Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下
【ALL+オリ】メビウスの迷宮【RPGパロ】 [ サブ ] ●メイン記事 (247) / ○サブ記事(134)


切替: メイン記事 (247) / サブ記事(134) ページ: 1 2


 
 

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

◯概要

いわゆるファンタジーやRPGのパロディです。各キャラの設定もそれに合わせたものになるので、設定変更などが苦手な方はブラウザバックを。
地上ではキャラクター同士の日常・交流、地下ダンジョンでは戦闘やシリアスが基本になると思います(もちろんそれ以外も例外もあり)。
RPG的なジョブに就く、ダンジョンでモンスターと戦闘する、パーティを組んで(もしくは単身で)ダンジョンに挑んでみる、地上で頼まれ事などのクエストをこなしてみる、もしくは魔物側として冒険者と戦う、地上の侵略を企んでみるなどなど……他の人の迷惑にさえならなければ何をしても自由です、深く考えず気軽に楽しめるスレッドになればなぁと思います。


◯ルール

・キャラクターは管理できる範囲内でならば一人何役でも使用可能です
・版権キャラクターだけでなくオリジナルキャラクター、版権作品のオリジナルキャラクターも参加できます
・メビウスリング掲示板のルールを守ること
・他の人に迷惑を掛けるような行いを避けること
・レス蹴りは返信が来ず三日以上経ってしまった場合に行うように、それ以外の理由がある時はサブ記事に一言お願いします
・本体同士の争いはご遠慮ください
・他のスレッドなどで過去に問題を起こしたことのある方は参加を拒否させていただく場合があります
・他のキャラクターを殺害する際は相手の本体の人に許可を取ってからにすること
・魔物や店員などはNPC扱いで各自自由に動かしてくれて構いません
・スレッドの世界観を著しく妨げるような設定・行為はご遠慮ください
・サブ記事で一言いただければキャラクターの予約も可能です、予約から一週間以内にプロフィールの投下をお願いします
・その他質問や意見・提案はサブ記事にて受け付けています、お気軽にお声掛けください

1年前 No.1

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

◯世界観・用語

★メビウス大陸
大海原に一つだけ浮かんだ大きな大陸。大小様々な国と様々な種族で成り立っており、戦もなく比較的平和である。ダンジョンの出現をきっかけに様相が大きく変わっているが、多くの悪人や犯罪者が地下ダンジョンに籠ったため、かえって地上の治安が良くなったとも言われているようだ。この大陸には魔法や特殊能力を使える者も数多く、死者ですら教会に連れて行ったり実力のある術者の手にかかれば生き返らせることも出来る。

★W奇跡の神殿W
大陸の端、海の見える高台にある古びた遺跡。遺跡がいつからあるのかは何百年と生きた者ですら分からない。過去に栄えた民族が建てたものだとも、人が生まれる遥か前に神々が造ったものだとも言われているが真相は不明。大きな作りをしているが、地下ダンジョンへの入り口の他は〈地の深く深い底、数々の困難を乗り越えた先に望みを叶えるW奇跡の泉Wあり〉と記された石版が納められているのみである。

★W奇跡の泉W
W奇跡の神殿Wの石版に記された伝説上のもの……と長らくは思われていたが、地下ダンジョンの出現によりその存在も確かなものになった。ダンジョンの最深部にあり、そこに辿り着いた者の願いを何でも叶えることができると言われているが、未だ誰も到達した者はいない。ダンジョンに潜る者はほとんどがこの泉を求めての挑戦である。

★地下ダンジョン
「ダンジョン」「迷宮」など人によって呼び名は様々。W奇跡の神殿Wの裏手にある大きな長い階段を降りた先にある。中には多くの魔物が生息し多くの罠が仕掛けられており、冒険者に容赦なく襲いかかってくる。また、国の自警団や騎士団などの目を逃れられるために悪人や犯罪者が住み着いていることも多く、油断は禁物。中にはそんな悪人たちを捕まえて地上まで引き上げることで生計を立てる賞金稼ぎも存在するのだとか。
浅い層には弱い魔物や冒険者に友好的な魔物も多いが、深く潜っていくにつれてどんどん環境も険しく魔物も強敵揃いになっていく。ダンジョンは一つのフロアでも街のように広く入り組んだ作りをしているため、慣れた者ですら迷いやすい。
ダンジョン内は明らかに人工的で迷路のようだが、いつ誰がどのような目的でダンジョンを作ったのか、どのような技術を用いたのかなどは不明である。牢獄のような石畳が続くかと思えば突然草木が生い茂っていたり、唐突に川が流れていたりと奇妙な作りをしている。古びている割にダンジョンはとても頑丈であり、中で大魔法を放ったとしてもびくともしない。多くの冒険者が毎日のように訪れるため、彼らを対象にダンジョン内で宿屋や店を営む者もちらほら存在する。

★クライン村
W奇跡の神殿Wのすぐ近くに位置する港の村。かつては小さく素朴な村であったが、地下ダンジョンが発見されてからは大陸中から訪れる冒険者たちで賑わう憩いの地となっており、村の規模も大きくなってきている。
※地上での交流は基本的にこの村で行うことになります。

1年前 No.2

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

◯ロケーション

レスを投下する際は【キャラ名/地下ダンジョン 3階】のようにロケーションの表記を推奨します。
細かいロケーションや他の国の設定などは各自自由に作っていただいて構いません。

★地上
☆クライン村
・噴水広場
・大通り
・商店街
・ギルド
・図書館
・宿屋
・料亭
・酒場
・村役場
・教会
・船着場

☆海岸
☆灯台
☆草原
☆山岳地帯
☆奇跡の神殿

★地下ダンジョン
地下30階まであり地下1〜10階までが浅層、地下20階以降が深層とされている。深層以降は難易度が格段に上がり、いわゆる魔王クラスの魔物も何体も生息しているようだ。そういった強力な力を持つ魔物たちは自身の縄張りとしてダンジョンを城のように改造したり固有結界を張ったりしているとかいないとか。
地下30階にW奇跡の泉Wがあるとされているが、地下29階に下りの階段はなく、謎を解くなり裏道を探すなりしないと泉には辿りつけないようである。


◯プロフィールについて

このスレッドでは地上に住まう者(冒険者側)、地下ダンジョンに住まう者(魔物側)の他にNPCも募集します。「こんな魔物を使って欲しい」「店員としてこんなキャラクターを使って欲しい」などの要望がありましたら専用のプロフィールをご利用ください。

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「(台詞欄は増やしても削っても構いません)」
名前:
読み:
性別:(不明、なしでも可)
年齢:(不明でも可)
容姿:
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:
種族:
職業:
作品:(オリジナル、版権オリジナルの場合はその旨を)

=プロフィール(地下/魔物側)=
「(台詞欄は増やしても削っても構いません)」
名前:
読み:
性別:(不明、なしでも可)
年齢:(不明でも可)
容姿:
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:
種族:
冒険者への友好度:(高い〜低い)
作品:(オリジナル、版権オリジナルの場合はその旨を)

=プロフィール(NPC)=
「(台詞欄は増やしても削っても構いません)」
名前:
読み:
性別:(不明、なしでも可)
年齢:(不明でも可)
容姿:
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:
種族:
動かす上での注意点:(何かあれば、なくても構いません)
作品:(オリジナル、版権オリジナルの場合はその旨を)


【お待たせしました、これよりサブ記事への書き込みを解禁します】

1年前 No.3

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

【参加希望です。プロフィール作成に若干時間が掛かるので、以下のキャラクターで予約をお願いします。】

>>スレ主様


・ベディヴィエール(Fate/grand order、冒険者)
・クロエ(エルソード、魔物)
・レスト(ルーンファクトリー4、冒険者)

1年前 No.4

リレイラ @rireiramus ★iPad=r3YLZ45CAG

このスレッドがたつのを待っていました!

予約お願いします。

『ぷよぷよフィーバー』から「ラフィーナ」、
『ぷよぷよ7』から「あんどうりんご」、
『ぷよぷよテトリス』から「ティ」

この3人をさせていただきたいです!

早めにプロフィールを投入します。

では、よろしくお願いします!

1年前 No.5

リレイラ @rireiramus ★iPad=r3YLZ45CAG

↑全部冒険者です。

よろしくお願いします!

1年前 No.6

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【参加ありがとうございます、キャラクターの予約を了解しました!
 一週間以内にプロフィールの投下をお願いします。もしそれより長引く場合はまたサブ記事に一言お声掛けください】

>ハールさま、リレイラさま

1年前 No.7

Ray @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

【スレ立ておめでとうございます。以下のキャラで参加希望です。】

・シェイ・パトリック・コーマック(Assassin's Creed Rogue 冒険者)
・翔鶴(艦隊これくしょん 冒険者)
・董卓(真・三國無双 魔物)
↑の二人を

それと雑魚ポジション的な存在として
・スーパーミュータント(fallout)
を登場させたいのですが如何でしょうか?

>>主様

1年前 No.8

Ray @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

訂正。

・シェイ・パトリック・コーマック(Assassin's Creed Rogue 冒険者)
・翔鶴(艦隊これくしょん 冒険者)
・董卓(真・三國無双 魔物)
↑の三人を

1年前 No.9

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【参加ありがとうございます!キャラクターの予約を了解しました。
 一週間以内にプロフィールの投下をお願いします。もしそれより長引く場合はまたサブ記事に一言お声掛けください。

 スーパーミュータントの追加も大丈夫です、もしNPCとして投下するのであればそちらのプロフィールの利用をお願いします】

>Rayさま

1年前 No.10

参加希望 @sable ★gJN2ImybZg_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.11

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【参加ありがとうございます!プロフィール認証しました。
 能力や攻撃方法なども問題ありません、解放姿の追加も大丈夫です。差し支えなければ追記の投下もお願いします】

>参加希望さま

1年前 No.12

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「初めまして。本日護衛を務めさせて頂く、ベディヴィエールと申します。どうぞ宜しくお願いいたします」

「魔物飯格言その1! 栄養はゲテモノ肉でも変わりません! 復唱をお願いします!」

名前:ベディヴィエール
読み:―
性別:男
年齢:見た目10代後半
容姿:中性的で端正な顔立ちの美青年。ブロンドの髪は結って整えている。身長187cm。
全身をプレートアーマーで覆っているが、白を基調とした明るい色の外套を纏っているのでがっしりとした印象は受けず、むしろ華奢と言う印象を受ける人間の方が多いだろう。
隻腕であり、右腕が義手。輝く銀色のそれは、一目で生身の肉体ではないと分かるほど違和感がある。

性格:円卓一の人格者にして常識人。誰に対しても敬意を払い、やや天然でお茶目だが嘘が付けない誠実な人柄。自己評価が低く、人並みに死への恐怖・敵への恐怖に震えながらも、守りたいもののために奮い立つ青年。臆病ではあるが卑怯ではない騎士。□
見た目からは想像し辛いが、過酷な戦場を戦い抜いた歴戦の戦士でもある。それゆえ食事に関しての考え方は大変シビアで、『栄養はゲテモノ肉でも変わりません!』の格言に題される様に味や見た目には拘らず食べられれば良いと言うスタンスである。ただ好きな食べ物は蒸し野菜なので感性がズレている訳では無く、非常時に手段を選ばないと言うだけの話。
親しい人間には容赦無くピシャリと言うべき事を言う強かな一面もある。

備考:クライン村の守衛騎士。戦う力の無い商人や調査員の護衛を生業としている。
地下ダンジョンに迷宮探索以外の目的――例えば、地質の調査や、マテリアルの獲得作業等――を持って立ち入ろうとする者の手助けが主で、実力のある冒険者とパーティを組む事はあまり無い。
奇跡の泉の噂については、実在していたら素晴らしいですね、とは言うものの彼本人は求めるつもりは無い様だ。いわく、『奇跡を求める程の願いは、未だに持てていませんですので』とのこと。

戦い方は至ってシンプルなフェンサーのそれ。一撃の重さこそ無いものの、突剣を華麗に振るい、的確に急所を突いていく。また用兵術にも長けており、仲間に号令を出して守りを固める、或いは攻勢に転じる技能を持つ。

右腕は単なる義手ではなく、秘められた力を持つ。
力を解放する事で、義手が黄金の粒子を纏い一振りの剣へと姿を変える。さながら黄金の聖剣が如きその義手から放たれる攻撃は、『聖なる力』を打ち破る力を持ち、聖なる攻撃でありながら聖なるモノに対して強烈な攻略能力を持つ。

種族:人間
職業:守衛騎士
作品:Fate/grand order

【取り敢えず一人プロフィール出来ました。スレの世界観に合わせての設定改変が割と目立ちますので、厳正な審査をお願い致します。】

1年前 No.13

参加希望 @sable ★gJN2ImybZg_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.14

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=bVhQ4ajuyg

 面白そうなスレですね、ぜひ参加させていただきたいです!

 一つ質問があるのですが、この世界で動かすキャラは“元からこの世界の住人である”という設定になるでしょうか? 約1名、扱いに困るキャラを参加させようか迷っている次第なのですが……

 世界観などに直接影響を及ぼすほどのことでも無いのですが、一応確認したいです。

1年前 No.15

参加希望 @traumerei☆/1h.74D7sXg ★f0KnTT60d9_mwG

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「つぎー、だーれだっ!」

名前:東雲 あづま
読み:しののめ ――
性別:女性
年齢:中学二年生。なので恐らく13〜14。
容姿:年齢こそ中学生だが、背丈は142cmと小学生並に小さく、体つきも極めて頼りなく華奢。
白いシャツの上から黒いワンピースを着用し、片目が隠せるほど前髪が長い。髪色は赤みがかった茶色だったり紺色だったりとカラーイラストによってまちまちで安定しないが、今回は前者の髪色として扱う。
性格:よく言えば大人しく物静か、悪く言えば陰気で閉鎖的。言動がとにかく幼い。
極めてマイペースかつ自分本位な人物であり、周りの存在を無視して突っ走る(特に戦闘時)こともしばしば。また目的達成のためには自己の損傷を厭わない側面を持ち、割と道徳観念が破綻気味。
それでも今回のスレでは復讐対象である家族の存在がないため、向こう見ずな困ったちゃん、くらいには和らいでいる。
備考:12月9日生まれ、クラスの背の順は圧倒的に最前列。
父親とは死別し、母親は失踪している。引き取られた先の叔父夫婦の家で家族全員から陰湿な虐待を受けており、ペットショップの店員から譲り受けた小鳥『文鳥ちゃん』と行方不明の実母を心の支えにして生きていた。

『鏡の国のアリス症候群』という奇病に羅患しており、鏡、或いはガラスに、そこに映る筈もないものが映り込んで見えたり、鏡の中存在の声を聞く、会話するなどすることが出来る。
この病気が元となり、彼女は『イメージした物体を、生命エネルギーを使うことで具現化・顕在化させる』能力を持つ。主な武装は巨大な戦斧、大小様々な刃物、トマホークなど。

当スレではクライン村で細々と暮らす浮浪者兼孤児。原作通り父親とは死別、母親は失踪している。
だが原作でいうところの叔父一家に囲まれているわけではないので、ペットの文鳥ちゃんとそれなりにのんびり暮らしているようだ。
戦闘スタイルは容赦なし、躊躇なし、一度やると決めたら止まらない猪突猛進系。ただし自分の負傷を省みないので敵の数が多い場合などにはサポートがなければ高確率でパンクする。

種族:人間
職業:戦士
作品:世界鬼

【参加希望です。審査よろしくお願いします】

1年前 No.16

海王星 @recruit ★0fKR6AbOdF_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.17

黒い風 @mistnack ★H9PieMdH07_ACu

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「ゲイムギョウ界に咲く一陣の風、とでも名乗っておくわ」

名前:アイエフ
読み:―
性別:女性
年齢:10代後半
容姿:身長150cm、体重39kg。茶色のロングヘアに、緑の若葉型のリボンで纏めたサイドテールが特徴。
黒のインナーと同色のホットパンツに、指先まで隠れる紺色のコートを羽織っている。首元に黒のチョーカーを飾り、脚にはコート同様の紺色を基調としたブーツを着用。通称ナインブランド。
スリーサイズは上から74/55/77と、女性らしい肉感はやや薄い。当人もそのことを気にしている節がある。

性格:原作においては数少ない、しっかり者の常識人。脱線暴走しがちなパーティの貴重なブレーキ役でありツッコミ役。
年齢に比して落ち着いた言動でクールな印象を持たれがちだが、その実面倒見の良い性分であり、なんだかんだ言いつつも危なっかしい相手を放っておけない性格。
そのせいか、公式アートブックに『クーデレ』と堂々と記載されてしまっている。また、軽度だが中二病を患っており、技名等のところどころにその片鱗が垣間見える。
なお、この世界にケータイは最初から存在しないため、手元になくとも幼児退行を起こすことはない。

備考:主な武装はカタールやクロー、投げナイフ等の軽器。蹴り技中心の体術と併用し、機動性と手数を重視した戦法を得意とする。
当スレにおいてはクライン村に滞在している探検家であり、冒険者組合―――通称ギルドに所属する諜報員。
主な仕事は先行して地下ダンジョンの迷宮に潜り、その情報をギルドに持ち帰ること。
地下に逃げ隠れた犯罪者の調査やトレジャーハントがメインであり、深部の難易度調査で最前線に身を置くこともあるものの、集団規模の攻略作戦に参加することはせずソロでの活動を続けている。愛称は「あいちゃん」。

種族:人間
職業:エージェント
作品:超次元ゲイム ネプテューヌ




「仮想世界だからこそ、どんなに愚かしく見えても、守らなきゃいけないものがある」

名前:桐ヶ谷和人/キリト
読み:きりがや かずと/―
性別:男性
年齢:16歳(アインクラッド編終了時)
容姿:黒い髪に黒い瞳、黒を基調とした上下に黒のコート、黒いブーツと黒の指抜きグローブと全身くまなく黒一色。そんなに黒が好きか。
やや中性的な顔立ちと、線の細いシルエットから貧弱そうなイメージを受ける。

性格:飄々とした態度が目立ち、自らの生い立ちやトラウマから他者との交流を避けようとする節がある。
その裏で本来は情に篤く他者への思いやりや優しさを併せ持っており、過酷なデスゲームでも「生きる」という事の意味を忘れない人間味のある人物。
またコアゲーマーらしく強い探究心を持っており、当スレにおいても未知を開拓する冒険者魂を内心に燻らせている。

備考:基本的な戦闘スタイルは盾無しの片手剣。攻撃特化で手数よりも一撃の重さを重視した性能の重量型片手剣を愛用する。
防御能力は回避寄りだが特化しているわけではなく、攻撃力を生かして倒される前に倒す方針の敏捷型ダメージディーラー。
本領は二刀流であり、片手剣にしては高威力の重量型片手剣を両手に繰り出される怒涛のラッシュは非常に強力。
反射神経や洞察力に優れており、特に反応速度は高速魔法はおろか至近距離からの対物ライフルの弾丸も射手の視線で軌道を予測し斬り払う離れ業を見せる。
その反面、魔法はからっきしのため、物理攻撃に耐性のある相手は苦手。二刀流でのラッシュ後には反動のせいか数秒身体が硬直するデメリットも。

当スレにおいてはクライン村を拠点として活動する冒険者。本編開始までソロでの地下攻略を進めている。
好奇心と探究心の向かう先は言わずもがな“奇跡の泉”であるが、そこに懸ける明確な願いは未だ持っておらず、現時点では「その存在を自身の眼で確かめること」自体が願いであると言える。

種族:人間
職業:剣士
作品:ソードアート・オンライン


【ひとまず冒険者二名で参加を希望します。審査の程、宜しくお願い致しますー。】

1年前 No.18

@tokyoapple ★v9wZEyxx69_m9i

【お待たせしました、人数が集まってきたので本記事への書き込みを解禁いたします。主のプロフは少々お待ちください……】

>ALL本体さま



【予約キャラのプロフィールを認証しました、設定についても問題はありません。本記事へどうぞ。残りの2人キャラも楽しみにしています】

>ハールさま


【解放時の姿のプロフィールも認証しました、ありがとうございます。本記事へどうぞ】

>参加希望さま(≫14)


【参加ありがとうございます!
 基本的にはそうなりますが、「元々は別世界の出身だがひょんなことからここに迷い込んでしまった」といったような経歴でもOKですね】

>スナップさま


【参加ありがとうございます、プロフィールを認証しました! 設定も問題ありません。本記事へどうぞ】

>参加希望さま(≫16)、海王星さま、黒い風さま

1年前 No.19

グリーヴァ @arthur ★iPhone=TzHWwTIqzv

とりあえずDIO様で。

=プロフィール(地下/魔物側)=
名前:DIO
読み:ディオ
性別:男
年齢:不明
容姿:3部のDIOは終盤まで、登場する度に服装が異なっているので、ここでは原作においてジョセフに念写された際の服装、またホル・ホースに暗殺されかけた時の服装とする。黄金色の頭髪を持ち、後ろ髪は背ほどまで掛かっている。心の中心にしのびこんでくるような赤い瞳を持ち、男とは思えないほどの色気を持つ人並みはずれた美しい容姿を持つ。しかし、彼の顔は影に隠れている事が多く、時折口元や鼻が見えることもあるが、全貌は伺えない。首から下はジョナサン・ジョースターの体を乗っ取っているので、頭と体を繋ぐ首にはツギハギのような傷跡がある。首のつけ根には星型の痣があり、これはジョースター家の血を引く者が持つ特徴。身長は195cmで体重は105kgという巨躯を持つ。服装は黒のインナーに黄のズボンという出で立ちで、インナーは外して上半身をさらけ出している事もある。ズボンは黄色だが、ベルトや関節部にあるハートの装飾は緑色。靴は先が僅かに上へと向いているタイプのもの。
性格:冷酷で心に善というタガがない生まれついての邪悪。生きることについての考えや、運命、自分の思う「天国」など知的な考えや人生観も持ち、またそこから来る野望も並々ならない。ジョナサンとの戦いから慎重な性格にもなっており、首の傷が快癒するまで、スタンド使いを雇って承太郎たちへの刺客として差し向けるなどをしている。傲慢だが狡猾でもあるので、必要があれば紳士らしい態度も取ることも多く、それを彼の本質だと他者に思わせる演技力も兼ね備えている。
備考:ジョジョの奇妙な冒険における重要な人物の一人で、原作では主人公であるジョナサンや承太郎たちと幾度となく死闘を繰り広げる。
当スレにおいても、吸血鬼になった経緯は原作と変わりなく、スタンド能力を手に入れて迷宮に潜っている。深層にいるようで、彼に遭遇した冒険者は肉の芽を埋め込まれて洗脳されているか、屍生人として手駒にされている。稀に浅層に出てくることもあるが、首の傷を癒す事が目的なので、強敵と判断した相手にはあっさりと引き下がる。
吸血鬼としての能力は高く、素早さは豹に例えられ、力は石柱を掘り進むほど強い。生命力に関しても破格で、首のみの状態で100年間もの間活動を続けていた。ただし太陽光、またそれに似た性質を持つ『波紋』には弱く、触れればその部位が即座に灰になってしまう。あくまで石仮面によって吸血鬼になったので、ニンニクや十字架、聖水などは通用しない。
他にも対象を冷却させる気化冷凍法や、瞳から体液を高速で射出する空裂眼刺驚(スペースリパー・スティンギーアイズ)、死体の屍生人(ゾンビ)化、肉の芽と呼ばれる自身の細胞を他者の脳に植え付けることで洗脳が出来るなど、戦闘能力は極めて高い。
またそれとは別にスタンド能力を有しており、詳細は以下の通り。

「世界(ザ・ワールド)」

破壊力-A/スピード-A/射程距離-C/持続力-A/精密動作性-B/成長性-B
(アルファベットはスタンドの能力を五段階で表している。Aがかなり優れていることを意味し、Eがかなり苦手とすることを意味している。)

スタンドとは精神力を具現化したものであり、特殊能力を持った守護霊のような存在。一人一体一能力である、それぞれ個別に射程距離などが定められている、スタンドと本体の感覚は共有するなど様々なルールがある(一部例外あり)。基本的にスタンドはスタンド使い(己のスタンドを持った能力者)同士でしか見ること・触れることは出来ない。当スレにおいてはスタンド使い以外にもスタンドは視認、干渉出来るものとする。

逞しい体つきをした人型のスタンド。タロットカードの「世界」が名前の由来。
近距離パワー型で、能力抜きにしても高いスペックを持つスタンドであり、射程距離は近距離パワー型としては破格の10mという長さを持つ。
能力は「自分以外の時を止める」というもので、DIOの体感的に2〜3秒ほど。吸血して首の傷を馴染ませたりする事により、長く時を止められるようになり、原作では花京院やジョセフとの戦いでは5秒、ジョセフの血を吸血した後では9秒と伸びていた。
時を止めた状態では、同じ能力を持つ者以外はDIOの動きを認識できないので、彼の能力を見破るのは極めて難しい。

種族:吸血鬼
冒険者への友好度:低い
作品:ジョジョの奇妙な冒険 part3 スターダストクルセイダース

1年前 No.20

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.21

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★bgpQfbLRTg_BRw

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.22

しずく @tifuyu15☆ej35LTRkmPc ★bgpQfbLRTg_BRw

【種族は二人とも人間で、職業は真琴は魔女、小雪は魔法少女です
真琴はまだ見習いのようなものなので茜にちょいちょい教えてもらいながら魔術を使ってる感じです。ほうきで空を飛ぶ←ほぼ徒歩移動くらいです】


*魔術
カラスを呼びつける魔術


女の子の黒髪を一本入れて(魔女だと強い)燃やして黒煙でカラスを呼ぶ魔法
必ず人間の女の子でやらないと大量のカラスが来る


可笑しなお菓子
笑い上戸や泣き上戸になる魔法。
好きなお菓子を捧げ蝋燭に火をつけて完全に消えたら一つ食べる
それだけで笑いっぱなしや泣きっぱなしになる
食べ過ぎに要注意


占い(犬養の魔術だが)
円盤に石を投げつけて占う魔法。石を投げつけるときに占いたいことを念じるとその石が示してくれるため解読して行う魔法
明日の運勢や悩みなどに活用

1年前 No.23

Ray @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

=プロフィール(NPC)=
「ゲームシュウリョウ!イマスグシネ!」
「シネ、ハハハハハハ!」
名前:スーパーミュータント
読み:
性別:性別の概念が存在しない
年齢:不明
容姿:どの個体も基本的に2mを超える身長に筋骨隆々で顔つきも歯を剥き出しにした恐ろしい形相、皮膚の色も緑色に変色し、血管が浮き出ているような不気味な見た目。
腹の部分に鉄製の鎧を付け、半ズボンをはいている以外身に纏っていない。
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:(原典)核戦争後のアメリカの地を跋扈する化け物たち。高い体力・筋力・耐久力・放射線耐性を有するがいずれも知能は低く他種族を見るなり無差別に攻撃を仕掛ける好戦的な性格を持つ(一部の個体は理性的な者もおり、話し合いが可能だが異端の存在である)。知性が低い彼らだが銃器の扱いは上手く、その点でいえば厄介である。
その正体は核シェルター「Vault87」の住人達。「FEVウイルス」と呼ばれるウイルスに感染した者たちの成れの果て。また、通常個体以外にブルート・マスターと呼ばれる強化版・ベヒモスと呼ばれる知能が完全に衰退した大型個体・ケルベロスと呼ばれるなり損ないの個体が存在する。

(当スレ)彼らの生まれた経緯は不明。しかし人間であれば見境なく襲い掛かる点は原典と同じ。ダンジョンの浅層から深層のどこにでもいる存在。
恐ろしい形相や筋骨隆々な外見を持つが所詮は見掛け倒し。しっかりとした攻撃手段があれば難なく倒せるだろう
種族:人間?
動かす上での注意点:セリフは全てカタカナ。使用する武器は鈍器か銃火器。
作品:Falloutシリーズ(当スレでは『3』をベースとする)

「運は自分で掴むものだ」
名前:シェイ・パトリック・コーマック
読み:
性別:男
年齢:不明
容姿:後ろ髪を結んだ黒髪に黒い瞳のアイルランド系アメリカ人。服装は黒を基調としたロングコートを着用している。
性格:若いころは高慢で喧嘩っ早い直情的な面が目立っていたが、徐々にその面は無くなり賢明さと冷徹さを持つようになる。本来の性格は人一倍正義感に強く、そして義侠心を持ち合わせる男。故にアサシンとしての任務に疑問を覚え、彼の運命を決定づけることになった。
備考:
(原典)
18世紀中期・七年戦争に揺れる北大西洋で元アサシンにしてテンプル騎士団員。そしてアサシンたちに恐れられた「アサシンハンター」
ある任務によってポルトガル・リスボンに赴いた際自分が原因で街が大地震で壊滅したことに強い罪悪感を感じ、教団を裏切る真似を行い教団もまた、シェイを裏切者として始末。それから数か月後、ニューヨークで療養していたシェイはそこで出会った英国軍大佐・ジョージ・モンローらと行動を共にすることになる。その際彼がアサシン教団の宿敵テンプル騎士団であったことを知るも、彼と行動を共にすることを決意。アサシンの襲撃によってモンローは死亡するが、北米のテンプル騎士を統括する支部長・ヘイザムの下で彼はかつての仲間たちに刃を向けることになる。

当スレでは最早裁きようのない極悪人の殺害を請け負う暗殺者。本編開始時点での標的はなし。基本的にアサシンブレードで死角から即死させる戦法を取るが、気づかれて失敗した場合は剣やピストルを駆使して確実に相手を殺す。
あくまで暗殺を請け負いそれを行うためだけにダンジョンに入り浸っているだけなので奇跡の泉の噂についてはあまり興味がない。仮にあったとしたらこれ以上弱者が虐げられない世を願うだろう。

・武器
「剣」
18世紀中期のイギリス軍将校が用いた剣。シェイはこれとダガーナイフの二刀流で戦う。
「ピストル」
当時一般的に用いられていたフリントロック式ピストル。シェイは二挺持ち歩いている。
「アサシンブレード」
シェイの両腕に付けられた籠手状の暗器。その籠手には刃が隠されており、暗殺時に刃が出て相手を刺し殺す仕組み。
一撃必殺の武器として扱い、使用には相手本体様より許可を得る。
「エアダートガン」
ライフルに似た形の銃で、相手を錯乱させる毒や昏睡毒を塗った特殊弾を無音で発射したり、グレネード弾や毒ガスが込められた榴弾を発射することかできる。

種族:人間
職業:暗殺者
作品:Assassin's Creed Rogue

「逆らう者は、皆殺しじゃあ!」
「ぐふふふふ……。わしの野望、誰にも止めることはできん!」
名前:董卓
読み:とうたく
性別:男
年齢:不明
容姿:冠を被り髪と一体化したような黒い髭を蓄え、醜い顔立ちをした男。体型も醜く太り、紫を基調とした衣装を着ている。
性格:
備考:
(原典)
字は仲穎。元は辺境に当たる西涼太守だったが中央の十常侍討伐から続く混乱に乗じて上洛。帝を擁した権力と養子呂布の武威を傘に暴政を敷いた逆賊。彼が政権を握った期間は僅か数年であったが、より深い混迷を生み、深い影を落とした。
シリーズでは基本的に美化されることが多いシリーズにおいては貴重な純粋な悪役だけあってどのシリーズにおいても酒池肉林の夢を叶えんとする小悪党で、虎牢関の戦いにおける敵総大将。魏・呉・蜀の勢力がクローズアップされる近年の作品ではあまり出番がないが、自身のストーリーでは虎牢関の戦いで勝利し、そのまま各地を制圧する。という展開になる。

(当スレ)
メビウス大陸の制圧を夢見る小悪党。かつては役人としてある地方を治めていたが暴政を働き、罷免される形でこの地下ダンジョンへと追放された。
この地に追われたことに対して当然ながら不満を抱いており、まずはこの地下ダンジョンの最下層にあるという泉に向かい自分に盾突きこんな場所に追いやった阿保共を皆殺しにすることを目標としている。

武器は爆弾。その名の通り投擲し周囲を爆破する。
・無双乱舞(必殺技)
「大爆殺」
その名の通り自身の前方に大量の爆弾を投げ爆破する。攻撃方法は単純ながら、爆風によって広範囲を吹き飛ばすのでガードは難しい。
制限として一度の戦闘につき一回だけ使用可能。
種族:人間
冒険者への友好度:低い
作品:真・三國無双シリーズ

【翔鶴についてですがやはり使いません。とりあえずシェイと董卓の二人とNPC一体で参加します。】

>>主様

1年前 No.24

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.25

@tokyoapple ★v9wZEyxx69_m9i

【参加ありがとうございます! プロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>グリーヴァさま、しずくさま


【予約されていたキャラクターのプロフィールを認証しました。問題はありませんので、メイン記事へどうぞ】

>ハールさま、Rayさま

1年前 No.26

ライブラ @5121☆stkO0KxpThU ★ztEbdaugmt_scQ

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「……茶碗蒸し、食べる?」
「ジュンゴは準備大丈夫、この小さな幸せは、絶対守るよ」

名前:鳥居 純吾
読み:とりい じゅんご
性別:男
年齢:19
容姿:紺色の帽子を深く被った黒髪長身の青年、魚の柄が入ったシャツの上に紺色のジャケットを前を開けて羽織っている。
性格:口数の少ない純朴で温厚、仲間思いの好青年。言葉より先に体が動き、言いたいことは行動で表す無言実行を地でいく性格、常識人だがかなり天然でよく周りに振り回される。仲間を傷つけようとする者には我を忘れるほどの強い怒りを見せる。、
備考:名古屋出身の板前で常に親方からもらった包丁を大事に携帯している。一人称はジュンゴで口数は少なく片言でしゃべることが多い、あまり感情を見せることがない物静かな青年。得意料理は茶碗蒸しで、青汁コーヒーやいか羊羹といったゲテモノ食材、果ては味噌味の栄養ドリンクまでたちまち絶品の茶碗蒸しに料理するという特技を持つ。茶碗蒸し以外は出来ないこともないが苦手としているとのこと。助けた猫に「じゅんご」という名前を付けようとする(主人公の選択次第では本当につける)、そして猫にも茶碗蒸しを振る舞う。
物語の発端となった大地震からの三日目でジプスの協力者として一度だけ主人公たちと顔を合わせ、その後死に顔動画(親しい者のみに配信される死ぬ瞬間の動画、本人には配信されない)が配信されて主人公たちはジュンゴを探すことになり、発見が遅れれば暴徒相手に孤軍奮闘しているところを拉致された仲間のダイチを人質に取られて無抵抗のまま暴徒に殺されるという末路を辿る。救出に成功すれば感謝の言葉と共に仲間に加わる。終盤で世界をどう作り替えるかでパーティがヤマトの実力主義派、ロナウドの平等主義派で分裂を起こした際には『ケンカはよくない』と第三のダイチの仲裁派に所属して仲裁を目的に行動するが、敵対したルートでも好感度次第だが「争わないだけが友達ではない」と主人公に諭されて主人公と和解することができる。
続編であるトリアングルム編では健在らしい親方により、修行で大阪に出向いたところでケイタと出会い、友達となってグルメツアーをしていた。世界を回帰させた影響で最初は記憶を取り戻していないものの後に主人公と出会い記憶を取り戻し、再び手を取って戦うことになる。主人公と合流する前は大阪の避難所にて避難民たちの支援を行っていた、振る舞っていた料理は相変わらず茶碗蒸しだった。
パラメーターの割り振りは力と体力に特化しており、強力な物理技をガンガン叩き込むパワーキャラ。魔力はそこまで上がらないため攻撃魔法は苦手としているが支援魔法は問題なく使いこなす。天性の格闘センスもあり一人で多数の悪魔使いに囲まれても全てを一人で倒してのけた。逆に敵に回ればリーダーをピンポイントで狙う暗殺拳や、低い速のパラメーターを補う支援魔法で短所を消して襲い掛かってくる難敵と化す。
悪魔召喚アプリもあり、使役する悪魔はネコショウグンとじゃあくフロストの二体のみ。

このスレにおいてはトリアングルム編終了後のブレイクレコードENDの新世界創造の際にこの世界に紛れ込んだが『元の世界には仲間たちが居るから大丈夫』とこの世界に居つくことに。
現在は料理の腕前を生かしクライン村の料亭で働きつつ冒険者として力を振るい貯金している。仲魔であるネコショウグンとじゃあくフロストは一度魔物と間違われたことから滅多なことがない限りは召喚しなくなった。
将来の目標は自分の店を持つこと。奇跡の泉に関してはそれほど関心がないらしい。
制限として補助魔法の的中の秘法と相手に掛けるパラメーターダウン系のものは使わないものとする。
種族:人間
職業:拳士(本業は板前らしい)
作品:デビルサバイバー2 ブレイクレコード

【別の世界から紛れ込んでも大丈夫とのことなのでこの設定にさせてもらいました、審査お願いします】

1年前 No.27

@tokyoapple ★v9wZEyxx69_m9i

=プロフィール(地下/魔物側)=

「俺の助けも必要無かったか。結構結構、俺は何もしないのが大好きなんでな」
「とにかく、俺は言ったろ、『外は良い天気だ』って。くつろいどけばいいのにさあ」

名前 : Sans
読み : サンズ
性別 : 男……?
年齢 : 不明

容姿 : 軽薄そうな笑みを浮かべたスケルトン。身長は子供である主人公よりもやや上くらいと低く、デフォルメされた丸い頭と厚着のためにずんぐりとしたシルエットをしている。顔にはいつも大きな笑みを浮かべており、眼孔部分に小さな白い瞳が浮いている。服装は白いTシャツの上にフード付きの青いジャケット、下半身には白いラインの入った黒ズボンとスリッパ、手はミトンのような手袋を着用。ファンタジー風の甲冑や法衣姿のキャラクターも多い作中のモンスターの中では比較的現代風の出立ちをしている。

性格 : 騒がしくハイテンションなPapyrusとは対称的に、マイペースで気楽な性格。感情を荒げることもほとんどなく至ってクールだが、時折、不気味な面持ちで凄みのある言葉を主人公に投げかけてくることもある。ジョークを好み、会話中も何かにつけて冗談を振ってくる他、下らないイタズラで相手をからかうことが多い。Papyrusのことは揶揄いつつも内心では大事な兄弟として慕っており、本人のいないところで自慢げに語ったり主人公が彼を貶すと「嫌味は面白くないぞ」と窘めるなどやや過保護的な面もちらほら窺える。 またPapyrus曰く怠け者であり、常々口うるさく注意を受けるが得意の話術でのらりくらりと躱している。

備考 : 地下世界の雪が降る町・Snowdinに住むスケルトンのモンスター。Papyrusの兄。
会話文ではフォント「Comic Sans」が使われており、名前の由来もこれである。今スレでの口調は非公式日本語パッチを参考とする。

人間である主人公に対して挨拶代わりの軽いイタズラを皮切りに親しげに会話を交わし、以降も行く先々で主人公を監視しているかのように現れ、時には冒険のヒントとなる話題を提供してくれる。
普段は地下世界の見張り番の仕事をしているが、よく居眠りをしたり勝手に持ち場を離れたりとかなりいい加減である。

通常のルートと全てのモンスターを殺害して進むGenocide(虐殺)ルートでは、終盤の主人公がAsgore王に謁見する直前、教会を思わせる長い通路で立ちはだかり鐘の音と共にそれまでの主人公の行いに対する審判を下す。
通常のルートならばどんな結果だろうと話をするだけで終わるが、唯一Papyrusを殺害した場合のみ「地獄に落ちろ」と吐き捨てる。

虐殺ルートでは事実上のラスボスとして交戦することになる。
SansのステータスはHP1・攻撃力1・防御力1。説明文にも「最弱のモンスター」と記載されるが、主人公の攻撃を尽く避け続けるため1ターンで決着がつくことはない。
さらに彼との戦闘では主人公の被弾後無敵時間がなくなり、なおかつ連続攻撃と毒効果によるスリップダメージが入るので、上記のステータス数値は全く意味を成さない。攻撃する(避けられる)ことでsansのセリフが進み、一定回数進めた状態で自分が生き残ればクリアとなる。しかしアイテムを使用したターンはセリフが進まないため、回復連打によるゴリ押しは通用しない。
多彩な攻撃パターンをしっかり把握し、その攻略法を自力で確立しない限り勝ち目はないと言っていいだろう。
ちなみに戦闘開始時に彼との戦闘回数によって(最大11回まで)セリフが変わるため、初見で勝たせる気はまず無いらしい。

空間・重力を操る能力(魔法)を有しており、瞬間移動や空間の拡張を得意としている。戦闘時に能力を使用すると左目が黄色/シアン色に点滅する。
重力操作で主人公を壁枠に叩きつけたり、大量の骨を繰り出したり、遠隔砲撃ユニット「Gaster Blaster(ガスターブラスター)」を使役するなどの手段で攻撃を行う。
能力が非常に強力な反面、打たれ弱く体力がないのが弱点と言えるだろう。
実際に作中でも能力を連続使用し続けると息を切らし汗を流して辛そうにしていたり、集中が切れて戦闘中でも眠りに着くという描写が見られた。

◇今スレでは弟ともども浅い層〜中盤によく出没する。ただしSansに限り深層で見かけたという話も上がっており、神出鬼没。
 Papyrusが冒険者にパズルを解かせるのを横で見守ったり、気分次第で冒険者にアドバイスを投げてみたり揶揄ってみたりと気ままに過ごしている。
 不思議なアイテムを売るなど変な商売をしてみたり、魔法を駆使して迷った冒険者をダンジョンの入り口まで送り届けることも。
 稀にフードで顔を隠して地上を散策していたりもする。奇妙なモンスターなので兄弟とも地上でもそこそこ有名なようだ。
 本人はあくまで中立を保っているつもりであり、深層の魔物たちに雑用などを頼まれればそちらの手助けも行う。
 基本的に冒険者を襲うことはないが、悪意を持って弟を酷い目に合わせるような輩がいれば黙っていない、かもしれない。弟と違い、彼は手を汚すことも厭わない。

種族 : スケルトン
冒険者への友好度 : 低い(冒険者の事は信用していないが、基本的にはPapyrusに合わせて友好的な態度を取っている)
作品 : UNDERTALE


=プロフィール(地下/魔物側)=

「パワフルで!人気者で!超一流!!! それがPAPYRUS様だ!!!」
「人間!! このパスタを召し上がれ!
 (なんと、このパスタは罠なのだ… パスタがお前をおびき寄せ!お前はすっかりパスタに夢中… 先に進むことすら忘れてしまうという寸法だ!!
  お前はグレートなPAPYRUS様に完全にハメられるのだ!!!)」

名前 : Papyrus
読み : パピルス
性別 : 男……?
年齢 : 不明

容姿 : Sansに比べると手足の長いスラリとした長身のスケルトンで、縦長の目(?)が印象的。口の端の形状のせいか常ににやけたような表情をしているのは兄弟共通である。衣装は白い胸当て鎧の上に赤いマント、同じく赤色のブーツ・手袋に青いパンツを穿いている。この衣装はSansによると、数ヵ月前のパーティで着て以来気に入ったらしく、それからずっとあの衣装を着ているらしい。この衣装は作中でバトルボディと呼ばれているが、実際に鎧の役割を果たしているのかは不明。

性格 : 自信家でやや尊大ではあるがかなりのポジティブかつお人好しで、尚且つアホの子。一応は几帳面でもあり、ズボラなところのあるSansに度々口うるさく注意しているが、大概は彼のとんちの効いた話術で言いくるめられてしまっている。また、Sansとは対称的にジョークは嫌いである様子(との自称だが、実際彼もよくジョークを飛ばす)。 また、趣向は若干子供じみており、自室にはアクションフィギュアや海賊旗、本棚には児童向らしきタイトルの本もある。

備考 : Snowdin Forestで出会うボスキャラクター。 スケルトンの魔物で、Sansの弟。 口癖は「NYEH HEH HEH!!(ニェーッヘッヘ!!)」という特徴的な笑い声。
会話文ではフォント「Papyrus」が使用されている(大声で喋るせいか固有名詞も全て大文字)。今スレでの口調は非公式日本語パッチを参考とする。

王国騎士団の一員になることを夢見ており、そのために騎士団長のUndyneに師事するが、彼女からはその気楽で優しすぎる性格が戦士に向かないと判断されており訓練と称して「料理」を教えられている。得意料理はパスタだが、味はSans曰く「あまりに酷いがこれでもレッスンのおかげでましになったほうだ」とのこと。

人間である主人公を捕えて手柄を立てようと行く先々で大掛かりなパズル装置を設置して待ち構えるが、難なく突破されてしまう(大概はPapyrus自身のミスだったりする)。
しかし本人はその状況を楽しんでいるようで、主人公とのやりとりを通して情が芽生えたのか、最後の手段として直接対決する際には躊躇いを見せている。
戦闘においても、あくまでも「捕える」ことを目的としているため、主人公が力尽きそうになると彼の用意した牢の中に放り込まれる為、さほど被弾は気にしなくていい。
(その格子も間隔がスカスカで脱出は容易、何回かは脱獄対策として牢の中に変化が見られるが格子はほったらかし)
和解後は主人公と友人関係になり、主人公が後に会うことになるAsgore王について教えてくれたりUndyneとの和解に一役買ったりなど主人公の手助けをしてくれる。

全てのモンスターを殺害して進むGenocide(虐殺)ルートでは、異様な雰囲気を醸し出す主人公を更正させようと立ちはだかり、戦闘においても最初から和解を求め攻撃してくることはない。
見逃した場合はすぐに戦闘が終わり、きっと暴力を振るわないと信じていたこと、そして内心はとても主人公のことを怖がっていたことを打ち明ける。
殺害された場合でも尚、今際の際まで主人公が根は善人である事を信じ、自分がダメでも誰かが更生させてくれる事を信じて塵になっていく。

戦闘時は兄と同じく空間・重力を操る魔法を使い、大量の骨を繰り出すことで攻撃する。
しかし彼自身の優しい性格により、上述の通りいかなる攻撃も主人公のHPを0にすることが出来ない。

◇今スレでは兄ともどもダンジョンの浅い層〜中盤によく出没し、冒険者に自作のパズルを出題するなどして過ごしている。
 冒険者たちをぎゃふんと言わせて深層の魔物たちに認めてもらいたいと思っているが、やはり心優しい性格上、冒険者たちを殺害するようなことはない。
 それどころか行き倒れたり遭難している冒険者を見つけると自分たちの家(地下10階の奥深くにある丸太小屋)に連れていき介抱までしている。
 奇妙なモンスターなので兄弟とも地上でもそこそこ有名なようだ。

種族 : スケルトン
冒険者への友好度 : 極低(と本人は強がって言っているが、態度や振る舞いはとても友好的である)
作品 : UNDERTALE


【ようやく主のキャラ投下】

1年前 No.28

@tokyoapple ★v9wZEyxx69_m9i

【参加ありがとうございます! プロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>ライブラさま

1年前 No.29

ボブ @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★SKGC1pYrJC_Nu2

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「生きているのが嫌になったか? 結構、上出来だよ」

名前
 無銘(エミヤ[オルタ])

性別
 男性

年齢
 不詳。外見年齢20代。顔つきはやや老けている。

容姿
 色黒の肌、短く刈り上げた白い髪、金色の瞳が特徴的な偉丈夫。
 手にした武装は特徴的な二挺拳銃、黒い軽装の服装が印象的。
 上半身はほぼ黒コートに近いもののみで、前と背中は素肌が見えている。
 背中には「W」にも見える印象深い赤い印が刻まれているのが特徴的。

性格
 皮肉屋で冷徹、自らを「傭兵」と呼び、報酬次第で仕事を請け負うリアリスト。
 理想もない、思想もない、それ故に効率の良い。
 機械と同じさ、などと嘯く無銘の反英雄。
 根本の部分で腐り果てているため、目的遂行のためには情け容赦ない殺戮を繰り広げる。

 効率主義を一とし、目的達成のためなら手段は選ばず、
 味方に被害が出ようとあっさりと捨て駒として切り捨てる非情かつ冷酷な面を持つ。
 ただ、非情ではあるが完全な悪党ではない。

備考
 とある名も無い雇われ冒険者。
 このメビウス大陸では“異様”と断じられる武装の数々を使いこなすが、その素性、出身などについてはほぼ不明である。判明しているのは彼が現在はクライン村に滞在して活動を行っているということだけ。
 現在は雇い主の命に従って、「奇跡の泉」についての調査を行うためにやって来ている。

 命令に従い、任務に忠実で、どのようなことがあろうとも必ず帳尻を合わせる。
 ただし無報酬では働かず、あまつさえ“帳尻を合わせる”のみであるため、結果のみに目を向けるならばまだしも過程を見ると大抵は凄惨なものであるという。大陸における情報通ならば、この無銘の英雄が各地で報酬と引き換えに悪行を為す“正義の味方”であることを知っていてもおかしくはない。悪だろうが善だろうが、彼は最終的に正義を為すためだけにいる。

 一人の人間の人生がこうまで変貌するには理由がある。
 剣の如き強靭な男の魂を失墜させたのは、聖母の如き慈愛を持つ一人の女だった。
 無論―――真相は闇の中。彼はそれを口にすることは無く、そもそも既に覚えていない。

 武器も馴染みの双剣をさらに魔改造したと思しき二丁拳銃を操る。
 この銃は銃剣の様に刃のついた構造になっている為、双剣に近い戦闘方法も可能。また、道具をイメージして投影する「投影魔術」の使い手であり、これを応用した武具の使い捨て、あるいは武具の特性を理解した“敵手の弱点を突く”戦術に秀でる。

アンリミテッド・ロスト・ワークス
■無限の剣製
 本来は世界を引っ繰り返す固有結界そのものを、相手の体内へ潜り込ませる性質を持つ魔弾を発射する。
 命中した相手の中でこの男の持つ固有結界は暴走し、体内から無数の剣を突き出しながら、彼の心象世界が一瞬だけ外界へ顕現する。その性質は内側から無数の剣に串刺しにされるに等しく、こと対人という一点においては命中が死とイコールで繋がれる凶悪な切り札。

種族
 人間

職業
 傭兵

作品
 Fate/Grand order

―――

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「天人はたまに地上に降りて忠言するものよね。でーもー、私には到底実行できない忠言ばかりねぇ」

名前
 比那名居天子

読み
 ひなないてんし

性別
 女性

年齢
 10代半ば?

容姿
 腰まで届く青髪のロングヘアに真紅の瞳。
 頭には桃の実と葉が付いた丸い帽子をかぶり、半袖、ロングスカート、ブーツ姿。服の一部がエプロンのようになっており、そこに極光(オーロラ)を表す虹色の飾りが付いている。また胸には赤、腰には青の大きなリボンがある。 服の袖に描かれている模様は、「西遊記」の孫悟空の頭に嵌められている輪っか「緊箍児」と同様のもの。

性格
 温室育ちで、自分勝手。もの凄く我が儘。
 自分の能力に絶対の自信を持っているが故、少しでも思い通りにならない事があると激昂する等、短路的で大人気ない。
 天人らしい威厳が無く、通俗的。本人も天人としての自覚はあまり無い様子。
 地上に降りた時は難しい言葉で偉そうに忠言したりと天人らしく振舞おうとする気はあるようだが、簡単に地の性格が出る。その忠言はどれも「お前が言うな」と言い返したくなるようなものだが、自分の欠点を自覚した上で忠言しているらしい。

備考
 天人という種族であり、比那名居一族の娘。
 だが生まれついての天人ではなく、修行を積んで天人になった訳でもない。
 本来、比那名居一族は幻想郷の地震を担っていた神官である「名居」の一族に仕える一族であった。「名居」の一族がそれまでの功績を認められて名居守(なゐのかみ)という神霊に祀られた際、部下であった比那名居一族も功績を認められて天界に住む事を許され、天人となった。その時に天子も人間から天人になったのである。
 しかし天人になったといってもあくまで名居一族に仕えた功績によってであり、天人としての格を備えるための修行を積んだわけではない。なので、比那名居一族は他の天人から「不良天人」と呼ばれている。加えて天子は、親が名居一族に仕えていたという理由だけで天人になっており、さらに幼い頃から裕福な家庭で育ったため自己中心的な性格であり、不良の名に磨きをかけてしまっている。

 人間であった時は「地子(ちこ)」と言う名前であり、天人になる際に「天子」と改名した。
 永江衣玖からは比那名居一族のお嬢様ということで「総領娘様」と呼ばれている。

 なお堂々と自分の名前を名乗っているものの、紛れもない家出娘である。
 要するに暇だったから家宝の宝剣引っ張り出して冒険者になった不良オブ不良。
 親不孝ってレベルではない所業をやらかした彼女は地上に降りて好き勝手やらかしながら活動しているが、その天性の才能に全力で胡坐をかいてもなんとかなってしまうある意味での“間の悪さ”、そしてそこを中心に形成された死ぬほど自分勝手な性格が災いして基本的に誰かと組んだ回数は少ない。正確には、「2度以上」同じ誰かとパーティを組んだことがなかったりする。
 そんな彼女が目を付けたのは奇跡の泉。流石の彼女も願いが叶うとかいう伝説を信じるほど純粋ではなかったのだが、それはそれとして地下ダンジョン自体は事実として存在するため、「じゃあ真偽を確かめてやるわ」という少々浮いた理由で潜り込み&殴り込みを決意した。そもそも自分が危険な目に遭うことを想定していないため、その行動は何処か危機感が足りていない。というか倫理観と常識が薄い。

種族
 人間(天人)

職業
 冒険者

作品
 東方Project

―――

名前
 イャンガルルガ

性別
 存在しない。強いて言うなら雄?

年齢
 この個体は相応に長い時を生きている(不明)

容姿
 黒紫の甲殻と翼を持ち、耳は片方が抉れ、目も片方が抉れた怪鳥。
 イャンガルルガの耳は普段は寝ており、威嚇時には立ち上がるのが特徴的。
 怪鳥と称したが、外見としては“竜”と呼ぶのが相応しい。体長は概ねこの個体は1700cm程度。

性格
 言動は存在しないため、あくまで生物としての性質を記述する。
 「戦闘」という行為そのものを好むという生物として異質な性質を持つ。
 捕食や縄張り争いなどといった理由も無く、相手側の都合なども一切考えず、ただ向かい合ったというだけでその相手を対戦相手と捉え、猛然と挑みかかる。
 基本的に単独行動を好み、同種と鉢合わせた場合でも遠慮無くぶつかり合うことが多い。
 それまで相手としていた対象を見失うと、次に目についた生物に突然襲い掛かるという事もある。その上で自分が極端に不利になると悟った場合は一旦その場から離れて体勢を立て直そうとする、仕掛けられている罠を把握して躱すなどの狡猾さも備えている。

備考
 比較的最近その存在を知られるようになった、黒く硬い甲殻に身を包んだ鳥竜の魔物。
 口からは火炎液ではなく火竜のブレスのような火球、
 挙句の果てには後述する自身の出血毒を吐き出し、時には外敵の耳を劈くほどの強烈な咆哮を上げる。

 棘だらけの甲殻は非常に堅く、怒りや興奮に呼応して強度を増す性質がある。
 足には尋常ならざる瞬発力と跳躍力を秘めており仕掛けた罠を踏み抜いて破壊することすら可能。尻尾の先端には三叉槍のような形状の棘が生えており、軽い衝撃にも反応して出血性の毒を滲ませる。
 なお、イャンガルルガ自身は出血毒に対して絶対的な抵抗力を持ち、自身の有する毒は勿論の事、外敵から浴びせられた猛毒をも平然と受け流してしまうという。
 その性質上、「イャンクック」と呼ばれる同種個体と比べてはるかに強靭かつ凶悪であり、同時に目撃数は極めて少ない。この個体には甲殻や各部位についた傷が多く、そのことから鑑みるに幾度かの戦闘を繰り広げた歴戦の種であることは想像に難くない。
 地下ダンジョンに住み着き、独特のテリトリーを形成しながら、生息する魔物、やって来る冒険者を問わず手当たり次第に攻撃して回る。いまのところは地下で活動しているが、一見無用に思える飛行能力はこのダンジョンの性質上極めて有効に働く場合がある為、戦う場所次第ではその狡猾さと生物としての機能を存分に発揮したある種姑息な戦術をとることもあるようだ。

 なお、その性質上浅層、深層、あらゆるところに顔を出すため、
 良くも悪くもこの地下ダンジョンに関わる人間からは「憎まれっ子」として認識される。

種族:魔物/鳥竜
冒険者への友好度:低い
作品:モンスターハンターシリーズ

―――

=プロフィール(地下/魔物側)=
「死は我が決めること。勝てるはずもなし」
名前
 死神

読み
 しにがみ

性別
 台詞や態度から男性

年齢
 不明。外見上の年齢も推し量れないが、発言の数々から老獪さが伺える。

容姿
 今回は白兵戦が出来ない事情もあるため「悪魔城ドラキュラ ジャッジメント」の姿に依存。
 フード付きのローブを纏い、巨大な鎌を持つ骸骨の男。

性格
 外見とは裏腹に基本的には礼儀正しく、敵対する者に対しても一定の敬意を忘れない。
 何度倒されようと決して挫けず、主君の復活や願いを成就すべく奔走。ある時は敢えて敵対勢力を泳がせ、ある時は嘗ての部下を言葉巧みに扇動し、ある時は別の吸血鬼を利用するなどその行動は多岐に渡り、揺るぎのない忠誠心と不屈の意志を兼ね備える事が分かる。その一方で名前の通り、敵に対して一定の敬意こそ払うが容赦はしない。

備考
 地下ダンジョンにて“魔王”ドラキュラを復活させるべく、虎視眈々と機会を狙う魔物。
 魂を狩り取る大鎌「デスサイズ」と数多の暗黒魔術を操る。
 文字通り命を刈り取る存在であり、多くの魔物を使役しながら密やかに行動を行っている。嘗て魔王ドラキュラはとある男によって討伐されており、現在は地下ダンジョンを拠点としながらその男への報復、および奇跡の泉を使った自らの主の復活を目論む。
 最終的な目的は地下で戦力を蓄えた後、此処を魔王の根城とした上での人間たちの討滅。

 また他の魔物、および地下勢力の人間とも人間への敵対心から協調関係を結んでいるが、“二人以上の主には仕えぬ”という確固たる意思が存在するため、主従関係という間柄には決してならない。
 そして同時に基本全ての冒険者や地下を潜る者達に対して一切の容赦が存在しないため、
 地下ダンジョンに潜む存在の中でも、目下危険な存在の一部としてカウントされている。

種族
 魔物/アンデッド種

冒険者への友好度
 低い

作品:悪魔城ドラキュラ

―――

【参加希望です〜。問題点等ないか確認のほどよろしくお願いします】

1年前 No.30

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=scFvcp4bX4

=プロフィール(敵対NPC)=
名前:機神兵
読み:きしんへい
性別:なし

容姿:様々な型がある機械生命体だが、全てに共通して“鋼鉄の堅牢な装甲”と“不気味な赤い光を放つ眼”を有する。
【偵察型】
 敵を最優先で捕捉、或いは情報を友軍に発信することを目的とした型。何らかの浮力を用いて中空を飛行しており、こちらも発見は容易ではあるが攻撃が届きにくい。戦闘能力も有しており、放置しているとエーテルレーザーや敵兵の補修などで仲間を援護してくる。
【捕食型】
 人体を捕食、活動エネルギーへと変換する二足歩行の機神兵。右腕は人を“喰らう”ために開閉が可能で、ツボミに似た形をしている。一度喰らったが最後、内蔵した刃を食い込ませながら確実に捕食する。少なくとも一般男性よりは大きな身体の故に歩行速度は然程速くない。なお、右腕を斧のような武器に付け替えて敵の殺害に特化した個体も存在する。
【強襲型】
 普段は視界に入らぬよう上空に待機しており、獲物が下を通ると同時に急降下するという特殊な型。強襲といってもそのタイミングで攻撃することは稀で、どちらかといえば突然の敵襲に対応しきれない者を一気に殲滅することを得意とする。エーテルレーザーが主な攻撃となるが、体当たりも装甲が堅いのでかなり危険。
【要塞型】
 他の追随を許さぬ程の戦闘能力を有する殲滅兵器。要塞型の名の通り、見上げねば全身を視界に収められない程巨大である。“タイタンスタンプ”と呼ばれる全体重を乗せた踏みつけ、無慈悲な火炎放射は一撃で冒険者を葬り去るのも容易い。鈍重ながら、推進器があるため敵を捉えた時の速度はそれなりである。

性格:機械生命体と呼ばれるものの、ほぼロボットと言って差し支えない。敵対者……つまり、ここでいう冒険者を効率的に殺戮するため、精密に練られた作戦の元に行動する。作戦は同族で同時に認識できる他、その場に居合わせたモンスターをも即座に利用する対応力を見せる。

備考:機神より生まれ出でし生命体、機神兵の一種。機神から生まれた存在は他にもあるのだが、純粋に戦闘に特化したこの兵達は命令を与えられぬ限り暴走し続ける。
 前述の通り、彼ら機神兵はどれも堅牢な鎧を肉とする。唯の銃弾や剣などは容易く弾き、本来ならば【モナド】と呼ばれる神剣を用いなくては対峙もできない存在である。が、この世界においては何らかの欠損が生じているのか、鎧を通した一撃でも通り易くなっているらしい。また、機神兵の体勢を崩して転倒させれば、たとえ素手であろうとも簡単にダメージを与えられる。魔法攻撃も比較的通りが良い。
 一体ずつ冷静に対処できれば、“要塞型を除けば”大きな脅威ではない。真に恐るべきはそのコンビネーションだ。極力彼らの連携を崩すように冒険者同士で協力できれば良い。
種族:機械生命体
冒険者への友好度:最悪(取る行動が殺害のみであるため)
動かす上での注意点:彼ら機神兵に“慈悲”の一言は存在しません。また、要塞型をザコ敵として動かすのは10層以下のエリアとして下さい。
作品:ゼノブレイド

1年前 No.31

消耗品 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_mwG

【参加希望です。宜しければ後々また数名追加するかもしれません。御審査宜しくお願い致します。】≫スレ主様


=プロフィール(地上/冒険者側)=

「やーめた」

「――てめぇ、仲間を食い殺したそうだな?ラリーの手前、今回は見逃してやるが次は遠慮なくその素っ首を落とす」

「安心しな、報酬分の仕事はきっちりやってやるさ。」

名前:暁巌(偽名と思われる)
読み:あかつき いわお
性別:男性
年齢:30代後半

性格:基本的にシニカル且つ冷静沈着でいながらギリギリの状況下での殺し合いを楽しむなど何処かアドレナリンジャンキー染みた描写が多く、自分自身の命が危うくなるほど愉快でたまらないと言い切ってしまうような自他ともに認める(そういう業界の)変人or狂人、物事に関しては割り切りがアッサリしていてその場に応じた態度を取るが、割と切れ者でもあり一兵士・一指揮官其々の目線から見た大局的な物の見方などが出来る柔軟な考え方の持ち主、個人的な信条としては支払われた分の仕事はきっちりこなす主義でもある良くも悪くも刹那的でビジネスライクな人物。

容姿:髪は短めの黒髪で顔立ちは割と精悍(頬と額に古傷がある)目つきはとても鋭い、体格は日本人としては大柄な方で研磨され鍛え上げられた体躯の持ち主。服装は三叉槍の徽章が入った黒のベレー帽を被り、オリーブドラヴの野戦用戦闘服一式(タンカラーのV1タイプのプレートキャリア・MOLLE規格対応のタクティカルベスト+チェストリグ・カイデックス製のレッグホルスター装備)またそれらの軍装品の内側からトライデント製のA.Mスーツを着用している。尚今回は余り悪目立ちをしない様にという訳か、それらの上から襤褸切れを羽織っている。

備考:どんな過酷な状況でも生き残る生還者(リターニングマン)の異名を持つ日本出身のマーセナリー(傭兵)で世界中の戦場・紛争地で幾多の修羅場を渡り歩いてきた経歴を持つ(幾つかの国の不正規戦部隊やら特殊部隊や外人部隊を転々としていた根無し草)通常の“仕事”では出会えないような変わり種や猛者と邂逅できる事を利点として好んで特異な団体や勢力下の雇用に応じている
作中ではアメリカやロシア等の大国の息が掛かった多国籍軍需複合体である(トライデント)に雇われ現場指揮官として傭兵部隊に所属し、往く先々でアーカム財団・即ち主人公達と(遺物)を巡り度々交戦する関係であった(最終的にはとある事情から彼自身がトライデントから離脱し一時休戦で協力する事になる)

当スレではとある古代遺跡の敵対勢力との争奪戦中に、戦闘の影響で発生したその遺跡にあるオーパーツの暴走に巻き込まれてこの世界へ飛ばされてきた。が、持ち前の適応力の高さで(成った物は仕方が無い)と割り切り、しかしながら当面の目的である(元の世界への帰還)の為に『奇跡の泉』を含めた情報収集とダンジョン内の探索を片手間で進めている。一応食い扶持を稼ぐ必要が有るため、ダンジョン内での護衛から特定のモンスターや犯罪者の討伐・捕縛依頼、はたまた依頼とは関係なしで未知のルートの調査斥候なんかを自分の用事も含めて進んでやっていたりする基本的に雇われる時は己の武力を売るというフリーランスの傭兵そのままの態度を取っている。(流石に吹っ掛ける様なべらぼうな料金は提示して来ないがやや高め)、大方村の酒場に居る。



戦闘:保有する戦闘技能は長年の死地や魔境を潜り抜けて来た経験則も踏まえても非常に高度なモノで凄腕の傭兵としての個人単位での近接戦闘・射撃・狙撃から潜入・浸透・爆破工作までソツなくこなす実力を持っている、それらの元々有している戦闘能力に加えて、(A.Mスーツ)を着用することで人外レベルの瞬発力・怪力・耐久性を獲得している(銃弾を発射後に躱す人外と近接戦闘で渡り合うレベル)。また一応は軍人(特殊部隊員)崩れ故に近代戦術や不正規戦闘への理解や造詣は深く小規模な部隊の指揮経験も多い。

初期装備

二連式ボウガン(今回“この世界”に飛ばされたに当たって、弾薬の節約も兼ねて手に入れた上下連装式のクロスボウ。弦を引き絞る手間が有るがスーツの筋力アシスト機能を使って簡略化した事によりそこそこの発射速度で放つ事が出来る。射ったボルトの再利用なんかも含めて経済的だと考えており多用している模様、ボルトの鏃の“細工”次第では中々強力な武器になる。)

カットラス(此方も現地調達で二束三文で購入したモノ、無銘ながらそこそこ頑丈で戦闘以外でも色々と使える。コンバットナイフも装備しているが、自分の“手”を成るだけ晒さない様に敢えて此方を多用しているらしい。)

ステアーAUG A3(ブルバップ方式を採用した5.56x45mmNATO弾を使用するオーストリア・シュタイアー社製アサルトライフル、ホロサイト・高倍率ブースター装着、RASモデル※必要に応じてアンダーバレルにM203PI40mm擲弾発射器を装着、それ以外はフォアグリップを使用)

グロック19(Gen3 サイドアーム、45口径モデル、減音器装着可)

爆発物(無線式・有線式の選択が可能で遠隔起爆可能なコンポジションC4プラスチック軍用爆薬)

各種手榴弾(Mk3HE手榴弾、M67破砕手榴弾、スタングレネード、スモークグレネード)

精神感応金属(オリハルコン)製コンバットナイフ

投擲用ナイフ複数

A・M(アーマード・マッスル)スーツ

精神感応金属(オリハルコン)で構成された通常の30倍以上に着用者の身体能力を向上させる軍用の着装型パワードスーツでトライデント製(元々は米軍の次期歩兵用強化装備がベースになっているらしい、試作品を暁が試験運用し後に少数ながら量産された。)スイッチである襟元を閉めると人工筋肉がパンプアップし、出力増幅を開始する。重機関銃クラスの火器による掃射や近距離での爆発にも対応する防護力、限定的ながら光学兵器に対する防御力も備わっている(その他NBC対策の処置や遮電加工も施されている模様)、また着用者の精神エネルギー(P.S)を外部に放出させることで、物理攻撃の通じない超常的な存在との交戦も可能な模様、高出力で頑強だが構造は複雑な機械式なので損傷した際の総合的な耐久性はアーカム財団の電気信号式モデルに比べるとやや低い。その他ギミックとして高密度繊維製のカーボンワイヤーの射出機構や隠し火器(連装式の12ゲージスラッグ・散弾装填の仕込みショットガン)・掌圧連動の電撃(スタン)機能を備えている。

種族:人間

職業:傭兵

作品:スプリガン

※制限:(A・Mスーツ)の防護力・耐久性及び人工筋肉のアシスト機能の弱体化。精神エネルギー(P.S)放出機能を用いた非物理的攻撃には使用回数相応の気力などの疲労等のデメリットが付加される。

1年前 No.32

@tokyoapple ★v9wZEyxx69_m9i

【参加ありがとうございます! プロフィールを認証しました、どれも設定などに問題はありません。メイン記事へどうぞ】

>ボブさま、スナップさま、消耗品さま

1年前 No.33

グリーヴァ @arthur ★iPhone=z010qE2orY

キャラも増えてきたので、僭越ながら纏めました。
誤字や漏れがあったら申し訳ないです。

地上/冒険者側
・ラナン(ゴシックは魔法少女) >>11
・獅星王ラナン(ゴシックは魔法少女) >>14
・ベディヴィエール(Fate/Grand Order) >>13
・無銘(エミヤ[オルタ])(Fate/Grand Order) >>30
・東雲あづま(世界鬼) >>16
・ネプテューヌ(神次元ゲイム ネプテューヌZ) >>17
・アイエフ(超次元ゲイム ネプテューヌ) >>18
・桐ヶ谷和人/キリト(ソードアート・オンライン) >>18
・木幡真琴(ふらいんぐうぃっち) >>22
・姫河小雪/スノーホワイト(魔法少女育成計画) >>22
・シェイ・パトリック・コーマック(Assassin's Creed Rogue) >>24
・レスト(ルーンファクトリーW) >>25
・鳥居純吾(デビルサバイバー2 ブレイクレコード) >>27
・比那名居天子(東方project) >>30
・暁巌(スプリガン) >>32

地下/魔物側
・Sans(UNDERTALE) >>28
・Papyrus(UNDERTALE) >>28
・優木沙々(魔法少女おりこ☆マギカ[別編]) >>17
・DIO(ジョジョの奇妙な冒険) >>20
・クロエ(エルソード) >>21
・董卓(真・三國無双シリーズ) >>24
・イャンガルルガ(モンスターハンターシリーズ) >>30
・死神(悪魔城ドラキュラ) >>30

NPC
・スーパーミュータント(Falloutシリーズ) >>24
・機神兵(ゼノブレイド) >>31

1年前 No.34

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

=プロフィール(NPC)=

名前:ボコブリン
読み:―
性別:不明
年齢:不明
容姿:豚頭の小鬼の様な魔物。背丈は成人男性よりやや低い。全身が一色の個体が殆どで、赤、青、黒、白などが存在する。

備考:野蛮な下級モンスター。言語は持たないが知能は高く、素朴ながら木を削って棍棒や盾、弓を作る技術を持つ。
集団で狩りをしたり、哨戒が敵を発見した時は角笛を鳴らして味方に知らせたりと連携行動を得意とする。
体色で強さがおおよそ分かり、赤は一般人でも倒せ、青は冒険者なら苦戦せず、黒は慣れた冒険者でやっとであり、白は熟練の冒険者でも死の危険がある程の強さ。また、強い個体は冒険者から奪った武具を装備している事もある。

未知の物への警戒心はほぼ無く、あらゆる事に気を引かれる習性がある。その習性を利用すると一網打尽にする事も出来る。

種族:モンスター
動かす上での注意点:一個体で動く事はあまりなく、群れで動く事が殆ど。地下10Fまでは赤と青のみ、11〜20Fからは黒、21F以降は白もいる。

作品:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

【雑魚敵です。仲良く使ってね。】

1年前 No.35

グリーヴァ @arthur ★iPhone=z010qE2orY

=プロフィール(NPC)=

名前:屍生人
読み:ゾンビ
性別:個体による
年齢:意味を成さない
容姿:多様な姿を持つ。大抵は皮膚が崩れる、歯が鋭くなる、眼球が大きくなるなどの身体的変化が生じて、怪物の様な姿となる個体が多い。ワンチェンなど個体によっては生前の面影を残している者もいるようだ。人間の頭に犬の体を持つ個体や、頭に蛇を飼う個体もいた事から、別生物を組み合わせる事も可能である。

備考:吸血鬼であるDIOによって作り出される動く死体。吸血鬼の持つ特殊なエキスを体内に多く入れられることで、生物は屍生人と化してしまう。屍生人は並みの人間に比べて高い生命力や筋力、瞬発力、敏捷性などを身につけることが出来、肉体の一部を変化させる事も可能。変わりに血や肉に対する欲望や、生前の記憶や感情が強くなり、それから生物を襲うようになる。また屍生人に襲われて死亡した生物は屍生人となる。知能については殆どの固体が言葉を解せる上に敵味方の区別がついていたため、知能そのものに衰えはないようである。だが、常に高揚しているものが多く、何かにつけて奇声を発するなど異様な言動や行動が目立つ。太陽の光に弱く、浴びれば一瞬にして灰に返ってしまい、太陽のエネルギーと同じ性質を持つ波紋などにも弱い。
種族:屍生人
動かす上での注意点:特になし。

作品:ジョジョの奇妙な冒険 part1 ファントムブラッド

1年前 No.36

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【キャラクター表の作成、ありがとうございます! 記事メモに添付させていただきますね】

>グリーヴァさま

【NPCの追加プロフィールを認証しました】

>ハールさま

1年前 No.37

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.38

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【すれ違いェ NPCキャラクターのプロフィールも認証しました】

>グリーヴァさま

1年前 No.39

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=SmLJyzCU4o

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「でだ、なんで俺がこんな辺鄙な世界に来てみたかって言うと__」
「あんたと俺は【入れ替わった】、それだけのことさ。」

名前:【リプレイサー】
読み:-
性別:男性
年齢:不明(おおよそ三十代?)
容姿:ボッサボサの眉に掛かる程度の黒髪と、何処か物憂げながらも鋭い茶色の目を持つ。擦れ傷だらけの黒いダスターコートとボトムスに身を包む。見た目は少し鍛えた30代前半といったところ。
 身長175cm強で、肌は健康的な小麦色。
 ポーチ付属の革ベルトを着用しており、中には小石数個と特殊なダガー二本が常時無造作に入れてある。尚、普段は隠れて見えないが、上腕と両足首に器具(※後述)を装着。又、鍛えられた肉体には無数の古傷が残っている。特に、『ある少女』と交戦した際に出来た、胸部の腹部の傷痕が痛々しい。

性格:何処か捻くれてはいるが、基本的には明るい。冒険者として最深部に挑む理由も“だって、ありもしない存在を頼ってた奴らを笑い飛ばしてみたいだろ?”との捻くれっぷりである。皮肉たっぷりな台詞で交戦時に相手へ挑発することも。しかし、内ではかなり冷静な分析をしていたりするため、見た目で油断の有無を判断するのは困難を極める。因みに前述の捻くれた言葉の裏にも“少しでも迷宮の情報を収集して、犠牲者を減らしたい”との思いが隠れている。
 過去に起きた“とある事件”がトラウマとなっており、人を、特に少女を殺害することは躊躇いを覚えている。それでも“不退転の覚悟”は決めているようだ。

備考:何処かの世界から流れ付いて来たという、【次元の旅人】。かつて、『ある世界』から強制的に呼び出された際、呼び出した者達の造り出した[世界を越える扉]に事故で巻き込まれてしまう。“何処でもない場所”に放り込まれてしまった彼は、【世界】を放浪することになった。
 今回の彼は、“とある異界”を偽神の手から救い出し、凪を呼び戻すために助力をした後の存在。その証拠に“南極の現状に関する報告書”の写しを保有している。
彼を支えるのは、今まで培った能力者相手の交戦術や、仲間との信頼関係。そして、彼自身が有する【奇術】である。
[能力]:【リプレイサー】
 自身が能動的に触れたものを『入れ替える』能力。意識して触れた二つのものの位置を瞬間移動で入れ替えることが出来る。対象は自身をも含み、生物非生物は問わない。射程は『世界を越えない限り』無限。重量にも制限は無いが、ビル等の様に極端に大きい物体は丸ごと転送することは出来ない。
 能力で転送指定出来るのは最大で2つまで。指定する際に直接手で触れる必要は無く、自身が触れている物体で触れば良い。対象に衣服などの付属物があるならば、纏めて送り飛ばせる。非生物に限り、一部分だけを抉るようにして転送も出来る。なお、入れ替える物の大きさが異なる場合、小さい方の周囲の空間も一緒に転送する(真空状態には基本ならない)。
[応用]
 物体を入れ替える際に、『物体の持つエネルギー』とその向きを変化させる芸当も可能である。例えば、投擲した小石と手元のダガーを入れ替える際に、標的の頭上からダガーが高速で振ってくる、といった状況も作れる。

 自分自身と非生物を、任意の位置までワープさせることが出来る。原理としては、触れた物体と『任意の位置の空気』を入れ替える、という元の能力の延長線上。射程は無限だが、遠距離になる程精度は落ち、転送速度も落ちる。建物にめり込む可能性もあるため、長距離のワープは危険を伴う。また、当てずっぽうで“泉”に直接行こうとすると、指定した座標を何らかの力で歪められてしまうとのこと。
[特異体質]:【能力宝玉】
 彼の能力と命を司る、真紅の宝玉。肉眼ではっきりと分かるように脈打っている。普段は胸の最奥に封じられており、外部から見ることは出来ない。彼の生命が尽きた時、胸部から静かに転がり出てくるという。
 他の者がこれを回収した時には、使い道が2つある。宝玉を手に持ち、その能力を欲すれば、身体へと独りでに入り込んで上記の能力を授ける。硝子細工の如く握り潰せば、遺された生命力によって傷が治癒する。時として、瀕死の重傷を負った人をも蘇らせる程の絶大な効果を発揮する。
 [装備]
・デュアルダガーCust.
 切れ味抜群、二丁の特殊なダガー。手元にどちらか一丁あれば、もう片方を手元に吸い寄せられるという性能がある。知っていれば他者も行使可能なので、回収されると少々弱る。片方だけ淡い光を宿しているようだが……?
・パワードバンド
 重りにも見える銀色の金属製バンド。拘束具とかではなく、寧ろ筋肉に電気刺激を与えて増強してくれる。電気は微弱で、そのままだと攻撃には転用出来ない。着脱は楽なので、貸し借りも出来る。
[身体能力]
 ヒトとしてはとても優れており、垂直に2mは軽く跳べる程。器具で補助していることもあり、瞬発力も持久力も中々の物。ただし、あくまで“ヒトとして”であり、魔物に通用するかどうか……結局のところ、ダガーと能力が頼りである。
 狙った獲物は逃さない、投擲の達人。

 因みに彼の名前は偽名でも何でもなく、歴とした本名である。
種族:人間/異界の者
職業:奇術師(自称) 適当にクエストをこなす放浪者、あるいは便利屋
作品:オリジナル(複数スレ参加キャラ)

【イレギュラーなキャラですが、是非よろしくお願いします!】

1年前 No.40

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【NPCのキャラクター追加、プロフィールを認証しました】

>ハールさま

【プロフィール認証しました、設定などにも問題はありません。メイン記事へどうぞ】

>スナップさま

1年前 No.41

リレイラ @rireiramus ★iPad=y1fyciPwBy

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.42

リレイラ @rireiramus ★iPad=y1fyciPwBy


【1人目を投稿しました。審査をお願いします。
あとの2人については、もうしばらくお待ちください。】

主様

1年前 No.43

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=SmLJyzCU4o

【もう一人、登録申請させていただきます!】
=プロフィール(地上/冒険者側)=
「このペースで進むとなると、今日中に最深部へ到達する確率は……」
名前:アレンダート=グライス
読み:-
性別:男性
年齢:27歳

容姿:紺色のスクラブに白衣を纏い、首には赤のスカーフを巻いている。また、伸縮自在な素材で構成された灰色のボトムスを合わせている。銀の長髪を後ろで適当に束ねている。到底“冒険者だ”と言い張るには無理がある服装だが、これでも彼は“イメージと実用性を兼ね備えた研究の末の装備だ”と語っている。瞳は穏やかな緑。

性格:一言で言うなら、真面目そのもの。熱しにくく冷めにくいタイプの人間で、迷宮の秘密を探るためにわざわざギルド付近まで移り住んでくるほどである(部下たちも引き摺ってきた)。なまじ頭がキレるせいで良くも悪くもハッキリとものを言ってしまうことも多いが、普段から人に対しては思慮深く物腰も丁寧。真面目一貫というわけでもなく、前述の通り自身のイメージに探索用の装備を整えるという茶目っ気(?)もある。

備考:地下ダンジョンの研究・探索をするために最近島を訪れた、年若き研究所の長。普段は5〜6人の常駐研究者と共に装備の開発、及び魔力・魔物・ダンジョンの構造の調査を実施している。研究所はギルドに程近い大通りの一角に設立されており、時折ギルドに対して調査の肩代わりを依頼しているという。また、開発された武具は隣接した専門のショップで販売しており、クエストの報酬としても与えられるなど、冒険者達の間接的なサポートも精力的に行っている。
 所長たる彼もダンジョン挑戦者の一人であり、選りすぐりの道具たちと仲間と共に探索を行っている。彼が使う武器は、以下の通り。
〔能力発生装置〕:【Greed】
彼の右腕に装着された、ガントレットの様な金属の籠手。前腕部に装着された【真紅の宝石】が純粋な魔力の塊となっており、そこから魔力を抽出・変換して能力としているらしい。図らずも、その形は“とある男の宝玉”と近いような……

 手の甲から赤いレーザーを放ち、当たった物体をスキャン。その状態で右手で触れると、意思無き物体に限りそれらを“分解・吸収”することができる。
 何かを吸収した状態ではレーザーが青くなる。それを照射して他の物体をスキャンし、それに触れることで“吸収した物体の特性を付与”することができる。例えば燃焼しているものなら熱く燃え盛り、氷結したものなら冷気を放ち、触れた物体を氷結させていくとおう性能となる。与える特性は多岐に渡り、スコップを付与すれば“何かを削る・掘るのが容易になる”という変わった性能となる。
 また、与えた属性に応じたものを小規模ながら操れるようにもなるという。但し、物体は一度に一個しか吸収出来ず、一つの物体に与えられる特性は一つだけだという。
 魔物の素材を使用することで、グレードアップさせることも可能だというが……?
〔能力補助装置〕:エレメントバレット
 属性魔法を放てる、特殊な武装。彼は普段から左腕に装着している。本来ならば様々な属性の詰まった弾丸が放てたのだが、過去に魔物の攻撃を受けて破損、現在は火炎弾しか放つことは出来ない。魔物素材を使えば、修復どころか拡張も可能だというが……?
 なお、属性一種のものならば販売もしている。
〔主要武器〕:メタモルソード
変形機構を有したロングソード。ボタンひとつでレイピアに変形させられる。内部構造が特殊なので、ただの剣よりも少々重めである。博士はこの剣を不自由なく振るえるように普段から訓練を重ねている。どうやら、これも素材を使用して拡張可能なようだ。
種族:人間
職業:博士/武具開発者
作品:オリジナル

1年前 No.44

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【予約されていたキャラクターのプロフィールを認証しました!
 メイン記事へどうぞ、残りのキャラクターも楽しみにしていますね】

>リレイラさま

【追加キャラクターのプロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>スナップさま

1年前 No.45

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.46

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=SmLJyzCU4o

質問なんですが、キャラがここにクエストを出しても良いでしょうか?
もし可能なら、アレンダートの作製した武具の類いを報酬として達成者に渡す、などといった行動を取ってみたいのですが……(クエスト内容と報酬の内容を同時に問題ないか審査していただく、というものです)

1年前 No.47

参加希望(勇) @kaizelkai ★OoN6oNoyDt_mgE

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「 これよりバグスター切除手術を開始する 」

「 俺に切れないものはないッ! 」

名前:鏡 飛彩
読み:かがみ ひいろ
性別:男性
年齢:24歳
容姿:クールで無愛想の男性。白衣に水色のYシャツに青系の縞柄のネクタイにスラックス。首には聴診器型の機器、ネックストラップをかけている。
性格:「失敗しない外科医」と呼ばれており、若手ながら手術の腕は確かだがプライドは高く自信家。 「患者に関わらない」を信念としており、事に私情を持ち込まない仕事人タイプであるが、彼なりに人命を第一に考えている姿勢の表れでもある。 そうした他人と距離を取る性格だが、人間的には若者相応の未熟な面は未だ残っている。また甘いものが好物で決まった時間に食べている。
備考:仮面ライダーブレイブの変身者
ライダーガシャットと呼ばれるアイテムと、ゲーマドライバーを使用して変身する戦士。レベルアップを発動することで姿が変化する。ガシャットをドライバーに挿入することで4頭身のレベル1に変身し、鏡 飛彩はレベル50まで上がれる。

クエストゲーマーレベル1:四頭身の騎士風の姿。武器はガシャコンソード。左腕に盾・リヴァーサルシールドを装備している。

クエストゲーマーレベル2:ドライバーのレバーを開いて変身する形態。完全な人型となり、左腕の盾は腕に装備される。

ビートクエストゲーマーレベル3:レベル2の状態からゲーマドライバーのレバーを閉じ、ドレミファビートガシャットを左のスロットに装填してレベル2の時と同じポーズを取り、レバーを開き変身する形態。右腕のドレミファターンテーブルをスクラッチ操作することで音楽が鳴り始め、リズムに乗って攻撃を繰り出すことで徐々に攻撃力が高まる。リズムゲームの知識は持たないが、心肺蘇生法の心臓マッサージの技術を応用することでこれを使いこなしている。

ハンタークエストゲーマー レベル5(フルドラゴン):レベル2の状態からゲーマドライバーのレバーを閉じ、ドラゴナイトハンターZガシャットを左のスロットに装填してレベル2と同じポーズをとりの掛け声とともにレバーを開き変身する形態。全身の武装によって高い攻撃力を誇る。

ファンタジーゲーマー レベル50:ガシャットギア デュアルβのダイヤルを左に回してタドルファンタジーを選択した後、ゲーマドライバーに装填してレバーを開き変身する強化形態。背中のマントで攻撃、念動力やバリア、背中のマントでテレポートなどの魔法を操るほか、バグスターウイルスを多数召喚して使役する。


ガシャコンソード:ブレイブの専用武器で、クエストゲーマー用の長剣型のガシャコンウェポン。Aボタンを押すことで刀身が反転して炎と氷の2モードに変形する。通常は炎剣モードになっており、氷剣モードに変化する際は「コ・チーン!」、再び炎剣モードに変化する際は「カ・チーン!」、という音声が鳴る。


当スレではとあるバグスターの切除手術の影響下で原因不明の事象が起こり、この世界に飛ばされた漂流者。元の世界への帰還のため【奇跡の泉】の攻略をソロで進めつつ、人命を優先とした討伐依頼等をこなし金銭を稼ぎつつ、現在はこの世界の医院で住み込みで医者としての仕事を主にこなしている。


種族:人間
職業:医者
作品:仮面ライダーエグゼイド


【参加希望です。審査の方をよろしくお願い致します】

1年前 No.48

海王星 @recruit ★0fKR6AbOdF_M0e

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「最後の一人まで悪を滅ぼす……それが、今の時代よりいいとは思えない」

「かつて私は、世界の果てまで見たいと願ったことを思い出した。目的地などいらない。私はまだ、旅の途中だったんだ」

名前:影胡摩
読み:かげこま
性別:女性
年齢:不明
容姿:備考欄にて
性格:備考欄にて
備考(原典):

ピンク色のボブカットに、獣耳。フリルの付いた和装を着用した訛りのある喋り方をする、愛嬌ある可愛らしい女の子。
その正体は300年以上前の日本において、安土桃山時代に西日本を支配した悪の魔物・ゼスサタンと、その一党相手に戦っていた戌耳少女剣士。
画物語にされたり、「鐵假面剱士」という題で自らの活躍が後に創作として漫画にされるほどには有名。
戦いを終えた後、見聞を広めるため「世界の果て」を目指し出国。舟に乗り、テラ・アウストラリウスへと赴けば、その後消息不明と為った。

神化48年に氷漬けになっているところを回収され、解凍の後覚醒。日本国首相の立花の思惑で、人吉爾朗がゼスサタンの残党だと吹き込まれ、彼らを襲撃した。その際、払い上げた新聞からかつて自身が封印したゼスサタン、そして、ゼスサタンから離反し、最後には共闘した宿敵である竜神アサヒの眠る古墳が掘り返されたことを知り奔走。只の宿敵以上の想いを抱いていたアサヒを蘇らせるため、ゼスサタンの封印諸共それを解除しようとするも、爾朗や過去に面識のある芳村兵馬らからの説得を受けて思いとどまることになった。

爾朗の「超人を護る」という目的や、事の真相を知ると、自らを利用しようとし、超人達を圧する立花を怒りの侭に討たんとするも、立花が自らの一族の子孫である事を知り、また、ゼスサタン党を滅ぼしても世界から戦が消えなかった事からも、彼一人を断ったところで何も変わらないと悟ったかのように刀を収めれば、首相私邸を去って行った。
その後は兵馬からタイムウォッチを使って「善が悪を倒す」のが普通だった過去の時代に戻ることを提案されるも、これを拒否。以前願ったように「世界の果て」を目指して、再び一人旅立って行った。

作中内で、人間衛星アースちゃんから「正しい超人」であると認められた数少ない一人。

■鐵假面剱士(てっかめんけんし)

300年前、まだ影胡摩が「影胡摩」になる以前、村の長の娘だった頃、ゼスサタンから人々を護って貰うために神獣にその身を捧げた事で、一体化し、力を授けられた。
元々は黒髪の少女だったが、これ以降は現在の容姿となっている。
身体能力は高く、半ば奇襲とも呼べるほど唐突な襲撃だったとはいえ、爾朗とライトとを相手に互角以上に戦った。
また影胡摩が「來迎鐵假面」と叫ぶ事により、神獣の力を顕現させ、自らに鎧を纏わせた姿となる。これが後の世に伝えられる鐵假面剱士としての姿だと思われる。

戦場で鍛え上げた冴え渡る剣の腕だけでなく、戌型のミサイルを発射する攻撃や刀から極太の光線を放つ「剱士ビーム」といった技も持ち、その威力は高い。ちなみに前述の通り御鐵假面剱士が活躍したのは主に安土桃山時代、そんな時代に生きた超人である彼女がビームやらミサイルやら平然と放ってくる姿は対峙した人吉爾朗から「ビームとかありか!?」と突っ込まれている。

備考:

とある世界で、自分の村を守るために守り神と契約し、巨大な悪と戦い続けた少女。

・・・・
ある事件を境に自分が元居た世界を去り、後にメビウス大陸へと転移した。
世界の果てを目指し、果てなく旅を続けていて、【クライン村】へはその途上で偶然立ち寄ることに。
其処で耳にした【奇跡の泉】の噂を確かめるべく、ダンジョンへと踏み入ることを決意する。


内にある思いはかつて分かり合えたはずなのに、離別した宿敵(おもいびと)へのモノか。それとも……

種族:超人
職業:剣士
作品:コンクリート・レボルティオ 〜超人幻想〜 The Last Song


【追加希望です、審査御願いしますー】

1年前 No.49

消耗品 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_mwG

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.50

ぽんこつあくた @akuta ★Android=8Sr3SxYeQ0

【こちらも世界観に合わせての改変要素あるので審査お願いいたします
オリキャラは後程完成致しますのでしばしお待ちを】


=プロフィール(地上/冒険者側)=
「пусть музыка принесет всем счастье!.(音楽がみんなに幸せをもたらしますように!)」
「今のおらには分かる、二人の歌が二人の音が大事なんだ」
「んな美少女無理してやってんだ!飲まなきゃやってられねえ〜」
名前:チャイコフスキー
読み:--
性別:女
年齢:10代
容姿:明るい金髪の内巻きヘアーに白いリボンがついたカチューシャをし前髪は真ん中分けをしている。
 目元はぱっちりとした二重瞼で緑色である。
 肌は白人特有の白い肌色、体型は年相応の体つきで身長は150センチぐらいである。
 服装は白のフリルが施された水色を基調としたゴスロリ風のエプロンドレスを纏い、その上に腰まで覆うプーケ、水色と白のニーハイソックスに黒い靴を履く。白い手袋を履いている。
 ムジーク発動時の衣装は髪型はツインテールになり、燕尾服にSF風っぽいアレンジを施した衣装になりズボンもかぼちゃパンツに変わる。
性格:東北訛りっぽい言葉で喋る、見た目に反して男勝りで勝ち気な性格。そんな性格が仇となり放送事故を自ら引き起こしたのがきっかけで上司に捨てられた(と思った)ショックで激昂すると泣きながらムジークを発動し騒動も起こした事もある。
 テンションだけで行動する事を悔いている場面も見られ、相棒のバダジェフスカも「ついていけない」と吐露し、挙げ句の果てには解散騒動が起きる程関係が悪くなっていた時期もあった。
 性別のギャップに悩んでおり、うちこむものがなければ「オヤジ返り」して酒や塩辛を要求したり、ウォッカの原材料を勝手に耕していた、だが日本では違法なのでウォッカ酒造は諦め、主人公達の学校の学園祭で焼き芋屋をやっていた。
備考:通称「チャイコ」音楽が盛んな地方都市「ハママツ」にある音楽会社、アルケー社に所属するデュエットアイドルの一人。その正体は音羽響悟により、最高の楽器として創られたアンドロイドのひとつであると考えられる。(詳細はないが、同じクラシカロイドのベートーヴェンやモーツァルトも彼の手によって生み出されていると判明している)
 チャイコも同じく、ピョートル・チャイコフスキーの曲を聞かせたら彼の人格として目覚めたのだが、チャイコの場合は性別が女性でしかも年齢が10代として設定されていた為、前述の悲劇が起きている。
 チャイコフスキーの記憶は思い出しているのかどうかは不明だが、恐らく思い出しているかも知れない。
 プロデューサーであるバッハ(音楽用語だけで喋る時)の言葉が分かる唯一の人間で、音楽の神として崇めておりリストのムジークによって大胆な愛の告白をしてしまっている程(元々ガチだかんね、しかたないね)。
 山できのこ見つけたら「マタギの血が騒ぐ」と言ってきのこ狩りに興じる場面も。

 このスレでも似た経緯で生み出され、違うとしたら、最高の楽器として生を受けたホムンクルスであり、アイドルではなく音楽が盛んな王国『オクタヴァ』の王営ギルトで音楽魔法の使い手として活躍しており、そのギルト長を尊敬しているとか。

 ムジークについて。
 クラシカロイドがタクトを振ればアレンジされた自らの曲を奏でて様々な超常現象を引き起こす現象主人公には「催眠術」と友人に、無理矢理説明されている。
 発動すればリボンが包み衣装チェンジする、チャイコの場合バレエっぽい動きで変身する。
 効果は個人により異なり、動物に変身または召喚させたり電脳空間に閉じ込めたり、秘め事を吐き出されたりと多種多様である。
 チャイコの場合は動物を人間に変身させたり、喋らせたりさせる物。恋と再生を連想させる幻覚を見せさせたりできる、ムジークプロデューサーは「つんく♂」
 以降はムジーク解説である。

『SHALALA 悩んでても解決せん 〜くるみ割り人形より〜』
 第5話で登場、雪の結晶が浮き出た空間を出現、くるみ割り人形で登場する黒いネズミの大群を召喚し黒スーツに黒い帽子を被ったネズミの特徴が出た男性に変身させる。
 その中で王冠を被ったネズミ「キング」がおり、人間に変身し逃亡したクラシカロイドを連れ戻そうとしたが野良猫を見せられ一度逃亡し、二度目は覚醒したベートヴェンが召喚したコウテイペンギン達によって撃退された。またEDのイラストに白いネズミの存在も確認できるが本編には未登場。
 魔法少女物の変身と戦闘シーン流れても違和感ない優雅で明るい曲調と歌詞が特徴。混声コーラスがインパクト。

『白鳥ROCK 〜白鳥の湖より〜』
 第19話にて登場。ショックで暴走した時は主人公達のペットを巨大化し悪魔の鳥「ロットバルト」を演じさせ惚れやすくする亜空間を閉じ込める騒動を引き起こしたが、本来の結末ではなく、後世の人間達が創った結末の解釈により本来の力を取り戻した。
 恋と再生を連想させる幻覚を見せ(例として駅で男女が別れを告げ、男性が電車で女性に告白するというシュチュエーション)る事ができる。
 荒ぶる魔物や洗脳された人間を鎮静する事ができるが、魔法防御や魔法を無効する防具や魔法であっさりと打ち消されてしまうのが欠点である。
 無害なのだが確定ロルをさける為に、発動する際基本的モブ使用、本体様の許可を得てからの発動する事にする。
 タブステやらエレキギターの重低音が鳴り響くロック調アレンジ。切ない歌詞のメロディは原曲のままである。
……というか、ギター布袋さん弾いてません?
種族:ホムンクルス
職業:吟遊詩人
作品:クラシカロイド

1年前 No.51

ぽんこつあくた @akuta ★Android=8Sr3SxYeQ0

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.52

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【クエストについてですが、問題ありませんよ!
 クライン村のロケーションに大掲示板を増やすので、そちらにクエスト内容を書いた紙を掲示して貰う形にしてもらおうと思います】

>スナップさま

【参加ありがとうございます!プロフィールを認証しました、問題はないのでメイン記事へどうぞ】

>参加希望(勇)さま、ぽんこつあくたさま

【追加キャラクターのプロフィールを認証しました】

>海王星さま、消耗品さま


【ロケーション項目に大掲示板(クライン村)と森林(地上)を追加する予定なのですが、何か他に追加してほしいものがあればリクエストを受け付けたいと思います。

 また、上記の通り内容を大掲示板に掲示→依頼人キャラに話を聞いて受理する形で各キャラクターも依頼・クエストを頼めるようにします。
 このときは以下のテンプレートを使用してサブ記事に内容を投下し、参加したい他の方が声を掛ける流れにして頂こうと思います。たまに魔物側からのクエストがあっても面白いかも……?
 何か分からないことやその他にも疑問・リクエストがあればお気軽にどうぞ】

>ALL本体さま

=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:(ない場合はこの項目を削っても可)
依頼人:
内容:
達成条件:
報酬:

1年前 No.53

年若き博士 @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=rX7jX9cjPW

>>53
では、ロケーションの申請を一つさせていただきます!
☆グライス研究所/武具販売所
 ギルド近辺の大通りに最近設立された、アレンダート=グライス( >>44 )を長とする研究施設。普段は5〜6人程の研究員が常駐しており、装備の開発、及び魔力・魔物・ダンジョンの構造の調査などを日々行っている。
 ここでは地下ダンジョン攻略をサポートしてくれる武具の開発も進めている。製品化された武具は隣接した専門のショップで売られており、冒険者たちも入手可能である。
 また、研究所はギルド等にダンジョンでの探索依頼も出している。報酬の多くは販売前の武具のプロトタイプであるようだ。依頼の発注後・達成後はここに来よう。

1年前 No.54

Ray @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

=プロフィール(NPC)=
「ゲームシュウリョウ!イマスグシネ!」
「シネ、ハハハハハハ!」
名前:スーパーミュータント
読み:
性別:性別の概念が存在しない
年齢:不明
容姿:どの個体も基本的に2mを超える身長に筋骨隆々で顔つきも歯を剥き出しにした恐ろしい形相、皮膚の色も緑色に変色し、血管が浮き出ているような不気味な見た目。
腹の部分に鉄製の鎧を付け、半ズボンをはいている以外身に纏っていない。
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:
(原典)
核戦争後のアメリカの地を跋扈する化け物たち。高い体力・筋力・耐久力・放射線耐性を有するがいずれも知能は低く他種族を見るなり無差別に攻撃を仕掛ける好戦的な性格を持つ(一部の個体は理性的な者もおり、話し合いが可能だが異端の存在である)。知性が低い彼らだが銃器の扱いは上手く、その点でいえば厄介である。
その正体は核シェルター「Vault87」の住人達。「FEVウイルス」と呼ばれるウイルスに感染した者たちの成れの果て。また、通常個体以外にブルート・マスター・オーバーロードと呼ばれる強化版・ベヒモスと呼ばれる知能が完全に衰退した大型個体・ケルベロスと呼ばれるなり損ないの個体が存在する。

(当スレ)
彼らの生まれた経緯は不明。しかし他種族であれば見境なく襲い掛かる点は原典と同じ。通常個体は1〜10階まで、ブルート・マスターは8階以降、オーバーロード・ベヒモスは21階以降から登場する。
恐ろしい形相や筋骨隆々な外見を持つが所詮は見掛け倒し。しっかりとした攻撃手段があれば難なく倒せるだろう
種族:人間の突然変異
動かす上での注意点:セリフは全てカタカナ。使用する武器は鈍器か銃火器。
作品:Falloutシリーズ(当スレでは『3』をベースとする)
【設定を一部修正しました。】

>>主様

1年前 No.55

ボブ @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★SKGC1pYrJC_Nu2

名前
 ◯◯バグ

容姿
 非常に小さな外見をした蟲。

備考
 この地下ダンジョンの至るところに出没する蟲型モンスター。
 一体一体は小さな蛾のようだが複数の種別が存在し、雑食である関係上新米冒険者がその能力を疑って餌食になりやすい。熟練冒険者ともなれば流石に歯牙にもかけないし、距離を取っていると本当に何も害のない生物であることは確かである。
 代表例は毒を持つ「ポイズンバグ」で、迂闊に接触すると出血毒を孕んだ鱗粉をばら撒く。この毒は威力こそともかく長時間体内に残留し体力を奪うため、長期の探索を行う時に出て来ると困る例でもある。
 その他にもダンジョン内に揺蕩う魔力の属性によって、風属性の「グラスバグ」、氷属性の「ブリザードバグ」、土属性の「ロックバグ」、火属性の「スパークバグ」などが姿を現し、ポイズンバグ以外のこれらはそれぞれ人体に有害な該当属性のマナを孕んだ鱗粉をばら撒いて迎撃を行う。その外見や攻撃の都合上、近接戦闘を行う剣士にとっては文字通り鬱陶しい相手になり得るだろう。

種族
 魔物/蟲種

動かす上での注意点
・どの層でも沸きます。誰がなんと言おうと沸きます。(重要)
・好きに使い捨ててどうぞ。新米冒険者でも熟練冒険者でも等しく“鬱陶しい”と感じる魔物です。
・見た目は数cm程度の滅茶苦茶小さいのが幾体かの成して飛んでいるイメージです。

・名前の「◯◯」には「グラス」「ブリザード」「ロック」「スパーク」「ポイズン」が入ります。
 ポイズンバグ以外は有害なマナ散布、ポイズンバグは毒をばら撒きます。
 毒は解毒しない限り長く残留し、基本的に厄介とされるのはこのポイズンバグです。

作品
 七魂 クロニクルオブダンジョンメーカー

―――


名前
 コボルト

容姿
 狗の顔を持つ亜人種。装備はまちまち。

性格
 基本的には上下関係に極めて忠実で、仲間の為に死ぬまで戦う。
 また、個体個体同士が生活圏内の環での仲間意識が強い。意思疎通は不可能。

備考
 地下ダンジョン内に住み着いている狗の顔を持つ亜人型のモンスター。
 基本は剣と盾で武装しており、隊長格は「リーダーコボルト」、熟練した戦士は「コボルトストライカー」、更に強力な戦士は太陽のような文様の武具を纏った「シャインコボルト」として呼ばれる。基本的には集団でテリトリーを形成し、内部に入って来たものに対して激しく攻撃する傾向にある。また上下関係が強く、通常種のコボルト複数体とリーダーコボルト一体と言ったイメージで群れを成して行動することが多い。
 テリトリーとして精製した拠点内には彼らの武具や戦利品、資材などをため込むことが多く、浅層で良く長部屋のような場所にそうした拠点を作り上げる習性があるため、すこし探索に慣れて来た冒険者ならば踏み込み、素材を持ち帰ることも考慮できるだろう。何故なら時折彼ら自身も武具を製作することがあり、そうした武具は下手をすると人間製のものより優れている場合があるからだ。

種族
 魔物/亜人種

動かす上での注意点
・好きに使い捨てて下さい。そんな強くないです。
 ただしコボルトストライカーは“少し慣れた”程度の冒険者となら互角以上、
 シャインコボルトはそのコボルトストライカーを率いて戦うため、
 たとえ熟練した冒険者でも条件次第では互角以上に渡り合うことが出来ます。

・どの層でも沸きますが、基本は浅層のイメージです。
 深層ともなると、コボルトストライカーとシャインコボルトの出現率は跳ね上がります。

・仲間意識が強いため、基本的に5体以上15体未満程度のグループで哨戒部隊を編成しています。
・ただし拠点内にたくさんいるわけではなく、基本的には働き蟻しか居ない蟻のコロニーみたいなイメージです。

作品
 七魂 クロニクルオブダンジョンメーカー

―――


名前
 スケルトン

容姿
 基本的には骸骨そのもの。

性格
 基本的には存在せず、魔力を継ぎ込んだものの命令に従う。

備考
 死者が何らかの形で動き出したもの。
 基本的には蘇生を受けることなく、長く放置され白骨化した遺体などに何者かが魔力を継ぎ込むことによって生まれる。スケルトンには複数の種類が存在し、剣と盾で武装するスケルトンソルジャー、弓を持つスケルトンアーチャー、そのほかにも生前に装備していた武具や能力の一部などを残したまま活動するため、素体になった物の強さに応じて能力は変化する。
 ただし基本的には命令に従うだけの低級アンデッドであるため、さほど強力というわけではない。

種族
 魔物/アンデッド種

動かす上での注意点
・基本的には死神配下の亡者ですが、別に細かい括り付けず出しても問題ないです。
・原作ではビームを撃つスケルトンなんてものも居たので、どういう武器と能力持たせようが構いません。
・ただし知能は基本的にありません。おもちゃ。

作品
 悪魔城ドラキュラシリーズ

―――

名前
 ランススパイダー

容姿
 尻尾に巨大な毒針を持つ、全長数mほどに達する毒蜘蛛。
 紫色の甲殻を持ち、どちらかというと蠍と蜘蛛を足して二で割ったような外見。

備考
 ある程度の魔力の残滓が見られる場所などに住み着く魔物。
 主にダンジョンの閉鎖された一部屋、薄暗い倉庫などに巣を張り、その周辺をテリトリーとして行動する。餌は基本的に頓着せず、その図体から冒険者などに被害が出たこともある。外見以上にしぶとい上に針の一撃はどれだけ高い防御力を有していようがお構いなく刺し貫く威力を備えているが、巣の周辺からは滅多に動こうとしないという欠点が存在するため、それを知っているかいないかで対処難易度が別れる。なおいずれの場合であっても近接戦闘をせざるを得ない場合、真っ向からの打ち合いはその耐久力と打撃力の高さからリスクが高い。
 主な攻撃手段はその巨大な毒針、および無数の足と口元の牙。
 近接戦闘しかせず、動きはやや緩慢ながら、その打撃力の高さは前述したとおり定評がある。

種族
 魔物/蟲種

動かす上での注意点
・それなりに強めの扱いですが、かませ犬程度に扱っても構いません。ご自由にどうぞ。
・深層10F以上、かつ狭い路地や倉庫などに巣を貼り、そこをテリトリーとします。
・なんでも食べます。(重要)

作品
 七魂 クロニクルオブダンジョンメーカー

【ガルルガの登場時に他NPCをお借りした時に微妙に罪悪感が出て来たので、とりあえず此方側からも適当にかませに出来る三種+そこそこ強いけどかませに出来る一種を配置しようと思います。
 審査のほどをよろしくお願いします】

【あと、なるべくならばクエスト素材に出来そうなやつも増やしたいなとか思ったり】

1年前 No.56

参加希望 @zero45 ★afJTqhL5Q9_Nu2


【参加希望です。プロフィール完成までやや時間がかかると思われますので、以下3キャラの予約をお願いしたいです】
・オボロ(うたわれるもの)
・ラオデキヤ・ジュデッカ・ゴッツォ(スーパーロボット大戦α)
・イーグレット・ウルズ(スーパーロボット大戦α外伝)

1年前 No.57

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

【早速ですがクエストをいくつか提供させて頂きます。クエストがないとダンジョンみんな潜んないからね。】


=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:鹿狩りの季節
依頼人:村の食堂
内容:ダンジョンで採れる鹿肉の在庫が少なくなって来た。悪いが狩ってきてくれや。おっと、雑魚じゃなくて大物の鹿だけだぜ!
達成条件:狂える角鹿を討伐して『巨大鹿の腹肉』を獲得し、酒場に納品する。
報酬:金貨5枚

=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:ドクターの毒研究
依頼人:解毒剤博士
内容:ダンジョンにはあらゆる毒があり、冒険者の行く手を阻む。そんな毒を制するモノは毒! と言うわけでダンジョンからいくつか毒物のサンプルを持ってきてもらいたい。
達成条件:ダンジョンから毒性のマテリアルを獲得して酒場に納品。納品した種類の多さで報酬が最大5倍になる。
報酬:(1〜3種)金貨2枚(4〜6種)金貨4枚(7〜9種)金貨6枚(10種)金貨8枚
特殊条件:【イャンガルルガ】から『黒狼鳥の尻尾』を持ってきた場合、報酬に更に金貨10枚追加。

1年前 No.58

参加希望 @adgjmptw16 ★iPhone=FpP6IVnJ7h

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「スラお!ガンガンいくぜ!!!」

名前:クリオ
読み:くりお
性別:男
年齢:不明 見た目相応の年であることは確か。
容姿:髪の色は青。身長は少年な為当然低い。顔立ちに関してはショタコンからは可愛らしいという評価を受けている。 服装は頭には黄緑色の帽子を被り上半身には青いシャツその上に帽子と同じ色の服を着ている。首には白いマフラー。下はベージュのゆったりとした長ズボンであり茶色の靴を履いている。そして肩から下げるバックをしておりこの中に冒険に使う道具などを入れている。なお服装に関してはクリオ自身が勇者の衣装として作ったもので全て手作りである。
性格: 単純な性格であり当社はモンスターマスターに否定的だったがタイジュに来たのに、モンスターマスターにかっこいい所を魅せられただけでモンスターマスターを目指すようになったり、冒険をしたいから。 調子に乗りやすくそれにより怒りを買ってしまう事もある。そして良くも悪くもお気楽で直感的なところもあり結果的にそれが功を奏す事も。なかなかウブな所がありそれが原因で風邪が悪化したことも。わりとちゃっかりした所も
備考:一人称「俺」
タイジュの国と呼ばれる巨大な木の王国に住むモンスターマスターの少年。タイジュの中に存在する旅の扉と呼ばれる物を通り抜けることで別世界や異世界に移動することができる。これにより何処かの異世界においては別の世界のテリーと闘ったことも。
モンスターマスターの能力なのかは不明だが魔物の言葉を理解して会話可能。これにより魔物を仲間にすることが出来るようになる。それ以外に特殊能力などはなく、モンスターマスターの戦闘手段は仲間の魔物である。統率は当初は低かったものの旅の中で成長しており、ロトの血を引くものやローレシア王子に指示をしてほしいと言われるほどである。が突然の不意打ちなどには対応は流石に出来ない。育成能力に関しても高く育てるのが難しいとされるスライム族をしっかりと育てている。そしてテリーですら出来なかったクリオしか出来ないこととして仲間モンスターの力を引き出すことが出来るらしく、スラお曰く力が湧いてくる。手先が器用であり、戦闘中に則席で罠を作ったり出来る。
一応装備として竜王の杖にそっくりな物を持ってるが、これには邪の波動と呼ばれる物をを探知する機能を持ち、同時にマホカンタ(魔法反射)の機能を備えている。ちなみにクリオ本人からの評価は悪い。
このスレにおいては旅の扉を抜けてやって来たモンスターマスター。 新しい世界にはワクワクしながら旅をするつもりでありその中でダンジョンの話を聞き、今回の主に当たる何かがいるかもという事でダンジョンに向かうことに。
ただワルぼうの仕業によりスラおしか連れてこれておれず、次会った時にはぶん殴る予定らしい。
種族:人間
職業:モンスターマスター(略してM・M)
作品:ドラゴンクエストモンスターズ+

=プロフィール(地下/魔物側)=

「エボルシャス!!!」

名前:スラお
読み:すらお
性別:雄
年齢:不明
容姿:青い雫のような見た目に目と口が付いている。
性格:江戸っ子気質であり本人曰くそこらのスライムとは鍛え方も根性も違うらしいが事実そうであり、テリーにただ会いたいという意思で邪の波動と呼ばれる物に飲まれずにただ一匹耐え抜くほど。クリオ以上の短気である。そして元々の気性からガラの悪い奴とか人間性に多少問題があるとか言われたことがある。食いしん坊であり、クリオによく高級な食べ物や水などを要求するが、却下される。余談ながらスライムが舐められるということに関してある程度なら耐えれるがあまりに酷ければキレる。
備考:一人称「オイラ」
クリオが一番最初に仲間にしたモンスター。自称血統一直線チャキチャキのまじりっけ無しのスライムでい。とのこと。元々はテリーという魔物使いのモンスターだったが、様々理由からテリーに再び会うためにクリオの仲間になる。クリオとの中は初期の頃は最悪だったが後に良好なる。ただ仲良くなったきっかけからなのか喧嘩友達的な所も。
戦闘経験はテリーそしてクリオと二人のマスターと長い間旅してきただけはあり、レベルに換算すると120レベル程である。(スラお本人のレベル限界は30。)それだけの戦闘経験により獲得した観察眼やりゅうおうからバカチカラと称される力や自身への特攻攻撃と更にいくつか攻撃食らっても耐えきるほどの異常なまでの耐久力などがある。

技及び魔法
ベギラマ(ベギラゴン)
火炎放射系呪文。スラおの使うそれはドラゴン程の巨体を吹っ飛ばす程の火力を持ち、クリオによって力を引き出された際にはりゅうおうの放つベギラゴンと相殺するほどの力を見せた。がベギラゴンに関しては一時的なもの。

エボルシャス
死んでしまったスラおが魔霊界と呼ばれる場所で教えられた奥義。師匠となった魔霊界の番人曰くドラゴラムやモシャスとは次元の異なりマダンテを超越する技であり、パルプンテと並ぶ超超高度不可制御魔法。人間が習得したという記録はなく、己の思い描く最強のイメージやこうありたいという気持ちが必要である。 発動した際の効果はスラお自身が褐色の肌をしたロトの勇者に似た青年になる。この状態になったスラおは極限状態の勇者の力を会得する。
使用後は元のスライムの姿になりスラおの体力と魔力が1になる為、一回の戦闘どころか回復手段がないと一度の冒険でしか使えない切り札である。

スラおジャスティスアッパー
人型サイズの大きさの拳に変態し、対象をぶん殴る技。スラおの新しい技だがクリオ曰くようは体当たり。

余談ながら昔はマダンテが使えたらしいが忘れたので使えなくなった。

このスレにおいてクリオと同じ経緯でやって来た。街中を歩く際には変な目で見られている。

種族:スライム
冒険者への友好度:高い(仲間になってるため)
作品:ドラゴンクエストシリーズ及びドラゴンクエストモンスターズ+

【参加希望です。審査よろしくお願いします。】

1年前 No.59

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

【此方も一つロケーション追加依頼をば。と言うか自キャラ用のロケーションですが。】

☆村外れの農場
レストの農場。農地の広さはそこまででも無く、十分ちょっとで一回り出来る。
人はレストしか働いておらず、代わりにモンスターが農作業を行っている。外から来た人間の中にはその光景を不気味がる者もいる様だ。
作物や花の直売所(基本人はいないが此処もモンスターが店員をやっており、盗人が出ないか常時監視している)の他、レストの自宅では趣味で作った特殊な効果のある武具やアクセサリの製作が行われている。

1年前 No.60

リレイラ @rireiramus ★iPad=UnvepQIZoG

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.61

年若き博士 @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=rX7jX9cjPW

【こちらもクエスト発動! 参加したいという方は大通り(承認されればグライス研究所前)にキャラクターを動かしていただけるとスムーズです!】

=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:遺構の調査[序]
依頼人:年若き研究員
内容:地下ダンジョンに魔物素材の採取を兼ねて、近々調査に向かう。腕に自信のある冒険者は、ぜひ私の調査に同行していただきたい。報酬は、我々が独自開発した製品化前の武具となる。必ず冒険の助けになってくれるはずだ。
達成条件:地下ダンジョン10層までの探索に同行(11層以上で追加報酬発生)
報酬:プロトシールド
☆ 防具:プロトシールド
 グライス研究所が開発した、小型の超軽量シールド発生装置。任意の位置に装着することで起動する。使用者が死角からの攻撃などを受けた際に、脳波の乱れを感知して自動的にエネルギー障壁を発生させる。
 一回発動すると再使用には1時間のクールタイムが必要。なお、充電には生体電気を応用しているため、活発に動いている場合は通常より速く《自キャラのみで5レス行動》再使用が可能となる。

追加報酬:ダンジョン内で採取した素材により変動

【何か装備に関する質問があればお聞かせください!】

1年前 No.62

参加希望 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

【参加を希望します、審査よろしくお願いします】



=プロフィール(地上/冒険者側)=



「悪いが読書中だ、用なら後にーー何、新茶だと……暫し待て、茶菓子を用意する」


「では、ダンジョンに潜るが……装備は揃えたか?入る前に一度確認する事を勧める。途中で倒れられては面倒なのでな」


「ーーお前は私の友を傷つけた、殺す理由などそれで充分だ…!」


名前:ダーヴィド

読み:ー

性別:男性

年齢:不詳

容姿:人間時は、筋骨隆々とした成人男性。肩まで届く黒髪、瞳の色は澄み通った金。

本性は、背中から蝙蝠に似た翼を生やした黒い竜。人間時と同じく筋骨隆々とした体躯、頭部には後ろに伸びた二本の角が生えている。

性格:基本的に寡黙で思慮深いが、好奇心に負けて後先考えず行動することも。あと、割と脳筋気味な面がある。厳格なように見えて、根は情に厚い激情家。よほどの極悪人でもない限りは寛容。


備考:クライン村の住人。歴史の古い吸血鬼の一種であり、分類は魔獣系吸血鬼。普段は人間の姿だが、本性を現すと竜の姿になる。一人称は「私」。

正体は隠しておらず、和洋折衷な工房付きの家に住んでいる。日中は客人用の茶葉や茶菓子を買う姿が見られる。夜は酒場や料亭にも顔を出す。


元々は大陸のとある国の出身であり、名無しの吸血鬼だった。初めて出来た人間の友人が考えてくれた名前を友情の証として名乗っている。

魔術道具や宝の蒐集、読書が趣味。所謂、コレクター。ただ、あくまで趣味なので目利きでは無い模様。


緑茶やほうじ茶を愛飲しており、茶葉の香りがする人間の血を好む。単に血を吸うのみなら吸血鬼化はしない。無闇に同族を増やさないように心掛けている。


昔の吸血鬼であるためか、対象に触れて吸血する手段を取っている。最近は創作の知識を得て、「若者風のやり方」として首筋から吸血することを覚えた



趣味の過程で会得した魔術を活かす為、副業として魔術師となる。罠を仕込みつつ、有り余る魔力量と魔術による火力で仕留める戦法を好む。


術は詠唱ではなく「撃て(魔力弾)」「守れ(障壁展開)」と命令で発動、更に細かい設定をしたり、言葉を話せない状況では思考する事で発動する。本人曰く「長ったらしい詠唱中に仲間が怪我をしたら困る(意訳)」とのこと。



簡単な蘇生術として、魂をひっ捕まえて体に戻して蘇生する「活生術(かっせいじゅつ)」が使える。大陸の東洋に伝わる「JYU-JITU(ジュージツ)」の蘇生法の応用らしい。


ーー実は普通に殴った方が強いため、最終的には素手になる。


本来の姿では、衝撃波を帯びた咆哮や純粋な力による攻撃を多用。巨体に似合わず俊敏に動き、魔術によるサポートも行う。


魔術に関しては趣味を兼ねてとはいえ日々学んでおり、知識を吸収して新しい術を覚えている。

弱点は日光や流水であり、不死身では無い。あくまで不死身では無いかと思われる程度に頑丈でしぶといだけ。自ら盾になり行くので死ぬ時は死ぬ。


日光が苦手な為、外出時は日光を吸収する特殊なローブを羽織る。このローブは一言で現すなら「超薄型ソーラーパネル」であり、蓄えた日光を解放することで光に弱い魔物への特効兵装と化す。なお、ダンジョン内で使用した場合、地上に戻るまで使えない。事実上、戦闘では一度限りの緊急手段となる。



地下の魔物については研究対象兼非常食と見ているが、見逃す代わりに情報を要求することもある。



奇跡の泉に関しては、食欲混じりの好奇心を抱いた研究対象と見ている。



誰かと組む場合はサポートに回り、携帯食料や応急薬や飲料水などを用意したりと甲斐甲斐しく接する。必要とあらばパーティの盾となり、拳を振るって破壊槌となる。



種族:魔獣系吸血鬼(竜型)

職業:冒険家兼魔術師

作品:オリジナル(参考元はルーマニアの民間伝承)

1年前 No.63

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【さっそくの多くのクエスト、ありがとうございます!
 クエストは特に主の審査を通す必要はありませんので(一応何かあればお声掛けするかもしれませんが)、どうぞお気軽にご提出ください】

>ALL本体さま



【ロケーションのリクエストを受け付けました、ありがとうございます】

>年若き博士さま、ハールさま

【プロフィールの変更を認証しました、特に問題はありません】

>Rayさま

【NPCの登録を認証しました、多くの登録ありがとうございます】

>ボブさま

【参加ありがとうございます!キャラクターの予約を了解しました。
 期限は一週間ですのでそれまでにプロフィールの提出をお願いします、それより長引く場合は再度お声掛けください】

>参加希望さま( >>57

【参加ありがとうございます!プロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>参加希望さま( >>59 )、参加希望さま( >>63

【予約されていたキャラクターのプロフィールを認証しました。残りのキャラクターも楽しみにお待ちしています】

>リレイラさま

1年前 No.64

リレイラ @rireiramus ★iPad=QJLFOcxrRa

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.65

機の律動 @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=mQLWgs20qC

=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:イレギュラーバウンド
依頼人:傷だらけの新米冒険者
内容:なんなんだよアイツら!魔物のクセして体は鉄だし、俺自慢の剣が全く通らなかった!しまいにはレーザーまで撃ってくるし……。あんなのがいるんじゃダンジョンなんて行けねぇよ!報酬はちゃんと用意したから、誰かアイツらを木っ端微塵にしてくれ!!
達成条件:1.主に地下ダンジョン1層〜10層に生息するいずれかの機神兵を5体討伐
2.ドロップ[古びた機界部品・小、中、大]を合計5個ギルドに納品
報酬:金貨5枚
備考:クエスト受注をしていなくとも、達成条件を満たせば報酬が支払われる。

1年前 No.66

ボブ @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★SKGC1pYrJC_Nu2

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.67

絞首台の小人 @tukuyomi07☆2nDyzvx51us ★3aNoMW8gGM_6h7

=プロフィール(地下/魔物側)=
「絶対”なんとかなる ”ッ!」
名前:菜々実なる
読み:ななみ―
性別:女性
年齢:外見16〜18(実年齢不明)
容姿:桃色の髪を結わえており、白の花弁の髪留めを付けている。服装はハーフカップのタイトドレス調の衣装で、下はスカート。
性格:とにかくポジティブである。「なんとかなる」を信条とし、ポジティブであるが故に時折突拍子もない行動に出たりなどして周囲を振り回しがちな印象がある。個人的には自分以上のポジティブ気質に対して強い興味を抱くようになっており、観察対象とする。
備考:絞首台の小人(アルラウネ)の化身。“幻ビト<イデア>”。
与えられた時間を趣味と目的に費やす情熱家。自作厨二小説を執筆するのが生きがいで、一度書きだすと時間を忘れて没頭してしまう。また、極度に厨二病を拗らせており言動はしばしばそちらに引っ張られる。人間社会に溶け込もうとはせず、食い扶持を稼ぐ為に露天占いを開き、ひっそりと一人旅を続けている。

 ギロチンスクリーム
【夜宴交響曲】
 "音"を操作する<異能(デュナミス>を操るための媒体にする幻創(アーティファクト)。
 蔦の絡まったような形状の片手剣。
 振動の領域では相手に剣に纏わせた音を叩き込んで破砕、並びに周囲に音を拡散させ敵の位置や隙を把握。並びに鼓膜に直接衝撃を叩き込む音を奏でることによる敵の鼓膜の粉砕といったことが可能。極限まで調整すれば周囲一帯を震動させることも出来る。
 音の領域でも秀でており、一定階層の音を支配することによる無音化、更に自身から発っせられる呼吸音や心音の全てを掌握して無音にすることによる死亡の偽装。
 これらといったように非常に応用が利く幻創(アーティファクト)である。

※当スレにおいて※
 幻ビト(イデア)と呼ばれる既存の魔物が変質し、より人間に近い姿をとった存在、というより生殖機能がない以外は全て人間。
 地上の文化、それも「創作」に興味を持った結果度の付く厨二病になりダンジョン内に自室を構えてはさらさらと執筆している。
 時折こっそりダンジョンから抜け出しては食い扶持を稼ぐために付近で露天占いを開いている。地下でも一応開きはしたようだが、流石に人蛾より付かないという悲しい目に合ったため地上に営業をシフトしたようだ。
 というより金がなければ原稿用紙も買えないし出版も出来ないため。

 <奇跡の泉>に関しては現状は興味はゼロ。
 ただし護衛依頼があれば仲間になる位にはちょろい。

種族:幻ビト(アルラウネ)
冒険者への友好度:高い(地上に出てきて堂々と占い中/同族を無闇に虐殺するにつれて減少していく)
作品:幻創のイデア

【参加希望です。多少無茶があるような設定ですが審査お願いします】

1年前 No.68

Ray @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.69

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

=プロフィール(NPC)=

名前:グリッター
読み:―
性別:不明
年齢:不明
容姿:全身漆黒色で、鰐の様な頭部にずんぐりとした人の胴体の魔物。個体によって差はあるが、ほぼ全ての個体が鎧や装束を身に纏っている。

備考:ダンジョンのほぼ全域に生息するモンスター。人型以外のモンスターの中では特に高い知性を持ち、金属を加工して武器や防具を作る技術を持つ。また、基本的に一個体で行動する事は無く、ある程度の実力を持った個体は統率の取れた行動を執る様になるため、戦闘能力はかなり高い。
その技術水準、戦術水準は人間と差は無いと言えるだろう。現状、ダンジョン内でも特に今後の動向に注視すべき種族。
かなり浅い階層からいるが、一体でもボコブリンやコボルト等とは比べ物にならないほど強いばかりか、単体行動はまずしないため冒険を始めたばかりの新米にとっての鬼門になっている。

一方で現在地上の技術では製作不可能な武具を持っている事もあるため、強力かつユニークな武具を求める腕利きの冒険者からは是非とも出会いたい対象とされている。
地上の武具店や一部の商会でも、グリッターの武具は調査対象として人気があるので好んで引き取られる。

武装や能力によって分類が分けられている。以下はその一例。これ以外にも、固有の名前を持つ個体が存在する様だ。

・グリッターランサー
長槍を携えたグリッター。軽々と槍を振り回すため接近しづらく、突撃も非常に厄介。

・グリッターシールドマン
全身を覆い隠すほどの大きな盾を携えたグリッター。反応が機敏で中々攻撃を通しにくい。
アーチャーと共にいると非常に厄介で、アーチャーを守る様に動いてくる。

・グリッターアーチャー
弓を携えたグリッター。俊敏に逃げ回りながら矢を射って来るので大変鬱陶しい。

・グリッターハンマー
巨大な鎚を携えたグリッター。一撃の重さは他の個体の比では無く、なるべくなら出会いたく無い相手。


種族:モンスター

動かす上での注意点:言語を持たないため喋らないが、ほぼ確実に群れで行動する。
5F以降の全階に登場。20F以降に登場するものは、軍隊の様に統率の取れた行動を行う。
武具は撃破時に獲得可能で、階層に見合った性能、価値の物をドロップする。

作品:エルソード


=プロフィール(NPC)=

名前:ダークエルフ
読み:―
性別:女
年齢:不明
容姿:薄い灰色の髪に真っ黒な肌の人型のモンスター。

備考:クロエに率いられて冒険者や他の魔物を襲う盗賊。彼女の指揮下から離れ、小隊で冒険者を襲う者もいる。
元は地上で暮らしていた者達だが、何らかの要因によって地下ダンジョンへと移住した様だ。
弓やナイフの他、蹴り技等で戦闘を行う。クロエに比べれば雑魚同然とは言え、一人でボコブリン数体は軽々と倒せる実力の持ち主ばかりのため、油断は禁物。
クロエは冒険者を生かして帰さないが、ダークエルフ達は武器や金目の物、食料等を差し出せば命までは取らない事が殆どである。ただし、クロエの指揮下では死ぬまで攻撃してくる。


種族:モンスター
動かす上での注意点:一応喋れます。個人行動は殆どせず、集団で冒険者や他種族の魔物を襲います。
作品:エルソード

【雑魚敵追加です。仲良く使ってね。】

1年前 No.70

まんぐる @sable ★gJN2ImybZg_yFt

【NPCの追加をお願いしたいです。】

>主様

「グァーッ!」

名前:バーゴイル
読み:ばーごいる
性別:不明
年齢:不明
容姿:一般的なガーゴイルの見た目に加え、金色のクチバシと鋭い爪を持つ。背中に生やした大きな羽根は赤と黒で彩られていて禍々しい印象を与える。また目は細く吊り上がっており、赤く光っているため白目や黒目の判別はつかない。
性格:非常に攻撃的。プレイヤーが攻撃宣言を行った際はセリフ欄の咆哮と共に勢いよく飛び立ち、相手プレイヤーに躊躇なく爪を振り下ろした。
備考:トレーディングカードゲーム「バトルスピリッツ」にて登場したカード。アニメ版に於いて群れを成して主人公たちに襲い掛かるネタ風味の強いカットがある。なお原作の位置づけとしてはスピリット(デュエマでいうクリーチャー、遊戯王でいうモンスター)を超える究極の存在・「アルティメット」なので、小型ながらアニメでの演出は優遇されており、耐久力もずば抜けている。

当スレではただのモブモンスターとして地下ダンジョンの1〜19階に生息。暗がりから数匹の群れで冒険者に襲い掛かるが、個々の戦闘力は全く以て取るに足らないレベル。それでもダンジョン下層に進むに連れて強靭さが増す傾向にあり、特に10階以降のバーゴイルは数もパワーも倍以上。彼らの棲家には侮ってかかった冒険者の骨が転がっている。
種族:アルティメット(?)
動かす上での注意点:特にありません。好きに動かしていただいて結構です
作品:バトルスピリッツ

1年前 No.71

グリーヴァ @arthur ★iPhone=ffAZdlB8Gj

=プロフィール(地下/魔物側)=
「この夜遅くまで遊んでる堕落した女がァーッ!!」

名前:ジャック・ザ・リパー
読み:ーーー
性別:男
年齢:不明
容姿:彫りの深い、引き締まった顔立ちで、眉根に刻まれた皺は顔全体の力強さを濃くする。殺意を剥き出しにした時は眉根のみならず、目尻や額にも傷に似た深い皺が刻まれ、鋭い犬歯と相まって凶悪な印象を見る者に与える。短い髪を後頭部へと流し、顔の輪郭と口元は縮れた黒髭が囲っている。厚い胸板を持った筋肉質な身体つきで、黒いズボンとブーツのみを纏い、上半身を惜しげもなく晒している。
性格:強い残虐性と異常性のある性格。刃物で何かを切り刻む事こそが生き甲斐で、屍生人となってからは殺害した馬の死体に潜り込んだり、自らの頬にメスを突き刺して反対側まで貫通させるなど、生前以上に異様な振る舞いが目立った。一方で凶暴ながらも頭は回るようで、第一に敵の退路を塞いだり、暗闇に敵を誘い出して奇襲を仕掛けるなど、狡猾さも垣間見せた。
備考:ジョジョの奇妙な冒険の登場人物で、かの有名な切り裂きジャックその人である。幸せそうにしている女性に怒りを感じていた事から犯行に及んでおり、最後の被害者に手を掛けたところで、ディオに出くわし、以後は屍生人として彼の僕となる。その残虐性においては、主人公であるジョナサンやスピードワゴンの背筋を冷たくさせた。
屍生人なので高い身体能力と生命力を有しており、太陽光や波紋など以外では致命的なダメージとはなり得ない。
奇怪な形状をしたメスによる斬撃が通常の攻撃手段で、ジャック自身の技量もあるのだろうが、馬の首を削ぎ落とせるほど鋭利なものである。身体の内部にこのメスを大量に埋め込んでおり、筋肉の収縮によって四方八方に射出する事が出来る。
また肋骨にも似た奇妙な形状の巨大な武器も使っており、ハサミのように対象を挟み込んでバラバラにする事が可能で、作中では太い柱をまるでダルマ落としのような形状に変えてしまった。
このスレにおいては、DIOの配下として登場。浅層を中心に徘徊しており、冒険者を惨殺してはその血を啜っている。また主人であるDIOの指示で、冒険者を生きたまま持って帰ることもあり、その場合は主君と共に吸血あるいは斬殺を楽しんでいる。
辛うじて生き返った者もおり、一刻も早い討伐が望まれているが、彼に挑んだ者は今の所虚しくその糧になっている。
種族:屍生人
冒険者への友好度:低い
作品:ジョジョの奇妙な冒険 part1 ファントムブラッド

1年前 No.72

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【予約されていたキャラクターのプロフィールを認証しました!
 特に問題はありません、そちらのキャラもメインへどうぞ】

>リレイラさま

【NPCキャラクターの追加を了承しました、正直かなり助かるのでありがたいです………!】

>ボブさま、Rayさま、ハールさま、まんぐるさま

【参加ありがとうございます! プロフィールを認証しました、問題はありませんのでメインへどうぞ】

>絞首台の小人さま

【追加キャラクターのプロフィールを認証しました!】

>グリーヴァさま

1年前 No.73

コーデリア @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「こーいうのはよ…母ちゃんの目ぇ盗んでコツコツレベル上げるから楽しーンだよ…」
名前:奈良シカダイ
読み:なら―
性別:男
年齢:12歳
容姿:黒髪を上の方で結んでおり、服装は白い上着に黒いアンダーシャツ。目の色は深緑。
性格:父親譲りの面倒くさがり。
備考:ゲーム好きで、趣味は昼寝。ボルトといのじんの親友(?)。
   母・テマリに叱られて冒険の旅に放り出された。
種族:人間
職業:忍者
作品:BORUTO:NARUTO NEXT GENERATIONS

【入っていいでしょうか? 不備等あれば遠慮無く言って下さい;;>主様

1年前 No.74

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【参加ありがとうございます! プロフィールに問題はありません、メイン記事へどうぞ】

>コーデリアさま

1年前 No.75

コーデリア @banri10☆zWcjTWeBB72 ★gDeLPFgOSD_mgE

【いえいえ^^ 非似かもですがよろしくです。>主様

1年前 No.76

凪よりの使者 @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=pIa72lh94Z

=プロフィール(地下/敵対NPC)=
名前:ボム,アイスボム,サンダーボム
読み:-
性別:不詳
容姿;それぞれ、燃え盛る赤き炎、凍てつく白き氷、痺れる紫の電気を圧縮したような球体に、ジャック・オー・ランタンの鋭くつり上がった瞳と口が張り付いたような顔をしている。通常時は成人男性より一回り小さい程度の大きさだが、少しずつ巨大化するため、最終的には成人男性を優に超すサイズとなる。常に浮遊する身体は流動するエネルギーで構成されており、その在り方は不定形。
備考:“シガイ”と呼ばれる、暗闇に出没する危険な魔物の一種。目に付いた物は全て敵と見做し、たとえ他の魔物相手でも攻撃をするという凶暴性を持つ。主な攻撃は、高速突進からの噛みつきと自爆攻撃の二種類。最大限膨らんだ後に大爆発を起こす自爆は特に危険度が高く、直撃しようものならほぼ確実に瀕死は避けられない。が、爆発寸前で他の魔物に向けて弾き飛ばせば攻撃にも転用できる。また、膨張は攻撃で封じられるので決着は一気に着けるべき。
 シガイの特性として、強力な光で弱体化する。太陽光ならダメージも受ける。
種族:魔物/ボム系
動かす上での注意点:当然ながら、自爆すると消滅します。
作品:FINAL FANTASY ]X(ファイナルファンタジーシリーズ)

=プロフィール(地下/敵対NPC)=
名前:グレネード,テルミット,シュラプネル
読み:-
性別:不詳
容姿;ボム,アイスボム,サンダーボムの後頭部(?)に棘のような何かが数本生えた姿。サイズは然程変わっていないが、最大膨張時のサイズは更に大きくなっている。
備考:それぞれ、ボム,アイスボム,サンダーボムの上位互換であるシガイ。下位種の使う噛みつきと自爆に加え、各種属性を宿したブレスも吐くようになっている。どれもダメージが増えて厄介さが増しているが、最大の脅威は自爆の特性追加にある。これらは自爆しても消滅しないどころか、同時に自らの下位種を三体産み出してしまう。放置するとまた膨張して爆発、新たなボムを産み出すので、攻撃への転用もすべきではない。幸い親玉を潰せば産まれたボムも消滅するので、自爆前にさっさと消滅させよう。
 下位種とは違い冒険者のみを積極的に攻撃してくるので、他の魔物と同時に出現すると恐ろしく厄介である。
 シガイの特性として、強力な光で弱体化する。太陽光ならダメージも受ける。
種族:魔物/ボム系
動かす上での注意点:自爆するとむしろ増えます。出現エリアは5層以降、雑魚敵としては10層以降で動かして下さい。
作品:FINAL FANTASY ]X(ファイナルファンタジーシリーズ)

1年前 No.77

海王星 @recruit ★0fKR6AbOdF_M0e

=プロフィール(NPC)=

名前:グリムキャット
読み:─
性別:なし
年齢:なし
備考:

原典においては元街道エリアに登場する「メルヒェン」。
キャットという名前が示す通り、外見のモチーフは猫だが、凶悪な面構えをしていて、垣間見える牙は尖り、内左右端の二本はさながら氷柱の如く。
巨大化した体躯と、比例して鋭くなった爪は人を害するには充分過ぎる程の物で、背中から尾にかけては金属状の物で覆われていて、尾の先は針のような物が付属している。

当スレではダンジョンの浅層に棲み付いているモンスター。敵対する存在に対してはその爪と牙とで襲い掛かって来る。
ちなみにレベルでいうなら"2"相当。

種族:猫(?)
動かす上での注意点:特になし。原典における序盤登場のモンスターなので、すぱっと倒して頂いて大丈夫です。
作品:神獄塔メアリスケルター


=プロフィール(NPC)=

名前:アザール、ガッツグ、ブンドル
読み:─
性別:なし
年齢:不明
容姿:↓
性格:↓
備考:

原典においてはムサボルデスの生み出す戦闘兵。特徴としてはどの個体も身体の何処かに巨大な目玉が付いていて、体色は紫か、それに近い色をしている。

"アザール"はもっとも大量に存在する個体。首に相当する箇所が存在せず、胸部には赤い目玉が付属。屍人の如き不気味な動きで以て近付き、肥大化した平手で敵を殴り付ける。一体一体ならば大した事はないが、集団での行動が基本であるため、油断は禁物。
"ガッツグ"は戦闘兵の中でも行動隊長のような役割を担う個体で、尤も人型に近い。手には得物として薙刀状の武器を持ち、これを自在に振るって攻撃を繰り出す。顔に相当する部分にはアザールの胸部同様の赤い目玉が付いている。
"ブンドル"は二体と比較して大型で、見かけ通りの怪力と強固さを持った個体。アザールタイプが巨体化したような姿で、胸部には赤い目玉が。

当スレッドでは浅層に現れるモンスター。
その容姿から「赤目」と呼ばれ、冒険者に襲い掛かる。人に近い形をしているが、人並の知性があるかは不明。
深層にはこれらの上位体が存在し、体色が白に変わり、能力も強化されている。

種族:不明(負の思念?)
動かす上での注意点:特になし
作品:スーパーヒーロージェネレーション


【腹黒魔法少女の使役枠も兼ねて( 追加を希望します。審査、御願いします。】

1年前 No.78

Ray @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:無法者の討伐
依頼人:命からがら逃れた冒険者
内容:残忍な奴らってのは聞いてたけど、まさかここまで厄介な奴等だったなんてな!
ダンジョン中に巣くってるレイダーとスーパーミュータントの集団に襲撃されたんだ。そのときは何とか逃げ帰ってこれたが素材を全て奪われちまった!思い出しただけで腹が立つぜ!誰か俺に代わってあいつらに鉄槌を下してやってくれ!
達成条件:レイダー5人とスーパーミュータント3体の討伐
(特殊目標)
【冒険者の装備袋】を入手する。
報酬:金貨5枚。特殊目標達成で金貨3枚。

=依頼・クエスト用テンプレート=
クエスト名:珍味?肉の納品
依頼人:珍味好きの男
内容:なんでもあの地下ダンジョンには食することができるほどに大きなアリが生息しているとか。そこであなた方には私に代わって巨大アリの肉を調達してもらいたいのです!
報酬は私お手製のアリ肉の料理を…というのは冗談で、金貨3枚を差し上げます!
達成条件:【アリの肉】を5個入手。
報酬:金貨3枚

【NPCも増えてきたのでクエストを投下します。】

1年前 No.79

多意夢 @libragreen ★iPhone=zg5B1lRAWE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.80

ボブ @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★SKGC1pYrJC_lU1

【諸事情で少なくとも今日は返信、特に戦闘ロール中のガルルガは遅れそうです。】
【もう少しだけお待ちください。ご迷惑をおかけします<(_ _)>】

1年前 No.81

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【NPCキャラクターの追加を認証しました、プロフィールに問題はありません】

>凪よりの使者さま、海王星さま

【参加ありがとうございます!プロフィールに問題はありません、メイン記事へどうぞ】

>多意夢さま

1年前 No.82

黒い風 @mistnack ★Android=ldoMEtsoXz

【了解しました〜。こちら一対一で急ぐ理由もありませんし、都合の良いタイミングで投稿して頂ければと思います。】

>>ボブ様

1年前 No.83

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【ロケーション一覧を作り直しました。この他に追加してほしいものがあれば引き続きリクエストを受け付けますのでお気軽にお声掛けください】

>ALL本体さま



◯ロケーション

レスを投下する際は【キャラ名/地下ダンジョン 3階】のようにロケーションの表記を推奨します。
細かいロケーションや他の国の設定などは各自自由に作っていただいて構いません。

★地上

☆クライン村

・噴水広場
・大通り
・商店街
・ギルド
・大掲示板
・図書館
・宿屋
・料亭
・酒場
・村役場
・教会
・船着場
・グライス研究所/武具販売所( >>54
・村外れの農場( >>60

☆海岸
☆灯台
☆草原
☆森林
☆山岳地帯
☆奇跡の神殿


★地下ダンジョン

地下30階まであり地下1〜10階までが浅層、地下20階以降が深層とされている。深層以降は難易度が格段に上がり、いわゆる魔王クラスの魔物も何体も生息しているようだ。そういった強力な力を持つ魔物たちは自身の縄張りとしてダンジョンを城のように改造したり固有結界を張ったりしているとかいないとか。
地下30階にW奇跡の泉Wがあるとされているが、地下29階に下りの階段はなく、謎を解くなり裏道を探すなりしないと泉には辿りつけないようである。

1年前 No.84

参加希望 @red055☆jS2w/BGPfuU ★i7P7rvKv3O_RZf


=プロフィール(地下/魔物側)=
「イーガ団の…総長…強く!たくましい男!それがこの俺っ!コーガ様だ!」
名前:コーガ様
読み:―――さま
性別:男性
年齢:不明
容姿:中肉中背の男。殿様のようなチョンマゲを持ち、全身を赤いスーツで包む。その上に最低限の装備とエリマキトカゲのような広い襟を持つ服を着る。装備のところどころには目玉の紋章が描かれている。顔は白い仮面で隠しており、コーガ様のものは両側に三本ツノがある。仮面の中央には装備にも描かれている目玉の紋章と、そこから上へ伸びる一本線、下には三つの三角模様が描かれている。
性格:イーガ団の総長と言う割にはコミカルな面を見せることが多い。物事がうまくいかないと地団駄を踏んで怒り出したりする割にはどこか律儀な面もある。ただ、自業自得でやられたのにリンクを「卑怯者」呼ばわりするなど、小悪党めいている。
備考:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織「イーガ団」の総長。イーガ団とは作中におけるラストボス・ガノンを信仰するシーカー族の集まりであり、共通してハイラル王家に恨みを持っている。シーカー族は高い技術を持ち、その技術で一万年前にガノンを封印することに成功した。しかし、その高い技術力が災いし、ハイラル王家によって追放されてしまう。追放後、平穏に暮らすシーカー族もいれば、ハイラル王家を恨みガノンを信仰するようになったシーカー族もいる。後者のシーカー族が集まり、イーガ団を結成したとされている。セリフから読み取るとイーガ団の総長は世代交代を行なっているようで、代々引き継ぐ奥義がある。戦闘後のセリフや、登場時に肩を回したり立ち上がるのに時間がかかるなど、年をとっているものと推測される。ちなみに、イーガ団共通の仮面に描かれている紋章はシーカー族の紋章を逆さまにしたもの。

戦闘では三つの形態がある。どれも姿が変わらないが、後になればなるほど威力の高い攻撃を行ってくる。第一形態では前方に氷の壁を貼りながら頭上に出現させた鉄球を発射してくる。発射するときに氷の壁が剥がれてしまうのが弱点。第二形態では、宙に浮かびながら第一形態同様前方に氷の壁を貼り、二つの鉄球を自身の周囲で時計回しに回転させながら発射してくる。回転させている時はやはり氷の壁が剥がれてしまう。第三形態では、宙に浮かびやはり前方に氷の壁を貼りながら鉄球を出現させる。だが第三形態の鉄球は第一形態のものと違い巨大な鉄球で、当たれば結構なダメージを負うだろう。ただ、巨大鉄球は非常に強い磁力を持っている。イーガ団幹部は手にした刀で即死級の攻撃をしてくるのにコーガ様はそれほど脅威ではない。年のせいだろうか。

地下ダンジョンにおいて中層付近にアジトを構えている。シーカー族はメビウス大陸のとある大国に住んでいたが、やはり高い技術力で追放されたという設定。その後、作品通りにシーカー族は二分され、大国は愚か大陸全土を敵視した者たちがイーガ団となった。地下ダンジョンに潜伏し、日夜W奇跡の泉Wを探している。W奇跡の泉Wを用いて、かつて厄災と言われた存在であるガノンを復活させようと目論んでいる。また、冒険者たちにW奇跡の泉Wを発見されないようにイーガ団を動かしている。イーガ団の名前はそれなりに知られているようだ。

種族:人間(シーカー族。人間に近い外観だが、耳が尖っているなどの違いがある)
冒険者への友好度:低い
作品:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

=プロフィール(NPC)=
「ははは!イーガ団の目を誤魔化せると思ったか!」
名前:イーガ団幹部
読み:―――だんかんぶ
性別:男性
年齢:不明
容姿:赤いスーツで全身を包んだ屈強な男。スーツの色と同じフードをかぶり、和風の装備をしている。顔は仮面で隠しており、目玉のような紋章が描かれている。
備考:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織「イーガ団」の幹部。主に、地下ダンジョン中層にあるアジト内を警備するために徘徊している。手にした風切り刀で敵を攻撃するが、非常に威力が高く、実質即死攻撃である。このため、イーガ団のアジトに潜入する際には彼らに見つからないようにしなくてはならない。発見した場合は三人ほどのイーガ団団員を口笛で呼ぶ。
イーガ団の強さというものを誇っており、見つかったあとに倒された場合は上記のセリフを言う。しかし意外なことに「バナナ」が大好物であり、バナナを見るとバナナがある方しか見なくなる。このときに背後から攻撃すると、なんと一撃で倒せる。また、イーガ団共通の能力として短いワープ能力を持つ。長距離移動ではできないが、戦闘の際に活用する。
倒すとバナナをドロップする。

種族:人間(シーカー族。人間に近い外観だが、耳が尖っているなどの違いがある)
動かす上での注意点:特になし
作品:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


=プロフィール(NPC)=
「お命頂戴する!」
名前:イーガ団団員
読み:―――だんだんいん
性別:不明
年齢:不明
容姿:赤いスーツで全身を包んだ細身の人間。スーツの色と同じフードをかぶり、和風の装備をしている。顔は仮面で隠しており、目玉のような紋章が描かれている。
備考:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織「イーガ団」の団員。主に、地下ダンジョン全体に登場する。基本的に冒険者に扮し、地下ダンジョンを攻略しに来た冒険者にイーガ団への勧誘を持ちかける。断られた場合は正体を表し、襲いかかってくる。
主に首切り刀を装備した個体と、弓と矢を使う弓兵の個体がいる。どちらもすばしっこく、イーガ団共通の能力の短いワープ能力を持っているので、なかなか侮れない。倒すとバナナと武器をドロップする。

種族:人間(シーカー族。人間に近い外観だが、耳が尖っているなどの違いがある)
動かす上での注意点:特になし
作品:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

【参加希望です、審査お願い致しますー】

1年前 No.85

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【参加ありがとうございます! プロフィールに問題はありませんので、メイン記事へどうぞ】

>参加希望さま

1年前 No.86

デタラメコンビ @adgjmptw16 ★iPhone=FpP6IVnJ7h

=プロフィール(地下/NPC)=
名前:アメボウズ
読み:あめぼうず
性別:不明
年齢:不明
容姿:半透明のデフォロメされた人型で、二つの岩のローラーに前は両手で後ろは足で乗っている。
備考:水中の城と呼ばれるダンジョンに突如として降ってくる何か。喋るどころか方向といったものすらないせずただ黙々と主人公達どころか原生生物やらダンジョンの仕掛けすら粉砕してダンジョン内を道なりに回る。がアメボウズ自体は道の真ん中を通る為、道の端っこによればローラーに巻き込まれることはない。ローラーの攻撃力は高く自身よりも大きい存在すら轢き殺すほど。ドルフィン初号機曰く目には見えるのにセンサーに反応がない。存在が次元に固定されていない。との事であり基本的に攻撃は無駄である。しかし凄まじく重い振動を与えることが出来れば実体化して動きが止まり一時的にだがダメージを与えることができ、この時ローラーを破壊する事で逃げ回るだけになる。余談ながら料理された報告もない。

このスレにおいては体長4mのダンジョン内に突然岩のローラーと共に落下してくる謎の生命体。目視と落下音や移動による音以外の方法では探知不能でありそもそもその特殊性から目撃件数自体が少なく、存在自体が幻覚や自然現象や心霊物質などの扱いされている。がダンジョン内ではこの存在が起こしたであろうローラーで踏み潰された原生生物やダンジョンの仕掛けなどがあり、この存在に襲われたという冒険者もいる。しかし現れたと思えば居なくなってる為、ここから幻覚等の説など現れている。
種族:不明
動かす上での注意点:喋りません。岩のローラーに乗って冒険者、魔物、NPC、ダンジョンのギミックを破壊しながら移動します。基本的には実体化させる以外では無敵です。出した後は好きなタイミングで消えさせても大丈夫です。登場する階については地下30階を除く全ての階に現れます。倒されると消滅します。
作品:ピクミン2

【追加希望です。大丈夫でしょうか?】

1年前 No.87

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【NPCキャラクターの追加を認証しました、プロフィールに問題はありません】

>デタラメコンビさま

1年前 No.88

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

=依頼・クエスト用テンプレート=

クエスト名 : 我々はグルメなので
依頼人 : コノハちゃん博士&ミミちゃん助手

内容 : 我々、料亭に毎日通っていたらさすがに食べ飽きてしまったのです。世の中にはとっても甘い、WすいーつWなるものがあると聞きました。必要な材料は我々がちょいと揃えてやるので、料理するのです。我々を満足させてみるのです。

達成条件 : 料理したすいーつを我々が食べて、おいしいと言えば合格なのですよ。
報酬 : としょかん秘蔵のダンジョン内の地図なのです。20階まで載ってるですよ。広いし魔物も多いのですいすいとまでは行きませんが、攻略はかなり楽になるに違いないのです。


【完全に主のキャラを投下するタイミングを逃してしまったので、クエストを投下。参加者は一人でも2〜3人でも大丈夫です、お気軽にご参加ください】

1年前 No.89

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

>>89 のクエストはコーデリアさまが受注してくれました、改めてありがとうございます!
 あと一人二人くらいは引き続き参加者を募集するので、ぜひお気軽にお声掛けください。
 報酬は全員分に配布しますが、料理対決とかしてみても面白いかも……? 途中参戦も大歓迎です。

 また、記事メモに現在参加者募集中のクエストを一覧にしましたが、このクエストは募集締め切ったよ、
 このクエストはもう参加してるよ、などのことがあれば参加者かクエスト発注者のどちらかがサブ記事に一言お声掛けしてくださると助かります。メイン記事までは主は追いきれてないので………よろしくお願いします】

>ALL本体さま

1年前 No.90

医者で勇者 @kaizelkai ★OoN6oNoyDt_mgE

【鏡飛彩 / 地上 / クライン村 図書館前 ( → 料亭 調理場) 】


 メビウス大陸と呼ばれる異世界に数日が経ち、この世界については理解した。自分がいた世界の理を覆すような事ばかりであり、内心驚きは隠せないであいる。この世界は魔法による治療が主にとしており、現代の医学による治療はあまり見受けられないようだ。死人をも蘇る術もあるという。それでも目の前の患者が治りたいという意志があれば、それを完璧に治療する方向性は曲げるつもりはない。

ダンジョンの情報を集めるため、今日はギルドに向かった。依頼の中にある「我々はグルメなので」という依頼書に目を通す。なるほど、美味いスイーツを用意すればいいと理解する。成功報酬の20階までの地図というのは攻略に充分に役に立てるだろう。依頼を受けてから、図書館にいる依頼主の名物司書であり、猛禽類と似てる博士と助手と出会う。そのままこの村の料亭へと案内される。

 料亭の中の材料や道具の使用は許されている。あそこの料亭は有名だから、それなりの材料と道具は用意されてるのは理解出来る。だがよくこのような依頼で協力する形になったかは謎である。


「 ……俺もこの依頼に参加させてもらう。 」


 今はこの司書達の満足する甘いものを作るしかない。患者に深く関わらないスタンスから彼女達からの質問はしなかった。無愛想な表情を浮かべて、料亭の調理場へと一緒に向かう。


>>コノハちゃん博士&ミミちゃん助手、シカダイ


【依頼に参加させて頂きます。】

1年前 No.91

医者で勇者 @kaizelkai ★OoN6oNoyDt_mgE

【間違ってこちらに投稿してしまいました;;無視してください】

1年前 No.92

凪よりの使者 @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=pe4A9m1Srw

=プロフィール(地下/魔物側 or NPC)=
「……」
名前:フェイス
読み:-
性別:不詳(外見では判別不可)
年齢:不詳(同上)
容姿:全身に褐色の塗装が施された巨大な機神兵。褐色の塗装が施されており、赤い光の筋が身体中を走っている。最大の特徴は、通常種には存在しない四肢と“顔”。特に顔は僅かながらも表情が存在し、その名の由来となっている。背部には推進器が常備されているため、飛行での長距離移動も可能である。腕に握られる武具は機体毎に異なる。10層以前では巨大な槌を、11層以降は緑色の液体(エーテル)が満たされた槍を有する。

性格:機体ごとに極僅かながらも違いは存在するようだが、大半が冷酷な殺戮マシーンと化している。冷酷ながら、敵対者の殺害を第一優先とするため嬲るような真似はしない。

備考:別名【顔付き】。彼らの正体は、ダンジョンにて心半ばに斃れた冒険者の成れの果てである。機神兵に捕らわれた末路とも言える。フェイスには死の淵を彷徨う冒険者が生体ユニットとして組み込まれる。身体の赤い光の筋は、生体ユニットの内を流れる血を循環させたものである。
 肉体の欠損が激しい者は10層以前に、それ以外の者は11層以後に配置される。生前の記憶は(恐らく一時的に)消去されているらしい。だが、肉体の残存量が多い者は……?
 10層以前の機体には血液の濾過能力に限界があり、他の冒険者を“捕食”して血液を直接摂取する必要がある。11層以降の機体はその部分を改善しており、得物はエーテルの仕込まれた長槍に変化する。この液体には強力な腐食作用があり、一度でも刺されれば、それは死の確約に他ならない。

 機体の装甲は極めて強固。他の機神兵のそれを優に越える対物能力を誇るため、鋼鉄の刃だろうと愚直に斬りつけるだけでは簡単に弾かれてしまう。魔法に対しても、装甲自体は相変わらず弱いのだが、人間としての血液が流れる為に本来の威力が反映され難くなってしまっている。人間の血液を循環させるのには謎が多いのだが、物理と魔法の両面に対する防御力を高めるためではないかと学者間では推測されている。
 攻撃手段も豊富。頭部に設置された武装から圧縮したエーテルを放つ《ディザスタービームV》、肩部から爆弾を射出するショルダーボムや、液状のエーテルを散布するベノムスプリンクルなどが主要な特殊攻撃である。叩きつけなどの純粋な質量攻撃も馬鹿にならない。

 彼らが行く手を遮る時、冒険者たちは揺るがぬ覚悟を以て挑まねばならない。長きに渡る激戦が待つことであろう。だが、彼らを撃破することは、捕らわれたかつての冒険者達を救うことへと直結する。故に、その対価も大きいことだろう。
種族:機神兵/元冒険者
冒険者への有効度:低
作品:ゼノブレイド(一部改変)
備考:一体のキャラとしても、NPCとしても動かせるキャラにしたいと思っています。但し、NPCとして行動できるのは11層以降のエリアのみです。

【少々特殊なキャラなので、魔物と敵対NPCの両面から登録申請させていただきます】

1年前 No.93

参加希望 @zero45 ★afJTqhL5Q9_lU1

=プロフィール(地下/魔物側)=
「戦いを繰り返すだけのヒトは滅亡すべき存在だ」

「知っているだろう? この荒廃した世界を作ったのは君の傍にいるイレギュラーなんだ。君達は……彼らを許せるのか?」
名前:イーグレット・ウルズ
読み:―
性別:男性
年齢:15歳(肉体の設定年齢)
容姿:右前髪の辺りは赤色、それ以外は紫色の髪色となっているのが特徴的な少年。他の兄弟と同様、肌の色が非常に白い。青を基調とするパイロットスーツを常に着用している。なお、髪色と肌の色は調整が可能で、初めてプリベンターと接触した時は普通の人間と変わらない黒髪と肌の色をしていた。
性格:同じマシンナリー・チルドレンであるアンサズやスリサズに比べて冷静沈着な印象を与え、実質的なリーダー格を務めている。そうした所以から、メイガスからの信頼は非常に高く、彼自身もメイガスに対して絶対的な忠誠を誓っている。彼等の言う"旧人類"こと、地球人に対しては地球汚染を繰り返し続けている事から蔑みの対象にしている。
備考:
(原典)
衝撃波から地球圏を防衛すべくして立案された"イージス計画"が失敗した未来世界にて、数千年間に渡って地下勢力の撃退と地球環境の修復に尽力していた"アンセスター"に属する少年。その正体は科学者"イーグレット・フェフ"が自律型金属細胞"マシンセル"を用いて造り出した人造人間"マシンナリー・チルドレン"の一人であり、兄弟であるアンサズやスリサズとは異なるカラーリングの"ベルゲルミル"を乗機とする。
アンサズやスリサズに比べて冷静沈着な性格をしており、チルドレンの中ではリーダー格を務める。アンセスターの長である"メイガス"からの信頼も厚く、普段は彼女の補佐を務めている。作中では彼女の指示の下、過去から飛ばされて来た"イレギュラー"である"プリベンター"と接触したり、メイガスの機体である"アウルゲルミル"の調整等も行っていた。
プリベンターに対しては当初、この星を救う存在であるとして期待を寄せ、恐竜帝国を筆頭とする地球の脅威への対抗力と見做していた。しかし、プリベンターが地球の脅威よりも人類同士の争いを収める事を優先した事から失望する。更にその直後に核ミサイルによって地球が汚染された事を引金に、旧人類に守る価値無しと判断した彼はメイガスによる全人類抹殺の判断を指示する。アースクレイドルの決戦では、愛機ベルゲルミルを持ち出してプリベンターと死闘を演じた末に死亡する。

(スレ内での設定)
地下ダンジョンの深層付近に本拠地を構えている少年。自己進化・自己修復の機能を持つ自律型金属細胞"マシンセル"が注入されたパワードスーツ"ベルゲルミル"を装着して本人は戦闘を行う。更に自律回路を導入する事で無人での稼働を可能とした"量産型ベルゲルミル"を保有しており、上層や下層の"監視"、本拠地周辺の哨戒等を行わせている。彼の目的は"奇跡の泉"を用いて、自分以外の種族を抹殺する事である。

■ベルゲルミル
RTX-010"ヒュッケバインMk-II"の量産型であるRTX-013"量産型ヒュッケバインMk-II"がマシンセルの影響を受けて変化した物。変化前の機体に比べて非常に高性能となっており、高い機動力と自己修復能力を備える。折り畳みが可能な"マシンナリー・ライフル"と、円環に付いた六つの勾玉を遠隔操作で飛ばして攻撃する"シックス・スレイブ"を武装とする。ウルズの機体色は銀色。

種族:人造人間(マシンナリー・チルドレン)
冒険者への友好度:低い
作品:スーパーロボット大戦α外伝

【一先ずウルズのプロフだけ。後でモブ敵として量産型の方も追加すると思います。
 それと、誠に勝手ではありますが残りの2キャラの予約の取り消しをお願いしたいです……】

1年前 No.94

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=LC5CmQOtrv

申し訳ありませんが、今日の私の返信は遅れてしまいそうです。
現在絡み中の飽き茄子様、もしくはこれから絡みたいという方には申し訳ありません……

1年前 No.95

東雲あづま @traumerei☆/1h.74D7sXg ★f0KnTT60d9_Xgx

申し訳ありません、一身上の都合でしばらくインターネットが使えなくなってしまいますので、東雲あづまのキャラリセをお願いします。
現在絡んでいただいているみなさんにはご迷惑をおかけしますが、今までありがとうございました。

1年前 No.96

逆臣 @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「運は自分で掴むものだ」
「罪のない者を傷つけない…目立ってはいけない…仲間に危険を及ぼしてはならない…かつて俺の人生の指針だった。」
名前:シェイ・パトリック・コーマック
読み:
性別:男
年齢:不明
容姿:後ろ髪を結んだ黒髪に黒い瞳のアイルランド系アメリカ人。服装は黒を基調としたフードの無いロングコートを着用している。
性格:若いころは高慢で喧嘩っ早い直情的な面が目立っていたが、徐々にその面は無くなり賢明さと冷徹さを持つようになる。本来の性格は人一倍正義感に強く、そして義侠心を持ち合わせる男。故にアサシンとしての任務に疑問を覚え、彼の運命を決定づけることになった。

備考(原典):18世紀中期・七年戦争に揺れる北大西洋で元アサシンにしてテンプル騎士団員。そしてアサシンたちに恐れられた「アサシンハンター」
ある任務によってポルトガル・リスボンに赴いた際自分が原因で街が大地震で壊滅したことに強い罪悪感を感じ、教団を裏切る真似を行い教団もまた、シェイを裏切者として始末。それから数か月後、ニューヨークで療養していたシェイはそこで出会った英国軍大佐・ジョージ・モンローらと行動を共にすることになる。その際彼がアサシン教団の宿敵テンプル騎士団であったことを知るも、彼と行動を共にすることを決意。アサシンの襲撃によってモンローは死亡するが、北米のテンプル騎士を統括する支部長・ヘイザムの下で彼はかつての仲間たちに刃を向けることになる。

備考:地上では裁きようのなくなった極悪人の暗殺を請け負う暗殺者。本編開始時点での標的はなし。基本的にアサシンブレードで死角から即死させる戦法を取るが、気づかれて失敗した場合は剣やピストルを駆使して確実に相手を殺す。
この手の殺し屋では珍しく金よりも信条や信念を重視する男。奇跡の泉の噂は聞いているが所詮おとぎ話の類と考えているが、仮にあったとしたら…これ以上弱者が虐げられ犠牲とならない世を望むだろう。
・武器
「剣」
18世紀中期のイギリス軍将校が用いた剣。シェイは将校の剣とダガーナイフの二刀流で戦う。
「ピストル」
当時一般的に用いられていたフリントロック式ピストル。シェイは二挺持ち歩いている。
「アサシンブレード」
シェイの両腕に付けられた籠手状の暗器。その籠手には刃が隠されており、暗殺時に刃が出て相手を刺し殺す仕組み。
一撃必殺の武器として扱い、NPC以外の使用には相手本体様より許可を得る。
「エアダートガン」
ライフルに似た形の銃で、相手を錯乱させる毒や昏睡毒を塗った特殊弾を無音で発射したり、グレネード弾や毒ガスが込められた榴弾を発射することかできる。
「ロープダート」
縄に銛に似た刃を結び付け、相手に突き刺すことで自身の近くまで手繰り寄せる。
種族:人間
職業:暗殺者
作品:Assassin's Creed Rogue

=プロフィール(地下/魔物側)=
「A――urrrrrrッ!!」
名前:バーサーカー/ランスロット
読み:
性別:男
年齢:不明
容姿:頭を含めた全身を漆黒の鎧で固めた男。宝具「己が栄光の為でなく」により周囲には黒靄が掛かり、身体の細部まではよく見えない。
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:地下ダンジョンの深層・稀に浅層で目撃される男。何らかの原因で正気を失っており、自我と呼べるものが消失している。
周囲に立ち込める黒い靄のせいでその詳細は不明だが、正気を失った騎士とも言われている。とにかく出会えば対話などは通じず、戦闘に持ち込まれる可能性は非常に高いだろう。

武器はある冒険者の武器であった長剣。靄によって黒く染まっており、その殺傷力・耐久性を大きく高めている。また、正気を失ってはいるものの剣捌きは全く衰えていない。
・宝具
「騎士は徒手にて死せず(ナイト・オブ・オーナー)」
手にした物を自身の宝具として扱える能力。現在武器として扱っている剣が異様に強化されているのはこのため。
ただの鉄柱であってもいにしえの名剣と打ち合っても壊れない程に強化され、宝具化した武器・兵器の性能をある程度改造可能。ただし宝具化できるのは自身が武器と認識できるものに限られる。
本スレでは原則エリア内のものを宝具化。相手の武器を奪って宝具化は禁止。

「己が栄光の為でなく(フォー・サムワンズ・グロウリー)」
自らのステータスと姿を隠蔽する能力。ランスロットの魔力が靄のように周囲を覆い、身体の細部がはっきりとは見えない。彼の詳細が依然掴めていないのはこの宝具のため。
本来は姿の隠蔽だけでなく他者に変装する能力を持つが、正気を失っているため使用できない。

「無毀なる湖光(アロンダイト)」は使用しない。
種族:人間
冒険者への友好度:低い(何らかの形で正気に戻せば「高い」)
作品:Fate/Zero

【シェイのプロフィールの修正&追加です】

>>主様

1年前 No.97

イーガ団 @red055☆jS2w/BGPfuU ★i7P7rvKv3O_eWJ


=プロフィール(地上/冒険者側)=
「知らないんですか?私の情報網はすごいんですよ!敏腕所員ですから!」
名前:七海アオ
読み:ななみ――
性別:女性
年齢:15歳
容姿:薄い水色の髪と目を持つ。身長148cm。白い襟を持つ、黒のノースリーブワンピースを着ている。頭部に猫耳のようなものが生えているが、耳ではなく心を読むアンテナ(詳細は備考欄にて)。普段は猫耳の黒い帽子かヘッドフォン、カチューシャなどで隠している。
性格:心優しく、非常に面倒見のいい性格。周りの人間がほとんどボケなので自ずとツッコミ役の位置に収められている。また、放っておくと白米ばかり食べるごはん党でもある。心優しい事から怒ることは滅多にないのだが、怒った時は周りの人間が目を見開くほどには怖い。優しい人ほど怒らせてはいけない、のパターン。

備考:サトリの妖怪。本来なら地下に生息している魔物に近しい存在のはずだが、アオは地上で生まれた稀な存在、という設定。

前述通り、頭部の猫耳のようなものはサトリの能力で心を読む際に使用するアンテナである。帽子やヘッドフォンをしているのは必要以上に読心を行わないためとも。読心能力の使用には妖力という生命エネルギーが必要となり、連続で読心を使用しているとエネルギー切れになる。また、アオの場合は「広域読心(サテライト)という、自身を中心にかなり広い範囲(原典では街全体に及んだ)の生物の思考を読み取る技や、自身の思念を飛ばしたり暗示をかけたりする精神干渉が使える。ただし、広域読心や精神干渉は妖力を大きく消費するので多用は出来ない。妖力が切れた場合は甘いものを食べて補給する。故に甘党。

ギルドを通じて、自身の能力が活かせる「情報屋」をやっている。大抵の人間なら読心能力を使って情報を読み取れるのだが、偶にある、強い思念を持っている情報は読み取れない。

種族:サトリ
職業:情報屋
作品:夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜


=プロフィール(地上/冒険者側)=
「だから僕はエクソダスが嫌いだ!でも、人が死ぬのはもっと嫌いだ!!」
「大人のやることかぁ!!」
名前:ゲイナー・サンガ
読み:―――――――
性別:男性
年齢:17歳
容姿:茶髪の青年。髪型は無個性的だが、耳が隠れる程度までは髪が長い。眼鏡をかけている(が、本人は裸眼でも困らない程度の視力を持っている)。灰色の学ランを着ているか、黄色いタートルネックの上に襟付きの半袖シャツ、半ズボンと長い緑色の靴下の私服でいるかのどっちかである。キングゲイナーに乗るときの服は緑と灰色のコートで、インカム付きのヘルメットを被っている。ヘルメットをかぶっていても眼鏡は外さない。
性格:生真面目で融通が効かず潔癖である。内向的で他人との関わりを避けるタイプだが、根はしっかりしているので仲良くなれれば打ち解けることもできる。ヘタレな部分があるが、時たま誰も思わないような思い切った行動をすることもある。いまいち悪ノリなどに乗ることができないタイプであり、軽薄な言動には眉を潜めることがある。

備考:OVERMANキングゲイナーの主人公で、ゲームが得意なこと以外はごく普通の青年。
かつて両親が「エクソダス反対」のビラを握らされて何者かに殺害され、ショックで家に引きこもっていた過去を持つ。引きこもっている時に人気のオンラインゲームをプレイし、ネット上で知り合った好敵手シンシアを倒して200連勝を達成し対戦チャンピオンの称号“キング”を獲得する。その後、現実とゲームの混在したダブルフィールドでの初代キングの称号も獲得することになる。このためか、オーバーマンの操縦は非常に卓越している。

(当スレでは)両親が死亡したショックで引きこもったのは原典同様だが、両親の死は地下ダンジョンで魔物に襲われたから、となっている。“キング”の称号はないが、両親が何を求めてダンジョンに行っていたのかを知るために自分も冒険者になることを決意し、密かに戦闘訓練をしていた。その後、ダンジョン上層にて発見した超常的な力を持つ衣服を“キングゲイナー”と名付け、ダンジョン攻略の際に着込むことになる。

【キングゲイナー】
ゲイナーが地下ダンジョンで発見した等身大の“衣服”。或いはオーバーマンと呼ばれる。原典では人工骨格に人工筋肉を装着させ、その上にオーバーコートという特殊能力を持った衣服を着せるロボットだった。当スレにおいては、地下ダンジョンに古くから埋まっていた骨董品として登場する。原典では上記の通りロボットだったが、当スレッドではその姿を「オーバーコート」という衣服として扱う。原典では人にできることは大抵オーバーマンに乗っている時にもできたので、当スレでもキングゲイナーの姿で人間ができることは大抵やれるようになっている。実際には異世界から転移してきたもので、金属繊維で編まれているオーパーツめいたもの。基本的にはパワードスーツと同義の扱いなので、原典で使用した武器種を当スレでも使用する。外見は明らかに人間ではないが、金属製の鎧にも見えない不思議な印象を与える。

オーバースキルという特殊能力を有しており、キングゲイナーの場合は「加速」。単純に自身を加速させるだけでなく分子レベルでの運動の加速という効果も持ち、そこから派生するオーバースキルとして分子運動を急激に停止させて敵を凍らせる「オーバーフリーズ」、分子運動を活性化させて自身を高熱で包み込む「オーバーヒート」の二つのスキルを持つ。
最大加速時には分身をしているかのような動きに見えるほど高速で、初陣ではゲイナーがそれについていけず戦闘後に嘔吐した。その身のこなしの良さから体術・剣術も使用でき、原典ではほぼ「巨大化した人間」といった形であった。

武器は銃としてだけでなくチェーンソーのように刃を回転させて対象を切り裂く斬撃装備としても使用可能な「チェンガン」、短剣のような「ピン」、投げると大量の子爆弾をバラまく「散弾手投げ弾」、チェーンガンに装填して使う「オーバーフリーズバレット」(直撃した敵にオーバーフリーズの効果を及ぼす)を装備する。
それぞれの武装および弾薬は左腿にある「ポシェット」という袋(一種の「四次元ポケット」のような機能がある)の中にスペアがある。

また、オーバーマン共通の能力である「フォトンマット」(半ば質量を持ったエネルギー)も装備している。オーバーマンは外装から光子エネルギーを吸収し、それをエネルギー変換する力を持つ。その吸収した光子エネルギーを転用したのがこの「フォトンマット」で、基本的に放出して発動する。コントロールすることで飛行・慣性制御を行ったり、バリアに転用した「フォトンバリヤー」(軽度の攻撃なら防げる模様)、フォトンマットを手裏剣のように発射する「フライングリング」、チェンガンの弾丸にフォトンマットを纏わせて威力を向上させる「チェーンマット」などの力を持つ。

種族:人間
職業:冒険者、或いは「オーバーマン」と名乗っている。
作品:OVERMAN キングゲイナー


【追加希望ですー。後者はかなり特殊な設定なので厳重な審査を宜しくお願い致します】

1年前 No.98

吸血鬼 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

【吸血鬼ダーヴィドの本体です。

すみません。遅くなりましたが、本スレ >>102 に返信いたしました】

>あんどうりんご本体様

1年前 No.99

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【依頼への参加ありがとうございます! 改めてよろしくお願いします】

>医者で勇者さま

【追加キャラクターを認証しました! プロフィールに問題はありません】

>凪よりの使者さま、逆臣さま、イーガ団さま

【予約されていたキャラクターのプロフィールと予約の取り消しを了解しました、メイン記事へどうぞ】

>参加希望さま

【東雲あづまのキャラリセを了解しました、またご縁があればその時はよろしくお願いします】

>東雲あづまさま

1年前 No.100


切替: メイン記事 (247) / サブ記事(134) ページ: 1 2

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる