Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (192) / サブ記事(225) ページ: 1 2 3


 
 

ウミノモズク @96109610 ★ckDnZME2Oh_PHR

〇プロフィール

「日常とは宝物です。一日一日を思い起こせば宝石のようで愛しく愛でれば輝いて二つとない掛け替えのない思い出です。失い傷つき亡くなれば二度と微笑みかけられない…もう触れてあげられない。」

「ラムネの瓶に入ったビー玉、子供たちの置き忘れたおはじき、涼し気な音色の風鈴、透きとおっていてとても素敵ですね。」

「私、人間が大好きなんです。」

・名前:弔(とむらい)(真名:白百合(シラユリ))

・年齢:外見年齢20代半ば(実年齢はご想像にお任せします。)

・性別:女

・分類:妖怪

・干支:なし

・容姿:腰のあたりまで伸ばした長く黒い艶のある髪に白い百合の花を模した髪飾りを両側に対になるよう付けている。顔には黒い布の面を掛けており面には「弔」の白い文字が記されている。布面を取ると伏し目がちな翡翠色の瞳と物言わぬ閉ざされた口元が見えるらしい、そして肌はこの世のものとは思えないほど白く生気が籠っていないのだとか。服装は袖と首が黒いレース生地で覆われた中国風の衣装(所謂チャイナ服)スカート部分は足首辺りまで生地のある長いタイプのもので普段は脚が見えないように赤い紐でコルセットのように縛っている。足先は踵のある黒いヒールを履き手足の爪は服装同様に黒い爪紅で染められている。一見黒づくめで喪服のような見た目のため普段から少し近寄りがたい雰囲気を出してしまっている。

・性格:基本話しかけられない限り自分から話すことはないが口調は丁寧かつ優しい。外見は毒々しいが転んだ子供を助け起こしたり迷った老人を道案内したり探し物を一緒に探してあげたりと善き行いをしてくれる。しかし本人は無言なので素直に「ありがとう」と言ってもらえないし霊力の低い人間には見えない妖怪なので気が付いてもらえない、となかなかに報われない。でも本人はそれでいいと思っているらしい。礼儀正しく普段は決して怒ることはないが逆鱗に触れた場合彼女はあらゆる残虐な手段を行使し対象を潰しにかかる。対照的に綺麗なものが好きといった一面があり、ビー玉やおはじきなど硝子で作られたものを収集する癖がある。気が付けばポケット一杯に集めてしまっている時があり本人は無自覚でやってしまっているらしい。

・気:『吸魂』素手もしくは肌で触れた相手の霊力又は妖力を吸い取り自分のものにする。吸い取った力は別の対象に触れることで移し替えることが可能、しかし相手に接近し実際に触れないと発動することは出来ないのでかなりリスキーなものである。

・備考:昔々、ある国のある村で一面を白い花に囲まれた美しい大樹、御神木と呼ばれ人間に敬われていた樹がありました。その樹は毎日水とお供え物を持ってくる男の子のおかげでとても健やかにそして幸せに過ごしていました。男の子が成長し成人し結婚し子供を連れてくるまでの長い年月その樹は来る日も来る日もその男性の健康と成就を祈りました。しかし国は戦争と呼ばれる戦を始め男性は家族を置いて戦地へ赴いてしまいました。空は赤く町や建物は燃えましたが御神木は何故か燃えることはありませんでした。数年後、男性は帰ってきました。樹は再開を喜びましたが男性の表情は暗く太い縄を樹の枝に括り付け始めたのです。彼女の悲鳴をよそに男性はその命を自ら育んだ樹を使いその命に終止符を打ってしまいました。男性の手からはくすんで皺だらけになった一枚の家族写真が落ちていき頬からは涙が雫となり伝っていきました。それが何を意味していたのか…。真相に触れた瞬間、私は私を見上げ白い花畑に一人佇んでいました。私は神格を放棄し身体を手に入れるとあの子の亡骸を地に下ろし土に還し花を手向けその場を後にしました。あの子亡き今あの場所に留まり続けることは出来ないと思ったから。
妖怪「花魄」としての人生が幕を開けたお話。
一人称は「私(わたくし)」二人称「(名前)様」、趣味は綺麗なものを集めること。彼女の姿は一般人(霊力を全く持たない人)には見えない。たまに見えても幻覚と思われがち。特定の住処はなく普段はいろんな場所を散歩するように歩いていて眠るときは花の姿で眠るという。

・募集:@彼女が妹又は弟のように可愛がる人物(一名)
A彼女と一緒に綺麗なもの集めをして下さる人(一名)

【予約していた者です。なんかこう…暗い!ですがコミカルな一面もある子の予定です。ご確認よろしくお願いいたします。】

2017/09/08 22:18 No.32

切替: メイン記事 (192) / サブ記事(225) ページ: 1 2 3

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる