Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (192) / サブ記事(224) ページ: 1 2 3


 
 

柚希 @maguromogu ★Android=Som717SoYg

「わんわん!朝だよ!起きて!おいらに構って!」

「ううん…妖怪はすぐ近くにいるよ、ここら辺は妖怪の臭いがすごいから近づかない方がいい…、!足音が向こうから聞こえてきた!早く逃げて!」

・名前 獅子丸 ししまる

・年齢 犬の姿の時は成犬。人間に擬態している時は17(実年齢は2000歳ほど)

・性別 男

・分類 聖獣

・干支 戌

・容姿 普段は柴犬の姿をしている。色は茶色で一般的に柴犬と言われて皆がイメージする容姿。首に鈴と孔雀石がついた縄のような首輪をしている。人間に擬態しているときは髪色は茶色で、太眉。目は丸く大きく、漆黒色。首輪は擬態しても着いており、服装は浴衣だが着替えることも出来る。疲れたり眠くなると耳や尻尾が擬態しきれないことも。

・性格 犬そのもの。人情に厚く涙脆い。飼い主(自分の選ばれし者)には冷たい対応をされてもめげずに懐いてくる。しかし飼い主の間違った行動はしっかり注意し、多少の暴力沙汰になっても止めようと頑張る。人間に擬態してもその性格は変わらない。飼い主の敵となるものには牙を向く。食いしん坊で、よく食べよく遊びよく寝る。飼い主に構ってもらうのが大好き。

・気 5感の強化。5感全てを飛躍的に強化させる。特に嗅覚を強化させるのが得意で、味覚は少々苦手。嗅覚、聴覚、視覚は遠くにいる妖怪の臭い、足音、姿を認識できるようになる。

・備考 約2000年前とある神社で飼われていた。なにも変わった箇所はない普通の神社だったがその神社に祀られていた神像が何者かに壊されるという極めて悪質な事件が起こり(犯人は妖怪)いまではその神社は妖怪がうじゃうじゃと取り憑いているらしい。飼い主は獅子丸を妖怪から離そうと遠くの神社へと引き渡したがそこの飼い主は獅子丸を煙たがり捨てた。しかし死してもなお前の飼い主が忘れられず彷徨っていたところ、神社で育ったこともあってか天上界の者に連れていかれ聖獣になった。
一人称は「おいら」、二人称は呼び捨て、自分が憑依している者は呼び捨てか「飼い主」犬の姿の時はわんわんと鳴き、(日本語も話せる)基本は食べなくても良いがドックフードを好む。もちろん人間に擬態している時は食べない。自分の憑依している人を「飼い主」という。普段は飼い犬として生活している。飼い主に浴衣はうざったいから他の服を着ろ、と言われたため浴衣を着る頻度はあまりない。

・募集 神社を荒らした妖怪
犬の姿の獅子丸を可愛がってくださる方

2017/09/09 21:31 No.52

切替: メイン記事 (192) / サブ記事(224) ページ: 1 2 3

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる