Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (1382) / サブ記事(325) ページ: 1 2 3 4


 
 
【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.70 だけを表示しています。

風神少女 @infernus☆XQ6phrzcKMtR ★F7MrHN45jw_Qi5

名前:レムルマ・グリンデルワルド
読み:―――
性別:女性

容姿:ボサボサとした青い髪で、長さは首元の辺りまで。右目は伸びた髪によって覆い隠されている。頭の上には気品のある赤色のミニハットを載せている。服装は白いブラウスの上に黒を貴重とした、様々な装飾が施された上着を着て、下も同じ色を貴重とした、協会の紋章入りのスカートを履いている。足はタイツの上に黒いブーツ。顔立ちは綺麗だが、目つきが少し悪い。瞳の色は青。

備考:並行世界管理協会に多額の資金援助を行っているグリンデルワルド・コンツェルンの令嬢。23歳。親のコネを利用して、協会では上級役員の役職についている。
グリンデルワルド家はアナザーワールドにおいても五本の指に入るほどの大富豪であり、その恩恵を受けて、幼少期から一切苦労もせずに暮らしてきた。
当時は世界のことをよく知らなかったために、性格が大きく歪むこともなかったが、高校生となる頃に、徐々に第三臣民への差別意識が生まれ始める。
それはアナザーワールドで生きる者にとって当然の成り行きでもあったが、親の絶大な力によって、第一臣民や第二臣民すらをも下に見れるレムルマには、それが顕著に出た。
今の彼女にとって、第三臣民は「家畜」も同然の存在であり、時折獣狩を楽しむかのような感覚で、彼らを甚振っては殺して楽しんでいる。

金さえあれば何でも手に入ると思っている、典型的なタイプであり、自分の状況が苦しくなると相手に金を掴ませることによって窮地を乗り切ろうとする。
実際にそうして手に入れた人脈がかなりの数存在しているようだが、レムルマはそれらを自らの力に屈しているのだと勘違いしている。
本人の学力は全く大したこともなく、高校も毎年留年クラスの成績ながら金の力で進学、大学も親に作ってもらった大学に入学し、ほぼ自動で卒業という有様である。
なお、その大学はグリンデルワルド家というブランドがあるために人気大学となり、さながらレムルマは名門大学を卒業した実績があるかのように映っている。
因みに、どれほど頭が悪いかというと、割り算が出来ないレベルである。掛け算にも難があり、足し算引き算も三桁以上になると途端に解けなくなる。

戦闘においては、水属性の魔法を用いて戦うが、はっきりいってその技術はお粗末なレベル。魔力自体はそこそこだが、実勢経験がなさすぎてノウハウを理解していない。
それでも、持ち前の魔力量でゴリ押ししてそれなりの戦績を挙げている状態。強敵と対峙した場合、途端にその粗が顕となり、苦戦を強いられる。
また、敵前逃亡をすることもかなりの頻度であり、レムルマの部隊に入れられることそのものが死刑宣告だと陰口を叩かれるほど。
「デモーション」と呼ばれる15メートル級の駆逐艦を所有しているが、基本設計が4500年落ちの完全なる産廃である。だが、レムルマはこれを最新鋭の最強の機体だと思いこんでいるようだ。

性格:親の七光りを自らの力と信じ込んで徹底的に他人を見下しており、時にそれは第三臣民だけではなく、第一臣民や第二臣民にすらも及ぶ。頭が悪いことを指摘されると、それを全力で否定しようとする。自らにへこへこする者に対してはそれなりに優しいが、裏では平気で陰口を叩いている。不利になるとすぐに言い訳を始め、それでも状況が挽回出来ないと見るや、すぐ逃走を図ろうとする。
作品:Chronoシリーズ オリジナル
世界:アナザーワールド
立場:敵/並行世界管理協会(C上級役員)

2019/01/08 21:41 No.70

【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.70 だけを表示しています。
切替: メイン記事 (1382) / サブ記事(325) ページ: 1 2 3 4

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる