Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (192) / サブ記事(224) ページ: 1 2 3


 
 

@kino10 ★EHAKMvHTHQ_Y9V

第一章 選ばれし者達


東京都西多摩郡檜原村。東京の西端に位置する東京の本州唯一の村。
23区から遠く離れた場所に位置するこの村には、コンビニやスーパーマーケット、銀行等の現代の便利機関が存在しない代わり、自然に満ち溢れている。山、川、森林、野生動物……とても都内とは思えないような情景がそこにはある。

そんな都内有数の自然に溢れたスポットを訪れる観光客は少なくない。都会の喧騒を忘れ、山や森で散策、森林浴、滝のマイナスイオンを浴び、動物と触れ合い、河原でバーベキューをする。観光客は皆、俗世の垢を洗い流しにこの村を訪れる。


「仕事じゃなかったらゆっくりしたいもんだよ。トホホ……。」


トホホって言葉初めて使ったかもしれない。使ってる人も見たことがない。まさか自分が使うことになろうとは。そんなどうでもいい言葉を頭の中で反芻しながら、猫田是清もまた檜原村の自然を味わっていた。徹夜明けの登山という形で。

彼の言う仕事とは、表向きにはとある林間合宿の引率である。
山道を登っているのも、林間合宿に参加した生徒達の引率としての仕事の一環であり、山の中腹にある古びた合宿所へ生徒達を先導しているわけである。

生徒達を引率しているからといって、彼は先生でも、公務員でもない。


彼は霊理士(ついでに税理士)だ。


霊理士とは、人間の住む人間界、妖怪の住む妖下界を管理する天上界によって任命される、対妖怪用の人員のことである。

そんな稀有な職業に就く彼がなぜ林間合宿に集まった生徒たちの引率をしているのか。
それは、彼の今回の仕事が表向きには引率であり、その真意は「リクルート」であるからだ。


一か月前、都内に住む若者の中から「気」の潜在値の特別高い人間が、天上界によって選定され、林間合宿への招待を受けた。
その招待状には「扇動」の気が練りこまれており、強い気を持つ人間なら自然とその招待を受けてしまうように細工がなされており、自然に興味もなければ俗世の垢にも汚れていない若者でも、何かの因果に導かれるようにこの合宿に参加してしまうのである。

今回集まった若者は30名ほど。ちょうど学校の1クラス分。先日開放された「霊獣」によって最高12人の霊理士がこの中から選ばれ、霊理士になるか否かの面談を受ける。


【続く/選ばれし若者達が4人集まったため、本編開始の準備を始めます。一章の冒頭と、その後の流れの説明や開始時の参加者の紹介が終わり次第本スレ解禁とします。もうしばらくお待ちください(引き続き参加者募集中です!)】

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
2017/09/09 19:25 No.48

切替: メイン記事 (192) / サブ記事(224) ページ: 1 2 3

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる