったので ミニトマトは割れているし、きゅうりは育たない。ハーブもたくさん枯れた。冬野菜もこれだけ 天気が悪いと育たない。

辞めたバイト先は今日も 新人さんと元子飼いのコンビになっている。新人さんが「辞める!」と電話してきそうな気がして。

新バイトは 新規立ち上げなので、人手不足だけれど 新人さんは時間に制限があるし、誘うにはためらう感じがするし。

新バイトは資格も必要で それなりの意識を持つ人の集まりだけれど、それはそれで 人間関係は複雑になるかもしれず。

私的には ご近所さんもおられることだから 穏便に息長く働きたいと思うわけだが。どうなることか?

お掃除でも 出来ないかな?

21日前 No.121

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

雨がやんだ。蒸し暑いけれど ミニトマトがたくさん実っているから 収穫しながら痛みのある実や葉を除去していく。たちまち地面が赤くなるほどだった。そういうのを たくさん出荷すれば トマト・ソースを作る人もいるけれど 今日のところはほかに 目的もあるので 雑に処分した。

きゅうりの枯れた枝を取り除き 根っこを引いて 「白菜」の苗を植えて観る。土が良いから育つかもしれない。虫のえさになるかもしれない?これは 実験だと思って試してみる。

ピーマンも大きくなっているのだけを収穫する。夫が出荷した。ミニトマトはこれからが美味しい。気温が下がるほど糖度が高くなるから。11月までは 我が家のしゅっつかは続く。これが楽しみ。他の農家は 冬野菜に転じる。我が家は菜園にすぎないからこれからを大事に楽しむことができる。台風さえ来なければ、、だが。


ピアノ・レッスンの友人にメールする。脊椎がちじんで指の痛みが起きるようだから ピアノは弾けない事や 来年の春で止めると伝える。

友人は「ショパン」に入ったけれど さすがに難しくて12月までかかりそうだという。ちょうど「お歳暮」の時期なので その頃に「聴きに行きます」と言っておいた。たまには ピアノも弾こうと思うが、痛い目をして弾くのはどうも困る。

振り返れば 若い頃は朝から晩まで弾いても疲れることは 無かった。母がそれを喜んだ。育った家を思い出すことは幸せな事だ。

さて!夕方に また働けると良いのだが。

20日前 No.122

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

夕方まで 眠ってしまった。バイト先の出来事は 今なお消化できないでいる。ばあさんが 新人さんに「あんた そんなことでは五日辞めさせられるよて言うてたら辞めさせられテン」と言ったというので 怒りが再燃した。

メールを送った。「セネガルさんに対する 退職勧奨は 仕事内容が悪いからではありません。貴方がセネガルさんに行ったハラスメントを私が指摘しましたので それが拡散されることを恐れたのです。なお 本日労働基準監督署にハラスメントの事実は報告いたしました」との内容。

どうせ 何が書いてあるのかは理解できないに違いない。ここまで執拗な私にも呆れる。

このまま ばあさんを辞めさせるまで行きそうな 嫌な予感がする。

明日は 買い物にでも行って見ようか?仕事で 必要なものもあることだし。

良い歳をしているのに 嫌な事に出くわしたものだ。「セネガル」さんに 電話した。元気である。娘さんと孫ちゃんはスリランカに飛び立った。

冬休みまで お別れだ。来年になれば 勤務を完了して帰国される予定。そこまでは 私も支えになっていよう。お土産話も楽しみだし。

20日前 No.123

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

まだ すっきり出来なくて おもいきって「労働基準監督署」に電話をかけてみた。「ハラスメントについて相談したい」と言うと 労働局から
出向しているという キャリア・ウーマンが受け付けてくださった。

何と 明快な説明。そして 傷ついた心を労わってくださった。「セネガル」さんの様子を話すと「御自分がアルツハイマー型の認知症と診断されたことが認識できる方なら問題は無いでしょう?」と言ってくださった。

そして ばあさんの行為に対しても 良く理解できるとしたうえで 「力関係が出来上がっている以上そういう行為はパワハラです」と断言。

しかしながら「パワハラを防いだり罰するという法律が無いんです」と言われた。しかし 会社の様子を聴いてくださって「労働契約法だい5条では 会社の担当者が現場を管理して 人間関係を調和させるという義務があるのですが それを怠っていることは明らかですね?セネガルさんの退職勧奨が行われたときに 相談していただいていたら 少しはお役に立てたと思います。」と 慰めてくださった。

そして 「退職勧奨をしなくても 貴方と組んで仕事ができるように配慮すればよいだけの事なんですがねえ?」とも言ってくださった。

9月の シフトは私とセネガルさんをペアにしていただくように提案したのだけれど それを聞き入れず退職させることになったのが理不尽で鳴らない。

本当に 今同じ現場に立っているように 様子を理解してくださって 心の隅々までやさしく労わってくださったことに感謝の一語。本当に相談してよかった。

こういう人が 今の社会に居てくださることがわかって 良かった。

ばあさんを脅迫するメールには 少し ひやひやしながらも、精神的苦痛を味わってみろ!!とも思う私。悪魔が少し。

さあ!本当に気分を切り替えて 明後日からは新職場だ。

19日前 No.124

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

明日に備えて 下見をしてから「ユニクロ」まで車を走らせる。久々の 遠出。

昼寝をして 入浴を済ませてから「健康診断書」を受け取りがてら リハビリに行く。X線フォトに影が観られるとのこと。どつきり!

なるほど 左肺の下部が白く写っているようだ。「悪いものではないと思うが CTを撮る必要がある。」とのこと。「それなら これからすぐにお願いします。」という事になり 「断層画像」を撮っていただく。

「あちこちに 影が出来ていますよ。でも癌では無いようです。」って?どうして 断言できるの?と腑に落ちないけれど、「多分 知らないうちに痛めたところが知らないうちに治癒したんでしょう。」との診断でした。

「では 半年後にまた再検査しましょう。」だと?

悪いものではないと言いながら 再検査ってどういう意味なの?バイト先と同じような 腑に落ちない診断は辞めてほしい。けれども 先生は上機嫌だった。検査料は高額の収入になるからねえ?今までは 何もかも「またね?」と言って 逃げて来たけれど 働くとなれば健康でなくてはいけないから見透かされた感じがする。

車を走らせながら バイト先の混乱を振り返って考えていた。すると まるで霧が晴れるように「謎」が解けて来た。

同じバイト仲間の一人は 契約会社から職場の人事管理を委託されていたという事なのだ。本来は契約会社が定期的に 来訪してバイトする人に合い 人間関係や不足備品などを管理する責任がある。

これが「労働契約法 第五条」の中身だ。会社はその責任を 現場に押し付けていたという事になる。したがって バイト日数や退職勧奨までの権限が委託されていたわけだ。

私が 個人あてに送付した 文書が会社に送り付けられたわけがようやくわかった。

こうした「管理代行」を現場の人間が行えば 当然ながら「力関係」は公平ではなくなる。そは揉める原因になるという構造だ。

労基のキャリア・ウーマンは「高齢になっても 仲良く仕事が出来ないものなんですね?」と言われたが その原因が「郎等契約法第五条」にあったのだと 納得できた。

今更理解できたとしても 無駄なのだが、早くに労基に相談するべきだったと反省する。「セネガル」さんの「障害認定」が出来る来年春まで働かせてあげたかった。

この数日で 体重は回復してしまった。さて!明日から 元気に働かねば。

18日前 No.125

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

ああ!久しぶりに 人間相手のバイトに戻った。7時から10時まで いろんなお話をして 歌を歌って過ごした。

まったりとした 良い時間を過ごせた。家では9時を待つようにして眠るけれど 責任もあるし 楽しくもあるので時間は早く過ぎて行った。

10時になると 夜道を歩いて駐車場に行き 用心深く運転して帰宅した。体は疲れない。楽しいばかり。だが 神経は張りつめていたようで眠れない。

今度行くときは 楽しいことを用意して行かねば ただ話をするだけなら家でいるのと変わらない。さて!本職に戻って企画するかな?

「パズル」「オセロ」「塗り絵」「お習字」「絵画」などはどうだろう?歌うのも楽しいだろう。

このバイトでは 高齢者が居ない。ただ 経験から言えば 他の人にはできないことができる。息長く 継続したいものだ。

17日前 No.126

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

正午。予約中の歯医者に行く。歯周病の点検をしていただき、状態は良くなっているとのことだが これからの「歯磨き」の方法を詳しく指導される。「なるほど!」と納得して「歯ブラシ」も購入することにした。

先生は ご機嫌。「今日は 抜歯の予定ですが 体調は良いですか?」と 聞かれた。良いのか?悪いのか?もうわからないから「大丈夫です」と答えて 覚悟を決める。

「麻酔」は ちくりとするだけと聴いていたけれど なんの!結構な痛み。なかなかしびれ感が無い。こんなに時間が経てば 麻酔効果が消えるんじゃないか?と 思う頃にようやく「では!抜きます。」と、手術が始まった。嫌なもんだ。結構な痛みが来て「痛いです!」と言ったが「そうですか?」と 軽くあしらわれた。

もう「根っこ」しか残っていないから 抜くのは難しかったかも?根っこの下に「膿抱」ができていたとかで 見せてくださった。きれいなお肉に見えるけれど これが良くなかったのかな?と 不思議な気持ち。

出血をガーゼで押さえながら運転して帰る。50年前。母は一人で抜歯に通った。「痛いのなんの!」と言っていたが そりゃそうだろう。

あの時は60歳を超えたばかりだったと思うが 夫を失い、資産を手放し 娘には逃げられて 孤独の真っただ中。どんなにか 不安で悲しかったことだろう。何かあるごとに 若かった私の思いやりの無さを悔いている。幼い子供への謝罪と母への後悔が影のように付きまとう。


娘には 夫自家製の「梅干し」と 娘好物の「りんご」に「おこずかい」を送った。「きらきらメールが返って来た。夏バテした風もなく元気そうで安心した。

年末には 逢ってお食事くらいは出来るだろうか?

食事後の「抗生物質」を服薬したので 胃袋の中は複雑だと思うが そろそろ眠ることにしよう。

明日は「韓国ニュース」が報道されるかな?

16日前 No.127

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「抗生剤」を飲むということだけに 神経が集中している。飲み間違えないように。とか、水をたくさん飲む。とか単純なことなのだが こうしたことが なかなか大変になってきている私。

気のせいかもしれないが「痛み」は感じなかった。首筋が緊張しているようには感じたけれど。それで「痛み止め」は飲まなかった。

傷の治り具合も良好な感じがする。正当な「歯磨き」をしなければいけないと思うと 「間食」をしない。明日まで「抗生剤」を飲むので 規則正しく 暮らせるような気がする。

人間って こんなに変化できる生き物だったのか?いまさらになって 感心する。

それにしても「バイト」は どうなっているのか?具体的な進歩はない。あんまり ゆったりしていると 体重と足腰が弱るからそろそろ 頑張りたいのだけれど。

夫は 夏の疲れが出始めている。ミニトマトとピーマンを収穫しておいたけれど なかなか起きてこない。出荷できるのかしら?

この暑さが収まってくれないと 冬野菜の準備ができないし。いくら手を打っても 害獣たちは 畑に来ている様子だし、なんだかなあ?

若いころのように だらだらといろんなことが話せると楽しいと思うが、掲示板はやけに難しい会話で ついてはいけない。

以前の掲示板はこことリンクして再開しているようだが、あちらはあちらで ついてはいけない。

今日の午後二時に歯医者の「消毒」が終われば 少し落ち着くかな?

「セネガル」さんにも電話をしないと、忘れられるかも?

15日前 No.128

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

韓国ニュースよりも「美智子様手術」のほうが 気になる一日だった。上皇様とさーやがお見舞いされたというので ほのぼのしたけれど こうして 皇室が移動するときには 東京の信号は皆「青」になってしまうというから 交通網は大変だ。

でも 高校と大学を東京暮らしだった 博多の友人は「東京人はマナーが良い」と言っていた。停電でも 動揺しないことは 全国的な常識だが。

今日は 出荷ののち 山に登って 挿し芽をしておいた「ミニトマト」の手入れをする。半分は「いのしし」に食べられてけれど さすがアンデス原産。草むらの中でも 真っ赤な実を付けていた。宝物発見という感じで うきうきした。

しかし!暑い!ので 一時間が限度。汗でびしょぬれの衣服を着替えるとなんとなく ふらつくような気がして「ビタミンゼリー」を飲む。

規則的に バイト生活が出来ていたのが 中断しているから 体調管理も怠りがち。バイトに行かねば 畑が出来る。畑は好きだが 社会性が衰えるのは 困る。家族は少なくて 非社会的な暮らしだから。あちこちに友人を作って 趣味に興じていたころが セピア色になってしまって、とても経済を消費しただけだったことが 残念だ。

でも 独身時代の経験は 今も鮮明で、楽しいことが多かった。社会全体が希望に満ちていた。

「美智子様」はその時代をけん引する「女神」だったのだ。誰もが「御誠実で ご清潔で ご立派で、、、。」な 男性をゲットするという希望も重なっていたりして。

「不誠実で 不潔で 情けない、、、」だんなさんを目の前にして 現実世界に引き戻される私。

なんだか 調子悪いかも?美智子様 ご回復を祈っております。

14日前 No.129

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

あつかったー!台風被害の地域の皆さんを想うと 暑いだけというだけの事なのだが それでも 今日は一日寝て暮らした。

昨日の 草引きが堪えたのか?夜中に 風邪でも引いたのか?気分が悪くてしょうがなかった。夫も ばてているようだし、アイスノンを抱いて眠った。

バイトの連絡がようやく入って 来週から始まる。いろいろなゲームなどを 用意しなければいけないとワクワクする。それにしても 新規開設だからなのだろうか?手際が悪すぎる。まあ!ほっとしたけれど。これが 最後だと思うから 用心深く継続しなければと思う。

博多の友人から「抜歯の具合」をメールで 訪ねてくれた。電話したけれど 入浴中で良かった。今日の電話は「韓国批判」を聴かされそうだから。歴女の話は ハラスメントに似た様相をもっているから 辛いものだ。

それにしても「韓国」だけでなく「米国」も「日本」もおかしな国になったものだ。独裁的な政治が進行するのは嫌なものだ。

明日は 草引きと畝作りが出来れば嬉しいのだが。マルチも防草シートも買い込んできてくれたから 間に合わせなくては。

13日前 No.130

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「しあわせー!」な一日だった。まず 体調がよかった。午前二時に目覚めたけれど 気分は上々で そのまま5時まで待って 裏山に登った。

朝露に濡れた草の香り、カナカナのにぎやかな声、木々の緑。太陽に照らされる前の静けさに包まれる心地よさ。

まずは 草を引く。土がホカホカしているから草の茎を握るだけでスイスィと抜けるのが楽しい。たちまち一メートルの草の山が出来る。

二メートルの範囲がきれいになったら 土を耕す。これも殆ど力がいらない。ホカホカの堆肥だ。今日のところはマルチを掛ける畝を二筋。防草シートで被いつくす畔を整える。

そして 完熟している「ミニトマト」を収穫する。いまのトマトは本当においしい。「紫蘇の実」が実っていたので 少し収穫して帰宅。

下の畑に降りて「ミニトマト」を収穫していると 頭のほうから夫の声。彼も「ミニトマト」を収穫していた。合わせて五キロばかりになったので 出荷準備。こんなに多くなると 面倒に感じる。ほぼ完売で三千円ばかりになった。このところは「高値」で売れるようになり 我が家は独走状態だ。菜園でも独走しているときは なかなか気分が良い。

まだ 出荷していないのもあるので 明日もまた同じくらいは出荷できるだろうが、明日の体調はいかがなものか?

バイトでは こんなに体調に変化はない。家の事はしないようにしているから疲れない。でも バイトが休みの時は畑が楽しみ。ところが 畑仕事は案外 疲れるのだ。それに バイトに出ない時は夫は食事を作らないから 私の負担が増えるという事。

「美智子様」は退院された。良かった。サングラスの御顔は 母の面影に似て 懐かしく思う。高齢になると同じような顔になるのだろうか?

明日の朝 もう一度 畑に行けます様にと願いながら。

12日前 No.131

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

夜が明ける。小鳥が鳴き始めた。しかし!私の体はベットの上。裏山に行けるだろうか?疲れているようでもないのだが、昨日とは違って 動けない。

昨夜は また先日のバイトで起きた 理不尽な出来事が思い出されて 気分が悪かった。こういう時は 疲れている場合が多いので今朝のことは心配だったが、予想通りなのが残念だ。

毎日 生きているだけでも 不思議と言えるのだから 元気では無くても悩むことは無いようにも思えるが、木野のように元気に動ける日があるだけに またどすん!と 穴に落ち込むようなショックを感じる。

もう少し 眠るか?思い切って 外に出るか?

12日前 No.132

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

茫洋として お茶を飲み、テレビ番組をのぞきながら外には行けないと思っていたが、山登りはムリでも何かできそうな気がして、8時頃から ぼつぼつと苗の整理をしたり、ミニトマトの枯れた枝を切り取ったり していると少し元気になって、肥料を播いたり「レタス」の種まきまで 何とか出来上がった。

しかし その後は「アイスノン」を抱いて とにかく眠った。私は 体調が悪い時には眠るので 助かる。寝ていても 熱中症になるかと思うほど暑いので 目覚めるたびに「ビタミンゼリー」と氷入りのお茶やアイスコーヒーを飲んで 体を冷やす。

おかげで 夕食を作ってからは また眠り、意識もはっきりしてきたようだ。明日は 山で働けそうな気がする。ネガテイブな妄想からも解放された。

良い具合に 一時雨も降って 少しは涼しい感じもする。今夜は良く眠れそうだ。

「小泉 進二郎」君は 環境大臣に就任したとのこと。これで 阿部内閣の人気は上昇するだろう。入閣までは 期待感があったけれど 入閣して観ると 色あせて見えるから 不思議なものだ。

どうせ 阿部体制の中で泳ぐことしかできないわけだから。約十年。はつらつとした好青年はついに大人になる!か?

11日前 No.133

うんうん ★Android=gKIdYyH1dN

ほほうなるほど

10日前 No.134

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

「うんうん」さん 愚痴を読んでくださって、、感謝すべきか?申し訳ないと言うべきか?このところ 文学も音楽も映画も 面倒な状態で、愚痴ばかり書いてます。

ぎろんには付いていけないのですが このところ的外れとは知りながら あちこちに顔出しているものですから 目立ちましたね?

以後は またここでおとなしく過ごします。ありがとうござ合いました。

10日前 No.135

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

爽やかな気温だった。雨上がりだが 6時には裏山に登った。のぼり口には「みょうが」が生い茂っていて 昨夜の雨でたくさんの芽が出ていた。それを 収穫しながら 登って「ミニトマト」も収穫して 一度家に帰る。

キッチンのボールに水を入れて そこに浮かべたまま また山に登る。夫が 何とかしてくれるだろうと思って。

草引き 肥料入れ 耕運など 一連の作業をしてから 全体を見渡すと 気が遠くなるような広さ。

こんなに 広い畑だったかしらと思う。体力が弱ってきているから そう感じるのだろう。でも それなりにはかどった。

帰宅したのは8時。「羽鳥モーニング・ショー」の時間だった。「千葉県の災害復旧が進まない」ことが一番のニュースだった。

本当に4日も停電したままとはおかしい。内閣改造に時間を取って 災害復旧は忘れていたのだろう。

夫が「みょうが」をきれいにパックしてくれた。しかし「ミニトマト」はまだ半ば。テレビを観乍ら時間待ちをする。パックの仕上げは私の仕事。テープできちんと包むのだ。こんな手間な事をしているのは我が家だけと言われるが、これは わたしの「こだわり」

出荷に出かけた夫。私は「ブロッコリー」の苗を ポットに移植する。下の畑に植えた「白菜」の防虫も一仕事。すでに 食べられている。

苦労して 苗を作っても「殺虫剤」を使わないから 半分も育たない。それでも 毎年こうして種をまき 移植して育てる。

これは「歯磨き」をするようなもの。「習慣」に近いしごとなのだ。

少し眠ってから「リハビリ」に出かける。久しぶりだった。バイトに行かなければ それほど疲れないから。でも明日は 9時から「オリエンテイション」がある。実習してからというのが何とも 不思議なのだが 新規立ち上げなのでなにかとぎくしゃくしているのだろう。

私が 就職した時も「新規立ち上げ」を5年間に3回も経験している。まだ就職したばかりなのに 本当に大変だった。

当時は「新規立ち上げ」に引き抜かれるのは 昇格を前提にしていると言われていたが 私はこの3回の立ち上げで 憤りを感じた。いくらなんでも 新米にこんな大変な仕事を任せるなんて許せない!と、思ったわけだ。

「セネガル」さん問題と同じように 我慢の糸がプツン!と切れてしまったのが運の尽き。より 困難な道を選んだという事になる。

考えると 先輩たちは憤りをぶつけても 引き際が見事だった。おしゃべりばあさんとおなじような人たちは昔からいたという事だ。

「猪突猛進」タイプは何年生きても治らない。でも それが私らしさなので。

10日前 No.136

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

はあー!草引きの疲れでまるまる二日も寝込んでしまった。こんなに私の体力は落ちてしまったのか?と、愕然。一方夫は「食欲が無い」と言いながらも お買い物や草刈りや「栗拾い」に励んでいる。

「早生栗」がキッチンの横に大量に落ちているので拾っておいてくれた。そういえば八月の末には 毎年収穫するのだが。今年は暑くてそれどころではなかった。かれこれ五キロ。博多の友人に送ろうと夫は言う。しかし「早生栗」は美味しくないので まずは味見をするから。と言えば20分湯がいて塩を入れてまた五分と マニュアル通りにゆでておいてくれた。

夜中に起きて 食べ始める。味は良くない。けれど 栗は栗。なんだかんだと二日で平らげてしまった。家の本来の栗はまだまだ 落ちそうにもなく、実家の近くにある大きな栗生産農家に注文する。

博多の友人に その旨を伝えるために電話をしたところ なんと!別人のような声がする。風邪を引いたらしい。ようやく熱が下がったところだそうな。やはり 二回の手術は体力を奪ったのだろうか?

こんな時期に 発熱するなんて考えられないけれど、気力はしっかりしている様子。

諸事情を説明して 今週末には「栗」を送るから「頑張れ!」とエールした。昨日のオリンピック出場権マラソン大会の様子を少し話して。「設楽君が 残念!」だった。青学時代からの不安なのだけど、作戦負けか?暑さに負けたのか?

今日から お泊りバイト。ワクワク半分。不安も半分。

6日前 No.137

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

お泊りバイトは 楽しかった。日ごろは9時を待ちかねて眠るのだが、バイト先の就寝時間は10時。30代から50代までの女性3人と過ごす。

数十年ぶりに「トランプ」を楽しむ。最初は「ばばぬき」。30代の女性が私を歓迎してくれて トランプを皆に配ってくれた。一枚ごとに配ると思いきや、バサッと5枚ほど配ったりバラバラだったり。それがまた 楽しい。

数字合わせは出来る時とできない時があるらしい。それも面白かった。数字合わせが出来ないと いつまでも 大量のカードを持っていなければいけないけれど そんなことはどうでもよい事。

つぎは「神経衰弱」。裏返したカードをめくって数字合わせをする。これは 難しかった。私自身も自信が無かった。それで すぐにやめて「7ならべ」をして 一時間過ぎた。

疲れてはいけないと思い、用意しておいた「どらえもん」の塗り絵を用意すると 待ちかねたように 色を塗り始める。

なかなか 色遣いも考えて きれいに塗られるので嬉しかった。

24色の色鉛筆を持っている人もいて これをまた一時間楽しむ。途中に お茶を飲む。私は ぺット・ボトルをカバンに入れて言うたのだが 30代の「りかさん」が走って取りに行き キャップをはずして 私の口元に差し出してくれた。

「りかさん」は美しい顔立ちの御嬢さん。お部屋はイングリッシュのベット、やイス、テーブルが 整えられている。

ただ「ことば」が出にくい。ボデイ・ランギッシュですべてはつたわるが。

少し 自傷行為もあって 腕や手に傷が観られた。しかし わたしを気に入ってくれているらしく 機嫌よく過ごされた。

良く 笑う。「りかさん」「ゆかさん」「しらいさん」はお箸が転がっても 笑う。私の 一言で笑う。その笑いに誘われて私も笑う。

「人権尊重」について「施設長」のアドヴァイスを受ける。私は基本的に 標準語を話すのが日常だ。

相手が 大人でも子供でも 目上でもそうだ。たまたま「りかちゃん」と呼んだ時に。そんなことは 珍しいのだが。

「さんと言ってください」と 注意された。そして「相手が 大人であることを意識して話してください。」と言われた。

「りかさん」は「目隠し」をするのが好きだ。私の眼も両手で隠す。「りかさん」と言えば笑って終わる。だが たまたま「みかさん」とか他の人の名前を言ったときに「それは 虐待に当たります」と注意された。

私の価値観はガラガラ崩れてしまった。「目隠し遊び」は大人はしない。それをするときは「子供心」を楽しむこと。

当然ながら 御ふざけを交えるのが遊び心と言うものではないだろうか?

しかし!「りかさん」と「みかさん」の様子を見ていると 目隠しされた「みかさん」はすぐに「りかさん」と言い当てる。

そして 二人は楽しげに笑う。なるほど!この二人はこういうふうに楽しんでいるのだな?と、自信の価値観を修正した。

人権意識には自信があったはずだが 時代の変化と共に 様々な修正が必要で、私は 良い機会が得られたと思っている。

少なくとも「セネガル」さんを守ろうとした 私に間違いはなかった。かもしれない。だが「大海に投げ出された」状態の「セネガル」さんと これからの時間をどのように共有して行けるか?

月に一度「ウオーキング」に誘い出すことから 始めようか?バイトは週一なので 時間はある。が、この年になって同年齢の「セネガル」さんと出かけるのは 無謀ではないだろうか?などと 悩みながら「リハビリ」に行ってきた。

博多の友人から「お菓子を送った」とのメールが入った。病の体で何という事をするのか?何も 送らなくて良いのだが、高齢になるほどに 気を遣うものでもある。週末には「栗」を送ろうと あちこち相談するのだが まだ決定できない。不作なので。

4日前 No.138

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

これまでになく「栗」を確保することに 熱意を示してくれた夫のおかげで 6キロの「栗」が手に入った。あちこちに電話をして名物の「銀よせ」も確保できる見通しがついて ほっとする。

荷づくりもすべては夫の仕事。ゆうパックで送ってから 買い物に行ったらしい。私は ぐっすり眠ってしまっていた。

今日は「白菜」「ネギ」を植え付けて、ハーブの花壇を草引きしてからあ 少し休んでから 裏山に登った。本当は 無理かもしれないと思ったけれど 涼しいのと台風が来るというので 何とか頑張らねば!と 思って。

先日植えた「白菜」はまだ無事だった。「いのしし」の気配があるだけに 不安は消えないけれど、荒らされたら また植えるという気力で がんばる。ホカホカの土は豊かな実りを想像させてくれるし、来年の春には全体が「防草シート」で被われて 今年よりは楽になるだろうという気持ちがする。

60年物の「栗の大木」は昨年の台風で大きな痛手を受けたけれど その「幹」からは力強い新芽が噴き出していて、3年もすればまた豊かに実ってくれるだろう。

博多の友人から「湿布&マシュマロ」が届いた。病を押して送ってくれたので ありがたい気持ちでいっぱいだ。「セネガル」さんの話を 聴いてくれた。話ができる友人を持っていることがありがたい。

友人は「余命いくばくか?と言われても 何をして良いかわあ駆らない」という。そんなことは誰にもわからない。何もしなくて良いのだと 励ましとも投げやりとも思えることを言って。本当は来年もこうして話が出来るだろうか?不安なのだ。

わたしだって 明日の命がどうなるか?わからない。でも 何も片付かない。母は63歳ですべてを整理していたけれど、結果94歳まで生きてしまったのだし。

寿命は誰にもわかりません。

3日前 No.139

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

昨夜 博多の友人宅に「栗」は届いた。大きな仕事を成し遂げたような 安堵の気持で早く眠る。ところが3時間もすれば目覚めてしまった。昼の運動が不足しているのか?珍しい事だ。菓子パンなどを食べに降りて またうとうとして朝を迎える。

台風の影響で 雨が降っている。それでも 昨日収穫している「ミニトマト」「みょうが」は出荷するので 畑を見回る。雨のあとは「ピーマン」が大きくなるから 収穫した。ハーブは濡れているから 収穫せず。

埼玉の小学生が義理の父親に殺されたというニュースに 関心がある。何故?離婚したのだろう?何故?10歳も年下の男性と再婚したのだろう?9歳の少年の心はどんなに 寂しかったことだろう?「本当の親でもないのに!」は 少年の叫びだったろう。もしも 義理の父親が 少年を抱きしめて「悪かった!」と言っていたら?

追い詰められた 少年と義理の父親の姿が見えるような気がする。少年の命はもどらない。だが 少年の母や 別れた父と兄はこれからも生きて行かねばならない。

義理の父親も罪を償う人生になる。どこで 間違ったのだろう?これから どうなるのだろう?幸福とは言えない 我が家を映す鏡のように この事件には関心がある。

他方「佐和子の部屋」を観る。中村メイコさんと娘二人。独特な家庭をそれぞれが良く理解しながら 幸せな家族。一座とも言っていたけれど、そういう家族を作り上げた幸せをうらやましく観て過ごした。

紹介された歌は「新妻に捧げる歌」。江利チエミさんのヒットソング。こぞ「昭和」だ。

作詞「中村メイコ」さん。作曲「神津よしゆき」さん。ご夫妻の共作だったとは!!

1日前 No.140

Mignon ★B9HHi0X0XT_m9i

朝寝をした。9時半までベットに寝転んで「窓辺太郎の事件簿」を観て過ごした。雨降りだし 少し冷える感じもあって ベット生活が楽しくなった。

起きてみると 夫が「ミニトマト」を出荷した気配がある。誰もいないキッチンで ビタミンゼリーを飲みお茶を託さ案飲む。

夫が帰宅したころは 雨が上がり「白菜」の虫を確認したり 薬を振りかけたり だらだらとしていたのだが、今日はどうしても「入浴」しなければいけない。余りにも「入浴嫌い」なので 身体がかゆいし、感染症でも起こしそうな不安もあって。

それなら 最後の汗をかいて入浴しましょう。と、思い立ち、雨後の裏山に登る。「みょうが」がまた出ているので収穫し、「むかご」もワクワクしながら収穫する。

「いのしし」が残してくれた「ミニトマト」も赤く熟れていたので収穫。たちまちスーパーの袋がいっぱいになってしまった。

先日 マルチをして植えこんだ「白菜」は雨のおかげでしっかり根が付いている様子。楽しみな事だ。だが、どうしてか?黄色いちょうちょうがひらひらと飛び回る。

ちょうちょうが卵を産むとすごいスピードで青虫が繁殖する。こいつが一番の害虫なのだ。悪いけど一匹は踏みつぶした。

目の前には「あおしそ」がたわわに実っているが、それを収穫していては 土が耕せなくなる。そこからさ阪を登って、肥沃な土地を耕す。30度程度の傾斜か?と思うが、座って遠方の「三草山」を眺めたりする。空が近くなるような気がする。

耕して 肥料を播き、今日の仕事は終わり。

「みょうが」「むかご」を洗ってパックに詰めると 夫は「出荷してくる」と、出て行った。明日は 町内の草刈りなので 今日のうちに出しておこう。という事だった。お昼すぎていたけれど 来客が多かったらしくすぐに売れてしまった。

「栗」を目当てに 来客が多いのだろう。夫が「くりごはん」の用意をしていたので 引き継いで栗の皮をむいて 洗ってあったお米に乗せて 焚いてみた。

炊き上がるまでに 入浴を済ませた。今年はアレルギーが治まっている感じがする。入浴後の皮膚も普段と変わりなかった。

このまま アレルギーが出ない事を祈るばかり。あのかゆみはなかなか辛いものだから。入浴後 ぐっすり昼寝をした。

こんなに 調子の良い日が続けばよいのに。

13時間前 No.141
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる