Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(134)
【ALL+オリ】メビウスの迷宮【RPGパロ】 [ サブ ] ●メイン記事 (247) / ○サブ記事(134)


切替: メイン記事 (247) / サブ記事(134) ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (84件) | 最新ページ

参加希望 @red055☆jS2w/BGPfuU ★i7P7rvKv3O_RZf


=プロフィール(地下/魔物側)=
「イーガ団の…総長…強く!たくましい男!それがこの俺っ!コーガ様だ!」
名前:コーガ様
読み:―――さま
性別:男性
年齢:不明
容姿:中肉中背の男。殿様のようなチョンマゲを持ち、全身を赤いスーツで包む。その上に最低限の装備とエリマキトカゲのような広い襟を持つ服を着る。装備のところどころには目玉の紋章が描かれている。顔は白い仮面で隠しており、コーガ様のものは両側に三本ツノがある。仮面の中央には装備にも描かれている目玉の紋章と、そこから上へ伸びる一本線、下には三つの三角模様が描かれている。
性格:イーガ団の総長と言う割にはコミカルな面を見せることが多い。物事がうまくいかないと地団駄を踏んで怒り出したりする割にはどこか律儀な面もある。ただ、自業自得でやられたのにリンクを「卑怯者」呼ばわりするなど、小悪党めいている。
備考:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織「イーガ団」の総長。イーガ団とは作中におけるラストボス・ガノンを信仰するシーカー族の集まりであり、共通してハイラル王家に恨みを持っている。シーカー族は高い技術を持ち、その技術で一万年前にガノンを封印することに成功した。しかし、その高い技術力が災いし、ハイラル王家によって追放されてしまう。追放後、平穏に暮らすシーカー族もいれば、ハイラル王家を恨みガノンを信仰するようになったシーカー族もいる。後者のシーカー族が集まり、イーガ団を結成したとされている。セリフから読み取るとイーガ団の総長は世代交代を行なっているようで、代々引き継ぐ奥義がある。戦闘後のセリフや、登場時に肩を回したり立ち上がるのに時間がかかるなど、年をとっているものと推測される。ちなみに、イーガ団共通の仮面に描かれている紋章はシーカー族の紋章を逆さまにしたもの。

戦闘では三つの形態がある。どれも姿が変わらないが、後になればなるほど威力の高い攻撃を行ってくる。第一形態では前方に氷の壁を貼りながら頭上に出現させた鉄球を発射してくる。発射するときに氷の壁が剥がれてしまうのが弱点。第二形態では、宙に浮かびながら第一形態同様前方に氷の壁を貼り、二つの鉄球を自身の周囲で時計回しに回転させながら発射してくる。回転させている時はやはり氷の壁が剥がれてしまう。第三形態では、宙に浮かびやはり前方に氷の壁を貼りながら鉄球を出現させる。だが第三形態の鉄球は第一形態のものと違い巨大な鉄球で、当たれば結構なダメージを負うだろう。ただ、巨大鉄球は非常に強い磁力を持っている。イーガ団幹部は手にした刀で即死級の攻撃をしてくるのにコーガ様はそれほど脅威ではない。年のせいだろうか。

地下ダンジョンにおいて中層付近にアジトを構えている。シーカー族はメビウス大陸のとある大国に住んでいたが、やはり高い技術力で追放されたという設定。その後、作品通りにシーカー族は二分され、大国は愚か大陸全土を敵視した者たちがイーガ団となった。地下ダンジョンに潜伏し、日夜W奇跡の泉Wを探している。W奇跡の泉Wを用いて、かつて厄災と言われた存在であるガノンを復活させようと目論んでいる。また、冒険者たちにW奇跡の泉Wを発見されないようにイーガ団を動かしている。イーガ団の名前はそれなりに知られているようだ。

種族:人間(シーカー族。人間に近い外観だが、耳が尖っているなどの違いがある)
冒険者への友好度:低い
作品:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

=プロフィール(NPC)=
「ははは!イーガ団の目を誤魔化せると思ったか!」
名前:イーガ団幹部
読み:―――だんかんぶ
性別:男性
年齢:不明
容姿:赤いスーツで全身を包んだ屈強な男。スーツの色と同じフードをかぶり、和風の装備をしている。顔は仮面で隠しており、目玉のような紋章が描かれている。
備考:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織「イーガ団」の幹部。主に、地下ダンジョン中層にあるアジト内を警備するために徘徊している。手にした風切り刀で敵を攻撃するが、非常に威力が高く、実質即死攻撃である。このため、イーガ団のアジトに潜入する際には彼らに見つからないようにしなくてはならない。発見した場合は三人ほどのイーガ団団員を口笛で呼ぶ。
イーガ団の強さというものを誇っており、見つかったあとに倒された場合は上記のセリフを言う。しかし意外なことに「バナナ」が大好物であり、バナナを見るとバナナがある方しか見なくなる。このときに背後から攻撃すると、なんと一撃で倒せる。また、イーガ団共通の能力として短いワープ能力を持つ。長距離移動ではできないが、戦闘の際に活用する。
倒すとバナナをドロップする。

種族:人間(シーカー族。人間に近い外観だが、耳が尖っているなどの違いがある)
動かす上での注意点:特になし
作品:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


=プロフィール(NPC)=
「お命頂戴する!」
名前:イーガ団団員
読み:―――だんだんいん
性別:不明
年齢:不明
容姿:赤いスーツで全身を包んだ細身の人間。スーツの色と同じフードをかぶり、和風の装備をしている。顔は仮面で隠しており、目玉のような紋章が描かれている。
備考:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織「イーガ団」の団員。主に、地下ダンジョン全体に登場する。基本的に冒険者に扮し、地下ダンジョンを攻略しに来た冒険者にイーガ団への勧誘を持ちかける。断られた場合は正体を表し、襲いかかってくる。
主に首切り刀を装備した個体と、弓と矢を使う弓兵の個体がいる。どちらもすばしっこく、イーガ団共通の能力の短いワープ能力を持っているので、なかなか侮れない。倒すとバナナと武器をドロップする。

種族:人間(シーカー族。人間に近い外観だが、耳が尖っているなどの違いがある)
動かす上での注意点:特になし
作品:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

【参加希望です、審査お願い致しますー】

2年前 No.85

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【参加ありがとうございます! プロフィールに問題はありませんので、メイン記事へどうぞ】

>参加希望さま

2年前 No.86

デタラメコンビ @adgjmptw16 ★iPhone=FpP6IVnJ7h

=プロフィール(地下/NPC)=
名前:アメボウズ
読み:あめぼうず
性別:不明
年齢:不明
容姿:半透明のデフォロメされた人型で、二つの岩のローラーに前は両手で後ろは足で乗っている。
備考:水中の城と呼ばれるダンジョンに突如として降ってくる何か。喋るどころか方向といったものすらないせずただ黙々と主人公達どころか原生生物やらダンジョンの仕掛けすら粉砕してダンジョン内を道なりに回る。がアメボウズ自体は道の真ん中を通る為、道の端っこによればローラーに巻き込まれることはない。ローラーの攻撃力は高く自身よりも大きい存在すら轢き殺すほど。ドルフィン初号機曰く目には見えるのにセンサーに反応がない。存在が次元に固定されていない。との事であり基本的に攻撃は無駄である。しかし凄まじく重い振動を与えることが出来れば実体化して動きが止まり一時的にだがダメージを与えることができ、この時ローラーを破壊する事で逃げ回るだけになる。余談ながら料理された報告もない。

このスレにおいては体長4mのダンジョン内に突然岩のローラーと共に落下してくる謎の生命体。目視と落下音や移動による音以外の方法では探知不能でありそもそもその特殊性から目撃件数自体が少なく、存在自体が幻覚や自然現象や心霊物質などの扱いされている。がダンジョン内ではこの存在が起こしたであろうローラーで踏み潰された原生生物やダンジョンの仕掛けなどがあり、この存在に襲われたという冒険者もいる。しかし現れたと思えば居なくなってる為、ここから幻覚等の説など現れている。
種族:不明
動かす上での注意点:喋りません。岩のローラーに乗って冒険者、魔物、NPC、ダンジョンのギミックを破壊しながら移動します。基本的には実体化させる以外では無敵です。出した後は好きなタイミングで消えさせても大丈夫です。登場する階については地下30階を除く全ての階に現れます。倒されると消滅します。
作品:ピクミン2

【追加希望です。大丈夫でしょうか?】

2年前 No.87

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【NPCキャラクターの追加を認証しました、プロフィールに問題はありません】

>デタラメコンビさま

2年前 No.88

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

=依頼・クエスト用テンプレート=

クエスト名 : 我々はグルメなので
依頼人 : コノハちゃん博士&ミミちゃん助手

内容 : 我々、料亭に毎日通っていたらさすがに食べ飽きてしまったのです。世の中にはとっても甘い、WすいーつWなるものがあると聞きました。必要な材料は我々がちょいと揃えてやるので、料理するのです。我々を満足させてみるのです。

達成条件 : 料理したすいーつを我々が食べて、おいしいと言えば合格なのですよ。
報酬 : としょかん秘蔵のダンジョン内の地図なのです。20階まで載ってるですよ。広いし魔物も多いのですいすいとまでは行きませんが、攻略はかなり楽になるに違いないのです。


【完全に主のキャラを投下するタイミングを逃してしまったので、クエストを投下。参加者は一人でも2〜3人でも大丈夫です、お気軽にご参加ください】

2年前 No.89

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

>>89 のクエストはコーデリアさまが受注してくれました、改めてありがとうございます!
 あと一人二人くらいは引き続き参加者を募集するので、ぜひお気軽にお声掛けください。
 報酬は全員分に配布しますが、料理対決とかしてみても面白いかも……? 途中参戦も大歓迎です。

 また、記事メモに現在参加者募集中のクエストを一覧にしましたが、このクエストは募集締め切ったよ、
 このクエストはもう参加してるよ、などのことがあれば参加者かクエスト発注者のどちらかがサブ記事に一言お声掛けしてくださると助かります。メイン記事までは主は追いきれてないので………よろしくお願いします】

>ALL本体さま

2年前 No.90

医者で勇者 @kaizelkai ★OoN6oNoyDt_mgE

【鏡飛彩 / 地上 / クライン村 図書館前 ( → 料亭 調理場) 】


 メビウス大陸と呼ばれる異世界に数日が経ち、この世界については理解した。自分がいた世界の理を覆すような事ばかりであり、内心驚きは隠せないであいる。この世界は魔法による治療が主にとしており、現代の医学による治療はあまり見受けられないようだ。死人をも蘇る術もあるという。それでも目の前の患者が治りたいという意志があれば、それを完璧に治療する方向性は曲げるつもりはない。

ダンジョンの情報を集めるため、今日はギルドに向かった。依頼の中にある「我々はグルメなので」という依頼書に目を通す。なるほど、美味いスイーツを用意すればいいと理解する。成功報酬の20階までの地図というのは攻略に充分に役に立てるだろう。依頼を受けてから、図書館にいる依頼主の名物司書であり、猛禽類と似てる博士と助手と出会う。そのままこの村の料亭へと案内される。

 料亭の中の材料や道具の使用は許されている。あそこの料亭は有名だから、それなりの材料と道具は用意されてるのは理解出来る。だがよくこのような依頼で協力する形になったかは謎である。


「 ……俺もこの依頼に参加させてもらう。 」


 今はこの司書達の満足する甘いものを作るしかない。患者に深く関わらないスタンスから彼女達からの質問はしなかった。無愛想な表情を浮かべて、料亭の調理場へと一緒に向かう。


>>コノハちゃん博士&ミミちゃん助手、シカダイ


【依頼に参加させて頂きます。】

2年前 No.91

医者で勇者 @kaizelkai ★OoN6oNoyDt_mgE

【間違ってこちらに投稿してしまいました;;無視してください】

2年前 No.92

凪よりの使者 @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=pe4A9m1Srw

=プロフィール(地下/魔物側 or NPC)=
「……」
名前:フェイス
読み:-
性別:不詳(外見では判別不可)
年齢:不詳(同上)
容姿:全身に褐色の塗装が施された巨大な機神兵。褐色の塗装が施されており、赤い光の筋が身体中を走っている。最大の特徴は、通常種には存在しない四肢と“顔”。特に顔は僅かながらも表情が存在し、その名の由来となっている。背部には推進器が常備されているため、飛行での長距離移動も可能である。腕に握られる武具は機体毎に異なる。10層以前では巨大な槌を、11層以降は緑色の液体(エーテル)が満たされた槍を有する。

性格:機体ごとに極僅かながらも違いは存在するようだが、大半が冷酷な殺戮マシーンと化している。冷酷ながら、敵対者の殺害を第一優先とするため嬲るような真似はしない。

備考:別名【顔付き】。彼らの正体は、ダンジョンにて心半ばに斃れた冒険者の成れの果てである。機神兵に捕らわれた末路とも言える。フェイスには死の淵を彷徨う冒険者が生体ユニットとして組み込まれる。身体の赤い光の筋は、生体ユニットの内を流れる血を循環させたものである。
 肉体の欠損が激しい者は10層以前に、それ以外の者は11層以後に配置される。生前の記憶は(恐らく一時的に)消去されているらしい。だが、肉体の残存量が多い者は……?
 10層以前の機体には血液の濾過能力に限界があり、他の冒険者を“捕食”して血液を直接摂取する必要がある。11層以降の機体はその部分を改善しており、得物はエーテルの仕込まれた長槍に変化する。この液体には強力な腐食作用があり、一度でも刺されれば、それは死の確約に他ならない。

 機体の装甲は極めて強固。他の機神兵のそれを優に越える対物能力を誇るため、鋼鉄の刃だろうと愚直に斬りつけるだけでは簡単に弾かれてしまう。魔法に対しても、装甲自体は相変わらず弱いのだが、人間としての血液が流れる為に本来の威力が反映され難くなってしまっている。人間の血液を循環させるのには謎が多いのだが、物理と魔法の両面に対する防御力を高めるためではないかと学者間では推測されている。
 攻撃手段も豊富。頭部に設置された武装から圧縮したエーテルを放つ《ディザスタービームV》、肩部から爆弾を射出するショルダーボムや、液状のエーテルを散布するベノムスプリンクルなどが主要な特殊攻撃である。叩きつけなどの純粋な質量攻撃も馬鹿にならない。

 彼らが行く手を遮る時、冒険者たちは揺るがぬ覚悟を以て挑まねばならない。長きに渡る激戦が待つことであろう。だが、彼らを撃破することは、捕らわれたかつての冒険者達を救うことへと直結する。故に、その対価も大きいことだろう。
種族:機神兵/元冒険者
冒険者への有効度:低
作品:ゼノブレイド(一部改変)
備考:一体のキャラとしても、NPCとしても動かせるキャラにしたいと思っています。但し、NPCとして行動できるのは11層以降のエリアのみです。

【少々特殊なキャラなので、魔物と敵対NPCの両面から登録申請させていただきます】

2年前 No.93

参加希望 @zero45 ★afJTqhL5Q9_lU1

=プロフィール(地下/魔物側)=
「戦いを繰り返すだけのヒトは滅亡すべき存在だ」

「知っているだろう? この荒廃した世界を作ったのは君の傍にいるイレギュラーなんだ。君達は……彼らを許せるのか?」
名前:イーグレット・ウルズ
読み:―
性別:男性
年齢:15歳(肉体の設定年齢)
容姿:右前髪の辺りは赤色、それ以外は紫色の髪色となっているのが特徴的な少年。他の兄弟と同様、肌の色が非常に白い。青を基調とするパイロットスーツを常に着用している。なお、髪色と肌の色は調整が可能で、初めてプリベンターと接触した時は普通の人間と変わらない黒髪と肌の色をしていた。
性格:同じマシンナリー・チルドレンであるアンサズやスリサズに比べて冷静沈着な印象を与え、実質的なリーダー格を務めている。そうした所以から、メイガスからの信頼は非常に高く、彼自身もメイガスに対して絶対的な忠誠を誓っている。彼等の言う"旧人類"こと、地球人に対しては地球汚染を繰り返し続けている事から蔑みの対象にしている。
備考:
(原典)
衝撃波から地球圏を防衛すべくして立案された"イージス計画"が失敗した未来世界にて、数千年間に渡って地下勢力の撃退と地球環境の修復に尽力していた"アンセスター"に属する少年。その正体は科学者"イーグレット・フェフ"が自律型金属細胞"マシンセル"を用いて造り出した人造人間"マシンナリー・チルドレン"の一人であり、兄弟であるアンサズやスリサズとは異なるカラーリングの"ベルゲルミル"を乗機とする。
アンサズやスリサズに比べて冷静沈着な性格をしており、チルドレンの中ではリーダー格を務める。アンセスターの長である"メイガス"からの信頼も厚く、普段は彼女の補佐を務めている。作中では彼女の指示の下、過去から飛ばされて来た"イレギュラー"である"プリベンター"と接触したり、メイガスの機体である"アウルゲルミル"の調整等も行っていた。
プリベンターに対しては当初、この星を救う存在であるとして期待を寄せ、恐竜帝国を筆頭とする地球の脅威への対抗力と見做していた。しかし、プリベンターが地球の脅威よりも人類同士の争いを収める事を優先した事から失望する。更にその直後に核ミサイルによって地球が汚染された事を引金に、旧人類に守る価値無しと判断した彼はメイガスによる全人類抹殺の判断を指示する。アースクレイドルの決戦では、愛機ベルゲルミルを持ち出してプリベンターと死闘を演じた末に死亡する。

(スレ内での設定)
地下ダンジョンの深層付近に本拠地を構えている少年。自己進化・自己修復の機能を持つ自律型金属細胞"マシンセル"が注入されたパワードスーツ"ベルゲルミル"を装着して本人は戦闘を行う。更に自律回路を導入する事で無人での稼働を可能とした"量産型ベルゲルミル"を保有しており、上層や下層の"監視"、本拠地周辺の哨戒等を行わせている。彼の目的は"奇跡の泉"を用いて、自分以外の種族を抹殺する事である。

■ベルゲルミル
RTX-010"ヒュッケバインMk-II"の量産型であるRTX-013"量産型ヒュッケバインMk-II"がマシンセルの影響を受けて変化した物。変化前の機体に比べて非常に高性能となっており、高い機動力と自己修復能力を備える。折り畳みが可能な"マシンナリー・ライフル"と、円環に付いた六つの勾玉を遠隔操作で飛ばして攻撃する"シックス・スレイブ"を武装とする。ウルズの機体色は銀色。

種族:人造人間(マシンナリー・チルドレン)
冒険者への友好度:低い
作品:スーパーロボット大戦α外伝

【一先ずウルズのプロフだけ。後でモブ敵として量産型の方も追加すると思います。
 それと、誠に勝手ではありますが残りの2キャラの予約の取り消しをお願いしたいです……】

2年前 No.94

スナップ @x5mas☆sECYEVcUXiI ★iPhone=LC5CmQOtrv

申し訳ありませんが、今日の私の返信は遅れてしまいそうです。
現在絡み中の飽き茄子様、もしくはこれから絡みたいという方には申し訳ありません……

2年前 No.95

東雲あづま @traumerei☆/1h.74D7sXg ★f0KnTT60d9_Xgx

申し訳ありません、一身上の都合でしばらくインターネットが使えなくなってしまいますので、東雲あづまのキャラリセをお願いします。
現在絡んでいただいているみなさんにはご迷惑をおかけしますが、今までありがとうございました。

2年前 No.96

逆臣 @mgs56 ★uSBYbu18TV_UHY

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「運は自分で掴むものだ」
「罪のない者を傷つけない…目立ってはいけない…仲間に危険を及ぼしてはならない…かつて俺の人生の指針だった。」
名前:シェイ・パトリック・コーマック
読み:
性別:男
年齢:不明
容姿:後ろ髪を結んだ黒髪に黒い瞳のアイルランド系アメリカ人。服装は黒を基調としたフードの無いロングコートを着用している。
性格:若いころは高慢で喧嘩っ早い直情的な面が目立っていたが、徐々にその面は無くなり賢明さと冷徹さを持つようになる。本来の性格は人一倍正義感に強く、そして義侠心を持ち合わせる男。故にアサシンとしての任務に疑問を覚え、彼の運命を決定づけることになった。

備考(原典):18世紀中期・七年戦争に揺れる北大西洋で元アサシンにしてテンプル騎士団員。そしてアサシンたちに恐れられた「アサシンハンター」
ある任務によってポルトガル・リスボンに赴いた際自分が原因で街が大地震で壊滅したことに強い罪悪感を感じ、教団を裏切る真似を行い教団もまた、シェイを裏切者として始末。それから数か月後、ニューヨークで療養していたシェイはそこで出会った英国軍大佐・ジョージ・モンローらと行動を共にすることになる。その際彼がアサシン教団の宿敵テンプル騎士団であったことを知るも、彼と行動を共にすることを決意。アサシンの襲撃によってモンローは死亡するが、北米のテンプル騎士を統括する支部長・ヘイザムの下で彼はかつての仲間たちに刃を向けることになる。

備考:地上では裁きようのなくなった極悪人の暗殺を請け負う暗殺者。本編開始時点での標的はなし。基本的にアサシンブレードで死角から即死させる戦法を取るが、気づかれて失敗した場合は剣やピストルを駆使して確実に相手を殺す。
この手の殺し屋では珍しく金よりも信条や信念を重視する男。奇跡の泉の噂は聞いているが所詮おとぎ話の類と考えているが、仮にあったとしたら…これ以上弱者が虐げられ犠牲とならない世を望むだろう。
・武器
「剣」
18世紀中期のイギリス軍将校が用いた剣。シェイは将校の剣とダガーナイフの二刀流で戦う。
「ピストル」
当時一般的に用いられていたフリントロック式ピストル。シェイは二挺持ち歩いている。
「アサシンブレード」
シェイの両腕に付けられた籠手状の暗器。その籠手には刃が隠されており、暗殺時に刃が出て相手を刺し殺す仕組み。
一撃必殺の武器として扱い、NPC以外の使用には相手本体様より許可を得る。
「エアダートガン」
ライフルに似た形の銃で、相手を錯乱させる毒や昏睡毒を塗った特殊弾を無音で発射したり、グレネード弾や毒ガスが込められた榴弾を発射することかできる。
「ロープダート」
縄に銛に似た刃を結び付け、相手に突き刺すことで自身の近くまで手繰り寄せる。
種族:人間
職業:暗殺者
作品:Assassin's Creed Rogue

=プロフィール(地下/魔物側)=
「A――urrrrrrッ!!」
名前:バーサーカー/ランスロット
読み:
性別:男
年齢:不明
容姿:頭を含めた全身を漆黒の鎧で固めた男。宝具「己が栄光の為でなく」により周囲には黒靄が掛かり、身体の細部まではよく見えない。
性格:(備考欄と統合しても可)
備考:地下ダンジョンの深層・稀に浅層で目撃される男。何らかの原因で正気を失っており、自我と呼べるものが消失している。
周囲に立ち込める黒い靄のせいでその詳細は不明だが、正気を失った騎士とも言われている。とにかく出会えば対話などは通じず、戦闘に持ち込まれる可能性は非常に高いだろう。

武器はある冒険者の武器であった長剣。靄によって黒く染まっており、その殺傷力・耐久性を大きく高めている。また、正気を失ってはいるものの剣捌きは全く衰えていない。
・宝具
「騎士は徒手にて死せず(ナイト・オブ・オーナー)」
手にした物を自身の宝具として扱える能力。現在武器として扱っている剣が異様に強化されているのはこのため。
ただの鉄柱であってもいにしえの名剣と打ち合っても壊れない程に強化され、宝具化した武器・兵器の性能をある程度改造可能。ただし宝具化できるのは自身が武器と認識できるものに限られる。
本スレでは原則エリア内のものを宝具化。相手の武器を奪って宝具化は禁止。

「己が栄光の為でなく(フォー・サムワンズ・グロウリー)」
自らのステータスと姿を隠蔽する能力。ランスロットの魔力が靄のように周囲を覆い、身体の細部がはっきりとは見えない。彼の詳細が依然掴めていないのはこの宝具のため。
本来は姿の隠蔽だけでなく他者に変装する能力を持つが、正気を失っているため使用できない。

「無毀なる湖光(アロンダイト)」は使用しない。
種族:人間
冒険者への友好度:低い(何らかの形で正気に戻せば「高い」)
作品:Fate/Zero

【シェイのプロフィールの修正&追加です】

>>主様

2年前 No.97

イーガ団 @red055☆jS2w/BGPfuU ★i7P7rvKv3O_eWJ


=プロフィール(地上/冒険者側)=
「知らないんですか?私の情報網はすごいんですよ!敏腕所員ですから!」
名前:七海アオ
読み:ななみ――
性別:女性
年齢:15歳
容姿:薄い水色の髪と目を持つ。身長148cm。白い襟を持つ、黒のノースリーブワンピースを着ている。頭部に猫耳のようなものが生えているが、耳ではなく心を読むアンテナ(詳細は備考欄にて)。普段は猫耳の黒い帽子かヘッドフォン、カチューシャなどで隠している。
性格:心優しく、非常に面倒見のいい性格。周りの人間がほとんどボケなので自ずとツッコミ役の位置に収められている。また、放っておくと白米ばかり食べるごはん党でもある。心優しい事から怒ることは滅多にないのだが、怒った時は周りの人間が目を見開くほどには怖い。優しい人ほど怒らせてはいけない、のパターン。

備考:サトリの妖怪。本来なら地下に生息している魔物に近しい存在のはずだが、アオは地上で生まれた稀な存在、という設定。

前述通り、頭部の猫耳のようなものはサトリの能力で心を読む際に使用するアンテナである。帽子やヘッドフォンをしているのは必要以上に読心を行わないためとも。読心能力の使用には妖力という生命エネルギーが必要となり、連続で読心を使用しているとエネルギー切れになる。また、アオの場合は「広域読心(サテライト)という、自身を中心にかなり広い範囲(原典では街全体に及んだ)の生物の思考を読み取る技や、自身の思念を飛ばしたり暗示をかけたりする精神干渉が使える。ただし、広域読心や精神干渉は妖力を大きく消費するので多用は出来ない。妖力が切れた場合は甘いものを食べて補給する。故に甘党。

ギルドを通じて、自身の能力が活かせる「情報屋」をやっている。大抵の人間なら読心能力を使って情報を読み取れるのだが、偶にある、強い思念を持っている情報は読み取れない。

種族:サトリ
職業:情報屋
作品:夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜


=プロフィール(地上/冒険者側)=
「だから僕はエクソダスが嫌いだ!でも、人が死ぬのはもっと嫌いだ!!」
「大人のやることかぁ!!」
名前:ゲイナー・サンガ
読み:―――――――
性別:男性
年齢:17歳
容姿:茶髪の青年。髪型は無個性的だが、耳が隠れる程度までは髪が長い。眼鏡をかけている(が、本人は裸眼でも困らない程度の視力を持っている)。灰色の学ランを着ているか、黄色いタートルネックの上に襟付きの半袖シャツ、半ズボンと長い緑色の靴下の私服でいるかのどっちかである。キングゲイナーに乗るときの服は緑と灰色のコートで、インカム付きのヘルメットを被っている。ヘルメットをかぶっていても眼鏡は外さない。
性格:生真面目で融通が効かず潔癖である。内向的で他人との関わりを避けるタイプだが、根はしっかりしているので仲良くなれれば打ち解けることもできる。ヘタレな部分があるが、時たま誰も思わないような思い切った行動をすることもある。いまいち悪ノリなどに乗ることができないタイプであり、軽薄な言動には眉を潜めることがある。

備考:OVERMANキングゲイナーの主人公で、ゲームが得意なこと以外はごく普通の青年。
かつて両親が「エクソダス反対」のビラを握らされて何者かに殺害され、ショックで家に引きこもっていた過去を持つ。引きこもっている時に人気のオンラインゲームをプレイし、ネット上で知り合った好敵手シンシアを倒して200連勝を達成し対戦チャンピオンの称号“キング”を獲得する。その後、現実とゲームの混在したダブルフィールドでの初代キングの称号も獲得することになる。このためか、オーバーマンの操縦は非常に卓越している。

(当スレでは)両親が死亡したショックで引きこもったのは原典同様だが、両親の死は地下ダンジョンで魔物に襲われたから、となっている。“キング”の称号はないが、両親が何を求めてダンジョンに行っていたのかを知るために自分も冒険者になることを決意し、密かに戦闘訓練をしていた。その後、ダンジョン上層にて発見した超常的な力を持つ衣服を“キングゲイナー”と名付け、ダンジョン攻略の際に着込むことになる。

【キングゲイナー】
ゲイナーが地下ダンジョンで発見した等身大の“衣服”。或いはオーバーマンと呼ばれる。原典では人工骨格に人工筋肉を装着させ、その上にオーバーコートという特殊能力を持った衣服を着せるロボットだった。当スレにおいては、地下ダンジョンに古くから埋まっていた骨董品として登場する。原典では上記の通りロボットだったが、当スレッドではその姿を「オーバーコート」という衣服として扱う。原典では人にできることは大抵オーバーマンに乗っている時にもできたので、当スレでもキングゲイナーの姿で人間ができることは大抵やれるようになっている。実際には異世界から転移してきたもので、金属繊維で編まれているオーパーツめいたもの。基本的にはパワードスーツと同義の扱いなので、原典で使用した武器種を当スレでも使用する。外見は明らかに人間ではないが、金属製の鎧にも見えない不思議な印象を与える。

オーバースキルという特殊能力を有しており、キングゲイナーの場合は「加速」。単純に自身を加速させるだけでなく分子レベルでの運動の加速という効果も持ち、そこから派生するオーバースキルとして分子運動を急激に停止させて敵を凍らせる「オーバーフリーズ」、分子運動を活性化させて自身を高熱で包み込む「オーバーヒート」の二つのスキルを持つ。
最大加速時には分身をしているかのような動きに見えるほど高速で、初陣ではゲイナーがそれについていけず戦闘後に嘔吐した。その身のこなしの良さから体術・剣術も使用でき、原典ではほぼ「巨大化した人間」といった形であった。

武器は銃としてだけでなくチェーンソーのように刃を回転させて対象を切り裂く斬撃装備としても使用可能な「チェンガン」、短剣のような「ピン」、投げると大量の子爆弾をバラまく「散弾手投げ弾」、チェーンガンに装填して使う「オーバーフリーズバレット」(直撃した敵にオーバーフリーズの効果を及ぼす)を装備する。
それぞれの武装および弾薬は左腿にある「ポシェット」という袋(一種の「四次元ポケット」のような機能がある)の中にスペアがある。

また、オーバーマン共通の能力である「フォトンマット」(半ば質量を持ったエネルギー)も装備している。オーバーマンは外装から光子エネルギーを吸収し、それをエネルギー変換する力を持つ。その吸収した光子エネルギーを転用したのがこの「フォトンマット」で、基本的に放出して発動する。コントロールすることで飛行・慣性制御を行ったり、バリアに転用した「フォトンバリヤー」(軽度の攻撃なら防げる模様)、フォトンマットを手裏剣のように発射する「フライングリング」、チェンガンの弾丸にフォトンマットを纏わせて威力を向上させる「チェーンマット」などの力を持つ。

種族:人間
職業:冒険者、或いは「オーバーマン」と名乗っている。
作品:OVERMAN キングゲイナー


【追加希望ですー。後者はかなり特殊な設定なので厳重な審査を宜しくお願い致します】

2年前 No.98

吸血鬼 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

【吸血鬼ダーヴィドの本体です。

すみません。遅くなりましたが、本スレ >>102 に返信いたしました】

>あんどうりんご本体様

2年前 No.99

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【依頼への参加ありがとうございます! 改めてよろしくお願いします】

>医者で勇者さま

【追加キャラクターを認証しました! プロフィールに問題はありません】

>凪よりの使者さま、逆臣さま、イーガ団さま

【予約されていたキャラクターのプロフィールと予約の取り消しを了解しました、メイン記事へどうぞ】

>参加希望さま

【東雲あづまのキャラリセを了解しました、またご縁があればその時はよろしくお願いします】

>東雲あづまさま

2年前 No.100

@tokyoapple ★iPad=wgrpp3lApe

【人数が集まったので、ここでクエスト「我々はグルメなので」の参加募集を打ち切らせていただきます。
 ありがとうございます!】

>ALL本体さま

2年前 No.101

災禍の顕主 @juudai☆WM1HFTjwy/I ★Q5TQ2gzVBT_Ew9

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.102

@tokyoapple ★iPhone=h9gZ2SRrKx

【参加ありがとうございます! プロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>災禍の顕主さま

2年前 No.103

ボブ @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★SKGC1pYrJC_lU1

【適当に処理可能なMOB四種類と、少々長いクエスト用キャラクターを投下します。
 複雑な設定、およびいち参加者にしては微妙に出しゃばった部分がある為、確認と審査の方をしていただければ幸いです】

名前
 アプトノス

容姿
 後方に伸びるトサカのような角、棘の生えた先端を持つ尻尾。
 肩から尻尾にまで張り出した背ビレが特徴。

備考
 主に緑が豊かで温暖な気候の地に群れを作って生活している草食竜。
 人によっては少し物々しく感じるかもしれない見た目だが、これ等の武装は少しでも自分を強く見せるための物であり、本質は非常に温厚で臆病。基本的に危険を感じた瞬間に我先にと逃げ出してしまう。
 しかし、前述したように草食種のモンスターにしては体格はかなり大柄なので、動きは鈍重ながらもパワーはかなりのもの。
 野生の個体は場合によっては尻尾を振り回したり、体当たりや圧し掛かりで反撃を試みる事もあり、一般の人々や小型モンスターにとってはそれなりの脅威となり得る。
 ただしモンスターの中ではかなり人懐っこい性格のようで、人間が飼い慣らせる場合もある。

種族
 魔物/竜種

動かす上での注意点
・自分から攻撃を仕掛けることは基本的にありません。
・餌です。(直球)

作品
 モンスターハンターシリーズ


―――


名前
 ランポス/ギアノス/ゲネポス/イーオス

容姿
 鮮やかな蒼を基調とした体色が特徴的な小型の鳥竜。
 細身の体躯に鮮やかな青と黒のストライプ模様が特徴。黄色い嘴の中には、鋭い牙が見える。
 なおこれは「ランポス」の外見であり、他は少々異なる。

ギアノス
 ⇒全身の鱗や皮は大きく異なり白色。

ゲネポス
 ⇒緑とオレンジ色の縞模様に口外にまで伸びている二本の牙、そして一対のトサカが特徴。

イーオス
 ⇒毒々しい赤色の鱗を持つが、足には鉤爪を持たず、手にも二本しか指や爪が無い。牙の本数も少ない。
  後方に伸びるトサカも無く、代わりに鼻先が瘤のように膨らんでいる。

備考
 森林地帯を中心に幅広い範囲に生息する小型の鳥竜種。
 大型化した個体をリーダーとした群れを作り、集団生活を送る習性を持つ。この大型化した個体はランポスならば「ドスランポス」、ギアノスならば「ドスギアノス」、ゲネポスならば「ドスゲネポス」、イーオスならば「ドスイーオス」などと命名されており、一回り強靭で一回り狡猾な思考力を持つ。
 環境への適応力が高く、様々な地域で活動する事が可能。
 各地には前述の通り、環境により適した進化を遂げた亜種が存在する。

 その中でも汎用的なのがこのランポスで、基本どのような場所にも登場する。
 どのような種でも「小型」とは言え、それはあくまでモンスターの中ではの話であり、凶暴で執念深い性格もあって、一般人が相手取るには充分すぎるほど危険なモンスター。一度追い払っても、数日後に仲間やリーダーと共に再び襲来してくるという事例も多い。そんな厄介な面が目立つ一方で、その身体から得られる素材には多彩な用途があり狩られたランポスの素材は、人間達の生活の支えにもなっている。

 下記はギアノス、ゲネポス、イーオスらの特筆事項。

【ギアノス】
 肉体的な特徴や習性等はほとんどランポスと同様で、
 祖先となった鳥竜が環境に合わせてランポスとギアノスに分かれ進化したと考えられている。
 唯一ランポスが出来ない行動として、大半の個体は口からとても冷たい体液(氷液)を吐き出す。
 これは大量に浴びてしまうと身体が凍りついてしまう程の低温で、これを武器に獲物を狩る。

【ゲネポス】
 最大の違いであると同時に最大の脅威となるのは、鋭い牙や爪から分泌される強力な麻痺性の毒である。
 攻撃と同時に毒を打ち込み、瞬く間に獲物の身体の自由を奪う。
 その毒は自分達の10倍近い体重の生物でさえもほんの数秒で拘束してしまうという。
 因みにこの毒、あくまで奪うのは運動能力のみで、視覚、触覚、痛覚等の感覚器官の働きまでは奪わない。そのため、この毒の餌食となった者は自らの肉体が食べられるのを自らの目や感覚で実体験する。
 特にその牙に含まれる強力な麻痺毒は、弾頭や罠の仕込みとして利用される事が多い。

【イーオス】
 喉元に出血性の強力な毒を生成する袋状の内臓器官を持っており、ここから作り出される毒液を武器とする。この毒こそがイーオス最大の特徴であり、最大の脅威である。
 牙を通して毒を打ち込んだり、時には喉を通して直接原液を吐きかける事もある。
 この毒が傷口に侵入すると、その傷を徐々に悪化させて獲物の体力を奪っていく。
 余りに強力な毒性のため、一歩間違えれば自分の命をも危険に晒す両刃の剣であるが、
 その毒をものともしない図太い生命力と環境適応能力を持つ。
 なお、その毒素の影響により鱗や外皮などの素材にも毒が浸透しており、しっかりと毒抜きしなければ、加工する職人や使用者にも危険が及ぶ可能性がある。しかし、これらは一度毒を抜くと非常に高い抗毒性を得られるため、素材としての応用力はなかなか高い。

種族
 魔物/竜種

動かす上での注意点
・「ドス」の名が付くタイプの有無に関わらず、必ず群れを作成します。
・どの種も基本的に出現場所を選びませんが、迷宮の内容によって多少の偏りが生まれます。
 具体的には以下の通りです。

ランポス:基本的に出現ポイントを選ばない
ギアノス:寒冷地帯
ゲネポス:砂漠地帯
イーオス:湿地帯や火山等、生息地はやや広い

・「ドス」の名が付くものに関しては瀕死になるとすぐ逃げ出します。

作品
 モンスターハンターシリーズ

―――

名前
 スフィア


容姿
 こげ茶色の球体の周りに三つの浮遊物体のようなものを展開した魔法生物。
 全長は意外に大きく、道一つを塞げるほど。

備考
 何者かが作り出したと思わしき魔導兵器。
 さる古文書にのみ記載されていた極めて希少な所謂「魔法生物」であり、
 自分の体から魔力を取り出す際(魔法を唱える際)に体を鏡のように変化させるらしく、そこに自分が映ってるのを見てしまったら死へ向かうのみだという。
 実際に魔法を唱える際に体を鏡のように変化させ、様々な魔法を使用する。
 対象を取り巻く時間の流れを緩やかにする「スロウ」、停止させる「ストップ」、毒を齎す「バイオ」の他、炎熱・氷結・電撃と言った基本的な三属性魔法も使いこなす。加えて飛行能力を持つため、生半可な冒険者では打つ手すらない。
 内部に込められている魔力物質、および数々の部品は極めて希少性が高いものらしく、仮に入手出来た場合は高値で取引されるらしいが―――同時にその出回りが極めて少ないという点から、これの討伐が多少どころではなく難儀なものであることも推して知るべしというところなのだろう。

種族
 魔物/魔法生物種

動かす上での注意点
・10F以後の深層にのみ登場し、他の魔物とも時折協調します。
・本体は巨大な球体で、物理的攻撃を行う場合は周囲の浮遊物体を動かして攻撃します。
・それなりの戦闘能力を持ちますが、強力な魔物キャラのかませにしてもそれはそれで構いません。

作品
 ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル

―――


名前
 コカトリス

容姿
 鋭いクチバシと大きな翼をもった怪鳥。全長は1mにも満たないほど。
 全体的に色鮮やかだが毒々しい羽根の色が特徴的。

備考
 地下迷宮に生息する鳥型の魔物。
 飛行能力はあるはずなのだが、その小柄な見た目で普段は二足歩行をし、戦闘状態になっても地面すれすれを翼をばたばた動かして高速で移動するのみ………と、甲高い声や外見から一見するとむしろ若干の愛らしささえ感じさせるモンスター。
 しかし、嘴には体内に侵入させることで対象を石化させる特殊な毒が仕込まれており、掠り傷でもある種の致命傷になりかねない。また獲物に対して極めて好戦的な性質をしており、なわばりに侵入して来た対象には撃退するまで執拗に攻撃を仕掛けて来るなどの厄介な性質を備えている。ダンジョン内に人間の石像がもしもあったとするならば、それはコカトリスを侮った人間の成れの果てだ。
 対策は毒に含まれている魔力に対する魔法耐性、ないし石化後にそれを解除する薬品や「金の針」と呼ばれるアイテム、ないし本人の抵抗力などといったあいまいなものが多く、基本的に侮った駆け出し冒険者を葬る代表格とも言える。

種族
 魔物/獣種

動かす上での注意点
・石化自体は一定の耐性があれば回避可能とし、何らかの手段で治療可能とします。

作品
 ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル

2年前 No.104

ボブ @aroundight☆SdjaOljKHtOm ★SKGC1pYrJC_lU1

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.105

グリーヴァ @arthur ★iPhone=Lz3ry9aVvk

=プロフィール(地上/冒険者側)=
「遠からん者は音にも聞け!近くば寄って目にも見よ!我が名はシャルルマーニュが十二勇士アストルフォ!いざ尋常に―――勝負ッ!!」
名前:アストルフォ
読み:ーーー
性別:(塗り潰されている)
年齢:le Secret♪
容姿:少女と見紛うほどの可憐な美少年。さらりとした桃色の髪を鎖骨に届く程度に伸ばし、頭髪の中にはメッシュのような白髪が一房混じっている。後ろ髪は編んで腰ほどまでに伸ばし、側頭部と三つ編みの先端部には黒いリボンが蝶々結びされている。中性的な顔立ちは端正だが、非人間的なものは感じさせず、明るいアメジストを溶かして流し込んだような瞳は、活き活きと輝いており、底抜けの明るさと正義感が宿っている。身長164cm、体重56kgのか細い体躯を華やかな軽鎧と白い外套が包む。腰には白鞘の長剣が納められ、黒いガーターベルトから覗く太腿はやはり男性のものとは思えない印象を与える。
性格:天真爛漫で、自分の正義感と心の赴くままに行動する。底抜けのお人好しで、たとえ自身が不利益を被ろうとも、困っている人間がいれば手を差し伸べ、助力を惜しまない。その為に責め苦を受けても、後悔することは決してなく、木に変えられてしまった時は順応しそうになるなど、呆れた能天気さの所有者でもある。理性が蒸発しており、自分にとって気持ちの良い事かどうかを判断基準にしている。また忘れてはいけない事を忘れたり、漏らしてはいけない秘密をうっかり喋ってしまうなど、その蒸発具合は呪いの域にある。
備考:シャルルマーニュ伝説に登場する英雄で、騎士でありながらも卓越した剣技を有している訳でなければ、慎重さとも縁遠いうっかり者として描かれている。しかし、一方でそんな風聞に負けずあらゆる難事を解決し、親友ローランの為には一肌も二肌も脱ぐ義士である。Fate/Apocryphaにおいても、奔放な性格と高い行動力で聖杯大戦を引っ掻き回した。
当スレにおいては他国の騎士として、地下ダンジョンの探索の任務を受けて今回の冒険に挑んでいる。
本人は幸運な事を除けば、目立った強さは持たないものの、所有する宝具の数々は何らかに特化した能力を有している。ちなみに本人はこれらの宝具の力を自分の実力だと本気で思っていた事がある。

・触れれば転倒!(トラップ・オブ・アルガリア)
見事な装飾の施された黄金の馬上槍。真名を解放して攻撃する事で、その際に触れたものすべてを転倒させる。

・恐慌呼び起こせし魔笛(ラ・ブラック・ルナ)
竜の咆哮、巨鳥の雄叫び、神馬の嘶きにも似た魔音を発する角笛。普段は腰にぶら下げており、使用時に巨大化する。その音色は範囲内にいる相手すべてに影響し、雑魚程度なら四散するか、逃げ出すほどの威力を誇る。しかし、なんらかの耐性を持っているものや、高い実力を持つ者はその限りではなく、せいぜい音波妨害にしかならない。
スレ内においても、NPC以外には良くて行動妨害程度の性能しか発揮しないこととする。

・魔術万能攻略書(ルナ・ブレイクマニュアル)
とある魔女から譲り受けたあらゆる魔術を打ち破る手段が記載されている書物。所有しているだけで、大魔術未満の魔術はすべてキャンセルする。また真名を開放することで、大魔術すら打破する可能性を掴めるが、アストルフォはこの宝具の真名を忘れている為、現在は使用不可能。魔術万能攻略書と言うのも、彼がいい加減に命名したものである。

・この世ならざる幻馬(ヒポグリフ)
上半身はグリフォン、下半身は馬という生物。その速度は凄まじく、単なる突進でも破城槌のそれを遥かに上回る破壊力を誇る。
真名を開放する事で、さらなる能力が開放されるが……?

種族:人間
職業:騎士
作品:Fate/Apocrypha、Fate/Grand Order

追加希望です。魔術万能攻略書とこの世ならざる幻馬は特に強力なので、難易度が高くなってきたら改めて改訂版を提出します。

2年前 No.106

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

=プロフィール(地上/冒険者側)=

「願いを何でも叶えると言う奇跡の泉……本当にそんな物が存在するのだろうか。人心を惑わすだけの虚構か、はたまた真実か……もし真実だとしたら、相応しき者によって管理せねばならないな」

名前:豊聡耳神子
読み:とよさとみみのみこ
性別:女
年齢:不明
容姿:金髪ないし薄い茶色の髪を獣耳の様に立てて纏め、「和」の文字が入ったヘッドホンをしている。これは耳あてであり、能力による聞こえすぎのリミッターであるらしい。ノースリーブの上着の差し色の薄紫に、スカートの紫色は聖徳太子の制定した冠位十二階の最上位の色に対応しているものであろう。ちなみに元からこの服装なのではなく、蘇った時に現代風にアレンジした服装が今のこれらしい。 腰には柄に太陽を象った剣を携え、手には笏(しゃく)を持つ。

ちなみに次回作の心綺楼ではマントを羽織っているが当スレでは羽織っていない。

性格:基本的に物腰は柔らかく礼儀正しい。誠実で責任感も強く、カリスマ溢れる人物。また自身の間違いや見識の狭さを素直に認め、事実を受け入れて順応する等器も非常に大きい。一方でリアリスト、かつ上に立つ力を持つ者としての責任に頑なな一面もあり、必要であるなら多少の荒事や謀略も厭わない。

備考:(当スレ用の設定のため、原作とは大きく異なる点に注意)
かつて、遥か異邦の国を治めていた為政者。ある宗教の秘術により一度死んだ後長い時間を掛けて甦り不老不死を得たが、その国では最早己は必要とされていなかった。
その為国を後にし、世界各地を旅しながら多くの諍いを諌めて来た。大陸中に放浪の聖人の逸話が残っているが、その内のいくつかは彼女の事である。

この度『奇跡の泉』の噂を聞き付け、クライン村を訪れる。彼女自身に泉に懸ける願いは無いが、人心を惑わすその奇跡が実在するのか、そしてそれは人の手に触れて良いものなのかを見定める為、ダンジョンの攻略に挑む。

手にした笏や少々頼りない体術でも戦えるが、本領は自身の周囲に光輝く弾を作り出して弾幕を象る遠距離戦。浅層の魔物相手ならば近付く事すら許さない、圧倒的な技量を誇る。
また笏からはレーザーを放つ他、弾幕もただ敵に向かう以外にも自身の周囲に展開して身を守るのに使うなど、器用な戦い方をする。
切り札として自身へ向けられた信仰(信頼や尊敬と言った、正の感情も含む)を光のエネルギーに換え、剣の切っ先から超出力で放出する大技も持つ。

また特に変わった能力として、『十人の話を同時に聞くことが出来る程度の能力』を持つ。これは文字通り人間の話を十人同時に聞いて同時に理解するだけでなく、適切なアドバイスまで与えられる能力。人間のみならず神霊の話も10体同時に聞くことができる。
彼らの欲を10体同時に理解することによってその者の本質を把握でき、その者の過去を遡って調べることができるどころか、近い未来の予知まで行うことができるようだ。ただしそれはその人が本来持つ10個の欲がすべて聞こえている時だけ可能であり、欲が無かったり欲が欠けていたりすると予知が歪んでしまうという欠点がある。自身でもその欠点は自覚している様で、不要な時は欲を読まない様に注意している。


種族:仙人
職業:旅人
作品:東方神霊廟
【追加です。みんな浅い層で足が止まってるので場を動かす意味も籠めて相当強めに設定していますので、しかと審査をお願いします。】

2年前 No.107

@tokyoapple ★v9wZEyxx69_m9i

【NPCキャラクター、追加キャラクターのプロフィールを認証しました! 特に問題はありません】

>ボブさま

【追加キャラクターを認証しました! プロフィールに問題はありません】

>グリーヴァさま、ハールさま

2年前 No.108

Charlotte @kirieru ★Android=ryLO8WYMEG


「やだなあ…琢磨君…」

名前:北崎
読み:きたざき
性別:男性
年齢:十代後半くらい
容姿:癖のある黒髪にラフな格好
性格:一見無邪気な少年の様だが、その本質は、子供の持つ残忍さを兼ね備えながらもどこか人の心を見透かすような老獪さも垣間見せる事もある不思議な少年。
普段は倦怠感と不気味さを感じさせるような話し方をしているが、時々ドスの利いた話し方になる。
自身を世界最強の「王様」と考えており、その自負に見合うだけの強大な力を持っているため、他のオルフェノクからも恐れられている。
故にそのプライドが傷つけられると激しい怒りを見せる。

備考:良くも悪くも気分屋な性格の持ち主でもあり、例え相手から挑発されても襲わなかったり、機嫌が悪ければ凶悪な本性を剥き出しにして襲い掛かったりと行動に一貫性がない。
また、飽きっぽい性格でもあり、あと一歩まで冒険者たちを追い詰めて置きながら、たまたま近くで子供たちが遊んでいた紙飛行機に興味をそそられ戦線を離脱したこともあった。
また戦いに敗走した際には激昴するという一面も持つ。
そのほか、触れた物が灰になる能力を持っているが自分で制御できる訳ではなく、そのことに苛立ちを見せることもある(オルフェノク体でも使用可能)。


ドラゴンオルフェノク

北崎が変化する竜の特質を備えたオルフェノク。オルフェノクの中で唯一、架空の生物の能力を保持している。底知れぬパワーと防御力を持ち、冒険者達を幾度となく苦戦させる

魔人態

身長:2m25cm
体重:167kg
頭の巨大な二本角は1万ボルトの雷を呼び、巨躯に似合わぬ敏捷な動きで天空を自在に飛び回る事が出来る。巨大な竜頭を模した腕の剛力で敵を完膚なきまで叩き伏せる攻撃を得意とし、厚さ3mの鉄の塊さえも粉砕する。また腕の竜頭装甲は分離可能で武器としての使用が可能である。
顔は悲しみ、涙を流している人のようにも見える。


龍人態

身長:2m15cm
体重:119kg
魔人態の外殻を脱ぎ捨て軽量化を図る事により、ファイズアクセルフォームをも凌ぐほどの眼にも止まらぬ俊敏な動きを可能とし、いつでも一瞬で魔人態に戻る事が可能。超高速の肉弾攻撃は雷を呼び、雷撃で敵を粉砕する


種族:オルフェノク
冒険者への友好度:低い
作品:仮面ライダー555

※オルフェノク
いちど死んだ人間が覚醒し蘇ることで生まれる人類の進化形態。
普通に死亡した人間がごく希に自然発生的にオルフェノクへと覚醒して復活する他(この方法でオルフェノクとなった者はオリジナルと呼ばれ、オルフェノクの中でも一際高い能力を持つことが多い)、オルフェノクが触手や固有の武器を使って人間の心臓を破壊する「使徒再生」でその人間にオルフェノクの因子を植え付けてオルフェノク化させる場合もある。
ただし、この方法でオルフェノクの因子を植え付けられても大抵の人間はオルフェノク化できずに灰となってしまうため実質的には殺人行為と等しい。
動植物を彷彿とさせる能力と形態を持ち、銃弾も通用しない強靭な肉体を有するが、普段は生前の姿を引き継いだ人間態をとって生活している。

参加希望です審査をお願いします

2年前 No.109

@tokyoapple ★iPhone=vsFdntoUJu

【参加ありがとうございます!キャラクターのプロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>Charlotteさま

2年前 No.110

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.111

@tokyoapple ★iPhone=vsFdntoUJu

【レストのキャラリセと追加キャラクターのプロフィールを認証しました】

>ハールさま

2年前 No.112

リレイラ @rireiramus ★iPad=QTxOOx5YYo

【ラナン方面(ダンジョン地下二階)にティを乱入させたいですが宜しいでしょうか?
ラフィーナとの二人同時になってしまうのですが……。
ここにティくん突然乱入させたら面白そうなのですし。
もしダメならレスお願いいたします。】

>>ラナン、ネプテューヌ、純吾本体様

2年前 No.113

Charlotte @kirieru ★Android=ryLO8WYMEG

採用ありがとうございます

北崎の性格だと他のクエストに乱入する形で登場させたいのですが
現在進行中のクエストの中のどちらに登場させた方が宜しいですか?

2年前 No.114

消耗品 @izuma☆VNvX9naPtFo ★HhCfmmMzXU_mwG

【現状お待たせしていて申し訳有りません、明日の夕方から夜に掛けての時間帯に返信の方を纏めて送らせて頂きますのでもう暫くお待ち下さい。】

≫デタラメコンビ本体様、Ray本体様

2年前 No.115

ハール @hal0406 ★Android=YLdU8WpCaX

【雑魚敵も増えて来たので何処の階でどのNPCを配置すれば分からない人もいるかと思い、一覧にしました。ご査収下さい。】

・どこにでもいる
機神兵(要塞型は10Fから)
ボコブリン(11Fから黒、21Fから銀の個体出現)
屍生人
バグ
コボルト(中浅層からシャイン、ストライカーの出現率増加)
オーク(中浅層からブルームの出現率増加)
ゴブリン(中浅層からソルジャー、シャドーの出現率増加)
スケルトン
ジァイアントアント(10Fからファイアー、女王個体は21Fから)
グリッター(5F以降)
ボム
グレネード,テルミット,シュラプネル(5F以降、雑魚としては10Fから)
イーガ団
アメボウズ(30F以外)
フェイス(損傷が激しい者は10Fまで、それ以外は11F以降)
アプトノス
ランポス
ギアノス(寒い階)
ゲネポス(砂漠の様に乾燥した階)
イーオス(暑い階)
コカトリス


・浅層(1F-10F目安)
スーパーミュータント(通常個体、8Fからブルート、マスター)
狂える角鹿(5Fまで、強め)
レイダー
バーゴイル
グリムキャット
アザール、ガッツグ、ブンドル


・中層(11F-20F目安)
ランススパイダー
スーパーミュータント(ブルート、マスター)
ダークエルフ
レイダー
バーゴイル(19Fまで)
スフィア

・深層(21F-30F)
スーパーミュータント(オーバーロード、ベヒモス)
スフィア

2年前 No.116

アルカード @kensi ★TM3kgSZ3Xp_pns

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.117

アルカード @kensi ★Android=XwdSqu8Nig

【連投失礼します、追記です】

備考追記:敵を撃破すれば必ずソウルが手に入るわけではなく、確率は運に頼るところが大きい。好物はカレー。CV緑川光。

2年前 No.118

@tokyoapple ★iPhone=RGAcSVe0GA

【いえいえ、こちらこそご参加ありがとうございます。
 クエストの乱入ですが、現在進行中のものに関してはクエストを出した本体さま、それに参加している本体さまにサブ記事か伝言板などで直接お声掛けしていただければと思います。
 また、 >>89 のクエスト「我々はグルメなので」に関しては、参加可能キャラは地上/冒険者側の者に限らせていただきますのでご了承ください】

>Charlotteさま

【ありがとうございます、とても助かります………!! 差し支えなければ記事メモにもリンクを貼らせていただきます】

>ハールさま

【参加ありがとうございます! プロフィールを認証しました、メイン記事へどうぞ】

>アルカードさま

2年前 No.119

吸血鬼 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

【すみません。お話中に失礼します。


お二人の話を聞いて思いついた案なのですが、モンハンシリーズのように乱入クエストを用意するというのは如何でしょうか?

簡単な素材集めor討伐中に乱入するという流れです。北崎の性格的に後者の方が合うかもしれないですが。


簡単な素材集めと見せかけた初心者殺しーーアレはトラウマでした。

すみません、話がそれました。最初から乱入クエストという形ならとーーあくまで提案ですので、スレ主様の判断にお任せ致します】


>スレ主様、Charlotte様

2年前 No.120

Charlotte @kirieru ★Android=ryLO8WYMEG

私なら賛成です!
ただ北崎は時速マッハ50以上というアホみたいな速さで動くのでそこの所は大丈夫でしょうか?

2年前 No.121

@tokyoapple ★iPhone=RGAcSVe0GA

【お待たせしました、返信遅れて申し訳ありません……!
 メイン記事も本日中には返しますね】

>ALL本体さま

【素敵なアイデアありがとうございます!
 乱入クエストについてですが、個人個人でやる分には構いませんが、主として専用テンプレートを作るなどのことは控えさせて頂こうと思います。
 ・キャラを投下するまでに時間がかかる、他の誰かがクエストを受注しない限りは投下出来なくなる
 ・わざわざ乱入クエストを用意すると通常クエストでは敵キャラが絡みづらくなる
 以上の二つが主な理由です。
 繰り返しますが、各個人で乱入クエストを行う分には構いません。その場合はやはりクエストの発注者、参加者の本体さまに確認を取った上でお願いします】

>吸血鬼さま、Charlotteさま

2年前 No.122

茶碗蒸し @5121☆stkO0KxpThU ★ztEbdaugmt_Amh

【体調不良のために、三日返信が遅れると思われます。なるべく早く戻れるように努力するので少々お待ちください】

>今絡んでくださっている方々へ

2年前 No.123

リレイラ @rireiramus ★iPad=6Szo9Wj918

【いえこちらこそ……!レス返信遅れてすいませんでした。
あとティの件については無しでお願いします!】
>>123 、本編で絡んでくださっている皆様

2年前 No.124

吸血鬼 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

【お疲れ様です。此方こそ、アイデアに耳を傾けて頂きありがとうございます。

つまり、あくまで話し合って許可を得た場合のみ、という事でよろしいでしょうか?


それと、追加予定のキャラで「けものフレンズ」よりオセロットを希望します。住人枠か冒険者枠かで迷っているので相談したいです】

>スレ主様

2年前 No.125

@tokyoapple ★iPhone=RGAcSVe0GA

【そうですね。実力差がある、現在絡んでいる面子のみで絡みを終えたい、乱入クエストがどういうものかよく分からないなど各参加者さまも都合があるでしょうし、そのクエスト関係者で話し合って許可が出た場合ならそのような形を取っても良さそうだと私は考えております。スレ主としてテンプレを作るほどではないかなぁと。

 追加ありがとうございます、オセロットの予約を了解致しました!
 オセロットは索敵能力に優れていたりスペックが高めなので冒険者でも良さそうですね。間を取って「行き倒れの冒険者を見つけて助ける商売をしている」といったような設定でも面白いかもしれませんね】

>吸血鬼さま

2年前 No.126

吸血鬼 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME



【はい。わからなくて混乱したり、ややこしくなってしまう恐れもありますからね。もし、行う場合は念入りな話し合いが必要になりますね。

予約ありがとうございます。出来る限り今夜中にプロフィールを仕上げます。


はい、視覚、特に嗅覚を活かせるのではないかと。夜行性もダンジョンという環境に合いますし。

おお、そういう設定も面白いですね。


防御力を上げるスキルも、自分を盾にして冒険者を庇うという使い方も出来ますし、救出向きですね。

では、その設定を使わせて頂いてもよろしいでしょうか?

職業名は決まってないですが(汗)】

>スレ主様

2年前 No.127

吸血鬼 @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.128

@tokyoapple ★iPhone=RGAcSVe0GA

【予約キャラクターのプロフィールを認証しました! 特に問題はありませんので、このままメイン記事へどうぞ】

>吸血鬼さま

2年前 No.129

@tokyoapple ★iPhone=RGAcSVe0GA

=プロフィール(地下/魔物側)=

「貴方の考えている事は全て筒抜けなのですよ 私の第三の目で……」
「さあ、心に武器を持って! 自分の心象と戦うが良いわ!」

名前 : 古明地さとり
読み : こめいじ
性別 : 女
年齢 : 不明(外見は10代前半〜半ば)

容姿 : ZUN氏のイラストでは珍しく、半眼なのが特徴。 後述の第三の目が代替になるのか、必要無いときは両目を閉じていることすらある。 やや癖のある薄紫のボブに深紅の瞳。 フリルの多くついたゆったりとした水色の服装をしており、下は膝くらいまでのピンクのセミロングスカート。 頭の赤いヘアバンドと複数のコードで繋がれている第三の目(サードアイ)が胸元に浮いている。また、心、すなわちハートのモチーフを身につけている。 自宅で主人公たちと遭遇した所為か、東方Projectのキャラクターには珍しく、登場時の履物はスリッパだった。 さとりのカラーリングは妹のそれと補色の関係にあり、服・髪の色を反転させるとこいしの容姿の色とほぼ同じになる。

性格 : 物腰が柔らかく、静かで落ち着いた雰囲気をしている。萃香曰く「性格は大人しいし物腰は柔らかくていい奴」。 母親のような寛容さと優しさをもってペットに接しており「自分のペットが悪さをするはずがない」というほど信頼している。 また実妹のこいしに対する愛情も並外れた物があるようで、こいしが第三の眼を閉ざし無意識の能力を持ってからもその絆が失われることはなかった。
種族的特性なのかコミュニケーションを取ろうとする意思があまり見られない。そのため能力をフル活用して相手の思考を読み、思っている事を言い当ててくる。 心が読まれるということは、要は言いたくもないのにこちらだけ喋り続けているようなもの。 しかも隠し事も全く出来ないので逆にコミュニケーションが成り立たないというわけである。 事実、最初はテレパシーのようで便利だと思っていた霊夢も案の定うんざりしていた。
趣味は読書。特に心理描写が豊富な物語が好みだという。 普段会話を介さずに相手の考えが分かってしまう分、言葉によって理解するしかない読書という行為が、彼女にとっては逆に刺激的なようだ。

備考 : 東方Project第11弾『東方地霊殿』4面ボス。
旧地獄・灼熱地獄跡の上に建てられた館「地霊殿」の主。
ZUN氏曰く「今回の地霊殿で一番の大物」。
妹に古明地こいしがおり、ペットとして火焔猫燐や霊烏路空、その他多数を飼っている。

「さとり」と呼ばれる妖怪で、他者の心を読む能力を持つ。
この能力のせいで妖怪や怨霊から非常に嫌われてしまっており、自身でもそれを自覚しているためか他者との接触を嫌い、現在は地霊殿に引きこもって暮らしている。
この能力は八坂神奈子、聖白蓮、豊聡耳神子ら各勢力のトップクラスの実力者が彼女の能力を警戒していたことから、格によって無効化されるといったことも無いようだ。
逆に言葉を話せない動物などからは好かれているのか、地霊殿は動物達で溢れている。

さとりのペット達は妖怪や怨霊を食べる事で強い人型妖怪に成長するので、「放し飼いの方がいい」らしく基本的にペット達は自由な生活のようである。
人型に成長したペット達には仕事が与えられ、普通のペット達の世話、地霊殿や庭の管理(使用人)、地獄や怨霊の管理、等が任される。

さとり本人は戦闘は余り得意ではないとのこと。
……なのだが、本編ゲーム内でスキマ妖怪や鬼など、隠し含めたラスボス級の強力な能力・弾幕をコピー再現したりするのでイマイチ説得力が無い。
妹のこいし曰く「お姉ちゃんの知り合いだって言えば地底では誰も逆らわない」らしい。

「心を読む程度の能力」
種族的な能力であり、胸の第三の眼を使い相手の心を読むことができる。
読める心は表層意識に限られるらしい。ただし催眠効果のある想起「テリブルスーヴニール」などで相手のトラウマを思い起こさせ、間接的に記憶を読むことはできる。
この方法で相手が過去に体験した弾幕の再現に繋げているようだ。 これにより、アリス・マーガトロイドの人形を使う弾幕や伊吹萃香の固有の能力を利用した弾幕さえも再現することができる。 本人曰く「相手の心の奥底にあった技の中から強そうなのを真似ただけ」だが、 それが予想以上の効果をあげたことは元弾幕のラインナップだけでも想像がつこう。

なお、八坂神奈子、聖白蓮、豊聡耳神子ら各勢力のトップクラスの実力者が彼女の能力を警戒していたことから、格によって無効化されるといったことも無いようだ。
この能力の存在がために大半の妖怪や怨霊からは忌み嫌われているが、似た様な能力の持ち主である神子はやや同情的であった。

◇今スレでは、深層の魔物たちから疎まれ追放された結果ダンジョンの地下20階にこいしと二人で居を構えている。ペットとして複数の魔物を飼ったりもしているようだ。
 さとりは基本的にダンジョンから出ることはなく、訪れた冒険者も丁重にもてなすが、妖怪故のズレた倫理観で気まぐれに襲い掛かることもしばしば。さとりに襲われた冒険者はトラウマの幻覚を見せられて発狂する、ペットとして飼い慣らされる、死体を飾られるなどロクな最期を迎えない事が多く、さとりの縄張り(いつからか地霊殿と呼ばれている)は深層の入り口にあるといえど存在を危険視されている。
 結界なのか改造したのかは不明だが、姉妹の縄張りは西洋風の外観であり、黒と赤のタイルで出来た床やステンドグラスの天窓が特徴。その美しく整った様相は一種の罠としても作用しており、ふらふらと奥まで進んでしまった冒険者は恐ろしい妖に出くわすことになるだろう。

種族 : 妖怪 覚り
冒険者への友好度 : 皆無
作品 : 東方Project


=プロフィール(地下/魔物側)=

「誰しも子供の時にね、大人には気付かれない友達っていたでしょ? うふふ」
「もしもーし 私、今ねぇ 貴方の目の前にいるの!」

名前 : 古明地こいし
読み : こめいじ
性別 : 女
年齢 : 不明(外見は10代前半〜半ば)

容姿 : 「東方地霊殿」では、薄く緑がかった癖のある灰色のセミロングに緑の瞳。 「東方心綺楼」「東方神秘録」では瞳孔がなく白く発光しているように見える独特の目、黄色味がかった鮮やかな緑髪になっている。 鴉羽色の帽子に、薄い黄色のリボンをつけている。結び目は左前辺り。 上の服は、黄色い生地に、二本白い線が入った緑の襟、鎖骨の間と胸元とみぞおちあたりに一つずつ付いたひし形の水色のボタン、黒い袖。 下には、薄くラナンキュラスという花の柄が描かれた緑の生地に白線が二本入ったスカートを着用している。 靴は黒で、紫色のハートが両足についている。 姉のさとりと同じように、左胸に閉じた目があり、そこから伸びた二本の管(?)はこいしの身体に絡みついている。こいしのカラーリングは姉のそれと補色の関係にあり、服・髪の色を反転させるとさとりの容姿の色とほぼ同じになる。

性格 : 好奇心旺盛でジッとしていられない性質なのか、放浪癖がある。また外見相応に幼く無邪気な面もあるが、礼儀正しく言葉使いも丁寧で、むしろ姉より接しやすい。 ただし妖怪なだけあり、「恋い焦がれるような殺戮」や「平和な人間から殺掠」など物騒なことを平然と言い放ち好戦的な面も目立つ。一方で霧雨魔理沙に「泥棒はいけないことよ」と諭したり、何かを尋ねる時は敬語で話しかけたりと、一般的な常識は持ち合わせている模様。
心を閉ざしているとあるので、これらが本来の性格か、または無意識に装った性格なのかは不明。本人曰く「感情なんて元より存在しない」らしい。心綺楼や深秘録では他人の落し物を自分の物にしてしまう癖があるようだ。

備考 : 東方Project第11弾『東方地霊殿』Ex Stageのボスにして、古明地さとりの妹。
姉と同じく相手の心を読む能力を持っていたが、その能力のせいで周りから嫌われることを知り、読心を司る第三の目を閉じて能力を封印し、同時に自身の心も閉ざしてしまう。そして第三の眼を閉じたことによって心を読む能力に代わり、「無意識を操る程度の能力」を手に入れた。この能力により、無意識で行動できるようになったこいしはあちこちをフラフラと放浪するだけの妖怪となってしまった。

ペットの猫のように遊んで帰ってきては、また遊びに行ってしまう。姉のさとりも閉ざされたこいしの心だけは読むことが出来ず、いつも何処で何をしているのか把握出来ていないようで、心配している。
そこで姉のさとりから、こいしと遊ぶための専属のペット(火焔猫燐、霊烏路空)を与えられている。 そのおかげか、少しずつではあるがこいしも以前とは変わってきたようである。

博麗霊夢や霧雨魔理沙が地底にやって来てさとりやお燐、空と戦いを繰り広げたことを聞き、中でも八咫烏を取り込んだ空の驚異的な能力アップに興味を示す。 自分のペットも空のように強化してもらおうと思ったこいしは、妖怪の山の守矢神社を目指すことにした。

東方求聞口授では、昔から度々地上へ出かけていたことが判明した。ただし、その能力によって知覚することは困難で、子供の頃一緒に遊んだことのある面識の無い友人のような存在であった。サトリ妖怪というか座敷童っぽい。姉であるさとりと接触することで、ようやく存在が確認された。

東方心綺楼では、影の主人公と言っても過言では無いほどストーリーに強く絡んでくる。
地上で無意識のまま生活をしていたが、ひょんなことから道教一味に決闘を挑み、勝利。その結果こいしの知名度が上がり始め、あらゆる実力者が戦いを挑むようになる。
様々な相手を蹴散らし、次第にこいしは民衆から大きな脚光を浴びる有名人となっていった。今まで誰にも見向きされずに放浪する寂しい生活を送っていたため、本人も「皆から注目される」という事に大きな喜びを感じていた。しかし、その裏には今回の異変根本に関わるある秘密があり、この為にこいしは、秦こころに勝負を挑まれる事となる。

東方深秘録では自身が触れた都市伝説である「メリーさん」がどこまで通用するか興味を持ち、「メリーさん」にまつわる「今、貴方の後ろに居るの」というセリフを言ってみたいという想いもあって様々な人々を訪ねる。ただしどういうわけか人々には「メリーさん」の恐怖をなかなか理解してもらえず、こいしは首を傾げることとなる。魔理沙には『幻想郷の住人には電話というものがよく分からないだけだ』とたしなめられていた。

「無意識を操る程度の能力」
無意識を操る程度の能力。相手の無意識を操ることで、他人に全く認識されずに行動することができる。たとえこいしが目の前に立っていたとしても、その存在を認識することはできない。
実際に、『地霊殿』のExtraステージでは、天狗が警備する妖怪の山を誰にも気付かれることなく侵入し、その先にある守矢神社で博麗霊夢や霧雨魔理沙と遭遇している。また射命丸文やパチュリー・ノーレッジからは「全く気配を感じない」と言われたこともあった。
相手の無意識の記憶を呼び覚ますといった、姉とは逆性質の精神攻撃も出来る。
なお、心を固く閉じたこいしに対しては、姉であるさとりの『心を読む程度の能力』は通用せず、読心に依存している姉は自分に勝つことは出来ないと語っている。それに加え、東方心綺楼では豊聡耳神子の『十人の話を同時に聞くことが出来る程度の能力』も通用しない事が明らかになっている。 ただし、鈴仙・優曇華院・イナバは波動でこいしの姿を視認することが可能なので存在が全くないという訳ではないようである。

無意識の状態では視界に映らない限り存在感が無い。視界に入っても道端の小石のように気にされることはない。そして視界からいなくなればすぐに忘れられてしまう。だが、そんな彼女も姉のさとりは心配しているようだ。
聖白蓮はこいしの無意識の状態を「心を閉ざしているのではなく、無にする事で『空(くう・自我の無い事、実体性を欠いている状態で仏教の因果論の究極形とされる)』の境地に近付いているのでは」と考えていた。

◇今スレではダンジョンの地下20階にさとりと二人で居を構えている。姉と同じくペットとして複数の魔物を飼ったりもしているようだ。
 屋敷やダンジョンに籠もりがちな姉とは反対に、こいしはダンジョンだけでなく地上にもよくふらふらと遊びに行っており、村の子どもたちともよく遊んでいる。ただしやはり魔物・妖怪であるため冒険者に対する当たりは厳しく、遊び感覚で無邪気に殺しにかかってくることもしばしば。地上で暴れない理由は「お姉ちゃんに駄目って言われてるから」であり、気分次第ではその約束すらも平然と破って交戦することになるので注意が必要。

種族 : 妖怪 覚り
冒険者への友好度 : 皆無
作品 : 東方Project

2年前 No.130

黒美あいな @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

【地下側にキャラ追加します、審査よろしくお願いします】



=プロフィール(地下/魔物側)=



「抹殺してやる!全て、抹殺してやるっ!!」

「私は思った。支配とは、するものではなく、されるものなのだ」

「私は生まれ変わり、今の名は、キング・ジスプ!」

「夢が……地球を支配する夢が、かなうと思ったのに……私は、キングジスプだぁ!」

名前:ムッシュJ/ジスプ

読み:ージェイ

性別:男性

年齢:不明

容姿:人間時は黒髪をオールバックにした日本人男性。軍服に似た服装の上に黒マントを羽織る。騎士の頭部を模した飾りの付いた杖を持っている。

本性は両肩や膝裏がオレンジ色をした青い体色のエイリアン。

改造後は右肩と胴体、左手を機械化。頭部はオレンジ色になり、頭に四本の液体入り試験管のようなものが刺さった悪鬼のごとき禍々しい顔つきに変貌を遂げた。


性格:残忍かつ冷酷であり、目的の為なら他者を利用して使い捨てる。憑依した人間を人質にしたりと、追い詰められると手段を選ばず凶行に及ぶ。

激情家な面もあり、怒りで声を荒げたり、皆殺しにしようとした事もある。

改造後は野心が増大して支配欲を露わにする。これには後述する過去に一因があり、ジスプが絶対悪とは言い切れない理由にもなっている。

備考:宇宙犯罪組織「スペースマフィア」の地球攻撃指揮官。他のエイリアンとは違い、人間に憑依(インヴェード)した状態で戦闘が可能。一人称は「私」。

ゾドー、リーガという二体のエイリアンを腹心として従えている。

当初はザジにインヴェードしていたが、後にブルースワットによって奪還。以降は別の男性にインヴェードして「ムッシュJ」を名乗る。

人間時の武器は、ザジの時は胸につけた短剣、ムッシュJでは杖を使用。杖の先端にあるヘルムが開いて目から光線を放つ。また、杖を伸ばす事で両側に刃のついたパイク(歩兵用の長槍)に変形する。


生物に憑依するインヴェードの他、固有能力として両の掌から炎の玉を放ったり、念動力を使って触れずに相手を痛めつける。

身体能力が高く、アクロバティックな動きを取り入れた格闘戦を得意とする。その為、人間時でも戦闘能力が高い。

一度ブルースワットに敗れた後、改造手術によってパワーアップして怪物のような姿になる。それ以降は首領のクイーンに対して野心を抱くようになる。

改造後は左手から電撃を放つようになり、炎の玉もスパークを帯びたものへとパワーアップした。また、電撃は人間時でも使用可能。

終盤では自ら支配者になろうとクーデターを起こし、ドクター・アルドに自分を改造させてエイリアンを洗脳する服従フェロモンを発する能力を身につけた。これでクイーンや手下のエイリアン、更にはシグまでも支配下に置いて「キングジスプ」を名乗る。

なお、ドクター・アルドは用済みとして始末した模様。

だが、セイジが開発した服従フェロモンを無効化するガスによって計画は失敗。最期はブルースワットやゴールドプラチナムの猛攻を受けて壮絶な死を遂げた。

ジスプが支配者という立場へ異常に拘るのは、彼が故郷の星で支配され、搾取される身分だったことが一因している。

◇当スレでは、平和になる以前のメビウス大陸で暗躍していた犯罪者。

現在は魔物達を束ねる上位クラスの一人。自らを「キングジスプ」と名乗り、いずれは地上と地下を含めた支配者になろうと目論む。

詳しい過去は不明。確かなのは、元々は搾取される身分だったこと。その過去がジスプの原動力になっている。


服従フェロモンで魔物を従えている。


種族:エイリアン(搾取されていた過去から、身分が低かったと推測される)

冒険者への友好度:低い

作品:ブルースワット

2年前 No.131

黒美あいな @firstmoon☆Iqtd6N0SMOw ★iPhone=QtQ3S8TXME

>>131 のプロフィールに追加です。



ジスプは奇跡の泉を利用しようと考えており、冒険者より先に見つけるか、あるいは冒険者が見つけさせて漁夫の利を得ようとしている】


>スレ主様

2年前 No.132

リレイラ @rireiramus ★iPad=w2lN26qO1K

【ごめんなさい。勝手ですいません。
私の担当キャラ(ティ、りんご、ラフィーナ)のキャラリセをお願いします。
フリーなりきり2つ掛け持ちは、設定が頭の中でごっちゃになったりレス返信が遅れたりなど
色々大変ですので……。
今までありがとうございました。また機会が有ればよろしくお願いします!】

>>All本体様

2年前 No.133

@tokyoapple ★iPhone=RGAcSVe0GA

【返信が遅れて申し訳ありません……!追加キャラクターのプロフィールを認証しました】

>黒美あいなさま


【返信が遅れて申し訳ありません……!キャラクターリセットを了解しました、またどこかでご縁があればよろしくお願いします】

>リレイラさま

2年前 No.134
切替: メイン記事 (247) / サブ記事(134) ページ: 1 2

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる