Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (192) / サブ記事(225) ページ: 1 2 3


 
 

Doubt @casebycase☆0c9nqQGSPbs ★lCAAWJgq5v_mgE

〇プロフィール

「そう畏まらずとも従人の如く扱ってくれて構わん。確かに吾は数百と余年を生きておるがこの見た目の通り青二才よ。先達というのなら汝らの父母の方が吾などよりも余程世の酸い甘いを知り尽くしておるわ。ただ長生きしただけの者を賢者とは呼ぶまい?」

「うむ、良い……実に心地よい味だ。二流の素材と粗雑な味付けだが、だからこそ心惹かれるものがある。いうならばそうさなぁ……ある種の罪悪感とでもいうべきか。何はともあれこの『はんばぁがあ』はいつ食っても美味い」

「愚かな。己が箱庭で屯しておれば良いものを……負と破滅しか産めぬ汝らはこの世界には無用よ。己が愚行を悔い、そして精々吾と対峙した不幸を呪いながら逝くがいい。では速やかにあの畜生共を始末せよ……なんだ、鳩が豆鉄砲を喰らったような顔をして。吾が汝の言いたいことを代弁しておいた故、あとは汝の仕事ぞ」

・名前:播磨 竜胆(ハリマ リンドウ)
・年齢:外見年齢10代後半~20代前半
・性別:両性具有(性質的には雄寄り)

・分類:霊獣

・干支:辰

・容姿:身長は170cmで華奢な体型。白銀の髪と翡翠色の瞳、爬虫類に似た細い瞳孔を持つ。細面の顔立ちは整っているが男性的女性的といった特徴が見分けづらく人形や能面を連想させる不自然さを持つ。というのも容姿自体が思うが儘に変幻自在であり、その上人間の美的センスを竜胆が理解していない為所謂流行りの顔立ちを模倣しているに過ぎない。曰く「人間は誰も彼も同じように見えて困る」らしく、少し気が緩むと途端にゆるキャラや、酷い時には某芸術家のゲロニカレべルにまで顔面が崩壊(物理)してしまう。上記の理由から表情を作るのも苦手で普段浮かべているのは無表情か癪に障るような胡散臭い微笑の二種類のみ。食事の際には本心からの笑みを浮かべることも。ちなみに額からは一対の角、頬や手の甲には鱗があるが霊的素質を持たない者には見えていないらしい。服飾は現代人にはとんと縁が薄くなった和服。襦袢の上より色無地、その上から派手な牡丹柄が散らされた女物の羽織を肩にかける。足元は素足に紅い鼻緒の高下駄。非常に目立つ格好だが霊的素質を待たない者には(ry

・性格:古めかしい口調に見合った尊大かつ厳格……というわけでは全くなく精神年齢で言えば外見通りと言って差し支えない。相応の年数を重ねてはいるが人間界に居る期間は疎らである為基本的には知識不足。横文字やちょっとした専門用語にも疎いので結果として天然ボケに近い発言が飛び出ることも度々ある。人間に対しては友好的であり且つ茶目っ気のある性質で冗句をたびたび言ってはからかう悪癖がある。先述のボケも相まってか本心からの発言かそれとも冗談なのかが捉えにくく相手にするには面倒極まりない。また我慢弱い気分屋と冷静とはとんとかけ離れた人物である為売り言葉に買い言葉と挑発や煽りへの耐性は皆無。ただ最低限の分別は持ち合わせているので、絶体絶命の状況でもない限り自身が直接力を振るうことは無い

・気:性質は「嵐」。荒ぶる空の化身であり、烈風を呼び雷を振るい天候すらも変容させるほどの強大な力を持つ。また己が周囲の人間や妖怪の気、妖気を侵食し己と同質のものに塗り替える稀有な性質も併せ持つ。十二支の継嗣に相応しい凄まじい力だが調整や融通が全く利かず、周囲に与える多大な影響と被害は妖怪のそれすら上回る為天上界よりその殆どを封じられている。その為戦闘においては強靭な肉体を使っての壁役しかこなせず、もっぱらサポートがメイン。パートナーたる霊理士には自身の嵐から分岐した「風」「水」「雷」の異なる三つの性質を付与できる

・備考:一人称「吾」二人称「汝」。天上界から遣わされた霊獣の一であり、『辰』の直系の継嗣。尤も竜自体が非常に長命な種族である為神様に拝謁した個体から数えても竜胆は四代目にあたる。何処か古臭い口調に違わず既に5、600年の齢を重ねているが自称のとおり竜の中ではまだまだ若輩の部類。精神の成熟度からいっても外見と然程差異はない。人間に対しては対応はどうあれ非常に友好的であり、天上界から度々遣わされては容姿を変え霊理士のサポートを幾度かこなしている。その為古株の霊理士にも馴染みが幾人か存在する。また霊獣の『巳』に対しては因縁か何かと馬が合うようで弟分か妹分のように可愛がっている。唯一にして絶対の趣味は「食事」。その健啖ぶりは凄まじく、目が飛び出るような価値がする高級料理から大衆食堂の定番、果ては失敗した手料理までなんの差別もなく出された物は悉く平らげる。余程人とは味覚に差異があるのか、そもそも料理という概念すら知らなかったのかは定かではないが調理してさえあれば大抵は美味に感じるらしい。最近のブームはとある霊理士が振る舞ってくれる手製の料理

・募集:
近頃よく手料理を振る舞ってくれる霊理士、選ばれし者(一人)
その他の方の募集にも乗っかっていく所存です

【予約も無し、空気も読まずに突然の投稿失礼いたします。お手数ですが確認のほどよろしくお願いします】

2017/09/09 11:06 No.37

切替: メイン記事 (192) / サブ記事(225) ページ: 1 2 3

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる