Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(312) >>

昔の恋(初恋)を思い出し、ここで語りませんか。

 ( 中高年掲示板(老) )
- アクセス(6786) - いいね!(57)

四 季 ★Wn/5nJParK6_fY

 中高年の皆さん、

 昔の恋をここで語りませんか、
 10年前は、まだ最近(笑)
 20年、30年〜40年前の恋を、、、。
 (勿論、10年前の話でもいいですし)

 小中学校時代の初恋の想い出や、出せなかった恋文、思い切って出した恋文、の事、
 逆にもらったラブレターの話も、。
 高校時代の恋、20代30代の恋、恋愛時代、
 切ない恋に酔いしれた戻らない日々、大失恋の想い出、etc

 ここで語りませんか、

 ※性的な話はなるべく避けて下さい、

  恋は人を詩人にする、と言った人がいますね。
  さぁ、語りましょう。

2010/10/03 14:36 No.0
メモ2010/10/03 14:44 :  四 季 ★Wn/5nJParK6_fY


 放課後の校庭を走る君がいた、

 遠くで僕は、いつでも君を探してた、

 浅い夢だから胸を離れない、


 村下孝蔵、(初恋)より。

ページ: 1 2 3 4

 
 
↑前のページ (262件) | 最新ページ

ルーミン29 ★bY5RdxMaqH_Zos

>>261
妹のレスは108ではなく >>107 でした。失礼しました。

4年前 No.263

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

皆様、こんばんは。
スレ主のミスタートマトさん、今日は私、自分のことでなくお邪魔します。
そうなんです、 >>262 を読まれたらわかりますが、例のご姉妹のお姉さんが私に、
「自分ばかりしゃべらずに、私達姉妹の昔の恋もb教えるから読んでみなさい!」とおっしゃるので、
よーく読んだうえで、感じたことを書くため今日はここへ来ることになりました。

ルーミン29 さん、直接こうやってお話をするのは多分初めてですね。(少しドキドキしてます・・・・。)
私の「昔の彼女」との再会話を読んで頂いてるようで、有難うございます。
まだ続く可能性があります(?)ので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。
ルーミン29さんはこのレスを読むのは、来月の下旬ですよね。そう思って、気楽に書いちゃいます。

>>79>>98 も、それぞれの年齢に応じた女の子の気持ちがよく表れていて、とても応援したくなります。
現在の年齢になっても(一応ある一定の、ですよねー?)
『小学校の時の無邪気で陽気で少しHで、とても気配りがあり優しく凛々しい少年のときの貴方が私の胸の中にいます。
 大好きでした。か○○○○○○き君。』って書けるって、そりゃあもう、K君もいい子だったんでしょうけど、
ルーミン29さんがいまだに少女の心を保ってるってことですよ。
きっとルーミンさんって、子供っぽさを持ちながらそれでいてかっこイイおえねさん(オバサマなんて言いません!)だろうなって想像してます。
>>98 で感嘆したのは、彼が文化祭で歌ったのが5曲であること、しかもそのうち4曲が何だったかってことを覚えてることです。
スゴイです。きっと、そのころ17歳のルーミンさんの頭の中にキッカリと刻み込まれたんだと思います。
それから、親にギターを買ってもらった動機も傑作だけど、友人を頼って彼に近づく涙ぐましい17歳の女の子のいじらしさ、
青春ですねー!

願わくばルーミン29さんが、K君でも高校時代の先輩でも、何かがきっかけでいつか会えますように!
そしてそのとき、お互いが元気で健康で、よき人生を送ってることでありますように!!

今日は以上です。良き関係を持ち始めてる外出中の妻を、最寄り駅へそろそろお迎えに行きますので。
シスター34さんの中一時代のセカンドラブ >>107 もイイですねー。別にレス致します。

4年前 No.264

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆様、こんばんは。 >>264 続き、今夜2度目の投稿です。

シスター34さんの中一時代のセカンドラブ >>107 、半年後に塾でまた会えるようになって、とても楽しい1年半を
過ごせたとあり、勉強の為塾へ行くのにも拘わらず、それが嬉しさ・楽しさになっているのが何かすごく伝わってきます。
Y君の消息は分からないのでしょうか?わからなくても、そういう昔の思い出がきちんと刻まれてれば、ある意味それで充分かも、という気もします。
(「自分は再会してるのに、人のことだと思って勝手なこと言うなよ」って声が聞こえる気もしますが・・・・。)

シスター34さんが好きになったY君は、お姉さんが大好きだったK君と共通点がありますよね。ええそうです、友達をかばったり慰めたり、
いろいろ気遣いができる優しい子だという所が同じですね。きっと29・34のご姉妹もそういう方たちなのでしょうね。
ご姉妹は五つ違いですか?そうだとしたら、イイ感じの年齢の離れ方だと思います。
丁度お互いの個性の違いを認めることが出来るくらいの年齢差ですね。
小さいときは姉がある程度妹の面倒を見てるので、お互いの年齢差も認識できてて、変な競争意識もないだろうし。そうじゃないですか?
押し入れで眠ってるギターを叩き起こすって、弾いてみるんですか? それとも「姉ちゃん、コレ邪魔だよ! もう捨てちゃいなヨ!」とか言って
姉さんが捨てるに捨てられない思い出のギターを、叩き壊したりするんじゃないでしょうね?

少しスレのテーマから外れてきたので、この辺で終わらせて頂きます。他の人の「恋」につき「論評」するのって難しいですね。
と言い訳しつつ、ルーミン29さんとシスター34さんへ、これを機会に今後スレ友になって下さいって、お願いしちゃうのです。

4年前 No.265

モノローグ(四季)☆qqFCWWCcCR5V ★ytvLXCepFk_Zos

皆様、おはようございます、、。

信州大好き5757さん、
ルーミン、シスター御姉妹さんの恋話、読んでいてとても気分が良くなりますよネ。
胸キュン物の青春小説の1エピソードでも読んでる気分になりますね。
ここのスレは恋の想い出が千差万別でいくつもの人生ドラマを感じます。
切ない話も胸キュンも多々あり、また笑っちゃう話も、、。今回はそれを数名紹介でもします。
まず、男性Aさんの >>17, >>73、きい君の >>33 、或る女さんの >>40, >>73、
ウーマンさんの >>71 、他にも沢山のドラマがあります。
ルーミンさんたちとも楽しいスレ友になって下さいませ。楽しい姉妹さんたちですよ、
そうそう、
スレ友なんですが極最近立ちあがった純さんの『藤 圭子さんへのメッセージ』にも
あの時「70、80年代を、、」で語って下さった御友人のエピソードでも天国の藤 圭子さんにメッセージを
送って下さいませ、圭子さんの大々々ファンの参加者keikoさんが大喜びされると思います。
直ぐでなくてもいいですから(一人でもスレ仲間が増えるのは楽しいものですからネ。)
>>260 で仰ってる
昔の彼女が「幸福な生活」を送ってるようだったので、こっちもイイ夫婦でいなきゃあなー、
という気持ちになったからでしょうか?
keikoさんも人生いろいろですけど、今は幸福な生活を送ってらっしゃるようです。

では信州大好きさんの今後の良い進展≠ニ幸福をお祈り致します。
奥様も大事にして下さいませ、、。今後のお話を楽しみにしています。

では皆様もイイ一日を(メリークりスマス)

4年前 No.266

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

スレ主のモノローグ(四季)さん、明けましておめでとうございます。
皆様、おめでとうございます。

昨年7月にこういう掲示板への投稿を初めて行い、それがこの「昔の恋・・・・」のスレでした。
早くも半年が経とうとしており、この分ではアッという間に、多数の皆様は60、65、私は70になってしまいますね。
過ぎゆく日を惜しむように、今年もできるだけ本欄をメイン(「我が青春の・・・」をサブ)にして投稿していきたいと思っています。
私が昨年の初投稿から毎回書いている事柄は、まだまだ続きます(続く積り?)ので、モノローグさん初め、今まで付き合いで読んで下さった方々も、
呆れずにまた引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。
それから、考えてみますと(考えなくとも)私、それ以前の小・中学時代の淡い恋物語(?、主に振られ物語)をここでは全く書いてないので、
今年はそれも書いてみたいと思っています。スグ、ネタは尽きるかもしれませんが、モノローグさんに負けじと無理無理に思い出しながらでも
いくつか書いてみたいと思ってます。(モノローグさんは無理に思い出してるわけではないでしょうけど。)

>>266 でモノローグさんから紹介された(以前に紹介されたものも有り)過去ここに書かれた皆様の物語についても、今度感じたことを書きます。
また、以前他のスレで書いた藤圭子さんに関する友人の話は、最近立ちあがった純さんの『藤 圭子さんへのメッセージ』にまた書いてみます。

いろいろとありますが、本年も息を抜きつつ熱っぽく、いろんな「恋」や「歌」を語っていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

4年前 No.267

モノローグ(四 季) @siguresiki☆qqFCWWCcCR5V ★cRIfRAPp66_6sV

皆様、新年明けましておめでとうございます、、、。

 信州大好き5757 さん、
 今後も中高年版でのレスよろしくお願いします。
 そして、再会話も含めた昔の恋話(誰もが通過する経験談)も楽しみにしています。
 小生も振られるというより片想いが殆どです(泣笑)
 只々、笑顔等が見たくて馬鹿げたことも恋する度によくしてきました、、。

 さて、
 他スレで書いたかも知れませんが、小生は年末年始は今回も仕事で正月気分もありませんでした。
 年賀状作成も大晦日と元旦の夜にまだ書いてなかった残りの方々に作成した次第であります。
 おっと、愚痴を言ってしまいました。(ゴメンナサイ)
 ここは恋話のスレでしたネ。
 藤 圭子さんも南 沙織さんも熱く恋した芸能人です。
 純さんって方が立ち上げて下さったスレッドも楽しみにしております。
 天国の圭子さんに語りかけるように御友人の想い出をお願いしますね。、、、、。

 では、
 そろそろ家を出ますので失礼します。

4年前 No.268

煮込みうどん ★ZhJyRtvFSR_Zos

はじめまして

自分のような恋があるか検索しているうちにここへたどり着きました。

早速ですが体験談を

もう間もなく35年になります。
田舎の中学校でしたから転校生もあまりなかったのですが、中二になる時のクラス分けを見ると見知らぬ女の子の名前が・・・転校生でした。
当時、私は勉強を全くしないにもかかわらず成績が上位ということもあり、よく班長をやらされていました。
その中で、学年始めの班編成で彼女が私の班へ。少しずつ話をしていくうちに、当時人気のあったアニメに双方興味があることがわかり、それを主体に話をし仲良くなっていきました。
2年生、3年生と同じクラスで次第に彼女に惹かれていく自分がありました。

中学卒業後は別々の学校。卒業前に思い切って告白の手紙を、借りたレコードに忍ばせて渡しました。
結果は「ごめんなさい」玉砕でした。

でも私は諦めきれず、たわいもない内容で手紙を出し文通が始まりました。
年に何回かの往復でしたが。

高校を卒業し彼女は関東の短大へ、私は5年制の学校へ行っていたのでそのまま地元で。
双方学校を卒業すると入れ替わるように、私は関東へ就職。彼女は地元へ。
でも、不思議と年数回の文通は続きました。
たまに私が帰省するときには、2人でドライブへ行ったり食事(アルコール抜き)へ行ったりしましたが、その頃にはその関係を壊すのが怖くて、手をつなぐ事もできず、当然、再告白することもできず、仲の良い友達として過ごしていました。


そうこうするうちに双方別のパートナーと結婚。
私には3人の男の子が生まれましたが、今から8年前離婚し子どもたちを引き取ることにしました。

彼女とは年賀状のやりとりだけではありますがつながりはありました。
年賀状には私はメールアドレスを記載していました。
4年ほど前、見知らぬアドレスからメールが届きました。
彼女でした。
メールのやり取りをするうちに、彼女も私の離婚の5年ほど前に離婚し子どもがいないことがわかりました。

このメールのやり取りも、文通のときと同じようにたわいもない内容で、数ヶ月に1晩だけという間隔です。

2年前、仕事で東京へ出てくると連絡があり、食事を誘うと即OKの返事
20年以上を隔て再会を果たしました。
お互い「変わらないね−」が第一声。
約2時間楽しい一時を過ごしました。
私の末子が腎臓病で食事制限があるため、食事の用意を私がしなくてはならずその日はそれで解散。

その後も数ヶ月に1晩のメールは続きました。

今年の元日に、あけおめメールを送ったところ、1月4日に仕事で横浜へ行くとのこと。
また、食事を誘いましたところ、「楽しみにしている」と返事が。
この日、食事前に1時間半ほど夜景を見ながら散歩している内に自然と手をつないでいました(中学校のフォークダンス以来、30年以上経ってはじめてつなぎました)。
私「温かい手だね」
彼女「いつも生徒には驚かれるほど手が冷たいんだけど。今日は2人だからだよ」

楽しい食事を終え、彼女の泊まるホテルの最寄り駅かつ私は自宅へ向かう駅のホームで、人目も気にならずに・・・。

今年7月末子が夏休みに入ったら9年ぶりに帰省することにしました。
その時にまた会う約束をして。

4年前 No.269

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

皆様、こんばんは、、。

 煮込みうどんさん、
 ここのスレ主です。投稿有難うございます、、。
 >>【それを主体に話をし仲良くなっていきました。
    2年生、3年生と同じクラスで次第に彼女に惹かれていく自分がありました。】

 この感情はよく分かりますネ。自分も一目惚れはあまりしない方で徐々に好きになって行く性質ですので、、。

 でも数十年ぶりに恋しい女性といい出逢い(再会)があるなんて、
 人生は捨てたもんじゃないですね。
 何だか ここ最近会話してる信州大好き5757さんみたいです。
 とてもドラマチックで貴方の話もお酒に合いますよ、
 今夜はワインがとても美味しいです、、。

 とてもイイお話を聞かせていただき有難うございました。
 良かったら、また来て下さいネ。

 では皆さんも
 いい夢を見て、オヤスミナサイ、、、、。

4年前 No.270

煮込みうどん ★u1Idg9Q7nL_Zos

おはようございます。


モノローグさんありがとうございます。

これだけ長い時間かかったので、あせらずにと思っています。

近々、彼女の誕生日(ずっと覚えています)。
近所の酒屋がオリジナルで輸入している、おいしいワインを誕生日に届くよう送ろうかと計画しています。

また何かありましたら、こちらへ書きこみしたいと思います。
それではまた

4年前 No.271

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

煮込みうどんさんへ

 「信州大好き5757」といいます。初めまして。煮込みうどんさんッ、私も応援しています。

 良い方向へ、相手の方、息子さん方も含め、皆さんが幸せな方向へ向かわれますことをお祈りし、応援します。

  >>269 を読ませて頂いてから、何か応援メッセージを書き込みたいと思っておりましたが、

 つい今しがた朝一で開いたら >>271 が掲載されており、文面からみてしばらくここを訪ねられないかもしれないと思い、

 慌てて投稿している次第です。

 頑張って下さい! 若いころのお付き合いの頃『手をつなぐ事もできず、』というところが

 私達の場合と同なじ(オンナジ)です。私も40年以上かかって(ちょっとだけですが)彼女の手を握ることが出来ました。

 彼女の誕生日を覚えておられるとのこと、私もそうでした。再会時そう言って「エッ?本当?」と言って戸惑う彼女に対し、

 ズバリ当てました(毎年思い出してて覚えてるので、当たるのは当然ですが。そうですよね、煮込みうどんさんッ)。

 まさか自分の誕生日を何十年経っても覚えてくれてるなんて!、と言って、彼女はとっても喜んでくれました。

 誕生日のワインのプレゼント、素晴らしいです! きっと彼女、大感激されると思います。

 ご健闘を祈ります!!

4年前 No.272

樹理 ★Android=OwbYJpRi4K

お早うございます!

私は昔の恋は記憶には無いけど、他のスレでの書き込みを拝読している内容にショックを受けて落ち込んでいてる時に唯一心に光が差した、このスレッドでの【煮込みうどん】さんの書き込みに目が釘付けになり感動しました。
離婚して三人の子供さんを引き取って男一人で育てているのに感動です!
まして末っ子の子供さんが病気だと言う事に大変な御苦労をお察しします。

その中での貴方の彼女への思い温かく見守りたいと思いました、子供さん達も貴方の背中を見て優しい子供さんに育って行く事と思います貴方の事陰ながら応援したいと思いました、そして未来は貴方に幸多い事を心より
お祈りします。

久し振りに良いものを見さして貰いました。

※PSモノロ−グさん有難う御座いました。
やっぱり貴方は魔術師ですね!

4年前 No.273

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

皆様 こんばんは。

スレ主のモノローグ(四季)さん、いつもここのスレ、お世話になり有難うございます。
例の件、(えーそうです、幼馴染のN子姉御に頼んでいた「再々会」のことです)現状のご報告を。

ほーー−んの少しだけ前進がありました。またもや小さな偶然が絡んでます。
新年明けてのある数日間、この十数年N子がライフワークにしているある創作物の一門の展示発表会が、
某老舗百貨店の催事場で行われたのですが、そこで彼女に私の再々会したい気持ちを伝えてもらうことが出来ました。
いつもは誰にも年賀状を出さないN子は、今年は珍しくその催し物のPR用葉書を「年賀状」代わりにして、
「相変わらずこういう世界でやってるよー」的に親しい者に新年の挨拶として送ったのですが(私にも来ました)、
遠く離れた我々の故郷に住んでる「彼女」はそれを受け取るや、「夫と二人、丁度その頃娘一家の用事でそっちに行くのよー」って
正月中にN子にメールしてきたそうです。
私は、以前から時々そういうPR葉書をN子にもらってるのですが、いつも「別に来なくってイイよ、お客さんの相手で会場では
忙しいし、来られても相手できなくて却って邪魔!!」(だったら葉書寄こすなよーっ、つうの! と言いたくなる)
みたいなことが書いてあるのに、今回は何にも書いてなかったので暇つぶしに期間中の3日目くらいに仕事帰りに寄ってみました。

そこでたまたま会っちゃった!(しかも旦那も一緒?!)、となるとTBSの(別に「日テレ」でも「フジ」でも「テレ朝」でもイイけど・・・・・
こう書くと日本のどの大都市か分かっちゃうけど、)ドラマ仕立てで面白いのですが、そうではありません。
私が行った日、店番(会場の説明員、兼雑用係)として暇だったN子は機嫌よく私を迎え、百貨店内の立派な喫茶室でコーヒーを
(その主催団体で使えるチケットを無造作に使い)御馳走してくれました。
そして・・・・「あの話(私が再び会うことを望んでること)、彼女にまだTELとかしてなかったんだけどさ、実は、(カクカクシカジカで)
2・3日中に多分ここに見物に来るよ。ひょっとしたら今日、今でも会場に来るかもよ? そしたらアンタどうする?」なんて、
ひとしきり私を冷やかした後、
「旦那が一緒じゃなければ、アンタの気持ち・考えをちゃんと話しといてあげるからね、うふふ・・・・」と言ってくれました。
そしてN子の予想はピタリ! 2日後の午前に彼女は会場に現れたのです。
N子からは、彼女が去ってからスグ携帯メールが来ましたが、忙しそうだったので翌日ゆっくりと電話で様子を聞きました。
可愛い3〜4歳くらいの女の子の手を引いて、「やっぱり来ちゃったー、今日はこの子の御守り(子守り)なのー」と言いながら、
手を振ってニコニコ笑って現れたそうです・・・・・・。その小さな女の子と二人だったそうです。
そうですモノローグさん、確かに前に会ったとき彼女が言ってた通り、彼女は「おばあちゃん」になってました。
いいんです、年齢的に当然です! だ、か、ら、彼女は幸せなんです!
その日その時、旦那さんはどうしてるのかN子も聞いてないのですが、ともかくその時は孫と二人で、あいにくN子は来客が多く
ゆっくり話せなかったそうだけど、私の気持ちと考えは、キチンと伝えてくれたそうです。
それに対し彼女は「ハイ、ウン、」って、ニコニコ微笑みながら聞いてくれてたそうです。
「大丈夫、大丈夫、良かったねーアンタ」と電話の向こうでN子は言ってくれましたが、時期的なものは見えません。

もっとこまごまと、彼女の様子や孫の様子とか(きっと、凄く可愛い子だと思います、私は絶対!そう思うのです。)も
聞きたかったのですが、N子姐さんも本当にその時はゆっくり話せなかったらしく、友人として残念がってました。
今年はもうあんまりこっち(私が居る大都市圏)に来る予定は無いらしく、雰囲気的には「再々会」はだいぶ先になるかも
知れません。でも、イイんです。私の思ってることが、変に誤解されたりせずに受け入れてもらったようなので、
当分落ち着いて毎日過ごせます。数ヶ月とか半年なんてスグですからね。
ますます女房孝行せねば、と殊勝な気持ちになってる次第です。
ということで、またも長くなりました。スミマセン。

彼女との「再々会」が実現するまで、以前予告(?)した小中時代の片想思い話の数々(?)で引き続きここにお邪魔したいです。
スレ主モノローグさん、(これを読んで下さってる方々も)改めてどうぞ宜しくお願い致します。

4年前 No.274

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

おはようございます、皆様、、。

信州大好き5757さん、
レスポンス遅れて申し訳ありません。
たしかにもう年齢的にはおばあちゃんになってますね。いい展示会だったみたいで、、。
彼女との再々会までの小中時代の片想いの数々の想い出話も
楽しみにしています。

 想い出を大切に、、、。

4年前 No.275

ルーミン29 ★dG4SZ9q0ej_Zos

久しぶりにきました。

信州大好き5757さん 私たち姉妹の恋話を読んでいただいてありがとうございます。たしかにそうですね
恋の相手は友人をさり気なく庇うっていうかそんなところは共通点がありますね。言われて気がつきました。容姿はお互いに見てませんから分かりませんが、笑、
四季さんが紹介されてる男性Aさんたちの告白は私も妹も読みましたよ。かなり切なくなりましたがこれも人生の宝だと思います。
ひとつレス番にお間違いをされてますので私が変わりに訂正をします。
男性Aさんのもうひとつのレス番の >>73 は合っていますが或る女さんのもうひとつのレス番は >>59 です。
一度目のお話は切なくなりますが2度目は少年少女時代に遡っての恋話はユニークですよ。きいさんの両親のなれそめは笑ってしまいましたフフフ、
元カノとの再会話も楽しみですが 以前の片思いの話も聞きたいですね。

煮込みうどんさん 応援してます。ワインは赤も白もいい雰囲気ですね。
樹里さんもいつまでもご主人と仲良くね。

四季さんは再会はないのですか?私は日頃の行いが悪いのかありませぬ 笑

それでは・

4年前 No.276

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

皆様、こんばんは。

ルーミン29さん、ご返事有難うございます。
では、まだ書いてなかった小中学校時代の恋話を今日は書きます。
モノローグさん、お待たせしました(別にそれほど?)。

私は高校時代3年間は、好きになったのも付き合ったのも、いつもここに書いてる彼女たった一人だったのですが、
小中の頃は目移り(?)したり気が変わったりで、たくさんの女の子を好きになりました。
でも全部が一方通行か、何も形にならなかったか、のどちらかです。
その分、高校時代に花が開いた?(どうしても話がすぐここへ行きます。)

初恋を書きます。
相手の女の子とは、小3・4年の2年間、何人かを含めての仲良しグループ同士で遊んでました。
友達の男女を含め、お互いの家にも遊びに行ったりしました。
《閑話休題》そうです皆様、昭和30年代前半くらいに「戦後民主主義教育」の成果(?)によって、
男女同権意識が子供たちの中で浸透し始め、男女仲良く、学校の中でそして放課後家に帰ってからも子供たちは一緒に遊ぶように
なってきていました。(勿論地域差や周りの環境の違いはありますが。)

5年になるとき組替えがあり、私はその子と別のクラスになりました。
しかし5年生から始まった「クラブ活動」で一緒になりました。『演劇部』なんです。
週1回の部活動で会えば普通に話しをしたり、先生の指導で劇の練習を一緒にやってたのですが、そのうち私はそれまで感じてなかった
その子の可愛さを意識し始めました。丸くてつやつやした顔に、笑窪がくっきりと出るカワイイ子でした。
そういえば、あれほどはっきりとしたエクボは、今までの人生で見たことはないですね。
小柄なのに足が速く、いつも運動会のリレーの選手でした。昭和の年号から名をとった、私たち世代では非常に多い名前の子です。
6年の頃はその子のことがいつも気になって、私は友達を誘って(友達に頼んで?)校内のどこに行くのにも、
わざわざ遠回りしてその子の組の廊下を通るようにしてました。
そしたら一緒の友達がワザと「○○さーーん、■■クンが通ってるよー!!」等と大声で叫ぶのです。
しょっちゅうそれをやるので、私の片思いが皆にも勿論本人にも知れることとなりました。
ですからその頃、その子はクラブ活動で私と練習が一緒になるとやりにくそうにしてました。
その子はキリスト教系の女子中学校へ進みました。ですから、小学校卒業をもって何の進展もなくこの初恋は終わっつたのです。

ただ、後日談が少々・・・・・。
私は中学に入って、1度だけ、彼女に友達的な手紙を出してます(そして返事ももらった記憶が有ります。)
だからでしょうか、2年の夏休み前「東京へ引っ越します。さようなら。」という葉書をもらいました。
私は何かの手段でその子の家族が出立する日と時刻を知って、国鉄の駅へ一人で見送りに行きました。
でもその時間そのホームは、その子のお父さんの会社関係の人たちが大勢見送りに来てて中2の私など近づけず、
離れた所から隠れるように彼女の方を見ていました。
彼女は私が来てるのに気付き、かなりビックリしてましたが、家族を含めて大勢の人達が談笑してる中、
そこから離れて私の所へ来るわけにもいかず(来ようという感じもなかった)、
そのうち時間になって列車に乗り込んでいきました。最後に話をしたかったので、とても寂しく帰ったのを覚えてます。
ところが嬉しいことに、2学期になって彼女から「△△にある▲▲中学に行ってます。」という葉書をもらいました。
でも彼女が書いた発信元の「区」のあとの地名(町名)が判読できず、また中2にとって東京はあまりに遠くて縁のない所
という感じですから、返事を出さないままでなんとなく過ごしてしまいました。これで完全にオシマイです。
判読できなかった彼女の住所、今ならどこだったのかわかりますが、葉書はもう手元にはありません。(笑)
40歳代の頃、ある旧友からその人が首都圏の都心に勤める「キャリアウーマン」になってる、と聞きました。
その旧友は、友人関係をたどればその人に会うことはできるよ、と言いましたが、私は何も心が動きませんでした。
この初恋は小さい時の思い出みたいに、そのまんま残しておきたいと思ったからでしょう。

4年前 No.277

Monologue (四 季) @sikisigure☆rEhXMZMBbcKC ★ytvLXCepFk_Zos

皆様、おはようございます、、。

信州大好き5757さん、
>>277 を拝読させていただきました。本当は夜にお酒でもたしなみながらの方がいいかも知れませんが、
今、モーニングコーヒー(キリマン)を挽いて、それを飲みながら書いてます。
告白されてるお話は前に述べてらっしゃるように、、九州時代ですね。
1地方都市のエピソードに似合いのお話で微笑ましかったですよ。
277*小中の頃は目移り(?)したり気が変わったりで、たくさんの女の子を好きになりました。*
私も沢山の女の子に目移りした筈なんですが、小学校の時の恋は所謂 初恋の君 しか記憶にないのです。
何故なんでしょう? その恋は最初の頃に書いてますが、、。
しかし、信州さんのお話はどこにでもありそうな恋ですが宝物のような想い出ですね。
何だか大林宣彦監督の思春期モノの映画みたいです。
小生も学業成績は悪いわりには小学生の時はわりと人気者でしたが小生に恋してた女の子は多分いないと思います(苦笑)
中学校に入ると思春期に入りますね。
やはりその頃は目移りは多くなります。ハハハ、、。でも小学生時代と違ってて何せ思春期ですから
訳の分からないコンプレックスも芽を出して、、女の子に手紙を出す勇気などありませんでした。
人生は1度ですから、自分もラブレターはとも角普通に手紙でも出しておけば良かったと思いましたよ。
今頃はいい想い出になってるはずですし、、。
最後の行、
*この初恋は小さい時の思い出みたいに、そのまんま残しておきたいと思ったからでしょう。*
小生もきっとそうするとは思いますが、
中学の時の想い人は、、ひよっとすると?陰から眺めるのかも知れませんね(笑)

では、、もう仕事に行く時間が迫ってきましたので、失礼します。

4年前 No.278

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

Monologue(四季)さん、あまり時間がない中、レスを有難うございます。

本当にこういう話は、分かってもらえる人にお互いの話としてゆっくりチビチビとやりたいですね。
(ご推察の通り私、九州人ですが)日本酒はサッパリ飲めないのですけど・・・・。
あの頃は九州の子供にとって、東京って本当に別の国みたいに遠かったですね。
だから住所が判読できて手紙を出したとしても、「手の届かない遠くの世界に行ってしまった。」という感じが強くって
文通は続かなかったと思います。
それに中2の2学期には、私はもの凄い浮き沈みの激しい(幼い)恋愛ごっこをしてましたから。

今日はその恋愛ごっこを書きます。
相手はオマセな1年生でした。2人とも事情があって校区外から電車通学しており、私が2年の2学期の始めの頃には
時々電車の中で話すようになってました。
ところがいつの日からか、下校時間になると1年生の彼女は2年の私の組の教室の近くで、私を待つようになりました。
一人でポツンと待ってて目立つ上に、私の組の「終礼」が終わるとサーッと教室の出入り口まで私を迎えに来るのです。
私は焦って、急いで取りあえず通用門の外まで連れて行くのですが、彼女は「(一緒に)帰ろうよっ!」と言って、
私が下校準備をしてそこに戻るのを待つのです。
そんなことが何回かあって、私も諦めて最初からカバンを肩から下げて(そうです!男子中学生の定番だった白のショルダー)
教室を出るようになったのです。そしたら彼女も安心して、教室まで来ずに通用門で待つようになりました。
しかし毎日のことなので結構目立つし、いくら「戦後の民主主義教育の成果」といえども、毎日男女2人で帰る者はいなかったので、
1年生と2年生の生徒の間では話題になっていました。
彼女は健康的な色黒で目鼻立ちのはっきりした子で、後で知ったのですが小学校でも「オマセ」で有名だったそうそうです。
彼女は私と違う隣の小学校出身だったので、そんなことは私は知らず、ただその積極性に押されっぱなしでした。
そのうち私は、オマセでお喋りな彼女との下校時の電車通学が楽しくなり「かわいくっていい子だなあ」みたいな、
年下の女の子への思春期の恋の気持ちを抱くようになりました。
そうして私の気持ちの方が上を行くようになった頃(一緒に帰るようになって2ヶ月くらいの頃)、彼女は一緒に帰らなくなりました。
友達と先に急いで帰ったりするかと思えば、私を避けるように学校に残るようになりました。
私の気持ちは、有頂天状態から一気に不安で落ち着かない、どうしようもない状態になりました。一時期とてもガックリしてました。
最初はライバルが出現したと思いましたが、何と、オマセな彼女は私に飽きて、単に他の2年生に気持ちを移したのです。
その一応ライバルらしい奴も、一方的に彼女のアタックを受けていました。
私と同じパターンのように見えたので私は競う気がなくなり、徐々に彼女に対する気持ちが冷えて行ったのを覚えています。
(案の定、その2人の関係は私より少し長く続きましたが、学年末で「終了」しました。)
そのあと1年間、同じ学校ですから当然顔も合せましたが、昔のことは関係ないように普通の調子で校内で話しかけられたりして、
とまどったこともあります。あれは彼女にとっては、男の子との普通の付き合い方だったのかも知れません。
途中でノボセたこっちがアホだったのかも。

彼女は大人になっても地元で「元気なオバチャン」をやってたようで、今でも悪い話は聞きません。なんとなくホッとします。

4年前 No.279

ものろーぐ♂, @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

皆様、こんばんは、、。

信州大好き5757さん、
レスポンス遅れまして失礼しました。
小生も日本酒は今は殆んど飲みませんよ。二十歳前後から22〜3歳頃までは逆に日本酒が主だったんですけどネ。
イヤイヤ、二日酔いの場合次の日が辛くて頭がガンガン、、。
今でも極たまに飲む時がありますが、酔いの回りが早いし悪酔いします。(汗)
話がずれてきますのでアルコールの話はここまでに、、。(笑)

あの時代に中学生で例え恋愛ごっこでも経験出来たなら、幸せじゃないですか、
自分たちは女の子たちと会話はくらいは気軽に出来るのですが、、、。
そんな経験は周りでもあんまり聞かなかったですね。小生の中学時代の恋は >>6 で述べたとおりです。
でも、お話を聞いてると如何にも中学生のドラマですね。それもあの時代.昭和40年前後かな?
小学校は隣だった、オマセでってことですが、その話を聞いてあるデートもどきを思い出しました。
自分たちの中学校もわりと町中なんですけど、隣の中学校はもっと町中で、、、。
その中学校の女子中学生は自分たちの生徒よりもあか抜けて見えました。
中3の頃土曜日に大きな公園に学校が終わって時々仲間と行ってました。別にナンパ目的ではありませんよ(笑)
貸しボートのあるお堀ばた、その隣の中学校の女の子二人(1学年下だったかな?記憶が定かでは、、)
二人で何かお喋りをしてました。「コンニチハ」と言ったら向こうも「コンニチハ」
その日は他愛もない話をして終わりましたが、友人と「来週も行こうぜ、また会えるかも」とニンマリ、
そして行ったら,本当に彼女たちもいたのです。お小遣いを何とか工面してたので、
思い切って「ねぇボートに乗ろうか?」と言ったら、少しためらったたけど「う〜ん、いいよ。」との返事、
劣等感が顔を出してる自分がこんな誘いが出来るなんて、そんな自分に驚きました。きっと同学校の女の子には出来なかったと思います。
ボート料金はいくらだったかは全然憶えていませんし、どんな会話をしたかも記憶にありません。
友人もそうだと思います。Wデートもどきの淡い中3の春頃のエピソードです。
つまり初デート?だったんです。お互い名前も名乗らずイヤ名乗ったかも知れませんネ、その記憶すらありません。
只々、思春期だから可愛い女の子を前にオールを漕ぎながら表面は平気な顔をしてますがもうドキドキして
青春の目覚めを感じた記憶だけが残ってます。たった2〜3回のデートもどきですね。
その後は数回だけ街角ですれ違って軽く会釈程度で終わった、、疑似恋≠ナす。
では、、おやすみなさい、、。

4年前 No.280

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆様、こんにちは。
Monologue(四季)さん、お忙しい中、いつも丁寧なレスを有難うございます。
(遅いことなんかないですし、それにそんなこと気にしないで下さい。)

>>278  では、「大林宜彦監督の思春期モノ映画みたいだ」なんて、とんでもなく嬉しいコメントまで頂き、
「イヤーッまいったなー。私の投稿してる内容って、そうですか? エッ、ホント?」と尋ね返したくなるような、
少し浮かれた気分になりました。
モノローグさんは褒めるのがうまいというか、乗せるのが上手ですねーッ。
それに嬉しかったのは私、大林さんの映画は少しですけどファンです。「少し」というのは、大林監督の経歴や作品に
詳しくないからです。せっかくなので、後日(今日か明日か、もっと先かも。)映画のスレに初投稿してみたいと思います。

>>280 のモノローグさんの、土曜日午後の公園の話、私これを読んで、
「おーっ、オーッ!」と、ややパソコンから体を離してノケゾリました。
なぜなら、私も高校一年の一学期の初めごろ、新しい学校での友達3・4人と同じようなことをしていたからです。
(私自身は消極的に、でも興味あって付いて行ってた感じです。本当です!。)
私たちの場合は、女の子たちとお互い離れたベンチに座って、なんとなく笑ったりお辞儀したりするだけで、
それ以上何もなく、後になって友達と「俺たちホントに、一体何しに公園へ行ってんだろう?」って後悔してました。
やはり相手も毎週同じような顔ぶれだったり、そういうグループがこっちもあっちも何組かいましたね。
私達は男子校でしたし、相手も女子校でしたね、(類は友を呼ぶ、ですね)。
5月か、6月になってたかも知れません、そんな軟弱な私達は、他校の不良グループに因縁つけられて小遣いをたかられました。
そしてそれを学校(教師)に律儀に報告したものだから、以後そこには(その楽しい公園には)行っちゃイカン! となって、
私は、再びまたも女の子の匂いのしない殺伐たる高校生活に戻ったのです。
そんな私を救ってくれたのが幼馴染のN子だったのです(と、またもここに話が行き着く・・・・)。
それはともかく、 >>280 を懐かしく、またすごく納得しながら読まさせてもらいました。
ボート代を工面したり、街中ですれ違っても会釈程度、ナンカ解ります、その雰囲気が。
年齢的にも、時代的にも(私の方が数年前ですが)また地域的にも、そんな時代でありまた地方はそうだったのではないでしょうか?
ホント、こんな話してたら懐かしくって切りがありませんね。

今日は、(前回書いたのが中二の時の「恋愛ごっこ」だったので)中三の時の「第二の初恋」話を書こうと思ってましたが、
長くもなったので次にします。乞、ご期待! なんて、こんな話になると一人で浮かれてますね、全く!(イイ歳して・・・・)。
モノローグさん向けに、予告編的に言うと、「(放課後の)渡り廊下」が出てきますので、やっぱりご期待あれ(←シツコイ)。

4年前 No.281

金魚の帽子 ★Smart=S0t5Du0HgZ

こんにちは。もう30年ほど前のことですが、語ります!
当時大学生だった私は一つ年上の彼と
付き合っていました。もっと会いたいって思っていたけどそう言えば嫌われるかな、とか思って、なかなか素直な気持ちを出せなくて、こんなに会わないのに、彼、っていえるのかな、でも彼の負担みたいなのにはなりたくないし、私の希望を言えば
終わりそうな気がして、それが怖くて、、、。そのうち彼は4年になり、ますまし忙しくなり、物理的にも会えなくなりました。わかってはいるけど感情が邪魔をして、久しぶりに会えば、ただ泣くばかりで、彼も困っていました。そんな中ふと出た彼の高校時代の話。その頃の彼女の事でした。彼女くらいはいたんだろうとは思ってましたが、彼女と彼にあったこと、それは私には一番理解できない許されない事でした。
聞きたくなかった。そして友人の助言もあり、私は今までの自分の思いを彼に伝えました。ひどく口汚い言い方をしました。今思えば、私の本当の気持ちとかけ離れていてようです。
それから、彼におまえに構う時間は今ない。と言われました。
今思えば、これ、別れの言葉ですよね。私、鈍かったんです。じゃ、時間できてからでいいよ、なんて言ってしまって、、、。
それから電話しても家にいないだろうから、手紙を書きました。そしたら、君に対して冷めてしまっている自分に気付いた、と言う内容の返事がすぐ来てしまいました。ご丁寧に会うつもりもないし、会いたいとも思わない、とダメ押しされていまして、、。
彼には、おまえといたらホッとする、とか将来を約束するような事を言われていたのですが、先日何気無く見たサイトで、ホッとする、と言われたら男はあなたから去って行くことは無いでしょう、と書いてあるのを見て、なんか、後悔しまくっています。
文字にするとバカみたいな恋ですが、私には言いたい事も言えず、なかなか会えず、突然の別れは一枚の手紙、、。辛かったです。
最近子育ても暇になり、この事を頻繁に考えます。しかもよせばいのに、彼の名前を多分でてこないよな、って検索してしまい、、、。ヒットしてしまいまして、今の彼に文字だけですが、会ってしまいました、、。
最近後悔ばかりで、そんな自分の感情が毎日すごく邪魔です。こんな私ではいけないと思っていた矢先、こちらのサイトに出会いました。
思い出、と言うより、現在の悩みみたいなわけで、ずれまくっていてすみません。読んでくださった方ありがとうございます。

4年前 No.282

モノローグ(四 季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

こんばんは、皆様、、。

金魚の帽子さん、
このスレに来て頂いて有難うございます。お話を拝読させていただきました。
・・今までの自分の想いを彼に伝え、その伝え方が口汚い言い方をしてまった。
  あとで思えば本当の気持ちとかけ離れでいたようです。・・・

こっれってよくあるエピソードですね。
言葉ひとつで傷つけて返す言葉で傷つけられ、、。

唯一言えることは、
貴女は人間味溢れる女性ですよ。
ただ自分をもっと大事にして下さい。自分を愛するってことは他人を愛することだと思います。
また他人を愛するってことは自分を愛することだと思います。
ここで、、ある詩を捧げます。
  ↓  ↓
 【人が人でなくなるのは 自分を愛することをやめた時だ
  自分を愛することをやめる時
  人は他人を愛することをやめ 世界を見失ってしまう
  自分があるとき 他人があり 世界がある 】

 これは誰の詩なのか最近分かったんですが、詩人吉野 弘さんが娘さんへのメッセージだそうで、
 このあとに続きがありますが、勿論前にもあります。
 その続きは、、最後が、、。

 お前にあげたいものは 香りのよい健康と 勝ち取るにはむずかしく
  はぐくむにむづかしい 自分を愛する心だ。

 金魚の帽子さん、
 自分をもっと愛して下さい、、。

 信州大好き5757さん、
 放課後の渡り廊下のエピソード、楽しみにしています。

 では、、オヤスミナサイ、、。

4年前 No.283

金魚の帽子 ★Smart=S0t5Du0HgZ

モノローグさん、レスありがとうございます。
すぐに私も返事を、と思っていたのですが、いろいろ書き方を考えているうちに遅くなってしまいました、、。
レスを泣きながら読んでいました。
そして、胸につっかえてた後悔の二文字が、少し取れたような気がします。それまでは何故かわかりませんが、何かをきっかけに四六時中後悔をし始めて。何年も前の事を蒸し返して、同じ人に二度失恋状態!に、なったみたいで、いえ、なってましたね。もう息が詰まりそうでした。何するにも集中できなくて、、、。

今考えれば、最後に会った時、あの時は数分のズレで、こう言えばよかったな、なんでそんな風に受け止めてしまったんだろうなと思います。これもすれ違いって事ですよね、、。

レスにある、これってよくあるエピソードですよね、に、少し救われました。そうか、そうなんだ、、、って、、。自分だけが、とか心の何処かで思ってたのかもしれないです。
人間味溢れる、って言われて、ああ、そうなんだ、私、そうなんだって、、。
自分を愛するって、、、。私そんな事したことないよね、、。自分の事一番嫌いだったよねって思いました。
人間味溢れる、って具体的にどういうことか調べてみました。そしたらまさに私そのものでした。自分で言うのもなんですが。そして自分を愛するっていうのも調べてみたら、やはり私できていなかったです。
あの短い(長い?)文章で私という人間をここまでわかってくださったモノローグさんに驚いています。とうの本人は自分が何者か何十年も生きているのにわかってはいなかったんです。情けない。
これからも後悔するかもしれません。落ち込むかもしれません。 他にも私の事ですからすったもんだして人生生きるんだろうなと思います。でもなんか、やっと自分の事が少しわかってきたみたいだから、うまい言葉がみつかりませんが、自分を愛して、今より少しはうまくやっていけそうな気がしています。やっていこうとおもいます。

モノローグさんに感謝しています。ありがとうございました。
それから、私のこの今回の内容、ここのスレとずれまくりですよね。すみません。モノローグさんに感謝の気持ちを伝えたく、また、読んでいただいた方にもずれた事をお詫びしたく書かせていただきました。わがままですがお許しください。
メビリンは楽しそうですね。近いうちにまたお仲間にいれていただきたいと思います。
今日はバレンタインでしたね。ここの皆様にチョコをうけとっていただきたいところですが、できないので文字だけで、、、。


チョコレート!

4年前 No.284

金魚の帽子 ★Smart=S0t5Du0HgZ

つけたしです。いただいた詩、こちらも泣きながら読みました。心のなかがいっぱいいっぱいだった私に頑張れって言われたみたいで嬉しかったです。

ホントに私の気持ちに響きました。
今度詩の全部(なんか言い方変ですね)を読んでみようと思います。

4年前 No.285

モノローグ& @siguresiki☆SXp/7w0s1avd ★cRIfRAPp66_6sV

おはようございます、、。皆さん、

 金魚の帽子さん、
 吉野 弘さんは先月に87歳で天に召されました。20日だったかな?
 多分、追悼で本も発行されると思います。もうされてるかも?
 あの詩のタイトルは【奈々子へ】です。
 とても いい詩を書く詩人でしたよ。ロックシンガーの浜田省吾氏も敬愛してます。
 あと少しお話ししていたいんですが、もう出勤の時間いっぱいなので
 続きは、今夜か明日にでも、、。

4年前 No.286

モノローグ(四 季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

こんばんは、皆様、。

 金魚の帽子さん、
 今朝の続きです。そして訂正ですが先月の20日ではなく15日だったようです。
 ご紹介した 詩 の一部を初めて知ったのは80年代の映画で尾道3部作の1弾目【転校生】で
 その詩を授業中に朗読するシーンからでした。
 大林監督のさり気ないメッセージを感じ取ったのです。
 しかし、吉野 弘さんの詩だとはずっと最近まで知らなかったのですよ、吉野さんの他の詩はいくつか
 知ってますけどネ。他スレ(青春の1曲を、)で浜省の話が出てきて「悲しみは雪のように」を
 ユーチューブで聴いてたら、吉野さんの「雪の日に」もモチーフに、、と出てきて
 人が人でなくなるのは、≠ェ吉野さんの詩だと云うことに行き付いたのでした。
 自分も大好きな詩人です。分かりやすい言葉でどの詩も素敵ですよ。
 小生のお勧めの詩は【夕焼け】【祝婚歌】等々、、沢山あります。
 【夕焼け】は優しくあることを立て続けることの受難さを分かりやすい情景で表してます。
 詩を全部綴ると著作権の問題が起こるので、ほんの一部のまた1部を、、

   やさしい心の持主は
   いつでもどこでも
    われにもあらず受難者となる。

 これは 恋愛 にも相通じることかも知れませんネ。

 吉野 弘さんの 詩 は 吉田拓郎の【祭りのあと】の3番にも引用されてますよ。
 >♪日々を慰安が吹き荒れて 帰って行ける場所がない、、♪と
 歌詞カードには必ず、3番の1行目の 日々を慰安が吹き荒れる は吉野弘さんの詩をお借りしました。
 と記してあります。

 ネットの電波でのチョコレート 美味しくいただきました。
 有難うございました。
 では オヤスミナサイ、、。

4年前 No.287

金魚の帽子 ★Smart=S0t5Du0HgZ

こんにちは。
また来てしまいました。
あれからまた、でも半泣きになりながらレス読ませていただきました。前回私が書いた事は少し強がりが入っていました。少々前向きな事を書きましたが、無理した部分があり、いつになったら笑って読めるのか、前途多難です。でも感謝している気持ちは本当です。
昔の事を書きましたが、本当はもっと詳しく書きたいんです。その方が楽になれそうだから。でも私の話を長々付き合わせるのはこれを読んでいる皆さんに申し訳ないし、私物化も甚だしいですよね。とか、物分りのいい振りして、強引に書くかもしれない自分が、そんな自分が怖いです。
一日何回も落ち込み、後悔しています。でもここでモノローグさんや、読んでくれているであろう誰かに甘えるわけにもいかないと思っています。
一人で自分と格闘しています。
ここのを読んでいたら後悔している方もおられました。自分とは色々ちがいますが。みんな何かを抱えて生きておられるのかなと、少し思いました。私も頑張らないとだめですよね。(これも強がりです。本当は、わかってはいるつもりだけど、できないよー、です)
家族にも甘えてますよね。こんなつまらない事をぐだぐだ思っている暇はないはずなのに。
なんだかわけのわからない事ばかりですみません。きっと気持ちが下向きなんでしょうね。主人は私は鬱病だ、と冗談でいいます。こんな事でくよくよしてるとは、言ってませんけどね。確かにそんなところあります。鬱の方には不快な言い方になってしまったかもしれません。すみません。
自分はもう少し強くならないといけないですよね。彼にも昔、弱くなった、って言われた事があります。弱くなった、じゃなくて彼の前では強がりしてたんですけどね。
もう彼の事を検索するのはやめます。文字だけで再会した彼は、立派ないい人生なんだろうな、と思いました。これ以上知ったところで自分が惨めになるばかり、そして、ストーカーっぽいですしね。(もう十分ストーカーですかね)
彼の最後の愛情は、私をちゃんと振る、事でした。
暇なせいかあの時、あそこで、あんな事、みたいに細かい事までいちいち思い出して困りまあす。
がんばらないとだめですよね。ここの場の雰囲気悪くしてしまいましたよね。でも誰かが聞いてくれてると思うと嬉しいです。

詩の本は買いますからね。上向きに生きたいですもんね。

 やさしい心の持主は
 いつでもどこでも
 われにもあらず受難者となる。

これも私へのがんばれ&はげましメッセージだと受け取らせていただきます。いつもありがとうございます。

泣き虫金魚の帽子より

4年前 No.288

金魚の帽子 ★Smart=S0t5Du0HgZ

困ります、と書いたつもりが、困りまあす、になってました。ふざけているのではありません。読み直して送信するのですが、間違いでした。今回文章がなんだか前より、ちゃらい、のもなんか嫌です。こんな事考えるのも気持ちが下向きだからですよね。

4年前 No.289

モノローグ(四 季)、 @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

こんばんは、皆さん、、。

金魚の帽子さん、
場の雰囲気を悪くしたなんて、そんなことは絶対にないですよ。
今夜は この言葉を捧げます。

  ※恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、
   恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない。※
   ------------------byアルント------------

この世の中には全然悩まない人もいるのです。恋に苦しむのはこの言葉にある様に本当は幸福なことかも知れませんよ。

吉野 弘さんの詩集本は思った通り追悼で発売されてました。仕事帰りに書店で発見、
PART1,2で一冊1000円ちょっと、と他に文庫本で680円(ハルキ文庫)等、
とてもいい詩ばっかりですよ。
>>283>>287 でご紹介した 詩 は文庫本の方にも載ってましよ。

では オヤスミナサイ、、。

4年前 No.290

KAZU ★iD7kYulN4c_EP8

皆様こんばんわ。

ご無沙汰しております。
昔の彼女の逝去からもう少しで1年が経とうとしています。

少しづつ、悲しみからも立ち直りつつも仕事上で彼女の実家近辺を通ることが
多々あるので、その時は「もういないんだな〜」と感じます。

お葬式に行った女の子(同級生だからすでにおばちゃん)とも一緒に飲んだんですが、
その子にも無理に忘れることはないよって言われ幾分か気持ちが軽くなりました。

 命日には献花に行きたいけれど、心の中で手を合わせます。

 素敵な思い出、たまに思い出して見ます。

4年前 No.291

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

KAZU 様

  >>291 、読まさせて頂きました。
 少しでも悲しみが癒えますことを、思い出が良きものとなっていかれますことを願って・・・・。

4年前 No.292

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

こんばんは、皆様、、。

kazuさん、
同級生の女の子(おばさん)の仰るとおりですよ、無理に忘れることはない、と思います。絶対に、、!
他にも何か言葉をかけてやりたいんですけど 上手く言葉が見つかりませんので、、。
今夜はこのメビリンの詩集版の我が詩版に10日ほど前に置いた拙作の 詩 を貴方に >>291 のレスポンスとして
ここにも置きます。お気を悪くされたのなら心から謝罪いたします。



 悲しみが遠ざかる、歓びも遠ざかる。
 貴方がもう近くにいないから、、。

 想い出は常に美しく 悲しみも想い出にかわる。
 雪のように想い出が積もってゆく、、。
 そして、溶けてゆく想い出もある。

 想い出が溶けても 悲しみは消えない。
 消えぬ方がいい、人生は時には悲しみも必要、
 悲しみは美しいということ?
 悲しくなんかない人よりも、、幸せな悲しみもある。
 それでも人は歓びを求めて生きている。
 幸せが想い出に変わる時、人は悲しくなってゆく、
 悲しみが想い出に変わる時、人は深くなってゆく、、。

 では、オヤスミナサイ、、、。

4年前 No.293

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

皆様こんにちは。
今月初めごろの >>281 で書くつもりだった、「第二の初恋」を書きます。
最初に書きますが、デート(と言うほどのものではないけど)の場所は、いつも「渡り廊下」でした。勿論校舎内です。
この恋は中三の時なのですが、「第二」の初恋という変な表現をしてるのは、中三になっても「第一?」の初恋同様、
好きになってもグズフズして自ら何も行動しないウブなところが同じだったからです。

この恋には「きっかけ」のようなものは無いのです。
当時、私の通った中学は戦後の2階建て木造校舎3〜4棟を順次「4階建て鉄筋コンクリート校舎」に建て替え中で、
まず春に完成したA棟に我々新3年生が入り、その棟に直角に接するように年度途中に2年生用のB棟が出来ました。
そのB棟の竣工間近の3年生の秋口、A棟2階の教室の窓側に座席を占めていた少年(私です)は、
いつもボンヤリ中庭を眺めるのが癖になっていました。
(この少年は、「夢見る少年」と一部の生徒から言われるほど、いつも空想の世界で遊ぶ癖があったのです。)
そんな日が続くうち、夢見る少年こと私は、中庭の端っこの、木造校舎の縁の通路を友人とよく並んで歩く一人の少女に、
だんだん興味と言うか、何か感じるものが生まれてきたのです。こういうのが恋の芽生えなのかも。
そして仲良しのポン友的級友に、「あれ、誰?。ああいう子、居た?」と聴いても「イヤ、あんまり見たことないねー。」
(勿論、会話は方言で、もっとナマナマしい。)ということがあって、私はその後も2階から休み時間などに下を歩く
彼女を発見しては、その級友にイチイチ「オーッ、今また通ってる!」などと報告してたのです。
それを聴きつけた女子の同級生数名がおもしろがって、そんなら、と言いだして、直接彼女に接したり、
その周りの友人達からの情報も含め、その子がどんな子かを調べてくれたのです。
その結果、彼女は半年くらい前に転校してきた2年生で「○○□美」と言い、成績が結構良く(クラス約50人の5番以内)
なんて余計なことや、家は学校近くの「△▽株式会社(中学生でも知ってる有名企業)」の4階建て社宅アパートに住んでるとか、
が分かりました。この2年生の彼女も色は健康的に少し黒かったのですがややロングの髪が卵っぽい顔の形に合い、
友人たちとの会話の雰囲気は控えめ且つ賢そうな感じで、遠くから見てて私はどんどん魅かれて行きました。

と、長くなったので以下少し簡単に。
そんな私が一人悶々としているものだから、世話好きの同級女子グループが何と!彼女と折衝してくれて、私とその子との
「ゴタイメーン(ご対面)」の場をセットしてしまったのです。しかもその対面場所はその頃完成したA棟・B棟を結ぶ「渡り廊下」
だったのです。A・B棟とも渡り廊下と反対の端に1階に下駄箱がある階段があるので、一般生徒が渡り廊下を使うのは少なく、
(特に放課後は誰も通らない)学校内の場所としては人目に付きにくい場所でもありました。
本当にどうしようもなくウブだった私は、意識する人の前では殆ど話ができず、見かねた女子グループのメンバーが、
「日を改める」ナンテことをしてくれたこともありました。卒業まで10回位、そんな放課後の「デート」がありましたが、
自分で次回の約束をしたことは無く、全部クラスの女子が段取りを取ってくれてたと思います。
(私は普通にはそういう級友の女子生徒とは仲良く出来たんです。愛のキューピットさんが言うように私は母性本能を・・・・?)
彼女とはいつも大した話もできず、普段は校舎内で会うと会釈したりする程度で3年生の年度末まで行ってしまいました。
でも「恋」として思い出的に嬉しいのは、1回目に渡り廊下で話したとき、彼女は以前から私のことを(名前も)知ってた、
と言ってくれました。学年末が近くなると、「(高校)受験、頑張って下さい」といつも言ってくれました。
その2つは、甘い思い出ですな。
但し、最後に厳しい現実が・・・・・
私は第一志望の県立高校を落っこち、抑えの私立高校も落っこって、

4年前 No.294

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_pNw

【何故か途中までの文が、一つ前に送信されてるようで・・・・。操作を誤ったかも。??!??】
【いつもながらの長文・駄文でスミマセン】
皆様こんにちは。
今月初めごろの >>281 で書くつもりだった、「第二の初恋」を書きます。
最初に書きますが、デート(と言うほどのものではないけど)の場所は、いつも「渡り廊下」でした。勿論校舎内です。
この恋は中三の時なのですが、「第二」の初恋という変な表現をしてるのは、中三になっても「第一?」の初恋同様、
好きになってもグズフズして自ら何も行動しないウブなところが同じだったからです。

この恋には「きっかけ」のようなものは無いのです。
当時、私の通った中学は戦後の2階建て木造校舎3〜4棟を順次「4階建て鉄筋コンクリート校舎」に建て替え中で、
まず春に完成したA棟に我々新3年生が入り、年度途中に2年生用のB棟が出来ました。
そのB棟の竣工間近の3年生の秋口、A棟2階の教室の窓側に座席を占めていた少年(私です)は、
いつもボンヤリ中庭を眺めるのが癖になっていました。
(この少年は、「夢見る少年」と一部の生徒から言われるほど、いつも空想の世界で遊ぶ癖があったのです。)
そんな日が続くうち、夢見る少年こと私は、中庭の端っこの、木造校舎の縁の通路を友人とよく並んで歩く一人の少女に、
だんだん興味と言うか、何か感じるものが生まれてきたのです。こういうのが恋の芽生えなのかも。
そして仲良しのポン友的級友に、「あれ、誰?。ああいう子、居た?」と聴いても「イヤ、あんまり見たことないねー。」
(勿論、会話は方言で、もっとナマナマしい。)ということがあって、私はその後も2階から休み時間などに下を歩く
彼女を発見しては、その級友にイチイチ「オーッ、今また通ってる!」などと報告してたのです。
それを聴きつけた女子の同級生数名がおもしろがって、そんなら、と言いだして、直接彼女に接したり、
その周りの友人達からの情報も含め、その子がどんな子かを調べてくれたのです。
その結果、彼女は半年くらい前に転校してきた2年生で「○○□美」と言い、成績が結構良く(クラス約50人の5番以内)
なんて余計なことや、家は学校近くの「△▽株式会社(中学生でも知ってる有名企業)」の4階建て社宅アパートに住んでるとか、
が分かりました。この2年生の彼女も色は健康的に少し黒かったのですがややロングの髪が卵っぽい顔の形に合い、
友人たちとの会話の雰囲気は控えめ且つ賢そうな感じで、遠くから見てて私はどんどん魅かれて行きました。

と、長くなったので以下少し簡単に。
そんな私が一人悶々としているものだから、世話好きの同級女子グループが何と!彼女と折衝してくれて、私とその子との
「ゴタイメーン(ご対面)」の場をセットしてしまったのです。しかもその対面場所はその頃完成したA棟・B棟を結ぶ「渡り廊下」
だったのです。そこは一般生徒が通るのは少なく、人目に付きにくい場所でもありました。
本当にどうしようもなくウブだった私は、意識する人の前では殆ど話ができず、見かねた女子グループが、
「日を改める」ことをしてくれたこともありました。卒業まで10回位、そんな放課後の「デート」がありましたが、
自分で次回の約束をしたことは無く、全部クラスの女子が段取りをしてくれたと思います。
(私は普通にはそういう級友の女子生徒とは仲良く出来たんです。愛のキューピットさんが言うように母性本能を・・・・?)
彼女とはいつも大した話もできず、普段は校舎内で会うと会釈したりする程度で3年生の年度末まで行ってしまいました。
でも「恋」として思い出的に嬉しいのは、1回目に渡り廊下で話したとき、彼女は以前から私のことを(名前も)知ってた、
と言ってくれました。学年末が近くなると、「(高校)受験、頑張って下さい」といつも言ってくれました。
その2つは、甘い思い出ですね。
但し、最後に厳しい現実が・・・・・
私は第一志望の県立高校を落っこち、抑えの私立高校も落っこって、抑えの抑えの学校に進学しました。
もう「彼女に会わす顔が無い」と思ってたのに抑えられず、6月に彼女に手紙を書いて出しました。
「私は改めて頑張るけど、貴女は私のような思いをしないようシッカリ勉強してください」みたいなことを書いて。
(モノローグさん、・・・・実はこの手紙の下書きを当時の「日記」に書き残してるんです)
彼女からの返事は、待てども待てども来ませんでした・・・・・。オシマイ。

(その後の消息は不明。進学した高校は知ってますが・・・・。転勤族だったので、彼女もどこか他の地へ移ったと思います)

4年前 No.295

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

皆様、おはようございます、、。
少しづつ暖かくなってきましたネ、♪もうすぐは〜るですねぇ、恋をしてみませんか、♪なんてネ(笑)

信州大好き5757さん、
第2の初恋は1級下の女の子ですか、やっと渡り廊下が出てきましたネ、、、。
>>295
≪友人たちとの会話の雰囲気は控えめ且つ賢そうな感じで、遠くから見てて私はどんどん魅かれて行きました。≫
この雰囲気はよく分かりますネ。自分もあまり一目惚れはしない方で徐々にという性質なので、、。
しかし、手紙を書くなんて勇気があるじゃないですか、自分はとてもとてもそんな勇気は当時はなかったです。
理由の一つは小生の筆跡はまるで小さな子供が書いたような感じなんですよ(笑)
また、女の子に対して自分に自信もなかったし、学業成績も悪いしスポーツマンでもないし、
あとから思うと決して嫌われてはいなかっから、勿体なかったなぁと後悔していますハハハ。
数年置きの全クラスの同窓会なんか、一度でも同じクラスになったのならとも角、こっちはまったく記憶がないのに
小生をフルネームで憶えてくれてる元少女もいて、自分勝手に自惚れていました。

字は超下手くそなんですが、(現在もです)
当時、友人が女の子に書く手紙は文章を下書きしてやっことがあります。(もう内容は憶えていませんが、)
しかし、手紙は今みたいにメールやPC(ワーポロ)ではなく自分の手で書いた方が例え下手くそでも温かみが
ありますね。

ではもう少しお話ししていたいんですが、出勤準備をしなければならないので失礼します。
PS
自分は高1の時に某小学校(そこの卒業生)の校庭で何度か中学生と逢い引きしたことがあります。
つまり自分が卒業した中学校の後輩にあたります。三つ年が違うので中学校では会ったことはないですね。
あれはいったい何だったのだろう、

4年前 No.296

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆様こんにちは。

モノローグさん、こんにちは。楽しいレス、ありがとうございます。
296のPSの話、高校1年生が中学1年生と「小学校の校庭」で逢引? いったい何でしょう?
ご本人も「あれはいったい何だったのだろう、」と書かれてますが、本当にいったい何ですか?
続きを是非お願いします! 私、若かりし10代・20代の頃からこういう話大好きで・・・・。
「信州大好き」でなく「痴話話大好き」に名を変えた方がよいくらいかも?

295の追記になりますが、以下を書かせて下さい。

お陰様でやっと「渡り廊下」が書けました。以前、ルーミン姉さんのスレにモノローグさんが書いた三行詩の
「渡り廊下」の言葉に対し、私が異常に反応した所以が解って頂けたと思います。
295では、日記に残してある手紙の下書きの一部を転記しようと一瞬思ったのですが、
高校生とは思えない、あまりにも幼い内容・文章で、我ながら「良くもマア、こんな手紙を出したもんだ」と、
50年近くなって(ギョッ?!、50年!ですよ・・・・・。)驚き且つ恥ずかしのものなので、転載は止めました。
あんな手紙では、返事なんか来っこない、来るわけナイです。と、今は変に納得できますね。ホント子供でしたね。
それにマア臆面もなく、文中で「思い出の友達アルバムを作ってるので、一人で写ってる写真を1枚下さい。」と頼んでるんです。
確かに、私は不本意な学校に入学した寂しさを紛らすため、中学時代の男女の友人たちに手紙でお願いして写真を送ってもらい、
そういうもの作ったんですが(コレそのものは20人位の協力を得て、今では自家製の良い卒業アルバムになってますが)、
頼んだのは同級生ばかりで、渡り廊下の1年下の彼女に頼むのは筋違いでした。彼女は違和感を抱いたと思います。
彼女からの返事がなかったのは、私の幼い文面・内容にどのように反応するか困っただろうこともありますが、
この写真のことも大きかったと思います。

まあでも、渡り廊下のことは良い思い出です。二人の「デート」を設定し、その時は廊下の先の曲がり角近くで興味深く
二人の会話の様子を覗ってた同クラスの女子たちとは、郷里での数年前の還暦同窓会で本当に久しぶりに会いました。
みんな相変わらずかしましく、楽しい「オバサン」又は「オバアチャン」達でした。
個々には家庭の色々な事情を抱えてる子(?)も複数いましたが、会えば楽しくお喋りしてお腹を抱えて笑い合いました。

私達の中学は二つの小学校の卒業生から成り立ってましたが、両方の小学校とも男女がとても仲良く育てられており、
そのせいで出身小学校に関係なく、1年の時から3年間、男女関係なく皆が仲が良かったと思います。
そうそうモノローグさん、こういう感じで同窓会に関する内容でお話ししたいことがあります。
近日中にモノローグさん(別のHN?)スレ主の、テーマがズレていく時用のスレッドに書き込みしますので、
宜しければお付き合いください。

皆様、いつも長文・駄文且つイイ気な内容で・・・・、失礼致します。

4年前 No.297

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★cRIfRAPp66_6sV

こんばんは、皆様、。

信州大好き5757さん、
こちらこそ楽しい想い出話を有難うございます。
写真の話が出てますが、こっちもその続きで写真の話を、、、。
その時期はたしか5月頃だったと思います。信州大好きさんも御存じのように九州は日没が本州より遅いので
まだまだ、学校帰りのウ〜ン?16;00頃は真昼間ですよネ。ましてや夏至前ですし、
かなり健全な逢い引きですね、(笑)
その子は卒業したばかりの小学校が懐かしくて、最初は懐かしくなって只、校庭を訪れたようです。
恩師らしい教師が向こう側を歩いいて、その子は「あっお久しぶりです。」とお辞儀、
先生は「おぅ誰々もう彼氏が出来たのか?」と「あっイエイエ、ただお話してるだけです。」なんて情景が、、。

何故、自分の母校でもないのにその小学校の校庭に行ったかは憶えていません。
ちなみに小生たちの中学校は約三っの小学校が統合して3分の2が自転車通学です。(1学年約300数人です)
高校はもっと範囲が広がりますから電車通学や下宿してる者など様々ですが自分は高校も自転車でした。
さて話を戻します。「何々先生、元気にしてる?」「ハイ、怖いくらいで・笑・」
こんな会話をして、時が経ちます。「明日も来る?」「多分、」
そんなこんなで数回逢い引きしました。写真を、とその子が言ったので生徒手帳の学生証の写真を引っ剥がしで
挙げました。自分はモテてると完全に自惚れてましたっけ(笑)
でも不思議ですね。前に書いた中3の時の初デート?もどきの少女の方があくまでもルックスは可愛いくあか抜けてるのに
顔は殆んど憶えていないのですが、その子のことはわりと憶えています。驚くことに名前もフルネームで字までも、、。
翌年の我が高校の学園祭、体育祭、自分はある見世物の準備をして校庭をチョロチョロ、
見世物の衣装は学ラン、勿論小生を見に来てるのではなく偶然です。
その学ランを着てタスキをし、はちまきをしてる姿の時にバッタリ再会しました。
「あぁ〜コンニチハァ〜」「コンニチハ〜」ただそれだけです。
でも、あの小学校の校庭での4〜5回の逢い引きは何だったんでしょうネ。
気安く話が出来て楽しかったのかも知れませんね。
でも、まだまだ女の子のくせにとっても気配りのあったことは確実なんです。
優しく思いやりのあることは確かです。それはいろいろな行いや仕草で感じ取っていました。

信州大好きさんのエピソードも読んでいて楽しかったですよ。

では皆さん、オヤスミナサイ、、。

4年前 No.298

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま こんにちは。スレ主のモノローグさん、こちらでもこんにちは(先ほど映画スレに行ってたんです)。
さて、やっと「京都の思い出」を書きます。私の現実の人生上の恋は、これが最新で最後です。
最新にしちゃとても古いし、最後と言ってもまだこれからの人生、何があるかわかりまへんが・・・・。(多分、否、絶対ナイですね、(笑))
では始めます。個人情報に気を付けながら、一部地名など具体的に書くかもしれません。

時は昭和45年の春4月です。今は戻らぬハタチの時のことです。
首都圏の学校に進学して1年経った私は、その年の春休みの九州への帰省の途中に、中3で同クラスだった京都在住の
ある女性に会うことを画策(?)し予め約束をとりつけることに成功しました。
私は中3の後半は、 >>295 で書いた1学年下の「渡り廊下の彼女」に夢中だったのですが、
この京都の女性はそんな中にあっても私にとって3年生で初めて同組になってから気になる存在でした。
何が気になるかというと、私は理数はからっきし本当にダメでしたが国語だけは1番か2番の(それも学年!)積りでした。
ところが3年の新しい組になると国語の授業で女教師が問いかける文法や語彙の難問に、彼女の方が私より的確に答えるのです。
「論旨を述べよ」とか「筆者は何を言いたいのか」等の問いにも、私から見ても、こりゃスゴイ、説明も分かりやすいし・・・、
という訳で、「気になる」という発端は恋の芽生えの感情ではなく、そういう点だったのです。
クラスの女子と子供っぽい話しをしてじゃれ合うのが相変わらず好きだった私は、彼女に対しては国語でのライバル心を燃やし、
最初の頃は無視して話そうともしませんでした。
でもそのうち何かのことで話すようになり、色々話してると彼女は成績を全然鼻にかけておらず(他科目も彼女は出来ました)、
それどころかとても落ち着いた思いやりがある人だなあという風に、イイ感じを彼女に抱くようになりました。
でもそれだけのことでした。席が隣になった頃のことを覚えてますが、良い話し相手だったと思います。
そう言う関係だったので、彼女が高校時代に引っ越したのは後になって知ったくらいです。

そして話は最初に戻ってハタチの春です。彼女が関西の国立大学の3年生になるときでした(浪人した私より1学年上)。
待ち合わせたのは京阪電車五条駅(今は清水五条駅とか?)です。中学卒業以来なので5年ぶりということです。
彼女は駅前広場の歌壇のブロックに腰かけて、下を向いて本を読んでました(さすがっ!)。
近づいた私に気が付いて、顔を上げて言った彼女の第一声は、「○○さん(私の姓)あまり変わってないはね−」でした。

 *1000文字を超えました。昔を思い出し少し気持ちが・・・・、ハイこれは失恋の序章なのです。
  今日あとでこの後のことは打つので、少し休ませて下さい。心を落ち着かせます(苦笑)。ホントにいつまでも〜・・・・。

4年前 No.299

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま こんばんは。 >>299 に引き続き、私に大きなダメージを与えた若き日の失恋話を、ガンバッテ、書きます。

アッすみません。 >>299 を1回で終わらせなかったので、このレスが本スレッドの >>300 になってしまい、
スレ主を差し置いてしまい、恐縮です。モノローグさん、お許しください。

さて昭和45年3月31日・火曜日( >>299 で「時は昭和45年の春4月」と書きましたが、正確には3/31でした。)、
京阪五条駅で5年ぶりに(笑顔で)会った私たちは、その日夜まで楽しい時間を過ごしました。
【(注)失恋が明らかになったの後日です】
それはそれは楽しい1日で、元々中学3年の一時期彼女に淡いあこがれ的な恋と言うより友情と尊敬の気持ちを抱き、
自分も彼女から当時比較的好ましく思われていたと思っていたので、この日は私もテンションが高くって話が弾みました。
午後1時頃京阪五条で会って、私はよそ者なので彼女の案内で観光案内的なところに行こう、ということになり
歩いて行ける八坂神社と円山公園それから平安神宮へ行きました。それらの名所旧跡のベンチに座って長々と話したり、
ちょこっと和風のお茶屋に入って京都気分を味わったりするうちに日も暮れるころになり、広い公園敷地内のレストランに入って
夕食をとったのです。学生が入るにしては高級な1軒屋のレストランでのひと時は、今でも私の大事な宝物的な思い出です。
話の内容は殆ど覚えてませんが、それぞれの学生生活やこれからの将来の進路などを話したと思います。
彼女は教育系の専攻でしたが進路を決めかねて少し悩んでるようでした。
それでもお互いこの日は5年分を一気に吐き出すように話が弾みました。彼女はその日は夜少し早く自宅へ帰らなければいけないと
時間を気にしてたのですが、ふっと、「そうだっ!」という感じで、
私が首都圏へ戻る4月中旬くらいに「また京都で降りない? もう1回会いましょうよっ!」って言ってくれたのです。
もう私は嬉しくって、勿論「ウン、それはイイね!」って感じで、楽しくにこやかにその日は別れました。
私は九州に帰ってからの毎日、この日のことを何度も反芻し、日に日に彼女へまた早く会いたいという気持ちを強くしていきました。
理知的でなお人を思いやることもできる女性で、物事に真面目に対する姿勢も立派だし、中学時代を思い起こしながら
「確かにあの頃からそうだった」という風に思い出しては彼女の素晴らしさをどんどん自分で膨らませて行き、
帰京時の途中下車(それも彼女の提案!!)の日がとても待ち遠しくなりました。

そして約束通り、もう1度4月に(18日・土曜日)やはり京阪五条駅で待ち合わせて、半日を一緒に過ごしました。
この日は足を延ばして銀閣寺や法然院の方まで行きました。
そして以下はそこから三条へ戻る途中でお好み焼き屋に入った時の私の苦い思い出です。
出てきた具材を前に彼女が何気なく「これ(具材を混ぜること)をやると、世話女房ぶりを発揮することになるんですって」と
言ったものだから私が「じゃあ、やって!」と冗談交じりに言ったら、彼女キッとした顔で「イヤッ」っとハッキリ言ったんです。
少し気まずい沈黙があって私が自分でやろうとしたら彼女は「しょうがないなあ」と言って具材のまぜこぜをきれいに
やってくれたんですが・・・・。
そのあと四条河原町まで鴨川べりを歩き、彼女の帰る時間まで間があったので河原町の有名なクラシック音楽喫茶に入りました。
(この店、平成の現在も営業中です。関西方面の方はご存知だと思いますが。)
この日は前回ほど話は弾みませんでした。後で思ったのですが、彼女は昔を少し知ってる私を「友人」として扱い、
彼女の進路とか、更にそれより多分大きく思っていたのは、恋愛とか結婚とかの問題について男の私に意見を聞きたかったのでは
ないかということです。その日そんな話も一般論みたいにして少し二人の話題になったのですが、実は彼女はその頃悩んでいたのだ
ということが私にとっては悲しい現実として後日分かることになったんです。
多分彼女はそんなこともあって、また私の方は相も変わらず少年時代からの、意識すると口が重くなる、という悪い癖が出て、
1回目の楽しく弾んだ気持ちから一転して、この2回目はなんとなく不完全燃焼的な「デート」で時間が来てしまい、
京阪四条駅で夜八時頃サヨナラをしました。次回の約束もなく・・・・。この時のお別れが、今もそのまま続いています。

ここまで読んで下さった方、スミマセンがこの後のことは、後日にさせて下さい。少し疲れました。
いい思い出ですが、苦い思い出でもあります。2か月後、私は見事に一発で振られたのです。その辺は今度。
長い文になり、申し訳ないです。どうしてもいろいろ書きたくて。
尚、デートの日付や行った所の詳細等は、私の日記の記載に依ってるので本当のことです。

4年前 No.300

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま こんばんは。
昨日の続きを書かねば記事が終わらないので、シブシブ今日もここへ来ました。
何故シブシブかっていうのは、そりゃあ今日は「失恋」を書かねばならないからです。だからその辺は簡単に書きます。

その前にチョット・・・・4月上旬に関西へ数日間行ったのですが、「思い出の京都へも行く」とどちらかのスレッドに書きました。
結局最終日は関西在住の親族の誘いで丹波篠山城の、満開の桜見物に行ってしまいました。
「昔の恋の思い出のある京都で思い出に浸ってくる(だから、丹波篠山へは行きません)。」と言って断ることはできず。
まあイイヤ、です。行っても結局少し苦い思いをし、昔行った所を歩いても懐かしいけど悲しくもなるわけだから。
(でも、「ひょっとしたら今でも彼女は京都に居るかもしれない」と思うと、京都の空気に触れたい気も少ししますね。)

では、 >>300 に続いて栄えある300番台最初の >>301 の本文を書きます。スレ主モノローグさん、宜しくお願いします。

4月半ばに彼女との2回目の京都散策を果たした私は、1回目の楽しい気持ちと2回目のややギクシャクした気持ちとの両方を
胸に携えて首都圏へ戻ってきました。春の新学期で学校はそれなりに活気づき、私も新年度の慌ただしい日々を送ったのですが、
いつも京都の彼女のことが頭から(精神面)、胸から(心理面)離れることがなく、気持ちが高ぶって毎日が苦しくなってきたのです。
これじゃあイカン、と思いながらも「恋する気持ち」はどうにも制御できず、ついに私(ワタクシ)得意の「お手紙」を書いたのです。
少年時代とは違う恋の感じがしてました。彼女をすごく身近に感じていたいという気持ちがとても強かったです。
この時の手紙の下書きは残してません(笑)。そんな余裕はなかったんでしょうね(苦笑)。
でもハッキリとした気持ちは書いた記憶があります。
「好きです」か「いつも忘れられない」だか「大事に思ってます」だったか、表現は覚えてませんが、
私のその頃の彼女への気持ちを書きました。
彼女は真っ直ぐな真面目なタイプでしたので、1週間か10日ぐらいしてちゃんと返事が来ました。
私の手紙にかなり驚き戸惑っていました。
「貴男とは中学時代の同級生として会っていたので、そんな風に思われるのは困る。」みたいなことが丁寧に書いてありました。
そして少しぼかした表現ながら、好きな人がいてその人との関係が少しづつ進行中だ、と読めるよう書き方がしてあり、
その人のことを「バイオリンの絃のようなしなやかな(精神が柔軟?)ところが好きです。」と、
私には訳がわからない表現で書かれてました。
「確かに俺はバイオリンみたいな繊細な、艶やかな人間じゃないよ!」と、表現を単純に置き換えて自分を卑下しガックリきました。
多分彼女は私の出した手紙の表現に異変を感じ、彼女の隠しておきたいことを書いて私にストップをかけようとしたのだと思います。
2回目に会って話してるとき、彼女はチラッと、現実・具体的な自分の恋愛観・結婚観に触れることを言っていたのですが、
私はその話には突っ込まなかったのです。そしてその時はスグにそれを忘れようとしました。これは後で思い出したことですが。

やっぱり長くなりました。最後にやっぱり好きだった人だから、どんなところが良かったか、は書いておきたいです。
@まず賢いところ(勿論成績は良かったんですが、相手の気持ちを思いやり、心配りが出来る人でした)。
A真面目なところ(私流のオフザケが通じない点は少しありましたが、何事もキチンとしてる人でした)。
B友人としてということになるけど、私を好ましく思ってくれてたところ(中学の時も京都でも、楽しく話をしていたと思います)。
見た感じは若き日の《栗原小巻》、ちょっと凄すぎですけど。最近では(元)宇宙飛行士の山崎直子さん、に似てます。
消息は不明です。高校で九州から京都の進学校(会ったとき校名を聞きました)へ転校し、中学時代の人達とは縁が切れてしまい、
4月の関西での中学同窓会では、関西の幹事は連絡さえ出来てなかったです。
(卒業以来同級生との交流は初めて、という他の関西在住の女性が2・3名出席してたにも拘わらず・・・・)。

以上、私のハタチの時の失恋、でした。アッそうそう、そのあとは、完全にお互いの連絡は途絶えてしまいました。
【個人情報の「警告」が出ましたが、問題ないと判断しこのまま送信します。】

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
4年前 No.301

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★UrEhazyzj9_6sV

皆様、おはようございます、、。

信州大好き5757さん、
299〜301を拝読させていただきました。
う〜んここ数日{さびしんぼう}が現われましたね(笑)なんて書くと『大いに名画を、、』の続きに
なりそうですが、、、。やっぱり人は誰でも心の中にさびしんぼう≠ェいますネ。
お好み焼き屋 五条駅 鴨川 八坂神社 円山公園etcでのデート.京都ですねぇ〜〜。
読んでいてこっちまで疑似体験してる気分になりました。切ないけれどとてもピュアな気分になりました。
素敵な想い出を有難うございます。(青春ですね〜人生ですね〜!)
>>299 ≪人生上の恋はこれが最新で最後です。≫ですか? いやいや分かりませんよ(笑)
自分も約7年位前にさびしんぼう≠ェ現われましたからね、
でも同時に失恋魔術師≠燗o場して自分たちの周りをウロウロチョロチョロしましたけど(泣笑)
そのエピソードは他スレでもう既に語ってるので、、勘弁して下さい。

栗原小巻似ですか、コマキストになったのでは、、?

京都はもう何回か行ったこともありますし、実は数えで30歳の時(まだ29歳)に数か月間住んだ事もあります。
某企業に勤めていた時です。その時は2〜3度目かの京都でしたが、、。
京都支社の後輩の(23〜4歳)女性が日曜日に少し京都案内をしてくれて、
映画村でデートした想い出があります。別に恋ではないんですがね。

ではまた来て下さい。(今度は元カノの再会話の続きなどを、、)

皆様もいろんな恋の想い出をここで語ってみませんか、、。

皆様、いい一日を、、、。

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
4年前 No.302

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま こんにちは(そろそろこんばんは、でしょうか?)

モノローグさん、早速のレスを有難うございます。
疑似体験とかピュアな気分とか言っていただくと、この恋は私にとってはとても悲しくなる過去の話なんですが、
書かせてもらった甲斐があります。3回にも亘っての他人の恋話の長文を読んで頂き本当に有難うございます。
>>302 のレスで『ここ数日{さびしんぼう}が現われましたね』と言われて、ハッと思いました。
そうなんですね、連休中に2度、DVDで「さびしんぼう」を観て、その感想を名画のスレにも書いたりしたので
「書くなら《今でしょっ!》」という感じで、京都の想い出を書く気になったと思います。

ところでそうなんですか、モノローグさん、短い期間とはいえ若い頃京都に住まわれてたんですか・・・・・。
私、この失恋の痛手がなければ、年を重ねるに連れ、きっと古都・京都のファンになってたと思います。
イイですよね、京都って。今頃ハンドルネームは「京都大好き5757」ですね(笑)。
どうも今でも「京都」と聞くと、楽しかった2度のデート(特に1回目は一生の宝です)とそのあとの大ダメージ
(梅雨に入る前の東京の4畳半のアパートの部屋で、彼女の手紙を読んで悲嘆にくれた自分)の両方を思い出し、
素直に「京都?イイネー」という訳にはいかないのです。
こういうのを今の時代は「トラウマ」って言うんでしょうかね?

あまり意味ないことですが、読んで下さった方(本当に有難うございます)が疑問をもたれたかも知れないので、少し補足を。
2度のデートとも夜7時とか8時頃とかに別れてるのですが、京阪電車で南方向へ帰る彼女を見送った後、
私は国鉄京都駅から近県に住んでた兄の所に行ってます。
決して京都駅で夜明かししたり、東海道線の夜行(有ったかな?)に乗ったりしたわけではありません(!)。
兄宅での1回目は嬉しくって彼女とのデ−トのことを正直に話し、兄嫁(義姉)を羨ましがらせました(笑)。
兄とは年齢が離れてて、兄嫁もオバサンに足がかかり始めてたせいか、若い僕達のデート話を興味深く、
自分のことのように楽しんで聞いてくれました。これも今となってはほろ苦い思い出ですね。(苦笑)

4年位前の会社員現役の時に名古屋から大阪へ回る出張をしましたが、京都で途中下車(相変わらずいつまでも途中下車!)して
河原町とか鴨川近くを歩きました。勿論昔の思い出に耽る為に。鴨川の向うの京阪電車は地下を走るようになってました。
ですから思い出の京阪五条駅に行くのはやめました。地下駅だと思い出が壊れますから。
あのとき、改札口を出てすぐの円い花壇の南側の縁に座り橙色の花柄のワンピースを着てうつむいて本を読んでた彼女、
近づいた私に気が付いて顔を上げてニッコリ笑い「○○さん、あんまり変わってないわね」と言った時の彼女、
いつまでも私の気持ちの中には一眼レフのシャッターを切るときの一瞬の画像のような感じで残っています。
20歳の思い出は自分の中では変わらないまま永遠ですね。

【今回も個人情報の「警告」が出ましたが、問題ないと判断しこのまま送信します。】

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
4年前 No.303

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま お早うございます。
だいぶしつこいですが、「京都の想い出」で細かいことですが忘れないうちに書いておきたいことがあって。

スレ主のモノローグさん、日曜日の朝一からまたこんな話ですみませんが、気分転換にサーッと読んで下さい。
(何でもないことなので当時の日記に記載してないけど、よく覚えてる彼女との会話です。)

一つは街を歩きながらの会話。
話をしながら歩いてると、前方に路面電車が交差する大きな交差点があり、そこを市営バスが横切って行きました。
当時京都では歴史ある路面電車の廃止問題が具体化してて反対意見も多く、全国的にも注目されてました。
(その後全国各主要都市で、なし崩し的に一気に廃止のへ向かったのは時代の流れでもありましたが。)
横切る市営バスを見て彼女が、「バスって、あんまり好きじゃないわ・・・。」と言いました。
すかさず私は、(いかにも庶民が利用する大衆交通機関というバカにした意味で)「乗合自動車だから?」と
私流の冗談を言ったら、彼女は「そんな積りじゃないわよっ」て不満そうな表情を浮かべ、
庶民の足だからバスを馬鹿にしてると私に思われるのは心外だったのでしょう、「排気ガスとか・・・・・」などと色々言って、
彼女がバスよりも路面電車を支持する理由を、弁解っぽく説明してました。
彼女の真意は解って私はオフザケ的に言ったのに彼女には通じず、彼女の生真面目さが出た私との会話でした。

もう一つ。こっちは私が少し焦った場面です。というか、恥をかいた場面です。
四条河原町辺りの繁華街を歩いててレコード屋さんがあったので、「ちょっと寄ろうよ」って感じで入りました。
LPやシングルなどを縦に重ねて並べている、当時の普通のレコード屋さんです。
適当にめくりながら話してて、クラシック音楽のポピュラー的なコーナーの中に、「聖母の宝石」とカバーに書いてある
レコード(45回転か33回転かの普通のシングルっぽい盤←よく覚えてるなあ!!)がありました。
私はそこでめくる手を止め、横にいた彼女に「セイボのホウセキだ、この曲イイよねー」と普通に言ったのです。
そしたら彼女、エッ?という顔をして私の手元を見て、小さな声で「マドンナのホウセキ!」と私の眼をみて言ったのです。
【註:「聖母」はセイボとも読むけど、この曲の場合は一般的にはマドンナ(のホウセキ)と読まれている。】
私は最初「ヘッ? そうなの?」という感じでしたが、この日雑談で「東京へ行ってからクラシックを好きになって
普段FMとかよく聴いてるんだ、」なんてなことも話してたので、かなり動揺しました。
店を出ても彼女に対して恥ずかしかったですね。

こういう話、もし何十年ぶりかに会ったとき思い出として話すと、(相手はそんな話忘れてるでしょうけど)
「デートした証(アカシ)」みたいで面白いと思うんだけど。

休日の朝から、独りよがりなレスを今日も書きました。今日の関東は雲もありますがスッキリした好天です。
皆様の気分を害さなければよいのですが・・・・・・・。

4年前 No.304

モノローグ(四季)、 @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★UrEhazyzj9_6sV

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4年前 No.305

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4年前 No.306

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま こんにちは。
モノローグ(四季)さん、 >>306 に続き打ち続けますことお許しください。

>>306 の最後の所から続き、
@小学生時代の「初恋の人」【中2の時、国鉄の駅に見送りに行った人】・・・(冬ソナの)チェ・ジウ、又は(数年前の)末広涼子。
 大多数の方が既にここで、「ナニ?これ書いてる人、少しおかしいのでは?」でしょう。構わず次に行きます。

A中学生時代の「(第二の)初恋の人」【渡り廊下の、1年下の彼女】・・・松たかこ。
 こうなると全部の方が、「マッタクー、あまりに飛躍してるんじゃないの?」ですね。でもイイエ、まだあります。

B高校生時代の「(約3年前)42年ぶりに再会した人」・・・勿論絶対当時から、女優・松原智恵子(今でも)、です。
 顔のつくりだけでなく、あの少しのんびりした穏やかな感じも似ています。
 ホントなんです。@〜Cみんな似てるからしょうがありません。出来ればここに写真を添付したい。
 Aの人以外は持ってますから。写真を女房に隠して持ってるわけではありません。学校での集合写真とかも含め。

C20歳の頃、私が「大失恋した人」【 >>299>>301 で書いた京都の人】
        ・・・・・・(若かりし頃の)栗原小巻、又は(元宇宙飛行士)山崎直子さん。 >>301 で書いた通りです。

以上、我ながら凄いメンバーがそろったと思います。 >>306 で「冗談半分ではなく、結構真面目な感想・思い出なのです」と
記しましたが、こうやって書くとかなり大袈裟に無理やり自分の好きな人たちを押し付けてるみたいですね。
まあそうですね、幾分そんな感じもしますが・・・・。まあ、少し遊び気分で( >>306 と矛盾してる)書きました。
正直言うと、強いて言えば@〜Cの順で似てます。あくまでも似てると言い張ってますが。
そもそもここでこれを書くのを思いついたのは、301でCのことを書いたら、モノローグさんが楽しいレスで応じて
下さったからなんです。なんだか私、人のセイにしてますね。
多数の方に叱られると思いますが、このまま送信します。削除依頼とかしないで下さいね。

4年前 No.307

信州大好き5757 ★fML4w0q1AD_OcG

皆さま、スレ主のモノローグ(四季)さん こんにちは。
スレ主のモノローグ(四季)さん、スミマセン、昨日の >>307 でどうしても訂正しておきたいところが1箇所あるので
またここを使わせて下さい。

>>307 の@に書いた2人目の有名人の姓は「広末」です。読まれた方はきっとスグに気付いて、
こんな有名人を間違えてバカだなーと、おかしさ半分・あきれ半分でクスクス笑われたと思います。ホント、バカですね。
実は「末広涼子」と打ったあと、自分でも何かしっくりこなくって、「涼子でよかったっけ?」と思たものの、
「ウン、『涼子』でヨイノダ!間違いない。」と納得してそのままにしました。
名でなくて姓が変なことに気付きませんでした。こういうことがあるとダンダン年齢を感じます。
現実生活でも、過去には考えられないようなちょっとした思い違いが時々ありますからね・・・・・・・・。
自分を「バカめっ、しっかりしろっ」と叱咤しながら、失礼致します。

4年前 No.308

モノローグ(四季) @siguresiki☆rEhXMZMBbcKC ★oOSRaoTmRS_6sV

こんにちは、皆様、、。

信州大好き5757さん、
PCもネットもメビウスも約1週間の御無沙汰です。
私生活でも多少ですが、慌ただしくもなってましたので、。今、少しだけ時間が出来たので返信します。
「1週間の御無沙汰です。」はパクリでして、ある年代以上の方々は分かると思いますが。(笑)

過去に恋した人を有名人に例えた話は拝読していて楽しかったです。
その中でも特に小生の好みは松原智恵子さんや栗原小巻かな(笑)
お会いしてみたいですね。

変換ミス等は小生もよくやりますよ、
そして >>306 の【過去形で書かないということは今後に期待が出来るということですね。】は
もう希望はありません、トホホ、今度来るかも知れない新しい恋の意味でして、、。
さて、
信州大好きさんが過去に恋した女性に似た有名人を挙げてらっしゃいますが、
小生も真似て少しだけ、小学生時代の初恋の君は、ウ〜ン?おかっぱ頭と俯いた横顔は強いて云えば
藤 圭子さんかな、あくまで強いて云えばですけど、中学時代の想い人は有名人では思い浮かびません。
翳りのある表情が好きでした。
そして時代は約10年ちょっと飛んで某企業で頑張ってた頃に恋した女性は
飯干景子さんに面影が似ています。そのエピソードはまだ書いてはいませんが、。

今のところ最新の想い人だった女性は、
綾瀬はるかさんと三船美佳さんをミックスした感じの女性です。
あの明るい笑顔が三船美佳さんで、のほほんとして上品な感じが綾瀬はるかさんに似ています。

では皆様も、いい日曜日をお過ごしくださいませ。

3年前 No.309

削除済み ★z96ydf15ov_iSW

【この投稿は“副管理者”により削除されました】 削除者: 早乙女☆リーダー ( 2014/07/28 10:20 )  削除理由: 迷惑行為(文字羅列・無断転載・AA・チェーン・宣伝など)

3年前 No.310

KAZU ★BHCOGLhhD0_yIc

寒い季節となりました。皆様ご無沙汰しております。大荒れの日本海が間近に迫って来ました。
私のところからみると稲光が北西方向にでるときは必ず次の日雪なんです。
でも、その稲光を見ながら極楽浄土に行った昔の彼女を思い出します。つい最近に昔の彼女のお父さんも、
帰らぬ人となりました。
だいぶ、悲しみは薄れつつあるけれどそのころを忘れてしまいそうで、悲しいです。
そこことを知っている、同級生と飲むようになっていくらか薄まったけど、やはり墓場まで引きずるのか…

3年前 No.311

七星 ★Android=BHLZ5Nbp9E

はじめまして。七星と申します。
全部ではありませんが、スレを読ませて頂きました。
皆さん昔の恋を大切にしまってらっしゃるのを知って、心が落ち着きます。
私の過去の人も私のことを覚えてくれているかもしれないですね。

3年前 No.312
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる