Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1)
千年京異聞録 [ サブ ] ●メイン記事 (7) / ○サブ記事(1)


切替: メイン記事 (7) / サブ記事(1) ページ: 1


 
 

夕邑三日月 @mistydark☆NIljAHmRyhk ★R3lMq2ye0U_qxX

〜用語・舞台設定〜 時代設定は作品によって異なりますが、基本的には現代に準じます……何も纏まってねぇ。

・陰陽省
 京都に存在していた政府特別機関。表舞台には出ない。日本に出没するアヤカシを討伐する役目を担っている。塚守、安倍、芦屋の三家の人間(代々続く陰陽師の家系)、及び彼らに仕えるアヤカシである守手が所属する。二条城の地下に作った近代的な施設が拠点。
 因みに、此処のトップは陰陽師三家の頭首がジャンケンで決めるらしい。
 非公式とはいえ政府の機関であるため、というか非公式に超常現象を扱う機関であるが故に、歴史の暗部にも関わっているとかいないとか。かつては朝廷や幕府に仕え、現在の上司は内閣だが、本部が京都にあるため政治の中心が関東に移って以来芦屋の家系の一つがパイプ役となっていた。
 叩けば埃が出てくる機関であり、トップは若き頭首が務めるといっても、実戦から退いた陰陽師が上層部として実権を握る部分も少なくはない。
 2006年に乱心した陰陽師に襲撃され、上層部の一部が犠牲になっている。
 また、2013年の千年京事変(後述)により全世界にアヤカシの存在と陰陽省の在り方が公表され、現在はほぼ解体されている。

・阿修羅
 2005年に陰陽省で創設された特別部隊。それは陰陽師の最名門である御三家からそれぞれ戦闘能力に突出した者を一名ずつ選出し、他の陰陽師では対処しにくい特に危険な任務を担当させるというもの。つまり三人で一組の特務戦闘班の事を表していた。メンバーは陰陽省と各家の話し合いで選出され、安倍家の安倍墨江(あべすみえ)、塚守家の塚守薊(つかもりあざみ)、そして芦屋家からは漆蓮が選ばれた。阿修羅のメンバーはその印として左手の甲に赤い五芒星の刺青を施され、秘密裏に活動する事となった。
だが実は、阿修羅とは戦闘能力には優れているが素行や精神面に問題のある者、何らかの理由で各家の中ですら疎まれる者、つまり強いだけに厄介な爪はじき者達が集められた寄せ集めの部隊であり、しかもその真の任務は陰陽省の暗部――陰陽省が政府特別機関であるが故に、政府の上層部からの暗殺の請負やアヤカシとは関係のない敵対組織の殲滅、陰陽道を使用した国家レベルの諜報活動、裏切り者の陰陽師を裏で抹殺するなど――表には出せない汚れ仕事であった。
 2006年に単独でのアヤカシ退治を引き受けるが、任務遂行中に三人中二名が殉死、事実上壊滅する。
 そもそもの存在が秘匿されている機関のため、現在でもその内実を知る者は少ない。

・修羅の乱
 2006年に起こった陰陽省全体を揺るがすほどの内乱。首謀者は墨江薊こと芦屋漆蓮。
 阿修羅壊滅の発端となった任務は、実はあまりに政府と陰陽省の暗部を知り過ぎた三人を上層部の一部の高官が持て余して疎み、三人を秘密裏に葬り去る為に偽りの任務を与え危険なアヤカシの住処に送り込んだのだった。
 その事実を知った阿修羅唯一の生き残り・漆蓮は、芦屋家の宝物庫に侵入し当時彼女しか使いこなす事が出来なかった狂刀『比丘尼法眼』を強奪、そのままたった一人で陰陽省を急襲。邪魔する陰陽師を薙ぎ倒し、守手を跳ね除け、親交の深かった安倍絲織すらも振りきって突き進む。彼女は実父も含む、自分達を裏切った高官達を血祭りにあげると、追っ手を振り切って行方をくらました。
 この一夜の凶行は後に『修羅の乱』と呼ばれ、死者13名(全員が陰陽省上層部高官、聖蘭(漆蓮の実父)を含む)、重傷者28名(守手含む)、負傷者多数の陰陽省設立後最悪の“内乱”となる。もっとも、元々が極秘の政府特別機関である陰陽省の為、この事件は闇に葬られ、阿修羅の存在も一部の者以外には知らされぬまま最初からなかったものとされて、全ては錯乱した漆蓮の乱心で片付けられた。

・二条城
 陰陽省のある場所で、大規模な結界が貼られている。普段は観光名所として、陰陽師と観光客が混在している。

・陰陽師
 この世界で唯一アヤカシと闘う力を持つ者。それぞれ固有の能力と、一族由来のアヤカシに対抗する力を持つ。1000年ほど前から各地に出現しており、歴史を影から支えてきた。式神を操ったり、結界を作ることは大体全員出来る。基本的には血脈重視だが、希に一般人にも生まれることがある。その場合、三家の何処かに養子入りしてそこの苗字を名乗る。
 本家にはアヤカシよけの結界が貼ってある。他にも、個人で重要と思われる場所に結界を張ったり、それを通して情報収集することもあるとか。

○安倍(あべ)氏
 安倍晴明の子孫の陰陽師。能力を使用しての遠距離戦を得意とする者が多い。呪術の扱いにたける。
○芦屋(あしや)氏
 芦屋道満の子孫の陰陽師。能力はサポートに回し、体術を駆使する接近戦を得意とする者が多い。京都だけではなく、現在の首都である東京にもパイプのある一族。
 尚、現在芦屋の守手を務める翡翠を捕縛したのは、150年前の芦屋家当主である芦屋道影であるが、彼には陰陽省の前身である陰陽寮の策略により恋人と兄を喪うという過去があった。
○塚守(つかもり)氏
 互いをライバル視する安倍氏と芦屋氏の抗争を見かねた朝廷が、八百年ほど前に安倍氏の頭首の弟と芦屋氏の頭首の姉を無理矢理結婚させて作った分家。しかし、両家の力が合わさったことで何時しか本家をも凌ぐ実力者集団となった。苗字は二代目当主が京都で暴れ回った化け猫を、山中の塚に封じたことに由来する。
 戦い方は様々だが、アヤカシに直接触れることでその真名を読み解き、支配下に置く力を持つ。別名、守手調達係。真名を読み解くといっても字面が分かるだけで、読み方は考慮が必要。

 基本的に三家に優劣はないが、他の家の者にはやはり思う所があるらしい……?

・アヤカシ
 妖怪。陰陽師の宿敵で気紛れに人を襲う。基本的に通称を名乗り、余程親密な間柄でなければ真名は明かさない。別に日本のみに存在する訳ではなく、世界中にいる。と言うか、ぬらりひょんだろうと雪女だろうとヴァンパイアだろうとキョンシーだろうと、総括してアヤカシと表現する。
 皆が勝手気ままに暮らしているが、血縁関係や何らかのネットワークがないわけではない。

・ヘルハウンド三姉妹
 長女翡翠、次女咎女、三女相澤薙(全員通称)で構成される西洋のアヤカシ三姉妹。
 ヘルハウンド一族は、始祖はただの野犬にも等しい存在であったが、様々な種族との婚姻を繰り返す事によってかなり強大な力を得た、混血カオス軍団である。西洋妖怪の殆どと血の繋がりがあるとか無いとかで、兄弟姉妹で種族が違うこともしばしば。西洋のアヤカシのトップを祖父に持ち、ヨーロッパ諸国などでは『ヘルハウンド三姉妹』といえば他のアヤカシにさえ恐れられる程有名だったりする。

・電脳蟲(新規)
 インターネットなどの電脳世界に渦巻く人間達の蔑み、嘲り、僻み、妬み、痛み、凶暴性、暴力、鬱憤、怒り、悲しみ、憎しみ……それら全ての悪意が渦巻き、集まり、合わさり、分裂し、影が更に濃く深く影となって生まれた悪意そのものを餌とするらしい。電脳蟲の能力は簡単で単純、電脳世界を支配して悪意を更に人間達に根付かせ、増やし、深め、凝縮し、永遠に悪意を生み出し続け蟲達の餌を作り続けること。つまり、携帯やテレビなどを媒介にして良くも悪くも好きなように情報をばらまくことが出来る。

・真名
 真名とはアヤカシの本質であり、それを知られることは相手に絶対服従することを意味する。逆に、真名を明かすことで忠誠の証としたり、間違った真名を信じ込ませて寝首を掻いたりすることも可能。
 ただし、アヤカシ同士で真名を教え合うような状態に陥った場合、生まれ持った特質での力比べというか、知られる前とあまり変わらない状態になる。つまり、同程度の力を持つアヤカシであれば真名による支配は相殺されて意味をなさないが、力量に差がある場合主従関係が生じることも。

・猫又
 塚守の二代目頭首に封じられた妖猫。彼に真名を読み解かれ、塚に封じられて以来、塚守家の守り神として使役される立場にある。守手の統括者。代々塚守の頭首に受け継がれる守手であり、大体の守手や陰陽師に真名が知れ渡ってしまっているが、生まれ持った力が強いためアヤカシに対しては優位に立てる。

・翡翠
 本名ルークリーシア=ヘルハウンド。ヘルハウンド三姉妹の長女にして、芦屋家の守手であった存在。元来陰陽寮(陰陽省の前身)を滅ぼすために来日し、内部に潜り込んでいたのだが千年京事変の際に離反。
 現在は影の京都(後述)に残り、アヤカシの女王として放任主義を貫き、必要な時に必要なことだけして生きている。

・守手(もりで)
 安倍氏、芦屋氏に敗北した、塚守氏に真名を知られた、同情、気紛れ等々、人間に味方するアヤカシのこと。猫又やブラックドッグ等、個人ではなく家に仕える守手は全ての陰陽師に真名を知らせる義務がある。個人契約の場合は任意。ただし、塚守に真名を読み解かれる可能性は否めない。よほど主人の信頼を勝ち得、尚且つ徹底して塚守に触れないようにすれば「ただ一人の陰陽師に忠誠を誓った守手」の出来上がり。そんなにいない。この場合、術者の死によって契約は解消される。
 尚、守手達は自分の主人によって、たとえ真名を知られていても影の輩に従う必要はないという特殊な術を施されている。

・影の輩(かげのともがら)
 人間を裏切り、アヤカシ側に付いた陰陽師。信頼を勝ち得たアヤカシの真名を知っている場合が多いが、守手は真名を知っていようとも使役できない。
 陰陽省やアヤカシに対して様々な考えを抱く者たちの集まり。
 現在のスタンスとしては、アヤカシを一方的に敵視し秘密主義を貫く、腐敗した陰陽省上層部の在り方に疑念を抱き、その殲滅を目的とするものが多い。その過程の邪魔さえしなければ、陰陽師や守手そのものには害意はないらしい。

・千年京事変
 2013年に勃発し世界中を揺るがしたアヤカシと陰陽師の全面戦争。翡翠と漆蓮による修羅の乱の再演に始まり、様々なアヤカシと陰陽師との因縁の対決、果ては世界の終末を懸けた漆蓮との闘いを経て終結した。
 この事変以来陰陽省は解体され、人との共存を望まぬアヤカシは現世とは隔絶された影の京都へと住処を映し、共存ではなく共生の時代が始まった。

・影の京都
 もとは咎女により作られた京都そっくりの異空間。ただし、何時まで経っても明けない夜に包まれている。
 千年京事変の最後に現世から切り離され、強固な結界に守られながら常にそこらじゅうを漂う、何処にでもあって何処にも無い場所へとなり果てた。
 現在はアヤカシのアヤカシによるアヤカシの為の王国として、それなりにフリーダムに賑わっている。

4ヶ月前 No.1
切替: メイン記事 (7) / サブ記事(1) ページ: 1

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる