Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (1884) / サブ記事(373) ページ: 1 2 3 4 5


 
 
【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.7 だけを表示しています。

ゆーす @sable ★c1PKWYVyQN_Tbw

【スレッド設立おめでとうございます!早速予約させていただいていた役職のプロフィールを投下します】

名前:オスカー・ソレイユ・ルヴァン

読み:

性別:男性

容姿:身長185cm。瞳の色は明るい赤。ツンツンした遊びがちな銀髪を整え、清潔感のある髪型にしている。
装いは黒中心の軍服が主で引き締まった印象を与えるが、休日は同一人物かと疑うような軽装でいることがほとんど。
かなり整った顔立ちをしており、年齢より5、6歳ほど若く見られることが多い。

備考:27歳。時空防衛連盟の次期副総統に任命され、もう間もなく現場に入ろうとしている。

総統を務めるユーフォリア・インテグラーレの同期であり、大学も職場も彼女と同じだった過去を持つ。
政府高官の家柄故に将来を期待されており、7人の弟妹の見本にもなるべく勉学に励むも、トップの大学に入学するまでに二度の浪人を経験した。
苦労してやっと歩み始めた政治家人生も苦難の連続。身も蓋もないことを言えば"政治家に向いていなかった"のだ。
問題に直面した時、深く考えるよりまず行動に移しがちな点。正義感が非常に強く、間違ったことに対して首を縦に触れない点。
明らかに浮いているにも拘わらず、無駄に情熱的かつ精力的なオスカーを、腐敗した政治家達はよく思わなかった。
発電所等が集中する要衝・オラムフェルトへの異動は、事実上の追放であり、彼の両親をも失望させる結果となった。

その後は地球軍に籍を置き、オラムフェルト守備隊のリーダーとして活躍を重ねた。早い話が軍人向きだったわけである。
大統領官邸襲撃によって両親を失うも、家族を養うのに困らないだけの富を築いていたため、守備隊の寮ではなく自身の邸宅に弟妹達を住まわせて面倒を見ている。

戦闘には巨大な槍と重厚な盾への行き来が可能な変形武器と、極めて強力な雷の属性魔法を行使する。
翳した巨戟に落ちれば、一切合切を突き崩す神の槍に。構えた剛盾に纏えば、一切合切を堰き止める神の盾に。
そんな彼なりの最適解へと磨き上げられた属性魔法は、雷属性を凌駕する"天雷"属性として認知されている。

性格:わかりやすい熱血漢でユーモアに富んでいる。課題や目標が見えればじっとしていられない様は、天真爛漫な幼児そのもの。
またかなり友好的な性格の持ち主でもあり、接点を持った上で気の合う人物とは、立場や年齢を飛び越えた関係を築くこともしばしば。

作品:オリジナル

世界:ホームワールド

立場:味方/時空防衛連盟(A副総統)

――――――――――――――――――――――――

名前:シフォン・ヴァンディール

読み:―

性別:女性

容姿:身長167cm。瞳の色は深い緑。ふさふさとしていてかつ艶のある非常に美しいブロンドヘアの持ち主。
装いは黒寄りの赤を基調とした軍服が主であり、白いリボンや金色のワッペンがあしらわれている。赤黒い色のマントは肩章付き。
デスクワークの際は白いシャツに黒いベスト、スリットの入った黒いマイクロミニに黒ニーソックスという出で立ち。
抜群のスタイルの持ち主でもあり、この服装でいるときはそれが顕著になる。

備考:25歳。裕福な資産家に生まれたお嬢様でありながら、若くして地球軍元帥と連盟司令官を兼任する実力者。
生まれが生まれだけに高飛車な面があるのは否めず、間違っていると思ったことは例え目上相手でも厳しく追及するため、彼女より上に位置する・若しくは古参の政府官僚からは疎ましく思われる存在。

総統のユーフォリア・インテグラーレとは幼少期に面識があり、仲の良い遊び相手という間柄であった。
彼女の父親は名声高い政治家であり、幼いながらも憧れを抱いていたため、急な失脚と死に大きなショックを受ける。
その後彼女とは離れ離れになってしまうが、単なる他人事として忘れることなど出来ず、自分も人々に尊敬される人間になりたいと志すようになった。
その一心で勉学に励み、見合い相手と結婚してほしいという両親の反対も押し切り、一流の大学に進学する。
政治に携わることは能わなかったが、世界に平和をもたらしたいという想いは強く、職場に選んだ地球軍では瞬く間に上へと昇り詰めていく。旧友との再会を果たしたのはそんな時であった。
再会を心の底から喜ぶと同時に、かつて彼女の父がそうだったように民の救済に限りを尽くす姿に感銘を受け、立場こそ違えどユーフォリアを支持する。
それ故、卑怯な手段を用いて彼女を蹴落とした官僚達には憤りを隠せず、啖呵を切って地球軍を脱退。位を捨ててまで義を通し、時空防衛連盟の門を叩いたのであった。

歴史改変を巡る事件の解決後、元帥不在の地球軍に舞い戻り、半ば強引に舵を取る形で実権を握る。そのまま目につく腐敗を排除し、有無を言わさず元帥の位をも手中に収めた。
主に航空部隊の訓練と新鋭機の開発に力を注ぎ、腐敗の時代に失われた兵力を回復させることを目標としている。
他にも古参搭乗員の再招集や、世界各地の要所への飛行場展開など、非常に精力的に活動している姿が見受けられる。
また無数の並行世界が確認されたことを受け、侵略を想定した軍備の拡張を政府に打診することもしばしば。
その軍拡案の中枢にあるのは、空母と護衛艦からなる有力な機動部隊の編成であるが、熱意とは裏腹に聞き入れられていないのが現状。
元帥就任の過程や軍拡に積極的な姿勢のせいか民衆からの印象は悪く、誇大妄想気味の戦争論者とのレッテル貼りをされている。
彼女をよく思わない官僚の反対意見もあり、せっかくの新鋭機の配備も思うように進んではいない。

指導者としてはユーフォリアと対極を成すと言ってもよく、彼女が「海のように広い心で人々を繋ぎ、持てる以上の力を引き出す理想のリーダー」だとすれば、シフォンは「人を見抜き大局を見抜く、厳しさの果てに成長を約束する異色のリーダー」といったところ。
戦場での彼女についていけるようになった=実力がついた証拠とも言えるため、ストイックに強さを求める者からはかなりの人気を誇っている。当然部下にまるで目をかけないわけではないし、厳しさの中に優しさと彼らを信じる気持ちもあるのだが。
もちろん先頭を走り部下を力強く引っ張るという点ではずば抜けており、頻繁に戦場に立つこともあって部下からの信頼は厚い。
戦闘面はなかなかのものであり、圧倒的な破壊力を誇る火炎・爆破・虹魔法が売り。一対一の勝負を制することはもちろん、多数の敵による包囲網の突破もお茶の子さいさい。蜘蛛の子を散らすように風穴を開けてしまう。
こう書くと超攻撃型に見えるが、防御も同じかそれ以上に強力。水・氷魔法を用いたディフェンス技は相当な堅牢さを誇り、一度守りに転じた彼女の堅い門をこじ開けるのは至難の業。
またこれらの特徴から推測できる通り全属性の使い手。戦局やニーズに応じて非常に柔軟な対応が可能。弱点であった機動力も、鍛錬と魔力による身体強化で補われつつある。

【地球軍航空隊主力機】

・F-51『V-wing』

可変翼により楔形の航行モードとV字の戦闘モードを行き来できる戦闘機。地球軍伝統のV-wingの最新鋭版である。
大推力のジェットエンジン四基を装備し、武装も大・小口径レーザー機関砲計四〜八基と充実。
非常に強力なプロトン魚雷の発射管を装備することも可能で、戦闘攻撃機としての活躍にも期待できる。
装甲やシールド性能も高水準で、貴重な搭乗員の命を守る設計が成されている。

反対にあいつつも量産が進められており、現在100機程度が配備予定。

・S-13『Scout』

危険の伴う敵情偵察任務に派遣すべく、偵察任務のみを用途に開発された専用機。
異常なまでの速度と設備の充実具合は、軽武装化すら大した問題に感じさせないほど。
この別次元の乗り心地に味を占め、航空映像記録装置を機関砲や発射管に付け替える輩がいるとかいないとか。
あくまでこれは偵察機である。装置の隠蔽倉は決して爆弾倉などではない。

小型爆弾架を増設し、爆偵とする案も前向きに検討されているのは、また別の話。


性格:お嬢様だけあって高飛車な面があるのは否めないが、先述の通り意志が強く正義感もしっかり持ち合わせている。根は真面目で誠実な努力家。ここぞというときには強く出ることもあり、間違っていると思ったことは例え目上相手でも正そうとする。
なんだかんだ面倒見は良い方であり、戦場でかつ戦禍の真っただ中でもなければ優しく指導してくれる。連盟内でなら同僚や上司との関係も良好。

作品:オリジナル

世界:未来

立場:味方/時空防衛連盟(B司令官)

2019/01/08 18:08 No.7

【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.7 だけを表示しています。
切替: メイン記事 (1884) / サブ記事(373) ページ: 1 2 3 4 5

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる