Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (249) / サブ記事(174) ページ: 1 2 3


 
 
【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.57 だけを表示しています。

風神少女 @infernus☆XQ6phrzcKMtR ★F7MrHN45jw_Qi5

名前:サシャ・ローゼンクランツ
読み:―――
性別:女性
容姿:やや長めのおさげを垂らし、後ろ髪がふわっと広がった黒髪。前髪は切り揃えられていて、頭頂部には黒い猫耳が生えている。瞳の色は銀で、猫目。服装はピンク色のワイシャツの上に黒いスーツを羽織り、同じ色のタイトスカートに黒タイツという出で立ち。ネクタイの色は水色。靴は普段はハイヒール。尻からは猫の尻尾が生えている。肌の色は雪のように白く、人間ではないことを窺わせる。

備考:魔帝軍の中でも古株の一人であり、現在魔大将の地位につくチェルの実の妹。年の差は50ほどであると推測されるが、チェルが1000歳以上であるため、人間の感覚でいえば2〜3歳の差といったところ。
狡猾な姉とは違って非常に穏健な性格をしており、魔帝が小さい頃はよく遊び相手になってあげていたなど、人付き合いもかなりいい。
一般的な魔族とは違って、人間を憎んではおらず、魔帝軍が敵対しているからという理由で、自分に刃を向けられた場合においてのみ交戦を選択する。
心の中では魔族と人類が共存し、平和が訪れることを望んでいるものの、それを口に出せば自らの立場が危うくなるため、本心をひた隠しにしている。

亜人となる前、猫だった頃から大人しい性格であったようだが、そうした性格を利用される形で、周りの猫からいじめられることもあったという。
当人は昔のことであると気にしていないが、そのいじめた側にはなんと姉のチェルすらも含まれており、当時から姉妹仲は最悪で、現在も関係修復には至っていない。
チェルが魔帝に対して脅迫まがいのことをしている場面も数多く見てきたが、一兵卒であるサシャではそれを止めることも出来ず、悶々とした日々を送っている。
彼女自身は姉の方が優秀であると考えているが、実際はチェルすらも凌駕する魔力を秘めており、魔帝軍の中でも屈指の実力の持ち主である。
ただし、優しい心が災いして、常に無意識の内に力をセーブしてしまっており、更には人類への敵意が消極的なこともあり、地位は低いままに留まっている。
とはいえ、本人からすれば、地位などはどうでもいいことらしく、幸せに暮らすことさえ出来れば、その結末がどうであろうと構わないと思っているようだ。

光属性の魔法を操ることが出来るが、基本的には闇属性に偏っている魔帝軍にとっては珍しい存在であり、戦術的には重宝されている。
身体能力もかなり優れており、身のこなしは特に軽い。暗闇は姉と同じく得意としており、光の少ない環境下においても正確に敵の位置を把握出来る。

時空を巡る戦いが終わりを告げた後、未来世界へ定住した。戸籍上18歳でユーフォリアの養子となっていたが、その後レオンハルトと結婚して現在の苗字となった。
魔族初の世界政府議員として名を馳せているが、元々それほど頭が良くなかったこともあり、議会では反ユーフォリア派の者達から攻撃の的とされている。
本人もこのままではいけないと考えているのか、議員としての公務を終えた後に夜間学校に通い、少しでも議員に相応しい知識を身に着けられるように努力している。

性格:かなりの穏健派であり、元より人類との共存を望んでいたものの、周囲から孤立することを避けるため、それを口に出したことはなかった。平和が好きなタイプであり、それを邪魔された場合は激しく怒ることもある。未来世界で人間と魔族が共存してからは、自らの住む世界のことを大切に思っているようで、それを壊そうとする者に対しては怒りの感情を露わにすることが多い。
作品:Chronoシリーズ オリジナル
世界:ホームワールド
立場:味方/時空防衛連盟(E世界政府関係者)

2019/01/08 20:43 No.57

【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.57 だけを表示しています。
切替: メイン記事 (249) / サブ記事(174) ページ: 1 2 3

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる