Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4)
雨の日の約束 [ サブ ] ●メイン記事 (19) / ○サブ記事(4)


切替: メイン記事 (19) / サブ記事(4) ページ: 1


 
 

桜 紫苑 @sakura43 ★5zhr4UC2JI_8gk

  アクセス数50突破記念☆彡   読んでくださりありがとうございます♪  では、番外編で〜す☆

    〜自己紹介と致しますかー麗華&雛乃〜

隣を歩くのは、ひなちゃん。しゃがんでいたら、おなかいないの?って心配してくれた優しい子。

只今、図書室への道を案内してもらってもらってます(笑)

「ひなちゃんって何歳なの?」

「七さいだよ!!おねぇちゃんは?」

「私?私は、16歳だよ。」

てか、気付いたけど、この子私服なんだよな。

誰かのお見舞いかな?

「ひなちゃんは、何が好きなの?」

「おにぃちゃんと、ママとパパ!」

「ふっは!家族が大好きなんだね♪」

「うん!おねぇちゃんは何が好きなの?」

「私はね、本を読むのが大好きなの♪」

「ひなもすき!!」

「ふふ。一緒だね♪・・・あっ。ここかな?」

「うん!ここが図書室なの!!」

水川麗華。無事図書室に到着しました◎

18日前 No.1

桜 紫苑 @sakura43 ★5zhr4UC2JI_8gk

アクセス数100突破記念☆彡  てんきゅーです♪

〜自己紹介と致しますか 麗華&光希 〜

雨の日に出会った光希。

第一声は『ふーん。あんたも、白血病なの?』ですって。

簡単に名前を言い合って握手をした私たち。

「れいかさ、なんの白血病?」

失礼な男。

「見ればわかるでしょう?」

そう言って、さっき抜き取った本をみせた。

『急性リンパ性白血病』

それが、私が2週間前に分かった病名。

「おっ!俺も、同じ!!れいか何歳?俺16」

「私も16歳だよ。」

何したいんだろう?

「そうなんだ!れいかは、一人っ子?」

「うんん。弟がいるよ。」

輝かしい未来をもっている

私の大切な弟。

「俺、妹居る!!弟君何歳?」

「6歳だよ☆麗夜(れいや)っていうんだ♪」

麗夜の話をすると楽しくなる。

「俺の妹と同い年だな。なんか運命じゃね、俺たち?」

「なわけ、ないでしょ!」

それを最後に私は図書室を後にした。

彼がこういったのを聞いてからだけどね。

「雨が降ったらまた来いよ」

11日前 No.2

蓮(ハス) @sakura43 ★5zhr4UC2JI_8gk

アクセス数150突破記念☆彡  嬉しい限りです♪

〜質問タイム 麗華&光希 〜

始まりは、私が言ったこと一言。

「私たちって、まだお互いのことよく知らないよね?」

そして、光希が言ったこの一言でお互いの新しい一面を知ることになる。

「んじゃ、質問タイムにする?」

「いいね!賛成だよ☆」

「兄弟構成は、話したよな?何があるかな?

あっ!麗夜君の誕生日は聞いたけど

俺お前の誕生日しらね〜、いつ?」

祝ってくれるのかな?

「1月の15日だよ♪イチゴでおぼえてくださいなっ☆」

覚えやすい誕生日でよかった!!

「ははっ!俺は、6月23日!2と3をかけると6になる。って覚えておけば?」

「ん(笑)そーする!」

「次は〜・・・。麗華が決めて?」

私か!?う〜ん。

「好きな人いる?」

「いるよ。」

少し顔を赤くし、照れながら笑う光希は、恋する男の子だった。

「へ〜。その人と付き合ってるの?」

「いや。俺の片思いだよ。麗華は?」

「好きな人も、付き合ってる人もいないけど。」

「けど?」

「いない」

「ふ〜ん。初恋もまだな感じ?」

「どーでしょう?ってか、話変えよ?次は光希の番!」

「何があるかな?あっ!好きな曲とかあんの?」

「AJISAI!!AJISAIさんのかくれんぼと、EXITが好き♪」                   ※AJISAIさんは、本当にあるバンド名です♪

「歌ってみてよ。音痴でもいいから。」



続く・・・。同じ150突破記念です☆

3日前 No.3

蓮(ハス) @sakura43 ★5zhr4UC2JI_8gk

           150突破記念の続きです♪

「いいよ。」

私は、AJISAIさんのかくれんぼを歌いだした。            ※曲も実在します

『誰かが作った理想の君を君はずっと演じてたんだね。

本当の自分に鍵をかけてその鍵さえなくしてしまった。

明かりの消えた小さな舞台でそれでも君は演じ続ける。。

本当の君が消えてしまう前に なくした鍵は僕がさがしてみるよ。

何億年も前に遡れば 人はみんな同じ動物です。

だけど、お節介な神様が個性だとか自分らしさだとか、

余計なものを僕らに与えた。有難迷惑な話でしょ?

こんなものに苦しむくらいなら誰かと同じ心と体でいいの

君は小さく呟いた 窓の外はまだ夜の闇が続いてる。

隠れていないで出ておいで怖がらずに

話を聞かせて 本当の君を知りたいんだ。

こんな汚れた小さな地球(ほし)でも宇宙(そら)から見下ろせば美しいという。

遠くから見ればこんな私も少しは綺麗に見えるのかしら?

そういって君は人を遠ざけた 誰も近づけないようにした。

自分で掛けたその鍵のせいで誰も来ない どこにも行けないでいるの。

君は寂しいって泣いたんだ。 ほらいつのまにか夜は終わり告げて。

朝焼けキラキラ その涙照らしました。

こんなにきれいなものを僕は知らなかったよ。

上手に言葉にできなくてもあなたに伝えたいことがある。

演じることに疲れ果てたあなたに伝えたいことがある。

あの日なくした心の鍵はきっともう君には必要ないんだ

だって今、その目から溢れ出した涙が本当の君なんだから

隠れていないで出ておいで実をいうとね、

さっきからこっちを覗いていたこと知ってるんだよ。

僕は手を伸ばしている。今なら届く気がして

扉の向こう震える君の名前を何度も呼んでいるよ。

いっせーのせーで さあ、君も手を伸ばして

掴んだらもう離さないから一緒に行こう。

君がまだ知らない広い世界を見せてあげたい。 』

隣を見ていると、光希は泣いていた。

いつかの私を見てるようだった。

「お前音痴だな(笑)でも・・・いい歌詞だな。俺これ好きだわ。誰の曲だっけ?」

「知ってるもん!AJISAIさんだよ!!他の曲も聞いてみてね♪次は、光希の番!!」

「おう。俺が好きな曲は、三月のパンタシアって言うやつの、星の涙。」             ※こちらも、歌ってる人、曲と本当にあります。

光希の歌声聞けるの楽しみだな。

1日前 No.4
切替: メイン記事 (19) / サブ記事(4) ページ: 1

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる