Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
切替: メイン記事 (1884) / サブ記事(373) ページ: 1 2 3 4 5


 
 
【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.142 だけを表示しています。

大関 @indosai ★buqOEkmWT5_Tbw

―プロフィール用紙(共通)―
名前:須藤 茂
読み:すどう しげる
性別:男
容姿:角刈りの頭に、シワの寄った眉間をした険しい顔つき。鍛え上げられた非常に逞しい逆三角形の肉体を持ち、その腹筋は見事なシックスバックを浮き出させている。左胸に小さく『道』と筆で殴り書きしたようなTシャツとベージュのチノパンを着用している。身長172p、体重94s。
備考:学浜2年で空手部所属。空手道場『清魂塾』の絶対的エースであり、強烈な打撃を武器に学浜最大の格闘技イベント『GFC』を1年時に優勝した学浜最強候補の一人。空手界では数多くの大会を制覇しているほか、アマチュアのK-1や総合格闘技の出場経験もあり、公式戦で黒星が付いた事はない。その比類なき強さと空手道に対する飽くなき追求心から10代にして既に『空手道の生きる伝説』と呼ばれる程の達人。八拳聖メンバーの一人であり、不本意ながら対物破壊専門の切り込み隊長を務める。同じ八拳聖の重蔵を『義兄さん』と呼んでおり、頭が上がらない(詳しい事情は省略させていただく)。

【◎一撃必殺】
空手道永遠の目標にして極意。徹底的な筋力瞬発力の強化と部位鍛錬の結果、須藤が繰り出す一撃は正しく必殺の破壊力を秘めており、手技ではあまり威力が乗らない手刀打ち(空手チョップ)でも瓦なら判明してるだけで15枚割り、コンクリートの瓦礫や一枚岩の様な身の丈を超える大きさも物体を砕き、貫手を打てば鉄を穿つ。最大の得意技である正拳突きはコンクリートの塀や鋼鉄の扉程度ならやすやすと粉砕し、蹴りに至っては樫木を一発でへし折るなど、徹底的なレベルの破壊力で対象を粉砕する。当然ながらこれを人間に向けて放てば、防具を着けていようが一撃でKO。下手すれば病院送りや最悪再起不能にもなりかねず、黒野の肉体ですらこれを防ぐのは不可能。
その必殺の一撃を叩き込む為の小技にも長けており、比較的小威力で素早く繰り出せる技を重ね、隙をついて一撃必殺の正拳突きを叩き込むというシンプルだが堅実な戦術を得意としている。しかし、須藤の徹底的な鍛錬の結果として、それらの小技すらバカにならない破壊力を秘めており、下段蹴りや刻み突きのような本来なら牽制やダメージの蓄積に使われるような技ですら、彼の手にかかればKOを狙える必殺の威力を乗せることが可能。
空手の永遠の目標であるこれを達成した故に、彼は10代の若さで『空手界の生きる伝説』と呼ばれるのである。

【〇防御技術】
一撃必殺の技だけでなく、手刀受け、廻し受け、十字受けなどの捌きや絶対的な物理防御の型である三戦など、空手には豊富な防御技術を包括している。当然ながら須藤はこれらの防御技も一流の腕前を持っており、半端な攻撃を受け流して逆に必殺の一撃を叩き込んでしまう。
防御技だけでなく、鍛えこまれた肉体は強固な鎧の役目も果たしており、特に腹筋は鋼鉄並み。角材程度なら無効化したうえで折ってしまい、公の試合において腹を撃たれてKOした事はなく、急所であるみぞおちも腹筋で覆ってしまうため、胴体への打撃には(限度はあれど)無類の強さを発揮する。

【〇フルコンタクト空手・伝統派空手・総合空手】
・顔面への攻撃は禁止されているが、素手での攻撃が認められ、鍛えた体と強烈な拳で殴り合うフルコンタクト空手
・寸止めだが、いかに離れた間合いから素早く攻撃を繰り出すかを競う伝統派空手
・寝た相手への攻撃も認められ、取っ組み合って戦う総合空手

須藤の使用する空手3種類。フルコンタクト空手由来の強力な攻撃、伝統派由来の離れた間合いからの素早い攻撃、総合由来の組技の3種類を携えており、いかなる場面でも効果的な打撃を繰り出すことができる。
須藤の本来の所属はフルコンタクト空手であり、下二つはあくまでもフルコンで補いきれない技術を習得するために学んでいるだけである。しかし、空手に非常に真摯であるために修練を重ねた結果、それぞれの部門で頂点を取れる程のレベルに既に達している。
ちなみに須藤の鋼鉄の腹筋は、顔面攻撃禁止なので胴体をバカスカ殴る競技特性故にダメージを抑えるため、鍛えた結果生まれた代物。

【×隙】
当然ながらノーモーションの状態から一瞬であれだけの破壊力がある一撃を叩き込めるはずはなく、力を溜めなければ一撃を発揮することはできない。たとえわずかな時間でも明確な隙が生じるために回避や放つ前に潰される可能性も当然有る。
その為、的確に相手の隙を突かなければならず、当てるのは非常に困難。本人もその対策はしており、対策を最大まで練っているからこその強さを持つが、やはり無視はできない。


性格:非常に真面目な堅物であり、自他ともに厳しいストイックな性格。とにかく硬派で規律を守らない者や弱者を虐げる者、女性にだらしない軟派な人物を何よりも嫌う。協調性を重んじており、口調は堅いが他者とのコミュニケーションも問題なく可能。
作品:オリジナル
世界:別世界
立場:味方(G協力者)


―プロフィール用紙(共通)―
名前:風見 錬
読み:かざみ れん
性別:男
容姿:茶髪で襟足が肩にギリギリ届くセミショートのウルフカットを施した髪、少しだけ閉じているような目をした美男子。基本的に無表情でその顔は滅多に変わらない。体つきはスリムでギリシャ彫刻を彷彿とさせる引き締まった肉体をしている。身長は176pとそこそこの長身だが、体重が126sとスリムな外見に釣り合わず、不自然さを感じるレベルで重い。服装は青いパーカーとジーンズを愛用している。
備考:学浜2年で柔道部所属。黒野よりも遅れて転校してきた男であり、転校して短期間で学内最強候補に食い込むほどの快進撃を見せる柔道家。1年時は柔道大国のフランスで過ごしており、フランス柔道界において数多くの実績を残している。長らくフランスにいた事と普段は荒れ果てた柔道部の再興に努めているため、日本柔道での公式戦出場は少ないが、既に未来を背負って立つ男として名が知られている程に腕が立つ。学浜八拳聖の一人にして八拳聖で唯一黒野に黒星を付けた人物であり、正真正銘八拳聖の最高戦力(リーダーではないのは黒野の人望の厚さの為)。だが本人の気質故に招集に応じることは少ない。

【〇技】
柔道家として華麗で強力な投げ技を得意としており、相手の力の流れを汲みどのタイミングで相手を投げれるかと言う読みに非常に長けている(殴りかかってきた相手の手を取って背負い投げ、刀を持ち出した相手の手を取って大外刈りなど)。
当然、寝技の技術も非常に高く相手を寝かせれば締め技で意識を刈り取り、関節技で四肢を破壊して無力化させることも可能で、拷問にも一役買っている。
打撃を撃たせても超一流であり、あまり知られてはいない柔道の当身技の技術を用いて殴り合いも制する。具体的には手刀(チョップ)を主体とし、相手の打撃技を捌きつつこちらが打撃を撃ったり、得意とする投げ技に繋げるために使用したりと巧みな打撃を行う。しかし、決して投げの繋ぎとして使うだけでなく、殴り合いだけでも十二分に戦えるほど高い練度を誇っている。

【〇心】
いついかなる時でもその表情は歪まずにクールに立ち振る舞う冷静な心を持ち、戦い方は至って理知的で落ち着いている。そうありながらも普通ならまず考えられない分の悪い賭けとも言える戦い方をその場で実践し、挙句成功させて見せる事もあるなど、土壇場での勝負度胸もずば抜けている。
頭脳面も白石ほどのスペックを持ってはいないが優秀であり、持っている技術をどのように扱い、使用すべき時に使用する技を瞬時に選ぶなど、考えも早く回る。闘争本能を抑えてどのような時でも流されない冷静さを持ちながら、いざという時に本能を開放できるその柔軟な精神も彼の強さを支える要因。
心技を持って相手を打ち倒し、これだけ見れば優れた技巧派としての一面が強いレン。だが、彼の真骨頂はこの二つの要素ではない。

【◎体】
レンの強さの根源たる要素。無駄が一切ない古代ギリシャ彫刻を彷彿とさせる引き締まった肉体は、一見すると細身に見えるものの実際は半端ならない密度を誇っており、強力な力を生み出している(前述した不自然な体重もこれが要因)。その怪力たるや八拳聖最強のパワーを売りとする黒野相手に真っ向から組み合って力比べができるどころか、挙句ほとんど互角。黒野が怪力を持って行える事は彼にも行える。それだけでなく彼自身が黒野と同格かそれ以上の肉体信仰家であり、彼に言わせれば『人を投げるために力が要らないなど幻想』『心技体などただの嘘八百』『圧倒的な体が心技を引っ張る』『柔の技術は剛の技術の延長線上のもの』『剛の技術を極めた者が柔の技術を手に入れられる』とのこと。
その肉体に対する信念故に鍛えて磨き抜かれた桁外れの怪力は掴めば強引に相手を投げ飛ばし、寝れば怪力で押さえつけ、殴れば相手の顔面が陥没しかねない強烈な突きを繰り出すなど、全ての状況下において最大限のポテンシャルを発揮する彼自身の究極の強みである。
とはいえ、本当に怪力のみを信じて戦っているわけでは無く、技と心の欄に書いてあるように技巧派としても一級品。『圧倒的な体が心技を引っ張る』という理屈もあくまで力が最優先なだけで心技も決して軽く見ているわけではなく、力の流れを読む技術も圧倒的な力を持つ故に手に入れたものであり、怪力とそれが生み出す副産物を使うための技術、そしてその肉体に対する精神もまた彼の力を支えているのは間違いない。
桁外れの怪力を筆頭として優れた技術や精神力を持ち、打投極の戦い方全てで一流の腕前を持つ真正のトータルファイター、それが風見錬である。


性格:感情を表に出すことがないクールな性格で口調は淡泊且つ冷徹。口が悪く、発言内容はいちいち挑発的な上に他者を苛立たせる態度を取る不遜な男。かと思えばフランスにいた身としてなのか、騎士道精神を重んじた武人で尚且つ礼節や女性の扱いを弁えた紳士的な一面を持ち合わせる等、持ち前の無表情さも相まってどこか捉えどころが無い人物。普段のクールなふるまいから一匹狼のように見えるが、一応柔道部という一つの集団をまとめているため、人付き合いそのものは悪いわけではなく、相手の話を受けて気の利いた返しをすることもあってコミュニケーション能力は十分。
作品:オリジナル
世界:別世界
立場:味方(G協力者)



【これで最後です。長文申し訳ないです・・・審査のほど、よろしくお願いします。】

2019/01/11 22:51 No.142

【ALL】Chrono Apostle【戦闘/シリアス】 <サブ記事>No.142 だけを表示しています。
切替: メイン記事 (1884) / サブ記事(373) ページ: 1 2 3 4 5

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる