Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(13)
Let’s write a novel! [ サブ ] ●メイン記事 (104) / ○サブ記事(13)


切替: メイン記事 (104) / サブ記事(13) ページ: 1


 
 

松島 鳴巳@haruhists ★lms2Tp2wwE_dWC

初めまして、私、ライトノベル投稿サイト「ラノベジェネレーション」の編集を担当しております、松島と申します。
こちらの作品、読ませて頂きました。大変私の好みで、何より佐藤さんが超絶可愛いです。

そこでご相談なのですが、「ラノベジェネレーション」では現在、新規参加者を募集しております。
差し支えなければ、美桜さんに参加まではいかずとも、せめて当企画を知って頂きたいと思い、連絡させて頂きました。
私もライトノベル作品を何作か執筆していますが、この作品には何か波長を感じています。

ラノベジェネレーションは、作家とイラストレーターが協力し合って一つの作品を創作する企画です。
長編作品ではイラストレーター様にピンナップなどを描いて頂いています。
返信はどこでも構いませんが、都合ですぐに返信が出来ない場合がありますので、早期の返信を希望する場合は、「ラノベジェネレーション」トップページから見て右上にあります、「お問い合わせ」からご連絡下さいませ。
よろしくお願いいたします。

5年前 No.1

美桜@hoep ★YF2IBeMkWh_KMC

*松島 鳴巳さん

返信遅くなってしまい申し訳ありません;

こんな駄作に目を通してくださってありがとうございます。その上褒め言葉まで…感動のあまり泣きそうなんですが←
佐藤さんは毒舌なのに可愛い、をテーマにしているので嬉しいですw

ラノベジェネレーション様に参加させて頂けることになり、本当に感謝の限りです。
ここのメイン記事の投稿日時を見れば分かる通り、更新スピードは遅い方ですが、頑張って前進していこうと思います。

これからよろしくお願いします、素敵なお誘いとコメントありがとうございました!

5年前 No.2

小町 ★sFfHeJJGfC_Cry

批評と感想を言いに参りました小町です・ω・

ではさっそく。


感想

とても読みやすいと感じました。また、情景描写が多いわけでもないのに、その場の雰囲気がよく分かります。
あ、言い方はアレですけど言葉を多用せずに雰囲気や風景を伝えるってすごいなってことです!・ω・
登場キャラクターもキャラがしっかり立っていて、「この子はこんな感じの子なんだ」っていうのがすごくよく分かります。小説、とくに私たちの書くようなライトノベルでは、考え方によっては尤も大切だといわれるキャラ付けがしっかりとなされていて、しかもそれがくどすぎない。
正直すごいなぁと思います。


批評

書き方もきちんとしていて、とくに言うようなことはないです。
ただ気になった点が2つだけ。

ひとつめは「玉に傷」という言葉です。
正しくは「玉に瑕」なのでお気をつけて!・ω・

ふたつめは部室です。
放課後の図書室といえば、普通の学校なら少なからず利用者がいるはずでは?と思いました。
また、委員会の中に図書委員会などがあれば尚更、図書室自体を部室にするのは無理があるんではないかな、と。

これくらいですかね・ω・
他は何も気になりませんでした。

ではでは、ご依頼ありがとうございました!
何かありましたら募集の方のスレにでもお願いしますね!

5年前 No.3

美桜 ★TuTu5bkNHH_KMC

*小町さん

ご丁寧な解説ありがとうございます。

情景描写が足りない…とは前々から思っていたのですが、それをプラスに考えることができるなんて思いもしませんでした。
描写のみならず場面転換も苦手で、雰囲気を伝えられている自信もなかっただけに、嬉しい限りです。

キャラ設定についてもよく分かると言って頂いて安心しました。
キャラの書き分けができているかどうか客観的な意見が欲しかったので、とても参考になりました。

玉に瑕…ですね。初めて知りました←
誤字には重々気を付けているつもりですが、まさかこんなところにあったとは……。
もっと国語を勉強しようと思います;

そうですね、図書室の件は確かに矛盾しています。
というのも、私自身も文芸部所属で部室が図書室なのですよ。それでも成り立っているのは週1しか活動していないからです。
図書室としたのはただの先入観からでしょうか……。

よくよく見直すとこの小説には「週1回しか活動していない」なんて書いてませんし、奴ら頻繁に図書室で屯してますし←
今更訂正することもできそうにないので未解決になりそうですが…。次に矛盾を作り出さないよう糧にしていきたいです。
ご指摘されなければきっと気付かなかったと思います。本当にためになりました。

こちらこそありがとうございます! お疲れ様でした^^

5年前 No.4

いろは ★DCJjDSWfKQ_wKT

こんにちは。
「ダブル批評&アドバイス! Summer vacation」から参りました、いろはです。
本作は、文芸同好会(仮称)に所属する3人の人物が繰り広げる青春ラブストリーという感じですね。確かに、作者様ご本人がおっしゃるようにコメディーとは言い難いです。ですがそれほどコメディーにこだわらずともこの作品はこの作品の独特の雰囲気があって私はいいかなと思います。淡々としたテンポの文章の中、佐藤さんの独特の感性や坂本さんのお惚けさ加減がいいアクセントとなってヒロイン二人の魅力をよく引き出せていたと思います。恋愛小説のようなので、それが一番大事だと思います。
全体的によくまとまっていて、読みやすかったです。

アドバイスなどを。
本作におけるメイン軸は、@文芸同好会(仮称)の活動、A佐藤さんと主人公のラブ・コメディ、B携帯小説の著者創作」の三つになるかと思います。そのうち、本編最後の夏祭りの回までの各々の軸ごとの進行度合いは@の同好会活動が文化祭で出すものを決める(導入)。Aのラブ・コメは相手の気持ちが薄ら見えたところで主人公のアプローチはなし(状況説明)、Bの著者捜索は書籍の説明と捜索宣言(導入)と、三つとも本筋に入っていません。確かにこれだけになると非常に内容がないように感じられます。

本作において最も完成度の高いエピソードは「空に溶ける」になると個人的には思うのですが、これとその他のエピソードのもっとも大きな差はエピソード内における起承転結だと思います。このエピソードは
起:花火大会をどうするか→承:幼馴染と部活仲間の出会い→転:佐藤さんと幼馴染の関係性の変化→結:みんなで仲良く花火鑑賞
というように、きれいに起承転結としてエピソード内での完結が見られます。
ですが、他のエピソード、例えば、文化祭への方向性が決まるまでのファーストシーンでは、
@写メの攻防(佐藤さんキャラ紹介)→A夏休みについての雑談(伏線)→B文化祭のこと(伏線)→Cギャップ萌えの話(本題)→Dテーマはギャップ萌えにしよう(結論)!
と、いうような感じで二話ほどに渡って話が進んでいました。
Aは夏祭りへの伏線になっていますし、他も一応流れにのっとっています。そんなわけで、決していらないエピソードないのですが、エピソードが終わらないうちに全く関係ない幼馴染の話が入ったり、一つ一つの雑談が長かったりしたためにこちらのエピソードではだらだらとした印象に感じられるのかもしれません。
ゆっくりのテンポがいいという方もいらっしゃいますし、丁寧に書いていると好意的に受け取る方もいらっしゃると思います。ですが、展開を早くしたいというのであれば、先述した夏祭りの回のようにシーンの構成でメリハリをつけたり、似たような系統のつないだりと言った方法があると思います。
例えばこの文化祭の出し物についてのファーストエピソードですが、一番必要なのは「生徒会への書類提出の件→全員で話し合い」の流れになるかと思います。なので、これを外さなければ何をしてもいいので、他の大事そうな部分とくっつけて流れを再構成してみるんですね。ちなみに私なら以下のような感じになるかと思います。
佐藤さんの隠し撮りの攻防(起:主人公と佐藤さんのキャラ紹介)→坂本先輩が生徒会の書類提出の話を持ってくる(承:同好会の説明と事件投下)→三人で話し合い(転:本題。どういう姿勢で文化祭に臨むのかなんてものがあるとなおいいかもしれませんね)→最終的に結果(結:書類の完成)
と、言うような感じです。
これで全体的に、起承転結のまとまった一つのお話が出来上がります。こんなふうにして事件を中心に、組み立てていかれるとまとまりが出て、メリハリもより一層出ていいかもしれません。

時系列については、「その後―――」と時間軸が戻ったり、わざわざ回想を使ったことを「でもその話はまた後で」と戻った時間軸内で放り投げたりしたことが原因ではないかと思いました。そのせいで時間軸が右往左往してしまったのではないでしょうか。ですから、上記で述べたように、エピソード内を整理する作業が必要であるかと思います。

また、必要な情報として、主人公の所属する同好会についての説明らしい説明が一切ないのはちょっと問題かなと思います。話が随分進んでいるにもかかわらず同好会の正式名称すら本作には出てきません。小説を書くらしいということが出てくるのが >>14 で、それまで活動内容は雑談と自宅で書く原稿( >>8 )ということしかわかりません。それまでに、写メの話、文化祭の話、夏休みの話、など本編導入のための雑談が続いているにもかかわらず、会に関しては部誌(=会誌)を毎月出している文化系の同好会という情報しかありません。もっと早く「俺たちが所属している文芸同好会では」くらいの感じで説明した方が良かったと思います。

こういったことも含めて、推敲作業が重要かつ有効になってくるかと思います。読み直すだけでは漠然としていますので、今まで上げた例のように、一つの軸をもとに、書きたいことを見直していくのはどうかと、提案の一つとして書いておきます。

後、誤字レベルの話で申し訳ないんですが、主人公たちが所属するのは部ではなく同好会なので、部誌ではなく、会誌、部長ではなく会長になると思います。今後、注意してみてくださいね。

あとはそうですね、要不要とは関係ないのですが、あまりにもないな、と思ったシーンは携帯小説のクダリです。たぶん作者様が携帯小説自体に嫌悪感があるのだと思います。ただ、作者様の嫌悪感が先行してしまっているような印象がマイナスかなと思いました。主人公との体験とオーバーラップさせてありましたし、かなり気合の入ったエピソードだったので、たぶん今後大切なメイン軸になると思いますので、決していらないとは言いません。ただ、ちょっと書いている人たちにあたりの強いエピソードだったかな? というのが一つ。後は、現実問題として、携帯小説の書籍化に目をとしたことがあるんですが……そこまで空白と記号だらけなんてことはなかったように思えます。また、個人の好みがあるとはいえ、ドラマ化までした作品が本当にただの駄作と言えるのかという問題もあります。実際のところ、好みなどの問題で、なんでこれドラマ化なんだという作品はないわけではないですが、大多数の人間が悪意を持つほどの作品なのであれば、ドラマ化の意味がなくなりそうですし、ないんじゃないかなとも思います。
私個人の気持ちとしては坂本先輩のフォローがフォローになりきれていないので、そこをきっちりしたら、印象が変わるんじゃないかと思います。読んでいる人の中には携帯小説大好きな人もいると思いますし、記号をたくさん使ったり、てにをはを普通の文法とは違う表現で使ったりする人がいるかもしれないので、もうちょっと配慮があった方が気持ちよく読めると個人的には思ったんですね。

さて、最後に劇中に出てきた難病とそのあつかいについて触れておきたいと思います。フィクションの中の中ことなのでかなり話題としてはどうでもいいんですが、今まで私が批評でやってきたこととかち合いすぎているので無視はできないという結論に至りました。とてもデリケートな話題ですから、こういう考え方の人もいるんだな、と一つの参考にしていただければと思います。
まずは簡単な話から。
「余命半年の難病」として「白血病」が提示されていましたが、白血病と言っても、ひとくくりにできるものではありませんし、ゆっくりと進行するものや、発見時期によっては寛解率が高いものもあり、そういうケースもあると思いますが、余命半年の難病と聞いた時にちょっと首をかしげてしまいます。ちらっと出てくるだけでそういった疑問を持ってしまったりするものですから、作中で病気を題材に扱う場合、やはり慎重にいかなければなりません。それで、作者様の意見と反対になってしまって申し訳ないのですが、私としては、安易な病名の提示は避けた方がいいんじゃないのかな、と言う意見を持っています。否定しようとかいうわけではなく、どうしても当事者が存在するデリケートな問題なので、そういう考えの人もいるのか、ということを知っておいていただけたら何かの足しになるかなっと思って、一応書いておきますね。

以上で、簡単ではありますが、一度目のアドバイスとさせていただきます。
今回の疑問・質問などなど返信は「ダブル批評&アドバイス! Summer vacation」まで。
よろしくお願いします。

5年前 No.5

美桜 ★TuTu5bkNHH_KMC

*いろはさん

じっくりと作品と向き合って下さってありがとうございます。
ご指摘も的確で、何度も頷かされました。

申し上げ難いのですが、本格的な恋愛…にはならないと思います。
なのに思わせぶりなエピソードを入れすぎかもしれませんが……。
恋愛関係が〜……とからかう幼馴染を描きたかっただけとも言えます。一応は男女間の友情を意識して書いているつもりです、これでも。

なるほど、起承転結をきっちり分けておくことが足りていなかったんですね。
エピソードを整理して考えてみると、毎回主題を後の方のエピソードに追いやろうとしていて、だから序盤のエピソードの空虚感が大きいんだな、と実感させられました。
リレー小説制作もスローペースですし、携帯小説の著者についても導入部分…。
過去に展開が早すぎると(他の作品で、他の方から)指摘を受けたのが裏目に出てしまったのかもしれません;

回想がばらけているのにも今後気を付けようと思います。
思えば、Page4と8.5の最後には同じエピソードの回想が形を変えて入ってきているので、読みにくさを痛感しました。
はい。メリハリを意識しながらまずは自分で整理してみます。

部誌→会誌、部長→会長の件ですが、これまで部誌、部長と書いているにもかからわずいきなり書き方を変えていいものなのでしょうか?
それが誤字だと知ってのことですが……。

作中の携帯小説は、私が過去に書いていた作品を元にしています。
様々な方から「携帯小説みたいだ」と指摘を受けたこと、当時(4年ほど前です)のメビの小説家掲示板にアンチ携帯小説スレが多く立っていたことにかなり影響を受けていると思います…反省します。
「記号と空白だらけ」なのは自分が書いていた作品の特徴まんまです。
汚点としか言えない小説を、せめて作中に出すことで生かしたかった、そんな利己的な思いからきています。

どうして「書籍化、ドラマ化された携帯小説」として出したのかは、言ってしまえば話題性(学校中で「この中に携帯小説家がいる!」と言ったような騒ぎ)を起こすためですね。何という自分勝手。
ドラマ化まではさすがにやりすぎたと思っています。

どちらにしても「携帯小説=昔の私が書いていたみたいな小説」などという思い込みからきた問題なのには違いありません。

病気のことについても、作中で指摘していたとはいえあまりにもおざなりな扱いだったことを悔いています。


今更ですが、返信はあちらでした方がよろしかった…みたいですね;
簡潔なものなるとは思いますが、きちんと返信します。

今回はどうもありがとうございました!

5年前 No.6

美桜 @hoep ★TuTu5bkNHH_KMC

※お知らせ

受験のため、今日をもって更新を一時停止させてもらいます。
常に更新が遅いのにもかかわらず停止状態となる事を心よりお詫び申し上げます。
その分復活したら倍のスピードで更新したいと思います。

……誰も見てなかったら話にならないけど。頑張ってきます。

4年前 No.7

いろは ★DCJjDSWfKQ_8cH

返信遅くなって申し訳ありません。いろはです。
そういうことであれば、冬でも春でもまた掲示板を開催いたしますので、再依頼という形で一からやり直したいのですが、構わないでしょうか?
と、言いますのもそもそも二回目というものは範囲を増やすものではなくて、あくまでも作者様の言葉を聞いて作品の理解を深めた上で同範囲を批評し直す、というものだからです。批評で伝わらなかったところは何か。どうして作者様とこちらで考えがずれてしまったのかなどを考察して伝えることが二回目以降の内容になります。思っておられたのと違ったのであれば申し訳ありません。
受験大変ですよね。思いつめすぎず頑張ってください。
では春を心待ちにしています。

4年前 No.8

美桜 @hoep ★ZZYHrR4woU_KMC

*いろはさん

何とか戻ってこれました。

そういうことだったんですね…。ちょっと誤解していたようです。すみません。
募集板を覗いたところ、まだ今年の春は開催していないようですね。
記事を立てられたら再依頼しようと思うので、その時はまたよろしくお願いします。

4年前 No.9

美桜 @hoep ★ZZYHrR4woU_KMC

※お知らせというか報告というか色々

受験も終わり、春から晴れて大学生です。
そのへんのことについてはアカウントの方でうざいほど語っているので、興味ある方はそちらで。

唐突ですがバイトがしたいです。
この歳になるまで一度も、短期バイトすらやったことがなかったからとにかくやりたい。
だけど忙しく、バイトやるだけでも精一杯な学部なので、更新頻度も下がると思います。

>>7 で言ったことと矛盾していますが……;

幸い、小説2は流れが遅いのでまったり更新していこうと思います。
それから、記事メモから省いた情報をここに載せておきます。



*前作一覧

http://aurasoul.mb2.jp/_shousetu/23782.html 初代 空を紡ぐ言葉

http://aurasoul.mb2.jp/_shousetu/25642.html 二代目 空を紡ぐ言葉(改)

http://aurasoul.mb2.jp/_shousetu/25929.html 三代目 空を紡ぐ言葉(改の改)

http://aurasoul.mb2.jp/_shousetu2/2328.html 四代目 空を紡ぐ物語

http://aurasoul.mb2.jp/_sst/15784.html 五代目 write a novel!

4年前 No.10

美桜 @hoep ★spxLngveWO_KMC

お詫び

ごめんなさい、すっごい馬鹿な真似してました。

Page 8.5なんですが、 http://mb2.jp/_shousetu2/2380.html-52,53の間に入るべき文章が抜けていました。
7月に投稿したミスに今更気付くなんて……。

http://mb2.jp/_shousetu2/2380.html-83にて補完しています。記事メモから飛べば一括して見れるのがせめてもの救いかもしれない…。

4年前 No.11

★uBMWMIIAhV_8ae

とても好みの作風です。洗練された文章に最後まで目を離せませんでした
キャラクター1人1人の魅力がしっかりと伝わってきます
続きをお待ちしております (`・ω・´)

4年前 No.12

美桜 @hoep ★spxLngveWO_KMC

*宥さん

コメントありがとうございます!
特にキャラの書き分けには長いこと悩まされていたので、そう言って頂けて光栄です。

更新頻度については上に書いた通りで、最近はますます不定期ですが、気長にお待ちください;

4年前 No.13
切替: メイン記事 (104) / サブ記事(13) ページ: 1

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる