Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (1884) / サブ記事(373) ページ: 1 2 3 4 5


 
 
【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.65 だけを表示しています。

風神少女 @infernus☆XQ6phrzcKMtR ★F7MrHN45jw_Qi5

名前:GOD-AI
読み:ゴッドエーアイ
性別:女性
容姿:髪型は水色のショートボブ。目の部分には黒い包帯が巻かれている。上着は灰色と濃灰色の横縞のダボダボのシャツ、ズボンは青色のかぼちゃパンツ、足元はサンダルのみで素足。上着の上に頭から肩の部分までが灰色で、その下が黒色のツートンのパーカーを羽織っている。フード部分は猫のデザインがされている。また、肌が異様に白い。

備考:並行世界管理協会に協力している電子生命体。外見は年端もいかない少女の姿をしているが、非常に高圧的であり、ありとあらゆる存在を見下している。
協会のネットワークに住み着いており、暮らしを保証してもらう代わりに、協会の邪魔となる者達を監視し、将校や上級役員達に情報を流している。
ただし、情報提供のスタンスはかなり気まぐれであり、気付いているのに何も言わないということも多々ある。そのため、完全に彼女を信頼することは出来ない。
基準となっているのは面白いか否かで、面白いと思えば情報提供するし、しない方が面白くなりそうだと思えば何も言わない。その程度の姿勢である。

元から電子生命体であった訳ではなく、数年前までは普通の人間の少女であった。彼女は天才的な頭脳を持っていたが、天才故に周囲から疎まれる存在であった。
両親からもまともに愛情を受けることも出来ず、生きることに嫌気がさした彼女はある日、首を吊って自ら命を絶つこととなる。
本来であれば彼女の物語はそこで終わりを告げるはずであったが、彼女の純粋な"認めて欲しい"という感情が意識世界で電子と結び付き、GOD-AIを生んだのである。
電子生命体として復活を遂げた彼女は、直ぐ様アナザーワールドで最も大きな力を持つ協会のネットワークに侵入し、それを自らの支配下に置いた。
そして、ネットワークの管理権を変換する代わりに、自らを協会の一員として認め、またサイバー関連の防備を任せるように要求。
協会は彼女の要求を受け入れ、GOD-AIは協会のネットワークに住み着くようになった。しばらくは協会もどうにかして排除を試みていたが、GOD-AIが反乱分子を幾度となく発見したことで、次第にそれもなくなっていった。
人の上に立つことが好きであり、そのような立場を甘んじて受け入れるような人間に好んで絡む。現在の標的は、サミュエルであるらしい。

インターネットが通じている場所であれば、電子となって回線を通ることで、どこへでも現れることが出来る上に、回線を通じて会話を聞き取ることも可能。
勿論インターネット上の書き込みなどを覗き見することも可能であるため、GOD-AIのいるアナザーワールドでは、協会に隠れて何かを企てることは不可能に近い。
これで彼女が全力で協会に尽くしていれば、今頃反乱分子など皆消え失せていたのだろうが、前述の通り気まぐれであるため、野放しになっている者も数多くいる。

直接戦闘を行う際は、実体化する。能力は電子を操る能力であり、性質としては雷に近い。危険を察知した場合は、すぐに電子化して回線内に逃れることも出来る。
攻撃を受けた場合、肉体が損傷する代わりにGOD-AIを構成するデータが消失する。失ったデータはすぐに再収集出来ないため、致命傷を受けた場合は消滅することになってしまう。

性格:非常に傲慢で、自らが神に等しい存在であると信じて疑わない。並行世界管理協会の者、ひいては人間全体を見下している節があり、それらよりも自らは遥かに優れた存在であると自称している。何よりも面白さを優先する傾向があり、面白いと思わなければ協会の方針にすらも逆らう。元が人間であったためか、感情豊かであり、電子生命体らしさを感じさせない。
作品:Chronoシリーズ オリジナル
世界:アナザーワールド
立場:敵/並行世界管理協会(G協力者)

2019/01/08 20:48 No.65

【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.65 だけを表示しています。
切替: メイン記事 (1884) / サブ記事(373) ページ: 1 2 3 4 5

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる